ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
イベント紹介 : シリーズ 市民が見直す政府開発援助(ODA) 第2回 "環境事業"の落とし穴:タイ汚水処理施設とマレーシアの巨大導水事業
投稿者: mekongwatch 投稿日時: 2010-8-5 13:03:59 (1057 ヒット)

■日時 :2010年9月21日(火)18:30?20:30
■場所 :環境パートナーシップオフィス(EPO)会議室
    http://www.geic.or.jp/geic/intro/access.html#epo
(〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F)

■内容
サムットプラカン汚水処理プロジェクト(タイ)は、「環境 ODA」として日本やアジア開発銀行から資金が供与されましたが、住民の強い反対で中止に追い込まれました。環境や住民生活への影響、住民参加の欠如など多くの問題が指摘され、現地政治家の汚職も明らかとなるなど、ODA供与に関して様々な教訓を得ることのできる事例です。
また、パハン・スランゴール導水事業(マレーシア)は、820億4000万円という巨額の円借款を供与する「環境案件」ですが、現地では、事業の必要性自体を問う声、森林保護区の撤回など生態系への影響、また先住民族の移転に関する懸念が指摘されてきました。同事業は、「ODAは誰のためにあるのか」といった問いを私たちに投げかけてくれます。

■講師:
福田健治 弁護士(第二東京弁護士会)、ニューヨーク州弁護士、特定非営利活動法人メコン・ウォッチ副代表理事
渡辺瑛莉 国際環境NGO FoE Japan、開発金融と環境プログラム担当

■主催:メコン・ウォッチ、国際環境NGO FoE Japan
■協力:地球・人間環境フォーラム
■資料代 500円(主催・協力団体会員無料)
■申込先
下記をE-mail(event@mekongwatch.org)までご連絡ください。
 ・ご氏名
 ・ご所属
 ・E-Mailアドレス
 ・会員/会員以外の別

■問合せ
特定非営利活動法人メコン・ウォッチ(担当:木口)
〒110-0015 東京都台東区東上野1-20-6 丸幸ビル2階 
Tel: 03-3832-5034 Fax: 03-3832-5039
Email: info@mekongwatch.org

印刷用ページ このニュースを友達に送る
NGO network Japan