ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
投稿者: ganas 投稿日時: 2016-10-29 9:50:07 (257 ヒット)

カンボジアといえば、世界およそ200カ国の中でも、ここ数十年で最も激変した国のひとつです。

1970?93年の内戦、国連の統治と民主選挙、制憲議会の誕生(その後、国民議会に移行)、経済発展(2004?07年は4年連続で2けた成長)と目まぐるしく変わっています。いまや、多くの外国人が観光やビジネスで訪れる大注目の国になりました。

カンボジアの「表層」だけを見れば、上の文章のようになるでしょう。ですが、ここでじっくり考えてみませんか。表層の“奥”に何が隠れているのかを。

途上国・国際協力の専門メディア「ganas」が主催する「基礎ジャーナリスト講座 in カンボジア」では、参加者自身が直接、カンボジア現代史の“光と影”を取材し、記事を書き、ganasのウェブサイトで発信します。ganas編集長が同行し、視点のもち方(その国のユニークな点や問題の発見につながる)から取材の仕方、記事の書き方までをマンツーマンでお教えします。

途上国の知識をダイレクトに得られるのはもちろん、4つのスキル(発見力、質問力、考察力、文章力)の向上も目指します。途上国での取材をベースとする、日本で唯一の実践的記者インターンシップです。滞在場所は、世界遺産アンコールワットがある街シェムリアップです。

「基礎ジャーナリスト講座」の開催は今回が13回目。これまでにミャンマー・ヤンゴンで6回、フィリピン・セブで4回、カンボジア・シェムリアップで1回、ベトナム・ハノイで1回実施してきました。参加者は総勢70人(年齢は18?58歳)。観光なしと内容はハードですが(講座の前後に自費で観光していただくことは自由です)、自分をレベルアップさせる絶好のチャンスとなります。

■概要
◎行き先:カンボジア・シェムリアップ
◎期間:2017年3月5日(日)?3月11日(土)
*3月5日に現地集合(シェムリアップ国際空港でお迎え)、3月11日夕方に現地解散、6泊7日
◎料金:社会人16万8000円、学生14万8000円
*渡航費、ビザ代(30ドル、シェムリアップ国際空港で取得可)、保険代は含みません
*含まれるもの:宿泊費、食費、現地での移動費(帰りのホテル⇒空港は除く)、講習費
◎〆切:2017年2月3日(金)
*2017年1月5日(木)までのお申し込みは1万5000円割引!(入金が完了していること)
*ご友人同士で申し込むとそれぞれに3000円キャッシュバック!
◎主催:特定非営利活動法人開発メディア(ganasの運営団体)

■「基礎ジャーナリスト講座 in カンボジア」のポイント
◎毎日取材し(英語とクメール語の通訳をつけます)、毎日記事を執筆
◎取材先は、貧困地区やBOPビジネスの現場など、参加者の要望をベースに決定
◎ganas編集長が同行し、ネタの見つけ方から取材の仕方、記事の書き方までをマンツーマンで指導
◎リライトを重ねた記事はganasのウェブサイトに署名入りで掲載

■得られるもの
◎発見力‥‥問題や長所を見つける
◎質問力‥‥取材相手から話を引き出す
◎考察力‥‥物事の奥に何があるかを掘り下げる
◎文章力‥‥万人に伝わるように書く

■対象者(社会人、学生)/こんな方におすすめ
・途上国を掘り下げてみたい方
・メディア(特に記者の仕事)、広報に興味のある方
・「書く技術」を上達させたい方
・現地で調査したいテーマのある方

■お問い合わせ先
メール:devmedia.ganas@gmail.com
ウェブサイト:http://www.ganas.or.jp/news/20161024cambodiatour/
フェイスブックページ:https://www.facebook.com/events/1823766577895032/


投稿者: jifpro 投稿日時: 2016-10-12 17:04:51 (217 ヒット)

 国際緑化推進センター(JIFPRO)より海外森林保全活動スタディツアーのお知らせです。(環境省の委託業務で、JIFPROがスタディツアー事務局を担当します)

環境省では、日本国内の企業による海外での森林保全活動を支援することで、国際的な生物多様性の保全と持続可能な森林経営の取組みに貢献することを目指しています。
そこで、日本国内企業の関係者を対象にして、自社の社会貢献活動(CSR)に活用して頂くことを目的として、インドネシアにおいて、日本の企業等が支援する森林保全や持続可能な森林経営活動の先進事例を訪問見学するスタディツアーを開催します。

スタディツアーの詳細及び参加申込み方法等については、ツアー事務局の国際緑化推進センターのホームページをご覧ください。
http://www.jifpro.or.jp/Activities/Human_Resources/Human_Resources_ENV_studytour.html

◆日程:2016年12月5日(月)?10日(土)5泊6日
◆対象者:日本国内に本社または主たる事務所を置く企業の担当者
◆参加条件:心身ともに健康で、原則全日程に参加可能で、かつ帰国後、2017年1月中に東京で開催予定の報告会において、ツアー参加結果を発表して頂くことに同意頂ける方。
◆募集人数:10名程度(原則1社1名まで)

皆様のご応募をお待ちしております。


投稿者: actionman 投稿日時: 2016-10-8 14:54:12 (241 ヒット)

こんにちは!NPO法人アクションです!
アクションはフィリピンで22年間、貧困地域・孤児院のこども達や、
路上で働くストリートチルドレンの支援を行ってきた団体です。

アクションでは、毎年夏と春に、普段私達がフィリピンで支援を実施している施設や地域を訪問・滞在しながら
様々なボランティア活動を行う海外ボランティアと短期インターンを開催しています。

2017年の春の開催も決定しました!

●孤児院のこども達とフラッシュモブ!ダンス交流ツアー6日間
日程:2017年2月8日(水)ー2月13日(月)

●孤児院に住み込み!こどもの遊び道具作り&コテージ修繕8日間・14日間
日程A:2017年2月20日(月)ー2月27日(月)
日程B:2017年3月2日(木)ー3月15日(水)

●貧困地域で生活体験!ストリートチルドレンと交流活動8日間
日程A:2017年2月21日(火)ー2月28日(火)
日程B:2017年3月7日(火)ー3月14日(火)

●フィリピン短期インターン8日間
日程:2017年3月15日(水)ー3月22日(水)

プログラム詳細については下記ホームページをご覧ください。
http://actionman.jp/workcamp2.html)

そしてプログラムの開催に伴い、説明会を開催いたします!

・日時:10月13日(木) 19:15?20:45 
・場所:JICA地球ひろば セミナールーム602 (最寄り:市ヶ谷駅)

説明会では、各プログラムの活動詳細やプログラムの雰囲気、
現地での生活をわかりやすく説明するほか、実際にプログラムに参加した学生が
現地での体験談をお話しするので、より具体的に現地での活動を
イメージできるのではないかと思います♪

説明会は原則先着順ですので、お早めにお申し込みください!

▼説明会に申し込む
http://actionman.jp/setumeikai-apply.html

上記以降の説明会の日程確認・申し込みも可能です。
たくさんのご参加、お待ちしております!


投稿者: gloleacebu 投稿日時: 2016-10-7 19:00:04 (259 ヒット)

フィリピン セブのスラムから強制移住をさせられてきた人々が住む山岳地域や、スラムのスクワッターエリアで住民の暮らしと子どもの教育を支援するNGO地域開発ボランティア。

セブで活動しているNGOのボランティアに参加して、観光では絶対にわからない本当のセブの姿を知っていただけます。

セブ島 地域開発ボランティア募集要項


投稿者: actionman 投稿日時: 2016-10-1 11:05:16 (232 ヒット)

こんにちは!
NPO法人アクションです!
アクションはフィリピンで22年間、孤児院や貧困地域のこども達、
ストリートチルドレンの支援活動を行なっている団体です。

アクションでは毎年夏と春に、普段わたし達がフィリピンで支援を実施している施設・地域を訪問、滞在しながら様々なボランティア活動を行なう、海外ボランティア・短期インターンプログラムを開催しています。

今年の夏もたくさんの方に参加していただきました!

