ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
投稿者: ganas 投稿日時: 2017-6-26 19:45:25 (19 ヒット)

『Global Media Camp』とは、途上国を本格的に取材できるオンリーワンのプログラム。旅行では絶対に行けない場所に行き、出会えない人と出会い、聞けない話を聞き出し、記事を書いてメディアで発信します。インプット&アウトプットを通じて“一生もののスキル”も集中的にアップできます。
 

この夏は、途上国を取材してみませんか? 世界人口のおよそ8割が途上国に住んでいます。途上国を知ることは世界を知ること。
 

お得な「早割」の期限が切れる前の最後の説明会を7月5日(水)午後7時から、東京・市ヶ谷のJICA地球ひろばで開きます。入場無料です。
 

途上国に関心をもっている方(今の時代、もたざるをえませんよね?)、取材の効果を知りたい方(物事を知るための手段!)、文章を書くのを苦手にしている方(発信力は「一生もののスキル」!)、ぜひお越しください。
 

NPO法人開発メディア(ganasの運営団体)は2014年から、途上国に行って毎日取材し、記事を書いて発信する『Global Media Camp』(旧称・基礎ジャーナリスト講座)を開講しています。これまでに15回、総勢84人の方(18?58歳)に参加していただき、たくさんの刺激、気づき、学び、スキルアップをサポートしてきました。
 

■説明会の日時

2017年7月5日(水)午後7時?8時45分
 
 
■会場

JICA地球ひろば セミナールーム601
東京都新宿区市谷本村町10-5
http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map/index.html  
  

■参加費

無料
 

■定員

12人(先着順)
 
 
■こんな方におすすめ

◎途上国を掘り下げたい人
・途上国(世界の大半は途上国)が気になっている!
・多様な途上国を多角的に見る方法を学びたい!
・貧困や教育、ジェンダーなど特定の分野を取材したい!
・歴史と現在(未来も)のつながりを取材であぶり出したい!
・フィールドワークをやってみたい!
・良い支援・悪い支援を考えてみたい!

◎メディア・広報に関心のある人
・自分の目で見た途上国を多くの人に発信したい!
・プロのライターになりたい!
・広報やES、報告書などに使える「ネタを見つける力」「質問力」「書く技術」を上達させたい!
・メディアに疑問を感じているので、自分で取材・記事執筆をやってみたい!
・記者の仕事をリアルに体験してみたい!
・ライターズハイ(記事を発信することで得られる恍惚感)を体験してみたい!

◎他人と違うことをやってみたい人
・スタディツアーや受け身のインターンシップではなく、自発的に動きたい!
・誰もやっていない「変わったこと」(取材)をしたい!
・ESに書けるレベルの体験をしたい!
 

■主催

NPO法人開発メディア(途上国・国際協力に特化したメディア「ganas」を運営)

・ウェブサイト:http://www.ganas.or.jp/ 
・フェイスブックページ:https://www.facebook.com/ganas.or.jp/
・ツイッター:https://twitter.com/devmedia_ganas  

■お申し込み方法

メール(devmedia.ganas@gmail.com)でご連絡ください。

詳細ページは下まで。
https://www.facebook.com/events/316868325430767/
 


投稿者: sva 投稿日時: 2017-6-26 14:13:55 (19 ヒット)

2015年9月の「国連持続可能な開発サミット」で採択されたSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)は、
2030年までに達成を目指す、国際社会全体が協力して目指すゴールです。
この目標では、企業が主要な実施主体として位置づけられています。

SDGsに対し、我々はどのように達成に貢献していけばよいのでしょうか。
SDGsゴール4「質の高い教育をみんなに」の目標達成に向け、
アジアの教育現場で活動するシャンティ国際ボランティア会の取り組みと
企業との協働事例をご紹介し、SDGsへの関わり方を学ぶセミナーを開催します。

17ある目標達成のため教育は必要不可欠であり、
ゴール4「質の高い教育をみんなに」はSDGsの目標の一つであると同時に、
他の目標を達成するための重要な手段でもあります。

あらためてSDGsの“きほん”を学びたい、
SDGs達成に向けて取り組むNGOと企業との協働事例を知りたい、
社員が参加できるボランティア活動を検討したい方、ぜひご参加ください。

※アジアの子どもたちに「絵本を届ける運動」の参加体験会も行います(希望者のみ:体験料500円)

■日時
2017年7月12日(水)15:30--17:30

■定員
30名(定員になり次第〆切)

■参加費
講演会:無料
「絵本を届ける運動」絵本への翻訳シール貼り体験:500円(希望者のみ)

■会場
ECOM駿河台
(東京都千代田区神田駿河台3-11-1)

最寄駅:
JR中央線・総武線「御茶ノ水」駅 聖橋口から徒歩5分
東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅 「B3b」出口から徒歩5分

▽ECOM駿河台へのアクセス
http://www.ms-ins.com/company/csr/ecom/access.html


■お申込
▽下記専用フォームからお申し込みください
https://sva.or.jp/contact/event/701100000004761.html


■共催
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
三井住友海上火災保険株式会社

■お問い合わせ
シャンティ国際ボランティア会 広報課
〒160-0015 東京都新宿区大京町31 慈母会館2,3階
TEL:03-6457-4585
MAIL:pr@sva.or.jp

▽講演会につきまして詳しくはこちらのページをご覧ください
http://sva.or.jp/wp/?p=23144


投稿者: HFW 投稿日時: 2017-6-23 16:43:03 (36 ヒット)



日時:研修 8月5日(土)10:00?18:00    
        8月26日(土)13:00?17:00
    成果報告会 11月11日(土)13:00?17:00
会場:ハンガー・フリー・ワールド事務所(JR飯田橋駅より徒歩1分)
   [地図]http://www.hungerfree.net/about/access/
対象:・全国の高校生、大学生、専門学生
    ・「飢餓」「世界の食料問題」などに興味がある人
    ・研修と成果報告会に参加でき、10月1日(日)?31日(火)の「世界食料デー」月間に、
    飢餓を伝えるアクションを実施できる人
    (HFWに講演依頼をしている学校や活動説明会など、実践の機会はHFWでも提供します)
 ※以上のすべての条件に当てはまる人
費用:無料
定員:20名
応募締め切り:8月2日(水)

世界の飢餓人口は7億9500万人。9人に1人が飢餓に苦しんでいます。
これは食べ物が足りないからではありません。
もしも生産された食べ物が平等に分配されていれば、すべての人が十分に食べられるだけの食べ物はあるのです。
NGOハンガー・フリー・ワールド(HFW)では、この問題を伝え、一緒に広めてくれる人を募集します。
世界の「食」の問題をさらに深く学んだり、自分の気持ちを人に効果的に伝える方法を身につけたりすることを、
NGO職員がサポートします。
10月は「世界食料デー」月間。ぜひそこで世界の「食料問題」の解決のために一緒に活動しませんか。

参加すると……
・伝えるスキルが身につく!
・ワークショップを開ける!
・世界の「食料問題」が学べる!

