ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
投稿者: ArcJapan1994 投稿日時: 2022-12-16 10:22:50 (161 ヒット)

 ルワンダという国をご存知ですか?1994年にルワンダでジェノサイドが起こった頃はまだ生まれていなかった私たちがですが、これまでルワンダの平和構築、子どもたちの教育支援に携わってきました。そんな私たちがなぜこの活動を行っているのか、皆さんの疑問にお応えしながら、国際協力について語り尽くしましょう!!
 もちろん、ルワンダについて知らなくても問題ありません!少しでも興味がある方是非是非ご参加お待ちしてます!

↓こちらよりお申し込みお願い致します↓
お申し込みフォーム
キャンペーン特設ページ


投稿者: TVAC 投稿日時: 2022-12-15 10:44:22 (169 ヒット)


「市民社会をつくるボランタリーフォーラムTOKYO」は、暮らしに関わるさまざまな社会課題に焦点をあて、
それを共有し、私たち市民にできることを考えていくためのイベントです。このイベントは、2004年から開催
してきました。

今年度のテーマは「Think・Act・Smile」。3日間で19の分科会を行います。
みなさまのご参加をお待ちしております!

日  時:2023年2月10日(金)‐12日(日)
開催方法:会場(飯田橋セントラルプラザ)及びオンライン(Zoom)一部フィールドワーク有
参 加 費:1分科会1000円
     高校生以下、または18歳未満の方は無料
申込方法:ボランタリーフォーラムホームページからお申込みください。
     定員になり次第締め切ります。
企画運営:市民社会をつくるボランタリーフォーラムTOKYO2023実行委員会
主催・お問合せ:東京ボランティア・市民活動センター
        新宿区神楽河岸1‐1セントラルプラザ10階(地下鉄飯田橋駅直結)
        TEL:03-3235-1171
        FAX:03-3235-0050
        フォーラムホームページ:市民社会をつくるボランタリーフォーラムTOKYO2023
        市民社会をつくるボランタリーフォーラムTOKYO2023


投稿者: cff 投稿日時: 2022-12-12 23:20:43 (291 ヒット)

CFFマレーシアがボルネオ島サバ州で運営する児童養護施設「子どもの家」に滞在し、
国際協力やSDGs、5ケア*を実践しながら学べるプログラムです。
現地CFFマレーシアや、政府教育機関、その他NGO等と連携し、
できるだけ参加者の方のリクエストに応じた個別インターンプログラムを提供します。
(*5ケア= 自分、他者、環境、社会、未来をケアすること)

英語で生活しながら異文化体験をしたい!
新しい自分に出逢いたい!
自然農法と暮らしに関心がある!
青少年育成に関心があり、東南アジアの福祉や教育から学びたい!
そんな方にオススメです!

<期間>
2/27(月)ー3/28(火)(30日間)

<参加条件>
・満15歳で心身ともに健康であること
・相談会に参加できること

■詳しいプログラム資料はこちら

■相談会参加申し込みはこちら
※インターン留学へのお申し込み前に、マッチングのために相談会への参加が必須となります。

■団体HPはこちらから!


投稿者: ayus 投稿日時: 2022-12-12 17:19:15 (163 ヒット)

SDGs(持続可能な開発目標)が目ざすのは、社会の改革。公平で、誰しもが安心して幸せに暮らせる社会にしていくためには、社会システムはもちろん、ひとりひとりの心や価値観の変革が求められます。
 「変わる」ことは決して楽なことではありません。そこに生まれる「痛み・軋轢」を見つめながらも、社会を変えること、心や価値観を変えていくことを、仏教者や教育に携わるNGOの活動から考えます。

【日時】2022年12月17日(土)15:00-17:30
【会場】オンライン(Zoomミーティングを使用)
【プログラム】
◎基調講演 釈徹宗さん(相愛大学学長・僧侶・アーユス専門委員)
◎パネルディスカッション
 竹本了悟さん(僧侶・TERA Energy 株式会社代表取締役)
 中村絵乃さん(NPO法人開発教育協会事務局長)
 釈徹宗さん
【参加費】無料(寄付歓迎)
【申込方法】Peatixかメールフォームのいずれかの申込フォームからお申し込みください。もしくはメール(event@ngo-ayus.jp)に、お名前・メールアドレス・緊急連絡先を記載の上、お送りください。
(Peatix)https://sdgs-ayus.peatix.com
(フォームメーラー)https://ssl.form-mailer.jp/fms/1b0f7dfa765663   

<登壇者プロフィール>
○釈徹宗さん(相愛大学学長・僧侶・アーユス専門委員)
 相愛大学学長。宗教学者。浄土真宗本願寺派如来寺住職。NPO法人リライフ代表。宗教思想や宗教文化の領域において、比較研究や学際研究を行っている。論文「不干斎ハビアン論」で涙骨賞(第5回)、著書『落語に花咲く仏教 宗教と芸能は共振する』で河合隼雄学芸賞(第5回)、仏教伝道文化・沼田奨励賞(第51回)を受賞している。

○竹本了悟さん(僧侶・TERA Energy 株式会社代表取締役)
 奈良県浄土真宗本願寺派西照寺住職。防衛大学校卒業後、海上自衛隊に入隊するが道に迷い退官。龍谷大学大学院で救済論について研究。浄土真宗本願寺派総合研究所研究員として宗教者の社会貢献をテーマに実践的に研究し、2010年に10人の仲間と京都自死・自殺相談センターを設立、代表をつとめている。2018年、研究所を退職、4人の僧侶でTERA Energy株式会社を起業、代表取締役に就任。

○中村絵乃さん(NPO法人開発教育協会事務局長・アーユス理事)
 大学卒業後(財)横浜YMCA勤務の後、英国ヨーク大学大学院でグローバル教育の実践を学ぶ。2000年より開発教育協会・事業担当。2006年より1年間、国際交流基金日米センターのフェローとしてニューヨークのNPOで「対立解決教育」を学ぶ。2008年4月より現職。社会的課題を考え、持続可能な社会をつくる教育(開発教育・ESDなど)の実践・研究を行なう。主な著書『非戦・対話・NGO』(2017)(新評論、共著)、『SDGsカリキュラムの創造』(2020)(学文社、共著)など。


投稿者: PARC 投稿日時: 2022-12-8 18:26:46 (178 ヒット)

2022年12月20日(火)18:10?20:50

於:連合会館401会議室 + オンライン

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■

復帰50年を迎えた2022年、沖縄では辺野古の新基地建設と南西諸島への自衛隊配備・軍事化が急速に進められています。
PARCではこの度、土木工事の専門家の視点から沖縄の基地建設問題にかかわる奥間政則さんをお迎えし、辺野古と軍事強化される琉球弧(南西諸島)の最新状況をお話いただきます。

コロナ禍でなかなか現場に赴くことが難しい中、辺野古、そして琉球弧(南西諸島)で何が起こっているか、現場からの最新報告を聞き、私たちにできることを考えていきましょう。

オンライン配信・見逃し配信も予定していますので大勢の方のご参加をお待ちしております。


■奥間政則(おくま まさのり)さんプロフィール
沖縄県大宜味村在住。 1級土木施工管理技士。1965年 鹿児島県名瀬市(奄美大島)生まれ。2015年の県民大会参加、基地反対運動をしている知人の紹介などから基地建設反対運動にかかわるようになる。 工業高校で土木を学び、30年近く現場の責任者として土木工事に携わってきた経験を活かして辺野古や高江の現場で、技術的な視点で防衛局の工事の問題点を指摘しながら反対運動にかかわっている。2018年からは工事の実態を記録調査するため、ドローンでの撮影も始めた。

詳しいプロフィール:
http://www.parc-jp.org/event/okuma-profile.pdf

【日時】
2022年12月20日(火) 18:10?20:50
※当日は講演の模様を録画し、見逃し配信を可能にする予定です

【会場】
連合会館401会議室 あるいは Zoomにてオンライン参加
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3丁目2?11/東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」 B3出口(徒歩0分)

【参加費】
会場参加・オンライン参加ともに
1000円


【申し込み方法】
以下のウェブサイトを通じて「オンライン参加」「会場参加」のいずれかをドロップダウンリストより選択してお申し込みください。
「申し込みリストに追加する」ボタンを押していただいた後に、ページ最上部に表示されるショッピングカーのアイコンをクリックしていただくことで決済画面に進めます。
お支払い方法はクレジットカード決済、Paypal、銀行振込などご利用いただけますが、銀行振込の場合は締切までに入金が完了できるよう、日数に余裕をもってご入金ください。

https://www.parcfs.org/store/products/okinawa20221220


※申し込み締切:2022年12月18日
※新型コロナウイルス感染症対策のために事前の支払いと人数把握にご協力ください
※会場参加を希望された方にはオンラインでの参加リンクもお送りしますので、当日発熱などで来場が困難になった場合はオンラインにてご視聴ください
※感染症対策のため、会場での参加は定員50名までとさせていただきます。定員を超えるお申し込みをいただいた場合は「キャンセル待ち」とさせていただきますので、会場参加でお申し込みの上、来場ができなくなった際には必ずご連絡いただきますようお願いいたします。


