ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
投稿者: SJF 投稿日時: 2015-8-10 15:03:59 (563 ヒット)

ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)第4回助成公募

●助成事業趣旨

ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)は
社会的課題に向き合い
解決策を提案する市民活動「アドボカシー活動」を
民間の力を集めて支援する市民ファンドです。

市民の力で「未来をつくりだす一歩」を踏み出そう。
希望を持ち続けていくために。
その土台となる「よりよい社会」を実現するために
多様な人々が歩みよれる「公正さ」を見出したい。
社会の一般的な考えや今の政策・制度では見逃されがちだが
大切な社会的課題についてのアドボカシー活動を支援します。

社会テーマを見える化する対話の場づくりと一体となった
助成金の提供が、アドボカシー活動を深化させる
駆動力となっています。

SJFは、「認定NPO法人まちぽっと」による日本最初の市民ファンド「草の根市民基金・ぐらん」に次ぐ2つめの助成事業です。約20年にわたり草の根の市民活動を支援してきた「ぐらん」の経験を活かしながら、社会課題解決のための市民による政策提案・社会提案型の事業を応援することを目的に2011年10月に設立されました。

●助成テーマ
以下のテーマを対象とした「アドボカシー活動」を募集します。
<公募テーマ1>  
   「子ども・若者の未来に関する取り組み」
<公募テーマ2>
    「原発事故による社会課題解決への取り組み」
<公募テーマ3>
    「見逃されがちだが、大切な問題に対する取り組み」

●支援金額
総額 300万円(1案件の助成上限は100万円)
            ※自己資金充当、費用項目についての条件はありません。

●助成期間
活動期間は以下のいずれかを対象としますが、期間内であれば申請内容によって変更可能です。
(1) 2016年1月 ? 2016年12月 (100万円以内×1年間)
(2) 2016年1月 ? 2017年12月 ( 50万円以内×2年間)

●応募資格
概略は次のとおりですが、詳しくは2015年度公募要綱をご確認ください。

1)「不公正の是正」「市民社会の形成」を目的とした、アドボカシー事業であること
 助成は「社会課題の現場で直接的な支援やサービスを提供する活動」ではなく、「社会課題の原因を改善し、新たな制度を提案するアドボカシー(社会提案)活動」で、現場・地域の直接的活動なども含めて普遍性のある活動を対象とし、以下の5項目を満たすことを原則とします。
(1) 社会の不公正を正す目的をもった活動
(2) 市民社会の形成に寄与する活動  
(3) 自発性にもとづき自主的に運用されている活動
(4) 透明性のある情報開示をともなう活動
(5) 営利を目的としない活動

2)アドボカシーカフェを共催し、多様な市民との対話ができること
 SJFでは、アドボカシー活動を実現するには一方的に意見を主張するのではなく、多様な皆さまとの対話による提案のブラッシュアップが欠かせないと考えています。そのため、助成決定団体については、助成団体が提案するテーマを共に議論し、意見を作り上げる場「アドボカシーカフェ」を共催し、企画協力やご登壇いただくことを条件とします。

●申込受付期間
2015年 9月 1日から9月 30日

●詳細 (公募要綱・応募方法)
http://socialjustice.jp/p/2015fund/ 

●支援元・問い合わせ先
認定NPO法人まちぽっと ソーシャル・ジャスティス基金(SJF) 
Tel: 03-5941-7948 FAX: 03-3200-9250
HP: http://socialjustice.jp/


投稿者: PARC 投稿日時: 2015-7-3 14:33:06 (620 ヒット)

現在製作中(8月完成予定)のPARC新作DVD『支えあって生きる?社会的企業が紡ぎ出す連帯経済』を、皆さまからのご寄付によってスケールUPさせてください!!

利益だけを追求するのではなく、またボランティアでもない、社会のためになる企業体-「社会的企業」。
今、過酷な就労環境の中で若者が追い詰められています。 内定取り消し、雇い止めばかりでなく、ブラック企業で心や体を病んだり、いったん介護や出産で第一線を離れると社会復帰はとても困難です。しかし、人と闘い、有名大学を出て一流企業でお金を稼ぐことだけが「人生の成功」なのでしょうか?人と人とが支え合い、地域社会と密着して働く"新しい仕事のかたち=社会的企業"。
この企画では、日本国内の先駆的な事例はもちろん、社会的企業先進国である韓国取材も行います。
これまでのPARC作品より一回り大きなスケールでの制作です。
そこで今回は、PARCビデオ初の試みとしてクラウドファンディングによって、
皆さまから広く制作費のご寄付をお願いします!!
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓詳しくはコチラのページにアクセスください!!↓Motion Gallery
<https://motion-gallery.net/projects/parc201503>
---「社会的企業--もうひとつの生き方を探して(仮タイトルで掲載中)」---
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ぜひ、よろしく応援くださいますよう、お願い申し上げます!!!

特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC)
田所 準子
E-mail: video@parc-jp.org <java script:;>
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455 FAX.03-5209-3453


投稿者: SJF 投稿日時: 2015-6-9 10:18:42 (532 ヒット)

=『民主主義をつくるお金』出版プロジェクト=
 
 いまだ紛争はなくならず、テロは拡大しています。グローバル競争は激化し自己責任が求められ、不安定感と格差が広がっています。そんな中でも、希望の持てる社会を実現したいと具体的に取り組み始めている人がいます。一方で、いまの社会を変えたいと思いながらも具体的にどうしたら良いのか分からず戸惑っている人もいます。社会のために何か貢献できないかと模索している人もいます。社会性を失い、孤立する人が増えている今、ひとりひとりの想いや考えが生かされる社会はどのようにつくっていけばよいのでしょうか。多様な立場の人々と共に「よりよい社会」を実現するには、何が共有されていけばよいのでしょうか。

 市民自らが政策提案に参加できる仕組みづくりを支援したい。
「社会的公正」の視点から、社会の一般的な考えや今の政策・制度では見逃されがちだが、大切な社会的課題について。
ソーシャル・ジャスティス基金による、資金の助成と社会対話の場づくりを両輪とする支援の実践から見えてきたことを、広く共有し深化させていくために出版します。

ぜひ、クラウドファンディングサイト・READYFORから応援ください。
★期限 6月19日(23時)
★詳細 https://readyfor.jp/projects/socialjustice

※お問い合わせ先
認定NPO法人まちぽっと ソーシャル・ジャスティス基金
http://socialjustice.jp/


投稿者: ecoj 投稿日時: 2015-6-5 16:44:48 (569 ヒット)

【 助成の趣旨 】
 美しい自然や希少な野生生物の生息地などの貴重な自然環境を守り、将来世代に引き継いでいくための助成です。
 資金を提供する(公財)自然保護助成基金と(公社)日本ナショナル・トラスト協会が協力して、重要な自然地を買い取り等によって守るナショナル・トラスト活動を支援する助成を、2005年に開始しました。開発等の脅威にさらされながら、日本の大切な自然を守るために活動している団体に対して助成を行っています。


 《 過去の助成先例 》
 ・絶滅の危機にあるツシマヤマネコやキタサンショウウオの生息地
 ・20種にも及ぶ絶滅危惧種が自生している阿蘇の草原
 ・タンチョウもすむラムサール条約登録湿地に隣接する水源の森 など

・―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【主催】 (公財)自然保護助成基金、(公社)日本ナショナル・トラスト協会