○ご案内のチラシはこちら○

●「世界食料デー」月間とは?
10月16日は「世界食料デー」。国連が定めた「世界の食料問題を考える日」です。
日本では「世界食料デー」のある10月を「世界食料デー」月間とし、
解決に向けて行動することをNGO/NPOや国際機関が一緒に呼びかけています。
HFWは、「世界食料デー」月間の事務局を担当しています。

●メッセージカードとは?
思い出に残る食べ物や食事、その時感じたことなどを書き出し、
農家やレストランで働く人の動画を見ながら「食」について考える教材です。
メッセージを書き込んだカードは、感謝の気持ちを伝えたい人にそのままプレゼントできます。

【お申し込み・お問い合わせ】
メールで以下の内容を記載のうえ、件名を「学生ワークショップ」としてお送りください。
(1)お名前(2)学校名、学年(3)E-mailアドレス(4)応募のきっかけ(200文字程度)
送り先 E-MAIL:yui@hungerfree.net 
特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド (担当:佐藤 唯)
TEL:03-3261-4700


投稿者: DEAR 投稿日時: 2017-6-21 17:56:47 (42 ヒット)

第35回目となる今年の開発教育全国研究集会は、この35年の間に起こった出来事とともに今までの開発教育の実践を振り返りながら、これからの開発教育の方向性を見いだせるような意見交換を目指します。全体会では

「グローバル時代の『豊かさ』を考える」をテーマに、「人々を幸せにする豊かさとは何か」について参加者の皆様と一緒に考えたいと思います。

▼第35回開発教育全国研究集会
・日 時:2017年8月5日(土)?6日(日)
・会 場:JICA地球ひろば(東京都新宿区/市ヶ谷駅下車)
・参加費:
2日参加 一般¥8,000、DEAR会員¥6,000、学生¥4,000、高校生以下¥2,000
1日参加 一般¥4,000、DEAR会員¥3,000、学生¥2,000、高校生以下¥1,000

▼1日目
・ワークショップ体験(6コマ)
A.開発教育入門講座「パーム油のはなし」をつかって
B.豊かさと開発
C.18歳選挙権と市民教育ハンドブック
D.「援助」する前に考えよう
E. 世界がもし100人の村だったら
F.写真で学ぼう!地球の食卓

・パネルトーク「グローバル時代の『豊かさ』を考える」
司会:西あい(DEARプログラムコーディネーター)
リソースパーソン:湯本浩之(宇都宮大学)、小泉雅弘(さっぽろ自由学校「遊」)

・自主ラウンドテーブル+実践研究報告(16コマ)
◎自主ラウンドテーブル   
・イメージから考える相互理解へのアプローチ?ケニアの子どもたちのイメージから?
・こんな世界は嫌だ! 最悪な未来の作り方
・こどもってなに?おとなって誰?
・SDGsの視点を入れたHappy Greeting(自己紹介)とFor Our Future(身近な日々の生活からの未来作り)
・開発教育における「世界地図」を考える
・「パーム油の話」の先の話?問題解決に一歩を踏み出す教材作りを考える
・18歳選挙権時代における教育現場での「政治的中立性」との向き合い方
・あなたの身近なところにある人権問題
・知らない間に、あなたのお金が社会問題を引き起こす!?
・持続可能な地域を描く参加型マップ作り
・開発教育×アフリカ イメージ転換をどのような学びにつなげるか?
・スマホの一生?スマホから考える 世界と私のつながり?
◎実践研究報告
・大学における課題設定型海外研修を通じた開発教育の実践:グローカルマインドの育成を目指して
・戦争と平和について知ろう、考えよう、できることをしよう
・開発教育における貧困の捉え方再考
・ブータンから学ぶグローバルシティズンシップ講座 実践報告

・交流会(自由参加)

▼2日目
・第1分科会 「多文化共生」と日本語教育─批判的視点から考える─
・第2分科会 どうする!?オリパラ?2020年オリンピック・パラリンピックから世界・社会の見方を広げよう?
・第3分科会 SDGsを教室へ!
・第4分科会 社会づくりとアクション?どうやってみんなで動こうか??
・フィールドワーク 東京にも「公害」があるの? 私の住むまちの開発を考える

・全体会・閉会式

▼主催
第35回開発教育全国研究集会実行委員会、NPO法人 開発教育協会

▼後援
文部科学省、外務省、環境省、特定非営利活動法人 関西NGO協議会、特定非営利活動法人 国際協力NGOセンター、JICA地球ひろば、一般財団法人自治体国際化協会、一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク、ESD活動支援

センター、公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(申請中を含む)

▼参加申込み・お問い合わせ先:
特定非営利活動法人 開発教育協会(DEAR)
〒112-0002 東京都文京区小石川2-17-41富坂キリスト教センター2号館3階
TEL 03-5844-3630 FAX 03-3818-5940(平日10時-18時)
第35回開発教育全国研究集会

※各プログラムは定員に達し次第締切ります。
※運営ボランティアも30名募集します。学生、社会人ともに大歓迎ですので、併せてご検討ください。


投稿者: JICA_PARTNER 投稿日時: 2017-6-21 16:30:05 (38 ヒット)

◆◆ 『国際協力人材セミナーin東京』を開催します! ◆◆

2017年7月8日(土)にJICA市ヶ谷ビルにて「国際協力人材セミナーin東京」を開催いたします。

JICAをはじめ、NGO/NPOや開発コンサルティング企業、国際機関、外務省から講師を招き、実際の仕事内容やキャリアパス、求められる資質や能力についても解説します。
1日で国際協力業界の様々な仕事・キャリアについて知ることができます!

講師やJICA職員とのフリートーク、座談会等の企画が盛り沢山!
また、当日は国際協力人材登録者を対象に個別キャリア相談も実施します。
この機会にPARTNERに登録の上、ぜひご参加ください。

日 時: 2017年7月8日(土)10:00?16:20(受付開始9:30?)
会 場: JICA市ヶ谷ビル
参加費: 無料 ※意見交換会は有料です。(軽食代を頂きます)
定 員: 200名(事前申し込み制・先着順)
問合先: (独)国際協力機構 国際協力人材部 PARTNER事務局
jicahrp@jica.go.jp

▼詳細&お申込みはこちら▼
PARTNERサイトより個人登録の上、マイページよりお申込みください。
※事前申し込み制・先着順
http://partner.jica.go.jp/newsemi/jinzai/20170708_tokyo.html

※重要なお知らせ※
 後日PARTNERに当日のセミナーの様子を報告するため、セミナー中に会場全体の写真撮影、ビデオ撮影を行います。


投稿者: jfra 投稿日時: 2017-6-21 14:03:47 (34 ヒット)

体系的にファンドレイジングを学べる日本で唯一の基礎研修を東京で開催します。

ファンドレイジングの知識を体系的にまとめた約400頁のテキスト(当日配布)を用い、
組織の成長戦略、寄付・会費・助成金を得るための戦略や基本スキルを学びます。

ファンドレイジングの全体像を理解でき、自分の体験や個々の研修などで得る学びを体系化することができます。

ファンドレイジングに関する様々な知識を短期集中で学ぶチャンスです!

