ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
投稿者: JICA_PARTNER 投稿日時: 2019-9-20 15:38:48 (19 ヒット)

スポーツが好き。

スポーツで世界と日本をつなげたい。
競技の経験を、国際協力やビジネスに活かしたい。

国際協力分野でのキャリアパスを目指す方々を対象に、関わり方やキャリア形成について提示するJOBセミナー。
今年度第3回のテーマは「スポーツ×ビジネス」です!

「スポーツ×ビジネス×国際協力」の現状を、Jリーグの事例から、
競技経験や国際協力への想いを、プロ野球球団でカタチにするストーリーから、
「途上国の雇用を守る」スポーツによるCSRが生む利益の展望から、
「スポーツ×ビジネス」のチカラと可能性、その関わり方を探ります。

セミナーの詳細・最新情報、
参加申し込みはこちらから!(PARTNER国際協力人材登録が必要となります。)
https://jicaps.secure.force.com/TrainingSeminarDetail?id=a0S2v000017nCH3EAM

■日時:2019/10/15(火)19:00-21:00
■場所:東京都 新宿区市谷本村町10-5JICA市ヶ谷ビル 国際会議場(2階)

【登壇者・プログラム(予定)】
・基調講演「スポーツ×ビジネス×国際協力 Jリーグの事例から見る現状と展望」
 株式会社Jリーグメディアプロモーション 海外事業部 部長 大矢 丈之氏

・「私のキャリアとシゴト」
 株式会社読売巨人軍 営業企画部 横田 直道氏
 株式会社タイカ

・登壇者によるパネルディスカッション/質疑応答
 (ファシリテーター)JICA青年海外協力隊事務局企画業務課
 「スポーツと開発」担当 浦 輝大


投稿者: HFW 投稿日時: 2019-9-14 16:05:03 (30 ヒット)

10月16日は国連が定めた「世界の食料問題を考える日」である世界食料デー。世界中で問題となっている、食品ロス・飢餓などの食料問題について私たちに何ができるでしょうか?
世界の食料問題の解決に向けて、何か行動している人は活動を共有する場として、これから何か始めたいと思っている人はそのヒントを見つける場として、ぜひお気軽にご参加ください!

日時:10月4日(金)19:00?21:00(受付18:30?)
場所:BUKATSUDO HALL(横浜市西区みなとみらい2-2-1ランドマークプラザ地下1階)
みなとみらい線「みなとみらい」駅徒歩3分、JR市営地下鉄「桜木町」駅徒歩5分
http://bukatsu-do.jp/access.html
対象:食品ロスや食料問題に関心のある方(学生、会社員、NGO/NPO職員など)
定員:50名
参加費:500円(軽食付き)
共催:横浜市資源循環局、「世界食料デー」月間2019

【プログラム(予定)】
18:30 受付開始
19:00‐19:05 開会・趣旨説明
19:05‐20:05 プレゼンターによる取組紹介
20:05‐20:50 プレゼンター・参加者を交えた交流会 軽食あり
20:50‐21:00 「世界食料デー」月間紹介
21:00 閉会

<プレゼンター>(五十音順)
平井巧(ひらいさとし)さん/株式会社honshoku代表、一般社団法人フードサルベージ代表理事、東京農業大学非常勤講師
SP広告代理店、IT関連会社を退社後、食のプロデューサーとして活動。食のクリエイティブチームhonshokuでは、「食卓に愉快な風を。」をキーワードに、東京表参道でごはんの祭典「ごはんフェス」のプロデュース、オリジナルブレンド米の開発と販売など展開中。2016年に食品ロスの再生プロデュースを手がけるFood Remix Company一般社団法人フードサルベージを設立。

藤田誠(ふじたまこと)さん/公益社団法人フードバンクかながわ事務局長
かながわ生協に入職後、福祉部門において長きにわたり活躍。2017年に神奈川県生活協同組合連合会においてフードバンクかながわの設立準備に携わり、2018年公益社団法人フードバンクかながわ事務局長に就任。 以来、フードバンクの活動を通して地域の助け合いの社会づくりを進めるとともに、貧困や食品ロスの解決を目指している。

米良彰子(めらあきこ)さん/特定非営利活動法人 ハンガー・フリー・ワールド海外事業マネジャー・アドボカシー担当
スポーツメーカーで働く傍ら、阪神淡路大震災時より他言語放送局の立ち上げ・運営に携わる。留学などを経て、帰国後はNGOでアドボカシー・キャンペーンに関わり2015年6月より現職。市民ネットワークfor TICAD世話人。

【お申し込み】
お申し込みフォームに必要事項を入力して送信してください。
https://www.e-shinsei.city.yokohama.lg.jp/yokohama/uketsuke/dform.do?id=1567389027939

【お問い合わせ】
横浜市資源循環局(担当:高橋、大村)
Email:sj-3rsuishin@city.yokohama.jp 
TEL:045-671-3593


投稿者: HFW 投稿日時: 2019-9-14 16:02:59 (34 ヒット)

毎年、世界食料デー(10月16日)前の金曜日に開催してる“WORLD FOOD NIGHT”を今年も開催します! 「食」に興味がある人たちが集まって、「食」の問題の解決に向けてすでに活動している方に情報提供してもらいながら、プレゼンターとイベント参加者、イベント参加者同士で自由に交流するネットワーキングイベントです。
世界の食料問題の解決に向けて、何か行動している人は活動を共有する場として、これから何か始めたいと思っている人はそのヒントを見つける場として、ぜひお気軽にご参加ください!

日時:10月11日(金)19:00?21:00(受付18:45?)
場所:Shibaura House(東京都港区芝浦3-15-4)
http://www.shibaurahouse.jp/about/access_contact
定員:50名
対象:食料問題や社会問題に関心のある方(学生、会社員、NGO/NPO職員など)
参加費:一般2000円/学生1500円(軽食つき)
<早割り>10月2日(水)までにお申し込みいただいた方 一般1500円/学生1000円(軽食つき)
* 学生の方は当日学生証の提示をお願いします。
主催:「世界食料デー」月間2019

【プログラム(予定)】
19:00 オープニング
19:10 プレゼンテーション
19:40 プレゼンター・参加者を交えた交流タイム
20:10 プレゼンテーション
20:40 プレゼンター・参加者を交えた交流タイム
21:00 終了

<プレゼンター>(五十音順)
岸本華果さん/東京大学農学部国際開発農学専修4年
途上国の貧困問題に食からアプローチしたいと勉強していく中で、フードロスへの関心が高まる。恵方巻きの大量廃棄に反対する声を省庁や小売団体に提出する「Stop!えほロスcampaign」を実施。東京大学の五月祭にて食の生産から消費までを考えるイベント「食とりっぷ」を主催。

鈴木允さん/日本漁業認証サポート代表
持続可能な漁業のコンサルティングと発信をしている。大学生のとき、東アジア、ヨーロッパ、西アフリカなどを旅行・ホームステイしたのち、三重県の漁村で1年間漁師見習いをする。築地魚市場の鮮魚のセリ人、持続可能な漁業の国際的な認証制度であるMSC(海洋管理協議会)での勤務を経て、2019年6月に独立。

松岡幸子さん/FAO駐日連絡事務所パートナーシップ・スペシャリスト
ロンドン大で修士号取得後、日本赤十字社を経て、国連ボランティアとしてUNICEFラオス事務所。JPO(ジュニア・プロフェッショナル・オフィサー)として同東ティモール事務所、同バングラデシュ事務所勤務。出産を経て、17年3月から現職。官民連携などを担当する。