【募集締切】
 2015年8月28日(金) 消印有効
 ※緊急案件は随時受け付けますのでご相談ください。


【助成対象】
 ★対象となる活動
  ・自然保護のために土地を購入する費用(あるいは借地にかかる費用)
  ・トラスト団体の立ち上げにかかる費用
  ・本助成を活用して取得したトラスト地に係る維持管理費用、看板・柵・歩道等の整備費用、
   PR用パンフレット等の作成費用
  ※土地の取得を含まない活動は助成の対象となりません。

 ★対象となる土地
  ・希少な野生の動植物保護や、生物多様性の保全が必要な土地
  ・各種法制度によって保護されていない土地
  ・購入または借り入れについて地権者の理解が得られている土地
  ・第三者の権利(抵当権など)が設定されていない土地

 ★応募資格
  ・法人格を有していること。
  ・非営利の活動団体で、地域に根ざした活動をしていること。
  ・特定の政党や宗教への偏りをもたない団体であること。
  ・助成対象事業を行うための組織体制が整っていること。


【助成内容】
 ★助成期間
   最長5年間

 ★助成金の使途
 (3),(4),(5)の助成を受ける際には、(1)に該当する助成を受けていることを条件とします。
  (1)トラスト地の土地購入代金または借地料
  (2)トラスト団体の立ち上げの諸費用
  (3)トラスト地の維持管理費用および団体の運営費用
  (4)トラスト地の看板・柵・歩道等の整備費用
  (5)トラスト地のPR用パンフレット等の作成費用

 ★助成金額
  1件につき800万円(上限)

 ★申請書類の請求方法
  ・下記ウェブサイトからダウンロードできます。 
   http://www.ntrust.or.jp/gaiyo/joseikin.html

  ・郵送による請求も可。請求者の宛名を記入した角2サイズ(A4サイズの書類が
   折り曲げずに入る大きさ)の返信用封筒に140円切手を貼ったものをお送りください。


【問い合わせ先】
  (公社)日本ナショナル・トラスト協会 助成金係
  〒117-0021 東京都豊島区西池袋2-30-20 音羽ビル
  TEL: 03-5979-8031   FAX: 03-5979-8032


投稿者: kigyoujuku 投稿日時: 2015-6-2 17:53:10 (510 ヒット)

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  社会課題に挑むアナタを全力で応援する、若き社会起業家の登竜門

     社会起業塾イニシアティブ2015 参加メンバー募集!
          http://kigyojuku.etic.or.jp/
 -------------------------------------------------------------
 ◇エントリー〆切:2015年6月15日(月)昼12:00迄
 ◇募集説明会:2015年6月3日(水)・6月8日(月)19:00?21:00(渋谷)
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃” 社会を変える計画 ”を磨ききる。
┃ スタートアップ期から成長のステージへ

 2002 年から社会起業家の輩出を目指して
 取り組みを開始した『社会起業塾イニシアティブ』プログラム。

 これまでNPO法人フローレンスやNPO法人かものはしプロジェクト、
 株式会社ケアプロなど、82団体の創業期をサポートし
 社会にインパクトを起こす力強い社会起業家たちを輩出してきました。

 今年度からは、NEC・花王に次いで、
 エヌエヌ生命保険をオフィシャル・パートナーとして迎え、
 最大9名の起業家を募集いたします!

 》 社会起業塾紹介動画?未来を創る担い手を育てる?
   http://youtu.be/mcNwNZp4PR0
   社会起業塾の雰囲気がわかります♪

 》 これまでの参加起業家
   http://kigyojuku.etic.or.jp/entrepreneurs/

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ■ 社会起業塾の3つの特徴 ■
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 単なる「学び」の場にとどまらず、参加メンバーが事業を推進しながら、
 先輩起業家とともに重要な経営課題に取り組んでいく実践の場。
 ブレないミッションと、課題の本質に向き合う粘り強さを備えた
 社会起業家に向けて、志や姿勢、事業を創り加速させるために必要な
 機会を提供しています。(プログラム期間:2015年9月?2016年3月)

 1.実践と学びを何度も往復
   》社会事業を創る上での基礎を学ぶ予科プログラム
   》社会を変える事業戦略を磨き上げる、4回の集合研修を実施

 2.先輩や仲間から徹底的に盗む
   》先輩経営者を交えた3回の経営戦略会議
   》起業塾生同士の相互メンタリング

 3.本気で向き合うサポートチーム
   》専属コーディネーターとの月2回の定期ミーティング
   》パートナー企業の強み・専門性を活かした事業サポート

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ 募集概要 / 応募締切 2015年6月15日(月)正午12時まで ■
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 <対象となる事業>
 1.社会的課題の解決を目的に行われる事業
   事業実施主体の法人化の有無および形態は問いません

 2.量(優れたモデル性による影響の拡大など)あるいは質的に卓越した
   社会的インパクトの創出(政策や社会システムの変革など)を志向する事業

 <対象となる組織>
 ・代表者をはじめ、活動の中心メンバーが35歳以下程度であること
 ・顧客/当事者に対してサービスやプログラムを提供した実績があるなど、
  すでに活動を開始していること

 ※現時点での事業の完成度より、課題解決に向けて事業や自分自身を
  進化させていく意欲があるかどうかを重視します。

 》詳しくは応募ページをご覧ください。
  http://kigyojuku.etic.or.jp/apply/

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ 募集説明会を開催中! 6/3(水)・6/8(月)19時?21時 ■
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ?第一線で活躍するプログラムOBOGが創業時を語る?
      社会起業塾2015 募集説明会

 現在多様な分野で活躍されている、社会起業塾OBOGの皆さまに
 ご参加いただき、募集説明会を開催いたします!
 プログラムについて詳しく知りたい方や応募を迷われている方は、
 ぜひご参加ください。

 》詳細・お申込みはこちらをご覧ください。
  https://www.etic.or.jp/svc/seminar/762

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 * 個別事業相談も随時受け付けております。
   お気軽に incu@etic.or.jp までご連絡ください。

 * FBで最新情報発信中!
   https://www.facebook.com/etic.svip?fref=ts

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【お問い合わせ先】
--------------------------------------------------------------
特定非営利活動法人 ETIC.(エティック)
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-5-7 APPLE OHMIビル4階
TEL: 03-5784-2115 / FAX:03-5784-2116 / Mail: incu@etic.or.jp
(連絡先) 社会起業塾イニシアティブ事務局 担当:石塚、野田
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


投稿者: BAJ-NGO 投稿日時: 2015-6-1 16:47:33 (500 ヒット)

BAJはベトナム中部の都市フエ市で、子どもたちへの環境教育を行なっています。

子どもたちは地域の環境について学ぶ中で、環境を守り、安心・安全な方法で養豚や野菜作りに励む農家さんを応援したいと思うようになりました。

そこで、農家さんが運営する直売所を盛り上げよう!ということで、おそろいの雨合羽とTシャツを作るための製作資金をクラウドファンディングで募ることを企画。 現在、チャレンジを行なっています。

期間は7月31日まで。クラウドファンディングサイトREADYFOR?から、ぜひ応援してください!


投稿者: PARC 投稿日時: 2015-5-27 14:07:24 (472 ヒット)

現在製作中(7月完成予定)のPARC新作DVDを、皆さまからのご寄付によってスケールUPさせてください!!

