ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
イベント紹介 : 2009年 8月 1日(土) ペルーの働く子どもたちへ
投稿者: amnestyj 投稿日時: 2009-7-12 21:58:05 (866 ヒット)


・*************************************************************
永山子ども基金  第6回チャリティトーク&コンサート
第二部 ペルーの働く子どもたちへ
2009年 8月 1日(土)
・*************************************************************


―Nから子どもたちへ

4人の尊い命を奪った19歳の少年、永山則夫は、
28年に及ぶ独房生活の中で、
自らを問い続け、貧困や犯罪のない社会を求めるとともに、
死刑の廃止を叫び続けました。

1997年8月1日の処刑で断ち切られた償いの作業と想い、
その遺言―「印税は世界の、日本の、特にペルーの貧しい子どもたちへ」は、
ペルーの働く子どもたちに引き継がれ、今も生きています。

第6回目を迎えた今回のチャリティコンサートでは、
近年増加している死刑判決をどう考えたらいいのか、死刑囚、被害者遺族、
そして私たちの社会はどうとらえているのかを、
改めて命の尊さとともに考えてみたいと思います。

※トーク&コンサートの収益金はペルーの働く子どもたちの奨学金として
送られます。


■日時: 2009年8月1日(土) 開場13:30/開演14:00

■会場: YMCAアジア青少年センター・スペースY文化センター
(東京都千代田区猿楽町2-5-5)

■地図: http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/map1.htm

■アクセス: JR水道橋駅より徒歩6分、JR御茶ノ水駅より徒歩9分、
地下鉄神保町駅より徒歩7分

■トーク: 「なぜ、人・社会は死刑を求めるのか」
 
    ★ゲスト 森達也(映画監督・作家)
        
       【聞き手 太田昌国(民族問題研究家)】

■コンサート:「アンデスのフォルクローレ
  ――生きるための音楽 LA MUSICA PARA VIVIR」
       
     出演: 木下尊惇(ギター・チャランゴ・ボーカル)
          笹久保伸(ギター)
          イルマ・オスノ(ボーカル)

■チケット:前売り券 2,500円/ 当日券 3,000円

■チケット予約・お問い合わせ:
       
     FAX: 03-3353-7773
     E-mail: otani[at]lawyk.com *[at]を@に変えて、メールして下さい

■主催: 永山子ども基金

■共催: 神奈川シティユニオン・ナソップ基金
      (社)アムネスティ・インターナショナル日本
      NPO法人東京シューレ


・************************************************************

★永山子ども基金は、永山則夫・元少年死刑囚・作家の遺志を受け、
 その印税をペルーの働く子どもたちへ送金しています。

2008年の第5回チャリティトーク&コンサート
「ペルーの働く子どもたちへ」の様子
http://gaialog.jp/amnesty/staffblog/perm/269

第5回のチャリティトーク&コンサートの際に、
ペルーから寄せられたメッセージ
http://gaialog.jp/amnesty/staffblog/perm/270

印刷用ページ このニュースを友達に送る
NGO network Japan