矢都木二郎さん/株式会社麺屋武蔵 代表
埼玉県生まれ。2001年麺屋武蔵入社。「麺屋武蔵武骨」店主、「麺屋武蔵新宿総本店」店長を経て、13年から現職。「革新的で上質」なラーメン店をめざす。メーカー、自治体などとコラボレーションも多数。料理ボランティアの会では廃棄されがちな魚のアラを使った「あら?麺」を考案した。

※他、調整中

最新情報は下記のリンク先をご確認ください。
https://www.hungerfree.net/news/16622/

【お申し込み】
お申し込みフォームに必要事項を入力して送信してください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSchxJZt-V0IO4K-inlVOQQtZwZw87yIibX_lOJpxrmlE3RftA/viewform

【お問い合わせ】
「世界食料デー」月間2019事務局(担当:儘田)
Email:wfd@hungerfree.net 
TEL:03-3261-4700


投稿者: RoseIto 投稿日時: 2019-9-13 17:15:39 (130 ヒット)

Tsuda Open University, Global education for sustainable development (GESD) program
Information session: Sept 17 from 7pm at TOU Sendagaya Campus
https://tou.tsuda.ac.jp/placement/


Current Issues in International Development (Saturday mornings)
Details: https://ssl2.smart-academy.net/tsuda/course/detail/968/
This course is for anyone wanting to gain a deeper understanding of sustainable development and the connection between current issues. In this workshop we investigate a core issues facing global society and how these are connected. This course uses interactive methods to help participants learn more about problems, peoples' needs and possible solutions. This course is for anyone wanting to work in INGOs, preparing to study overseas or wanting to learn more about what is going on in the world. This course also serves as a bridge for those who have completed the introductory courses.

Project Based Writing (Thursday nights)
Details: https://ssl2.smart-academy.net/tsuda/course/detail/969/


投稿者: RoseIto 投稿日時: 2019-9-12 12:25:41 (72 ヒット)

Tsuda Open University, Global education for sustainable development (GESD) program
Information session: Sept 12 and 19 from 7pm at TOU Sendagaya Campus
https://tou.tsuda.ac.jp/placement/


Current Issues in International Development (Saturday mornings)
Details: https://ssl2.smart-academy.net/tsuda/course/detail/968/
This course is for anyone wanting to gain a deeper understanding of sustainable development and the connection between current issues. In this workshop we investigate a core issues facing global society and how these are connected. This course uses interactive methods to help participants learn more about problems, peoples' needs and possible solutions. This course is for anyone wanting to work in INGOs, preparing to study overseas or wanting to learn more about what is going on in the world. This course also serves as a bridge for those who have completed the introductory courses.

Project Based Writing (Thursday nights)
Details: https://ssl2.smart-academy.net/tsuda/course/detail/969/


投稿者: RoseIto 投稿日時: 2019-9-12 12:20:41 (138 ヒット)

Start your own nonprofit!
Sunday Sept 29 1:30-4:30 (Doors open at 1:20 and close at 5:00)
A workshop for anyone interested in nonprofits, volunteering or better managing a group they currently support. It is a hands-on introduction to knowledge and skills needed to run nonprofit NGOs.
We aim to: 1) Promote a greater understanding of how nonprofit organizations work; and 2) Develop basic knowledge and skills to start up your Nonprofit/NGO.
Facilitated by Sarajean Rossitto, Nonprofit NGO organizational development consultant
Early bird Registration deadline Sept 21
To register visit https://forms.gle/7cDivcmeQ7nHUSFz7 - https://forms.gle/7cDivcmeQ7nHUSFz7
The workshop will take place in English, and will include at least 6 but no more than 30 participants.
WHERE: Arisu Iki-iki Plaza Multi Purpose Roomありすいきいきプラザ/多目的室
4-6-7 Minamiazabu, Minato City, Tokyo 106-0047
NEAREST STATION: Hiro on the Hibiya Line.
Access map: http://business.central.co.jp/care/trust/siteikan_unei_jutaku/ailis/
REGISTRATION FEE: 7,000 yen by Sat Sept 21, 10,000 yen after 9/21
For more information please contact: Rose.ito@gmail.com
Facebook page https://www.facebook.com/events/2447523472130143/


投稿者: RoseIto 投稿日時: 2019-9-12 12:17:54 (137 ヒット)

LISTEN UP: Cross Cultural Communication Skills workshop
Saturday September 21 2019 9:30-11:30
Effective communication is essential for getting things done and can be exciting and energizing. But things don’t always go as planned. Miscommunication can be frustrating and can have a negative impact on our work. Habits, assumptions and perspectives greatly influence what we understand and how we are understood. In this 2-hour workshop, you’ll strengthen your communication skills and improve your confidence to be more effective in your work.
Facilitated by Sarajean Rossitto and Andrew O'Brien
Venue: Akasaka Community Center, 5F Study Room Kensyushitsu 研修室
Akasaka 4?18?13 Minato, Tokyo, 〒107-0052
〒107-0052 東京都港区赤坂4?18?13 赤坂コミュニティーぷらざ内
NEAREST STATION: Akasaka Mitsuke on the Ginza and Marunouchi Lines.
Access map https://www.kissport.or.jp/sisetu/akasaka/shisetsu/access.html
GOOGLE MAPS LINK: https://goo.gl/maps/4gMg2A4E6fLMyRP9A
**When you arrive, please look for the PSC sign on the event board
FEE: 4,000 yen advance registration by Friday Sept 13 OR 6,000 yen payment for registration after Sept 13
REGISTER: ・ https://forms.gle/YShzPXbBGocEXe3z5
Find out more https://www.facebook.com/events/499974757459094/
FOR MORE INFO please contact: Rose.ito@gmail.com


投稿者: aSeedJapan 投稿日時: 2019-9-11 22:54:29 (25 ヒット)

【お申し込み〆切:9月20日(金)】
以下のWebサイトからお申し込みください。
https://forms.gle/vYEC1DZPH4cg6rNC8

私たちの生活は、今2つの側面から脅威にさらされています。お金の問題と地球規模の社会問題です。このふたつを見た時に、私たちはまず「自分が生きていくために、お金の問題を解決しなければ」と思うでしょう。貯金したり、節約したり…。自分自身のお金をしっかり管理していくことはとても大切なことで、私たちが生きていくにあたっての土台です。

一方で、もうひとつの大きな土台である地球規模の社会問題について考えたことはおありでしょうか?気候変動の大きな要因の一つと言われる石炭火力や、富の集中による格差の拡大、海の汚染や森林伐採等、現代社会はさまざまな問題を抱えています。将来私たちがしっかりと財産を作ったとしても、災害ばかりの社会だったり、周りの人々が貧しさで苦しんでいたり、美味しい水や空気のない社会だったとしたら、安心して生きていくことはできるでしょうか?

個人がこのような大きな社会的課題に取り組むなんて難しいし分からない、と思われるかもしれません。ですが、私たちがお金の預け先をしっかりと選んでいけば、課題を解決しながらより良い社会を築いていくことも可能なのです。

当セミナーでは、志をもってお金を扱う会社や団体をお招きし、お金を通して社会をどのように変えていこうと考えているのかを伺います。そして私たち個人が、どのようにお金を通して自分も社会も持続可能にしていくことができるのか、一緒に考えていきたいと思います。このセミナーを通して、お金に対する「難しい」「考えたくない」という気持ちを、「ワクワク」や「楽しい」に変えていきましょう。皆さまのご参加をお待ちしております!

