ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
イベント紹介 : 第22回メコン談話室「中国:昆明市上水道整備事業と住民移転」開催
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2004-5-9 23:56:28 (2216 ヒット)

第22回メコン談話室【転載歓迎】
中国:昆明市上水道整備事業における住民移転
ー援助政策のあり方を考えるー

講師:施 錦芳さん(専修大学大学院経済学研究科博士後期課程)

日時:2004年5月21日(金)18:30?

雲南省の省都昆明市は、中国の中でも水資源が著しく不足している都市の一つで
す。同市の一人当たり年平均水供給量は300立方メートルであり、全国一人当た
りの年平均水供給量の11%にも達していません。さらに、都市人口・工業生産の
継続的な増加や、生活水準の上昇に伴う一人当たり使用水量の増加により、新た
な水源の確保と大規模な給水施設の建設が急務とされています。

こうした中、1999年から「昆明市上水道整備事業」が国際協力銀行(JBIC)によ
る円借款を受けて進められています。この事業は昆明市の水不足解消に寄与する
一方で、水源確保を目的としたダム建設のため、1万人余りの住民移転を行いま
した。これは雲南省でのインフラ建設事業による住民移転の中でも最大の規模で
す。

円借款の直接的な使途にはダムの建設は含まれていません。しかし、ダム建設が
上水道整備事業と不可分であることを考えれば、その影響については円借款を供
与している側にも一定の責任があると考えられます。

移転させられた住民は移転先でどのような生活を送り、どのような問題に直面
しているのか。雲南省大理市出身の講師は現地調査により、さまざまな立場にあ
る移転住民の情報を集めました。談話室ではその調査をもとに、住民移転におけ
る諸問題の解決のための、援助側ならびに被援助側のあり方を考察します。

※今回の談話室はすべて日本語で行われます。

場所:メコン・ウォッチ事務所(JR御徒町駅より徒歩5分)
   台東区東上野1-20-6 丸幸ビル2F

地図:http://www1.jca.apc.org/jvc/jp/aboutjvc/address.html
(同じビルにある日本国際ボランティアセンターのページにリンクしていま
す)

資料代:500円(メコン・ウォッチ会員は無料)

参加申込:資料の用意などがありますので、事前にご連絡下さい。定員25名。

申し込み・問い合わせ:(特活)メコン・ウォッチ (担当:山田・東)
Tel: 03-3832-5034 Fax: 03-3832-5039
E-mail: event@mekongwatch.org 
Website: http://www.mekongwatch.org

《メコン・ウォッチでは、1?2か月に1度の割合で、メコン河流域国の開発、環
境、援助などについて学びあう「メコン談話室」を開催しています。毎回若手の
ゲストを招いてお話をして頂き、その後自由に語り合おうというものです。初め
ての人や学生さんにもわかりやすくて溶け込みやすい場にしたいと思っていま
す。》

印刷用ページ このニュースを友達に送る
NGO network Japan