ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
イベント紹介 : 11/29 スリランカ北部・ジャフナ県乾燥魚プロジェクト報告会
投稿者: parcic 投稿日時: 2012-10-24 14:32:42 (663 ヒット)

パルシック報告会 参加者募集

2012年11月29日(木)開催
スリランカ北部・ジャフナ県乾燥魚プロジェクト報告会
―内戦後の漁村女性たちの暮らし―

 2009年、26年におよぶ内戦の終結を迎えたスリランカ。戦場となった北部州は、少数民族であるタミル人が暮らしていた地域で、現在も、避難を余儀なくされていた人たちの帰還が進んでいます。まだ従来住んでいた地域に戻れていない人々も数多くいます。
 政府軍の制圧によって戦争が終結し、幹線道路や政府施設の建設などの復興は進んでいますが、戦火によって破壊された漁村、農村では、生活に必要なトイレや井戸も整わず、人々の暮らしは厳しいままです。パルシックは、漁村に帰還した人々がすぐに漁業を再開できるよう、北部ジャフナ県で、漁具の配布を、また、内戦で夫を失った寡婦を対象に、収入向上のための干物加工支援を行ってきました。
 内戦がシンハラ人・タミル人の溝を深め、終戦後も、人々の意識は分断されたままです。今回、パルシックが行っているジャフナ乾燥魚プロジェクト報告会にあわせ、スリランカ漁村をフィールドに研究されている田中雅一さん、高桑史子さんをお招きし、田中さんは西部漁村の視点、高桑さんは南部漁村の視点から、スリランカ漁村の歴史、人々の暮らし、内戦の影響や北部漁村とのつながりについてお話しいただき、今後の漁村復興のあり方を考えます。
 ご参加ご希望の方は、事前にメールまたはお電話にてお申込みください。

日時:2012年11月29日(木) 18:30-20:30 (開場 18:15)

会場:連合会館 401会議室
東京都千代田区神田駿河台3-2-11
<交通のご案内>
東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅/丸ノ内線 淡路町駅/都営地下鉄新宿線 小川町駅B3出口(徒歩0分)
JR中央線・総武線 御茶ノ水駅 聖橋口(徒歩5分)

入場料: 700円(資料代込み・スリランカミルクティー付き)

<プログラム>
18:15 開場
18:30?19:00 「スリランカの漁村と内戦」
田中雅一さん(京都大学 人文科学研究所 教授)
19:00?19:30 「スリランカ南部 津波後と内戦後の漁村」
高桑史子さん(首都大学東京 人文科学研究科 社会人類学教室 教授)
19:30?19:40 休憩
19:40?20:10 パルシックジャフナ県乾燥魚プロジェクト報告
西森光子(パルシックジャフナ駐在員)
20:10?20:30 質疑応答・終了

主催: 特定非営利活動法人 パルシック

お申込みには【お名前】、【連絡先(電話番号・メールアドレス)】、【申込人数】を下記までご連絡ください。

特定非営利活動法人パルシック
東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル
TEL:03-3253-8990  FAX:03-6206-8906
E-mail: office@parcic.org  HP:http://www.parcic.org/
Twitter:http://twitter.com/parcic_office
facebook:http://www.facebook.com/parcic

印刷用ページ このニュースを友達に送る
NGO network Japan