ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
投稿者: taki 投稿日時: 2004-7-7 23:42:13 (1557 ヒット)

アフガニスタン・カブール事務所駐在員募集 難民を助ける会

  アフガニスタン・カブール事務所のアドミン・コーディネーター(総務・会計調整
 員)を募集。職務内容は▽現地スタッフの雇用管理▽現地政府・国際機関・他NGOと
 の調整▽東京本部や助成団体との調整・経理など。応募条件は▽25歳以上で英語での
 実務が可能▽パソコンの操作ができるなど。渡航費、住居、生活手当支給。海外旅行
 傷害保険当会負担。国内積立金制度有。
  希望者はホームページから海外派遣駐在員身上書をダウンロードして郵送。
 【特定非営利活動法人 難民を助ける会】
  〒141-0021 東京都品川区上大崎2-12-2ミズホビル5F
TEL: 03-5423-4511
FAX: 03-5423-4450
aar@aarjapan.gr.jp
http://www.aarjapan.gr.jp


投稿者: taki 投稿日時: 2004-7-7 23:40:59 (1446 ヒット)

AMDA パキスタン・クェッタ事務所 調整員募集

  調整員を若干名募集。職務内容はパキスタン・クェッタ事務所で、事務調整全般、
 事務所の維持運営にあたる。条件は▽社会経験が5年以上ある▽基本的なパソコン操
 作ができる▽TOEIC650点以上、あるいは日本英語検定1級以上の英語技能をもつなど。
 赴任は2004年8月以降。待遇は派遣契約規定に準ずる。希望者は、履歴書(和文に写
 真添付)、職務経歴書、志望動機書をそれぞれ和文・英文各1通ずつ、封筒に   
 「クェッタ募集」と朱書きして郵送。7月31日(土)締切。
 【特定非営利活動法人 アムダ】
  〒701-1202 岡山市楢津310-1
  TEL号: 086-284-7730
  FAX: 086-284-8959
  member@amda.or.jp
  http://www.amda.or.jp/


投稿者: taki 投稿日時: 2004-7-7 23:40:36 (1643 ヒット)

総務スタッフ募集 日本サスティナブル・コミュニティ・センター

  業務は受付業務全般、スケジュール管理、各種文章作成など。応募資格は大学、短
 大卒。時給850円。交通費月額15,000円まで支給。勤務時間は月から金曜までの午前9
 時から午後6時まで。条件は▽8月から働ける▽ワード、エクセルが使えるなど。
  希望者は履歴書・職務履歴書をメールで asano@sccj.com へ。7月25日(日)締切。
 【特定非営利活動法人 日本サスティナブル・コミュニティ・センター】
  〒604-8244 京都市中京区小川通六角下ル元本能寺町376
  TEL: 075-257-3777
FAX: 075-257-3778
  info@sccj.com
http://www.sccj.com
  http://www.sccj.com/form/form3.html


投稿者: taki 投稿日時: 2004-7-7 22:59:37 (1903 ヒット)

                             平成16年7月

 各  位



                〒105-0001東京都港区虎ノ門3-7-2大橋ビル7F

                (財)ひろしま・祈りの石国際教育交流財団

                 理事長  大村 浩久





拝啓 時下ますますご清栄の段、お慶び申し上げます。



さて 当財団は国際教育交流推進を目的として

平成12年4月、文部大臣(当時)認可に基き設立された財団法人ですが、

設立後4年間にこども達の教育支援のために途上国でボランティア活動を

展開している国内外の団体に対し、総額82,305千円の助成を行っています。

今年度も引続き助成を行ないますので、茲に概要をご案内し申請をお誘いする次第で
す。



助成の選考基準の目安は次葉の通りですが、ご関心をお持ちの団体におかれまして
は、

当財団までその旨ご連絡頂きますようお願いいたします。

折り返し助成申込書を郵送(希望によりE-mail 送付)いたします。



助成申込み(平成16年9月?10月末財団必着)をいただきましてから、

当財団選考委員会において審議を行い、

更に来年2月開催の財団理事会において最終決定いたします。



当財団の概要、過年度助成実績につきましては、下記ホームページをご覧下さい。



まずは書中をもちましてご案内申し上げます。

                              敬  具

本件責任者:

常務理事・事務局長 田口 重雄

電話:(03)5408-5277 FAX:(03)5408-5288

E-mail: p-stone@smile.ocn.ne.jp

URL : http://www.peace-stone.org


投稿者: taki 投稿日時: 2004-7-5 1:44:52 (2570 ヒット)

JICA「国際協力研究」 ――――――――――――――――――――――

「国際協力研究」誌に投稿しませんか?

JICAは援助関係者の論文発表の場として、年二回「国際協力研究」誌を刊行し
ています。同誌では、国際協力に関する有用な知見や経験をお持ちの皆様から
の論文投稿をお待ちしております。国際協力現場での経験から得られた教訓や
事例研究、大学院での研究結果などを論文に仕上げてみませんか?論文執筆は、
自らの具体的な実績として残る意味でも非常に重要な機会となります。これま
でに得た経験をまとめる場、およびキャリアアップの機会として、是非同誌を
ご活用下さい。次回の投稿締切りは2004年9月30日です。

研究誌の概要、投稿に関する規定:
http://www.jica.go.jp/activities/report/kenkyu/index.html
研究誌39号:http://www.jica.go.jp/activities/report/kenkyu/04_39/index.html

問合先:JICA国際協力総合研修所調査研究グループ事業戦略チーム
TEL:03-3269-3374 E-mail:iictas@jica.go.jp


投稿者: taki 投稿日時: 2004-7-5 1:44:24 (1971 ヒット)

