ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
投稿者: FASID 投稿日時: 2019-4-22 18:27:05 (10 ヒット)

来る5月31日(金)、FASIDでは、途上国のプロジェクトに従事する開発コンサルタントやNGO職員等を対象に「研修効果測定コース」を開催いたします。皆様のご応募お待ちしております。

■ 日時:2019年5月31日(金) 9:30?17:30
■ 主催:一般財団法人 国際開発機構(FASID)
■ 場所:当財団セミナールーム(港区麻布台)
■ 対象:研修計画、人材育成、プロジェクト・マネジメントに携る実務者。主に、途上国のプロジェクトに従事する開発コンサルタントやNGO職員等。
■プログラム: 詳細は、ウェブサイトをご参照ください。
http://www.fasid.or.jp/training/56_index_detail.shtml
■ 参加費:15,400円(税込)但し、法人賛助会員・FASIDフレンズは2割引の12,320 円(税込)
■ 定員:20名(応募者多数の場合は、選考により受講者を決定します)
■ 修了証書:全日程出席した方には、修了証書を授与します。
■応募方法:下記オンライン応募フォームよりご応募下さい。
https://form.fasid.or.jp/contact/application6/index.php
■募集締切:2019年5月20日(月)正午まで
■お問い合わせ:
(一財)国際開発機構(FASID)担当:人材開発事業部 松本/神谷
〒106-0041 東京都港区麻布台2-4-5 メソニック39MTビル6F
TEL:03-6809-1996/ E-mail: kenshukouka@fasid.or.jp
URL:http://www.fasid.or.jp/


投稿者: SHARE 投稿日時: 2019-4-22 18:02:50 (5 ヒット)

 在日外国人人口は増加の一途をたどっており、多くの女性、そして幼い子ども達も地域社会で生活しています。来日後間もない妊娠・出産では、日本の母子保健サービスが分からず健診や予防接種を受けられない、言葉が通じないことで出産の受け入れを拒否されるという事態も起こっています。
 シェアは、外国人母子が適切な母子保健サービスを受けることができるよう、外国人コミュニティの協力を得て、母語の資料を開発したり、適切な情報提供を担う女性普及員(母子保健ボランティア)の育成を行ってきました。
 2016年から3年間に渡ってこれらの活動に携わってきたシェアのスタッフの報告と、家庭訪問や通訳研修などの活動に共に取り組んできたネパール人女性普及員の声をお届けします!

日 時:2019年5月12日(日)14:00-16:00*受付開始は13:40?

会 場:台東区立上野区民館 401集会室
    台東区池之端1丁目1番12号
    千代田線湯島駅から徒歩約2分
会場地図
https://www.city.taito.lg.jp/index/shisetsu/hall/kuminkan/kumikan3.html


スピーカー:山本裕子(在日外国人支援事業担当、保健師・看護師)、横川峰子(元在日外国人支援事業担当、助産師・看護師)、ネパール人女性普及員3名(予定)

資料代:1,000円*当日お支払下さい

申込み:こちらのURLからお願いします https://bit.ly/2IoDjDt
定員になり次第締め切らせていただきます


こちらからも詳細をご覧いただけます(シェア=国際保健協力市民の会ホームページ)
https://share.or.jp/share/news/post_24.html



(特活)シェア=国際保健協力市民の会
〒110-0015 台東区東上野1-20-6 丸幸ビル5階
tel:03-5807-7581(担当:廣野) E-mail: info@share.or.jp


投稿者: fromjapan 投稿日時: 2019-4-20 12:05:31 (25 ヒット)

●プログラム名:第19回コミュニティインターン

●期間/時期: 
・2週間:2019年9月1日(日)- 9月14日(土)
・3週間:2019年9月1日(日)- 9月21日(土)

●活動場所
・英国南東部ケント州・ロンドンから鉄道で1時間半)

●対象:
・海外初心者から、留学経験者まで
・参加者同士、協力して活動できる方
・英語や教員の資格不要

●活動内容
イギリス小学校の招待を受け、子ども達に日本文化を紹介(英語研修付)
第1週:英語学校での研修(5日間)
第2-3週:
?小学校で、折紙・書道・かるたを紹介
?創作かるた+かるた大会 
?授業見学(希望者)

●滞在先・方法
・ラムスゲート(・語学学校手配のホームステイ

●運営:専任の日本人コーディネーターがサポート

●実績
・2010年開始、225名が参加(94大学)

●特徴
・イギリス小学校の招待を受け、現地の子ども達に日本文化を紹介する活動
・英語研修で学んだ英語を現場で使い、身に着ける実践研修
・日本文化の魅力を再発見。人前で話す自信・プレゼン力も身につけることができる。
・充実した事前研修。「海外が初めて」「人に教えたことがない」方も、数多く活躍
・日本各地から集まった参加者がチームで活動。全国に仲間ができるのが魅力。

●費 用:
?申込金: 50,000円 
?参加費: 155,000円(2週間)/175,000円(3週間)
・割引制度:学生割引10,000円
・その他費用:渡航費・滞在費・食費など

●申し込み方法、条件
・ホームページ上から、参加申込フォームを入力・送信
https://www.fromjapan21.com/internship-uk/

●応募締切(第1期)
・2019年4月30日(火)

●主催
フロムジャパン

●団体概要
・海外インターン派遣を通じ、「日本紹介」「創作かるた活動」を推進している、国際研修機関
・日本文化を世界に発信できる国際人の育成、「日本ならでは」の国際貢献が目標
・国内でも自治体や大学、市民団体と連携し、「国際交流」「姉妹都市交流」「フェアトレード」をテーマとした英語のかるたづくりを推進

●問い合わせ先
フロムジャパン
188-0014 東京都西東京市芝久保町3-4-45
TEL/FAX: 042-439-5445
Email: info@fromjapan21.com
URL: http://www.fromjapan21.com


投稿者: RoseIto 投稿日時: 2019-4-19 16:31:09 (20 ヒット)

Corporate Social Responsibility (CSR) & The Sustainable Development Goals (SDG’s)
Tuesday May 21 19:15-20:45
Sophia University, Yotsuya Campus
Building 2, Room 309

EVENT UPDATES:
https://www.facebook.com/events/813220182372898/

Panel discussion featuring presentations by followed by open discussion.
Expectations of businesses are changing. 21st century consumers demand that corporations treat the environment and people responsibly. Investors look at the treatment of workers, impacts on the environment and communities, transparency of information, and governance processes as well as profit margins. Each panel will feature leaders from the corporate and civil society sectors sharing their experience and policies.