【日時】2019年9月21日(土)14:00?16:00(受付開始:13:30?)
【場所】お茶の水トライエッジカンファレンス11階
    https://try-edge.infield95.com/access/
(JR御茶ノ水駅聖橋口 徒歩3分、千代田線新御茶ノ水駅出口B2 徒歩2分、丸の内線御茶ノ水駅出口1 徒歩5分、都営新宿線小川町駅出口A5 徒歩5分)



【プログラム】
〇はじめに:お金と社会のつながりA SEED JAPAN エコ貯金プロジェクト 田川 道子
〇第一部:
 ・自分も社会も豊かになる投資とは?
さわかみ投信株式会社 代表取締役社長 澤上 龍 氏
 ・金融で地域社会に貢献しよう
東京コミュニティパワーバンク-東京CPB- 理事長 植田 泉 氏
 ・出資で社会的投資に参加しよう
オイコクレジット・ジャパン 代表 岡本 眞理子

〇第二部:登壇者によるパネルディスカッション・質疑応答

※プログラムのタイトル及び内容については、変更になる場合があります。

【参加費】
一般:1,000円
主催団体・東京CPB会員及びマンスリーサポーター、さわかみファンド保有者、学生:無料

【お申し込み方法】
以下のWebサイトからお申し込みください。※〆切:9月20日(金)
https://forms.gle/vYEC1DZPH4cg6rNC8

【定員】
50名
【主催】
オイコクレジット・ジャパン、国際青年環境NGO A SEED JAPAN
【協力】
Fair Finance Guide
【助成】
独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金、スウェーデン国際開発協力庁(Sida)
【お問い合わせ先】
国際青年環境NGO A SEED JAPAN(担当:石原・田川)
〒102-0082 東京都千代田区一番町9-7 一番町村上ビル6F
e-mail: info@aseed.org
TEL:03-5826-8737
オイコクレジット・ジャパン
〒602-0032
 京都市上京区岡松町258、バザールカフェ内
E-mail: japan@oikocredit.org
 Tel/Fax  075-744-6920 
http://www.aseed.org/2019/08/7032/


投稿者: ganas 投稿日時: 2019-9-10 15:02:02 (23 ヒット)

米国のトランプ大統領は「アメリカファースト」を唱え、国際条約から脱退し、メキシコ国境に壁を建設する。欧州で移民を嫌った「排外主義」が広がり、香港では「逃亡犯条例」改正案に反対するデモを警察が弾圧する――。

世界のこうした情勢に「民主主義は大丈夫だろうか‥‥」と心配になりませんか?
仏政治思想史家ジャック・ジュリアール氏は「世界中でポピュリズムが民主主義を窮地に陥れている」と喝破しています。

ですが、この「民主主義」。実は、国によって形態が異なるようです。
といっても大統領制や議会制など体制のことではなく、国のもつ地域性や文化、歴史、人びとの考え方などにより、無数のバリエーションがあります。

民主主義国の数は、この40年間で2倍以上になりました。いまや世界の7割の132カ国が民主主義国家。まさに132通りの民主主義が、しぶとく世界でうごめいているのです。

さて今回は、そんな世界を民主主義の視点をもって歩き、見て、聞いて、考える作家、岡崎大五氏をお迎えします!

岡崎大五氏は、『添乗員シリーズ』(角川文庫)など世界を旅した旅行記などの著作をもち、TVやラジオでも活躍される作家です。岡崎氏による豊富な経験から、様々なおもしろエピソードや含蓄ある深い考察を披露していただきます。

民主主義の行く末を危惧する前に、まずは世界にどんなタイプのものが息づいているのか、知って考えてみませんか?

頭の中にある民主主義の固定観念を一度ほぐして、「複眼の視点」を手に入れてみましょう!この貴重な機会にぜひご参加ください!

■講演会の概要(予定)

●大好きな王様を守ってくれる民主主義の結果が、軍事政権(タイ)
●ゲリラ的民主主義が容認される理由とは?(グアテマラ)
●部族抗争の歴史を巧みに利用するスハルト式民主主義(インドネシア)
●議論民主主義の日常風景(インド)
●文化、芸術が尊敬される民主主義?労働者は耐えるのである(ロシア)
●マレー系VS中華系、分断が心地いい民主主義(マレーシア)
●民主主義なんかイヤだと涙した人々(ブータン)
●泥棒も誘拐もビジネスのうち(マリ)
●革命防衛隊は風紀委員? 秘密警察? それともテロ組織(イラン)
●民主主義の根っ子は汎トルコ民族主義(トルコ)
●1990年がキーワード。アジアに広がった民主主義の覚醒(アジア全域)
●日本の地方の民主主義は、親戚の数で決まる(日本)

■日時
2019年9月29日(日)14:30?16:45

【タイムテーブル】
受付 14:15?
講演 14:30?16:00
意見交換タイム 16:00?16:30
著作本のサイン会 16:30?16:45

※講演会後は、近くのお店に移動して、岡崎さんと直接お話できる懇親会を行います。もっと語りたいという方はぜひお越しください!(実費負担:17時半?19時頃の予定)

■講師プロフィール
岡崎 大五(おかざき だいご)氏
愛知県生まれ。作家・下田市観光大使。21歳でアジア放浪の旅に。インドやタイ、トルコで働き旅を続けるも、30歳で本格帰国後は、海外旅行専門の添乗員として年間250日を旅の空の下で暮らす。34歳で作家デビュー。訪問国は85カ国。世界と日本のありようをテーマに、小説やエッセー、新書を発表。著作は30冊を超える。『添乗員騒動記』(角川文庫)などの添乗員シリーズのほか、『日本は世界で第何位?』(新潮新書)、『アジアン・ルーレット』 『アフリカ・アンダーグラウンド』(祥伝社文庫)、『笑える! 世界の7癖 エピソード集』(PHP新書)他多数。

■ファシリテーター
只木 日向子(ただき ひなこ)
社会人1年目。千葉大学在学中は、アジア政治学などを学ぶ。趣味は海外旅行のスクラップブックを作ること。1回の旅行で4万字以上の日記を書く。最近行った国はフィリピンとベトナム。ganasのインスタグラムから途上国の情報を日々発信する。

■会場
JICA地球ひろば 2F大会議室
〒162-0845東京都新宿区市谷本村町10-5 JICA市ヶ谷ビル(最寄り駅は市ヶ谷)
http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map/index.html    
*市ヶ谷駅から坂を少し上り、ちょうどよい運動になります

■参加費 *早割あり!(9/19までのお支払い)
社会人:2000円(→早割:1500円)
学  生:1200円(→早割:1000円)

■定員
50人(先着順)
*社会人&学生の方、お気軽にご参加ください!

■お申込み方法
Peatixにてお手続きください →https://peatix.com/sales/event/1322843/tickets
※お申込締切:9月26日(木)まで

■イベントサイト
http://bit.ly/Wdemo

■お問い合わせ
メール:devmedia.ganas@gmail.com (担当:中山)

■こんな方におすすめ!

・途上国の政治状況に興味がある!
・多様な途上国を多角的に学びたい!
・各地の民主主義や情勢を知りたい!
・世界の民主主義を比較してみたい!
・途上国の政治状況に興味がある!
・途上国を政治にからめて雑学したい!