(財)国際開発救援財団(FIDR) 海外事業担当職員 

FIDRは、開発途上国で農漁村開発や人材育成などの地域開発事業や災害などに
対する緊急復興援助を実施し、途上国の人々の自立の発芽を促し、可能性の開
花を応援しています。詳しくはホームページをご覧ください。

関連HP:http://www.fidr.or.jp/

職種:(1)ベトナム事務所駐在員 1名 (2)海外事業担当職員 1名
資格:大卒以上で社会経験3年以上を有する38才位までの方。心身ともに健康
 で海外駐在可能、英語堪能、PCを活用できること。(1)はマネジメント能力
 要。NGOや国際協力機関等での経験、また農業・保健衛生などの専門知識が
 あれば尚可。
報酬:当財団規定による。昇給年1回、賞与年2回、交通費全額支給、社会保険
 完備。
勤務地:
(1)当財団ベトナム事務所(ダナン市)
(2)東京事務所(東京都新宿区)
勤務時間:週5日(月?金) 9:00?17:00
応募方法:和文履歴書(写真貼付)、志望動機作文(A4で1?2枚程度)、および職
 務経歴書(書式自由)を下記まで郵送または電子メールで送付してください。
 尚、お送りいただいた応募書類は返却いたしませんのでご了承ください。
締切:2004年8月31日(火)

申込・問合せ先:財団法人国際開発救援財団(担当:今村)
〒169-0073 東京都新宿区百人町1-17-8-2F
TEL:03-5386-0541 FAX:03-5386-0542 Email:imamura@fidr.or.jp


投稿者: taki 投稿日時: 2004-7-5 1:43:50 (1505 ヒット)

AMDAパキスタン駐在職員 

AMDAでは、2001年のアフガニスタン攻撃以来、パキスタン・クェッタを拠点と
してアフガン難民に対する医療支援活動を実施しています。現在も難民キャン
プでの一般診療、結核診療・予防、重症患者の治療支援の三つの活動を軸とし
て継続しています。この度、クェッタ事務所で事業全般の統括にあたる調整員
を募集致します。

職 種:調整員
任務地:パキスタン・クェッタ事務所
業務内容:
・クェッタ事務所の実施する事業に関し、事務調整全般。人事および会計管理、
 本部および関係機関との連絡調整、各種申請・報告書の作成
・事務所の維持運営
資 格:
・国際協力活動に理解と熱意をもち、当法人の理念に賛同される、心身
 ともに健康な方
・現地の文化・政治に理解をもち、現地スタッフ、法人本部と一致協力して業
 務に就ける方
・国籍、性別は不問
・社会経験が5年以上あること
・NGOでの活動経験があればなお可
・基本的なPC技能をもつこと
・TOEIC650点以上、もしくは日本英語検定1級以上の英語技能をもつこと
・英語での業務経験をもつ方
・発展途上国で業務経験のある方
・2004年8月以降12ヶ月以上赴任の可能な方を優先します
赴任時期:2004年8月以降
勤務時間:現地事務所の勤務体系に沿う。
待遇条件:当団体派遣契約規定に準ずる。
応募方法:履歴書、職務経歴書および志望動機書をそれぞれ和文・英文各1通
 をお送り下さい。(書式自由、和文履歴書には本人写真添付のこと。)封筒に
 は「クェッタ募集」と朱書をお願いします。
締切:2004年7月31(土)
※なお、応募時、パスポートの有効期限が6ヶ月以上あることをご確認下さい。

問合せ・応募先:AMDA緊急救援事業部
〒701‐1202 岡山県岡山市楢津310‐1
TEL:086‐284‐7730 FAX:086-284-8959


投稿者: taki 投稿日時: 2004-7-5 1:43:15 (1898 ヒット)

ベトナム・住民参加型自然資源管理プロジェクト担当者 ―――――――

日本国際ボランティアセンター(JVC)では、ベトナム国北西部のソンラ省でお
こなっている住民参加型自然資源管理プロジェクトを現地で担当する日本人ス
タッフを募集しています。ベトナム北西部の山岳地帯に住む少数民族の人たち
と一緒に、自然環境と生活改善を両立させる持続的な暮らしづくりに取り組ん
でいこうという熱い意欲を持つ人の応募をお待ちしています。

職種:プロジェクト全体のマネジメント
具体的には、計画立案、活動実施、予算管理、ベトナム人スタッフのマネジメ
ント、ベトナム事務所スタッフ間の調整および情報共有・協働の促進、行政関
係者や他団体との連絡調整、支援者・団体向け申請書および報告書作成、訪問
見学者への応対、東京事務所および他の海外事務所との連絡調整など。

資 格:
【必須条件】
・JVCの理念に共感できる(詳しくはホームページをご覧下さい)。
・英語かベトナム語で活動できる。
・開発協力活動に関わった経験がある。
・健康で、山歩きや生活条件の厳しい中での滞在が苦にならない。
・地方での長期滞在(数週間から数ヶ月)が苦にならない。
・社交性がある。
・健康管理を含めた自己管理ができる。
【望ましい条件】
・農業または自然資源・環境保全の分野における知識や経験を有する。
・30代半ばから50歳ぐらいまでの年齢。
・ベトナムに関わった経験がある。
報 酬:規定に準じる。
勤務地:ハノイ市およびソンラ省トゥアンチャウ郡(ハノイから約400km)
応募方法:まず以下の担当までお問い合わせください。
締切り:2004年7月31日(土)

問合せ先:(特活)日本国際ボランティアセンター東京事務所
(担当:清水、壽賀)
〒110-8605 東京都台東区東上野1-20-6 丸幸ビル6階
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519
E-mail:suga@jca.apc.org URL:http://www1.jca.apc.org/jvc