Panelists:
Robin Lewis, Co-Founder and Director, Social Innovation Japan & Consultant, World Bank
Robin is a consultant at the World Bank, where he specialises on issues related to climate change and disaster risk management, and is also Co-founder and Director of 一般社団法人Social Innovation Japan - a platform for social action. His work has spanned over 20 countries, from clean water projects in Haiti to disaster recovery in Japan.
The Global Goals cannot be achieved without the active engagement and leadership of the private sector. Right now, there are tremendous opportunities for companies to address social and environmental challenges in a meaningful and strategic way, and I look forward to exploring these together with you! www.socialinnovationjapan.com

Emiko Manners, Human Resources, Campus Recruiting & CSR Unit, J.P. Morgan
Emiko leads CSR (Corporate Social Responsibility) Unit in J.P. Morgan Japan, supporting foundation programs and volunteer programs for employees. She also runs Campus Recruiting in Human Resources and outside of work and the mother of a 4-year old boy and a 3-year old girl. She started her career in Rates trading, and then spent a few years in Rates sales in the same firm before taking the role as a CSR officer. She studied Government and Dance at Cornell University.
Giving back to our communities is important to J.P. Morgan. J.P. Morgan supports various programs operated by nonprofits through grants from the JPMorgan Chase Foundation. J.P. Morgan promotes inclusive economic growth by providing skills training and job opportunities for NEETs, supporting small business development in Tohoku, and improving financial health of women and youth. Over the last five years J.P. Morgan granted a total of USD330m to support 14 philanthropic programs in Japan.
J.P. Morgan Employees in Japan engage in a wide range of volunteer activities and projects which includes skill-based volunteering support by the employees to the grant programs. In 2018, 80% of employees in Japan participated in one or more of our 100 philanthropy events and activities.

Charles Mcjilton - Second Harvest Japan / Second Harvest Asia / Alliance of Japan Foodbanks
For the last 19 years Charles has been involved with food security in Asia, incorporating the first food bank in Japan on March 11, 2002.Food banks leverage relationships with food companies to source and deliver large quantities of food to support those in need as well as the organizations that serve them. Without these relationships, donations could not move efficiently from donor to end-user.

While everyone agrees partnerships are important, we rarely confront the reality that our definition and expectation of those partnerships are often quite different. It is challenging and time-consuming to create trust in order to have frank discussions about partnerships, and there is little guarantee for payoff. However, events like these open up opportunities to understand each sector better, how we can collaborate together, and where we might want to go in the future. No single sector has a monopoly on creating a better society. “Remember, we are all in this together."

Moderator: Sarajean Rossitto, Sophia University Lecturer, Nonprofit NGO consultant

In English; without translation.
Open to the public; no charge, no prior registration necessary
Sophia University Global Competency Program
Spring 2019 Global Action Panel Discussion Series
VENUE: Sophia University, Yotsuya Campus Building 2, Room 309
Sophia University, 7-1 Kioicho, Chiyoda-ku, Tokyo 102-8554
Access: Yotsuya station (JR, Marunouchi and Namboku subway lines)
Map link to campus: http://www.sophia.ac.jp/eng/info/access/directions/access_yotsuya
CSR and SDGs event page


投稿者: RoseIto 投稿日時: 2019-4-19 16:25:49 (17 ヒット)

「Global Education and Sustainable Development Program」 2019春期 説明会のご案内

上記プログラムの講座内容を確認したい方、ご関心のある方は、説明会にご参加ください。前半では全体説明・講師紹介・講師による講座内容説明・Q&Aを、後半では個別相談を行い、最適なクラスをご案内いたします。

対象は以下の3講座です。
・English for Sustainable Development Goals:Vocabulary and Conversational Skills Development
・The Sustainable Development Goals
・Professional Writing Skills for International Organizations and Cooperation

講座案内 Global Education and Sustainable Development Program
An inter-disciplinary program for adult learners interested in learning about current global issues and civil society and/or preparing for graduate school careers in international organizations, sustainable development or work overseas while also advancing their professional English communication abilities.

本プログラムは世界の時事問題や一般社会で起こる問題に関連した様々なテーマについて学びます。対象は、このようなテーマに興味があり、大学院進学や国際機関で働きたいと考えていらっしゃる方で、実際に仕事をする状況での英語によるコミュニケーション能力を高めたい方に最適です。

本プログラムの受講をご希望される場合、説明会の受講は必須となります。
日時: 2019年4月25日(木曜日)19:00?20:45
場所: 津田塾大学 千駄ヶ谷キャンパス https://tou.tsuda.ac.jp/access/
参加費: 無料【*事前予約必要(各30名程度)】
予約締切: 2019年4月23日
予約方法: 以下の申込フォームよりお申込みください。
https://tou.tsuda.ac.jp/placement/


投稿者: SJF 投稿日時: 2019-4-17 12:18:33 (30 ヒット)

ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)アドボカシーカフェ第59回

当事者の声を「移民基本法」に
?移民一人ひとりと共に生きる社会へ?******************************************************************

改定入管法が2019年4月より施行され、在留資格「特定技能」による外国人労働者の受入れがスタートしました。これにより、人手不足が深刻な建設・介護・農業などの14の分野において、新たに外国人を受け入れるとしています。こうした政府の方針は、専門的分野にしか外国人労働者を受け入れてこなかった日本の外国人政策の大転換といわれますが、安倍首相は繰り返し「移民政策ではない」と強調しています。このような日本政府の外国人政策には、どのようなビジョンがあるのでしょうか?
日本にはすでに270万人をこえる外国籍者が暮らしています。移住者と連帯する全国ネットワーク(移住連)では、すでに「ここにいる」外国人当事者の目線からの政策を求めた政策提言活動、ネットワーク活動に取り組み、外国人の権利保障と共生社会のための「移民基本法」の制定を求めています。
さらに多くの外国人を受け入れようとしている日本社会に、いま求められている政策と必要な取り組みは何か――。講師やゲストからの実態報告と問題提起をうけて、みなさんと考えたいと思います。

【登壇】
○高山ゆきさん・ゲスト
 ベトナムから庇護を求めて20歳の時に来日し、難民認定をうける。日本に定住して30年余り、帰化により日本国籍を取得。現在、カトリック難民移住移動者委員会人身取引問題プロジェクトや労働組合、弁護士事務所などの通訳・相談スタッフとして、ベトナム人技能実習生や留学生の労働問題や人権侵害問題からの救済や支援活動に奔走している。

○山岸素子さん・基調講演
 外国人移住者支援活動に1990年代はじめより従事。長年にわたり、地域での外国人女性と子どもの支援活動や、外国人に関する政策提言活動にかかわる。現在、NPO法人移住者と連帯する全国ネットワーク事務局長、カラカサン?移住女性のためのエンパワメントセンター共同代表、日本カトリック難民移住移動者委員会委員、立教大学非常勤講師などを兼任。

○黒田かをり・コーディネータ
 一般財団法人CSOネットワーク事務局長・理事、SJF審査委員。

【日時】2019年6月18日(火) 13:30?16:00 (開場13:00)
【会場】文京シビックセンター 5階 会議室C
東京都文京区春日1-16-21 (丸ノ内線/南北線・後楽園駅1分、三田線/大江戸線・春日駅1分)
【参加費】一般1,000円/学生500円 当日受付にてお支払いください。


【ご案内ページ】 http://socialjustice.jp/p/20190618/

【お申し込みページ】 https://socialjustice.jp/20190618.html
事前にお申し込みください。


―助成:公益財団法人 庭野平和財団―

【主催・お問い合わせ先】
認定NPO法人まちぽっと ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)
電話: 03-5941-7948 FAX: 03-3200-9250
ホームページ: http://www.socialjustice.jp/


投稿者: JEEF 投稿日時: 2019-4-15 10:35:50 (51 ヒット)

【内容】
日本環境教育フォーラム、バードライフ・インターナショナル東京およびコンサベーション・インターナショナル・ジャパンが共同で取り組む「SATO YAMA UMIプロジェクト」では、プロジェクトの一環として、ユース海外インターンシッププログラムを実施いたします。