そしてなんと、アクションはすでに春プログラムの開催も決定しております!内容は以下の通りです。

?孤児院での住み込みボランティア:
孤児院に住み込みで、施設の修繕や遊び道具作り、こども達の生活のお手伝いなどを行います。

?ストリートチルドレン交流ツアー:
青空教室を通じてストリートチルドレンと呼ばれるこども達と交流し、国際協力について考えます。
宿泊先は一般家庭にホームステイです!

?短期インターン:
海外で働くNGO職員の仕事体験として、現地ニーズ調査やプロジェクト計画などを行います。

?ダンス交流ツアー:
こども達と一緒にダンスを練習し、最後はショッピングモールでフラッシュモブを行います。

プログラム内容の詳しい日程や内容については、下記ホームページをご覧下さい!!
http://actionman.jp/workcamp2.html)

そしてプログラムの開催に伴い、説明会を随時開催いたします。

10月に行う説明会の日程は以下の通りです。

?10月13日(木) 19:15?20:45 JICA地球ひろば セミナールーム602 (最寄り:市ヶ谷駅)
?10月25日(火) 19:00?20:30 東京ボランティアセンター 会議室C (最寄り:飯田橋駅)

夏を逃してしまった人!春に向けて動き出したい人!
アクションの海外ボランティアでフィリピンのこども達に会いに行きましょう♪

少しでも興味がある方は、まずは一度説明会にご参加ください^^
説明会では、各プログラムの活動詳細やプログラムの雰囲気、
現地での生活の様子を分かりやすく説明するほか、
実際にプログラムに参加した学生が現地での体験談をお話しするので、より具体的に現地での活動をイメージできるのではないかと思います。

説明会の参加できる人数は限られているので、お早めにお申し込みください!

▼説明会に申込む
http://actionman.jp/setumeikai-apply.html

10月以降の説明会の日程確認・申し込みも可能です。
沢山のご参加、お待ちしています!


投稿者: hiveronica 投稿日時: 2016-9-13 15:41:19 (434 ヒット)

17年イスラエル・パレスチナスタディツアーの募集が開始しました。
http://www.seichi-no-kodomo.org/exchange/studytour-2017.html

??????????????????????????????
あなたは平和について、考えたことはありますか?

世界では、3人に1人が紛争地域に住んでいて、
紛争以外にも移民・難民問題、テロなどと和を脅かすものが世界には多くあります。

一方で日本は、世界平和度数を発表している機関(経済平和研究所)により、
紛争に最も与していない国の1つとして選ばれました。

イスラエル・パレスチナでは、紛争があり、難民問題があり、テロがありと多くの問題を抱えています。
そんな国の人々の暮らしや対話、ホームステイやボランティアなどを通して、
平和とは何なのか、平和の大切さなどを考えること、れがスタディーツアーの目的です。

戦争をするのも、平和にするのも人間です。イスラエル、パレスチナの若者と共に、平和をつくる旅にでかけませんか?

??????????????????????????????

本スタディ・ツアーは下記の方々にお勧めです。

 ・イスラエル・パレスチナ問題や平和構築に関心のある方!
 ・中東でエキゾチックな気分に浸りたい方!
 ・ホームステイで英語三昧になりたい方!
 ・中東の友達を作りたい方!
 ・自分探し、または自分を見つめなおしたい方!
 ・純粋に旅が好きな方!

皆様からのご応募をお待ちしています。

 日程 :2017年3月2日(木)? 3月12日(日)【11日間】
 応募締切:11月14日(月)【必着】 
 参加費:学生・・・約275,000円、社会人・・・約340,000円

詳細、応募方法等は上記URLを参照下さい。
http://www.seichi-no-kodomo.org/exchange/studytour-2017.html

認定NPO法人 聖地のこどもを支える会


投稿者: PARC 投稿日時: 2016-9-2 14:24:09 (234 ヒット)

PARC自由学校 エクスポージャーツアー
有機農業と自然エネルギーの融合による
地域活性化の可能性を体感しよう!



電力自由化やご当地エネルギー、市民発電所など私たちとエネルギーをめぐる 状況は日々変化しています。 このツアーでは今注目の千葉県匝瑳市(そうさし)を訪問し、市民発電所やソーラーシェア リングなどの地域発自然エネルギーの現場見学を行います。
夜は、地元の有機農 業を前提とした農業生産法人『Threelittle birds』の楽しい面々も加わっての大宴会を 開催! ソーラーシェアリングの下で育った小糸在来(大豆)の枝豆を、みなで収穫してつまみにします!満月の下、焚き火を囲んで、無農薬米で作った純米酒・寺田本家のお酒を片手に語り合いましょう!

自然エネルギーの本質は『コミュニケーション』なのです!
未来へ繋がる様々なエネルギーを豊かな自然の中で体感してみませんか。
地方移住や地域再生のヒントがきっと見つかるツアーです!
自然エネルギー・有機農業・ ダウンシフト・をキーワードに地域循環に取り組む匝瑳の 楽しい仲間たちに会いに行きませんか?
※池袋のオーガニックバーたまTSUKIの高坂勝さんもスペシャルゲストで登場!



日程:2016年9月17日(土)?18日(日)

コーディネーター:東光弘さん
(NPOグリーンタートルズ代表/市民エネルギーちば合同会社代表社員/アースディ ちば実行委員会代表)



スペシャルゲスト:高坂勝さん(たまにはTSUKIでも眺めましょ/SOSA PROJECT)




参加費:6,800円(特製竹炭のお土産付!宿泊、夕食、昼食、朝食、保険代込)

ツアープログラム

●9月17日(土)
集合:総武本線 八日市場駅 12時過ぎ 集合

タクシーにて市民エネルギーちば合同株式会社へ移動。 (実費2,000円弱程度。乗りあったみなさんで割り勘をお願いします)。 コーディネーターの東光弘さんによるオリエンテーション。
匝瑳地域の《ソーラーシェアリングの郷》構想についてなどお話を伺います。
自然エネルギーの市民発電所へ移動。現地見学。
ソーラーシェアリングの下で育った枝豆など有機農産物の収穫体験。
夜は匝瑳プロジェクト、農業法人スリーリトルバード、市民エネルギーちばを
はじめとした匝瑳周辺の楽しいメンバーも集合し、大パーティ。
メニューは採れたて炊きたて羽釜炊き新米に 宮元山のこゆる君の有精卵と自家製たまり醤油でぶっかけご飯、みんなで収穫 した枝豆、アースオーブンで野菜中心の焼き立てピザ、
無農薬米の自然酒寺田本 家のお酒などなど地域の恵みを堪能しましょう。
夜は匝瑳アルカディアの里宿泊。

●9月18日(日)
起床、洗面、朝食
午前中は市民エネルギーちばの事務所にて、 独立系ソーラーシステムの見学と自然エネルギーについてのレクチャー。
炭焼き窯の見学。
昼過ぎ頃ごろ現地解散。八日市場駅まで送迎あり。