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
---「社会的企業--もうひとつの生き方を探して(仮題)」---(35分)
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
利益だけを追求するのではなく、またボランティアでもない、社会のためになる
企業体-「社会的企業」。
今、過酷な就労環境の中で若者が追い詰められています。 内定取り消し、雇い
止めばかりでなく、ブラック企業で心や体を病んだり、いったん介護や出産で第
一線を離れると社会復帰はとても困難です。しかし、人と闘い、有名大学を出て
一流企業でお金を稼ぐことだけが「人生の成功」なのでしょうか?
人と人とが支え合い、地域社会と密着して働く"新しい仕事のかたち=社会的企業"。
この企画では、日本国内の先駆的な事例はもちろん、社会的企業先進国である韓
国取材も行います。
これまでのPARC作品より一回り大きなスケールでの制作です。
そこで今回は、PARCビデオ初の試みとしてクラウドファンディングによって、
皆さまから広く制作費のご寄付をお願いします!!

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓詳しくはコチラのページにアクセスください!!↓Motion Gallery
<https://motion-gallery.net/projects/parc201503>
---「社会的企業--もうひとつの生き方を探して(仮題)」---
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※クラウドファンディングとは...
クラウドファンディング(英語:crowd funding)とは、NGO、NPO、クリ
エイターなどが不特定多数の人からプロジェクト資金を募る新しい資金
調達の仕組みです。途上国の支援、被災者支援、教育福祉、アート活動
などを財政的に支える新しい形として活用されています。
※詳しくはこちらをご参照ください⇒https://motion-gallery.net/about

◇金額とリターン(特典)について
ご寄付の額は一口2,000円、10,000円、30,000円、50,000円の4タイプ。
それぞれ、作品エンドロールにお名前を掲載させていただいたり、完成
後の試写会にご招待したり、PARCの月刊誌「オルタ」や豪華特典をプレ
ゼント(リターン)いたします。
どのタイプでも、そしてお一人様何口でもご応募可能です。
例:2,000円コース
エンドロールにお名前掲載
オルタ最新号
完成試写会ご招待
例:50,000円コース
エンドロールにお名前掲載
オルタ1年分&自由学校お試しチケットx2名分
完成試写会ご招待
完成作品DVDプレゼント
作品中でご紹介する商品5,000円分(手作りパン&ジャムなどを予定して
おります。)

◇ファンドの募集期間: 2015年4月19日(日)から7月10日(金)23時59分まで
◇目標金額 : 600,000円!!

◇主な使用目的: < 海外ロケ費> 渡航費、宿泊費 350,000円
<地方ロケ費> 交通費、現地交通費、宿泊費 250,000円

◇作品の完成予定: 2015年6月中もしくは7月始め

なお、このプロジェクトでは資金集めとともに、社会的企業の存在や若者の就労
問題について広く知っていただくことも大きな目的です。皆さまのお知り合いの
方々に、ぜひ、このクラウドファンディングについて、メールにて、口コミにて、
ご拡散ください。

ぜひ、よろしく応援くださいますよう、お願い申し上げます!!!


特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC)
田所 準子
E-mail: video@parc-jp.org
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455 FAX.03-5209-3453


投稿者: ecoj 投稿日時: 2015-5-13 16:02:25 (450 ヒット)

将来に残したい身近な風景や自然を募集します。
川や池、湿地、海辺などの「水」、雑木林や草原などの「緑」、『関東・水と緑のネットワーク拠点百選』として将来に残したい拠点を選定しています。
拠点では、活動している皆様を物品購入や保全活動への技術的アドバイスなどで支援しています。
平成26年度は、観察路の補修、案内板の設置、調査用具、パンフレット作成などの経費を支援したほか、雑木林の維持管理の方法などのアドバイスや活動を進めるために必要な情報提供などを実施しました。
平成21年度より開始した本事業では、これまでに合計83拠点を選定してネットワークの形成を進めています。
この度、第7回の募集を開始しました。
皆さまからのご応募をお待ちしております。

●対象
関東地域1都7県(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県)の、水と緑のネットワークの形成につながる身近な水辺や緑地。

●応募方法
募集要項や応募用紙は以下のサイトからダウンロードできます。
http://www.ecosys.or.jp/100select/
締切は平成27年5月29日(金)消印有効です。

●選定地に対する支援内容
(1)物理的支援:水と緑のネットワーク拠点としての質を向上させる取り組みに対する金銭的支援(上限20万円)です。
(2)技術的支援:選定地の環境に適した保全管理方針や日常的な維持管理手法について、アドバイスや情報提供をします。

●書類のお送り先
公益財団法人 日本生態系協会 内
「関東・水と緑のネットワーク拠点百選」係
〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-30-20 音羽ビル
tel.03-5951-0244(代表)

●応募説明会を5月19日(火)に開催します
応募にあたっての様々な疑問にお答えする説明会を開催します。
特にはじめて応募を検討中の方は、ぜひご参加ください。
※ 応募に際し、説明会への参加は必須ではありません。

日時:平成27年5月19日(火)17:00-18:30(16:30開場)
場所:(一社)関東地域づくり協会 東京事務所(JR神田駅徒歩3分)


主催 :一般社団法人 関東地域づくり協会 公益財団法人 日本生態系協会


投稿者: ecoj 投稿日時: 2015-5-13 16:01:35 (408 ヒット)

『関東・水と緑のネットワーク拠点百選』では、将来に残したい身近な風景や自然を募集しています。
選定された拠点では、活動している皆様を物品購入や保全活動への技術的アドバイスなどで支援しています。
この度、第7回の募集開始に合わせて、様々な疑問にお答えする説明会を下記の通り開催します。
特にはじめて応募を検討中の方は、ぜひご参加ください。
※ 応募に際し、説明会への参加は必須ではありません。

日時:平成27年5月19日(火)17:00-18:30(16:30開場)
場所:(一社)関東地域づくり協会 東京事務所(JR神田駅徒歩3分)
参加費:無料
定員:30名(事前にお申込み下さい)

プログラム
・事業の紹介
・選定委員によるポイント解説
・昨年度の支援内容、活動報告
・応募書類作成のガイダンス
・質疑応答

お申込み方法
 電話・FAX・Eメールで下記必要事項をお知らせください。
1.お名前(ふりがな)
2.ご所属
3.電話番号
4.FAX番号
5.Eメールアドレス

*お申し込みのためにお知らせいただいた個人情報は、本応募説明会の連絡に使用するほか、今後「関東・水と緑のネットワーク拠点百選」に関連するご案内に使用させていただきます。


連絡先・お問い合わせ先
公益財団法人 日本生態系協会 内
「関東・水と緑のネットワーク拠点百選」係
〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-30-20 音羽ビル
tel.03-5951-0244 fax.03-5951-2974(代表)
100select@ecosys.or.jp


●『関東・水と緑のネットワーク拠点百選』の募集要項や応募用紙は以下のサイトからダウンロードできます。
http://www.ecosys.or.jp/100select/
応募締切は平成27年5月29日(金)消印有効です。


投稿者: sva 投稿日時: 2015-4-27 12:12:29 (501 ヒット)

シャンティ国際ボランティア会は、4月25日11:56(日本時間3:11)にネパールの首都カトマンズ北西約80キロを震源としたマグニチュード7.8の地震の緊急救援の活動を開始します。