【主催・お問い合わせ】
特定非営利活動法人アジア太平洋資料センター(PARC) 担当:高橋
〒101-0063
東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
電話:03-5209-3455
FAX:03-5209-3453
office@parc-jp.org

※職員の大部分はテレワークにて勤務しているため、ご連絡はなるべく電子メールにてお願いいたします


投稿者: AJF 投稿日時: 2022-12-8 16:07:38 (151 ヒット)

東京外国語大学で、アフリカにルーツをもつ若者をテーマにした短編映画3点の上映会とトーク・ミニコンサートイベントを行います。
今回のイベントには、若き映像作家で、今回上映する作品すべてに携わっているアフリカンキッズクラブの三浦アークさんをゲストにお迎えします。

【日時】:2022年12月24日(土)15:00開映(14:30開場・17時00終了予定)
【会場】:東京外国語大学 アゴラ・グローバル プロメテウス・ホール
     (東京都府中市朝日町3-11-1
     https://wp.tufs.ac.jp/tufscinema/contact/)
【料金】:無料
【定員】:250名(先着順)
【申し込み】登録フォーム --> https://forms.gle/WS48ZthyCqkLLKVG6

【プログラム】
 司会:森聡香(国際社会学部4年)/ 石川康平(国際社会学部1年)
・趣旨説明:大石高典
・自主制作映画/ドキュメンタリー 本編上映
 『 エミリーとブレーキ―』(20分、日本語・英語)
 『 Ark & Maya: All Mixed Up』(15分、日本語・英語)
 『 Hair -小さい頃髪が大っ嫌いだった自分へ-』(5分、日本語)
・トーク
 登壇者: 三浦アーク、制作・出演メンバー、東京外国語大学ほか学部学生・大学院生(留学生含む)
・ミニコンサート
・ 展示(開場前後、ロビーにて)

【詳細・作品のあらすじ】 https://wp.tufs.ac.jp/tufscinema/2022/11/04/221224/
【お問合せ】:東京外国語大学 広報・社会連携室 TUFS Cinema担当
   TEL:042-330-5867
   https://wp.tufs.ac.jp/tufscinema/

【主催】:『エミリーとブレーキー』自主上映実行委員会、TUFS Cinema
【後援】:東京外国語大学国際社会学部アフリカ地域専攻、現代アフリカ地域研究センター、NPO法人アフリカ日本協議会
【協力】:アフリカンユースミートアップ、アフリカンキッズクラブ、東京外国語大学多言語多文化共生センター


投稿者: JICA_PARTNER 投稿日時: 2022-12-6 23:15:23 (163 ヒット)

こんにちは!PARTNER事務局です。

学生・第二新卒(転職活動をする若手求職者)の方に向けたイベント、
『グループキャリア相談会』を12月16日(金)に開催します!

前半は、国際協力業界の仕事と現在のトレンド、そして具体的なJICA職員の体験談の発表、
後半は、小グループに分かれて、ご自身の進路・キャリアに関するお悩みについて、
ベテランのJICA職員と相談、及びグループ内で意見交換・ディスカッションをするというプログラムになっています。
当日ご参加いただいた方には、プレゼントもございます!

過去の参加者の方からは、
「今後のキャリアプランの参考になった」
「具体的なイメージを得ることができた」
「同じ悩みを持っている人の意見も参考になった」とご好評をいただいております。

国際協力業界への就職を目指している、国際貢献に携わりたいなど、
ご自身の進路・キャリアにお悩みをお持ちの方におススメです!
是非、この機会に相談会に参加してみませんか?

※グループキャリア相談会は終始オープンな場での相談・質疑応答となります。
 個別質問はできかねますので、あらかじめご了承ください。
※選考に係るご相談、具体的なお仕事のご紹介は行っておりません。

===【概要】===
■日時:2022年12月16日(金)18:00?19:45予定
■開催形式:Zoomにて配信予定
■定員:20名程度 ※先着順
■参加費:無料
■参加申し込み期限:2022年12月9日(金)※定員に達し次第受付終了

■プログラム(今後変更の可能性有り)
18:00?18:10 イントロダクション
18:10?18:40 「国際協力を仕事にする」JICA職員による講義
18:50?19:45 小グループに分かれての相談会
■想定される参加者の方(下記のご関心・ご経験が有る方のご参加を推奨します)
(1) 開発途上国が直面している分野課題、もしくは開発途上国の特定の地域について具体的な関心がある方
(2) 上記(1)の関心事項について何かしら具体的なアクションをしたことがある方(勉強・資格・ボランティア等)

▼▼お申し込みはこちら▼▼
<未登録の方>
以下URLより国際協力人材登録を進めたうえで参加申込をお願い致します。
http://partner.jica.go.jp/RegistrantUserTermsOfService?id=button

<PARTNER 国際協力人材登録の方>
ログインいただくと表示される「この案件に応募する」ボタンを押下頂き、以下手順にて事前参加申し込みをお願いいたします。
(1)PARTNERへログイン
https://partner.jica.go.jp/PartnerLogin
(2)以下URLをクリックし申し込みページへ移動
https://partner.jica.go.jp/TrainingSeminarDetail?id=a0S2t00000KjuHWEAZ
(3)「この案件に応募する」ボタンをクリック
(4)「応募書類添付画面へ」をクリック
(5)チェックボックスにチェックのうえ、「応募」をクリック
※提出書類等はございませんので添付は無しで手順を進めてください。
※応募ボタンを押した後に移る応募フォームにある「相談内容」に相談したい内容をご記入ください。(入力必須)800文字まで入力が可能です。未入力の場合は選考外とさせていただく場合がございます。
※相談会準備のため、申し込み前に『登録内容の更新』より登録分野/業務経験・語学力・学歴・職歴などの情報更新を完了させてください。

<簡易登録の方>
申し込みにはPARTNER国際協力人材登録が必要となります。
ご応募いただく前に、マイページ内の右側サブメニュー『国際協力人材登録申請』よりお手続きをお願いいたします。
https://partner.jica.go.jp/PartnerLogin
==========

皆様からのお申し込みをお待ちしております!

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 発信元:PARTNER 】
(独)国際協力機構 PARTNER事務局
https://partner.jica.go.jp/
E-mail:jicahrp@jica.go.jp
PARTNER Facebook: https://www.facebook.com/jicapartner/

Copyright(C) Japan International Cooperation Agency
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


投稿者: AJF 投稿日時: 2022-12-6 16:00:59 (189 ヒット)

2022年のカレンダーも残すところあと一枚になりました。アフリカ日本協議会では現在、7名の「アフリカのニュース収集・分析インターン」が活躍し、日本語で報道されたアフリカ諸国に関連するニュースを集計して立命館大学生存学研究所の「アフリカ」ページに掲載しています。毎月500本以上のニュースがアーカイブされています。

今年の交流会では、そんな膨大なニュースの中から、インターンの皆さんに「私の気になったニュース5選」を発表してもらいます。日本ではどのような報道があり、どんなニュースがインターン生の心に残ったのでしょうか? 皆さんの「気になったニュース」は入っているでしょうか?

アフリカ関連ニュースは気になるけど、忙しくて追いかけられていない、という方には1年分のキャッチアップにもなるかもしれません。ぜひ、一緒に1年分のアフリカ関連ニュースを通して、アフリカに関する日本の報道、アフリカと日本の市民交流など、多彩なテーマを議論し、2022年を振り返りましょう。

【日時】:2022年12月18日(日)午後7時?8時30分
【形式】:オンライン
【参加費】:無料
【参加対象者】:どなたでも(アフリカ日本協議会会員に限りません。ぜひ、ご関心のありそうな方や、インターン生と同世代のお知り合いにもお声かけください)
【申込】:下記のお申し込みフォームにご記入のうえ送信してください。
https://forms.gle/u5pFaKEbawt4KA128
【主催】:アフリカ日本協議会

※交流会は飲食等もご自由ですので、気楽に参加してください。


【問い合せ】:アフリカ日本協議会
東京都台東区東上野1-20-6丸幸ビル3F 
電話:03-3834-6902(代表) 
メール:info@ajf.gr.jp


投稿者: GoodNeighbors 投稿日時: 2022-12-6 13:30:15 (345 ヒット)

※〆切を変更しました

認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパンは、世界40カ国において国連機関等と連携して、困難な状況にある子ども達を対象に支援活動をしている国際NGOグッドネーバーズ・インターナショナルの日本メンバーです。この度当団体は、海外事業部のバングラデシュ駐在員を募集します。