※当日の天候、先方のご都合により、スケジュールが
変更することもありますことを ご了承ください。


■お申し込み
下記のフォームから入力されるか、
メール、電話にてお名前、ご住所、電話番号などをお知らせの上、お申し込みください。

申込フォーム:http://www.parc-jp.org/guidance/form06.html



・***************************************
◆主催・お問い合せ先◆
NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)
東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455 FAX.03-5209-3453
E-mail :office@parc-jp.org

・***************************************


投稿者: muranomirai 投稿日時: 2016-9-2 11:29:44 (260 ヒット)

有田フィールドワーク
ワークショップとフィールドワークを通して、地域コミュニティ開発に必要なファシリテーション技術を学ぶ実践研修です。

『途上国の人々との話し方』の著者の一人でありメタファシリテーションの生みの親でもある和田信明から 学ぶ2日間。
ムラのミライが長年積み重ねてきた経験と手法を学びながら、参加者同 士の議論、フィールドでの実践を繰り返し、自分で答えを見つけてゆきます。

◆プログラム◆
1日目;10月9日(日)
午前10時?11時   集合・受付・オリエンテーション
午前11時?午後1時 フィールドワーク
昼食
午後2時?4時 フィールドワーク
午後4時?6時 クラスルームセッション
午後7時?8時半 夕食・交流会(オプショナル)
2日目;10月10日(月)
午前10時?12時 フィールドワーク
昼食
午後1時?3時 クラスルームセッション
午後3時?4時 全体ふりかえり、解散

◆研修参加費◆
ムラのミライ会員/サポーターの方   32,000円 (会員割)
ムラのミライ会員/サポーター以外の方 40,000円

◆お申し込み・お問合せ◆
http://muranomirai.org/trg201610arita

海外・国内問わず、コミュニティ開発、地域づくり、まちづくりなどに携わっている/携わっていたことのある方。将来そうした分野で活動・仕事をしたいという方にオススメです。ぜひ参加ください!

★この研修は、ムラのミライ主催の「メタファシリテーション(対話型ファシリテーション)基礎講座」を修了した方のみ、参加して頂けます。
→メタファシリテーション(対話型ファシリテーション)基礎講座の開催日程はこちらhttp://muranomirai.org/basictrg201605
→このフィールド研修の直前に、博多でも基礎講座を開催します。10月8日(土)9時半から17時半(会場は調整中)

特定非営利活動法人ムラのミライ(旧団体名:ソムニード)
http://muranomirai.org/
https://www.facebook.com/MuranoMirai
〒662-0856 兵庫県西宮市城ケ堀町2-22 早川総合ビル3F
電話/FAX 0798-31-7940
*ムラのミライ 会員・サポーター募集中*
世界の、日本のあちこちで、ムラのミライが育てたファシリテーターが活躍し、
「誇りを持ち、ずっと暮らし続けられるムラ」を生み出すために・・・
http://muranomirai.org/action/membership


投稿者: actionman 投稿日時: 2016-9-1 14:30:44 (219 ヒット)

こんにちは!
NPO法人アクションです!
アクションはフィリピンで22年間、孤児院や貧困地域のこども達、
ストリートチルドレンの支援活動を行なっている団体です。

アクションでは毎年夏と春に、
普段わたし達がフィリピンで支援を実施している
施設・地域を訪問、滞在しながら様々なボランティア活動を行なう、
海外ボランティア・短期インターンプログラムを開催しています。

今年の夏もたくさんの方に参加していただきました!

そしてなんと、アクションはすでに春プログラムの開催も決定しております!
内容は以下の通りです。

?孤児院での住み込みボランティア:孤児院に住み込みで、施設の修繕やこども達の生活のお手伝いなどを行います。

?ストリートチルドレン交流ツアー:青空教室を通じてストリートチルドレンと呼ばれるこども達と交流し、国際協力について考えます。宿泊先は一般家庭にホームステイです!

?短期インターン:海外で働くNGO職員の仕事体験として、現地ニーズ調査やプロジェクト計画などを行います。

?ダンス交流ツアー:こども達と一緒にダンスを練習し、最後はショッピングモールでフラッシュモブを行います。

2月、3月に開催予定です!
プログラム内容・日程の詳細は決まり次第ホームページにアップします!
http://actionman.jp/workcamp2.html)

そしてプログラムの開催に伴い、説明会を随時開催いたします。
第1回説明会は9月27日です!

・日時:9月27日 19:15?20:45
・場所:JICA地球ひろば セミナールーム602
   (最寄り:市ヶ谷駅)

夏を逃してしまった人!春に向けて動き出したい人!
アクションの海外ボランティアでフィリピンのこども達に会いに行きましょう♪

少しでも興味がある方は、まずは一度説明会にご参加ください^^
説明会では、各プログラムの活動詳細やプログラムの雰囲気、
現地での生活の様子を分かりやすく説明するほか、
実際にプログラムに参加した学生が現地での体験談をお話しするので、
より具体的に現地での活動をイメージできるのではないかと思います。

説明会の参加できる人数は限られているので、お早めにお申し込みください!

▼説明会に申込む
http://actionman.jp/setumeikai-apply.html

10月以降の説明会の日程確認・申し込みも可能です。
沢山のご参加、お待ちしています!


投稿者: fromjapan 投稿日時: 2016-8-31 9:28:16 (354 ヒット)

●プログラム名:コミュニティインターン

●募集人数:20名

●対象:
・海外初心者から、留学経験者まで
・参加者同士、協力して活動できる方
・英語や教員の資格不要

●主旨・概要
・2020年東京五輪に向け、日本を世界に伝える力を磨く、企画
・イギリス小学校の招待を受け、現地の子ども達に日本文化を紹介する活動
・日本と世界各国紹介がテーマの「かるた」を創るクリエイティブな交流活動
・2020年東京五輪応援企画「Karuta 2020」の一環として実施

●プログラムのポイント
・英語研修後、学んだ英語を現場で使い自分のものにする、実践研修プログラム
・日本文化の魅力を再発見。人前で話す自信・プレゼン力も身につけることができる。
・充実した事前研修。「海外が初めて」「人に教えたことがない」方も、数多く活躍
・日本各地から集まった参加者がチームで活動。全国に仲間ができるのが魅力。
・2010年以降、180名が参加、その98%が「参加して良かった」と高く評価

●活動内容
・渡航前:事前研修(自宅研修+スカイプ研修)
・第1週:現地英語研修(5日間)
・第2週/3週:小学校等で活動-「日本文化紹介」「創作かるた活動」

●期間/時期: 
・2週間:2017年2月19日(日)- 3月4日(土)
・3週間:2017年2月19日(日)- 3月11日(土)

●滞在先・方法
・ロンドン(ウィンブルドン)
・語学学校手配のホームステイ

●費 用:
?申込金: 50,000円 
?参加費: 155,000円(2週間)/175,000円(3週間)
・割引制度:学生割引10,000円
・その他費用:渡航費・滞在費・食費など

●申し込み方法、条件
・ホームページ上から、参加申込フォームを入力・送信

●応募締切(第1期)
・2016年10月31日(月)

●主催
フロムジャパン

●団体概要
・海外インターン派遣を通じ、「日本紹介」「創作かるた活動」を推進している、国際研修機関
・日本文化を世界に発信できる国際人の育成、「日本ならでは」の国際貢献が目標
・国内でも自治体や大学、市民団体と連携し、英語のかるたづくりを支援

●問い合わせ先
フロムジャパン
188-0014 東京都西東京市芝久保町3-4-45
TEL/FAX: 042-439-5445
http://www.fromjapan21.com


投稿者: shapla 投稿日時: 2016-8-4 17:46:21 (345 ヒット)

2015年4月25日の大地震から1年以上が過ぎたネパールの被災地を訪問し、復興の状況を肌で感じてください。


首都カトマンズだけでなく、地方の復興支援地域を訪問します。
被災者の人々から、地震発生直後から今までのこと、今の暮らしぶりについて直接話を聞くことができます。




概要・スケジュール詳細、お申込み等は以下のページをご覧ください。

https://www.shaplaneer.org/studytour/


投稿者: actionman 投稿日時: 2016-7-23 11:10:18 (223 ヒット)

こんにちは!
こども達の「生きるチカラ」を育てたい。
NPO法人アクションです!
アクションはフィリピンで22年間、孤児院や貧困地域のこども達、
ストリートチルドレンの支援活動を行なっている団体です。

この夏、普段私達がフィリピンで支援を実施している施設・地域を訪問、滞在しながら
様々なボランティア活動を行なう、海外ボランティア・短期インターンプログラムを開催します。
このプログラムは1995年から20年以上にわたり継続して実施しており、
これまでに3500名以上の方にご参加いただいています!

