ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
イベント紹介 : 全国スピーキングツアー 袴田事件?袴田ひで子さんが語る「負けてたまるか」逮捕から46年?
投稿者: amnestyj 投稿日時: 2012-11-6 11:19:13 (558 ヒット)

□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              12月9日@東京

          袴田事件 全国スピーキングツアー

   ?袴田ひで子さんが語る「負けてたまるか」逮捕から46年?

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□
袴田事件:最愛の家族を取り戻すために

「最初からずっと信じている。一日も早く出してあげたい」
袴田巌さんの姉、ひで子さんが46年間拘禁されている弟、巌さんへの思いを語る。

■日時:2012年12月9日(日) 14:00?16:30
■場所:日本大学法学部 3号館4階 350講堂
    http://www.law.nihon-u.ac.jp/about/consult/images/3goukan.pdf
■参加費:無料(カンパ歓迎)
■主催:公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本

袴田ひで子さんの弟、袴田巌さんは、1966年に起きた袴田事件の
容疑者として逮捕され、その後、冤罪の可能性がありながら、
46年間もの長い間、拘禁され続けています。
静岡県警よる突然の逮捕、酷暑の中での23日間にわたる拘禁、繰り返される自白の強要。
合計260時間を超える、深夜まで続く密室での過酷な取り調べがもたらしたものは、
死刑判決と46年間の拘禁、そして深刻な精神状態の悪化でした。

「負けてたまるか」。
巌さんを生きて故郷へ取り戻すため、過酷な現実に立ち向かってきた、姉のひで子さん。
密室における自白偏重の捜査がどのように不公正な裁判を招くのか、
そして、死刑制度がいかに巌さんを追い詰めたのか。
袴田事件に見られる司法の問題点と、再審開始への現況、そして46年間の思いを語ります。

★→もっと詳しく
http://www.amnesty.or.jp/speaking_tour/2012/index.html

■お問合せ先:
公益社団法人 アムネスティ・インターナショナル日本
http://www.amnesty.or.jp/

〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-12-14 晴花ビル 7F
T.03-3518-6777 F.03-3518-6778

印刷用ページ このニュースを友達に送る
NGO network Japan