ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
イベント紹介 : 7/28-8/9 写真展「今すぐ安全な水を!?サイクロン被災地ガブラ島の訴え?」
投稿者: aan 投稿日時: 2009-7-22 13:19:14 (1177 ヒット)

サイクロン常襲地のバングラデシュ。その南西部、世界遺産シュンドルボーンの北に位置するガブラ島は川に取り囲まれた中州の島である。
アジア砒素ネットワーク(AAN)は2007年の「シドゥル」来襲後、日本で救援カンパ130万円を集め、この島にポンド・サンド・フィルター(PSF)を5基建設して、島の復興に協力した。池の水を直接飲んでいる人びとに、池の水をろ過して、安全な水にかえて飲んでもらおうと考えたのだ。
シドゥルから1年半たった2009年5月25日、「アイラ」が来襲、再びガブラ島は被災し、堤防が40ヵ所以上で決壊して島は水に沈んだ。今なお、潮位の変化に応じて塩水が出入りし3万8000人が住む島は水におおいい尽くされている。
AANの5基のPSFのうち1基は奇跡的にたすかり、多くの人に安全な水を供給し続けているが、他の4基は、本体のフィルターが水につかり、池に塩水がはいって、使えなくなっている。井戸を掘っても、塩をふくんでいて飲むことは難しい。島の外から、飲料用の水を舟で運ぶ救援活動が続いている。その救援がいつまでつづくのか。
「今すぐ安全な水を!」ガブラ島の人びとの訴えは切実である。
写真をとおして、ガブラ島の訴えを届けたい。


会場:JICA地球ひろば 1階 企画展示スペース
主催:アジア砒素ネットワーク
協賛:独立行政法人国際協力機構
問い合わせ先:アジア砒素ネットワーク (担当 多田)
電話0985-20-2286
メールaanm2201@miyazaki-catv.ne.jp

印刷用ページ このニュースを友達に送る
NGO network Japan