今回募集するのは、フィリピンのストリートチルドレンとの交流活動と
貧困地域に暮らす家庭でのホームステイを行うツアーです!
申し込み締め切りは【8月2日(火)】まで!まだまだ申し込み受付中♪

ボランティア活動や海外が初めての方、語学に不安を感じている方も大丈夫!
今年の夏、フィリピンのこども達に楽しい時間と笑顔を届けませんか?

少しでも気になった方は、まずはお気軽に資料をご請求ください^^

●ツアー概要
日程:2016年9月6日?9月13日 7泊8日
旅行代金:15万5千円
募集予定人数:20名
滞在先:一般家庭にホームステイ

※語学力不問!こどもが好きな方、貧困問題や国際協力に興味がある方はどなたでも参加可能です!

<活動内容>
フィリピンの路上で働く“ストリートチルドレン”と呼ばれるこども達。
彼らはどんな生活を送り、どんな人生を歩んでいくのでしょうか。
このプログラムでは、ストリートチルドレンと呼ばれるこども達と一緒に
青空教室でのアクティビティを実施し、交流を通して
ストリートチルドレンと呼ばれるこども達の等身大の姿、素顔に出会います。

普段路上で働いたり、小さい弟や妹の面倒を見ている彼らにとって、
ボランティアに来るみなさんと過ごす時間は
こどもらしくいられる大切な時間です。
さらに、今回ホームステイをするのは貧困地域の一般家庭です。
一緒に生活して彼らの人生に触れることで、貧困や豊かさ、
彼らが必要とする支援とは何か、そして、
私達にできることは何なのかを、一緒に考えましょう。

フィリピンのこども達がみなさんの参加をお待ちしています!!

●お申込み方法
まずは、以下のURLから資料をご請求ください。
活動のスケジュールやその他詳細情報が載ったカラーのパンフレットをお送りします!

▼プログラム詳細
http://actionman.jp/streetchildrenkouryu.html

▼資料請求
http://actionman.jp/shiryou/kaigai_volunteer.html


投稿者: actionman 投稿日時: 2016-7-23 11:08:02 (233 ヒット)

こんにちは!
こども達の「生きるチカラ」を育てたい。
NPO法人アクションです!
アクションはフィリピンで22年間、孤児院や貧困地域のこども達、
ストリートチルドレンの支援活動を行なっている団体です。

この夏、普段わたし達がフィリピンで支援を実施している施設・地域を訪問、滞在しながら
様々なボランティア活動を行なう、海外ボランティア・短期インターンプログラムを開催します。
このプログラムは1995年から20年以上にわたり継続して実施しており、
これまでに3500名以上の方にご参加いただいています!

今年の夏は、フィリピンの孤児院に住み込みで、
こどもたちのための遊具作りボランティアを実施いたします!
申し込み締め切りは【8月2日(火)】まで!まだまだ申し込み受付中です^^

ボランティア活動や海外が初めての方、語学に不安を感じてる方も大丈夫!
楽しめること間違いなしです☆
今年の夏、フィリピンのこども達に楽しい時間と笑顔を届けませんか?

少しでも気になった方は、まずはお気軽に資料をご請求ください^^

●孤児院住み込みボランティア概要
日程:2016年9月5日(月)?9月14日(月) 9泊10日
旅行代金:15万8千円
募集予定人数:15人
滞在先:フィリピンルソン島サンバレス州 孤児院「ジャイラホーム」

※語学力不問!こどもが好きな方、国際協力に興味がある方はどなたでも参加可能です♪

<活動内容>
アクションが支援している孤児院「ジャイラホーム」の子供達は、
日本のようにゲームや遊び道具があるわけではなく、
施設の遊具で遊ぶといっても、日々の生活は単調なものになりがちです。

そこでこのツアーでは、ジャイラホームに住み込んで、
こども達に楽しんでもらえるような遊具作りボランティアを行います!
何を作るかは参加者同士で相談し、
完成後はこども達と一緒に作った遊具で一緒に交流!

ジャイラホームにいる子は、貧困や虐待などが理由で
両親と離れて生活しており、周りに甘えたり頼ったりすることができない子が多いです。
そんな彼らにとって、ボランティアに来るみなさんと思いっきり遊んで
一緒に過ごすことはかけがえのない大切な時間です。

彼らのために愛情を込めた遊具を作って、楽しい思い出を
一緒に作りませんか?

フィリピンのこども達がみなさんの参加をお待ちしています!!

●お申込み方法
まずは、以下のURLから資料をご請求ください。
活動のスケジュールやその他詳細情報が載ったカラーのパンフレットをお送りします!

▼プログラム詳細
http://actionman.jp/kojiinkouryu.html

▼資料請求
http://actionman.jp/shiryou/kaigai_volunteer.html


投稿者: HAPPYCOLOR 投稿日時: 2016-7-1 12:47:17 (420 ヒット)

【夏スタディツアーHOT10参加者追加募集中です!】
北は北海道から南は沖縄まで,これまでに950人以上が参加したツアーも,
おかげさまで今年で35年目をむかえました。
現在,追加参加者募集中です☆(※ツアーの催行はすでに決定しています)

・**********************************************************
とにかく現地の生の生活を感じたい方
福祉・教育・医療…いろいろな施設を訪れてみたい方
ボランティアだけでなく,青い海や観光もしてみたい方
子どもたちといっぱいかかわりたい方
ストリートチルドレン・栄養失調児・教育・ゴミ山・ホームステイ・マザーテレサ施設
…1つでもピンときた方
・**********************************************************

"その一歩を踏み出すかで悩むより その一歩を踏み出してから
いっぱい 笑って 泣いて 感じて 考えて 行動して…そして いっぱい悩んだらいい"
わたしたちは この夏 一歩踏み出したい"あなた" を全力で応援します!