■主催&問い合わせ先

特定非営利活動法人開発メディア(「ganas」の運営団体)
・メール:devmedia.ganas@gmail.com(担当:中山)
・ウェブサイト:http://www.ganas.or.jp
・フェイスブックページ:https://www.facebook.com/ganas.or.jp
・ツイッター:https://twitter.com/devmedia_ganas


投稿者: efa-japan 投稿日時: 2019-9-10 11:02:42 (41 ヒット)

認定NPO法人エファジャパンは10月13日(日)、14日(祝)、「よこはま国際フェスタ2019」に出展します。
同フェスタは神奈川県横浜市の「みなとみらい21」エリアのグランモール公園で開催されます。
通算23回目となる国際協力と多文化共生をテーマに開催する神奈川県最大級のイベントで、
今年のテーマは「ともに生きる横浜 ともに創る世界」。
国際協力・多文化共生に関わる約100団体が集います!  

今回、エファジャパンのブースでお手伝いをしていただけるボランティアさんを、若干名募集します。
お手伝いの内容は、ブースでのエファグッズ販売やクイズの出題、チラシの配布などです。イベントは10月12日(土)?14日(祝)の3日間開催されていますが、エファの出展は13日と14日。
開催時間は、各日10:30から16:00ですが、その間でしたら、何時間でもご都合の良い時間でご参加いただければ嬉しいです!会場までは、みなとみらい線のみなとみらい駅より徒歩3分、JR線・横浜市営地下鉄ブルーラインの桜木町駅より徒歩15分です。

【参加いただける方(お問合せも)】
メール:info@efa-japan.org
電話:03-3263-0337
(担当:平松、五味)

上記まで、ご連絡ください!

※尚、申し訳ありませんが、交通費、日当などの支給はありません。些少ですが、食事代の補助として、¥500をお渡しします。
よこはま国際フェスタ2019


投稿者: HFW 投稿日時: 2019-9-4 17:17:11 (42 ヒット)

国際協力NGOはたくさんあるけど、HFWは他のNGOとどう違うの? 
HFWが解決しようとしている飢餓の現状とは? 
こんな疑問に対して、写真やデータを見ながら紹介します。
飢餓が、私たちの暮らしや食生活とどのようなつながりがあるのか。
解決に向けて自分には何ができるのか。一緒に考えてみませんか?
初心者向けの説明会ですので、お気軽にご参加ください。

【日時】 9月17日(火)18:30-20:30
【参加費】無料
【会場】ハンガー・フリー・ワールド事務所(飯田橋)
【地図】https://www.hungerfree.net/about/access/
【交通】JR飯田橋東口改札を出てすぐの通りを右(目白通りを九段下方面)へ徒歩1分。
はなまるうどん、珈琲館などが入っているビルの8階。
【定員】5名
【締切】9月16日(月)※定員になり次第締め切り
【申込み】事前にお電話またはE-mailにてお申し込みください。
【主催】ハンガー・フリー・ワールド

【連絡先】 
特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド
TEL:03-3261-4700  FAX:03-3261-4701
月・火・木10:00?21:00 水・金・土10:00?18:00
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階
E-mail:info@hungerfree.net
URL https://www.hungerfree.net/news/16616/


投稿者: shapla 投稿日時: 2019-8-28 13:58:55 (48 ヒット)

毎回さまざまなテーマでお話しする「講座シャプラバ!」。

今回は、2015年9月の国連総会で採択されたSDGs〈エスディージーズ〉= Sustainable Development Goals:「持続可能な開発目標」入門講座を開催します。

私たちの活動を紹介しながら、参加者の皆さまそれぞれの活動や興味関心とSDGsとの関連性を考えるワークショップを通じて、「今さら聞けないかも」と感じている小さな疑問などSDGsにまつわるあれこれを分かりやすくお伝えします。
ぜひお誘いあわせのうえお越しください。

「講座シャプラバ!SGDs入門」
【日時】2019年9月7日(土)13:00?15:00
【場所】早稲田奉仕園セミナーハウス104号室
(東京都新宿区西早稲田2-3-1早稲田奉仕園内)
・東京メトロ東西線 早稲田駅 徒歩5分
・副都心線 西早稲田駅 徒歩8分

【定員】15名
【参加費】一般:500円 会員:無料
【持ち物】筆記用具

【講師】シャプラニール事務局長 小松豊明

【お申込み】
以下の申込フォームからお申し込みいただくか、
下記のお問合せ先まで、お名前/ご連絡先(電話/E-mailアドレス)をご連絡ください。
※必ず事前にお申し込みください。
▼申込フォーム
https://www.shaplaneer.org/eventform/

【お問い合わせ先】
(特活)シャプラニール=市民による海外協力の会
担当:小川
TEL:03-3202-7863 E-mail:event@shaplaneer.org


投稿者: ecojapan 投稿日時: 2019-8-23 10:04:52 (76 ヒット)

このたび、自然に眠り、森を育む「森の墓苑」では、映画『人生をしまう時間(とき)』の公開にあたり、全国共通特別観賞券をプレゼントするキャンペーンを行います。ふるってご応募ください。

キャンペーン内容:
この映画を通じて、誰にでも訪れる人生の最期にどうあるべきか、また、残された家族に何を残せるのかを考えるきっかけにしてもらいたいとの思いから、抽選で観賞券(10枚)をプレゼントします。

対象の映画:『人生をしまう時間(とき)』
2019年9月21日(土)より渋谷シアター・イメージフォーラムにてロードショー、ほか全国順次公開 公式サイト:https://jinsei-toki.jp/

応募条件:下記のクイズにお答えください。
      Q.「森の墓苑」で見られる生きものをひとつお答えください。
      ヒント→「森の墓苑」公式サイト(http://www.morinoboen.org/)をご覧
ください。

応募方法:メール( morinoboen@ecosys.or.jp )かハガキ(〒171-0021東京都豊島区西池袋2-30-20)のいずれかに1から7をご記入の上、お送りください。
1.「人生をしまう時間」鑑賞券希望、2.氏名、3.齢、4.郵便番号・住所、5.キャンペーンを知ったきっかけ、6.クイズの答え、7.「森の墓苑」についてのご感想・ご意見など
応募期限:2019年9月13日(金)12:00必着

詳細は下記HPをご覧ください。
http://www.morinoboen.org/campaign_2019_02.pdf

※ご応募はお一人様1回までです。全国共通特別鑑賞券はおひとり1枚の当選とし、発表は鑑賞券の発送をもって代えさせていただきます。 
お寄せいただいた個人情報は、(公財)日本生態系協会のプライバシーポリシーに従い管理いたします。


投稿者: ecojapan 投稿日時: 2019-8-23 9:23:12 (73 ヒット)

このたび、自然に眠り、森を育む「森の墓苑」では、映画『みとりし』の公開にあたり、全国共通特別観賞券をプレゼントするキャンペーンを行います。ふるってご応募ください。

キャンペーン内容:
この映画を通じて、誰にでも訪れる人生の最期にどうあるべきか、また、残された家族に何を残せるのかを考えるきっかけにしてもらいたいとの思いから、抽選で観賞券(20枚)をプレゼントします。

対象の映画:『みとりし』
2019年9月13日(金)より有楽町スバル座ほか全国順次ロードショー
公式サイト:http://is-field.com/mitori-movie/index.html

応募条件:下記のクイズにお答えください。
      Q.「森の墓苑」で見られる生きものをひとつお答えください。
      ヒント→「森の墓苑」公式サイト(http://www.morinoboen.org/)をご覧ください。
応募方法:メール( morinoboen@ecosys.or.jp )かハガキ(〒171-0021東京都豊島区西池袋2-30-20)のいずれかに1から7をご記入の上、お送りください。
1.「みとりし」鑑賞券希望、2.氏名、3.年齢、4.郵便番号・住所、5.キャンペーンを知ったきっかけ、6.クイズの答え、7.「森の墓苑」についてのご感想・ご意見など
応募期限:2019年9月6日(金)12:00必着

