ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
公募・助成金・募金 : ハイチ大地震 緊急医療救援チームからの報告: 「状況は壊滅的・・・」
投稿者: HELFTER 投稿日時: 2010-1-19 17:05:35 (1602 ヒット)

緊急医療救援チームからの報告: 「状況は壊滅的・・・」

世界の医療団外科医療チームは16日(土)から市の総合病院で救援活動を開始。既に現地入りしている他のNGOと連携を取りながら活動している。残念なことに多くの負傷者に切断手術をしなければならず、恐らく400人ほどに切断手術を行なう必要があるだろう。電気はなく、電話も不通のまま、条件は非常に不安定である。夕方には看護婦と麻酔医がチームに加わり医療活動は強化、他の面でも強化が進んでいる。救援物資を積んだ貨物便が隣国ドミニカ共和国に到着、翌朝、積荷が運び込まれた。

15日(金)夜サンドミニクに到着した世界の医療団フランスチームによると、
状況は壊滅的で、援助は行きわたっていない。人々は完全に打ちのめされているが、嫌悪な空気は感じられず、むしろ人々は忍耐強く海外からの支援を待ち望んでいる。水・食料が不足。今朝は外科チームのメンバーと一緒に総合病院へ行き、外科病棟を使用出来るよう整備、清掃を行った。
新たにポルトプランスに到着した医療チームは、シテソレイユに赴き、1日に約300人の被災者を治療。応急処置や初期の基礎的医療のほか、簡単な手術も行うが、重症を負った被災者は手術病棟へ搬送する。更に、他の医療班のメンバーがシテソレイユの各地を廻り負傷者に応急処置をし、必要であれば病院へ搬送している。分娩キット、飲料水、高たんぱく食品類は何とか調達したが、未だ多くの物が不足し、特に抗生物質や消毒剤が足りていない状況。

インターネットからのご寄付
世界の医療団のサイト、以下のリンクページから直接ご寄付頂けます。
http://www.mdm.or.jp/donation/select.php

お振込でのご寄付
ゆうちょ銀行 00110-8-0172839
特定非営利活動法人メドゥサン・デュ・モンド ジャポン
※ 振込用紙の自由記載欄に「ハイチ」とご記載ください。

※ 尚、万が一皆様のご寄付が緊急支援の必要額を超えた場合、世界の医療団がハイチで行っています長期支援ミッションに使用させて頂きます。ご了承頂けますよう よろしくお願い申し上げます。

印刷用ページ このニュースを友達に送る
NGO network Japan