一歩踏み出した分だけ
笑顔になれる
笑顔の数だけ
HAPPYになろう

2016年夏を 全国のまだ見ぬ仲間達と一緒にすごしませんか?
一緒に旅できるのをスタッフ一同楽しみにしています☆

http://happycolor.jimdo.com/
facebook : fb.me/3PDEYttBy
※写真&動画にてツアー紹介中です☆ぜひどんなツアーなのか感じてください。興味をもっていただけましたら,以下のお問い合わせ窓口までお気軽にお問い合わせください。

E-mail : happycolor@halohalo-group.com

郵送先などをお知らせいただければ,こちらから直接パンフレットなどを送付させていただきます。資料請求は,もちろん無料です。皆様からのお問い合わせお待ちしております。

【夏スタディツアーHOT10募集概要】※詳細はパンフレットにて
● 期 間 : 2016年8月29日(月) - 9月6日(火) 9日間

● 費 用 : 158,000円

● 渡 航 先 : フィリピン共和国 セブ島 (成田国際空港から直行便で約5時間)

● 宿 泊 先 : カトリック施設 / 現地家庭へのホームステイ

● 目 的 :
? 福祉・教育・医療などのさまざまな施設訪問,現地の方たちとの交流を通して,現地への理解を深めること
? ツアーに参加した仲間たち,現地の人たちと共にいろいろなことを感じ,考え,語りあい,行動すること
? 参加者1人1人の目標や夢への一歩を踏み出すきっかけとすること

● 活動内容: フィーディングセンター,PT・OTセンター(障がい児リハビリ),マザーテレサ施設「栄養失調児の家」・「死を待つ人の家」,プレイグループ(無償幼稚園),ストリートチルドレン配食支援への同行・交流,現地家庭訪問,現地家庭へのホームステイ,ダンピングサイト(ゴミ山),セカンド・チャンス(青少年更生施設),現地高校生・大学生とリサイクル活動参加,現地の子ども&お母さんたち約300人と一緒に行く海遠足,現地ソーシャルワーカーや若者との交流etc.(予定)

● 追加募集人数 : 5名(※すでにツアーの催行は決定しています)

● 事前研修会 : 以下の2会場で参加者を対象とした事前研修会を実施します。 原則としてどちらかにご参加下さい。
 ?日 時 : 2016年7月 9日(土) 11:00-17:00
  会 場 : 東京都内 (※詳細は後日お知らせします。)
 ?日 時 : 2016年7月17日(日) 11:00-17:00
  会 場 : 札幌市内 (※詳細は後日お知らせします。)

● 追加申込受付期間 : 2016年7月1日(金)-2016年7月15日(金)必着

《連絡先》
●企画・問い合わせ先:国際交流NGO HAPPY COLOR HOT10事務局 代表 和泉 薫
 E-mail:happycolor@halohalo-group.com
homepage:http://happycolor.jimdo.com/
facebook : fb.me/3PDEYttBy (※写真&動画にてツアーを紹介しています)

●共同企画:天使大学PEC & 藤女子大学SMILE & 上智大学ハロハロの会

●航空券取扱:(株)ユニオンエアーサービス本社 観光庁長官登録旅行業第400号 旅行業務取扱管理者 末廣 猛


投稿者: Santana 投稿日時: 2016-6-25 17:01:27 (298 ヒット)

インドで教育実習してみませんか。

地域も経済界層も宗教も違う、複数の教育施設を訪れ、
その内の二校では実際に自分達で組み立てた授業を行う。

色々なインドやインドの学校を見て、そして自分達から
働きかけることでしか見えないインド、日本、
そして自分たちがあるでしょう。

観光でもタージ・マハルやガンジス河などの定番は抑えます。

8月18日?8月30日の12泊13日!
教育に本気で興味がある人向けのインド体験ツアーです。


????

日本の教育が揺れている。様々な課題もさることながら
日々変わりつつある「働き方」や「生き方」に
日本の教育はどこまで対応できるのだろうか。

一方、現在他の国との関係は一層密接になっている。
教育も自国の中だけの議論では終えることはできないし
それでは、解決の糸口を探るのも難しい。
他の国ではどういった課題があり、どのような取り組みがあるのか。

宗教、経済階層、地域、など圧倒的な多様性を持つインド。
日本とは違った意味での格差も問題となっている。
そこではどのように課題に取り組む人々がいるのだろうか。
どんな熱があり、雰囲気があり、匂いがあるのだろうか。
実際にそこに住む人たちと手を握ることで
見えてくるものががきっとある。

???

◇◇◇
主催:サンタナトラベル
共催:NPO法人インド日本友の会、
   現地NGO India Japan Friendship Center
◇◇◇


詳細は:サンタナトラベル

お問合せメール:info.indiasantana@gmail.com


投稿者: shapla 投稿日時: 2016-6-22 10:09:54 (344 ヒット)

国際協力NGOシャプラニールでは、2015年4月25日の大地震から1年以上が過ぎたネパールの被災地を訪問するスタディツアーを開催します。このツアーでは、首都カトマンズや地方の復興支援地域を訪問し、被災者の人々から、地震発生直後から今までのこと、今の暮らしぶりについて直接話を聞きます。

【日程】 2016年9月19日(月)- 25日(日)6泊7日(機中泊2泊含む)

【訪問先】 ネパール(カトマンズ・シンドゥパルチョーク郡・カブレ郡)

【募集人数】 14名 ※最少催行人数10名

【参加費】 198,000円
 ※羽田使用料、タイ空港税、ネパール空港税は旅行代金に含まれています。
 ※燃油サーチャージは旅行代金に含まれていませんが、
 2016年6月現在無料です。

【申込締切】 2016年8月13日(土)

プログラム内容、お申込み方法など詳細はこちらから
https://www.shaplaneer.org/studytour/


投稿者: HAPPYCOLOR 投稿日時: 2016-6-19 18:03:11 (345 ヒット)

【夏スタディツアーHOT10参加者募集中です!】
北は北海道から南は沖縄まで,これまでに950人以上が参加したツアーも,
おかげさまで今年で35年目をむかえました。

・**********************************************************
とにかく現地の生の生活を感じたい方
福祉・教育・医療…いろいろな施設を訪れてみたい方
ボランティアだけでなく,青い海や観光もしてみたい方
子どもたちといっぱいかかわりたい方
ストリートチルドレン・栄養失調児・教育・ゴミ山・ホームステイ・マザーテレサ施設
…1つでもピンときた方
・**********************************************************

"その一歩を踏み出すかで悩むより その一歩を踏み出してから
いっぱい 笑って 泣いて 感じて 考えて 行動して…そして いっぱい悩んだらいい"
わたしたちは この夏 一歩踏み出したい"あなた" を全力で応援します!

一歩踏み出した分だけ
笑顔になれる
笑顔の数だけ
HAPPYになろう

2016年夏を 全国のまだ見ぬ仲間達と一緒にすごしませんか?
一緒に旅できるのをスタッフ一同楽しみにしています☆

facebook : fb.me/3PDEYttBy
※写真&動画にてツアー紹介中です☆ぜひどんなツアーなのか感じてください。興味をもっていただけましたら,以下のお問い合わせ窓口までお気軽にお問い合わせください。

E-mail : happycolor@halohalo-group.com

郵送先などをお知らせいただければ,こちらから直接パンフレットなどを送付させていただきます。資料請求は,もちろん無料です。皆様からのお問い合わせお待ちしております。

【夏スタディツアーHOT10募集概要】※詳細はパンフレットにて
● 期 間 : 2016年8月29日(月) ? 9月6日(火) 9日間

● 費 用 : 158,000円

● 渡 航 先 : フィリピン共和国 セブ島 (成田国際空港から直行便で約5時間)

● 宿 泊 先 : カトリック施設 / 現地家庭へのホームステイ

● 目 的 :
? 福祉・教育・医療などのさまざまな施設訪問,現地の方たちとの交流を通して,現地への理解を深めること
? ツアーに参加した仲間たち,現地の人たちと共にいろいろなことを感じ,考え,語りあい,行動すること
? 参加者1人1人の目標や夢への一歩を踏み出すきっかけとすること

● 活動内容: フィーディングセンター,PT・OTセンター(障がい児リハビリ),マザーテレサ施設「栄養失調児の家」・「死を待つ人の家」,プレイグループ(無償幼稚園),ストリートチルドレン配食支援への同行・交流,現地家庭訪問,現地家庭へのホームステイ,ダンピングサイト(ゴミ山),セカンド・チャンス(青少年更生施設),現地高校生・大学生とリサイクル活動参加,現地の子ども&お母さんたち約300人と一緒に行く海遠足,現地ソーシャルワーカーや若者との交流etc.(予定)