《募集要項》
【ポジション】■海外事業部(契約職員) バングラデシュ駐在員 1名

【期間】2023年1月下旬頃から1年間(契約職員)
※勤務開始時期応相談。期間満了後は労使合意のもと更新の可能性あり。団体の業績・勤務態度等を考慮の上勤務3年目から正職員転換の可能性あり。

【職務内容】日本NGO連携無償資金協力事業(N連)の駐在員として、以下の業務に従事いただきます。本事業は、サイクロンの被害を受けやすい対象地(バングラデシュ・パトゥアカリ県カラパラ郡)において、現地コミュニティが主体的に防災能力を高めることで、住民が安心して生活できる環境づくりを目指すものです。
・現地住民や行政と協働の上、住民の防災意識向上や避難施設の整備にかかる活動を実施
・予算管理、会計処理、信憑書類整理、事業進捗管理、現地スタッフ管理、報告書作成
・現地政府機関、日本大使館、現地提携団体との調整
・国連等の国際機関、NGO等との関係構築
・新規事業案件形成、資金調達、N連等助成金の申請書作成
・広報素材調査・収集
・その他必要な業務

【待遇】当団体規定による(例:経験者30歳 基本給37万円前後)
現地宿舎無償提供。社保完備。

【勤務地】プロジェクト事務所(バングラデシュ・カラパラ郡)
※一時帰国中等日本国内滞在時は、フルリモート・フレックス勤務可

【応募必須条件】・学士の学位を保有
・原則1年以上の国際協力分野での実務経験
・業務を遂行可能なレベルの語学力(日本語および英語)

【審査過程での加点項目】・途上国駐在経験
・N連事業従事経験
・ドナー資金による事業の運営管理、事業・会計報告書作成の経験
・途上国における開発/緊急支援事業でのプロジェクトマネジメント経験

【選考日程】2022年12月22日 日本時間23:00応募締切 (ただし適任者が決まり次第締切)
― 書類審査
ー 適性検査(事務作業適性検査)・課題提出(作文)
― 適性検査(就業適性検査)
― 1次面接
― 2次面接
― 最終選考結果通知

【応募書類】いずれも書式自由
1.履歴書(日本語・写真不要)
2.職務経歴書(日本語)

【応募方法】上記書類2点を下記メールアドレスへお送りください。担当:二階堂
件名を【バングラデシュ駐在員応募】としてください。
gnj-recruit@gnjp.org
送信後5営業日以内に当団体より受け取りの連絡がない場合は迷惑メールボックスを確認の上、ご連絡ください。

※必ず当団体のホームページをご覧の上、ご応募ください。
https://www.gnjp.org/recruit/20221115_iij/


投稿者: ganas 投稿日時: 2022-12-6 9:34:48 (180 ヒット)

途上国に特化したメディアであるganasは12月16日と23日の2回(いずれも金曜日の夜19?21時)、カーストについて、ひとりのインド人青年(日本語を話します)から本音を聞き、それをもとにディスカッションし、カーストについて可能な限り深く考える本プログラムを開講します。

「タブーなしのカースト講座」が目指すところは、カーストがインドの社会・政治・経済に与えるインパクトの大きさ、幅の広さをまずは知っていただくこと。次に、それについて少人数でのディスカッションを交えながら、深く考え、自分なりの見方・意見をもっていただくこと。もちろん正解なんてありません。

インドでは、カーストが低い人たちを優遇し、カースト差別を是正しようとする措置(「留保制度」と呼びます)があります。具体的には、カーストが低い人たちに「優先枠」を設け、大学に入りやすくしたり、公務員になりやすくしたりしているわけです。

社会的に差別されてきた/いる人たちを優遇する――。これ自体は必要なこと。ですが制度で解決しようとしても、制度そのものが完璧に機能することはありません。別のさまざまな問題を引き起こしている側面があるのもまた事実です。

「タブーなしのカースト講座」では、カーストを4つのトピックに分け、それぞれについてインド人青年に日本語で体験を語ってもらい、その後、参加者でディスカッションします。

4つのトピックは下のとおり。

?インドの大学受験では、点数が高い上位カーストの人が落ち、点数が低い下位カーストの人が受かりやすい現実がある。これをどうとらえるか?

?インドの政治家が選挙に勝つために公約によく掲げるのは「下位カーストに対する優遇措置の拡大」。これはありかなしか?

?カーストの逆差別(留保制度のこと)から逃れるため、優秀なインド人(上位カースト)が海外に出ていく。頭脳流出はインドの発展にとって良いことか?

?カースト制度/留保制度は結局、インド人を幸せにするのか?

4回のディスカッションを通して考えていただきたいのは、カーストの問題を起点に、平等とは何か(集団でとらえるか、個人でとらえるかによっても変わりますよね?)、民主主義とは何か(少数派の意見が無視されるということ)などです。持続可能な開発目標(SDGs)が掲げる「誰ひとり取り残さない」はどう達成すべきなのか。

昨年、今年とコロナ禍を受け、大きく停滞した世界。来年こそは世界も、また皆さんも大きく飛躍するために、1年の締めくくりに人権問題についてまじめに話し合うのも良いかもしれません。人権問題はカーストだけではありませんから。

会場
JICA地球ひろば
(東京都新宿区市谷本村町10-5 、最寄り駅は市ヶ谷)
https://www.jica.go.jp/hiroba/about/map/index.html

*部屋は参加が正式に決まった方へお知らせいたします
*オンライン開講ではありません。間違いないようお気を付けください

「タブーなしのカースト講座」の日時と簡単な概要
12月16、23日の2日間(いずれも金曜日)。時間は午後7?9時。概要(予定)は下のとおりです。

【12月16日(金)19:00?21:00】
19:00     開始
19:05?19:25 アトレーさん話題提供(テーマ?インドの大学受験では、点数が高い上位カーストの人が落ち、点数が低い下位カーストの人が受かりやすい現実がある。これをどうとらえるか?)
19:25?19:45 少人数でディスカッション
19:50?20:10 アトレーさん話題提供(テーマ?インドの政治家が選挙に勝つために公約によく掲げるのは「下位カーストに対する優遇措置の拡大」。これはありかなしか?)
20:10?20:30 少人数でディスカッション
20:30?21:00 ディスカッションで出た意見や見方を全体でシェア、アトレーさんにコメントをもらう
21:00     終了

【12月23日(金)19:00?21:00】
19:00     開始
19:05?19:25 アトレーさん話題提供(テーマ?カーストの逆差別<留保制度のこと>から逃れるため、優秀なインド人<上位カースト>が海外に出ていく。頭脳流出はインドの発展にとって良いことか?)
19:25?19:45 少人数でディスカッション
19:50?20:10 アトレーさん話題提供(テーマ?カースト制度/留保制度は結局、インド人を幸せにするのか?)
20:10?20:30 少人数でディスカッション
20:30?21:00 ディスカッションで出た意見や見方を全体でシェア、アトレーさんにコメントをもらう
21:00     終了

*12月23日(金)の講座が終わった後に、市ヶ谷駅の近くの店で打ち上げを開く予定です。金曜の夜ですし、アトレーさんや他の参加者ともっとお話しませんか(実費はご負担ください)
*このプログラムは2日間のセットです。1回単独のお申し込みは現時点では受け付けません(カーストについて少しでも深く考えていただくことを目的としているため)
*グループディスカッションがメインのプログラムであるため、録画はしません。ご了承ください

「タブーなしのカースト講座」に参加すると得られる4大メリット
?教科書で学べない/インドに住んでも聞けないカーストの裏側を知れる!

留保制度をめぐりデモが起きていること、留保制度の拡大が政治の道具になっていること、優遇されたいからカーストを偽って下げる人がいること‥‥だけではなく、ひとりのインド人青年が本音を語ります。カーストのリアルを少しでも知ることはインドを少しずつ理解していく最初の一歩。世界の人権問題を学んでいる若者にお勧めです(「タブーなしのカースト講座」で得た見方・意見はさまざまな場面で使えます)。

?ディスカッションで、自分なりの考えを整理し、他人に伝える力を鍛えられる!

ディスカッションをする機会は4回。正解がない物事に対して、現実に起きていること(ひとりのインドの人の体験)をベースに、さまざまな情報を整理し、考え、自分なりの意見をもち、それを伝える力を鍛える場になります。カーストに代表される平等性/人権の問題はなにもインドだけの話ではありません。グローバル志向の大学生にとっては、就活でも必須のグループディスカッションの練習にもなります。

?途上国好きの多種多様な人たちとネットワーキングできる!

ganasのプログラムには毎回、10代後半の大学生から60代のベテラン社会人(国連職員やJICA職員、NGO職員、JICA海外協力隊OB・OGなども)まで、さまざまな方に参加していただいています。オンラインではなく、東京・市ヶ谷のJICA地球ひろばで開講する「タブーなしのカースト講座」は盛り上がること間違いなし。ディスカッションや二次会(打ち上げ)も楽しみですね。社会人にとっては情報交換の場に、学生にとってはキャリアを考えるきっかけの場になります。

?世界でプレゼンスが増していくインドと将来かかわるときに役立つ!