詳細は下記HPをご覧ください。
http://www.morinoboen.org/campaign_2019_01.pdf

※ご応募はお一人様1回までです。全国共通特別鑑賞券はおひとり1枚の当選とし、発表は鑑賞券の発送をもって代えさせていただきます。 
お寄せいただいた個人情報は、(公財)日本生態系協会のプライバシーポリシーに従い管理いたします。


投稿者: Iinuma 投稿日時: 2019-8-21 12:32:24 (62 ヒット)


\あなたのまちにも「良いレガシー」を/

・━━━━━━━━━━━

 東京2020大会に向けた
 勉強会、開きませんか?!
 《リクエスト受付中》

 https://suspon.net/request2019/

・━━━━━━━━━━━

来年に迫った東京2020大会、この開催を陰で支えるホストタウンや関係各所の皆さんにとって、その取り組みが「良いレガシー」につながる「良いきっかけ」となってほしい・・・。

「持続可能なスポーツイベントを実現するNGO/NPOネットワーク(SUSPON:サスポン)」は、関連のセミナー・勉強会・ワークショップ等の企画・運営のサポート役を承ります。

SUSPONの各部会(ごみゼロ、責任ある調達、エネルギー、生物多様性、ボランティア、ユース、平和とスポーツ)から専門メンバーがリクエストに応じて出張いたしますので、まずはご相談ください。

………………………………………
こんなホストタウン・関係各所の方に
………………………………………
●オリパラをきっかけに地域に良いレガシーを残したい!
●ホストタウンとしてサステナビリティ(持続可能性)について知っておきたい!
●ボランティア運営の具体的なノウハウを知りたい!
●再生可能エネルギーにシフトしたいけど、どうすれば良いか分からない!
●人が集まるところでも自然を守りたい!

………………………………………
例えば、SUSPONではこんなことができます!
………………………………………
●お祭り・イベントでのごみ削減についての勉強会
●イベントボランティア運営のワークショップや研修
●持続可能性を再認識し、世界平和を祈るセレモニー
●再エネ電力導入の「い・ろ・は」学習会
●東京の貴重な自然を知る「葛西沖三枚洲」おさんぽツアー
●海のプラスチックごみ問題からサステナブルな社会を考える勉強会
 …等々、リクエストがあればぜひご相談ください!
▼その他、具体例はこちら
https://suspon.net/request2019/example


………………………………………
リクエストについて
………………………………………

下記ご確認の上、受付フォームよりご相談ください。

【費用】
今年度、先着順・若干数に限り、費用(謝礼・交通費、会場費など)を当方で負担することができます。(上限あり)
※環境再生保全機構地球環境基金(2019年度)の助成を受け、開催に係る費用は可能な範囲でSUSPONが負担します。

【ご注意事項】
※会場の手配・準備、聴講者・参加者の募集などは貴団体様にてお願いします。

【お問い合せ】
地球・人間環境フォーラム内 SUSPON(サスポン)事務局(担当:坂本、天野、斎藤)
TEL:03-5825-9735(代表)

【主催】
持続可能なスポーツイベントを実現するNGO/NPOネットワーク(SUSPON)

【協力】
NPO iPledge (アイプレッジ)、I♡SKATEBOARD、A SEED JAPAN、NPO法人インターナショナル世界平和の響き、NPO地域環境デザイン研究所 ecotone、NPO法人ezorock、国際環境NGO FoE Japan、学生団体おりがみ、環境パートナーシップ会議(EPC)、認定NPO法人 環境リレーションズ研究所、Climate Youth Japan(CYJ)、グリーン購入ネットワーク(GPN)、グリーン連合、CSOネットワーク、持続可能な社会をつくる元気ネット、水Do!ネットワーク、認定NPO法人 スペースふう、地球・人間環境フォーラム、日本自然保護協会(NACS-J)、日本野鳥の会、V-SPORTS PROJECT、立命館大学 Sustainable Week 実行委員会

【助成】
環境再生保全機構地球環境基金(2019年度)

▼受付フォーム
https://form.run/@suspon-seminar

………………………………………


東京2020大会に向けてがんばる皆さまからのリクエストお待ちしております!

まずはお気軽にご相談ください!


▼リクエスト受付要項
https://suspon.net/request2019/

▼勉強会の具体例
https://suspon.net/request2019/example

▼受付フォーム
https://form.run/@suspon-seminar


投稿者: nic_koryu 投稿日時: 2019-8-18 17:03:48 (65 ヒット)

(公財)名古屋国際センターでは、「グローバルユースフォーラム?グローバル人材への第一歩」を開催します。
『サンデーモーニング』などテレビでもおなじみのフォトジャーナリスト 安田 菜津紀さんの講演と、グローバル人材育成の専門家 辰野 まどかさんによるワークショップの2部構成です。
被災地や紛争地での取材を精力的に行う安田さん。ご自身の生い立ちや経験、グローバル人材へのヒントをお話していただきます。ワークショップでは、グローバル人材に必要な力とは何かを考えます。
申込受付中です。皆様からのお申込をお待ちしております!お申込は以下URLリンク先のウェブページをご覧ください。
https://www.nic-nagoya.or.jp/japanese/nicnews/event/2019/08011537.html

【日  時】2019年9月21日(土) 13:00-17:00 (12:30受付・開場)
      講演 13:00-14:30 「被災地、紛争地の声を伝える」
       安田 菜津紀氏(ダイアログフォーピープル所属 フォトジャーナリスト) 
?ワークショップ 15:00-17:00
 辰野 まどか氏((一社)グローバル教育推進プロジェクト(GiFT)代表理事)
【会  場】名古屋国際センター 別棟ホール
【対  象】講演 中学生以上 ワークショップ 講演会に参加する15?35歳の方優先
【参 加 費】無料
【定  員】?講演 100名 ワークショップ 60名(先着順、定員になり次第受付終了)
【申込方法】TEL、メール、ウェブよりお申し込み下さい。

*問合せ・申込み*
(公財)名古屋国際センター 交流協力課
TEL:052-581-5691
メール:koryu@nic-nagoya.or.jp
https://www.nic-nagoya.or.jp/japanese/nicnews/event/2019/08011537.html


投稿者: ecojapan 投稿日時: 2019-8-8 9:58:38 (77 ヒット)

日本生態系協会では、千葉県長南町で運営している自然再生墓地「森の墓苑」のアルバイトスタッフを募集しています。

「森の墓苑」は、自然に眠り、森を育むお墓です。
墓石の代わりに在来の木を植え、生きものとともに育むことで、かつて開発で失われた森を再び豊かな自然の森に戻すことをコンセプトに、約50年後には房総丘陵に昔からある、濃い緑の森にしていくことを目標にしています。

自然に囲まれ、のびのびとした環境で、私たちと一緒に働きませんか?
※適任者が決まり次第、募集を締め切ることがあります。

業務内容
・来園者の案内・対応(イベント等の運営補助)
・苑内設備の管理作業(電柵の点検、苗の管理、草刈り、草とり、水やり等)

応募条件
・車での通勤が可能な方(片道30分程度、ガソリン代支給)
・健康で明るい方
・環境団体や葬祭業界などでの経験は不問

詳細は以下のサイトをご覧ください
http://www.ecosys.or.jp/aboutus/adoption/index.html

「森の墓苑」についてはこちら
http://www.morinoboen.org/


投稿者: JICA_PARTNER 投稿日時: 2019-8-5 15:17:34 (82 ヒット)

JICA PARTNERが国際キャリア形成におけるステップを提示する場として大好評の
「国際キャリアフォーラム」の次回開催が決定しました。

昨年度は東京、名古屋、福岡と開催し、計500名以上にご参加いただいた本フォーラム。
今年度の第1回目は、京都です!!
http://partner.jica.go.jp/ForumKyoto2019

 
『私なりの国際キャリアとはなにか』
『ビジネスを通じた新興国・途上国との関わり方とは』
『国際キャリアとは、海外で働くことだけを指すのだろうか』

グローバル(国内から海外へ)とグローカル(海外から国内地域へ)、
多様な国際キャリアのあり方を知る場として、様々な情報提供をさせていただきます!