● 募集人数 : 15名(最少催行人数:10名)

● 事前研修会 : 以下の2会場で参加者を対象とした事前研修会を実施します。 原則としてどちらかにご参加下さい。
 ?日 時 : 2016年7月 9日(土) 11:00-17:00
  会 場 : 東京都内 (※詳細は後日お知らせします。)
 ?日 時 : 2016年7月17日(日) 11:00-17:00
  会 場 : 札幌市内 (※詳細は後日お知らせします。)

● 申込受付期間 : 2016年6月18日(土)-2016年7月1日(金)必着

《連絡先》
●企画・問い合わせ先:国際交流NGO HAPPY COLOR HOT10事務局 代表 和泉 薫
 E-mail:happycolor@halohalo-group.com
facebook : fb.me/3PDEYttBy (※写真&動画にてツアーを紹介しています)

●共同企画:天使大学PEC & 藤女子大学SMILE & 上智大学ハロハロの会

●航空券取扱:(株)ユニオンエアーサービス本社 観光庁長官登録旅行業第400号 旅行業務取扱管理者 末廣 猛


投稿者: accejapan 投稿日時: 2016-6-16 12:58:48 (313 ヒット)

どうせ海外に行くなら、その国の人々とじっくり交流し、その国が抱える社会問題を理解したい。そんな人にぴったりなのが、スタディツアーです。

「一歩踏み出したい」
「価値観が変わるような経験がしたい」
「自分にできる国際貢献を考えたい」

そんな思いをお持ちの方は、ぜひスタディツアーへの参加を考えてみてください。
本やインターネットだけでは絶対にわからない、リアルな現実を体感することができるはずです。

アクセスは、フィリピンでのスタディツアーを20年以上続けてきました。
「貧困」と「戦争」について体感でき、NGO経験の長いスタッフとともにディープに学べるこのツアー。
参加者の8割以上が、「このツアーを絶対に友人に勧める」と答えています。

ツアー中に行うディスカッションは、日を追うごとに熱くなり、
「忘れられない時間になった」という声を多く聞きます。
もちろん、意見を言うのが苦手な人へのサポートもあります。

アクセスのツアーでは、滞在中にできるボランティア活動はありません。
まずは、何が問題で、どんな解決策が必要なのか、自分の目で見て、耳で聞いて、考える。
そのための12日間を、全力でサポートします。

しっかり学び、考えた後、日本国内で活動できる拠点が京都と東京にありますので、
「行ったきり」にならずに行動する人が多いのも特徴です。

説明会は、京都で開催。
参加費無料で、予約も不要です。
遠方の方は、電話やメールでご質問ください。

【日程】
8月ツアー 2016年8月18日(木)?29日(月)
9月ツアー 2016年9月1日(木)?12日(月)
※いずれのツアーも内容は同じです。


【参加費】
158,000円 ( 関西空港発着 )
★早割あり! 2016年7月7日(木)までにお申し込みの方は、3,000円引きに
※2016年春ツアーから、4,000円値下げしました!

【ツアー説明会】
スタディツアー説明会の日程や内容はこちら
http://www.page.sannet.ne.jp/acce/tour_orientation.html

【お申込み期限】
2016年7月13日(水)
※申し込みが予定募集人員に達した場合は、申し込み期限以前に受付を終了する場合があります。
※申し込み期限を過ぎてお申し込みをお考えの場合は、ご相談ください。

まずは資料請求をお願いします。
パンフレット、参加条件や注意事項を記載した書類、申込書などをお送りします。
内容にご納得いただけましたら、申込書をご提出ください。

【詳細】
http://www.page.sannet.ne.jp/acce/study_youkou_summer2016.html



投稿者: JOCS 投稿日時: 2016-6-7 11:30:58 (274 ヒット)

JOCSでは、将来国際保健医療の分野で活躍する人材を育成するためのプログラムとして、タンザニア・タボラ州へのスタディツアーを行います。

タボラでは、パートナー団体であり、弓野綾ワーカー(医師)の派遣先でもあるタボラ大司教保健事務所およびその傘下の保健医療施設などを訪問します。また、現地の施設での参加型活動やJOCSの奨学金で医療従事者となった医療スタッフとの交流会も予定しています。
弓野ワーカーや現地の保健医療スタッフから現地の保健医療事情を学び、現地の施設で活動体験してみませんか?

◆日程:2016年9月10日(土)夜発?18日(日)夕方着 9日間(予定)
◆訪問先:タンザニア・タボラ州
タボラ大司教区保健事務所、聖アンナ・ミッション病院など
◆募集予定人数:12名(最少催行人員10名)
*今回のスタディツアーは、将来国際保健医療の分野で働く人を育成するためのツアーです。
そのため、その対象となりうる方を優先させていただく場合があります。あらかじめご了承ください。
◆旅行代金:24万円
*旅行代金に加え、成田と現地空港税(8,200円程度)が別途必要になります(今後変動する可能性があります)。
*ダルエスサラームでの宿泊は2人部屋となります。お1人部屋をご希望の際は、追加料金6,000円で承ります。
◆引率:ツアーリーダーとしてJOCSスタッフが日本から全行程同行します。
◆申込期限:2016年7月29日(金)
*ビザ申請など出発前の準備に日数を要します。期限を過ぎてのお申し込みはご相談ください。
◆お問い合わせ・参加申込書請求:東京事務局(seminar@jocs.or.jp)

*スタディツアーの詳細や参加申込書はホームページ(http://www.jocs.or.jp/event/5501.html)
をご覧ください。
*参加を迷っている方を対象に参加説明会を実施します!
参加申し込みをする前に詳しく知りたい方は、参加説明会の日程(http://www.jocs.or.jp/category-1/5535.html)
を別途、ご覧ください。


投稿者: cff 投稿日時: 2016-6-6 12:43:48 (306 ヒット)

◆団体概要

CFFは、世界の厳しい立場におかれた「子どもたちの支援」と、未来の社会を担う「青少年の育成」を2つの柱として活動しています。
現在はフィリピンとマレーシアで、児童養護施設「子どもの家」を建設・運営し、貧困や家庭の問題などで家族とともに暮らせない子どもたちの健全な成長と自立を支援しています。また海外ボランティアプログラムを通して、そのような子どもたちのための活動を現地で実施することで、子どもの支援と活動に参加する青年たちの育成の両方を果たしています。


◆参加/申込方法

1)まずは資料請求!(または説明会への参加)
CFF事務局に連絡! 電話:03-5960-4602/Email:info@cffjapan.org
またはホームページより資料請求:http://goo.gl/forms/azcF4chLjR
※説明会も開催しています。
ご参加希望の場合は、ホームページをご覧いただく、直接お問い合わせくださいね!個別での説明も出来ますので、お気軽にご連絡ください。

2)参加申込み
届いた資料内の申込書に記入して、指定の取り扱い旅行会社(マイチケット)にお申込みください。
※送付方法は、FAX、郵送またはwebとなります。


投稿者: very50 投稿日時: 2016-5-30 21:13:55 (612 ヒット)

NPO法人very50の大人気プログラム、MoG。
今夏もバングラデシュで活動するエクマットラと共同で開催いたします。
約2ヶ月に渡るホンモノの授業とトレーニング。
トレーニングの成果を存分に発揮できる現地実践の場。
世界が変わる体験になること、間違いなしです。