投稿者: taki 投稿日時: 2004-7-5 1:42:46 (2029 ヒット)

FASID嘱託職員 

財団法人 国際開発高等教育機構(以下、FASID)は、我が国の開発援助人材育
成を主な目的として、1990年に設立された外務省及び文部科学省共管の公益法
人です。現在、FASIDでは、各種研修、研究者等の海外派遣、大学院教育等を
実施しています。また、付属の国際開発研究センターでは、国際開発の重要課
題に関する研究やセミナー等を行なっています。現在当財団では嘱託職員の募
集を行っております。

〈応募要領〉
1.職種と募集人数:嘱託職員、若干名
2.雇用期間:平成16年9月上旬より1年間(開始日は応相談)
 (能力評価に応じ嘱託契約更新及び正職員登用の可能性あり)
3.勤務地:東京都千代田区(最寄駅は地下鉄九段下)
4.勤務時間:月?金曜の午前9時30分?午後5時30分
5.業務内容:
 1)研修関連事業(教材開発等を含む)の運営業務
 2)PCM手法*研修を含む研修講師補佐業務
 3)その他の援助人材育成にかかる研修運営業務等
 *PCM (Project Cycle Management)手法とは、ロジカルフレームワークを基に、
 当財団が開発した開発援助のためのプロジェクト運営管理手法です。
6.応募資格:
 1)年齢35歳程度まで。
 2)英語による交渉能力を有すること(英検1級程度が望ましい)
 3)開発関連分野の大学院教育修了(修士)あるいは同等の学力を有すること
 4)本邦でのデスクワークを含む社会人経験を有すること
  (3年以上が望ましい)
 5)PCM手法を始めとする開発援助に関する各種手法に興味を有すること。
  (当財団の実施するPCM手法研修の受講歴、副モデレーター資格、援助
  の現場での各種手法の実践経験があれば更に望ましい。)
 6)開発途上国で1年以上の開発援助経験を有することが望ましい。
  (例:JICAのプロジェクト調整員、青年海外協力隊員、等)
 7)心身ともに健康で、出張・残業に何ら支障がないこと
7.応募方法:
 以下の書類を当財団宛に郵送(応募書類は返却しませんので予めご了承下さ
 い)。
 1)履歴書 (和文、様式任意)写真貼付のこと
 2)志望動機 和文800字以内
 3)英語能力を証明する書類(写し、可)
 4)推薦状 1通
 5)PCM手法研修認定証書、修了証書等(該当者のみ。写し、可)
8.募集・選考スケジュール(選考結果は本人宛に直接通知)
 1)締 切 7月30日(金)午前10時(必着)
 2)書類選考 8月上旬
 3)筆記・面接審査 8月中?下旬
 4)勤務開始 9月上旬(応相談)
9.待遇等:基本給、通勤手当、住居手当(当財団規定による)。社会保険付保

問合せ・応募書類送付先等:(財)国際開発高等教育機構 事業部 (担当:長町)
〒102-0074 東京都千代田区九段南1-6-17 千代田会館5階
TEL:03-5226-0304 FAX:03-5226-0023
E-mail:rcrtdpp@fasid.or.jp URL:http://www.fasid.or.jp


投稿者: taki 投稿日時: 2004-7-5 1:42:15 (2264 ヒット)

UNOPS個人コンサルタント・ロスター登録者 ――――――――――――

国際連合プロジェクト・サービス機関(UNOPS)は、国連開発計画(UNDP)など30
以上の国連機関の要請に応じて、開発途上国などにおける様々なプロジェクト
の実施・管理、物資の調達や人材の派遣などのサービスを提供している国連機
関です。

関連HP:http://www.unops.or.jp

UNOPS東京事務所ではUNOPSのコンサルタント・ロスターに登録していただける、
日本人個人コンサルタントの方を現在募集しております。今後UNOPSでプロジェ
クトスタッフの募集を行う場合の参考とさせていただきます。特に、1)プロジェ
クト管理、2)土木工事、コミュニティーインフラ整備(道路・農業灌漑・橋梁
等)、3)コミュニティー開発、4)武装解除・除隊兵士支援・小型武器回収(DDR)、
5)地雷対策、6)環境一般、7)エイズ対策、8)会議運営、に経験のある方を希望
しております。

職種:コンサルタント・ロスター登録者
応募資格:
 1.修士号を有し、2年以上の実務経験を有することが望ましい。
 2.英語またはフランス語で職務遂行が可能であることが必須。
報酬・勤務地・勤務時間:プロジェクト内容・契約内容により異なります。
応募方法:
 所定の履歴書(日本語および英語)を下記UNOPS東京事務所までE-mailに添付
 してお送りください。その際、募集情報をご覧になった媒体名もお書き添え
 ください。
 ※所定の履歴書は下記のページでダウンロードが可能です。
  http://www.unops.or.jp/japanese/business/consultants.html
締切り:7月19日(月)
 ※締切日以降も登録は受け付けますが、できる限りこの期日までにご登録く
 ださい。

申込み・問合せ先:国連プロジェクト・サービス機関 東京事務所
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-70 UNハウス7階
E-mail:registrytokyo@unops.org URL:http://www.unops.or.jp


投稿者: taki 投稿日時: 2004-7-5 1:41:44 (2286 ヒット)