現在(4月27日)、現地のNGOとコンタクトを取り、現地の被害状況の情報収集を行っています。
今週中にアジア地域ディレクター八木沢克昌と緊急救援室の木村万里子、竹内海人の3人を被災地に派遣し、緊急支援物資の配布を行うと共に、被災状況の調査を実施する予定です。

なお、今後の具体的な活動については調査結果をうけて現地のNGOや関係機関と調整を行った上で、検討し、実施する予定です。
支援活動についての動きはホームページを通じてお知らせいたします。

▽団体ホームページ
http://www.sva.or.jp/


【募金受付中】

◆郵便振替: 00150-9-61724 
加入者名:公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
*通信欄に「ネパール地震」と明記下さい
*備考欄に「免」と明記ください(手数料免除)

◆オンライン募金も下記URLより受け付けております。
http://sva.or.jp/wp/?news=13534



【本件に関するお問い合わせ先】 
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会 
担当:緊急救援室 高橋

〒160-0015 東京都新宿区大京町31 慈母会館2、3階
Tel: 03-6457-4586  FAX: 03-5360-1220
E-mail: eru@sva.or.jp 


投稿者: acc21 投稿日時: 2015-4-10 18:05:52 (620 ヒット)

 公益信託アジア・コミュニティ・トラスト(ACT)は、アジア諸国の民間の自助努力に対して民間レベルで協力するために、1979年に設立された日本で最初のコミュニティ型の公益信託です。ACTは、個人、団体、企業等によって設定された特別基金を基礎に、アジア各国の現地NGOや教育機関などの事業を支援しています。

 2012年1月に設定された「アジア留学生等支援基金」(以下、「本基金」とする)は、日本の大学に在籍するアジアからの留学生(正規の大学生・大学院生)が日本の民間非営利組織におけるインターンシップを通して、大学では得られない経験?日本社会の新しい動きや課題に取り組む現場での体験、地域社会の人々との直接的な交流等?をし、日本理解を深め、そして将来、留学生がインターンシップで習得した知見または技能を母国の社会で活用し、社会開発事業等の発展に資することを目的としています。本基金の目的に基づき、ACTは、アジアからの留学生(大学生・大学院生)をインターンとして受入れ、体験学習の機会を提供する日本の市民組織(NGO/NPO)その他民間非営利組織の事業を助成します。

 2015年度の「募集要項」、「助成申請書作成ガイドライン」などは、下記URLのトップページにてダウンロードできます。
申請書類の提出期限は、2015年6月1日(月)必着です。
 ⇒http://acc21.org/act/info/asip2015.html

【事業内容】
  本基金は、アジアの開発途上国(DAC援助受取国*1)から日本に留学し、日本の大学に在籍する留学生(正規の大学生・大学院生)を対象に、NPO/NGO等の民間非営利組織が実施する社会開発事業等におけるインターンシップ・プログラムを対象とします。対象となる留学生は原則、1人/団体です。
  インターン候補の留学生は、貴団体が?近隣の大学で特定される、ACT事務局が用意するインターン希望登録留学生一覧からお選びください。(ACT事務局ではインターンを希望するアジアからの留学生一覧を準備し、受入れを希望する団体に情報を提供するとともに、受入れを希望する団体の情報をインターン希望の留学生に提供し、希望者を募る紹介活動を行っております。インターン候補の留学生の紹介を希望される団体は「団体登録用紙」を2015年5月1日(金)までにお送りください。
  なお、留学生は入国管理局より「資格外活動許可証」を取得して下さい。

*1:アジアのDAC援助受取国は、カンボジア、ネパール、バングラデシュ、東ティモール、ブータン、ミャンマー、モルディブ、ラオス、パキスタン、ベトナム、インド、インドネシア、スリランカ、タイ、中国、フィリピン、モンゴル、マレーシア。(「アジア」は外務省の分類に基づく)

【助成期間】
  インターンシップの実施期間の長短にかかわらず、原則として2015年8月1日から2016年3月31日までとします。

【助成総額】
  1件当たり25-45万円程度(総額最大750万円を目標)。助成対象となる経費の詳細については、募集要項をご確認ください。

【助成件数】
  募集枠25-30団体

【助成対象団体】
  対象団体は、次の要件を満たすものとします。
   (1)社会開発等の公益活動に従事する国内の民間非営利組織であること。
   (2)インターンを受入れ、指導する体制をつくることができること。
   (3)団体としての活動実績が3年以上あること。

【申請書類の提出方法】
  ACT所定の助成申請書フォームに沿って必要事項をご記入いただき、下記の書類を添付してACT事務局宛にに郵送で提出して下さい。なお、申請書と予算書のデジタル・データもEメールにてご提出ください。

【提出書類】
  1. 助成申請書(指定フォームに記入)
  2. インターン候補の留学生の概要
  3. 団体定款または会則
  4. パンフレット、団体の目的・活動内容を紹介した資料
  5. 直近の団体の活動・決算報告書(年次報告書可)

【申請書類の提出期限】
  2015年6月1日(月)
  ※Eメールでの申請の締切は2015年6月1日(月)正午
  ※申請書類原本の郵送は当日消印有効
  ※応募書類は返却しませんので、予めご了承ください。

【選考方法】
  2015年7月に予定されている公益信託アジア・コミュニティ・トラスト(ACT)運営委員会によって審議、決定されます。
7月下旬までに、選考の結果を通知します。助成決定を受けた団体とは、助成条件に関する協定書を交換します。

【助成対象団体が遵守すべき事項】
  インターン受入れ期間が3ヶ月以上の場合、事業開始から2ヶ月が経った時点で、それまでの活動内容についての実施進捗報告書(中間報告書)をご提出していただきます。インターン受入れ期間が3ヶ月以下の場合、中間報告は不要です。インターンシップ終了後2ヶ月以内に完了報告書(インターンの指導活動報告、会計報告、写真報告)とインターン日報を提出して下さい。

【お問合せ先・申請書提出先】
  公益信託アジア・コミュニティ・トラスト事務局
  担当:アンガラ・グラディス、西島 恵
  〒113-8642 東京都文京区本駒込2-12-13 アジア文化会館1階  ACC21内
  TEL: 03-3945-2615  FAX: 03-3945-2692
  Eメールアドレス:asip-act@acc21.org


投稿者: Iinuma 投稿日時: 2015-4-9 15:12:44 (517 ヒット)

<転送・拡散歓迎>------------------------
公益信託地球環境日本基金 2015年度の助成申請 受付中
応募締切:5月26日(必着)
http://www.gef.or.jp/activity/cooperation/fund/h27_bosyu.html
------------------------------------------

公益信託地球環境日本基金は地球環境保全を目的に、開発途上地域において実施されるさまざまな活動を支援するために設立された公益信託です。1991年に設立されて以来24年間にわたって、延べ267件にわたる幅広い活動に資金助成を行ってきました。

2015年度の助成対象は、地球環境保全を目的に開発途上地域で実施される?調査・研究事業?情報・知識の普及事業 ?植林、森林保護、野生生物保護(生物多様性保全に資するものも含む)、砂漠化防止等─の事業を行おうとする団体または個人で、助成金の使途は機材、消耗品、旅費など事業実施に直接必要な経費です(なお、同一の団体・個人に対する助成は継続して3年までが限度です)。