事前トレーニングは6/26?を予定しております。
是非、下記URLにて詳細日程をご確認ください。▼
http://very50.com/mog/detail.php?id=634


============================
《プログラムご案内》


「"ストリートチルドレン"って言葉、聞き飽きたな」。
 かつては、世界の社会課題の代表的イシューだった"ストリートチルドレン"ですがこの10年でGoogle検索数も5分の1に減るなど、日本社会における注目度はかなり減少しています。話題に上がらなくなったから、問題は解決されたのでしょうか?答えは、「No」です。
 貧困国の現場ではストリートチルドレンの問題は減っておらず、10年前と全く変わらず世界の大きな問題です。世界1の人口密度を誇る貧困国バングラデシュで、現地バングラ人と共に立ち上げたNGO"エクマットラ"の一員として、常にストリートチルドレンの目線に立ちながら草の根活動を続けている、NGOエクマットラが今回の支援先です。

エクマットラは、2002年にダッカ大学の学生ら5人で立ち上がげたNGO。創業者の1人が日本人の渡辺大樹さんです。 バングラデシュ人との遜色ないベンガル語を駆使してバングラデシュをこよなく愛する日本人でもあり、外国在住者で彼ほどその国に溶け込んでいる日本人を知りません。 そのエクマットラは貧富の差が激しいバングラデシュの多くの人々がストリートチルドレンへの問題意識を余り持っていない中で、スラム街での最初の活動が子供への「青空教室」でした。
2004年にはバングラ人と共にバングラデシュ語で「皆が共有できる、一本の線」という意味のNGO "エクマットラ"を立ち上げ、?貧困層に対する教育 ?裕福層に対する啓蒙活動 の2軸を活動の中心に据え、格差の両極端を結ぶ一本の線になるべく14年間、草の根の現場で駆け抜けています。

 エクマットラの主たる事業は、シェルターでの保護や青空教育を初めとする多角的な教育活動と、裕福層への啓蒙を目的とした映像制作事業(映画製作)です。
バングラデシュの現地にはびこる、吐き気をもよおすような不平等。アリ地獄に入り込んだアリのように、生まれた場所がスラムだったというだけで、懸命にあがいても虚しく,報われないダッカに住む少年の姿を描いた映画「アリ地獄のような街」は、バングラデシュ国内のみならず日本でも大変な反響を呼びました。渡辺大樹さん自身も若者版国民栄誉賞である、「人間力大賞」を受賞するなど、日本社会にも広く認知されています。


 2016年は、エクマットラにとって特別な年になりました。日本でいうところの、基礎学力レベルの教育を施してもなかなか給料の良い職業につくのは難しいという現状の中で、これから増えていくIT,映像制作などの、ホワイトワークにつけるように職業訓練を行う全寮制「エクマットラアカデミー」が長年の構想の末に、とうとう開校したのです。
 エクマットラのスタッフ達が持つような良質なリーダーシップを引き継いだ人材が、1人1人貧困層から抜け出して行くという目標に向けた、大きな一歩となりました。

 バングラデシュに限らずに多くのアジアの開発途上国で見られるのですが、子どもたちへの教育が過剰にヒートアップをして親たちは一生懸命にお金を教育につぎ込む一方で、教育の内容が日本の受験の比ではないほどに詰め込み方式の教育を実施しています。
 更に問題なのは、子どもたちが使う教材の多くは文字も小さく、色もなく非常に分かりづらく子供たちが理解をしずらく学びずらいものになっています。 子どもたちが学校に来なくなることの大きな要因の一つに、勉強についていけなくなっていくことが挙げられます。
 エクマットラはこの課題解決のために、自分たちの保有するアカデミーで実際行われる授業と連動をしながら、実際にバングラデシュの教育業界に一石を投じるべく教材作成の新規事業をスタートすることとなりました。
 エクマットラの強みは映像制作であり、映像とも連動させたクオリティの高いバングラデシュの教育を変えるような教材制作会社を目指します。教材を製作→販売していくことは社会的にもとても意義のあることです。
 この新規事業の0からの立ち上げ、バングラデシュ市場の綿密なマーケティング調査と教材市場の開拓、ビジネスモデルの構築をどう達成させるのかが今回のミッションです。

===============================
《現地パートナー》
渡辺 大樹 エクマットラ顧問
1980年生まれ 神奈川県出身。 エクマットラ顧問。
2010年 内閣府:人間力大賞受賞(青年版国民栄誉賞)。
金沢大学文学部在学時にはヨット部に所属し、2001年12月、部活動最後の
国際ヨットレースに出場するためタイ国プーケットを訪れた際に、
移動中のバスから目にしたスラムの光景に衝撃を受ける。
2002年単身、世界最貧国の一つであるバングラデシュに渡る。

2004年にストリートチルドレン支援・啓発を目的とした民間活動団体
「エクマットラ」を現地の仲間と共同で設立。
ストリートチルドレンの教育のために「青空教室」の実施や、
住居の無い子供達の共同生活の場である「シェルターホーム」を作り
社会復帰の準備を行う等、ストリートチルドレンに対する支援活動を行っている。

また2016年にエクマットラ顧問として、ストリートチルドレンに対し技術・職業訓練を施すための施設 「エクマットラアカデミー」を設立。

NHK「ミッション」を始めとしてテレビなどでも近年多く取り上げられ
その動向は注目される。

https://www.youtube.com/watch?v=shQHPMGcT6U


投稿者: ywca-office 投稿日時: 2016-5-25 11:24:00 (350 ヒット)

ユースが企画・運営する ユースによる ユースのための国際プログラムです!

日韓ユース・カンファレンスは、日本と韓国のユース(30歳以下)が寝食を共にしながら、日韓で共通する問題に対し一緒に取り組む草の根の対話・交流プログラムです。1993年に初めて開催されて以来、韓国・日本を毎年交互に会場として、平和を創造するユースのリーダーシップ育成に貢献してきました。今年は韓国・釜山にて、「核のない世界へのエネルギー転換」をテーマに、フィールドワークやディスカッションを行います。福島第一原子力発電所事故を受けて、1号機の廃炉を決定した古里(ゴリ)原発への訪問や、地元住民の方との面会、エネルギー自給の取り組みを行っている烟臺(ヨンデェド)島の見学などがプログラムに含まれています。参加者は対話を大切にしながら、国際的な視野と経験を身に着けつつ、原子力発電およびエネルギーのあり方について考えを深めていきます。
韓国のユースとの出会いや、原発やエネルギーに関する学びは、あなたの世界を更に広げてくれることでしょう!今夏は日韓ユース・カンファレンスに参加して、貴重な経験をしてみませんか?