【派遣国】アジア太平洋地域(カンボジア、インドネシア、ニューカレドニア、ベトナム)
【募集人数】各プロジェクト1名?2名
【応募資格】*詳細は募集要項を確認してください。
・応募時に日本又は海外の大学・大学院に在学中或は卒業しているユース(18歳〜35歳)であること。
・自然環境保全、持続可能な開発に関心があり、将来も同分野の活動に携わることを希望していること。
・心身ともに健康であること。
・国籍は不問。ただし、日本語で業務遂行(研修、報告書作成)が可能なこと。
・英語またはインターンシップを希望する現地語でコミュニケーションができること。
・希望するポストが別途指定している要件がある場合は、これを満たしていること。
・本プログラム参加に要する経費を自己負担できること(一部奨学金あり)。
・「環境リーダーシップ講座」(8月5日〜8月9日/詳細別途案内)に参加可能なこと。

募集要項や申請書は下記URLよりご確認いただけます。
http://satoyamaumi.jp/ja/youthprogram/

【応募締切】
締切日:2019年5月31日


投稿者: icanmanila 投稿日時: 2019-4-13 20:09:04 (57 ヒット)

NGO団体アイキャンでは、チャリティ語学教室を運営しております。
授業料の収益は、全額フィリピンの子どもたちの教育をはじめとする、様々な事業の活動費及び運営費として活用させて頂いております。

皆様が英語/タガログ語を学ぶ事で、フィリピンの子どもたちの生活を改善する事ができます。

ぜひ、語学にご興味のある方、社会貢献にご興味のある方は
無料体験レッスンにお越し下さいませ★

詳しくはHPをご覧の上、お気軽にお問い合わせください。
http://www.ican.or.jp/smileticket.html

皆様のお問い合わせをお待ちしております。


投稿者: BAJ-NGO 投稿日時: 2019-4-11 17:20:21 (50 ヒット)

5月25日(土)、26日(日)に、港区・増上寺にて、ミャンマー祭り2019が開催されます。
ミャンマー祭りは、ミャンマーをより身近なものに感じてもらうことを目的としたイベントです。

BAJはこのミャンマー祭りで、
・ミャンマーでの活動をパネルで紹介
・物品の販売
などを行う予定です。

そこで、当日BAJブースを手伝ってくださるボランティアさんを募集します!

ミャンマー大好き!、国際協力に興味がある、ボランティアをしてみたかった!…そんな、あなた☆
活動経験は問いません。私たちと一緒に活動しませんか?
ぜひご応募お待ちしております!!

●ボランティア・シフト
?5月25日(土)09:30?12:30 
?5月25日(土)12:30?15:30
?5月25日(土)15:30?18:30
?5月26日(日)09:30?12:00
?5月26日(日)12:00?14:00
?5月26日(日)14:00?16:30

※各回とも10分前には集合をお願いします。
※BAJでのボランティアに初参加の方は、5月18日(土)の事前説明会への参加をお願いしています。

●事前説明会・日程
5月18日(土)13:30?15:30 BAJ事務所






▼日時など、投稿フォーム記入情報
--------------------------------
●日程
5月25日(土)、26日(日)

●場所
東京都港区芝公園4-7-35

●会場
浄土宗大本山 増上寺

●募集人数
各シフト2名ずつ

●応募方法
応募フォームよりご応募ください。
https://bit.ly/2OWBwXm

●申込締切
5月8日(水)

●詳細
BAJのホームページをご覧ください。
https://www.baj-npo.org/


投稿者: JICA_PARTNER 投稿日時: 2019-4-5 20:39:37 (122 ヒット)

「自身の仕事経験やスキルを使って途上国の発展に貢献したい」
「長年途上国に向けて仕事をすることに興味を持ち、準備してきた。社会人としての経験も十分積んだ」

そんな皆さんが『いま 世界へ踏み出す』場所としてJICA社会人採用職があります。
その他にもこれまでの仕事経験を活かして活躍できる国際協力の仕事があることをご存知でしょうか?

本セミナーでは「キャリア転進」をテーマに、
実際にJICA社会人採用選考を経て入構した職員から、
総合職の仕事内容やそれまでの社会人経験がどのように活かせるかについて発信、
今後のキャリア形成の参考になる情報を提供します。
社会人採用選考を運営しているJICA人事部から制度説明や求める人物等についての説明の場もご用意しております。

また、JICA総合職以外の選択肢として開発コンサルタントの仕事の紹介、
現役コンサルタント職員の登壇も予定しており
国際分野でのキャリアの選択肢の幅を広げていただくことも目的としております。

将来の国際キャリアに関する情報提供の場ですので、学生の方も奮ってご参加ください!

セミナーの詳細・最新情報、
参加申し込みはこちらから!(PARTNER国際協力人材登録が必要となります。)
http://partner.jica.go.jp/TrainingSeminarDetail?id=a0S2v000016crobEAA

===【概要】===
■日時:2019/4/17(水)19:00ー21:00
■場所:JICA市ヶ谷ビル2階 国際会議場
■募集対象者:JICA社会人採用に関心のある方、他転職して国際協力の仕事に従事する意志を有する方
■募集人数:100名(先着順)

【登壇者(予定)】
・JICA人事部 人事企画課 白水 健一
・海外コンサルタンツ協会 事務局長 大塚 一雄
[パネリスト]
・JICA総務部 総務課 企画役 大井 綾子
・JICA人間開発部 基礎教育グループ 第一チーム 調査役 川田 耕造
・株式会社日本開発センター 調査部 主任研究員 井上 洋一

【プログラム(予定)】
・JICA社会人採用について(JICA人事部人事企画課)
・開発コンサルタンツの仕事について(海外コンサルタンツ協会)
・パネルディスカッション1「パネリスト自己紹介」
・パネルディスカッション2「パネリストへの質疑応答」
==========


投稿者: kokusai 投稿日時: 2019-4-5 18:42:56 (71 ヒット)

PARCでは4/20、4/21に代々木公園で開催されるアースディ東京を
お手伝いいただける方を大大募集中です!!
「地球のことを考える日」に様々な人びとと出会い、新しい世界に触れてみませんか?

ボランティアが全く初めての方も大歓迎! 1日だけ、数時間だけ、イベントに遊びにいったついでに
ちょこっとのお手伝いでも助かります!
もちろん終日参加、大歓迎!
シフトを組みますので、イベントも充分楽しみながら、ボランティア参加していただけます♪

みなさまのご参加お待ちしております。
お問合せもお気軽にどうぞ!

イベント日程

■日程2019 年4月20日(土)、21日(日)
●イベント:アースディ東京2019
●ボランティア時間帯:9:00?16:00(の中で都合の良い時間帯2時間からOKです。
終日のご参加大歓迎!!)
●場所:代々木公園
http://www.earthday-tokyo.org/
●ボランティア内容:PARC広報物(チラシ)の配布、設営、撤収、など


申込み・お問い合わせ
参加ご希望の方、またお問合せは、件名に「アースデイボランティア希望」と
ご記入の上、お手伝いいただける日程、時間帯、お名前、メールアドレス、携帯番号(当日の連絡先として)、募集を何で見たかを
PARC事務局(office@parc-jp.org)までご連絡ください。
折り返し詳細などご連絡差し上げます。
お友達同士のご参加も大歓迎です!
お問合せもお気軽に!