2015年度の助成金交付予定総額は2,000万円で、15件程度の事業に対する助成を予定しています。ただし、うち1,030万円は森林保護、野生生物保護(生物多様性保全に資するものも含む)、砂漠化防止に関する事業に特定して交付されます。

【応募方法】
所定の申請書に必要事項を記入し、郵送とEメールの双方で下記運営協力機関へ提出してください。メール件名に「地球環境日本基金応募(団体名)」と記入ください。
【応募締切】2015年5月26日(火)〈当日必着〉
【詳細、応募書類ダウンロード】
2015年度募集詳細(運営協力機関のWEBサイト)
http://www.gef.or.jp/activity/cooperation/fund/h27_bosyu.html
公益信託地球環境日本基金のWEBサイト
http://www.koueki-jtge.jp/

【問い合わせ・応募先】
地球・人間環境フォーラム(担当:天野)(地球環境日本基金運営協力機関)
Eメール:jtge@gef.or.jp
TEL:03-5825-9735 FAX:03-5825-9737
〒111-0051東京都台東区蔵前3-17-3蔵前インテリジェントビル8階
End--------------------


投稿者: jhp_volunteer 投稿日時: 2015-3-10 14:36:56 (462 ヒット)

『ドレミとアート基金』受付中!
http://www.jhp.or.jp/sanka/yomu/onlinenews.html#0302

お蔭様で、カンボジアの音楽・美術教育を支援する「ドレミとアート基金」は目標額300万円に対して、296万7,488円まで集まりました。(達成率98.91%)。締切の1月末までに不足額(3万2,512円)をインターネット寄付サイト「Give One」にて集めています。

同サイトでは、インターネット環境とクレジットカードがあればどなたでも簡単にオンライン寄付が可能です。みなさまのご協力をお願いいたします。
http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10374

【カンボジアの音楽・美術教育支援 プロジェクト概要】
アジアの最貧国カンボジアでは、フランス植民地時代の影響や授業時間、教員不足により、日本の学校で当たり前に行われている音楽や美術などの情操教育を受ける機会がありません。当プロジェクトでは、カンボジアの小学校に音楽・美術教育を普及させることを目的に教員の育成や教材の支援を行います。

※Give Oneでのご寄付は、すべて「寄付控除」の対象となります。
(領収書はGive Oneを運営するパブリックリソース財団から発行されます)
※ご寄付以外にもFacebook、twitterへの転載大歓迎です。特に音楽・美術がお好きな方は、多くの方とこの問題が共有できるようご協力をお願いします。
※インターネットのほか、郵便局・銀行からの振り込みも対応しております。
http://www.jhp.or.jp/sanka/project/index.html


投稿者: sva 投稿日時: 2015-2-23 14:46:08 (534 ヒット)

SUICAやPASMOの普及によって役目を終えた「バスカード」
払い戻しの期限(2015年7月末)が近づいてきました。
もしもまだお家に眠っていたら、1枚から、使いかけでも結構です。
シャンティ国際ボランティア会に寄贈していただけないでしょうか?
バスカードは換金し、アジアの子どもたちの教育支援費として役立てられます。
どうぞよろしくお願いします。

【送り先】
〒160-0015
東京都新宿区大京町31 慈母会館2階
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
広報課 宛て

※送料はご負担下さい。


【お送りいただきたいバスカード】

東京都交通局(都営バス・都電)
横浜市交通局(横浜市営バス)
東急バス
京王電鉄バス
西東京バス
関東バス
西武バス
国際興業
小田急バス
立川バス
京浜急行バス(旧名義:京浜急行電鉄)
京成バス(旧名義:京成電鉄)
東武バスセントラル(カード表記:「東武バス」、旧名義:東武鉄道)
神奈川中央交通
相鉄ホールディングス(自動車事業)(旧名義:相模鉄道)
相鉄バス
川崎市交通局(川崎市バス)
川崎鶴見臨港バス ? 一時期に一部路線を臨港グリーンバスに移管していた。
江ノ電バス藤沢(旧名義:江ノ島電鉄)
江ノ電バス横浜
箱根登山バス(カード表記:「箱根登山」)(旧名義:箱根登山鉄道)
習志野新京成バス・松戸新京成バス
富士急湘南バス(旧名義:富士急行)

※ご参考 『バス共通カード』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%B9%E5%85%B1%E9%80%9A%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89



【お問い合わせ】
広報課
Tel: 03-6457-4585 (月--金 10:00--18:30)

▽詳細URLはこちらです
http://sva.or.jp/wp/?p=12765&utm_source=email&utm_medium=2015022013


投稿者: DEAR 投稿日時: 2015-1-6 12:46:39 (633 ヒット)

開発教育協会(DEAR/ディア)は、南北格差・環境・紛争・貧困など、地球上で起こっている諸問題について「知り・考え・行動する」きっかけを提供するための教材作成や研修会の実施、政策提言活動などに取り組んでいる教育NGOです。

みなさまからご寄贈いただいた本の売却代金は、DEARへのご寄付となり、DEARの活動全般に当てられます。手続きは簡単、5点以上で送料は無料です。ご協力をお待ちしております。
※このプロジェクトは(株)バリューブックス社のご協力のもと、実施しています。

●ご寄付いただけるもの
・本・まんが:ISBNがついている書籍(ISBNは書籍の裏表紙などについています)
・DVD・CD・ゲームなど:規格番号がついている商品(ケースの背表紙やディスクの印刷面に明記されています)

●本・DVDなどの送り方
1.DEARのウェブサイトから「贈与承諾書」(A4片面1枚)をダウンロードしてご記入ください。段ボールが複数になっても1枚でOK!
http://www.dear.or.jp/getinvolved/vbooks.html
2.(株)バリューブックスに電話(Tel:0268-75-9380)をし、「DEARの活動を応援するプロジェクト」(ナンバー:125)とお伝えください。(株)バリューブックスが、ヤマト運輸の集荷を手配します。
3.ご記入いただいた「贈与承諾書」とご寄贈いただける本・CD・DVDを段ボールなどに入れ、ご準備ください。宅配業者が指定の時間に引き取りに来てくれます。5点以上であれば、送料は無料(着払い)です。
4.集荷されてから10日以内にメールまたは書面にて査定額(寄付額)の連絡が届くので、どのくらいの寄付になったのかが分かります。

●ご寄付・教材に関するお問合せは
特定非営利活動法人 開発教育協会(DEAR)
112-0002 東京都文京区小石川2-17-41 富坂キリスト教センター2号館3階
TEL: 03-5844-3630 FAX: 03-3818-5940 E-mail: main@dear.or.jp
URL: http://www.dear.or.jp/

●開発教育協会/DEARとは?
南北格差・環境・紛争・貧困など、地球上で起こっている諸問題はわたしたちの生活と無関係ではありません。開発教育とは「知り・考え・行動する」という視点でその解決に取り組んでいくための市民による教育活動です。開発教育協会は、国際協力NGOや国連関係団体、地域の市民団体など約50の民間団体と教員など約700名の個人で構成される教育NGOです。1982年に発足して以来、開発教育と呼ばれる国際理解や国際協力をテーマとした教材の発行(約30点)や、講師派遣(年間150回)、参加型学習の普及推進を行なっています。教材『ワークショップ版・世界がもし100人の村だったら』で国際人権教材アワード受賞(2004年)。


投稿者: shapla 投稿日時: 2014-12-17 10:26:56 (844 ヒット)