国際協力に関心がある方、途上国・新興国ビジネスに興味がある方などなど、
皆さまのご参加をお待ちしていますので、お誘いあわせの上、お越しください。

また、当日はPARTNERに登録している民間企業や団体のインターン情報コーナーも
予定しておりますので、学生の方から社会人の方まで、お気軽にお越しください。

====登壇者(一部)=====

☆株式会社 坂ノ途中 安田 大志 氏
☆株式会社わだまんサイエンス・一般社団法人 日本胡麻協会 深堀 勝謙 氏
☆BASEY 吉井 由美子 氏
☆京都市ソーシャルイノベーション研究所 阪本 純子 氏
☆JAMMIN合同会社 西田 太一 氏

===============

【国際キャリアフォーラム in 京都】
◇日時:2019年9月1日(日) 13:00-17:30
◇場所:京都烏丸コンベンションホール(8F)
◇地図:
http://www.karasuma.conventionhall.jp/access.html
◇定員:150名※先着順
◇応募方法:
PARTNER個人登録にご登録のうえ、特設ページ最下部「参加登録」よりお申込みください。
※PARTNER個人登録について:
https://jicaps.secure.force.com/AboutRegistrantUser
◇詳細情報:プログラムなど詳細は、以下特設ページよりご確認ください。

≪特設ページ≫
http://partner.jica.go.jp/ForumKyoto2019

===============
 
参加申込にはPARTNERサイトでの簡易登録または国際協力人材登録が必要となります。

また、先着順でのご案内となりますため、定員に達した場合には応募を締め切らせていただきます。
そのため、お早めのご登録、お申し込みをお願いいたします。

皆さまのご参加を心よりお待ちしています。


<問い合わせ先>
(独)国際協力機構 国際協力人材部 
PARTNER事務局
jicahrp@jica.go.jp
PARTNER ホームページ
http://partner.jica.go.jp/


投稿者: biwakoomodosu 投稿日時: 2019-8-2 18:41:26 (99 ヒット)

こんにちは、いつもお世話になっております。琵琶湖を戻す会です。
本年度後半駆除大会開始のお知らせです。

http://biwako.eco.coocan.jp/2019-09-08/2019-09-08a.html

目的:在来魚保護のために琵琶湖にてブラックバス・ブルーギルなど外来魚の駆除を行う
開催日:2019年9月8日(日) ・・・ 雨天決行

時間:10:00?15:00
※随時参加・随時解散といたします

受付:滋賀県草津市津田江1(北)湖岸緑地
http://biwako.eco.coocan.jp/map/tsudae/tsudae.html

交通:
■車の場合
 瀬田方面からの場合は南湖東岸の湖岸道路を北上し、
 琵琶湖博物館の手前約1kmに湖岸緑地パーキング有り。
■公共交通機関の場合
 JR琵琶湖線草津駅西口から琵琶湖博物館行きバスで22分、
 終点「琵琶湖博物館前」停留所から琵琶湖沿いに徒歩約20分。

参加費:大人200円,子供100円(保険料等の実費)
※子供(小学生以下のお子さま)は保護者の方と一緒にご参加下さい。


駆除方法:エサ釣り

持ち物:釣り道具(特に釣り竿・魚を入れる容器)は出来るだけ各自でご準備下さい。
希望者には餌・仕掛けのみ無料でお分けいたします。
また若干数ではありますが、竿を無料レンタルいたします。
仕掛けを準備出来る方はサンプル図
http://biwako.eco.coocan.jp/photo/sikake.gif
を参考にして下さい。

※最寄りの道の駅まで徒歩約15分
お願い:会場にゴミ箱はありませんので、必ずゴミは各自でお持ち帰り下さい。
※団体で参加される場合は事前にご一報いただきますようお願い致します。
※記録のために参加風景の写真を撮らせていただく場合があります。

主催:琵琶湖を戻す会
協力:山田漁業協同組合


当イベントは、参加資格や事前申し込みの必要など一切ありません。
個人での参加や飛び入り参加も大歓迎いたします。

会場は足場もよくトイレもありますので、
ご家族・ご友人をお誘い合わせの上、大勢でのご参加をお待ちしております。

次回の外来魚駆除大会は2019年10月6日を予定しています。

このイベントでは「BYスタンプラリー」のスタンプを受け付けています。
http://www.byq.or.jp/by-stamp/shikumi/about.html

お問い合わせ先:琵琶湖を戻す会広報
ZXA00545@nifty.ne.jp
まで

琵琶湖を戻す会は外来生物法の主務官庁(環境省/農林水産省)から特定外来生物防除認定を受けています。
http://biwako.eco.coocan.jp/prevention/prevention.html


投稿者: plan-japan 投稿日時: 2019-8-1 14:29:12 (92 ヒット)

平日の夜に開催決定
プラン・ラウンジ 「“遠い国の女の子の親になる”ってどんなこと? 座談会&交流会」

「プラン・ラウンジ」は、プラン・インターナショナルの活動内容やスタッフの出張報告、支援方法などをお届けする支援説明会です。プランへの支援を検討されている方、またすでにご支援をされている方も、どなたでも参加できます。

5月と7月に現在実施中のキャンペーン、「遠い国の女の子の、私は親になりました。」をテーマに開催したラウンジには、多くの方にご参加いただき、大きな反響をいただきました。ご要望にお応えし、同じ内容で8月の平日夜に開催することとなりました。

当日のプログラム
遠い国の女の子たちの現実?解説&短編映像上映?
「女の子だから」という理由でさまざまな困難に直面する遠い国の女の子たち。「早すぎる結婚」「暴力」「過酷な労働」など、女の子たちが直面する厳しい現実について映像を交え解説します。

また、キャンペーンに登場する“親”というフレーズに込めた思いをお伝えします。“親”とは、遠い国の女の子たちを見守り、可能性を育む支援者を表しています。しかし、その支援がもたらす効果は、実はひとりの女の子の成長だけにとどまりません。地域に、経済に、次世代にと波及していくのです。

“親”になってみた!?支援者の座談会を動画で紹介?
“親”になられている皆さまに「“親”になろうと思ったきっかけ」「“親”になって、どんなことが起きたの?何ができるの?」「まだ会ったことのない“娘”への思い」などを語っていただきました。その様子を動画でご紹介します。

参加者同士の交流会
プラン職員を交えて、少人数でのグループトークの時間をもうけます。当日参加したきっかけ、支援や世界の女の子について思うことなど、お互いの思いを交換してください。初対面の方々ばかりにもかかわらず、毎回とても盛り上がる人気のコーナーです。


担当スタッフのメッセージ
“親”という言葉に、皆さまはどんな印象をもたれますか? 子どもたちを見つめる深いまなざしを感じる方も多いと思います。もちろん、それもプランがこの言葉に込めた思いではありますが、それだけではありません。“親”は、「世界に前向きなインパクトをもたらす変革者」でもあるのです。“親”になるとは、とてもダイナミックなことです! その理由や仕組みは、ぜひラウンジ当日にお聴きいただけるとうれしいです。担当者一同、お待ちしております。