(財)アジア福祉教育財団難民事業本部関西支部(難民相談員) ―――――

日本に定住するインドシナ難民、条約難民を支援する難民事業本部では、関西
支部 (兵庫県神戸市)に勤務する難民相談員を募集しています。

関連HP:http://www.rhq.gr.jp/

業 務:インドシナ難民、及び条約難民の定住支援事業
職 種:難民相談員
仕事内容:日本に定住する難民からの生活相談、及び難民問題の啓発事業
就業時間:9時30分?17時30分
休 日:土日祝
就業場所:難民事業本部関西支部(JR線神戸駅 徒歩1分)
雇用期間:2004年8月1日?2005年3月31日
 ※身分は非常勤職員、雇用期間は年度ごとの更新
年  齢:25歳?40歳
採用人数:1名
学  歴:大卒
資  格:ビジネス英会話能力(TOEIC700点程度以上)があり、コンピューター
(WORD、EXCEL等)を使えること。なお、ソーシャルワークの経験のある方歓迎。
賃金形態:日給月給
基本給(月額):160,000円?(日額:8,000円?)
通勤手当:全額(55,000円まで)
社会保険有、退職手当なし
応募方法:履歴書(E-mailアドレス記入)、職務経歴書、及び志望動機800字程
度を郵送してください。書類選考のうえ、面接日程等をお知らせします。
応募締切:7月16日必着

問合せ・応募先:難民事業本部関西支部 (担当:中尾秀一)
〒651-0027 兵庫県神戸市中央区中町通2-1-18日生神戸駅前ビル11階
TEL:078-361-1700 E-mail:nakao-s@rhq.gr.jp


投稿者: taki 投稿日時: 2004-7-5 1:41:10 (2166 ヒット)

国際協力フェスティバル2004 NGO/ボランティア事務局アルバイト ――

「国際協力フェスティバル」は、国際協力に携わる政府機関、国際協力市民団
体(NGO)等が一堂に会し、各団体の活動紹介やプログラムを通じ、市民が国際
協力への関心を高めたり理解を深め、参加の機会を得ることを目的とした日本
最大の国際協力イベントです。当センターでは、NGO/ボランティア事務局補佐
アルバイトを募集します。

募集人数:1名
業務内容:
参加NGOの出展対応、データ管理/ボランティアコーディネート/広報活動(メル
マガ、イベント情報誌、新聞、ホームページ等)/問合せの対応などの業務補佐
条件:
・MS-Excel、Wordが使用できる方(Access、ウェブ作成ができる方歓迎)
・国際協力やイベントに関心をもち、雑務をいとわない方
・企業等での実務経験がある方を希望
期間:2004年7月中旬?2004年10月末日
時間:週5日(火?土)
待遇:時給800円、交通費実費支給
勤務地:国際協力NGOセンター事務所(東京都千代田区神田錦町)
応募方法:
履歴書、職務経歴書(アルバイト、ボランティア経験含む)と志望動機・自分の
セールスポイントを800字以内にまとめ、下記連絡先まで郵送
応募締切:7月12日(月)必着
選考方法:第1次:書類選考 第2次:面接

問合せ・応募先:(特活)国際協力NGOセンター(JANIC) (担当 中川)
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-9-1斉藤ビル5F
TEL:03-3294-5370 FAX:03-3294-5398 E-mail: nakagawa@janic.org


投稿者: taki 投稿日時: 2004-7-5 1:40:41 (2804 ヒット)

(財)国際開発センター アルバイト 

(財)国際開発センターでは下記の要領でアルバイトを急募しています。

関連HP:http://www.idcj.or.jp

職種:アルバイト「インフラの貧困インパクト調査」のリサーチアシスタント
資格:大学院生及び社会人の方で開発に興味のある方。英語が堪能(英検1級程
 度)で、エクセル(作表)、ワードを使用しての作業ができる方。
報酬:1時間 1,500円 (交通費は別途支給、但し規定により上限有)
場所:東京都江東区富岡2-9-11 京福ビル4階 (地下鉄東西線「門前仲町」駅
   下車、1番出口、永代通りを木場方面へ、徒歩約8分)
地図:http://www.idcj.or.jp/
作業期間:2004年7月初旬?2004年8月まで
勤務時間:週2?3日位、朝10:00?17:00(お昼は12:30-13:30)勤務日は要相談
応募方法:下記担当へ履歴書をお送り下さい。面接にお越しいただく方のみに、
 7/9(金)までに、折り返し担当よりご連絡させていただきます。なお、お送
 りいただいた履歴書は返却致しませんので、予めご了承下さい。
締切り:2004年7月8日(木)

申込・問合せ先:(財)国際開発センター (担当 シーク美実)
TEL:03-3630-8031 FAX:03-3630-8095
E-mail:sheikh.m@idcj.or.jp URL:http://www.idcj.or.jp/


投稿者: taki 投稿日時: 2004-7-5 1:40:07 (1699 ヒット)

難民を助ける会 海外事務所駐在員 

 (特活)難民を助ける会は、国連経済社会理事会特殊協議資格(ECOSOC)を持つ
NGOです。1979年に政治・思想・宗教に中立な立場で活動する市民団体として
設立されました。現在は、カンボジア、アンゴラ、ザンビアなど世界7カ国で
活動を行っております。
 この度、以下のとおり、アフガニスタン・カブール事務所にて、総務・会計
を担当するアドミンコーディネーターを募集します。

関連HP:http://www.aarjapan.gr.jp/ican/recruit.html

職種:アドミン・コーディネーター(総務・会計調整員)
職務内容:
・現地スタッフの雇用管理。
・現地政府・国際機関・他NGOとの調整。
・東京本部や助成団体との調整。経理。
・その他事務全般。
資格:
・25歳以上で、英語での実務が可能な方。要PCスキル。
・国際協力分野に限らず、正職員として数年以上の勤務経験がある方。
・新卒不可。経理・総務経験者優遇
待遇:渡航費、住居、生活手当支給。海外旅行傷害保険当会負担。
   国内積立金制度有り。
勤務地:アフガニスタン・カブール
応募方法:
上記ホームページの当会所定海外派遣駐在員身上書にに必要事項を記入の上、
当会宛て送付して下さい。
締切り:決まり次第締め切らせていただきます