来年には中国を抜き、世界最大の人口を抱えることになるインド。インドを語るうえで絶対に避けて通れないのがカーストです。カースト制度の概要や歴史は専門書に書いてあっても(とはいえ複雑すぎて理解は難しい)、インド人の本音を知る機会はレア。大国インドとかかわるのは必須になってくるこれからの時代(いまの中国のようになる)、インド人を理解する準備をしておきませんか?

講師/話題提供者
アトレー・シュレヤス(Atre Shreyas)さん
インド西部の街プネー出身。埼玉大学教養学部を卒業し、現在は駒沢大学大学院で法律を学ぶ。日本で弁護士になることが目標。「カーストについて日本人の皆さんにもっと知ってほしい」がモットー。
★Instagram https://www.instagram.com/indian_in_japan/

こんな人にオススメ
・数年以内にインドに行くつもり。そのために前知識を得ておきたい!
・インドに行ったことがあるけれど、センシティブすぎてカーストについて聞けなかった。日本語で根掘り葉掘り聞ける貴重なチャンスだと思った!
・中国を抜き、世界で最も人口が多い国(しかも国民の平均年齢は28歳と若い)になる前途洋々のインドから、高齢化が進んで落ち目の日本にやってきたインド人に興味がある!
・カースト差別を是正する措置(留保制度)があるとは知らなかった。その中身と本音についてインド人からリアルに聞きたい!
・人権や平等、アファーマティブアクション(差別を是正する措置)について学んでいる。留保制度の「マイナス面」を知ることで、人権問題をより深く考えたい!
・将来は国際協力にかかわる仕事をしたい。ディスカッションを通して、人権に対する自分なりの見方・意見を言えるようになりたい!
・途上国に特化した非営利メディアganasや、途上国を盛り上げ途上国から学ぶコミュニティ「ganasサポーターズクラブ」の活動に興味がある!

費用
・一般&学生:3800円
・ganasサポーターズクラブのパートナー/サポーター:1800円

*このプログラムへのお申し込みと同時に、ganasサポーターズクラブに入会しても「ganasサポーターズクラブ」の料金が適用されます(この機会にぜひどうぞ!)
*受講者の都合で入金後に辞退されても返金いたしません。ご了承ください。

<ganasサポーターズクラブとは>
途上国・国際協力に特化した非営利メディアganasの応援団。大手メディアが海外支局を減らす傾向にあるなか、途上国の情報を10年以上にわたって無料で発信してきたganasの活動を支えていただいています。毎月1000円/2000円をサポートしていただく代わりに、ささやかなお礼として、ganasが企画するあまたのイベントや講座(ライティング系、言語系、深読み系、ディスカッション系)などに無料または割引価格で参加できます。また、途上国に関係するさまざまなプログラムの立ち上げや運営にもかかわれるので、そのノウハウを学べます。

定員
25人(先着順)

*大学生から社会人まで歓迎します。カーストの予備知識はとくに要りません
*お申し込みは受講料のご入金をもって完了いたします

申し込み方法
https://forms.gle/3mM4cBH6sRMo7AsE9 

*上のリンクをクリックして、申込書(グーグルフォーム)にご記入ください。完了されましたら、その旨を担当の吉河(southern_wind@ymail.ne.jp)にお知らせいただくと確実です(お申し込みの際にメールアドレスを誤って記入されますと、こちらからのメールが届きません)
*追って受講料の振込先を案内させていただきます
*お申し込みはご入金をもって完了します

締め切り
12月13日(火)

*定員に達した時点で締め切らせていただきます

主催
ganasサポーターズクラブ、NPO法人開発メディア(途上国に特化したメディア「ganas」の運営団体)

ウェブサイト:http://www.ganas.or.jp/
フェイスブック:https://www.facebook.com/ganas.or.jp
ツイッター:https://twitter.com/devmedia_ganas
インスタグラム:https://www.instagram.com/devmedia_ganas
ライン:https://page.line.me/ganas
代表メール:devmedia.ganas@gmail.com


投稿者: ACE 投稿日時: 2022-12-5 18:55:20 (201 ヒット)

認定NPO法人ACE(エース)では、一緒に働いていただけるスタッフを募集しています。世界中のすべての子どもに、「遊ぶ、学ぶ、笑う、あたりまえ」を実現するために、自分の能力や経験を活かし、イノベーションで世界を動かしたいという想いを持った方からのご応募をお待ちしております。


職名:広報&コミュニケーション担当
職種:広報・メディアリレーション・企画
主な業務内容
ACEの広報&コミュニケーション担当として、主に以下の内容を行う方を募集します。国連が定めたSDGs(持続可能な開発目標)は、2025年までに児童労働を撤廃する目標を設定していますが、達成が厳しい状況が続いています。そんな中、これまで以上に問題を日本の皆さま、そして世界の皆さまに子どもの権利や児童労働について知ってもらい、アクションや支援につなげていくポジションになります。

?メディアリレーション業務
・メディアとの関係構築
・メディアへの広報・企画
・取材対応、立ち会い、フォローアップ、クリッピング等
・プレスリリース作成
・記者会見
?広報
・広報戦略/計画の策定・実施、キャンペーン企画・実施
・記事執筆、各種コンテンツ企画・制作及びディレクション・編集
・ウェブサイトやSNSを通じた情報発信、効果測定
・イベント企画・運営 など

募集している人材像
【このポジションに向いているのは・・・】
・プロジェクトの進捗管理ができる方
・人に伝えることが好きな方
・ITツールを使いこなすのが好きな方
・これまでの経験で幅広い人的ネットワークをお持ちの方、または作るのが得意な方
・セルフマネジメント力があり、自発的に業務を進められる方

【向いていない可能性が高いのは・・・】
・一人でじっくり進める方が好きな方
・数字やエクセル等の取り扱いが苦手な方
・ITツールにアレルギーのある方
・決められたルールがないと動きづらいと感じる方

【歓迎】
・ACEでは自己組織化を進めているため、これまでホラクラシーやティール組織などで業務経験がある方。

求める条件
・ACEの活動趣旨、パーパス及びフィロソフィーに賛同できる方
・企業・法人等にて広報・メディアリレーション等業務で3年以上の経験がある方。
・日本語および英語での文書作成、情報発信、広報活動をする能力がある方。(英語はビジネスレベル以上、TOEIC860点以上、もしくは同等レベルを優遇。)
・在宅勤務を基本とした働き方ができる方。かつ、必要に応じて外出・出張も対応可能な方。
・現在ACEが活用しているシステム(office365、salesforce、WordPressなど)の使用経験があると尚可。
・「ACE子どもと若者のセーフガーディング・ポリシー」への理解・賛同のうえ責任をもって業務に取り組める方(同ポリシーに関する行動規範を遵守することを定めた誓約書に署名、提出していただきます。)

雇用形態 契約職員(週3日?週5日) その他応相談
就業期間
2023年2月から(応相談)
勤務開始⽇より1年間。当初1か⽉は試⽤期間。原則契約更新。

勤務時間
9:00?18:00 (休憩1時間)
※フレックス制度の適用あり。委細応相談

給与
月給25万円?30万円前後を目安(週5日の場合)
※資格、能力、経験等に応じて決定

休日・休暇
週休2日制(土、日)、祝日
有給休暇
夏季休暇
年末年始休暇(12月30日〜1月3日)
特別休暇(慶弔休暇 リフレッシュ休暇等)

選考プロセス
・書類審査
・面接(エントリー後、順次ご連絡いたします)
応募方法 ・履歴書(書式自由・写真添付、関連する資格(簿記など)、英語能力(TOEIC等のスコア)、海外経験があれば記載してください)
・職務経歴書(書式自由、ボランティア、インターンを含むNPO・NGOへの関わりがあればここに含めてください)
・志望動機(A4一枚程度)
以上3点の書類をメールで hr%acejapan.org までお送りください。(%を@に変えてお送りください)

募集締切 2023年1月11日(水)


投稿者: bbls 投稿日時: 2022-12-2 14:13:18 (168 ヒット)

・ようやくSDGsなどの国際アジェンダに精神保健やウェルビーイングが統合されたが、現状はどうなのか?
・SDGsのメンタルヘルスの目標は自殺率の指標だけで測れるのか?
・人道支援や開発事業に“心の側面”はどう取り入れたらいいのか?
・分野関係なく、メンタルヘルスの向上のために私たちは何ができるのか?