タイトル 「“遠い国の女の子の親になる”って?」
日時 2019年8月29日(木) 19:00?20:30(18:30 開場)
場所 プラン・インターナショナル事務局 11F(地図はこちら)
東京都世田谷区三軒茶屋2-11-22  サンタワーズセンタービル11F
(田園都市線/世田谷線 三軒茶屋駅より徒歩5分)
※参加費無料。要予約。欠席をされる場合はご連絡ください。
https://www.plan-international.jp/about/planinternationaljapan/access/

先着50名
申込み方法
以下のフォームより必要事項を入力し、お申込みください。
https://www.plan-international.jp/form/eventform_plan/

詳細
https://www.plan-international.jp/news/event/20190723_17789/

今後の予定
2019年8月17日(土) 14:00?16:00
「事務局ボランティアデー&交流会」
場所:プラン・インターナショナル事務局 11F

2019年9月21日(土) 14:00?16:00
「職員によるコミュニティ訪問報告会&交流会」
場所:プラン・インターナショナル事務局 11F

広報マーケティング部 広報チーム (受付は前日17:00まで)
TEL:03-5481-0030(平日9:00-17:30)
FAX:03-5481-6200
E-mail:event@plan-international.jp

〒154-8545
東京都世田谷区三軒茶屋2-11-22 サンタワーズセンタービル 10階&11階
公益財団法人 プラン・インターナショナル・ジャパン
TEL:03-5481-0030(平日9:00?17:30)
https://www.plan-international.jp/




投稿者: ganas 投稿日時: 2019-7-30 20:51:23 (56 ヒット)

「自分は将来、何がしたいのか?」

この質問にズバッと答えられる大学生はどれぐらいいるでしょう? おそらくそう多くはないと思います。日本の教育システムでは、生徒は自分の興味関心を深めることよりも、テストで良い点を取ることが求められます。努力の大切さを学ぶ半面、大きな選択を自分で下す機会は本当に少ない。勉強さえしていれば、あとは偏差値の高い高校や大学に進むだけです。

ところが就活シーズンに入ると、冒頭の疑問にぶつかりますよね。数多ある会社、やったこともない仕事――数々の選択肢が目の前に浮かび上がる中、新卒一括採用というシステムが「早く仕事を決めろ!」と迫ってきます。焦って、自己分析、企業研究を重ねるものの、結局、何をしたいのかよくわからない‥‥。

私(ganasの記者で、今回研修の講師を務める笹田健史)もそうでした。中学、高校とそこそこ勉強し、地元の大学に進学しました。そこでアメリカンフットボールにのめり込み、大学時代のほとんどの時間とエネルギーをアメフトに費やしました。

そんな折に就活です。リクルートスーツに身を包み、企業の説明会や面接に行く日々。銀行、商社、メーカーと今まで考えたこともない企業を調べ、「御社は?」とか「日本経済は?」とか、大して知りもしないことを面接官の前で話す。しかし私はいつも、心の中でこう思っていました。

「自分はいったい何がしたいのだろう?」

こんな疑問を抱えながら就活しても、上手くいくはずがありません。数十社受けたにもかかわらず、内定をもらったのは名もない中小企業1社だけでした。

■世界を知る=自分を知る

かつての私のように、生き方に迷う学生は多いと想像します。世界は広い。可能性は無限大。選択肢は多いはずなのに、進路を決められない。しっくりこない。なぜでしょうか?

それは、私たちが知らないからです。世界がどうなっているかを。そして自分がどんな人間なのかを。

小中高と小さな“世界”で生きてきた私たちにとって、外の世界を知る機会は多くありません。画一的な教育をする日本の学校では多様性を感じることもまれ。こうした環境にいて、自分を掘ることは難しくないですか?

世界のことも、自分のこともわからないで、どうやって就職という大きな選択ができるのでしょうか? 例えるならば、レストランに入って、料理の名前や味もわからないのに、ベストの一品を注文しろ、と言われているようなものです。

ですが「世界」と「自分」の2つを知る方法があります。それは「ganas」の記者になることです。

ganasは、途上国を専門とするNPOメディアです。モットーは「複眼の視点」。大手メディアが目もくれない途上国で起きていること&人々の思いを記事にし、世界の多様な価値観を読者に伝えます。

途上国(世界のおよそ8割を占めます)をテーマに取材活動すると、知識や伝える力、質問力がつくだけでなく、自分自身や社会をメタ(俯瞰)で見られるようになります。2時間も遅刻するアフリカの人たちを見て、日本社会の時間に対する異常な厳格さを実感できますし(なぜなのか、良いことなのか、も同時に考えます)、ストレートに愛を語るインド人を見て、建前ばかりの自分に気づくのです。

違う世界を知る=自分を知る。これぞ、最高の自己分析だと思いませんか?

■関西在住のganas記者募集!

関西にお住まいの方を対象に、ganasの記者になるための講習をこの夏も関西で開きます。題して『3日間集中グローバルライター研修 in 関西』(第5期)。実践的に力をつけられると毎回好評で、今回が5回目です。

取材の仕方から記事の書き方までを3日間で特訓します。実際に取材もします。取材先は、神戸を拠点にする教育系NPO。日本で働く外国人労働者や留学生をインタビューし、それを記事として完成させ、ganasのウェブサイトに署名入りで載せます。

令和元(1)年&ganas開設7周年を記念して受講料は1万7000円。前回の社会人3万円・学生2万5000円からおよそ4割値下げしました。今回限りの特別キャンペーンです。しかも無料になる特典もあります。

応募資格は関西在住の学生、社会人。『3日間集中グローバルライター講座 in 関西』が終わった後はganasの記者として活躍していただきます(名刺も支給します)。研修や記事のクオリティーを確保するために、参加者は限定4人です。

【日時・プログラムの内容】

開催日時:2019年8月24日(土)?8月26日(月)

■8月24日(土)
19:00: 研修参加者の顔合わせ
19:15: 講義(3時間)
・記者としての心得
・取材の仕方
・記事の書き方

■8月25日(日)
午前: 地域の学び場作りに取り組むNPO「まなびと」を取材
・ブレインストーミング
*正確な取材時間はアポイントをとった後、受講者にお知らせします。
午後: 参加者自身で記事を執筆

■8月26日(月)
午前/午後: 参加者自身で記事を完成させる
19:00: 講師のアドバイスを元に記事を修正

【対象】

・関西在住の学生または社会人。上記の日程にすべて参加できる方
・本プログラム修了後、ganasの記者として活動できる方(最低でも記事を半年間書き続けることが条件です)
・ganasの活動に興味があり、途上国への関心をメディアの力で盛り上げる意欲をもつ方(ganasのメンバーになりませんか?)