問合・申込先:(特活)難民を助ける会
TEL:03-5423-4511 FAX:03-5423-4450
E-mail:aar@aarjapan.gr.jp URL:http://www.aarjapan.gr.jp/


投稿者: taki 投稿日時: 2004-7-5 1:39:27 (1582 ヒット)

アイ・シー・ネット(株)『開発実務プログラム』 

熱意はあっても、スキルがない、参加型開発のスペシャリストを目指す方へ。

今夏、アイ・シー・ネットは、参加型開発分野のスペシャリストを志す大学生
・社会人・青年海外協力隊OB/OG等を対象とし、国際協力の現場で必要とされ
る実務スキルを「楽しく」「集中的に」習得して頂くための研修プログラムを
提供します。詳細はURLを参照下さい。

関連HP:http://www.icnetltd.com/index2.htm

プログラムの内容:
・笑いと質問が絶えないワークショップスタイル
・PRAファシリテータ カマル・フィアル氏のPRAワークショップ in 山口
・アイ・シー・ネットのPCM計画/立案 モニタリング
・SIT大学院 副学長 マーラ・ソロモン氏の参加型コミュニケーション
・参加型社会調査法(RRA/PRA)やインタビュー法他
・アイ・シー・ネット代表・米坂浩昭のプロジェクトマネジメント
・国際協力業界のキャリアプラン(履歴書・面接の考え方他)

講 師:マーラ・ソロモン氏(米国)/カマル・フィアル氏(ネパール)が来日。
・その他講師陣は現役コンサルタント(元協力隊/元国連/元NGO/元JICA職員等)
日 時:屋内研修 A日程 7月26日(月) ? 8月14日(土)16日間
    屋内研修 B日程 8月16日(月) ? 9月 4日(土)16日間
    農村実習    9月12日(日) ? 9月20日(月) 9日間
対 象:大学生、院生、青年海外協力隊OB/OG、社会人など
定 員:各コースともに、定員20名(先着順) ※関東外の方歓迎
参加費:各コース毎にURLにて、ご確認ください。
※海外ボランティア経験者には、各種奨学金適用の可能性があります。
締 切:各コース毎にURLにて、ご確認ください。
申 込:URLより応募用紙をダウンロードし、Eメール送信又は郵送
会 場:
・農村実習コース:山口県阿武町(交通手段はURLにて)
・屋内研修コース:アイ・シー・ネット別館
  (埼玉県さいたま市中央区下落合4-14-3)
  JR埼京線「北与野駅」(新宿駅から電車で35分) 徒歩4分
  JR京浜東北線・宇都宮線・高崎線「さいたま新都心駅」徒歩12分

主催(担当):アイ・シー・ネット(株) 新規事業グループ 門(かど)
〒330-0081 埼玉県さいたま市中央区新都心4-1 FSKビル3階
TEL:048-600-2500 FAX:048-600-2501
E-mail:jitsumu@icnet.co.jp URL:http://www.icnetltd.com/index2.htm


投稿者: taki 投稿日時: 2004-7-5 1:34:01 (2010 ヒット)

ザンビア・スタディーツアー 

アフリカ・ザンビア共和国のスタディーツアーを開催します。TICOのザンビア
支援活動は今年で9年目を迎え、現在もザンビア国内初の救命救急隊の発足・
運営、農民の起業支援など独自の支援事業を行っています。今回のツアーは少
人数による活動現場の見学やホームステイにより国際協力活動の現場をより身
近に体験できる内容となっています。

関連HP:http://www.nmt.ne.jp/~zikomo/

日時:9月5日(日)?15日(水)
場所:ザンビア共和国ルサカ市、中央州チペンビ地区など
費用:約30万円
※上記費用には、ザンビア往復航空運賃、現地宿泊費、ホームステイ代、現地
での移動にかかる費用、出国税、現地コーディネイト費用を含みます。パスポー
ト取得費、滞在中の食費などの経費は含まれません。
主催:TICO(徳島で国際協力を考える会)
募集人数:3?5名(先着順締切)
申込締切:7月30日(金)
内容:
・TICOプロジェクト見学(カルブウェ地区農村開発事業、チペンビ地区農村開
 発融資事業、ルサカ市救急基盤整備、ルサカ市レントゲン供与プロジェクト
 など)
・ホームステイ(2泊)

※日本-ザンビア間の往復は個人旅行となります
このスタディーツアーは、当団体の現地スタッフ(日本人)が、ザンビア国内で
の視察や見学に同行しプロジェクトに係る説明を行いますが、日本-ザンビア
間の往復は、本人の意志による個人旅行といたします。ザンビアまでの往復航
空券及び旅行保険の加入、ビザの手配は、参加者各自でご用意下さい。渡航に
かかる手続き等については、ご相談に応じますので、問合せ先まで気軽に相談
ください。

申込・問合せ先:TICO事務局 (担当:福士)
〒779-3403 徳島県麻植郡山川町前川212-6さくら診療所内
TEL:0883-42-5520 FAX:0883-42-5527
E-mail:zikomo@nmt.ne.jp URL:http://www.nmt.ne.jp/~zikomo/


投稿者: taki 投稿日時: 2004-7-5 1:33:26 (1593 ヒット)

2004夏・AMDAスタディツアー 

関連HP:http://www.amda.or.jp/cgi-bin/users/browse.cgi?&check=1&mode=brs#2

1) カンボジアスタディツアー ?カンボジアを肌で感じる旅?