UNESCO憲章では、平和・開発・人権の土台として心の側面も重要だとされ、WHO憲章でも、健康は身体面だけではなく、精神面及び社会的福祉(well-being)の状態であることが述べられています。しかし、飢餓や紛争、母子保健や感染症対策などへの対応が迫られる中、精神保健は長らく優先事項から取り残されてきました。ようやく2030アジェンダやSDGsで優先事項に加わり、世界銀行や大手企業が取組みを始めています。開発課題における精神保健・ウェルビーイングの主流化に向けて尽力されてきた東京大学の井筒(いづつ)氏から、その背景や課題、今後の取組みの可能性について紹介いただきます。

チャットでの質疑応答の時間を設けますので、講師へご質問、ご意見をお寄せいただけます。ぜひお気軽にご参加ください! 

■講師:井筒 節(いづつ たかし)氏/東京大学総合文化研究科 特任准教授

■日時:2023年1月18日(水)12:30?14:00

■場所:Zoomウェビナー

■参加費:500円(賛助会員 無料)

■お申込みに関する注意事項:
・Peatixからお申込みください
https://bbl251.peatix.com
・銀行振り込みをご希望の方は、個別に下記のお問合せ先にメールにてご連絡ください。

■申込締切:2023年1月12日(木)正午

■お問い合わせ先
一般財団法人国際開発機構(FASID)
国際開発研究センター 担当:今/野口
〒106-0041港区麻布台2-4-5 メソニック39MTビル6階 
Email: bbls@fasid.or.jp


投稿者: GoodNeighbors 投稿日時: 2022-12-1 11:20:10 (210 ヒット)

認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパンは、生活困難な状況に陥った子ども達を対象に国内外で支援活動を展開しています。この度当団体は事業拡大のため、国内事業部のフルタイムスタッフを募集します。


【ポジション】
国内事業部 2名(契約社員)

【期間】
2023年1月からから1年間
(開始時期応相談、契約職員、試用期間3カ月、期間満了後は労使合意のもと更新可能、勤務3年目以降労使合意のもと正職員転換の機会あり)

【職務内容】
国内事業、主にグッドごはんプロジェクトの業務関連全般
・協力企業・団体開拓(資金調達、食品調達等)
・行政協働連携
・各種ドナー対応(申請書作成、資金管理、報告書作成等)
・新活動拠点構築
・グッドごはん利用者応対(傾聴、生活状況把握、課題拾い、データベース管理等)
・倉庫作業(在庫管理、業務フロー改善、システム構築等)
・その他必要な業務

【待遇】
当団体規定による(例:未経験者27歳 基本給30万円前後+残業代別途)
交通費別途実費支給(月25,000円まで)
社保完備

【勤務時間】
週5日(月から金)、土日祝休み
月に数回土曜日出勤あり(振替休あり)
実働7時間/日
フレックス制度あり。在宅勤務制度あり(フルリモート不可)
月間残業時間10-20時間(平均12時間/月)
国内出張の可能性あり(日帰り-数日)
イベント等で年に数回の土・日出勤あり(振替休あり)

【勤務地】
東京(大崎・板橋のどちらか希望地で採用)
※グッドネーバーズ大崎倉庫
最寄駅 JR山手線「大崎」駅徒歩9分
フルタイム(男性2名、女性1名) 、アルバイト他2名

※グッドネーバーズ板橋倉庫
最寄駅 東武東上線「下板橋駅」から徒歩5分/JR「板橋」駅徒歩10分
フルタイム(男性3名)、アルバイト他2名

【応募条件】
・接客が好き、電話での応対が得意
・入力作業が苦にならない
・チームでの活動が好き
・WindowsやMS Officeが使えること。
・Salesforce等データベース使えればなお可

【審査での加点項目】
・社会福祉士/社会福祉主事
・児童指導員/児童福祉司の経験
・行政での児童福祉関連の業務経験

【選考日程】
2023年1月10日:日本時間23:00応募締切(ただし適任者が決まり次第締切)
― 書類審査
ー 事務作業適正検査
― 課題提出・就業適性検査
― 一次面接
― 二次面接
― 最終選考結果通知
※不採用の理由についてはお伝えできませんのでご了承ください。

【応募書類】
いずれも書式自由
1.履歴書(日本語・写真不要)
2.職務経歴書(日本語)

【応募方法】
上記書類2点を下記メールアドレスへお送りください。担当:二階堂
件名を【国内事業部職員応募】とし、勤務地の希望(大崎/板橋)をメール本文に明記してください。
gnj-recruit@gnjp.org
送信後5営業日以内に当団体より受け取りの連絡がない場合は迷惑メールボックスを確認の上、ご連絡ください。

必ず当団体のHPをご確認の上、ご応募ください。
国内事業部(東京)職員募集(1/10〆切)


ご応募お待ちしております。


投稿者: plan-japan 投稿日時: 2022-11-30 13:56:28 (162 ヒット)



2022年最後となる12月の「プラン・ラウンジ」は、プランの活動国で制作された映像上映会を開催。
途上国が抱える課題、特に女の子たちが直面している問題やその解決のための取り組みを映像でご紹介します。

上映後には職員による解説のほか、参加者の皆さまとの交流の時間も設ける予定です。

過去にはプランの事務局で上映会&交流会を開催していましたが、オンライン開催は初の試みです。今回は定員30名(先着順)とさせていただきます。皆さまのご参加をお待ちしております。

◆イベント概要
【プラン・ラウンジ12月】オンライン開催「上映会&交流会?映像から知る、途上国の生活?」

日時:2022年12月17日(土)11:00?12:00
場所:Zoom(ズーム)による配信
定員:30名
参加費:無料(通信にかかる費用はご負担ください)
申し込み締め切り:定員に達した時点で締め切らせていただきます。
※お申し込みいただいた方には、開催日前日の12月16日(金)にZoomのURLをご案内いたします。
※オンラインの動画再生となるため、推奨動作環境 にてご視聴になることをお勧めします。

◆お申し込み方法
こちらのフォームより必要事項を入力し、お申し込みください。


◆担当職員からのメッセージ

広報マーケティング部 

プランの活動国では、各国の様子をよりリアルに知っていただくためにさまざまな動画が制作されています。これらの動画には、活動地域の女の子や子どもたちが置かれている現状のみならず、現地職員の熱意や、課題を解決するためにプランが地域の多くの人々と連携して行っている活動が映し出されています。今回は、とっておきの数本をセレクトして皆さまのお越しをお待ちしております!
年末の慌しい時期ではありますが、この機会に日本の外の世界に目をむけてみませんか。今回は初めてのオンライン上映会&交流会です。全国の皆さまからのお申込みをお待ちしています。

動画視聴のための推奨動作環境
◆パソコン/スマートフォン/タブレット
OS
・Windows 10以上
・macOS 10.14以上
◆ブラウザ 最新版

スマートフォンアプリ
■iPhone/iPadアプリ ver.4.0.0以降
OS :iOS11.0以降
その他 :端末の空き容量が30MB以上
■Androidアプリ ver.4.0.0以降
OS :Android OS 5.0以降
その他 :端末の空き容量が20MB以上


投稿者: JICA_PARTNER 投稿日時: 2022-11-29 12:13:11 (164 ヒット)

PARTNERがお届けする一大イベント「国際キャリアフォーラム」。
2022年度第2回目 12月12日(月)に開催が決定しました!

テーマは、「国際協力におけるDXの取組と人材」。
デジタル技術が飛躍的に進歩し、データ流通量が増加する中、デジタル化への適応は各国の経済社会の発展に不可欠となっています。
新型コロナウイルス感染症の拡大を機に、世界のインターネット人口は加速度的に増大し、途上国におけるデジタル化へのニーズも一層高まりました。

今回は、DX分野で活躍中の登壇者3名が、現在に至るまでのキャリアパス、仕事の魅力、国際協力へのキャリアチェンジ、キャリア構築、
JICAを含む国際協力業界のDXの現状、今後の方向性、事業参画などについてお話しします。

お申し込みはこちらから⇒
https://partner.jica.go.jp/TrainingSeminarDetail?id=a0S2t00000KjtzyEAB
※締切:12月9日(金)です※

==開催日時==
12月12日(月)19:00から

==ファシリテーター==
■概説:国際協力におけるDXの取組と人材
 国際協力機構 ガバナンス・平和構築部 STI・DX室
 山中敦之(やまなか・あつし)専門員

==登壇者==
■私のキャリアパス:国際機関でのキャリアパス、やりがい
 国際電気通信連合(ITU)アジア太平洋地域事務所 地域事務所長
 奥田 敦子(おくだ・あつこ) 氏

■私のキャリアパス:DX事業を通じて世界に貢献する
 株式会社モンスターラボホールディングス 代表取締役CEO
 鮄川 宏樹(いながわ・ひろき)氏

==プログラム==
【講演:国際協力におけるDXの取組と人材】 60分間
【パネルディスカッション】 30分間
【個別質問会】 30分間
=======

※PARTNERの簡易登録または国際協力人材登録が必須となります※
18歳以上であれば、学生の方でも国際協力人材登録が可能です!