日時:
7月19日(金)10:00から17:00
※准認定ファンドレイザー資格取得を目指される方は、受験資格に必要なIDコードを付与するものですので
終日を通じて受講していただく必要があります。
(遅刻・早退について、1時間以上を経てのご入出場はIDコード付与の対象となりません。)

会場:連合会館
(東京都千代田区神田駿河台3-2-11)
http://rengokaikan.jp/access/

受講価格:
日本ファンドレイジング協会 会員10,800円/非会員16,200円(税込)

お申し込み:
以下のウェブページよりお申し込みください。
https://jfra.securesite.jp/training.php

申込締切:7月12日(水)

講師:
徳永 洋子(ファンドレイジング・ラボ代表/日本ファンドレイジング協会理事/佐賀未来創造基金理事/認定ファンドレイザー)
脇坂 誠也(NPO会計税務専門家ネットワーク理事長/准認定ファンドレイザー)
浅井 美絵(認定ファンドレイザー/トレーナー)

研修のカリキュラムは以下のウェブページをご覧ください。
http://jfra.jp/event/7393

【受講者の声】
2012年から開始したこの研修は、既に2,700名を越える方々が受講下さっています。
遠方からお越し下さる方もいて、「ファンドレイザー」同志のネットワークの場としても好評です。
既にファンドレイザーの方はもちろん、NPOマネージャーの方や広報担当、他にも企業や士業の方で、
NPOの組織経営やソーシャルマネーの動きの全体像を知りたい方、学生の方など幅広く受講いただいています。

・ファンドレイジングに対して何となく理解していたことが、体系的に整理できました。
・内容が大変充実していて、実務に即役立てたいと思います。
・NPOのみならず、全てのマネジメントを行う者にとって、役立つ内容でした。
・実務経験のない学生の私でもファンドレイジングを体系的に理解することができました。
・ファンドレイジングの手法ばかりに目が行きがちでしたが、事業や財源など団体としての成長戦略という大きな視点が必要だと認識が変わりました。
・1年後、私の関わる団体はきっと生まれ変わっていると思います。

主催・お問い合わせ:
認定特定非営利活動法人日本ファンドレイジング協会
info@jfra.jp
〒105-0004東京都港区新橋5-7-12 ひのき屋ビル7F
電話:03-6809-2590 FAX:03-6809-2591
http://jfra.jp/


投稿者: jfra 投稿日時: 2017-6-21 11:55:58 (29 ヒット)

子どもたちに社会貢献を教える案内役「社会貢献教育ファシリテーター」研修が今年度も始まります!
認定・准認定ファンドレイザー、ボランティアコーディネーター、教員の方などで、
社会貢献に関する教育を行っている方や、それに関心のある方など、ご参加お待ちしています!

日時:2017年8月10日(木)10:00-17:00(開場 9:30)

会場:日本財団会議室1・2・3・4(2F)
http://www.nippon-foundation.or.jp/who/about/access/

研修参加費:
日本ファンドレイジング協会 会員6,480円/非会員10,800円

対象:
認定・准認定ファンドレイザー、ボランティアコーディネーター、教員で
「総合的学習の時間」などで社会貢献教育を行っている方、または、それに関心のある方

内容:
寄付教育を軸とした様々な社会貢献教育プログラムの概要レクチャーから、
日本ファンドレイジング協会が提供する社会貢献教育プログラム「寄付の教室」「社会に貢献する」の
デモンストレーション、ロールプレイを通じて、社会貢献教育プログラムファシリテーションを学びます。

お申し込み:
以下のウェブページよりお申し込みください。
https://jfra.securesite.jp/seminar3-modify.php

申込締切:8月3日(木)

主催・お問い合わせ:
認定特定非営利活動法人日本ファンドレイジング協会
info@jfra.jp
〒105-0004東京都港区新橋5-7-12 ひのき屋ビル7F
電話:03-6809-2590 FAX:03-6809-2591
http://jfra.jp/


投稿者: jfra 投稿日時: 2017-6-21 11:54:22 (33 ヒット)

子どもたちに社会貢献を教える案内役「社会貢献教育ファシリテーター」研修が今年度も始まります!
認定・准認定ファンドレイザー、ボランティアコーディネーター、教員の方などで、
社会貢献に関する教育を行っている方や、それに関心のある方など、ご参加お待ちしています!

日時:2017年6月30日(金)10:00-17:00(開場 9:30)

会場:西日本工業大学大学院・地域連携センター7階 706号室
(北九州市小倉北区大門1-5-1)

研修参加費:
日本ファンドレイジング協会 会員6,480円/非会員10,800円

対象:
認定・准認定ファンドレイザー、ボランティアコーディネーター、教員で
「総合的学習の時間」などで社会貢献教育を行っている方、または、それに関心のある方

内容:
寄付教育を軸とした様々な社会貢献教育プログラムの概要レクチャーから、
日本ファンドレイジング協会が提供する社会貢献教育プログラム「寄付の教室」「社会に貢献する」の
デモンストレーション、ロールプレイを通じて、社会貢献教育プログラムファシリテーションを学びます。

お申し込み:
以下のウェブページよりお申し込みください。
https://jfra.securesite.jp/seminar3.php

申込締切:6月23日(金)

共催:一般社団法人生き方のデザイン研究所

主催・お問い合わせ:
認定特定非営利活動法人日本ファンドレイジング協会
info@jfra.jp
〒105-0004東京都港区新橋5-7-12 ひのき屋ビル7F
電話:03-6809-2590 FAX:03-6809-2591
http://jfra.jp/


投稿者: shapla 投稿日時: 2017-6-20 15:27:08 (33 ヒット)

2016年7月1日に起きたバングラデシュダッカ襲撃事件から一年が経とうとしています。

1972年にバングラデシュで活動を開始したシャプラニールでは、事件が起きた後もバングラデシュで活動を続けています。
今回のシャプラバでは、事件後にシャプラニールがどのような安全対策を取って活動を続けてきたか、そして危険が伴う中、なぜ活動を続けるのか、変わっていく社会の中で、私たちNGOが持つ役割とは何か、ダッカ事務所長を務める菅原がお話しします。ぜひご参加ください。

■開催概要
【日時】2017年7月15日(土) 14:00?16:00(13:45開場)
【場所】早稲田奉仕園 You-Iホール[地図]
※シャプラニール東京事務所と同じ敷地内です。
〒169-8611 東京都新宿区西早稲田2-3-1早稲田奉仕園内
・東京メトロ東西線「早稲田」駅 徒歩5分
・副都心線「西早稲田」駅 徒歩8分
・JR山手線「高田馬場」駅から バス5分
【定員】 40名
【参加費】 500円
【講師】シャプラニールダッカ事務所長 菅原伸忠(すがはら・のぶただ)
<講師プロフィール>
1976年生まれ。兵庫県出身。民間企業でシステムエンジニアを経て、2008年10月シャプラニールへ入職。2010年5月から2012年11月の約2年半バングラデシュのダッカ事務所駐在員として赴任。2016年6月よりダッカ事務所長に就任。