AMDAが保健医療支援活動を実施するコンポンスプー州プノム・スルイ郡を訪れ、
「保健医療サービスと保健教育を通じたコミュニティ開発プロジェクト」の現
場を視察します。巡回診療に同行したり、現地スタッフとともに、保健教育の
教材作成等にも参加していただきます。世界遺産アンコール遺跡群やプノンペ
ン市内の観光もあります。

日程:2004年8月30日(月)?9月5日(日) 6泊7日
場所:カンボジア コンポンスプー州他
定員:最少催行人数5名・最大催行人数15名
費用:関西空港発185,000円  成田空港発195,000円
※往復航空運賃、規定のホテル代金、食事(朝5回、昼5回、夜5回)代金及び
現地視察交通費等を含みます。
締切日:2004年7月15日(木)

2) ベトナムスタディツアー
  ?ベトナムの少数民族とふれあい、生活環境や医療環境を探る旅?

ベトナム北部山岳地帯の少数民族の村を訪れ、AMDAの現地スタッフや村の保健
ボランティアさんと一緒に、保健プロモーション案の企画、実践をご体験下さ
い。また、少数民族の伝統芸能(ダンス、歌)も一緒にお楽しみいただけます。
ハノイ市内の観光では、ベトナムの歴史と今に触れてみて下さい。

日程:2004年9月5日(日)?11日(土) 6泊7日
場所:ベトナム ホアンビン省他
定員:最少催行人数7名 最大催行人数12名
費用:関西空港発 171,000円
※往復航空運賃、規定のホテル代金、食事(朝5回、昼5回、夜5回)代金及び
現地視察交通費等を含みます
締切日:2004年7月20日(木)

主催旅行社:株式会社道祖神
旅行社登録番号:国土交通大臣登録旅行業 第(1)-757号
〒108-0014 東京都港区芝5-13-18 MTCビル9F

連絡先:(特活)AMDA
TEL:086-284-7730 FAX:086-286-8959
E-mail:member@amda.or.jp URL:http://www.amda.or.jp/


投稿者: taki 投稿日時: 2004-7-4 16:59:54 (1978 ヒット)

旧ユーゴスラビア地域難民・児童支援ボランティア 

 旧ユーゴスラビア地域で活動する国際ボランティア連絡会議では、現地NGO
と共に難民、児童、少数民族などの支援活動を行うボランティア[2004年夏期派
遣・第19期]を募集中です。
 国際社会の目が他の地域に移る中でも旧ユーゴへの継続支援が必要です。国
際ボランティア連絡会議では学生中心のボランティアを募集しています。
詳しくはホームページをご覧の上、電子メールなどで説明会情報をお問い合わ
せください。

期間:8月28日(土)頃から4週間程度
活動地域:クロアチア、セルビア、コソボ、ボスニア、マケドニア
活動内容:ユーゴスラビア/クロアチアの難民一時収容施設・児童施設・民族融
 和促進施設などでの支援活動。ボスニア/コソボ/マケドニアの小学校・児童
 施設・少数民族への支援活動
費用:約10万円程度(渡航費別・往復渡航費は18万円程度)
参加資格:明確な参加意思があること。原則として選考は行わない。
締め切り:7月31日(土)

連絡先:国際ボランティア連絡会議
E-mail:jniv@nifty.ne.jp 事務局携帯電話:090-4176-1065
FAX:03-3824-7221 TEL:03-3824-4011(伝言のみ)
URL:http://member.nifty.ne.jp/jniv/


投稿者: taki 投稿日時: 2004-7-4 16:58:25 (1530 ヒット)

アジアを知るツアー GO GO フィリピン!  
 ?NGOや援助について考えるスタディツアー?

NGOのさまざまなプロジェクトを見学し、漁村でホームステイ、さらに都会も
見られるよくばりツアーです。援助とNGOについて考えながら初めてのアジア
体験。

関連HP:http://www.angel.ne.jp/~p2aid/studytour.htm

場所:ルソン島ヌエバ・エシハ州、バターン州、マニラ
日時:2004年8月21日(土)?8月28日(土)(7泊8日)
事前学習会:1)7月19日(祝・月) 2)8月18日(水)
申込締切:7月9日(金)
費用:17万5千円
※航空券、現地宿泊費・食費・交通費を含む。海外旅行傷害保険は別料金。
 会員ではない方は、別途年会費6千円(学生3千円)?が必要です。

主催:(株)風の旅行社
企画:(特活)草の根援助運動

どうぞお気軽に、メール、お電話またはFAXにてお問い合わせください。詳し
い資料をお送りしますので、お名前、送付先をお知らせください。

問合・申込先:(特活)草の根援助運動 (担当:古澤)
〒235-0036 神奈川県横浜市磯子区中原1-1-28 3F
TEL: 045-772-8363 FAX: 045-774-8075
E-mail: p2aid@angel.ne.jp URL: http://www.angel.ne.jp/~p2aid


投稿者: aarjapan 投稿日時: 2004-7-1 20:35:08 (1699 ヒット)

■■アフガニスタン・カブール事務所駐在員募集■■

(特活)難民を助ける会は、国連経済社会理事会特殊協議資格(ECOSOC)を持つ
NGOです。1979年に政治・思想・宗教に中立な立場で活動する市民団体として
設立されました。現在は、カンボジア、アンゴラ、ザンビアなど世界7カ国で
活動を行っております。
この度、以下のとおり、アフガニスタン・カブール事務所にて、総務・会計を
担当するアドミンコーディネーターを募集します。