書き損じた年賀はがきはシャプラニールまで送ってください。
「はがき1枚からできる国際貢献」にご協力お願い致します。

国際協力NGO「シャプラニール=市民による海外協力の会」では、2015年3月31日(火)まで、「あなたのはがきが、だれかのために。キャンペーン」を実施しています。

前回の同キャンペーン(2013年12月?2014年3月)では、11万枚のはがき(475万円相当の寄付)が集まりました。今回の当キャンペーンでは、14万枚のはがき(560万円相当の寄付)を目標しています。当会へ届いた書き損じはがきは、日本で換金したあと、バングラデシュやネパールの働く子どもたちの支援活動などに役立てます。

バングラデシュには家事使用人として働く少女(18歳未満)が、33万人いると言われています(国際労働機関、2006年)。当会は、2006年6月より現地のNGO団体とともに家事使用人として働く少女たちを対象にした、教育(読み書き、性教育、保健衛生など)や家事トレーニング(料理、ミシン、アイロンがけなど)といった支援活動を行っています。

●はがき10枚で、働く少女たちの読み書き教室を一回開催できます。
●はがき25枚で、働く少女たちが新しい料理を覚えられる料理教室を1回開催できます。
●はがき100枚で、働く少女たちの雇い主へ子どもの権利について考えてもらうワークショップを1回開催できます。

キャンペーン特設ウェブサイト
http://www.shaplaneer.org/sutenai/hagaki_cam.html

【寄付になるもの】
書き損じなど未投函のはがき、未使用切手(1円から寄付になります)
※印刷で使った使用済みのインクカートリッジも寄付になります。

【寄付の仕方】
封筒などに入れて、当会まで送ってください。
〒169-8611 東京都新宿区西早稲田2-3-1早稲田奉仕園内
シャプラニール「あなたのはがきが、だれかのために。キャンペーン」係

【お問い合わせ先】
(特活)シャプラニール=市民による海外協力の会
TEL:03-3202-7863 FAX:03-3202-4593 E-mail:sutenai@shaplaneer.org (担当:上嶋)


投稿者: yosukeo 投稿日時: 2014-12-10 0:13:01 (605 ヒット)

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

2015年夏、海外であなたの想いとおもいっきり向き合ってみませんか?

短期海外渡航のための奨学金付きサポートプログラム!

渡航先や活動内容は、あなただけのオリジナル!

S.T.E.P.22 第14期 奨学生募集のお知らせ

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


心から好きなこと、やりたいことに取り組みたい!
そんな、熱い想いを持ったあなたの夢を応援します!



S.T.E.P.22は、既存の奨学金では対象とならないような独創的なチャレンジを経験・知識・金銭のサポートで応援するNPO法人です。

http://www.step22.com/index.html



只今、第14期奨学生を募集しております。

みなさまのご応募を、心よりお待ちしております。



<募集要項概要>

■ 募集人数: サポート人数12名、そのうち奨学金授与者5名

※所属、年齢、活動内容は問いません。

※2次選考終了後、3次選考を行います。サポートは2次から3次選考まで受けることができ、奨学金は3次選考合格者のみとなります。活動の選定では、サポートメンバーが応援したいと思う渡航を推薦することになります。



■ サポート及び奨学金の内容

・奨学金: 20万円(3次選考合格者のみ。原則として、帰国後の報告会での支給となります)
※但し、事情により話し合いの上、渡航前の受け渡しも可能です。

・サポート: OB・OG短期海外渡航サポートスタッフから、やりたいことを見つめ直すためのコンサルティング、渡航計画やその準備のアドバイスを受けることができます。スタッフの年齢や職業、経歴、興味分野は多岐に渡り、多様性に富んでいます。



■ 応募資格:

― 奨学生として、またその次期生のサポートを行う2年間、S.T.E.P.22の活動を行える。
※1年目の海外渡航、2年目のサポーターとしての活動を通して「奨学生」として認められます。

― 6ヶ月(2?7月)以上の渡航準備、事後報告会、活動報告記の作成を行う。

― 奨学生に選出されてから渡航まで、月に約2回行われるミーティングに参加できる。

― ギフトネクストの主旨に沿い、S.T.E.P.22の承認を受けうる1ヶ月程度以上の渡航を行う、または社会的制約によりそれが難しい場合には、それに相当すると認められる渡航を行なう。



■ 応募方法:

ホームページより募集要項をダウンロードし、必要事項を記入の上、

全ての提出書類をEメールまたは郵送にてお送り下さい。
(宛先は応募要項に記載されています)

【第14期奨学生の募集要項はこちら】

http://step22.com/news/402/



■ 選考方法: 2段階審査と致します。

・ 1次選考 応募書類による選考

応募締切: 2015年1月5日(月) 24時必着

・ 2次選考 面接による選考(一次選考通過者のみ)

日程: 2015年1月18日(日)

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

■ お問い合わせ

奨学金制度およびS.T.E.P.22に関するお問い合わせは
お気軽に下記メールアドレスまでお願い致します。

step22.info@gmail.com

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


投稿者: BAJ-NGO 投稿日時: 2014-11-25 19:30:00 (707 ヒット)

こんにちは。
ミャンマーとベトナムで国際協力活動を行なう認定NPO法人ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)では、古着を募集しています。

ご寄付いただいた古着は、リサイクル業者によって買い取られ、その収益はミャンマー、
ベトナムでの支援活動にあてられます。集まった古着は途上国に輸出されます。

「フルクルの流れ」を下記URLでよくお読みいただき、梱包、発送をお願いします。
http://www.baj-npo.org/Donation/index3.html#furu

<注意!>
送付先は下記の通り、兵庫県のBAJ倉庫となっております。

〒662-0934
兵庫県西宮市西宮浜3-14-4
BAJ倉庫 日光物産気付
?:03-3372-9777

運送業者の指定はありませんが、倉庫までの送料はご負担いただきますようお願いします。
送料のお問い合せは運送業者にお願いします。
また、12/29から1/5までBAJ倉庫が年末年始休暇をいただきますので、古着をお送りいただく際はそちらの日程を避けていただけますようお願いいたします。

なお、楽天IDをお持ちの方は、送料が割引になるサービスがございます。
是非ご利用ください。詳しくはこちら→http://auction.rakuten.co.jp/event/donation/delivery/#baj

年末の大掃除や断捨離の際は、タンスに眠っている皆さまの古着を国際協力に役立ててみませんか?
たくさんの古着を募集しています。みなさまのご協力をお願いします!


投稿者: loob 投稿日時: 2014-11-20 20:35:19 (600 ヒット)

フィリピンの子ども達の写真入り
NGO LOOB2015年カレンダー発売中です!