【定員】

限定4人(面談の上、参加者を決定します)

【場所】

関西(参加者の都合の良い場所で開催予定。取材場所は神戸)

【受講料】

1万7000円
*取材で発生する交通費などは含まれません。また参加者の都合により入金後に辞退されても返金は致しません。

【特典】

(1) 2019年夏の『Global Media Camp』(途上国を取材し、記事を書くプログラム)に参加する場合、『3日間集中グローバルライター研修in関西』の受講料は無料に!
・タイ 〆切8月6日
・ベナン(西アフリカ) 〆切8月16日

(2) 2019年秋に開講する「グローバルライター講座」(スカイプコース)の受講料が学生1万5000円、社会人2万円に! 通常価格の半額以下です!
*ganasの記者として活動を続ける方が対象

【応募方法】

参加希望者の方はdevmedia.ganas@gmail.comまでメールをお送りください。その際に?名前?学校(会社)名?メールアドレス?お電話番号?簡単な自己紹介と詳しい志望動機をご記入ください。その後、面談という流れになります。

【締め切り】

8月14日(水)
*早期応募を高く評価します。

【主催】

特定非営利活動法人開発メディア(媒体名は「ganas」)
途上国や国際協力・開発をテーマとする硬派のNPOメディア。途上国の情勢・文化・生活、開発のトレンド、国際協力NGOの取り組み、BOPビジネスの動向など、大手メディアがカバーできない情報を中心に発信。こんな見方もあるのか、という「複眼の視点」を提供する。

【ganas関西支部の記者紹介】

★笹田健史(ささだ・たけし)
岐阜県大垣市出身。名古屋大学工学部卒。テキサス大学エルパソ校キネシオロジー学科前期修士課程修了。アスリートのトレーニングコーチとしてザンビア、アメリカ、タイと渡り歩き、現在は京都で大学生を指導する。2018年よりganasの記者として活動。

★森春奈(もり・はるな)
神戸大学大学院国際文化学研究科博士課程前期2年生。メキシコとキューバを訪れた際、ラテンアメリカの魅力を再発見。趣味は旅と新しいことを発見すること。¡Viva la vida!(人生を生きる)がモットー。

★高本穂乃花(こうもと・ほのか)
神戸市外国語大学在学中。大学2年時に一人旅をしたコーカサス地方の国、ジョージア(グルジア)の虜に。現在ジョージア語を勉強中。これまでに訪れた国は20カ国以上。夢は世界中の未承認国家を訪れること。

★米田由実(よね・だゆみ)
神戸市外国語大学国際関係学科在学中。興味があるのは人類学と異文化間コミュニケーション。「ミクロな視点」で世界を見たい。何でも食べられてどこでも寝られる。


投稿者: ecojapan 投稿日時: 2019-7-22 16:03:43 (101 ヒット)

私たちの協会では、ボランティアを募集しています。
事務所内での作業のみで、発送作業や簡単なPCの入力など、お好きな作業をお選びいただけます。
活動頻度や時間に関しても自由にご相談ください。
(活動証明書の発行も可能です。)
まずは一度ご来所いただき、協会の説明(30分程)を聞いていただきます。その後、登録書類にご記入いただきましたら、当日からでもご参加いただけます。

月から金曜 10:00から12:00、14:00から17:00の間で受け入れています。
1・2時間でもOK!

まずはお気軽にご連絡ください。
(公財)日本生態系協会 ボランティア担当:麓(ふもと)
E-mail:eco_volunteer@ecosys.or.jp


投稿者: CCP 投稿日時: 2019-7-20 14:15:14 (106 ヒット)

2014年のガザ戦争で多くの犠牲者がでてから5年になりました。当会ではこの4年半、負傷者への訪問医療を継続し、また今年度は通所リハビリ支援を進めています。今年の夏は、日本から理学療法士を現地に派遣して研修を行う予定にもしています。今回は、最近の現場での取り組みについて報告します。皆様のご参加をお待ちしております。
日時:2019年8月10日(土)14:00-16:00(13:30 開場) 
会場:目白第二区民集会室(東京都豊島区目白3-4-3)
アクセス:JR山手線 目白駅より徒歩2分※駐輪場のあるビルの3階。入り口は横にあります。http://www.city.toshima.lg.jp/069/kurashi/kuminkatsudo/007314/shukaishitsu/005173.html
参加費:無料 *要事前申込
人数:60名
*お申し込みは、お電話、FAXまたはメール、またはコクチーズPROサイトからお願いいたします
https://www.kokuchpro.com/event/CCP0810/
お問合せ先:認定NPO法人パレスチナ子どものキャンペーン


投稿者: HFW 投稿日時: 2019-7-19 12:18:17 (94 ヒット)

10月は「世界食料デー」月間。10月16日の世界食料デーをきっかけに、飢餓や食料問題について考え、解決に向けて行動する1ヵ月です。

今日、面と向かって人と話した時間と、スマホやパソコン画面に向かっていた時間、どちらが長いでしょうか。今回のイベントでは、食料問題を知ることはもちろん、日頃は自分の知識を顔を見て「伝える」機会をあまり持たない大学生同士で、自分にできることを考えます。

初心者も大歓迎!10月に向けて同じ興味関心や悩みを抱える仲間とおしゃべりしましょう!

<こんな人におすすめ>
・食料問題に興味はあるけど周囲に話す機会がない人 
・少し自分を変えたい人 
・何かしたいけど何をしたら良いか分からない人 
・ボランティアに興味がある人 
・しゃべることが好きな人 
・周りに合わせてしまい、真面目な話を切り出すのが苦手な人 ...etc

■ 開催日時・場所
 日時:8月10日(土) 13:00-15:00
 場所:ハンガー・フリー・ワールド事務所
    (東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階)
    <地図>https://www.hungerfree.net/about/access/

■ プログラム(予定)
自己紹介とアイスブレーク
団体説明と飢餓の話
自分にできることを考えよう
伝える大切さとは?
アクションプランを考えて、語り合おう!

■ 定員:10名(定員になり次第締め切ります)

■ 対象:大学生、専門学生

■ 参加費:無料

■ 主催:ハンガー・フリー・ワールド

◆参加申し込み 
 事前に申し込みフォーム(詳細記入欄に「8月10日おしゃべりカフェ希望」とご記入ください)でお申し込みください。 
キャンセルの場合もご連絡をお願いいたします。 
※お申し込みは8月9日まで。 

◆お問い合わせ 
 ハンガー・フリー・ワールド (担当:後藤、儘田)
 Email:info@hungerfree.net TEL:03-3261-4700 


投稿者: fasidpub 投稿日時: 2019-7-12 16:34:28 (108 ヒット)

FASID社会調査法研修「コミュニティーの課題解決における社会調査の実践」

FASID社会調査法研修「コミュニティーの課題解決における社会調査の実践 ?量的調査手法を活用した課題抽出と調査案の策定?」についてご案内します。

本研修では、社会調査の基本から、多種多様なコミュニティーの課題を、社会調査を活用して抽出し、調査設計を行うまでのプロセスを紹介します。手法のみならず、現場での実践的な社会調査の活用法が学べます。
皆様のご応募をお待ちしております。

日程:2019年7月30日(火)?7月31日(水)の2日間

時間:9:30?16:30(開場:9:15)

対象:(国内外問わず)地域振興、地域やコミュニティーの課題解決を目的とした活動/事業に従事されている方、または今後従事したいと考えている方

講師:濱野強氏(京都産業大学現代社会学部教授)
    塩谷芳也氏(京都産業大学現代社会学部助教)

会場:FASIDセミナールーム(東京都港区麻布台2-4-5メソニック39MTビル6 階)
会場への行き方: https://www.fasid.or.jp/access/

参加費:一般:17,000円(税込)(賛助会員:13,600円(税込))

定員:20名程度

関連URL:https://www.fasid.or.jp/business_management_course/5_index_detail.php

申込方法:関連URLよりお申込ページへアクセスしてください。

お問い合わせ先:
(一財)国際開発機構(FASID)人材開発事業部 原田/山本
Email: srm-cmty@fasid.or.jp
TEL: 03-6809-1996 / FAX: 03-6809-1387


(1) 2 3 4 ... 394 »
NGO network Japan