ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
イベント紹介 : インド洋大津波から一年?被災地の情報ニーズを考える?
投稿者: mishop 投稿日時: 2005-11-2 15:35:04 (1492 ヒット)

第55回国際理解講座
「インド洋大津波から一年?被災地の情報ニーズを考える?」

昨年末のスマトラ沖大地震によるインド洋大津波、そして今年10月に発生したパキスタン北部の大地震、日本でも阪神・淡路大震災や一年前に発生した新潟県中越地震など、近年大地震により大きな被害が発生しています。そして、必ずと言っていいほど、「情報伝達のあり方」が被害の状況が明らかになるに連れてクローズアップされてきます。

そこで、インド洋大津波から1年を経過し、防災とボランティア週間(1月15日?21日)を前にした1月7日にインド洋大津波の被災地に情報分野での支援活動を行ったBHNテレコム支援協議会常務理事の篠原浩一郎氏をお迎えし、途上国での被災者支援に焦点をあて、被災地における情報ニーズや所得格差に伴う情報格差の現状について理解を深め、三鷹市における災害時外国人支援対策にも活かしていくことを目的に開催します。

開催日時: 1月7日(土)13:30?15:00
場所: 三鷹市駅前コミュニティセンター地下1階会議室
講演者:篠原浩一郎氏 (BHNテレコム支援協議会常務理事)
参加申込:三鷹国際交流協会(MISHOP)0422-43-7812

印刷用ページ このニュースを友達に送る
NGO network Japan