関連HP:http://www.aarjapan.gr.jp/ican/recruit.html

■職種:アドミン・コーディネーター(総務・会計調整員)
■職務内容:・現地スタッフの雇用管理。
     ・現地政府・国際機関・他NGOとの調整。
     ・東京本部や助成団体との調整。経理。
     ・その他事務全般。
■資格:25歳以上で、英語での実務が可能な方。要PCスキル。
    国際協力分野に限らず、正職員として数年以上の勤務経験がある方。
    新卒不可。経理・総務経験者優遇

■待遇:渡航費、住居、生活手当支給。海外旅行傷害保険当会負担。
    国内積立金制度有り。
■団体名:(特活)難民を助ける会
■勤務地:アフガニスタン・カブール
■応募方法:ホームページの当会所定海外派遣駐在員身上書にに必要事項を
      記入の上、当会宛て送付して下さい。
      詳しくは、http://www.aarjapan.gr.jp/ican/recruit.html
■締切り:決まり次第締め切らせていただきます
■問合・申込先:(特活)難民を助ける会
        TEL:03-5423-4511 FAX:03-5423-4450
        e-mail:aar@aarjapan.gr.jp URL:http://www.aarjapan.gr.jp/


投稿者: polepole 投稿日時: 2004-7-1 18:50:10 (1528 ヒット)

タンザニア・ポレポレクラブでは、メンバーが自分たちでタンザニアの村人との協力活動に取り組んでいます。その一つに、現地にある資源を利用して作る手工芸品(バナナカード)の取り組みがあります。バナナカードとは、バナナの樹皮を加工し、それを動物などの図柄に切り抜いて作ったものです。この取り組みは、手工芸品製作技術の村人への定着と、それによる雇用機会の創出や収入向上を目指して、村人と協力しながら進めているものです。

これまで、私たちメンバーはカードのデザインを考え、その型を作り、誰でも簡単にカードを製作できるように工夫をこらしてきました。また、村人たちの技術はこの3年間で格段に向上してきています。

このメンバー活動には、アフリカに興味のある方、NGO活動に興味のある方など、どなたでも参加できます。村人と知恵を出し合い、お互いに力を合わせながら取り組む活動に、あなたもぜひ一緒に取り組んでみませんか?活動を通してアフリカのこと、NGOのこと、そして村の人々のことを知り、学ぶこともできますよ!

★ 毎月第2週金曜日(PM7:00?)にバナナカードミーティングを開いていますので、一緒に取り組んでみたい!という方は、お気軽にご参加ください。(※ミーティングの日程が変更になる場合もありますので、参加される場合は、事前に下記の事務局までご一報いただければ幸いです)。

※バナナカードの取り組みに関する詳しい情報は、タンザニア・ポレポレクラブのホームページにも掲載されています。→http://polepoleclub.ld.infoseek.co.jp/news.html#news07
※ この活動にはどなたでも参加できますので、一緒に取り組んでみたい!という方は、お気軽に下記事の務局までお問い合わせ下さい。


(問合せ先)タンザニア・ポレポレクラブ
住所:〒154-0016 東京都世田谷区弦巻1-28-15サンライトハイツ301号
Tel/Fax:03-3439-4847
E-mail:pole2club@hotmail.com
URL:http://polepoleclub.ld.infoseek.co.jp/


投稿者: polepole 投稿日時: 2004-7-1 18:48:33 (1442 ヒット)

タンザニア・ポレポレクラブでは、メンバーが自分たちでタンザニアの村人との協力活動に取り組んでいます。その一つに、村の女性グループと協力して作る手工芸品、カンガバッグがあります。

カンガとは、ケニアやタンザニアで女性が身にまとう布のことです。色鮮やかなプリントと四方の縁取り、そして中央にスワヒリ語でことわざが書かれているのが特徴で、腰に巻いたりショールにしたり子どもを背負ったりと、最も身近で生活に欠かせない布です。

このカンガをバッグという日用品に加工することで、日本でもカンガの魅力を広め、同時に村の女性の縫製技術の向上に一役買いたいと、この取り組みを始めました。これまで私たちメンバーが試作品を作ってイベントでのテスト販売を行いました。それをもとに現地の女性グループと協力して作り上げていきながら、彼女たちの技術修得と生活の向上につなげていきたいと考えています。

試作品の企画や販売など、やることは盛りだくさんです。裁縫が苦手、という人でも大丈夫。ぜひ一緒にやってみませんか?毎月1?2回ミーティングを開いているので、お気軽に事務局まで声をかけてください。

※この活動にはどなたでも参加できますので、一緒に取り組んでみたい!という方は、お気軽に下記の事務局までお問い合わせ下さい。


問い合わせ先:タンザニア・ポレポレクラブ桜新町事務所

〒154-0016 東京都世田谷区弦巻1-28-15 サンライトハイツ301
(TEL/FAX ) 03-3439-4847 (E-mail) pole2club@hotmail.com
(HP) http://polepoleclub.ld.infoseek.co.jp/


投稿者: polepole 投稿日時: 2004-7-1 18:39:26 (1608 ヒット)

私たちはタンザニア・ポレポレクラブというNGOのメンバーです。ポレポレクラブは、森林減少の続く東アフリカのタンザニアで、村人たちが取り組んでいる植林活動を支援しています。タンザニアでの取り組みの他に、国内でもたくさんの活動を行っています。今回は、その中のひとつである「辞書支援プロジェクト」からのお知らせです。

☆辞書支援プロジェクトとは?