お電話でも受け付けています。
03-5209-3455(担当:高橋)

★特典★
5時間以上お手伝いいただいた方には、自由学校を1コマ無料にて受講できるチケットを差し上げています。
(受講不可能なクラスもございますのでご了承ください)。


投稿者: mudef_info 投稿日時: 2019-4-3 20:10:33 (111 ヒット)

一般財団法人mudef は、様々アーティストの社会貢献活動の窓口として、「音楽」と「アート」の力で世界規模の課題解決に取り組む団体です。

この度、mudef では、財団の活動をさらに拡充させるため、新たな事務局スタッフを募集することになりました。

担当業務は国内外でのプロジェクトの実施や資金調達サポートなどで、事務局として財団の運営に幅広く携わっていただきます。

所属アーティストとともに様々な社会問題の解決を目指し、意欲を持って活動に取り組んでくださる方のご応募をお待ちしております。

■ 団  体:一般財団法人mudef(ミューデフ) http://mudef.net

■ 職  種:mudef 事務局スタッフ 

■ 職種内容:

1)所属アーティストの社会貢献活動事業実施及び関連業務
 ・国内外で実施するアーティスト社会貢献活動事業の企画・運営
 ・各協力団体との連絡、調整
 ・関連SNSサイトの更新、HP管理等の広報活動
 ・事業におけるメディア対応
 ・活動報告書やパンフレット等の作成・更新
 ・そのほか事業に付随する業務全般
(2)一般財団法人mudefの運営・管理、連絡調整、資金調達のサポート業務

■ 募集人員:2名

■ 勤 務 地:東京都渋谷区 

■ 勤務時間:原則平日午前10時?午後6時(残業あり)
      *週休2日制(土・日・祝祭日休み)。夏季冬季休暇あり。
      *業務内容に応じて国内外出張、休日出勤あり(代休取得)。

■ 資  格:
(1)大卒以上 *社会経験、国際協力分野での経験は問いません
(2)幅広い視野で社会貢献活動を実践する意思を有する方
(3)PCを使用した業務(特にWord、Excel、PowerPoint)を遂行できる方
(4)以下のいずれかの経験があればなお可
広報PR、ウェブサイトの制作・管理、広報物制作、映像制作
(5)英語での業務遂行が可能であればなお可

■ 待  遇:経験を鑑み、当社の規定により待遇を決定します(社会保険完備)。※研修期間3ヶ月

■ 選考方法:第一次選考は書類審査、第二次選考は面接

■ 勤務開始:2019年7月(勤務開始時期は相談可能です)

■ 応募方法:メール( recruit@mudef.net )に以下の3点を添付して提出してください。
      いずれも書式は問いませんが、必ずPDF形式でお送りください。
      1)履歴書(カラー写真添付、E-mailアドレスも記入)
      2)職務経歴書
      3)志望動機書(A4用紙1枚程度)   
      *書類審査を通過した方に面接の日時の連絡をします。
      *応募書類は返却いたしません。

■ 締  切:2019年5月31日18時

■ 申込・問合せ先
  mudef 採用担当・石本
  recruit@mudef.net


投稿者: sdgsjapan 投稿日時: 2019-4-3 15:44:11 (64 ヒット)

「だれ一人取り残さない」SDGs達成に向けた、政策提言活動及び啓発活動(他セクター連携含む)に関心のある方、一緒に働いてみませんか。SDGsジャパンでは、下記の通りスタッフを募集します。

募集概要
○人  数:1名程度

○待  遇:一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク(SDGsジャパン)契約職員

○雇用期間:2019年5月7日?2020年3月31日(試用期間3カ月間)
※勤務状況、業務の進捗状況等により、更新する場合があります。(1年ごとの有期契約、最長5年)
※業務開始日について相談に応じます

○勤 務 日:月?金曜日の週5日もしくは、4日(土・日・祝日・年末年始休)

○勤務時間:10:00-19:00(昼食休憩1時間、実働8時間)
※イベントや会議での休日出勤、時間外勤務あり

○給  与:年齢・経験や能力を考慮の上、当法人規定による

○手  当:通勤手当

○業 績 給:年1回、業績評価による

○保 険 等:健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険加入

○そ の 他:年次有給休暇あり(6カ月継続勤務し、8割以上出勤した場合)

○勤務内容:
ネットワークの基盤を担いながら、SDGs市民社会ネットワーク事業全般に関すること。
(1) 市民社会のSDGs達成のための政策提言のとりまとめ
(2) (1)を実施するためのNPO・市民活動団体、行政や企業と協働し、SDGsを達成することを目的としたセミナー、ワークショップ、研修などの企画、運営、コーディネート及び業務に関連する事務。
(3) (1)(2)を実施するための事例・情報収集、啓発ツールの作成・発信
(主な担当事業概要:SDGs達成に向けた、市民社会ネットワークの構築、協働モデルの創出、参加の促進、行政/企業と 連携したセミナー・イベント開催、助成事業の管理事務、会員管理事務含む)

○勤 務 地:東京都台東区東上野1-20-6 丸幸ビル3F(応相談)

○応募条件:学歴、職歴、年齢、性別不問
・プロジェクト運営での社会人経験が3年以上ある。
・論理的思考と事務局能力に長けている。
・SDGsの達成にむけた市民社会の取り組みに共感をもっており、政策提言における市民参加、やネットワーク形成に関心がある
・事務作業を厭わず、コミュニケーション能力がある
・マイクロソフト「ワード」「エクセル」「パワーポイント」の扱いに習熟し、ウェブ更新やデータ処理などの知識・経験がある。
※2019年5月からの勤務が可能(応相談)で、職務に求められる知識・技能のある方を優先します。

〇応募方法
応募希望の方は、下記メールアドレス宛てにタイトルを「職員の応募について」とお書きの上、お問い合わせください。提出いただく書類(経歴書・課題など)について返信いたします。

〇応募期間
2019年4月25日(木)締切
※採用者が決定次第、応募を締め切ります。

〇問合せ・書類提出先
一般社団法人 SDGs市民社会ネットワーク(SDGsジャパン)
担 当:新田
メール:nitta[※]sdgs-japan.net [※]を@に変更のこと。
TEL:050-7505-5221(月・水・金)10:00-18:00電話受付け
住 所:東京都台東区東上野1-20-6 丸幸ビル3F


投稿者: Iinuma 投稿日時: 2019-4-3 14:39:58 (51 ヒット)

今、世界が推進するSDGs(持続可能な開発目標)に、皮革産業ができることとは何でしょうか。皮革に携わる企業、NGO/NPO、研究者が集う「やさしい革研究会」は、“4つのゼロ”、【仕事のストレス ゼロ】【動物のストレス ゼロ】【不公平・不公正な取引き ゼロ】【排水中のクロム ゼロ】からなる「やさしい革の約束」を国内外の業界全体に広めようと活動を始めました。本発表会では、“やさしい革のある暮らし”を目指す目標と3つのプロジェクトについて紹介します。

皮革業界のSDGsへの取り組みやエシカル消費に関心をお持ちの方のご参加をお待ちしております。

【開催概要】
日時:2019年4月11日(木)14:00-16:30
場所:地球環境パートナーシッププラザ(〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-53-70国連大学ビル1F、http://www.geoc.jp/access/、03-3407-8107)
参加費:無料(要事前申し込み、定員60名)