【お申込み】
下記のお問合せ先まで、お名前/ご連絡先(電話/E-mailアドレス)をご連絡ください。

※応募者多数の場合は先着順とさせていただきます。
【問合せ先】
(特活)シャプラニール=市民による海外協力の会 担当:京井
TEL:03-3202-7863 FAX:03-3202-4593
E-mail:event@shaplaneer.org

【イベント詳細URL】
https://www.shaplaneer.org/news/events/170614_shaplaba/


投稿者: ILAFJ 投稿日時: 2017-6-17 9:11:11 (49 ヒット)

国際交流ティーパーティー・友達作ろうビビンの会
主催: NPO法人 日韓アジア基金・日本

ビビンの会は、日本に滞在、居住している韓国・朝鮮を初めとする世界各国の留学生・社会人の方と日本人の懇親を深め、友だちになることを目的とした
懇親ティーパーティーです。
各国の文化に関するフリートークがメインテーマです。
[日時] 6月24日(土) 14時から17時 (受付は13時半から)
[場所] アジア文化会館101教室 (都営地下鉄三田線千石駅5分)
http://www.abk.or.jp/access/index.html
[参加費]  500円 
(内200円がお茶とお菓子代、300円がカンボジアの子供達への寄付です)
【定員】 30人

終わった後、同じ場所でお食事会があります。 18時?20時
会費 社会人 2,000円 学生 1,000円 留学生 500円
(余りが出たら、残金はカンボジアへ送ります)

参加ご希望の方は、件名に「ビビンの会参加希望」、本文に下記項目を書き
メールにて下記アドレスまでお願いします。 
・氏名(フリガナ)
・性別
・年齢
・国籍
・職業
・携帯電話番号(メールが不通の時及び緊急連絡に必要です)
jkaf@iloveasia2.sakura.ne.jp

頂いた個人情報は、この会のための連絡と、今後の当会のイベントのご案内に使用します。
[締め切り] 6月23日(金) これ以前でも定員になり次第締め切ります。
【お問い合わせ】上記メールアドレスまたは090-5812-1471(斉藤)

ビビンの会は、純粋に国際交流を目的とした会です。開催後も含めて、参加者に対する特定の団体等への勧誘行為、販売行為など、対象の方が迷惑と受け止める行為はお断りします。そういった行為が判明した場合退場をお願いすると同時に、以後の当会イベントへの参加は一切お断りします。


投稿者: acc21 投稿日時: 2017-6-14 17:44:00 (59 ヒット)

「アジア社会起業家育成塾」(旧「アジアNGOリーダー塾」)では、より効果ある社会変革を促すため、ソーシャルビジネスの発想・手法を積極的に取り入れたNGO活動を推進する起業家を支援します。2016年度までの8年間に60名が修了し、うち11名が何らかの形でNGO事業または社会的企業を立ち上げています。
2017年度の“塾生”(12名)募集に関する第2回説明会を7月1日に開催しますのでご興味のある方はぜひご参加ください。

●こんな人になってほしい!
・非営利・非政府の立場に立ち、日本が深いつながりを持つアジアを舞台に市民の自発的事業や組織を起こそうとする人
・ビジネスを通して社会開発を行おうとする人
・アジアを舞台に社会変革に挑戦したいと意欲をもつ人(とくに社会人)

●こんな人を求めています!
・アジア地域の人々が抱える社会問題やアジアの隣国と日本社会との関係に問題意識を持ち、改善・解決に向けて具体的に行動を起す志を持つ人、もしくはすでに活動を行っている人
・アジアの人々の「声」を自ら聞き、彼らと共に問題の改善・解決を図ろうとする姿勢を持つ人

説明会の詳細は以下のとおりです。

【開催日/開催期間】
第2回説明会:2017年7月1日(土)14:00?15:30 
(塾の開催期間:2017年8月5日(土)?2018年2月28日(水))

【開催場所】
東京都文京区本駒込2-12-13 アジア文化会館1F

【参加費】
説明会の参加費無料。塾の受講料(年間*)は社会人 100,000円、学生50,000円(海外からの留学生は応相談)。* フィリピン訪問関係費用を含む(食事代除く)。

【定員】
説明会の定員なし(塾の定員は12名)

【申し込み方法】
Eメールでお申し込みください(説明会)。
説明会申込み締め切り日時までに、次の(1)?(4)を明記のうえ、事務局にEメールでお申込み下さい。
(1) お名前(ふりがな)、(2)メールアドレス、(3) 公募を知った媒体、(4) 参加希望日
申込締め切りは2017年6月30日(金)12:00
(塾生の申込み締め切りは2017年7月10日(月)12:00)

【備考】
塾生の申込方法などは関連URLでご覧ください。

■主催団体:(認定)特定非営利活動法人アジア・コミュニティ・センター21
住所:〒113-8642東京都文京区本駒込2-12-13 アジア文化会館1F
電話番号:03-3945-2615
FAX:03-3945-2692
メールアドレス:asec@acc21.org
団体ホームページ:http://acc21.org/
イベントホームページ:http://acc21.org/action/anli.html#2017

■アクセス:
・ 都営地下鉄三田線『千石』駅A1出口から東へ徒歩5分
・ JR山手線『駒込』駅南口(池袋寄り)
 または東京メトロ南北線『駒込』駅2番出口(六義園側)から本郷通りを徒歩12分
・ JR山手線『巣鴨』駅南口から旧白山通りを千石方面へ徒歩15分
・ 東京メトロ南北線『本駒込』駅出口2より本郷通りを駒込方面に徒歩12分
http://acc21.org/contact/index.html
ACC21 アジア社会起業家育成塾asec@acc21.org


投稿者: fromjapan 投稿日時: 2017-6-13 10:32:44 (56 ヒット)

2020年東京五輪に向け、参加する約200ヶ国の市民と、お互いの国を紹介したかるたを創る企画(Karuta 2020)を進めています。その説明会を兼ねた「創作かるた体験講座」
を開催します。

お気に入りの国を選び、読句と絵札を創った後、かるた大会で交流する、楽しい講座です。



■日時■
2017年6月17日(土)午後1:30?3:30

■内容■
?世界に広がる、かるた。Karuta 2020とは
?国を一つ選び、読句(英語)と絵札を創作
?ミニかるた大会
※5ヶ国(日・英・米・豪・ネパール)の子供達が創ったかるたを展示

■対象
・東京五輪に向け何か取り組みたい方
・日本文化紹介活動に関心がある方
・国際交流・多文化共生にかるたを活用してみたい方
・その他、教育関係者

■会場
・すぎなみ協働プラザ
(阿佐谷地域区民センター4F交流室)
・住所:東京都杉並区阿佐谷南1-47-17

■最寄駅
・JR中央線阿佐ヶ谷駅(徒歩5分)
・東京メトロ丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅(徒歩10分)

■費用
・無料

■申込方法
・事前申し込み(予約)が必要です。
・ホームページからフォームに入力し送信してください。

■備考
・お気に入りの国の写真がある方はご持参ください

■主催:
Karuta 2020プロジェクトチーム
(フロムジャパン・すぎなみKaruta プロジェクト・日本郷土かるた協会)

188-0014 東京都西東京市芝久保町3-4-45
フロムジャパン内
TEL: 042-439-5445
URL: http://karuta2020.tokyo


投稿者: jica-cbic 投稿日時: 2017-6-9 18:56:46 (66 ヒット)

世界中で発生する津波や洪水により引き起こされる「浸水」について楽しく学ぼう。浸水について学んだら雨量計づくりにチャレンジ。この夏休み、雨の量をお家でもはかってみよう!

