ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
イベント紹介 : 8/1チャリティトーク&コンサート「ペルーの働く子どもたちへ」
投稿者: amnestyj 投稿日時: 2008-6-26 11:58:11 (1020 ヒット)

■―――――――――――――――――――――――――
 第5回 チャリティトーク&コンサート
 ペルーの働く子どもたちへ
・――――――――――――――――――――――■

■日時 8月1日(金)開演18:30(開場17:30)

■会場
早稲田奉仕園スコット・ホール(新宿区西早稲田2?3?1)
http://www.hoshien.or.jp/map/map.html
JR高田馬場より都バス「早大正門」行き「西早稲田」下車2分
東京メトロ東西線「早稲田」下車5分

■チケット(全席自由)
前売券2.500円/当日券3000円
チケット申込み FAX:03-3353-7773/mail:otani@lawyk.com

――Nから子どもたちへ
Nこと永山則夫、元少年死刑囚・作家。1997年8月1日、処刑で断ち切られた償いの作業と想い、「印税は世界の、日本の、特にペルーの貧しい子どもたちへ」という遺言は、ペルーの子どもたちに引き継がれ、今も生きています。
*トーク&コンサートの収益金はペルーの働く子どもたちの奨学資金として送られます。

■ プログラム
総合司会 搆 美佳(アムネスティ・インターナショナル日本理事長)

第1部トーク 「生きさせろ! Nの時代の貧困と現在のプア/Nの刑死以降…」
パネラー:
雨宮処凛(作家)
太田昌国(民族問題研究家)
大谷恭子(永山子ども基金代表、弁護士)

第2部コンサート 「子どもたちに捧ぐ」
出演:
みつとみ俊郎(フルート/作曲家)http://www1.linkclub.or.jp/%7Eflute/
久保田修(ピアノ/作曲家)http://home.att.ne.jp/aqua/samm/
新藤清子(ヴォーカル)

主催:永山子ども基金
共催:アムネスティ・インターナショナル日本
   神奈川シティユニオン・ナソップ基金
   NPO法人東京シューレ

*ペルーには子ども人口の30%、約200万人以上の働く子どもがいます。
ナソップ(MNNATSOP:ペルーの働く子ども、若者の全国運動)は1996年
3月に結成されました。中南米、アフリカ、アジアの運動とも連携して、働く子どもの生存や教育の権利、労働条件改善のための運動を展開。
子どもたちは大人から一方的に支援される対象では無い、社会に参画する主体であるという考え方が運営にも生かされ、子どもたち自身の中から全国代表16名と大人の協力者6名が選挙で選ばれています。児童労働の廃絶には、法の保護外に置かれ路上に戻る子どもたちの急増に対する懸念を表明、働かざるをえない子どもの立場からの提言を提出しています。
永山子ども基金は、永山則夫・元少年死刑囚・作家の遺志を受け、その印税をペルーの働く子どもたちへ送金しています。

印刷用ページ このニュースを友達に送る
NGO network Japan