主催:地球・人間環境フォーラム、やさしい革研究会
協力:SDGs市民社会ネットワーク、日本エコツーリズムセンター(いずれも予定)
助成:トヨタ環境活動助成プログラム

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.gef.or.jp/news/event/190411yasashiikawa/


投稿者: ILAFJ 投稿日時: 2019-4-3 6:23:47 (40 ヒット)

私たちは年4回、活動状況をニュースレターにまとめて支援者の方にお送りしています。この発送作業を手伝って下さる方を募集いたします。作業は、送り状に手書きで宛名及び簡単なコメントを書いて頂き封入をするという簡単な作業ですから、どなたでもできます。
ボランティア活動に興味のある方、日韓に興味のある方、アジアへの支援に興味のある方、どなたでも大歓迎です。お気軽にご参加ください。申し込み方法は下記をご覧ください。定員もございますので、応募のない方の突然参加はお断りいたします。
また事前にご連絡頂けば、ボランティア活動証明書を発行します。
なお手当は無く、交通費・食費などの経費も全て自己負担となります。 
≪日時≫2019年4月20日(土) 9:00〜12:30ごろまで(早退も可)
☆終了後、時間のある方は一緒にお昼ご飯を食べましょう☆
≪場所≫アジア文化会館101号室
http://www.abk.or.jp/access/map.html
≪定員≫15名
≪応募資格≫
中学生以上、手書きで日本語が書けること。文字の巧拙は問いません。
添付ファイルを読めるアドレスをお持ちのこと(事前に資料をメールでお送りするため)
4月16日(火)までに申し込んで下さった方でご希望の方には、ボランティア保険を当会の負担でお掛けします。ボランティア保険の詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.tokyo-fk.com/volunteer/document/V1-hokennaiyou2017.pdf
≪お申し込み≫ 締切4月18日(木)
下記を記入し、nikka17@iloveasia2.sakura.ne.jp までメールでお申し込み下さい。
件名: 「4/20(土) ニュースレター発送ボランティア申し込み」
携帯からでも、必ず件名を記入して下さい。(スパム分類された場合の見落しを防ぐため)
本文:
(1)氏名(ふりがな)   (2)性別   (3)年齢   (4)職業  (5)郵便番号・住所  (6)携帯番号
(7)PCメールアドレス  (8)何で本募集を知ったか、(インターネットサイトの場合はサイト名)
(9)ボランティア保険への加入希望の有無   (10)ボランティア活動証明書希望の有無
連絡の都合上、携帯番号とPCメールアドレスを必ず記入して下さい。
担当 長内(おさない)
*なお、頂いた個人情報は、このイベントの連絡及び今後の当会からの連絡だけに使わせて頂きます。また、その取扱は当会の個人情報保護規則に従います。
日韓アジア基金とは
日韓の若者が、協働してアジアの恵まれない人達を支援する中で互いを知り、歴史の壁を超えたいという想いで設立されたNPO法人です。その一歩として現在カンボジアで、小学校の不足教科書補充支援を行っています。
ホームページ http://iloveasiafund.com/


投稿者: sva 投稿日時: 2019-4-2 11:49:00 (45 ヒット)

今なお、タリバンやISによる攻撃やテロが相次ぎ、隣国からの難民帰還など、情勢が不安定なアフガニスタンでは、国民の80%が何らかの心理的ストレスを抱えていると言われています。
多くの子どもたちが教育を受けられず、特に帰還民の子どもたちは居場所がなく、攻撃に巻き込まれたり、人身売買、子ども兵への徴用など、さまざまなリスクにさらされています。

そんなアフガニスタンでシャンティは2003年から、国の未来を支える子どもたちに教育の機会を届けるため、学校や図書館建設などに取り組んでいます。
2018年末までに40校、142館を建設し、日本から12,691冊の絵本を届けてきました。

図書館事業を担当するアフガニスタン・カブール事務所のスルタナ・ハムラズが来日し、本や図書館がアフガニスタンの子どもたちにもたらした希望になっている様子をお伝えします。
また今回はアフガニスタンの女性から話を聞くことができる貴重な機会です。ぜひご参加ください。


【こんな方にオススメ】
・国際協力の現場について知りたい方
・本や図書館を通じた支援に関心がある方
・アフガニスタンに興味がある方


●日時
2019年4月15日(月)19:00-20:30

●会場
聖心女子大学4号館/聖心グローバルプラザ 1F BE*hive
(東京都渋谷区広尾4-2-24)
※最寄駅 東京メトロ日比谷線「広尾」駅 4番出口から徒歩1分

▽アクセス
https://kyosei.u-sacred-heart.ac.jp/access/

●定員
30人

●参加費
無料

●主催
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会


●登壇者
スルタナ・ハムラズ

シャンティ・アフガニスタン事務所 図書館事業課 学校図書館担当。
カブール大学の経済学部計画管理学科を修了し、2013年入職。


●お申込み方法
▽こちらのWEBフォームよりお申し込みください。
https://sva.or.jp/contact/event/70110000001KCWf.html


●お問合せ
〒160-0015 東京都新宿区大京町31 慈母会館2,3階
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
担当:広報課
Tel:03-6457-4585
Fax:03-5360-1220
Email:pr@sva.or.jp

▽イベントにつきまして詳しくはこちらのページをご覧ください。
http://sva.or.jp/wp/?p=32902


投稿者: DEAR 投稿日時: 2019-4-1 14:53:32 (53 ヒット)

「世界一大きな授業」の実施団体である開発教育協会と、熊本YMCAは、キャンペーンを広める人を対象としたワークショップを開催し、「世界一大きな授業」を実施できるファシリテーターを育成します。

「世界一大きな授業」を学校やゼミ、サークル、グループでやってみたい!という方を対象にした2時間半のプログラムです。

<日時>
2019年5月12日(日)13:30?16:00(13:00受付開始)
※参加者の皆さまのために定時開始にご協力ください。

<会場>
熊本YMCA中央センター2階・ジェーンズホール(新町1-3-8)
※公共交通機関をご利用ください
地図:http://www.kumamoto-ymca.or.jp/chuou/413.html
交通:蔚山町電停下車徒歩1分

<対象>
・「世界一大きな授業」を今年実施したい方。
・学生、教員、教員志望の方、テーマに関心ある方、はじめての方もどうぞ。

<参加費>
無料
※キャンペーンを実施し広めるためのご寄付を募っています。
※当日、500?1,000円程度を目安にご寄付をいただけると助かります。

<定員>
40名 ※要申込・先着順

<内容>
・「世界一大きな授業2019」教材よりワークショップ体験
・ファシリテーターのコツや実践に向けての意見交換
・「世界一大きな授業」キャンペーンのご紹介、他

<主催>
教育協力NGOネットワーク(JNNE)

<協力>
熊本YMCA、NPO法人開発教育協会

<お問合せ・お申込み>
NPO法人開発教育協会(DEAR)担当:八木
Tel: 03-5844-3630(平日10時?18時)
事前に以下の申込フォームよりお申し込みください。定員に達し次第締切ります。
参加者数に限りがあるため、キャンセルされる場合はお早目にご連絡ください。
http://www.dear.or.jp/getinvolved/e1904jnne_kumamoto.html

