ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
イベント紹介 : 「アジアの民話ってどんなお話?なぜ母語が大切なの?」?2月21日は国際母語デー?開催のお知らせ
投稿者: sva 投稿日時: 2010-2-8 15:22:51 (772 ヒット)

教育を通じたアジアの子どもたち自立支援を行っている社団法人シャンティ国際ボランティア会(会長 若林恭英/所在地東京都新宿区/URL http://www.sva.or.jp 以下SVA)は、2月21日の国際母語デーに先立ち、16 日(火)19 時よりSVA東京事務所で、「アジアの民話ってどんなお話?なぜ母語が大切なの?」?2月21日は国際母語デー?を開催します。

■世界の約6000言語のうち、95%が消失してしまう?
 
各民族が長い歴史のなかで築き上げてきた文化とそれを支える言語は、ひとが持つ豊かな可能性の現れ。
それが消えてしまうのは、人間の尊厳や自尊心が失われることにつながります。
この状況に対してユネスコ(国連教育科学文化機関)は、「国際母語デー」を設置し、母語の振興を通じて異なる民族・文化間の寛容と尊敬を確立することを宣言しました。
カンボジアの初等教育を支える「ハンカチの木」代表の木村瞳さんをお迎えして、なぜ母語が大切なのか、守らなければならないかを一緒に考えます。


■日本初公開!アジアの民話絵本の読み聞かせ

SVAでは教育文化支援の一環として、カンボジア・ラオス・ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ・アフガニスタンにて民話絵本および紙芝居を出版しています。
今回、2009年に出版した24タイトルのなかから特におもしろいお話をピックアップし、読み聞かせをします。
現地の学校や図書館、移動図書館に配架されたこれらの絵本は、毎日たくさんの子どもたちに読まれています。日本の民話にはないようなストーリー展開に引き込まれること間違いなし!アジアの子どもたちと同じように民話を楽しみましょう。

■イベント概要■
日時 2010年2月16日(火) 19:00?20:30(開場18:30)
[プログラム]
 19:00 開会
 19:03?19:20 木村瞳さんのお話「母語と絵本(おはなし)」
 19:20?20:00 民話絵本の読み聞かせ 
  カンボジア・ラオス・ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ・アフガニスタン
 20:00?20:25 読書タイム、質疑応答
 20:30 終了
会場 SVA東京事務所(最寄駅 JR総武線 千駄ヶ谷駅/信濃町駅)
参加費 無料。ただし、古本を一冊以上お持ちください。(リサイクル・ブック・エイドを通じて、アジアの子どもたちの教育支援に充てさせていただきます)
定員 30名(定員になりしだい締め切らせていただきます)
申込先 社団法人シャンティ国際ボランティア会(SVA)
広報担当 亀井 e-mail pr@sva.or.jp TEL  03-6457-4585

印刷用ページ このニュースを友達に送る
NGO network Japan