【日程】2016年8月1日(月)?4(木)

【開催地】韓国・釜山

【テーマ】「核のない世界へのエネルギー転換」

【プログラム内容】(予定)
・8/1(月)日本出発・釜山空港到着/歓迎イベント
・8/2(火)釜山YWCA訪問/アイスブレーキング/基調講演/古里(ゴリ)原発訪問、現地住民の方との面会/ナショナルレポート発表
・8/3(水)烟臺島(ヨンデェド)(エネルギー自給の島)見学/文化交流
・8/4(木)核のない世界にむけたワークショップ/フリータイム/帰国

【対象】
*18歳以上30歳以下の方(高校生はご相談ください。)
*事前学習会(7月9日(土)?10日(日) 於・東京)と本プログラムに参加できる方
(事前学習会では、テーマに沿って現地で行うプレゼンテーションの準備と、交流に備えた勉強会の時間が持たれる予定です。 )
*原発・環境問題、平和に関心があり、相手の文化を尊重し、理解しようとする方

【定員】17名

【参加費】3万円
(現地宿泊費・食費・プログラム費、保険料を含む。韓国への渡航費は自己負担となります。事前学習会への出席については、遠方の方には交通費の補助あり。)

【申し込み締切】2016年6月30日(木)

【申し込み方法】
以下のページから申込書をダウンロードおよび記入し、下記の連絡先にメール・Fax・郵送でお送りください。
http://www.ywca.or.jp/whatwedo/nikkan.html

【連絡先】 日本YWCA (担当:小笠原・山口)
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1?8?11 東京YWCA会館302号室
TEL: 03?3292?6121
FAX: 03?3292?6122
E-mail: office-japan@ywca.or.jp
HP: http://www.ywca.or.jp/home.html


投稿者: SOM_PR 投稿日時: 2016-5-16 13:52:31 (272 ヒット)

 8/31 はじめてのフィールドワーク in 南インド




 「実務者向けの研修はちょっと敷居が高いけど、ムラのミライのプロジェクト地を訪れてみたい」
「国際協力活動とかフィールドワークってどんなことをするんだろう?」
「初心者だからこそ、きちんとした方法論に基づいてフィールドワークを学びたい」
という方のためにおススメのツアーです。五感をフルに使って、都市と農村の現状を知り、そこに暮らす人たちから話を聞き、地域づくりや国際協力について考えます。

国際協力に関心を持ち、実際に使えるスキルを身につけたい社会人・大学院生・大学生
途上国・新興国でのフィールドワーク・プログラムやグローバル人材育成プログラムの企画運営を担う実務者の方におススメです。




【主催団体】特定非営利活動法人 ムラのミライ
【期間】2016年8月31日(水)から2016年9月6日(火)
【場所】インド アーンドラプラデシュ州 スリカクラム県農村部/ビシャカパトナム市
【費用】168,000円
★ムラのミライ会員/サポーターの方は、参加費が20%割引となります(割引33,600円)
【定員】6名



ムラのミライがこれまでに対話型ファシリテーションを駆使して組み立て、実践したプロジェクト地を訪れます。都市(ビシャカパトナム市)では、スラムに暮ら す女性たちが立ち上げ、運営する信金「VVK」が舞台です。農村(スリカクラム県)は、誰かの支援に頼りっきりにならず、自分たちで森や水を管理しながら 農業を続ける村の人たちに会いに行きます。


詳しい情報、申し込みは下記URLをご参照ください
http://muranomirai.org/trg2016bgindia



特定非営利活動法人 ムラのミライ
兵庫県西宮市城ケ堀町2-22 早川総合ビル3F
TEL&FAX:0798-31-7940
mail:consul@muranomirai.org
HP:http://muranomirai.org/


投稿者: SOM_PR 投稿日時: 2016-5-16 12:31:24 (257 ヒット)

8/11フィールドワーク入門@ネパール
?農村から見る都市、都市から見る農村?

 「実務者向けの研修はちょっと敷居が高いけど、ムラのミライのプロジェクト地を訪れてみたい」
「国際協力活動とかフィールドワークってどんなことをするんだろう?」
「初心者だからこそ、きちんとした方法論に基づいてフィールドワークを学びたい」
という方のためにおススメのツアーです。森林衰退が著しいネパールの中でも、特に首都カトマンズ近郊の山間地域である、マカワンプール郡の農村を訪れます。五感をフルに使って、農村の現状を知り、そこに暮らす人たちから話を聞き、地域づくりや国際協力、そして都市と農村との関係性について考えます。


講師:前川香子 (ムラのミライ 事務局次長/海外事業チーフ)


 国際協力に関心を持ち、実際に使えるスキルを身につけたい大学生・大学院生・社会人、途上国・新興国でのフィールドワーク・プログラムやグローバル人材育成プログラムの企画運営を担う実務者の方におススメです。



【主催団体】特定非営利活動法人ムラのミライ
【開催期間】2016年8月11日(木)?2016年8月17日(水)
【場所】ネパール カトマンズ市およびマカワンプール県ヘタウダ市
【旅行代金】168,000円
★ムラのミライ会員/サポーターの方は、参加費が20%割引となります(割引33,600円)
【定員】6名(※2016年7月12日〆切6名に達した時点で募集を締め切ります)


「こういうことをすれば良いんじゃない?」「こういうモノがあれば良くない?」という解決策(のようなもの)を即席で見つけるようなツアーではありません。「それってホントに困っていること?」「それってどういうこと?」というギモンを解き明かす方法を学べるツアーです。メタファシリテーション(対話型ファシリテーション)手法の実際の使い方も、講師のデモンストレーションで見ることができます。

申し込み等の詳細は下記URLをご参照ください
フィールドワーク研修



 特定非営利活動法人 ムラのミライ
兵庫県西宮市城ケ堀町2-22 早川総合ビル3F
TEL&FAX:0798-31-7940
mail:consul@muranomirai.org
HP:http://muranomirai.org/


投稿者: ganas 投稿日時: 2016-5-4 17:41:05 (364 ヒット)

取材はその国を深く知る手段です。

アウンサンスーチー氏率いる国民民主連盟(NLD)が政権をとり、文民政権が54年ぶりに誕生したミャンマー。アジアでいま最も注目を集める国です。そんな国を、「民主化で沸くミャンマー」といった紋切型ではなく、いろんな切り口で取材してみませんか? メディアが報じない何かがきっと見えてくるはずです。

途上国・国際協力の専門メディア「ganas」が主催する「基礎ジャーナリスト講座 in ミャンマー(第二弾)」では、あなた自身が直接、さまざまな人・コトを取材し、記事を書き、ganasのウェブサイトで発信します。ganas編集長が同行し、視点のもち方から取材の仕方、記事の書き方までをマンツーマンでお教えします。

途上国の知識をダイレクトに得られるのはもちろん、4つのスキル(発見力、質問力、考察力、文章力)の向上も目指します。途上国での取材をベースとする、日本で唯一の実践的記者インターンシップです。

「基礎ジャーナリスト講座」の開催は今回が10回目。これまでにミャンマー・ヤンゴンで4回、フィリピン・セブで4回、ベトナム・ハノイで1回実施しました。参加者は総勢53人(18?58歳)。観光なしと内容はハードですが(講座の前後に自費で観光していただくことは自由です)、自分をレベルアップさせる絶好のチャンスとなります。

*ミャンマーはこの夏、この第二弾のほか、第一弾(9月4日?9月10日)もあります。第一弾の詳細は下まで。
https://www.facebook.com/events/351677458290053/

■概要
◎行き先:ミャンマー・ヤンゴン
◎期間:2016年9月11日(日)?9月17日(土)
*9月11日に現地集合(ヤンゴン国際空港でお迎え)、9月17日夕方に現地解散、6泊7日
◎料金:社会人16万8000円、学生14万8000円
*渡航費やビザ代、保険代は含みません
*含まれるもの:宿泊費、食費、現地での移動費(帰りのホテル⇒空港は除く)、講習費
◎〆切:2016年8月1日(月)
*7月1日(金)までのお申し込みは1万円割引!(入金が完了していること)
*ご友人おひとりご紹介につき3000円キャッシュバック!(紹介した方のみに適用されます)
◎主催:特定非営利活動法人開発メディア(ganasの運営団体)
◎お問い合わせ先:devmedia.ganas@gmail.com 
◎ウェブサイト:http://www.ganas.or.jp/
◎フェイスブック:https://www.facebook.com/devmedia.net/

!詳細は下まで!
https://www.facebook.com/events/254504151568800/
説明会も開いています


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 48 »
NGO network Japan