<「世界一大きな授業」とは…>
「世界一大きな授業」は、世界100カ国で子どもたちと一緒に教育について考える世界規模のイベントです。

現在、世界で小学校に通えない子どもは6,400万人、読み書きができない大人は7億5,000万人も存在します。こうした事実の背景には、戦争や貧困などはもちろん、教育の機会が与えられなかった人々が直面する厳しい現実など、さまざまな問題が隠れています。

2015年9月に国連総会は「持続可能な開発目標」(SDGs=Sustainable Development Goals/通称:エス・ディ・ジーズ)を採択し、2030年までにすべての子どもが質の高い就学前教育、初等教育、中等教育を受け、大人の識字率も大幅に改善することを新たな目標として掲げました。

「世界一大きな授業」とは、そんな世界の現状に目を向け、教育の大切さを、同じ時期に考えようという地球規模のイベントです。世界100カ国でNGOや学校の先生たちが参加するグローバル・キャンペーンです。

公式ウェブサイト:http://www.jnne.org/gce/
公式Facebookページ:https://www.facebook.com/jnne.gce/
公式Twitter:https://twitter.com/JNNE_GCE


投稿者: cherno 投稿日時: 2019-3-31 20:50:09 (40 ヒット)


?チェルノブイリ33年・福島8年 救援イベント?
講演 崎山比早子さん
「原発事故から8年 福島における小児甲状腺がんの多発」

2019年4月21日(日)
19:00?21:00(開場18:30)
会場:ココネリホール(練馬区立区民・産業プラザ3F、練馬駅北口徒歩1分)
〒176-0001 東京都練馬区練馬1-17-1
http://coconeri.jp/access.html

入場料 予約800円/当日1000円 (全席自由) 定員300名
※予約受付は4/18(木)午後3時まで。定員になり次第お申し込みを締め切ります。

 事故現場には危険が一杯。それなのに政府は有害無益な除染を行い、避難指示を解除、20mSv帰還政策を強行し、小児甲状腺がんは数十倍に多発していても被ばくとの関係は考えにくい、という。市民はなにをすべきか?

崎山比早子:医学博士、千葉大学医学部大学院卒
元マサチューセッツ工科大学研究員/元放射線医学総合研究所主任研究官/元国会東京電力福島第一原子力発電所事故調査委員会委員/高木学校・原子力教育を考える会のメンバー/3.11甲状腺がん子ども基金代表理事

<支援活動の報告>
◆「チェルノブイリ子ども基金」事務局長 佐々木真理 
◆「未来の福島こども基金」代表 黒部信一

♪フルート演奏 吉原りえ

☆賛同金を募集中。収益は、チェルノブイリと福島の原発事故で被災した子どもたちの救援金にあてられます。
一口1,000円 郵便振替口座 00160-4-98316 口座名 チェルノブイリ子ども基金

<主催>チェルノブイリ子ども基金/未来の福島こども基金

<お問い合わせ先> チェルノブイリ子ども基金 
〒177-0041 東京都練馬区石神井町3-16-15-408
TEL/FAX 03-6767-8808 E-mail cherno1986@jcom.zaq.ne.jp
http://ccfj.la.coocan.jp/index.html


チェルノブイリ子ども基金" target="_self">http://ccfj.la.coocan.jp/saishin.htmlチェルノブイリ子ども基金


投稿者: plan-japan 投稿日時: 2019-3-28 14:22:03 (56 ヒット)

支援者説明会「プラン・ラウンジ」は、どなたでもご参加いただけます。
プラン・インターナショナルの支援を検討されている方、またすでにご支援をされている方もお気軽にお申し込みください。

4月の「プラン・ラウンジ」は、インドネシア国統括事務所長ディニ・ウィディアスチュチによる活動報告をお届けいたします。
2018年9月28日、インドネシア中部のスラウェシ島で発生したマグニチュード7.5の地震と津波により、2000人以上の人々が命を落とし、避難者数が20万人を超えるなど甚大な被害が報告されました。日本では地震発生直後からご寄付を募り、子どもと女性のニーズにとくに配慮しながら、子どもの保護と教育、衛生の分野を中心に緊急支援を行いました。今回は、日本の皆さんからのご寄付で実施された支援について報告すると同時に、インドネシアにおけるプラン・スポンサーシップの活動について、現場の視点からお伝えいたします。当日は、日本語通訳がつきます。

ディニ・ウィディアスチュチからのメッセージ
当日は、私が携わった緊急支援活動についてお話ししたいと思います。また、インドネシアで長きにわたり実施しているプラン・スポンサーシップについてもお話いたします。皆さまから寄せられたご寄付が、多くの子どもたちの苦しみを柔らげ、笑顔が戻るきっかけとなるとともに、子どもたちに安心感や守られているという実感をもたらしています。また、被災した大勢の子どもたちが復学を果たしています。日本の皆さまにお目にかかるのを楽しみにしています。

ディニ・ウィディアスチュチのプロフィール
インドネシア出身
インドネシア大学経済学部で経済開発の学士号を、ロンドン大学東洋アフリカ研究学院で東南アジア研究の修士を修士号を取得。
ASEAN(東南アジア諸国連合)をはじめとする政府機関、英国に拠点を置いてジャーナリストを守るために活動しているARTICLE19などNPOなどの要職を歴任。国際NGO Oxfam(オックスファム)インドネシア支部責任者、IBCWE (Indonesia Business Coalition form Women Empowerment)事務局長を経て、2018年1月から現職。

担当スタッフのメッセージ
皆さんのご寄付がどのように使われているのか、現地の職員から直接、話を聞ける貴重な機会です。どうぞ奮ってご参加ください。

タイトル 「インドネシア国統括事務所長ディ二・ウィディアスチュチによる活動報告
?インドネシア地震 緊急支援およびプラン・スポンサーシップ活動報告?」
日時 2019年4月20日(土) 14:00?16:00
場所 プラン・インターナショナル事務局 11F
東京都世田谷区三軒茶屋2-11-22 サンタワーズセンタービル11F
(田園都市線/世田谷線 三軒茶屋駅より徒歩5分)
https://www.plan-international.jp/about/planinternationaljapan/access/

※参加費無料。要予約。欠席をされる場合はご連絡ください。
先着50名
申込み方法
以下のフォームより必要事項を入力し、お申込みください。
https://www.plan-international.jp/form/eventform_plan/

詳細
https://www.plan-international.jp/news/event/20190301_14763/

今後の予定
2019年5月18日(土) 14:00-16:00 「“遠い国の女の子の親になる”ってどんなこと? 座談会&交流会」
場所:プラン・インターナショナル事務局


広報マーケティング部 広報チーム (受付は前日17:00まで)
TEL:03-5481-0030(平日9:00-17:30)
FAX:03-5481-6200
E-mail:event@plan-international.jp

〒154-8545
東京都世田谷区三軒茶屋2-11-22 サンタワーズセンタービル 10階&11階
公益財団法人 プラン・インターナショナル・ジャパン
TEL:03-5481-0030(平日9:00?17:30)
https://www.plan-international.jp/




投稿者: PARC 投稿日時: 2019-3-27 14:58:04 (44 ヒット)

G20サミット・大阪に向けて?
グローバルな市民社会からの提起

G20 サミット(金融・世界経済に関する首脳会合)が2019年6月28日、29 日に大阪で開催されます。
先進国と大きな新興国で構成され、リーマン・ショックを契機に閣僚会議から首脳会議に『格上げ』されたG20。あくまで議論の場という位置づけですが、参加していない途上国や新興国、そしてそれらの国々を含む人びとの声はなかなか届きません。暮らしに関わる重要な課題が、一部の国々のトップだけで議論される状況に、市民社会はどのように向き合えばいいのでしょうか。
またグローバルな課題を解決するためには、誰がどのようにルールや政策を決めるべきなのでしょうか。この連続講座では、国際市民社会や各国の運動の視点から、G20 の意味を改めて問い直し、世界と私たちのつながりを考えます。

<第1回>誰が世界に貧困・格差を作りだしているのか!?