日時:7月9日(日)午前の部 10:30-12:30 
         午後の部 13:30-15:30
対象:一般(小学生は保護者同伴)
定員:各回25名
会場:JICA中部 なごや地球ひろば
   名古屋市中村区平池町4丁目60-7

持ち物:1.5Lペットボトルと500mlペットボトル
    ※炭酸飲料などの円柱形で表面に凸凹がないもの

申し込み:(1)メール (2)電話 (3)来訪 のいずれかで
下記内容をお知らせください。

□イベント名・希望回(午前・午後)
□代表者氏名
□連絡先(メールアドレス・電話番号)
□参加人数 

※応募者多数の場合は抽選となります

tel.052-533-0121
jicacbic-hiroba@jica.go.jp


なごや地球ひろば そなえよ!BOSAI雨量計


投稿者: jica-cbic 投稿日時: 2017-6-9 16:24:27 (71 ヒット)

JICA中部 なごや地球ひろばでは、世界各地での防災の取り組みを紹介する企画展を開催。日常のBOSAI、世界のBOSAIについて一緒に考えてみませんか。

日時:2017年6月15日(木)-10月1日(日)10:00-18:00
※月曜・祝日休み
※リニューアル工事のため、なごや地球ひろば1階体験ゾーンは9月上旬より休館を予定しております。2階フリースペーでのパネル展示は10月1日(日)までご覧いただけます。
会場:JICA中部 なごや地球ひろば


JICA中部なごや地球ひろば セカイ×BOSA


投稿者: plan-japan 投稿日時: 2017-6-9 15:27:34 (56 ヒット)

プラン・インターナショナル・ジャパンでは毎月、ご支援を検討されている皆さまに向けて、プランの活動を知っていただくための説明会「プラン・ラウンジ」を開催しています。

「プラン・ラウンジ」では、国際NGOプラン・インターナショナルの活動や途上国の現状を、世界各地で進めている「Because I am a Girl」キャンペーンを通してご紹介します。世界の女の子の現状やプランの現地での活動を知り、活動への理解を深める絶好の機会です。プラン・インターナショナルへの支援をお考えの方は、どうぞお気軽にご参加ください。プランの活動や「途上国の問題に関心があるけれど、どのような協力ができるの?」といった、質問も大歓迎です。


■日時:2017年7月22日(土)14:00?15:30

■場所:プラン・インターナショナル・ジャパン事務局 11F
(地図はこちら)
https://www.plan-international.jp/about/planinternationaljapan/access/
東京都世田谷区三軒茶屋2-11-22 サンタワーズセンタービル11F
(田園都市線/世田谷線 三軒茶屋駅より徒歩5分)

※平日19時以降および土日祝日は、ビルの正面入口が閉鎖されています。
平日19時以降に到着された場合や土曜日にご参加のかたは正面入口設置の案内をご確認の上、裏口をご利用ください。

■お申し込みフォーム
https://www.plan-international.jp/form/eventform_plan/

※参加費無料。要予約。やむなく欠席をされる場合はご連絡ください。


投稿者: plan-japan 投稿日時: 2017-6-9 15:22:06 (58 ヒット)

プラン・インターナショナル・ジャパンでは毎月、ご支援を検討されている皆さまに向けて、プランの活動を知っていただくための説明会「プラン・ラウンジ」を開催しています。

「プラン・ラウンジ」では、国際NGOプラン・インターナショナルの活動や途上国の現状を、世界各地で進めている「Because I am a Girl」キャンペーンを通してご紹介します。世界の女の子の現状や現地活動を知り、活動への理解を深める絶好の機会です。プラン・インターナショナルへの支援をお考えの方は、どうぞお気軽にご参加ください。プランの活動や「途上国の問題に関心があるけれど、どのような協力ができるの?」といった、質問も大歓迎です。

■日時:2017年7月12日(水)19:00?20:30

■場所:
プラン・インターナショナル・ジャパン事務局 11F
(地図はこちら)
東京都世田谷区三軒茶屋2-11-22 サンタワーズセンタービル11F
(田園都市線/世田谷線 三軒茶屋駅より徒歩5分)

※平日19時以降および土日祝日は、ビルの正面入口が閉鎖されています。
平日19時以降に到着された場合や土曜日にご参加のかたは正面入口設置の案内をご確認の上、裏口をご利用ください。

■お申し込みフォーム
https://www.plan-international.jp/form/eventform_plan/

※参加費無料。要予約。やむなく欠席をされる場合はご連絡ください。


投稿者: iPledge 投稿日時: 2017-6-9 11:15:32 (54 ヒット)

野外イベントの楽しみといえば、そこでしか食べられないフードメニュー!
美味しいご飯で盛り上がる一方で、飲食による使い捨ての容器、紙皿や紙コップは、大量のごみとなって、イベントで出るごみの大半を占めているんです。また会場のあちこちに、食べ終わった後の容器がポイ捨てされているのを目にしたことのある人も多いのではないでしょうか?

ごみゼロナビゲーションでは、今まで使い捨てになっていたお皿やコップをイベントの中で洗って繰り返し使い、根本的にごみを減らすしくみを、主催者・出店者・来場者とも一緒に創っています。
地球にも、人にも、社会にもやさしく、ちょっとオシャレで素敵なアイデアを来場者に届ける、そんなリユースボランティア、初めてみませんか?


【募集中の活動日・時間】

以下のいずれかのコースを選んでご参加ください(両日参加も可能です)。
○7月1日(土)コース  集合 9:00  解散 21:00
○7月2日(日)コース  集合 9:00  解散 18:30

◆ボランティア交流会◆
当日一緒に活動するボランティア同士、またボランティアの皆さんをコーディネートするコアスタッフの交流会を行います。お気軽にご参加ください!