1部600円。1口1000円からの教育募金も受け付けております。収益は全額次年度の子ども達が学校へ通うための教育サポートの資金となります。どうぞご協力くださいませ。

今年のカレンダーのテーマは「Happy Life?信じる言葉?」です。
わたしたち活動地の1つであるフィリピンの漁村ナムコンで子ども達に信じる言葉、を聞いてきました!ナムコンの生活の説明と共に紹介しています。決して物質的に豊かではないけれど、家族と村の人々と友達と毎日を笑顔で生きる子どもたちの心に響いた言葉が日本のみなさまの毎日をも彩りますように。そんな願いを込めて作成にあたりました。

詳しくはhttp://loobinc.com/form_calendar.phpをご覧ください。

締切は11月22日(土)を予定しておりますが、
沢山のご注文をお待ちしております。


<ご注文はこちらまで>

info.loobinc★gmail.com (★を@に換えて下さい)
上記のアドレスに下記の内容と共にご一報ください。

お名前&性別
年齢
カレンダーのお届け先(〒 ご住所)
お電話番号
Eメールアドレス
ご注文部数
教育サポートへの募金をして頂ける方は口数を(1口:1,000円)
どなたからの紹介ですか?
ご要望/ご質問など


投稿者: acc21 投稿日時: 2014-11-10 15:11:18 (559 ヒット)

「公益信託 今井記念海外協力基金」では、2015年度も国内の国際協力NGOを対象に、助成金給付事業を行います。
申請書フォーマットは、当基金ホームページ(http://www.imai-kikin.com/entry.html)
からダウンロードしていただくか、もしくは、メールにてお送りしますので、応募団体はメールアドレスを事務局までお知らせください。

■助成対象団体
アジアを中心とした開発途上国において援助・協力活動を行う非営利の民間団体で、次の要件を満たすものとする。
(1)開発途上国における援助事業を主たる事業目的としていること
(2)日本国内に事務所を置き、責任の所在が明確であること
(3)前年度の総収入額が原則 5,000万円以下の団体であること
(4) 活動実績が2年以上あること
(5) 助成対象事業を推進するうえで、十分な管理能力を有すると認められること
(6) 原則として、同一団体への助成は連続して3年間までとする。
※ただし、3年間の継続助成を受けてから3年以上が経過している場合(継続助成の最終年度が2011年度以前の場合)は、再度応募できるものとする。

■助成対象事業
助成対象とする事業は、次の分野のものとする。

【教育・人材育成】例:学習援助、教師・指導者育成・研修、奨学金援助、教材・教育設備・器材の購入、研修生受入れ、専門家派遣、他
【保健衛生】例:基礎保健知識の普及、指導者育成・研修、保健衛生設備設置・器材の購入、託児所設置、専門家派遣、他
【医療】例:医療・診療、医療知識・技術指導、医療設備・器材の購入、専門家養成、専門家派遣、他

次の事業を優先して支援する。
(1)経済的に困窮する家庭の子どもやその他困難な状況に置かれている子ども(難民・避難民、少数民族、ストリート・チルドレン、子ども兵、児童労働・買春を強いられた子ども、HIV/AIDS、障がい児などを含む)を支援する事業
(2)支援対象地域の住民の参加が促進され、助成終了後に事業が持続的に発展するような計画となっている事業。
(3)事業の性格が資金援助であっても、助成対象団体が主体性と責任を持って取り組む事業(資金援助のみの活動は対象外とする)。

■助成対象期間:事業の実施期間の長短にかかわらず、原則として2015年 4月1日から2016年3月31日までとする。

■2015年度の助成予定総額は650万円程度。1件当たり50?100万円程度。

■申請手続き
所定の申請書に必要事項を記入し、次の書類を添付のうえ、当基金事務受任者まで郵送により提出する。なお、申請書についてはデジタル・ファイルも提出のこと(デジタル・ファイルは、CD等に保存して郵送するか、電子メールで提出してください)。
(1)団体の定款もしくは会則または規約
(2)役員名簿
(3)2013年度の団体の年次活動報告書および決算書
(4)2014年度および2015年度の事業計画書と収支予算書
*申請時に、2015年度の最終事業計画書・予算書が完成していない場合は、
事業計画書(案)・予算書(案)を1月末日までに提出のこと。
(5)団体概要、パンフレット、最近のニュ?スレタ?等

■提出期限:2015年1月15日(木)必着
・申請書原本の郵送は1月15日(木)必着
・デジタル・ファイルをEメールで送付する場合は、1月15日(木)正午締切
・事務受任者まで直接お持ちにならず、郵便などでお送りください。

■当基金諮問委員会の審議により、採否ならびに助成金額を決定し、2015年3月内に、採否の結果を通知する。2015年5月内に助成対象団体に助成決定額を交付する。

《連絡先》
<公益信託今井記念海外協力基金 事務受任者>
〒113-8642 東京都文京区本駒込2-12-13 アジア文化会館1F
特定非営利活動法人 アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)
TEL:03-3945-2615 FAX:03-3945-2692
Eメール:imai-kikin@acc21.org
URL:http://www.imai-kikin.com/

*『(特活)アジア・コミュニティ・センター21』は事務委任を受けております。公益信託 今井記念海外協力基金の受託者は三菱UFJ信託銀行株式会社となります。


投稿者: eco-japan-cup 投稿日時: 2014-10-9 19:48:23 (621 ヒット)

★☆eco japan cup & REVIVE JAPAN CUP ツインコンテスト2014★☆

10/16(木)まで!
ビジネス・ベンチャーオープン&まちづくり追加募集!!
www.eco-japan-cup.com


■応募受付〆切:10月16日(木)まで

■応募方法:
ホームページより参加登録フォームに記入の上、所定の応募用紙から必要項目の記入をお願いします。

各カテゴリーの応募要項は下記リンクをそれぞれご参照ください。
より多くの方々のご応募をお待ちしております!


■応募要項
---------------------------------------------------------------

?eco japan cup:環境ビジネス・ベンチャーオープン
http://www.eco-japan-cup.com/contest/c-venture.html
個人事業主・NPOを含む中小企業、ベンチャー企業からの環境ビジネスプラン
★賞金:300万円
★2次審査で専門家から事業アドバイスを受けられます

---------------------------------------------------------------


?REVIVE JAPAN CUP:復興ビジネス・ベンチャーオープン
http://www.eco-japan-cup.com/revive/c-venture.html
個人事業主・NPOを含む中小企業、ベンチャー企業からの、東北復興に資するビジネスプラン
※再建途上にある被災地の企業や産業が、再建に当たっての障害を乗り越えるための工夫やアイデアなどでもOKです。

★ギフトファンドプロジェクトで資金調達をサポートします
★2次審査で専門家から事業アドバイスを受けられます
---------------------------------------------------------------


?eco japan cup:みんなでつくる「エコまちづくり」
http://www.eco-japan-cup.com/contest/c-ecocity.html
多様な主体による環境活動で、まちを活性化する実践を募集

★賞金:30万円

---------------------------------------------------------------

?REVIVE JAPAN CUP:みんなで創る「新しい東北」復興まちづくり
http://www.eco-japan-cup.com/revive/c-ecocity.html
多様な主体による地域活動で、まちを復興する実践を募集

★ギフトファンドプロジェクトで資金調達をサポートします。

---------------------------------------------------------------



投稿者: HumanRightsNow 投稿日時: 2014-10-7 18:30:33 (810 ヒット)

ヒューマンライツ・ナウ2015年オリジナルチャリティカレンダー
 ◆ Human Rights Now Calendar 2015 ◆
    「世界はもっと優しくなれる」 photo by 志葉玲
< http://www.imagene.jp/npo/hrn/2015_calender.html >

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ヒューマンライツ・ナウのオリジナルチャリティカレンダー2015完成しました!
このカレンダーの収益は、ヒューマンライツ・ナウが行う国際人権
活動の資金に充てられます。どうぞよろしくお願い致します。