追加情報については、随時更新してご案内します。
※プログラム内容や登壇予定には予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。


投稿者: efa-japan 投稿日時: 2022-11-25 16:10:30 (256 ヒット)



東南アジア地域で子どもたちのための教育協力・障害児福祉協力を行うエファジャパンです。当団体では、【アシスタント・アドミニストレーター】の募集を始めます。アシスタントとしてNGO現場に従事しながら、自身の関心領域を深めたとり組みも探していきたいと考えている方からのご応募をお待ちしています。
________________________________________

<主な業務内容>
会議・イベント開催時の運営補助、リサイクル募金プロジェクト管理、メールマガジン配信管理、フェアトレード商品・グッズ販売管理、ボランティアサポート、関係機関提出書類作成補助、決算作業補助、送付物対応(機関誌、DM等)、会員・支援者対応(新規・継続対応関連事務処理)、書類管理、什器管理、他庶務

<契約形態・条件>
契約形態: 業務委託契約(委任契約)
契約期間: 1年(契約更新可) ※職員として登用の可能性あり

<募集人員・選考>
募集人員: 1名
書類選考: 応募から1週間以内程度
面接選考: 書類選考通過した方を対象に、エファジャパン事務所にて実施
※合否結果は電子メールにて通知
募集締切: 決まり次第

<勤務>
主な勤務地: エファジャパン事務局(最寄り駅:市ヶ谷) 
勤務日・時間: 約48時間/月(例:4時間/日×3日/週 ※週2日勤務も可、応相談)
勤務開始: 2022年12月中旬以降 ※応相談

<報酬>
60,000円/月(交通費別途支給 ※首都圏内は全額)

<問い合わせ・応募>
キャリア等を記載いただいた履歴書をメールに添付の上お送り願います。
送付先: efa-saiyou@efa-japan.org
※タイトルに【アシスタント・アドミニストレータ応募】とご記入願います。


認定NPO法人エファジャパン
東京都千代田区九段南3-2-2 九段宝生ビル3F 
URL: https://www.efa-japan.org/
Tel: 03-3263-0337


投稿者: GoodNeighbors 投稿日時: 2022-11-24 11:08:54 (165 ヒット)

認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパンは、世界40カ国において国連機関等と連携して、困難な状況にある子ども達を対象に支援活動をしている国際NGOグッドネーバーズ・インターナショナルの日本メンバーです。この度当団体は事業拡大のため、新たにアドボカシー担当職員を募集します。

【ポジション】
アドボカシー担当職員(広報・マーケティング部所属) 1名

【期間】
2023年1月から1年間(開始時期応相談、試用期間3カ月、契約職員、期間満了後は労使合意のもと更新可能、勤務3年目以降労使合意のもと正職員転換機会あり)

【職務内容】
・グッドネーバーズ本部で開発されたアドボカシーキャンペーン(子どもの権利等)の日本での展開
・団体の活動に関連したアドボカシー業務全般:専門家を集めて政策について検討し、国会議員へのロビーイングとアドボカシーキャンペーンを通じて法律を変える・つくる。
・日本のNGOネットワークとの連携、日本国内の関連省庁・機関等への働きかけ等
・その他必要な業務

【待遇】
当団体規定による(例:経験者40歳 基本給50万円前後+残業代別途)
交通費別途実費支給(月25,000円まで)
社保完備。

【勤務時間】
週5日(月から金)、土日祝休み。実働7時間/日。
フレックス制度あり。在宅勤務制度あり。
月間残業時間5?20時間(平均5時間/月)

【勤務地】
東京事務所/在宅 週に数日リモートも可
特定非営利活動法人グッドネーバーズ・ジャパン事務局(東京都大田区)
※最寄駅 JR「蒲田」駅徒歩7分 東急池上線線「蓮沼」駅徒歩4分

【応募必須条件】
・アドボカシー・政策提言分野での経験7年以上。未経験者不可
・国際会議もふくめて、英語でプレゼン・議論が可能なレベルの語学力
・該当分野での修士号以上(博士号であればなお可)
・3名以上のチームのマネジメント経験
・フットワークが軽い

【選考日程】
12月10日:日本時間23:00応募締切(ただし適任者が決まり次第締切)
―  書類審査
―  課題提出&適性検査(事務作業適正検査)
―  適性検査(就業適性検査)
―  一次面接
―  二次面接
―  最終選考結果通知

【応募書類】
いずれも書式自由
1. 履歴書(日本語・写真不要)
2. 職務経歴書(日本語)

【応募方法】
上記書類を下記メールアドレスへお送りください。担当:二階堂
件名を【アドボカシー担当職員応募】としてください。
gnj-recruit@gnjp.org
送信後5営業日以内に当団体より受け取りの連絡がない場合は迷惑メールボックスを確認の上、ご連絡ください。

【応募時の注意事項】
必ず当団体のホームページをご確認の上ご応募ください。
https://www.gnjp.org/recruit/20221114_iij1/

ご応募お待ちしています。


投稿者: GoodNeighbors 投稿日時: 2022-11-24 11:07:15 (212 ヒット)

認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパンは、世界40カ国において国連機関等と連携して、困難な状況にある子ども達を対象に支援活動をしている国際NGOグッドネーバーズ・インターナショナルの日本メンバーです。この度当団体は事業拡大のため、広報・マーケティング部のアシスタント職員を募集します。

【ポジション】
広報・マーケティング部職員(補佐) 1名

【期間】
2023年1月から1年間(開始時期応相談、試用期間3カ月、契約職員、期間満了後は労使合意のもと更新可能、勤務3年目以降労使合意のもと正職員転換機会あり)

【職務内容】
・広報・マーケティング業務の補佐全般:サイト編集、プレスリリース作成、画像・動画編集、メールニュース作成等
・その他必要な業務

【待遇】
当団体規定による(例:25歳 基本給32万円前後+残業代別途)
交通費別途実費支給(月25,000円まで)
社保完備。

【勤務時間】
週5日(月から金)、土日祝休み。実働7時間/日。
フレックス制度あり。在宅勤務制度あり。
月間残業時間5?20時間(平均5時間/月)

【勤務地】
東京事務所/在宅 週に数日リモートも可
特定非営利活動法人グッドネーバーズ・ジャパン事務局(東京都大田区)
※最寄駅 JR「蒲田」駅徒歩7分 東急池上線線「蓮沼」駅徒歩4分

【応募必須条件】
・コミュニケーション能力
・新しいアプリの使い方を覚えることに抵抗がない
・TOEIC730点相当以上(多少及ばなくても考慮します)
・Windows・MS Officeが使えること。ワードプレス・画像・動画編集ソフトが使えればなお可

【選考日程】
12月10日:日本時間23:00応募締切(ただし適任者が決まり次第締切)
―  書類審査
―  課題提出&適性検査(事務作業適正検査)
―  適性検査(就業適性検査)
―  一次面接
―  二次面接
―  最終選考結果通知

【応募書類】
いずれも書式自由
1. 履歴書(日本語・写真不要)
2. 職務経歴書(日本語)

【応募方法】
上記書類を下記メールアドレスへお送りください。担当:二階堂
件名を【広報アシスタント職員応募】としてください。
gnj-recruit@gnjp.org
送信後5営業日以内に当団体より受け取りの連絡がない場合は迷惑メールボックスを確認の上、ご連絡ください。

【応募時の注意事項】
必ず当団体のホームページをご確認の上ご応募ください。
https://www.gnjp.org/recruit/20221114_iij2/

ご応募お待ちしています。


投稿者: YKF 投稿日時: 2022-11-23 0:29:03 (212 ヒット)

私たちの会社で働きたい人を募集しています。
新規事業・DX・Web集客を
始める方に最適な
総合WEBマーケティング支援を。


気になる人はまずURLから弊社についてみてみて下さい!

XMarke


投稿者: FIDR 投稿日時: 2022-11-22 15:50:37 (154 ヒット)

日本では当たり前の「食育」ですが、カンボジアでは栄養について知る機会がほとんどありません。知識の不足が偏った食生活を招き、子どもの栄養不良の一因になっています。
この現状に対し、カンボジア政府は、2025年から全国の小・中・高校で新たに保健科目の授業を開始し、その中で栄養についても教えることにしました。

しかし、まだ栄養士という職業もないカンボジア。FIDRは教育省からの要請を受け、2017年より、まさにゼロから教育体系をつくりあげる取り組みを進めてきました。

そもそも、カンボジアの子どもたちの栄養不良の現状とは?
国ではじめての体系的な栄養教育。開始までにどんなことが必要なの?
学校現場では、栄養教育「だけじゃない」深刻な問題に直面・・・

本イベントでは、このような事柄を中心にこれまでのFIDRの取り組みと今後のプランについて、カンボジア事務所に駐在する甲斐栄養専門家が報告します。また、学校給食を専門とされる田中先生をお招きし、カンボジアにおける栄養教育の意義などについてお話いただきます。
国際協力に興味がある方、FIDRの活動について知りたい方、栄養や食育について興味がある方、またご自身が栄養や食育の分野でご活躍されていらっしゃる方など、どうぞお気軽にご参加ください。

お申し込み時に質問を受け付けますので、
聞いてみたいことがありましたら、お申し込み時にぜひお寄せください!