日程:6月28日(水)19:00〜20:30(予定)

場所:NPO iPledge オフィス
住所:東京都渋谷区神宮前1-10-34 原宿コーポ別館308
(JR山手線 「原宿」駅 徒歩3分/ 東京メトロ千代田線 「明治神宮前」駅 徒歩3分)

【活動場所】

代々木公園イベント広場
JR「原宿」駅 / 東京メトロ千代田線「明治神宮前」駅」→徒歩6分
小田急線「代々木八幡駅」→徒歩13分


【活動内容】

◆Dish Reuse System の運営
イベントでは使い捨て食器の代わりに、洗って繰り返し使えるリユース食器でごはんが提供されます。
使用済みの食器は、来場者に協力してもらい食器の汚れを落として回収します。
回収した食器は、会場内できれいに洗浄・殺菌した後、再び出店者に貸し出します。


【earth garden ってどんなイベント?】

季節ごとに開催される、エコロジーをテーマにしたイベント。いろんな活動をしているNGO、NPOの興味深い話に耳を傾けて、個性的なお店やフリーマーケットでお買い物を楽しんで、オーガニックフードに舌鼓をうった後は 音楽や詩のライブパフォーマンスを楽しむもよし、ワークショップに参加するもよし、ハンモックでぷらぷらお昼寝するもよし。最後には、お客さん、ボランティア、スタッフ、出展・店者、みんながゆったり笑顔になっている。そんなイベントです。

【その他】

・シフトを組んで活動するため、活動時間のうち約半分は休憩時間になります。
・活動中の食事はまかないを手配します。
・ボランティア活動証明書が発行可能です。ご希望の方は事前にお知らせください。

【注意事項】

■申込みについて■
・申込みは定員になり次第コース毎に締め切ります。
・定員を大幅に超える申込みがあった際、募集を早期終了させて頂く場合があります。
・ボランティアの参加可否は、メールで申込者全員にお送りします。
・参加に変更が生じた場合は必ずご連絡ください。


■ 活動について ■
・当日はシフトを組んで活動するため、遅刻・早退は厳禁です。
・一般の来場者から見れば、ボランティアは正規スタッフと同じです。節度をもって活動しましょう。
・18歳未満の方は保護者の承諾書が必要です。活動当日に承諾書を必ず持参してください。
提出されない場合、活動に参加する事が出来ません。
・この募集要項の内容は主催者との調整によりやむをえず変更する事があります。

応募はこちらからお願いします。
earth garden 夏 環境対策ボランティア募集


投稿者: ezorock 投稿日時: 2017-6-8 21:31:29 (51 ヒット)

北海道最大の野外音楽フェスティバル「RISING SUN ROCK FESTIVAL」の会場内で活動する環境対策活動ボランティアを募集しています!
160人の仲間と共に楽しみながら一緒に活動しませんか?
□□ボランティア活動概要□□
・募集コース
全日程コース
8月11日(金)?8月13日(日)(2泊3日)140名(予定)
集合11日(金)7:00(地下鉄南北線麻生駅)
解散13日(日)15:00頃(会場出発)
週末コース
8月12日(土)?8月13日(日)(1泊2日) 20名(予定)
集合12日(土)8:00(地下鉄南北線麻生駅)
解散13日(日)15:00頃(会場出発)
□□活動場所□□
北海道 石狩湾新港樽川ふ頭横 野外特設ステージ
□□活動内容□□
・ごみの分別ナビゲート
・エコアクションキャンペーンブースの運営
・オリジナルごみ袋の配布
・オーガニックじゃがいもの配布など
・『みんなで薪割り』ブースの運営などです。
□□活動事前説明会□□
ボランティア参加者は説明会への参加が絶対条件です。
いずれかの日に必ずご参加下さい。
道内在住者向け説明会
8月4日(金)18:00?20:00
8月6日(日)18:00?20:00
会場 豊水会館(旧豊水小学校)2階 大会議室(札幌市中央区南8条西2丁目)
道外在住者向け説明会※道外・遠方にお住まいの方優先となっております
8月10日(木)18:00?20:00
会場 豊水会館(旧豊水小学校)2階 和室(札幌市中央区南8条西2丁目)
□□申し込み締切日□□
道内在住の方 7月23日(日)申込締切り
道外在住の方 6月30日(金)申込締切り
※申し込みが多数の場合は募集期間に関わらず締め切る場合がございます。
お早めにお申し込みください。
□□お申し込み□□
https://www.ezorock.org/project_c/14383


投稿者: ganas 投稿日時: 2017-6-8 1:34:54 (53 ヒット)

「途上国の開発に特化したメディア」開発メディア"ganas"です。記事の裏側を覗けるイベントへ参加しませんか?
日頃のご愛読に感謝して、読者の皆様がききたいことを記者に聞いていただくイベントです。なんと!ganas初の読者参加型企画です!

題して、
〜「あの」 記事を書いた記者に訊こう!ganas読者 ミーツganas記者、気になる記事の深読み大会!〜

今回のイベントの特徴は2つ!
1)参加者から頂いた、記事についての「はてな?」を、ganas記者が答えます!
2)関心あるテーマを、心ゆくまでじっくりディスカッションします。

文面以上の情報を得ることはできない。一方的な情報伝達であるのが記事の欠点です。今回は読者と記者が対面するイベントなので、質問し放題です!疑問を持つことは、新たな気づきに繋がります!

日時:6/11 (日) 17:00-19:30
場所:浅草buttobi (素敵なゲストハウスの一階カフェスペースを貸し切ります✨)
募集人数:20人
応募方法:下記のURLから飛べるfacebookイベントページへの参加表明
参加費:1000円

お勧めしたい人!
・途上国に興味がある〜
・ganasの記者に質問してみたい!
・貧困、紛争などの解決に何かできないか模索中=
・そもそも「途上国」という言葉を使うのってどないやねん?
⚠️「ganasってなに?」って人でも大歓迎!きっかけづくりが大切です⚠️

参加される方は、facebookページへ自分の気になる記事をあげてください。早めにリクエストいただければ、こちらでその記者さんをお連れします。思う存分質問できますよ♪

初めましての方も大歓迎!みんなで途上国の開発について知る日にしましょう!

当日は外国のお菓子とお茶をご用意してお待ちしております! 6/11 あの記事を書いた記者に訊こう!ganas読者ミーツganas記者、気になる記事の深読み大会!


投稿者: ganas 投稿日時: 2017-6-3 16:44:06 (77 ヒット)

途上国を本格的に取材できるオンリーワンのプログラム『Global Media Camp』の説明会を開きます。


■日時

2017年7月15日(土)午後5時30分?7時15分
 
 
■会場

JICA地球ひろば セミナールーム601・602
東京都新宿区市谷本村町10-5
http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map/index.html  
  

■参加費

無料
 

■定員

24人(先着順)


■お申し込み方法

フェイスブックのイベントページの上にあるボタン「参加予定」を押していただくか、メールでご連絡ください。
イベントページ:https://www.facebook.com/events/1900490576840470/
メール:devmedia.ganas@gmail.com


■Global Media Campとは?