2015年版は、ジャーナリストの志葉玲さんによる、
世界の子ども達の写真が、表紙を含めて13枚、毎月を彩ります。

◇エコタイプ卓上カレンダー(サイズ:183mm×135mm) カラー13枚

送料無料サービス実施中!ご自宅や職場でのご愛用はもちろん、
ご家族やお友達へのプレゼントにも最適です。


※志葉 玲さんプロフィール※
パレスチナやイラクなどの紛争地取材、脱原発・自然エネルギー
取材の他、米軍基地問題や反貧困・格差問題の取材など、
幅広く活動する反骨系ジャーナリスト。
週刊SPA!等の雑誌で記事執筆、BS11等のテレビ局に映像を提供、
Yahoo!個人ニュースや「ジャーナリスト志葉玲のたたかう!メルマガ」
などネットを駆使した活動にも力を入れる。
著書に『たたかう!ジャーナリスト宣言』(社会批評社)、共編著に
『原発依存国家』(扶桑社新書)、『ガザ通信』(青土社)など。
イラク戦争の検証を求めるネットワークの事務局長。

好評発売中!数量限定につき、お早めにお申込みください。


・===========購入方法=================

◇ エコタイプ卓上カレンダー
  サイズ:183mm×135mm(カラー13枚)
  定価:1,000円
  プラスチックや金属を使わないエコタイプ(紙製)の
  卓上カレンダーです。使用後は、写真部分をメッセージ
  カードとしてお使いいただけます。

※料金先払いとなります。
  ヒューマンライツ・ナウ事務局にて入金確認後に、
  発送させていただきます。

◆オンライン◆
下記募金サイトより、クレジットカードで購入できます。
< http://www.imagene.jp/npo/hrn/2015_calender_html >

◆郵便局からのお振込◆
 郵便局備え付けの払込取扱票の通信欄に、
 お名前・住所・電話番号と、
 「2015年カレンダー × ご注文数」をご記入の上、
 「1000円 × ご注文数」の合計代金を
 下記ヒューマンライツ・ナウの口座へご送金ください。
 
 ※プレゼント等で送付先が異なる場合は、
 送付先のお名前・住所もお書き添えください。
 トラブルを避ける為、連絡先は楷書ではっきりと
 お書きくださいますよう、お願い致します。

 郵便振替:ヒューマンライツ・ナウ
 口座番号:00120-2-705859

◆銀行からのお振込◆
 銀行振込をご希望の際はお手数ですが、
 ヒューマンライツ・ナウ事務局まで、Eメール、またはFAXか電話にて、
お名前・住所・電話番号と、ご注文数をお知らせください。
 
 Eメール: info@hrn.or.jp
 FAX:03-3834-1025 (おかけ間違いにご注意ください)
 電話:03-3835-2110 (平日のみ)

☆皆さまからのご注文をお待ちしております!

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発売元】
認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ
電話 03-3835-2110 Fax 03-3834-1025


投稿者: hem 投稿日時: 2014-10-2 23:51:16 (628 ヒット)

広島の議員行政は障碍者の人権に否定的な考えです。
広島市の市民連合所属の市議会議員太田憲二の妻
太田孝恵は、作業所かざぐるま舎の施設長だが、
自分の立場を利用して気に入らない利用者
の就職活動妨害して無制限に就労へのハードルを高くしてs人間の最底辺の生活をようようして、力ずくでで権利を制限したり、無用な無理難題をいった。
また、障害年金や生活保護の廃止を役所に働きかけて
ほーむれすにおいこんだ。
かざぐるま舎 082?295?5449
広島市西区上天満町4?2?101

太田憲二 孝恵
082?292?0323
ヒロシマ市西区中広町3丁目1?31?105


太田憲二は社民党の議員でさすがに表面的には障碍者福祉を大事にするポーズは取っていますが、実際はこういう感じです。
障碍者施設の運営者も半分は太田孝恵のような考えを持っています。

皆様障碍者の被災者は特二木をつけてあげて下さい。
裏でものすごい人権侵害があるかもしれません。


投稿者: hem 投稿日時: 2014-10-2 22:19:14 (630 ヒット)

広島市安佐南区とはこんな街です。
広島市安佐南区の社会福祉法人 「あさみなみ」事務局長松田泰、所属作業所「アンダンテ」所長の小藪
恵子は、自分の立場を利用して気に入らない利用者
の就職活動妨害して無制限に就労へのハードルを高くして人間の最底辺の生活をさせようようして、力ずくでで権利を制限したり、無用な無理難題をいった。
また、障害年金や生活保護の廃止を役所に働きかけて
ほーむれすにおいこんだ。
社会福祉法人あさみなみ。
広島市安佐南区祇園6丁目30?5
082?875?8801
それと、元西区社会福祉協議会事務局長で今はあさみなみの障碍者生活支援センターあさみなみ 広島市安佐南区古市1丁目17?11
082?870?2788の相談員 行岡眞理子 元アンダンテ職員で安佐南区緑井在住の新宅かをりなどは、違法に法律や制度で認められたを権利行使を制限したり、
どのような差別を甘んじて受けるよう圧力を僕にかけた。
また数は少ないにしても、ほかの障碍者にもやっていると思われます。
また、みます会事件、あとの郷事件、スリーピース事件など実際摘発されたケースもありますが、広島の障碍者施設の運営に当たる人の半数近くは検察や警察が認めれば、
障害者を暴力でただで強制労働させようとするほど、障碍者の基本的人権に否定的な考えをもっていますし、また市民もそういう人が多いので、ただでさえ土砂災害でたまったストレスを障碍者を虐待することで晴らそうとするケースが出てくるかもしれないと、大変心配しています。財界も積極的みたいですし、もし障碍者が復興作業にあたっていたら、彼らによって暴力で強制的にやらされていると思ってください。
ボランティアの皆さん特に障碍者の被災者には気を付けてあげてください。
裏でものすごい人権侵害にさらされているかもしれないので。


投稿者: hem 投稿日時: 2014-10-2 19:17:49 (714 ヒット)

広島市の安佐北区では、現在大水害でえらいことになっています。

本来、弱い者を助けるべき社会福祉協議会の半数はこういう職員です。



広島市安佐北区社会福祉協議会嘱託職員 、元広島市西区社会福祉協議会事務局長、松井章は
安佐北区社会福祉協議会
広島市安佐北区可部3丁目19?22
082?814?0811
は広島市西区社会福祉協議会事務局長時代、発達障害者の僕の就職活動を妨害して時給50円の作業所に行かせて
最底辺の生活を強要したり、今は障害者に無理やり成年後見を勧めて
障害者の自由な財産処分権を取り上げ、後見人仲間同士で障害者の財産を山分けしようとしている。
それと、今の安芸区社会福祉協議会事務局長で、昔西区社会福祉協議会主任だった
津川信昭は、よく障碍者に自分の立場を利用して、制度の利用を拒んだりまた不利益になるようなことを言ってきました。
安芸区社会福祉協議会
広島市安芸区船越南3丁目2番16号
中年以上の県や市の福祉担当の職員や社会福祉協議会の職員は自分の立場を利用して
障害者に無理難題を吹っ掛けてやろうという考えの人間は半数近くいます。
広島土砂災害のボランティアの皆さん、特に障碍者の方に特に注意して裏でこんなことが起きないように目を光らせてやってください


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 17 »
NGO network Japan