「辞書支援プロジェクト」は、2002年のタンザニア・キリマンジャロ植林ワークキャ ンプに参加したメンバーが、タンザニアで楽しい時を過ごす一方で、村が抱える問題にも気付き、彼らと協力して何かできることがないか、そう考えたことから始まりました。

タンザニアでは小学校から英語教育が始まりますが、基本的に授業は現地の国語でもあるスワヒリ語で行われます。ところが中学校に入ると、授業はすべて英語に切り替ってしまいます。その結果、英語を理解できないためにドロップアウトしてしまう生徒も少なくありません。したがって、小学校での英語教育がとても重要となってきます。しかし、村の小学校には英語の辞書すらありません。そこで私たちは、小学校
へ「英語・スワヒリ語辞書」を支援することにしました。

そしてさらに、子供たちが英語に触れる機会を増やし、親しみを持ってもらうために英語の絵本支援にも取り組んでいます。

☆絵本支援のための絵本作りに参加してみませんか?

メンバーが手作りした絵本を、キリマンジャロ山麓にあるテマ村に支援することになりました。現在、絵本をそれぞれメンバーが分担して、冊数を増やすための作業を行っています。しかし、まだまだ人手不足です。

そこで、今回絵本作りに興味がある方や協力していただける方を募集しています。絵本作りというと難しく感じてしまうかもしれませんが、手伝ってもらいたい内容は、主に絵本の色塗りと製本作業です。絵本の内容(4種類を制作)は既にできているので、絵を描くのが苦手な方でも大歓迎です。アットホームな雰囲気の事務所で私たちと一緒に絵本を作ってみませんか?

子供たちが喜ぶ顔を想像しながら作る絵本は、とっても楽しいですよ!!メンバー一同心よりお待ちしています!!興味がある方はぜひ、事務局までご連絡ください。宜しくお願い致します。

★「辞書・手作り絵本の取り組み」では、毎月第2週の金曜日、PM6:30?事務所でミーティングを開催しています。

この活動にはどなたでも参加できますので、一緒に取り組んでみたい!という方は、お気軽に下記事の務局までお問い合わせ下さい。


問い合わせ先:タンザニア・ポレポレクラブ桜新町事務所

〒154-0016 東京都世田谷区弦巻1-28-15 サンライトハイツ301
(TEL/FAX ) 03-3439-4847 (E-mail) pole2club@hotmail.com
(HP) http://polepoleclub.ld.infoseek.co.jp/


投稿者: polepole 投稿日時: 2004-7-1 18:34:29 (1693 ヒット)

タンザニアといえば、アフリカの最高峰キリマンジャロ山があることで知られています。そしてキリマンジャロといえば、あのキリマンジャロコーヒーが私たちにも馴染み深いですよね。ところがそのキリマンジャロコーヒーが、「あと20年で消える」と一部で言われているのをご存知ですか?

世界的な価格の下落、適切に反映されない生産者価格などから、すでに多くのキリマンジャロコーヒー生産農家が自分の畑で育てているコーヒーの木の管理を放棄し、引き抜いたりしています。

そんな中で、わたしたちタンザニア・ポレポレクラブのメンバーは、現地で良質コーヒーの生産に努力を傾けている村人グループ(KIWAKABO)に協力しています。

現地でKIWAKABOの生豆を買い付け、それをイベントなどで販売し、利益を彼らに還元しようというものです。取り組みとしてはまだまだ本当に小さなものですが、コーヒー栽培に情熱を傾ける村人たちを少しでも側面から支援していこうという取り組みです。

コーヒーに関する勉強会なども開催したいと考えています。興味のある方は、ぜひ下記の事務局までご連絡ください!

この活動にはどなたでも参加できますので、一緒に取り組んでみたい!という方は、お気軽に下記事の務局までお問い合わせ下さい。


(問合せ先)タンザニア・ポレポレクラブ
住所:〒154-0016 東京都世田谷区弦巻1-28-15サンライトハイツ301号
Tel/Fax:03-3439-4847
E-mail:pole2club@hotmail.com
URL:http://polepoleclub.ld.infoseek.co.jp/


投稿者: taki 投稿日時: 2004-7-1 0:34:33 (1625 ヒット)

カンボジアスタディーツアー説明会
【スタディーツアー参加者募集】
生のカンボジアに迫ろう!
?かものはしスタディーツアーのお知らせ?
 かものはしプロジェクトは、8月31日から9月8日までの9日間、スタディーツアー
を行います。
 かものはしプロジェクト事務所を始め、現地で活動するさまざまなNGOの訪問、
プノンペン大学の学生と交流
などを通じて、直接カンボジア
の人たちとふれあうことができます。
 さらに、世界遺産でもある、荘厳なアンコールワット遺跡を訪れます。
 オプションは、伝統舞踊アプサラ鑑賞ディナー、さまざまな民族の人たちが水
上生活をおくっているトンレサップ湖クルーズなど、カンボジアの文化に更に接
近できる内容になっております。
 この機会に、生のカンボジアに思いっきり迫ってみませんか?

◇説明会
迷っている方、少しでも興味のある方、どうぞお気軽にご参加ください♪
日時:
7月11日(日)午後1時より
場所:かものはしプロジェクト事務所(国領駅から徒歩5分)

◇ツアー期間
2004年8月31日?9月8日(8泊9日)

◇行き先
カンボジア(プノンペン、シェムリアップ)

◇金額
175,000円(予定)


興味を持たれた方や、ご質問のある方は、
tour@kamonohashi-project.net
までご連絡ください。
ホームページ(http://www.kamonohashi-project.net)もご覧くだ
さい。
(担当:春日、桜井)


◇企画・手配
日本エコプランニングサービス


■□「かものはしプロジェクト」とは?□■
かものはしプロジェクトとは、システム開発をカンボジアのプログラマーと共
に行い、それによって生まれた利益によりカンボジアの買春にあう少女を保護、
教育するというプロジェクトです。


« 1 ... 558 559 560 (561) 562 563 564 ... 570 »
NGO network Japan