Global Media Camp(グローバルメディアキャンプ)は、セネガル、カンボジア、ミャンマー、フィリピンを本格的に取材できる唯一無二のプログラムです。

アポ取り以外は、プロの記者とほぼ同じ動きをします。なかなか行けないところを、視察ではなく、「取材」で訪問し、記事を毎日書くのが特徴。つまりレクチャーを受けるのではなく、あなた自身が直接、取材相手に自由に質問します。

学生だけでなく、途上国に深い関心がある/スキルアップしたい社会人の方にも最適の内容です。

<こんなことをします> 
・毎日取材し(英語と現地語の通訳をつけます)、毎日記事を書きます
・取材先は、貧困地区やBOPビジネスの現場など、参加者の要望をベースに決めます
・プロの記者が講師となって、ネタの見つけ方、取材の仕方、記事の書き方などをマンツーマンでお教えします
・リライトを重ねた記事はganasのウェブサイトに署名入りで掲載します

<4つのスキルの向上を目指します>
・発見力‥‥途上国の問題や長所を見つける
・質問力‥‥取材相手から情報を引き出す
・考察力‥‥物事の奥まで掘り下げる
・文章力‥‥万人に伝わるように書く


■主催

特定非営利活動法人開発メディア(NPOメディア「ganas」の運営団体)

・ウェブサイト:http://www.ganas.or.jp/ 
・フェイスブックページ:https://www.facebook.com/ganas.or.jp/
・ツイッター:https://twitter.com/devmedia_ganas  


投稿者: ganas 投稿日時: 2017-6-3 16:37:52 (70 ヒット)

途上国を本格的に取材できるオンリーワンのプログラム『Global Media Camp』の説明会を開きます。

■日時

2017年6月24日(土)午後5時30分?7時15分
 
 
■会場

JICA地球ひろば セミナールーム601・602
東京都新宿区市谷本村町10-5
http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map/index.html  
  

■参加費

無料
 

■定員

24人(先着順)

■お申し込み方法

フェイスブックのイベントページの上にあるボタン「参加予定」を押していただくか、メールでご連絡ください。
イベントページ:https://www.facebook.com/events/1917770288504594/
メール:devmedia.ganas@gmail.com

■Global Media Campとは?

Global Media Camp(グローバルメディアキャンプ)は、セネガル、カンボジア、ミャンマー、フィリピンを本格的に取材できる唯一無二のプログラムです。

アポ取り以外は、プロの記者とほぼ同じ動きをします。なかなか行けないところを、視察ではなく、「取材」で訪問し、記事を毎日書くのが特徴。つまりレクチャーを受けるのではなく、あなた自身が直接、取材相手に自由に質問します。

学生だけでなく、途上国に深い関心がある/スキルアップしたい社会人の方にも最適の内容です。

<こんなことをします> 
・毎日取材し(英語と現地語の通訳をつけます)、毎日記事を書きます
・取材先は、貧困地区やBOPビジネスの現場など、参加者の要望をベースに決めます
・プロの記者が講師となって、ネタの見つけ方、取材の仕方、記事の書き方などをマンツーマンでお教えします
・リライトを重ねた記事はganasのウェブサイトに署名入りで掲載します

<4つのスキルの向上を目指します>
・発見力‥‥途上国の問題や長所を見つける
・質問力‥‥取材相手から情報を引き出す
・考察力‥‥物事の奥まで掘り下げる
・文章力‥‥万人に伝わるように書く

■主催

特定非営利活動法人開発メディア(NPOメディア「ganas」の運営団体)

・ウェブサイト:http://www.ganas.or.jp/ 
・フェイスブックページ:https://www.facebook.com/ganas.or.jp/
・ツイッター:https://twitter.com/devmedia_ganas  


投稿者: ganas 投稿日時: 2017-6-3 16:26:41 (75 ヒット)

途上国を本格的に取材できるオンリーワンのプログラム『Global Media Camp』の説明会を開きます。

■日時

2017年6月12日(月)午後7時?8時45分
  
■会場
 
JICA地球ひろば セミナールーム603
東京都新宿区市谷本村町10-5
http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map/index.html  
  
■参加費

無料
 
■定員

12人(先着順)

■お申し込み方法
 
フェイスブックイベントページ(devmedia.ganas@gmail.com)でご連絡ください。" target="_self">https://www.facebook.com/events/1923698357912618/)の上にあるボタン「参加予定」を押していただくか、メール(devmedia.ganas@gmail.com)でご連絡ください。
 
■Global Media Campとは?

Global Media Camp(グローバルメディアキャンプ)は、セネガル、カンボジア、ミャンマー、フィリピンを本格的に取材できる唯一無二のプログラムです。

アポ取り以外は、プロの記者とほぼ同じ動きをします。なかなか行けないところを、視察ではなく、「取材」で訪問し、記事を毎日書くのが特徴。つまりレクチャーを受けるのではなく、あなた自身が直接、取材相手に自由に質問します。

学生だけでなく、途上国に深い関心がある/スキルアップしたい社会人の方にも最適の内容です。

<こんなことをします> 
・毎日取材し(英語と現地語の通訳をつけます)、毎日記事を書きます
・取材先は、貧困地区やBOPビジネスの現場など、参加者の要望をベースに決めます
・プロの記者が講師となって、ネタの見つけ方、取材の仕方、記事の書き方などをマンツーマンでお教えします
・リライトを重ねた記事はganasのウェブサイトに署名入りで掲載します

<4つのスキルの向上を目指します>
・発見力‥‥途上国の問題や長所を見つける
・質問力‥‥取材相手から情報を引き出す
・考察力‥‥物事の奥まで掘り下げる
・文章力‥‥万人に伝わるように書く

■主催

特定非営利活動法人開発メディア(NPOメディア「ganas」の運営団体)

・ウェブサイト:http://www.ganas.or.jp/ 
・フェイスブックページ:https://www.facebook.com/ganas.or.jp/
・ツイッター:https://twitter.com/devmedia_ganas  


投稿者: shapla 投稿日時: 2017-6-3 13:11:06 (67 ヒット)

■合宿型国際協力イベント「中学生・高校生フォーラム2017」参加者募集 (8/9-8/12)

中学生・高校生フォーラムは、「国際協力って何だろう?」「国際協力に興味があるけど、何をしていいかわからない!」という中高生のために企画された宿泊型のイベントです。ゲームや団体訪問を通して、仲間たちと楽しく国際協力について学ぶことを目的としています。
私たちと一緒にひと夏の思い出を作りましょう!


<概要>

【 日 程 】 2017年8月9日(水)?2017年8月12日(土)3泊4日
【開催場所】 国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区代々木)
【 対 象 】 中学生2年生?高校生3年生 (※ 予備知識・経験は一切必要ありません。)
【募集人数】 20名
【 参加費 】 16,000円(宿泊費、食費、資料代などを含みます。会場までの交通費は含みません。)
【申込締切】 2017年7月28日(金)必着 ※ 応募者多数の場合は締切日前に募集を終了することがあります。お早目にお申し込みください。
【申込方法】
次の事項を記入し、下記の申込先にお送りください。
(1)氏名(フリガナ)、(2)性別、(3)生年月日、学年(4)郵便番号・住所、(5)電話番号、(6)メールアドレス(お持ちであれば)、(7)希望する訪問団体名(※ A?Dから選んで、第2希望までご記入下さい。)
【お問い合わせ・お申し込み】
上記「申込方法」に記載してある(1)?(7)をご記入の上、郵送、電話、FAX、又はE-mailでご連絡ください。
〒169-8611 東京都新宿区西早稲田2-3-1 早稲田奉仕園内
シャプラニール=市民による海外協力の会「ユース担当」
メール:youth@shaplaneer.org
電話:03-3202-7863
FAX:03-3202-4593 

