ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
イベント紹介 : 「環境首都コンテスト 近畿地域交流会」自治体先進事例発表会と、産業のまち宇部市・尼崎市の市長対談
投稿者: cef 投稿日時: 2010-7-14 18:32:50 (962 ヒット)

(以下、転送歓迎)
□--■--□--■--□--■--□--■--□--■--□--■--□--■--
「環境首都コンテスト 近畿地域交流会」
自治体先進事例発表会と、産業のまち宇部市・尼崎市の市長対談
□--■--□--■--□--■--□--■--□--■--□--■--□--■--

■日時:2010年8月24日(火)13:00?16:00(受付12:30?)
   第1部 先進事例発表会13:10?14:30
   第2部 フォーラム 市長対談 14:40?16:00
■会場:ホテル「ホップイン」アミング(尼崎市潮江1丁目4番1号)2階オークルーム
 アクセス:JR神戸線尼崎駅北側デッキと直結
http://www.hopinn.com/access/access.html

■主催:環境首都コンテスト全国ネットワーク
■共催:尼崎市
■後援:宇部市、きんき環境館

※ちらしのダウンロードはこちらから
http://eco-capital.net/download/kouryu2010kinki.pdf
_________________________

■地域交流会とは:
日本の環境首都コンテストで得られた情報の共有化と、今後の自治体における効果的な施策検討、自治体と市民・NGO/NPOがより深いパートナーシップを築いていくことを目的として、毎年全国数か所で開催しています。

■趣旨:
2001年度から毎年開催し、今年度最終回を迎える「日本の環境首都コンテスト」。毎年、持続可能な地域社会づくりに向けた優れた取り組みを「先進事例」として、これまでに601事例を選出しています。その中から、今回は大阪府八尾市、兵庫県加西市、長野県飯田市からゲストをお迎えし、取り組みをわかりやすくご紹介いただきます。
第2部では、日本の環境首都コンテストに参加し、毎年上位にランクインし続けている山口県宇部市と兵庫県尼崎市の市長が、産業都市としていかに持続可能な地域社会めざしていくかなどについて対談します。

■定員 150人(先着順)

■入場無料(要申込、先着順)

■プログラム(予定)
開会 13:00
【第1部】先進事例発表会13:10?14:30
◎大阪府八尾市「環境総合計画の推進を担う『環境アニメイティッドやお』」
 八尾市環境保全課 岡本 由美子氏
◎兵庫県加西市「地域を愛する豊かな心を育む小学生ガイド」
 加西市ふるさと営業課 吉川雅人氏
◎長野県飯田市「環境モデル都市と地場産業の振興をめざす 共同発注グループによるLED開発と防犯灯LED化」
 飯伊地域地場産業振興センター 熊谷 久幸氏
飯田ビジネスネットワーク支援センター オーガナイザー 木下 幸治氏

【第2部】フォーラム 市長対談 14:40?16:00
「産業都市の市長が語る?持続可能な地域社会をめざして」
久保田 后子氏(宇部市長)
白井 文氏(尼崎市長)
コーディネーター:すぎ本 育生(特定非営利活動法人環境市民 代表理事)

●申込み方法
参加申し込み書にある記入項目を、2010年8月20日(金)までに、下記までメール・FAX・電話・郵送などでお知らせください。 
───────────────────────────
●参加申し込み・お問い合せ先
尼崎市 環境政策課
〒660-8501 尼崎市東七松町1丁目23番1号
TEL:06-6489-6301 FAX:06-6489-6300
E-mail:ama-kankyo-seisaku@city.amagasaki.hyogo.jp
───────────────────────────
参加申込書
(ふりがな):
お名前:
所属団体名・部署名:
ご住所:〒
TEL:
FAX:
E-mail:

(参考)
●日本の環境首都コンテストとは……
「日本の環境首都コンテスト」は、環境先進国ドイツで実施された「環境首都コンテスト」をモデルとし、市民(NGO)の視点からの環境自治体づくり支援およびNGOと自治体さらには自治体間の環境問題に関する情報の相互交換の促進を目的とし、2001年にスタート、今年度第10回をもって終了します。毎年平均点は向上し、自治体の環境施策は向上しています。また「日本の環境首都」の称号獲得をめざし、複数の自治体が切磋琢磨に努めています。
★第10回 日本の環境首都コンテスト 8月上旬公募開始!
詳細は7月下旬に下記にアップいたします。
http://eco-capital.net/modules/project/ecocap/entry10.html
───────────────────────────
●尼崎市と環境首都コンテスト
尼崎市は、これまで環境首都コンテストに全回皆勤で参加しています。全国の参加経験のある214自治体中、唯一毎年トップ10入りを実現しています。第9回(2009年度)は総合第8位、継続的に取り組んでいる「車座集会」が先進事例特別表彰を受けました。
───────────────────────────
●環境首都コンテスト全国ネットワークとは……
「環境首都コンテスト全国ネットワーク」は、深刻化する地球環境問題の解決のため、持続可能で豊かな地域社会の実現を自治体とのパートナーシップで進めたいと考えている環境NGOのネットワーク組織です。今年で第10回を迎える「日本の環境首都コンテスト」など、自治体の環境施策を応援する数々のプロジェクトを実施しています。
───────────────────────────
●ネットワーク構成団体
環境エネルギー政策研究所、FoE Japan、ふるさと環境市民、
かながわ環境教育研究会、やまなしエコネットワーク、
環境市民 東海事務所、中部リサイクル運動市民の会、
環境市民(主幹事団体)、未来の子、くらしを見つめる会、
環境ネットワークくまもと、プラス・エコ、
環境ネットワークながさき塾
───────────────────────────
※当行事の開催には、独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金からの助成をいただいています。
(以上、転送歓迎)

印刷用ページ このニュースを友達に送る
NGO network Japan