【日 時】 2022年12月9日(金)19:00?20:30(18:50よりZoom入室可)
【形 式】 WEBミーティングツールZoomを使用します。
【参加費】 無料
【定 員】 85名(要申込み・先着順)
【お申し込み】 下記ボタン「お申し込みフォーム」からお申込みください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSf6yORC48F0_hVmPYC7ote0-4Sbhq3HwVyTptLNTYqCeGYPug/viewform

※締切:2022年12月8日(木)午前10時
※お申し込み後に「自動返信メール」をお送りします。届かない場合は、入力ミスの可能性がありますので、再度お申し込みをお願いいたします。
*イベント前日にZoomのURLをメールでお送りいたします。
*事前にお手持ちのパソコン、スマホ、タブレットでZoomが使えるようにご準備をお願いいたします。
*録音・録画は不可となっております。

<お問い合わせ・お申し込み>
公益財団法人 国際開発救援財団(担当:関口、細川)
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1 OCCビル3F
TEL:03-5282-5211/E-mail: info@fidr.or.jp


投稿者: jacses 投稿日時: 2022-11-22 14:50:39 (200 ヒット)

NPO法人「環境・持続社会」研究センター(JACSES)では、持続可能な開発と援助プログラムの業務拡大に伴い、開発援助・金融に関する調査・提言等を担当するフルタイムスタッフを募集します。ご応募をお待ちしています。

◆業務内容

1. 持続可能な開発と援助プログラムにおける調査・提言活動(金融機関の環境社会配慮方針強化・途上国の開発事業における環境人権問題の解決・化石燃料への投融資停止等に向けた調査・提言・キャンペーン活動、財務省NGO協議運営、広報等)
2. 事務局運営や他プログラム(SDGs等)に関わること(セミナー運営・文書作成等)

◆応募資格

1. 日本語及び英語での調査、文書作成、ディスカッションができること(留学経験や英語での業務経験があれば望ましい)
2. JACSESのミッション・活動に賛同し、問題解決に向けた熱意と積極的な行動力を持っていること(当該分野の研究・業務未経験者も歓迎します)
3. 基本的なPC操作(Word/Excel/E-mail)・文書作成及び円滑なコミュニケーションができること
4. 一般的な事務作業や地道な作業をいとわない方。

◆勤務体系・待遇

1. 勤務日:平日週5日(1日8時間程度)
2. 雇用形態:正規職員(試用期間3か月)
3. 勤務開始日:2023年1月?(開始時期応相談)
3. 給与:月給22万円(例:新卒の場合)?26万円(経験や能力を考慮の上、委細面談)、社会保険有、交通費支給
4. 勤務地:自宅、当センター事務所(東京)、海外出張有(国際会議・現地調査等)

◆応募方法

以下の書類を12月16日までに電子メールにてお送りください。決定次第、募集を終了させて頂きます。なお、頂いた応募書類は返却しませんので、あらかじめご了承ください。
1. 履歴書・職務経歴書
2. 小論文(テーマ「JACSESでの業務・活動を通じて達成したいこと」A4一枚内)
3. その他(任意)

◆選考方法

書類選考の後、当センター事務所にて面接を行います(遠隔地在住の方はスカイプによる面接可)。これらの結果を総合的に判断の上、最終選考結果をお知らせ致します(合否に関する電話でのお問い合わせはご遠慮下さい)。

◆書類送付先・お問合せ先
特活)「環境・持続社会」研究センター(JACSES)担当:田辺
メール:jacses@jacses.org

※採用担当者はリモートワークのため事務所には常駐しておりませんので、勤務内容や条件に関する質問は、お電話ではなく、メールでお願いします。


投稿者: acc21 投稿日時: 2022-11-21 11:47:48 (170 ヒット)

[url=https://www.acc21.org/action/nikkan/]「日韓みらい若者支援事業」[/url]では、2022年12月3日(土)の午後、オンラインで第1回学習会を開催します。

インターネットやSNSは便利ではありますが、匿名での嫌がらせや誹謗中傷の問題はなかなかなくなりません。こうした問題の中には、出自やルーツについて、嫌がらせを受けたというケースも少なくありません。

2016年6月3日、いわゆる「ヘイトスピーチ解消法」が施行されました。120年余りの歴史をもち、日本で学ぶ在日コリアンと留学生約8万5千人に奨学金計161億円を提供している(公財)朝鮮奨学会 では、2019年12月に「韓国人・朝鮮人生徒学生の嫌がらせ体験に関する意識調査」を実施しました。

「ヘイトスピーチ解消法」が施行されて以降、被害実態を可視化し、民族的出自に基づく嫌がらせをどの程度受けているのかを明らかにすることを目的に行ったこの調査では、約1,500名の奨学生(高校生?大学院生)に対して調査を行い、1,030件の回答がありました。ネットやデモによる嫌がらせ体験をもつ人が7割以上、通名よりも民族名を使う人に「ヘイトデモ・街宣の見聞き」をした人が多いなどの実態が明らかになりました。

そこで本学習会では、この調査を行った(公財)朝鮮奨学会代表理事の權清志氏を迎え、調査結果で浮かび上がった実態についてお話しいただき、調査で明らかになった若者、留学生たちからの声を聴きます。

そして、アンケート結果を読んだ学生・社会人(在日コリアン1?2名含む)から、感想やコメントを受け、参加者との対話を行います。高校生や大学生、社会人などのみなさん、同世代の体験者の声を聴いてみませんか。

\開催概要/

【開催日時】12月3日(土)14:00-16:00(開場は13:50)
【場所】オンライン(Zoom)
【参加費】学生:無料  社会人:500円
【主な対象】高校生、大学生、大学院生、社会人。在日コリアンがおかれた状況やヘイトスピーチ、社会における差別の問題に関心がある方
【定員】50名
【主催】日韓みらい若者支援事業 (事業の詳細)
(認定NPO法人アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)、NPO法人Asia Commons 亜洲市民之道)

\お申込みと参加方法/

【申込】Peatixにてお申し込みください。 ※12月2日(金)15時に締め切ります
 ※Peatixのサイトからの申込みが難しい場合は、
?氏名 ?所属 ?メールアドレス ?学習会に期待すること、
上記の内容を記載の上、事務局までメールでご連絡ください。
送信先メールアドレス:jkmirai@acc21.org
【参加方法】お申込み確認後、メールでZoomの情報をご連絡します。

本学習会の詳細

\プログラム(予定) /
14:00 主催者あいさつ、講師・コメンテーター紹介
14:05 講師による講義(權清志氏)※40分間
14:45 休憩
14:50 コメンテーターからのコメント、コメンテーターと講師との質疑応答
15:20 参加者間での意見交換
15:55 閉会あいさつ、事務局からのお知らせ
16:00 閉会

\講師プロフィール/  


權清志(クォン・チョンジ)氏 (公益財団法人朝鮮奨学会 代表理事)

韓国から来た1世の父親と大阪生まれの2世の母親を持つ1957年生まれ。
韓国民団傘下の学生会、青年会、青年商工会の会長を歴任。
対民族差別闘争、外国人登録法改正運動、地方参政権獲得運動等に取り組んできた。
近年、民団中央にて企画調整室室長に就き、国連ジュネーブでの人種差別撤廃委員会への要請活動、
ヘイトスピーチ規制法成立に尽力してきた。
公益財団法人朝鮮奨学会の評議員を経て2022年代表理事に就任、現在に至る。


\主催団体について/
●認定NPO法人アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)
https://www.acc21.org/

アジア12カ国の100を超える現地NGOとのネットワークを基盤に、2005年からアジアの貧困削減に取り組む国際協力NGOです。
路上で暮らす子ども・若者の支援(フィリピン)、貧しい農村女性の支援(スリランカ)、国際協力に携わる人材育成などに取り組んでいます。アジアの貧困問題や、現地での活動にかかわる様々なイベントを計画中です!