途上国だけでなく、先進国においても貧困や格差は広がっています。経済のグローバリゼーションがもたらした結果と言われますが、実際には誰がどのように政策やルールを決めてきたのでしょうか? 途上国や各国の市民、貧困層の視点から、G20 という場を根本的に問い直すと同時に、日本の政策そして社会運動のあり方を考えます。

■日 時:2019年4月9日(火)19:00?21:00

■会 場:PARC自由学校 2F 教室 

■参加費:500 円(C20 市民社会プラットフォーム参加団体・学生は無料)

■スピーカー
◆松本 哉(素人の乱5 号店 代表)
◆稲場雅紀(C20 市民社会プラットフォーム共同事務局 ディレクター)

こちらのページからお申し込みいただけます。
http://www.parc-jp.org/freeschool/event/19G20.html

・*******************************************************

NPO法人 アジア太平洋資料センター(PARC)
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル
Tel:03-5209-3455 Fax:03-5209-3453  e-mail:office@parc-jp.org


投稿者: cherno 投稿日時: 2019-3-26 13:32:37 (58 ヒット)

チェルノブイリ子ども基金


??? チェルノブイリ33年・福島8年 救援イベント ???
講演会「原発事故から8年 福島における小児甲状腺がんの多発」

チェルノブイリ原発事故から33年。被災地では次世代の子どもにも健康被害は続いている。一方、8年が経過した福島原発事故もいまだ収束していない。事故現場は危険にあふれているというのに、政府は有害無益な除染を行い、避難指示を解除、20mSv帰還政策を強行し、小児甲状腺がんが数十倍に多発していても被ばくとの関係は考えにくい、という。このような今、市民はなにをすべきか?


日時:2019年4月21日(日)19:00?21:00 (開場18:30)
会場:ココネリホール(練馬区立区民・産業プラザ3F)
入場料:予約800円/当日1000円 (全席自由) 定員 300名
※予約受付は4/18(木)午後3時まで。定員になり次第お申し込みを締め切ります。

・講演:崎山比早子(医学博士 千葉大学医学部大学院卒/ 3.11甲状腺がん子ども基金代表理事/元放射線医学総合研究所主任研究官)
・支援活動の報告:「未来の福島こども基金」代表 黒部信一/「チェルノブイリ子ども基金」事務局長 佐々木真理 
・フルート演奏:吉原りえ

☆イベント開催のための賛同金を募集しています。
一口1,000円 郵便振替口座 00160-4-98316 口座名 チェルノブイリ子ども基金

☆この催しの収益は、チェルノブイリと福島の原発事故で被災した子どもたちの救援金にあてられます。

<主催>チェルノブイリ子ども基金/未来の福島こども基金

<お問い合わせ先> チェルノブイリ子ども基金 
〒177-0041 東京都練馬区石神井町3-16-15-408
TEL/FAX 03-6767-8808 
E-mail cherno1986@jcom.zaq.ne.jp


投稿者: JANICSEMINAR 投稿日時: 2019-3-25 16:10:45 (62 ヒット)

本年6月に大阪で開催されるG20サミットに先駆けて、市民社会が集まり、政策提
言書をG20議長に手渡す場であるC20サミット(Civil 20 Summit)を開催します。
https://civil-20.org/c20_summit_registration_is_now_open_until_7_april/

JANICは、一般社団法人SDGs市民社会ネットワークとともに、C20事務局を務めて
おります。

C20をはじめとするエンゲージメント・グループがG20サミットの一環として公式
に位置づけられた2013年のロシアG20サミット以来、歴代のG20議長国は市民社会
との対話に臨んだり、政策提言書を受け取ったり、G20の課題に対する自らの考
えをC20サミットの場で発言したりしてきました。その結果、サミットの議論が
厚みのあるものになってきました。

今年のC20サミットは3日間開催されます。初日は、SDGゴール16「平和と公正」
に焦点を当て、アジアにおける市民社会スペース、ジェンダー&LGBT、腐敗と民
主的ガバナンス、市民社会への資金的制限、科学・技術と市民社会、子どもへの
暴力(SDGターゲット16.2)など、多様な分科会を通じて考え、「東京デモクラ
シーフォーラム宣言(仮)」を発表します。

2日目と3日目は、特別セッションとして、G20議長である安倍総理に出席いただ
き(調整中)、C20が作成した政策提言書(C20 Policy Pack)を手渡し、さらに
C20の各ワーキング・グループによるワークショップや分科会を開催、提言書に
盛り込まれた内容を紹介します。また、G20の実質的な議論を形成しているシェ
ルパトラックおよび財務トラックの代表をG20政府から招待し、市民社会との対
話を予定しています。

ぜひこの機会にC20サミットに参加し、市民社会からの提言をG20議長をはじめと
する政府に届けませんか。

※本イベントは原則として完全事前登録制です。

【日時・場所】
2019年4月21日(日)9:00-19:30(※時間は調整中)
 聖心女子大学グローバルプラザ(東京都渋谷区広尾4-2-24 聖心女子大学4号館)
 http://kyosei.u-sacred-heart.ac.jp/access/

2019年4月22日(月)、23日(火)9:00-19:30(※時間は調整中)
 虎ノ門ヒルズフォーラム(調整中)(東京都港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー5階)
 http://forum.academyhills.com/toranomon/access/

【言語】
英語(一部、日英通訳あり)

【参加費】
無料

【申込ページ】
https://civil-20.org/c20_summit_registration_is_now_open_until_7_april/

【締切】
2019年4月7日(日)

【お問い合わせ】
2019 G20サミット市民社会プラットフォーム
http://www.civil-20.jp/#_9


投稿者: hiveronica 投稿日時: 2019-3-22 15:14:53 (64 ヒット)

【参加者募集】国際交流活動
http://seichi-no-kodomo.org/activity/exchange/peace-bridge/application/2019-detail/

『平和の架け橋2019』の参加者を募集!