※日曜・月曜・祝日定休
※メールでのお申し込みは件名を「中高生フォーラム」にしてください
【主催】
特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会


■プログラム&スケジュール
【1日目】 受付(14:00?)、自己紹介、シャプラニール紹介、「援助」についてのワークショップ
【2日目】 国際協力団体訪問、シャプラニール事務所訪問、国際協力団体について考えるワークショップ、民族衣装着付け体験
【3日目】 格差について考えるゲーム、国際問題について考えるワークショップ、海外協力について考えるワークショップ
【4日目】 「豊かさ」のワークショップ、プログラムまとめ、閉会式(16時終了予定)


■中学生・高校生フォーラムに参加すると・・・
・共通の興味を持つ同世代のかけがえのない仲間ができ、一緒に楽しく国際協力について考えることができる!
・普段聞けない国際協力団体(JICA、NGOなど)の話が聞ける!
・さらに実際にNGOの事務所に見学に行って職員の人に質問ができる!
・NGOの事務所でボランティア体験できる!
・民族衣装(サリー)の試着で途上国の暮らしを体験できる!
・ボランティアスタッフなど様々な人と出会える!
・普段とは一味違うアツイ“夏”になる!!
・事前知識がなくても大丈夫!英語が出来なくてもOK!今までボランティア活動をしたことがなくても大丈夫!
・参加者、ボランティア、NGOスタッフなど様々な人との出会いを通して、この夏新しい世界に触れてみませんか?

■参加者の声
・学ぶことに多い四日間だなぁと思います。また、自分のずっと抱えていた悩みがようやく消えてすっきりした四日間でした。 来年は受験生ですが、またぜひ参加したいです。(N.Hさん/高校生/神奈川県在住)
・本当に楽しかったです!どこかの事務所に実際訪問してみるのも初めてだったし、 様々な社会問題をテーマにワークショップを行ったのも印象的だったので、また来たいと思いました。 四日間が一か月のようでした。(K.Tさん/中学校/東京都在住)

>さらに参加者の声をご覧になりたい方はコチラ
https://www.shaplaneer.org/youcan/volunteer/youthteam/youthforum/


投稿者: DEAR 投稿日時: 2017-6-2 14:27:00 (60 ヒット)

ワークショップとふり返りを通して「開発教育」をわかりやすくご紹介する講座です。ワークショップを体験後、参加者の皆さんとふり返りをしながら、「開発教育」ってなに?何を目指しているの?日本では、世界では、どんな活動が行われているの?といった事柄もお話します。

開発教育の知識や経験はまったくなくてもOKです。 学生、NGOスタッフ・ボランティア、学校教員、開発関係者など、様々な方が参加しています。国際協力に興味がある方にもぜひ知っていただきたい視点です。国際協力に携わっている方、開発教育を知りたい方、実践したい方、アクティブラーニングに関心のある方、DEARの活動に参加してみたい方‥、まずはお気軽に入門講座におこしください!最近は高校生も参加してくださり、色々な方が一緒に学ぶ講座となっています。
※入門講座はDEARの会員・ボランティアからなるタスクチームが運営しています。

■開催日時
2017年6月23日(金)19:00?21:00

■場所
東京都文京区小石川2-17-41 TCC1号館

■募集人数
30人(先着順、要事前申込)

■参加費
一般:1,000円
学生:500円
※DEAR会員の方は無料になります

■募集対象者
教員、学生(国際協力に興味がある方、教員志望の方には特におすすめ)、NPO/NGO関係者、国際協力・交流関係者のほか、テーマに関心のある方。

■申込方法
以下のページ申込みフォームよりお申し込みください。
http://www.dear.or.jp/getinvolved/nyumon.html
もしくは、下記までメール、ファックス、お電話でお申込みください。その際、お名前、連絡先(メール、電話番号など)をご明記のうえ、「○月の入門講座参加希望」とお伝えください。
※定員が少数につき、キャンセルされる場合は必ず事前ご連絡をお願いします。


投稿者: jfra 投稿日時: 2017-6-2 13:54:10 (56 ヒット)

体系的にファンドレイジングを学べる日本で唯一の基礎研修を岩手で開催します。
(共催:日本ファンドレイジング協会東北チャプター)

ファンドレイジングの知識を体系的にまとめた約400頁のテキスト(当日配布)を用い、
組織の成長戦略、寄付・会費・助成金を得るための戦略や基本スキルを学びます。

ファンドレイジングの全体像を理解でき、自分の体験や個々の研修などで得る学びを体系化することができます。
ファンドレイジングに関する様々な知識を短期集中で学ぶチャンスです!

日時:
6月16日(金)10:00から17:00
※准認定ファンドレイザー資格取得を目指される方は、受験資格に必要なIDコードを付与するものですので
終日を通じて受講していただく必要があります。
(遅刻・早退について、1時間以上を経てのご入出場はIDコード付与の対象となりません。)

会場:
いわて県民情報交流センター(アイーナ)501AB
(岩手県盛岡市盛岡駅西通1丁目7番1号)
http://www.aiina.jp/access/access.html

受講価格:
日本ファンドレイジング協会 会員10,800円/非会員16,200円(税込)

お申し込み:
以下のウェブページよりお申し込みください。
https://jfra.securesite.jp/training.php

申込締切:6月9日(金)

講師:
浅井 美絵(認定ファンドレイザー/トレーナー)
脇坂 誠也(NPO会計税務専門家ネットワーク 理事長/准認定ファンドレイザー)
山崎 庸貴(一般社団法人ふくしま連携復興センター 理事、特定非営利活動法人みんぷく/認定ファンドレイザー/東北チャプター共同代表)

研修のカリキュラムは以下のウェブページをご覧ください。
http://jfra.jp/event/7393

【受講者の声】
2012年から開始したこの研修は、既に2,700名を越える方々が受講下さっています。
遠方からお越し下さる方もいて、「ファンドレイザー」同志のネットワークの場としても好評です。
既にファンドレイザーの方はもちろん、NPOマネージャーの方や広報担当、他にも企業や士業の方で、
NPOの組織経営やソーシャルマネーの動きの全体像を知りたい方、学生の方など幅広く受講いただいています。

・ファンドレイジングに対して何となく理解していたことが、体系的に整理できました。
・内容が大変充実していて、実務に即役立てたいと思います。
・NPOのみならず、全てのマネジメントを行う者にとって、役立つ内容でした。
・実務経験のない学生の私でもファンドレイジングを体系的に理解することができました。
・ファンドレイジングの手法ばかりに目が行きがちでしたが、事業や財源など団体としての成長戦略という大きな視点が必要だと認識が変わりました。
・1年後、私の関わる団体はきっと生まれ変わっていると思います。

主催・お問い合わせ:
認定特定非営利活動法人日本ファンドレイジング協会
info@jfra.jp
〒105-0004東京都港区新橋5-7-12 ひのき屋ビル7F
電話:03-6809-2590 FAX:03-6809-2591
http://jfra.jp/


(1) 2 3 4 ... 369 »
NGO network Japan