Instagram | Twitter | Facebook


●NPO法人AsiaCommons 亜洲市民之道(アジアコモンズ)
https://asiacom.exblog.jp/

アジア各地の公民(市民および農民)、民間団体、文化・学術分野及び地方行政などと連携し、アジア各地における個人に根ざした交流・協力関係が築かれるための紹介活動・国際協力・交流・公演などのイベントを行ない、地域・個人の国際交流を推進して、日本および外国の参加者の個人の尊厳への意識および異文化理解の心をはぐくみ、アジア市民としての連帯および豊かな生き方を探していくことを目的として活動中。
・韓国語オンライン講座は下記で実施中。
https://hanmaum-sayama.com/teacher/
・「韓国語があるちょっと幸せな暮らしの案内人」として対面、オンライン講座も実施中。

\「日韓みらい若者支援事業」の学習会とは?/
2019年から日韓の政府関係がギクシャクしています。民間企業や市民セクターもその影響を受けて、混乱している状況が続いています。その原因のひとつは、私たち日本人が、日韓関係の過去の歴史を直視してこなかったことにあるのではないかと考えます。

「日韓みらい若者支援事業」は、そのような考えを背景に、日韓両国とその関係の歴史を学び、未来志向に立った若者たちが、両国の創造的な関係づくりに参加することを期待して立ち上げられました。

学習会は日韓両国の関係をめぐる歴史や民間交流・協力に関わる取り組みや課題について有識者や実践者から学ぶという目的で開催しています。



投稿者: GoodNeighbors 投稿日時: 2022-11-17 14:47:09 (307 ヒット)

認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパンは、世界40カ国において国連機関等と連携して、困難な状況にある子ども達を対象に支援活動をしている国際NGOグッドネーバーズ・インターナショナルの日本メンバーです。この度当団体は、海外事業部のバングラデシュ駐在員を募集します。 

【ポジション】

海外事業部(契約職員) バングラデシュ駐在員 1名

【期間】

2022年12月下旬頃から1年間(契約職員)
※勤務開始時期応相談。期間満了後は労使合意のもと更新の可能性あり。団体の業績・勤務態度等を考慮の上勤務3年目から正職員転換の可能性あり。

【職務内容】

日本NGO連携無償資金協力事業(N連)の駐在員として、以下の業務に従事いただきます。
本事業は、サイクロンの被害を受けやすい対象地(バングラデシュ・パトゥアカリ県カラパラ郡)において、現地コミュニティが主体的に防災能力を高めることで、住民が安心して生活できる環境づくりを目指すものです。
・現地住民や行政と協働の上、住民の防災意識向上や避難施設の整備にかかる活動を実施
・予算管理、会計処理、信憑書類整理、事業進捗管理、現地スタッフ管理、報告書作成
・現地政府機関、日本大使館、現地提携団体との調整
・国連等の国際機関、NGO等との関係構築
・新規事業案件形成、資金調達、N連等助成金の申請書作成
・広報素材調査・収集
・その他必要な業務

【待遇】

当団体規定による(例:経験者30歳 基本給37万円前後)
現地宿舎無償提供。社保完備。


【勤務地】

プロジェクト事務所(バングラデシュ・カラパラ郡)
※一時帰国中等日本国内滞在時は、フルリモート・フレックス勤務可

【応募必須条件】

・学士の学位を保有
・原則1年以上の国際協力分野での実務経験
・業務を遂行可能なレベルの語学力(日本語および英語)

【審査過程での加点項目】

・途上国駐在経験
・N連事業従事経験
・ドナー資金による事業の運営管理、事業・会計報告書作成の経験
・途上国における開発/緊急支援事業でのプロジェクトマネジメント経験

【選考日程】

2022年12月5日 日本時間23:00応募締切 (ただし適任者が決まり次第締切)
― 書類審査
ー 適性検査(事務作業適性検査)・課題提出(作文)
― 適性検査(就業適性検査)
― 1次面接
― 2次面接
― 最終選考結果通知

【応募書類】

いずれも書式自由
1. 履歴書(日本語・写真不要)
2. 職務経歴書(日本語)

【応募方法】

上記書類2点を下記メールアドレスへお送りください。担当:二階堂
件名を【バングラデシュ駐在員応募】としてください。
gnj-recruit@gnjp.org
送信後5営業日以内に当団体より受け取りの連絡がない場合は迷惑メールボックスを確認の上、ご連絡ください。

必ず当団体のHPをご確認の上、ご応募ください。
https://www.gnjp.org/recruit/20221115_iij/

ご応募お待ちしております。


投稿者: GoodNeighbors 投稿日時: 2022-11-17 10:55:49 (199 ヒット)

認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパンは、世界40カ国において国連機関等と連携して、困難な状況にある子ども達を対象に支援活動をしている国際NGOグッドネーバーズ・インターナショナルの日本メンバーです。この度当団体は事業拡大のため、支援者サービス担当のフルタイムスタッフを募集します。

【ポジション】

支援者サービス部 若干名(契約職員)

【期間】

2023年1月から1年間

(開始時期応相談、契約職員、試用期間3カ月、期間満了後は労使合意のもと更新可能、勤務3年目以降労使合意のもと正職員転換機会あり)

【職務内容】

・子どもサポーターと現地の子どもとの手紙・ギフト交流の管理・調整
・会員・寄付者からの問い合わせ応対、資料送付
・入退会データベース入力・照合、経理伝票入力
・寄付者データベースを使っての各種集計・資料作成
・現地事務所との連絡(英文メール主体)
・国内事業の補佐
・その他必要な業務

【待遇】

当団体規定による(例:未経験35歳 基本給35万円前後+残業代別途)
交通費別途実費支給(月25,000円まで)
社保完備

【勤務時間】

週5日(月から金)、土日祝休み
実働7時間/日
フレックス制度あり、在宅勤務制度あり(フルリモート不可)
月間残業時間10-20時間(平均12時間/月)

【勤務地】

特定非営利活動法人グッドネーバーズ・ジャパン事務局(大田区蒲田)
※最寄駅 JR「蒲田」駅徒歩7分 東急池上線「蓮沼」駅徒歩4分

【応募条件】

・接客が好き、電話での応対が得意
・入力作業が苦にならない
・新しいアプリの使い方を覚えることに抵抗がない
・TOEIC730点相当以上(多少及ばなくても考慮します)
・WindowsやMS Officeが使えること。中でもExcel苦手でないこと(多少関数使います)
・Salesforce等データベース使えればなお可

【選考日程】

応募締め切り:2022年12月12日:日本時間23:00応募締切(ただし適任者が決まり次第締切)
― 書類審査
― 事務作業適正検査
― 課題提出&就業適性検査
― 一次面接
― 二次面接

【応募書類】

いずれも書式自由
1. 履歴書(日本語・写真不要)
2. 職務経歴書(日本語)

【応募方法】

上記書類2点を下記メールアドレスへお送りください。担当:二階堂

件名を【支援者サービス職員応募】としてください。
gnj-recruit@gnjp.org
送信後5営業日以内に当団体より受け取りの連絡がない場合は迷惑メールボックスを確認の上、ご連絡ください。

必ず当団体のHPをご確認の上、ご応募ください。
https://www.gnjp.org/recruit/20221025_uno/

ご応募お待ちしております。


投稿者: fromjapan 投稿日時: 2022-11-13 16:06:22 (293 ヒット)

春休みに、イギリスの小学校で日本を紹介してみませんか(英語研修付)

●プログラム名:第20回コミュニティインターン

●プログラム概要
・イギリス小学校の招待を受け、現地の子ども達に日本文化を紹介する活動
・英語研修後、学んだ英語を現場で使い自分のものにする、実践研修プログラム
・充実した事前研修。「海外が初めて」「人に教えたことがない」方も、数多く活躍
・日本各地から集まった参加者がチームで活動。全国に仲間ができるのが魅力。
・2010年開始。社会人に加え、103大学から243名の大学生・院生らが参加

●期間/時期: 
・2週間:2023年2月26日(日)- 3月11日(土)

●活動場所
・英国南部ハンプシャー州サウスハンプトン近郊
(ロンドンから鉄道で1時間半)

●募集人数:15名

●対象:
・海外初心者から、留学経験者まで
・英語や教員の資格不要
・出発前に新型コロナワクチン3回目接種できる方

●内容:日本各地の参加者とチームを組んで活動
・渡航前:事前研修(自宅研修+LINE研修)
・第1週:英語学校での特別研修(5日間)
・第2週: 小学校で活動(折紙・書道・かるたを紹介)・授業見学(希望者対象)

●滞在:英語学校手配によるホームステイ
●運営:専任の日本人コーディネーターがサポート

●費用(税込):
?申込金:50,000円(参加費に含まれません)
?参加費:155,000円
・割引制度:学生割引1万円、OB/OG割引:5万円
・その他費用:渡航費・滞在費・食費など

●申し込み方法、条件
・ホームページ上から、参加申込フォームを入力・送信
https://fromjapan21.com

●応募締切
・2022年12月2日(金)

●主催
フロムジャパン

●団体概要
・海外インターン派遣を通じ、「日本紹介」「創作かるた活動」を推進している、国際研修機関
・日本文化を世界に発信できる国際人の育成、「日本ならでは」の国際貢献が目標
・かるたを創り世界に広げる、Global Karuta プロジェクトを推進。2021年に「世界200ヶ国かるた」完成

●問い合わせ先
フロムジャパン
188-0014 東京都西東京市芝久保町3-4-45
TEL: 042-439-5445
URL: https://fromjapan21.com


« 1 ... 4 5 6 (7) 8 9 10 ... 607 »
NGO network Japan