イスラエル・パレスチナの青年と長野で共同生活とボランティア。
紛争という命の危険を身近に知る、イスラエルとパレスチナ。
日本人のあなたが、紛争国の若者同士をつなぐ『平和の架け橋』になりませんか。
そして三ヵ国の現実を通じて、平和について一緒に考えてみませんか。

・日程  :2019年8月7日(水)から 8月22日(木)
・活動地域:仙台、長野県善光寺と東京
・募集対象:18歳から25歳までの学生(男・女)
・応募締切:4月25日(木)

募集要項・応募方法等の詳細は、下記HPをご覧下さい。
▼『平和の架け橋2019』 募集サイト
http://seichi-no-kodomo.org/activity/exchange/peace-bridge/application/2019-detail/


投稿者: chikyunoki 投稿日時: 2019-3-15 15:01:28 (97 ヒット)

日本で一番愛され、食べられているバナナ。
バナナはどのように作られているのでしょうか。
いいバナナとはどんなバナナでしょうか。
この映画を見て、身近なバナナの事、知ってみませんか?
4/13日(土) に「甘いバナナの苦い現実」の上映会・トークを開催します。

◎イベント概要◎
■日時:2019年4月13日(土)13:30?16:00
― 13:30?15:00 映画上映
― 15:00?16:00 アフタートーク
■トーク講師:石井正子氏
立教大学教授。紛争研究と国際協力の研究者。フィリピン南部が主なフィールド。
■場所:横浜市青少年育成センター第1研修室(関内ホール地下2F)
■地図:http://yokohama-youth.jp/ikusei/access/
■参加費:500円
■定員:72名(定員になり次第締め切ります)
■お申込み:https://www.sslforms.net/ssl/e-tree_snkfrm/mailform.html
■主催:NPO法人地球の木
■協賛:NPO法人APLA、株式会社オルター・トレード・ジャパン

◎映画紹介◎
日本で最も愛され、食べられている果物、バナナ。しかし、その生産現場を私たちが目にすることはほとんどありません。日本のバナナの主要な輸入先であるフィリピンのミンダナオ島では、近年、「高地栽培バナナ」の生産が盛んです。日中と夜の寒暖差が大きい高地で時間をかけてつくられるバナナが、日本市場向けに開発されました。
この高地栽培バナナは、一般的なバナナよりも糖度が高く「甘くておいしい」と人気の商品で、島の豊かな自然の恵みとも謳われてもいます。ところが、生産現場を訪れると、農薬の空中散布にさらされて暮らす生産者や近隣住民の姿がありました。人びとは皮膚や目の異常を訴え、飲み水の汚染にも苦しんでいます。企業と契約を結んだ人びとからは、不透明で不公正な契約に対する怒りの声も聞こえてきました。
一方、ミンダナオ島には、公正な取引と農民の自立、農薬を使わない栽培を目指すバナナ生産者や、それを支えるパートナーの取り組みも徐々に広がっています。
故・鶴見良行が『バナナと日本人』で私たちとバナナ生産地の関係を問いかけてから約4 0 年。多国籍企業による世界の農業・フードチェーンの支配に対して、私たちは何ができるのでしょうか。バナナを通して世界と日本を見つめなおします。
監修: 石井正子(立教大学異文化コミュニケーション学部教授)、田坂興亜(アジア学院理事・元国際基督教大学教授)
監督: 村上良太
ナレーション: 志摩 淳
監修協力: 大江正章
企画協力: 株式会社オルター・トレード・ジャパン(ATJ)
特別協力: 印鑰智哉
協力:
一般社団法人 農民連食品分析センター/エシカルバナナ・キャンペーン/株式会社 アクロスエンタテインメント/特定非営利活動法人APLA /特定非営利活動法人 ビラーンの医療と自立を支える会/Studio Cross Edge
制作: 特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC)


投稿者: sva 投稿日時: 2019-3-11 12:08:22 (102 ヒット)

シャンティ国際ボランティア会は2014年にミャンマー事務所を開設し、小学校に通えなかったり、貧困のため読み書きができない人々のため、絵本を届けてきました。

まだまだ子どもたちの本が不足しているミャンマーへ絵本を届けるため、翻訳絵本作り(*1)のイベントを開催します。
イベントでは、絵本を届けるミャンマーを身近に感じていただけるよう、誰もが使うことができる自由な地図「OpenStreetMap(*2)」の作成体験も行います。
本イベントは、プロジェクトを持ち寄り、仲間を集め、みんなでサービスを作り上げるイベント「Social Hack Day(*3)」内の一つのプロジェクトとして実施します。

(*1)翻訳絵本作り

本が少ない地域へ、日本で出版されている絵本に現地語の翻訳シールを貼りつけて届けています。
翻訳シールを貼りつけた絵本は、シャンティが行っている移動図書館活動などを通じて、ミャンマーの子どもたちに届けられます。

(*2)OpenStreetMap

誰もが使うことができる自由な地図データの作成と提供を目的とした世界規模の地図プロジェクトです。
誰もが参加できることから“地図のWikipedia”とも呼ばれています。

(*3)Social Hack Day

何かやりたい人、やっている人がプロジェクトを持ち込んで、仲間を募り、みんなで手を動かしながらサービスをつくりあげるイベントです。
2カ月に一度、東京や神戸、岐阜などで同時に開催され、オンラインで交流しています。

ミャンマーに絵本と地図を届ける理由
「アジア最後のフロンティア」と呼ばれるミャンマーでは、経済発展が進む一方、子どもたちのための本が不足しています。
教育を受ける機会が限られている子どもたちが、貧困から抜け出し、生きる力を身につけられるよう、ミャンマーへ絵本を届けています。

OpenStreetMapに参加する世界各地のボランティアは、自分の住む地域の現地知識をOpenStreetMapに加えることで、これまでにない最高の地図を作り上げようとしています。
しかし、世界には詳細な地図の存在しない国や地域も多く存在します。
今回のイベントでは、シャンティ国際ボランティア会が活動するミャンマーの地図を作成します。

イベントを通じて、作られた翻訳絵本はシャンティの移動図書館活動などを通じて、ミャンマーの子どもたちに届けられます。
また、イベント中に作成された地図は、誰もが閲覧できるようになり、ミャンマーで活動する現地職員や現地のOpenStreetMapコミュニティの日々の活動に利用されます。

あなたの作った絵本と地図が、ミャンマーの人々に届きます。ぜひ、お気軽にご参加ください。


●日時
2019年3月23日(土)13:00-17:00

●会場
SENQ霞が関
(東京都千代田区霞が関一丁目4番1号 日土地ビル2F)

●会場最寄駅
東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅 7番出口 徒歩1分
東京メトロ千代田線・日比谷線・丸ノ内線「霞ケ関」駅 A12番出口 徒歩3分
▽アクセス
https://www.senq-web.jp/office/kasumigaseki

●定員
30人

●参加費
無料


●プログラム
13:00-13:30 イベント趣旨や各活動の紹介
13:30-15:00 翻訳絵本作り
15:00-16:30 OpenStreetMap作り
16:30-17:00 Social Hack Dayイベントまとめ

●持ち物
・はさみ(シールを切るために使います)
・ペン (作った絵本にご自身のお名前を書くために使います)
・ノートパソコン(Mac/Windows可、ただしiPadは不可)
・マウス(推奨)
・OpenStreetMapのアカウント(推奨)
※当日アカウントを作成いただいてもかまいません。
▽OpenStreetMapアカウント作成はコチラから
https://www.openstreetmap.org/user/new?cookie_test=true

●お申込み方法
▽こちらのWEBフォームよりお申し込みください。
https://sva.or.jp/contact/event/70110000001MRdh.html

●設備
電源、フリーWiFiあり

●共催
一般社団法人オープンストリートマップ・ファウンデーション・ジャパン
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
一般社団法人コード・フォー・ジャパン

●お問合せ
〒160-0015 東京都新宿区大京町31 慈母会館2,3階
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
担当:広報課
Tel:03-6457-4585
Fax:03-5360-1220
Email:pr@sva.or.jp

▽イベントにつきまして詳しくはこちらのページをご覧ください。
http://sva.or.jp/wp/?p=32083


(1) 2 3 4 ... 572 »
NGO network Japan