ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
イベント紹介 : 2/12セミナー「途上国における技術移転・森林減少の現状と今後の課題」
投稿者: APEX 投稿日時: 2008-1-24 14:14:06 (1042 ヒット)

第157回 APEXセミナー 2008年2月12日(火)
---------------------------------------------------------------------
「途上国における技術移転・森林減少の現状と今後の課題?COP13の結果を受けて」
 講師:加藤真氏(海外環境協力センター主任研究員)、日比保史氏(コンサベーション・インターナショナル・ジャパン代表)
 関連URL:http://www.apex-ngo.org/kokunai/semitokyo.html
---------------------------------------------------------------------

 昨年12月にインドネシア、バリ島で開催された気候変動枠組条約締約国会議(COP13)には、世界192カ国から政府・NGO関係者、メディアなど総勢1万名以上の参加者が集まりました。そこで話し合われた議題は、「ポスト2012」の枠組み交渉のためのロードマップの合意を中心に適応、技術移転など多岐に渡っています。今回のセミナーでは、COPの政府代表団メンバーの加藤氏と生物多様性保全を中心に扱うNGO(CIジャパン)代表の日比氏をお迎えして、CDM(クリーン開発メカニズム)・森林減少の現状と今後の課題などをお話しいただきます。
 途上国への技術移転の手法としてのCDMは登録件数が順調に伸びているが、実際の中身はどうなのか?また、温暖化ガス増加の原因の約2割を占めるという森林減少・劣化を防ぐために、どのような取り組みが行われているのか?そんな疑問を解決したい方は、ぜひご参加ください。

講師プロフィール:
加藤真(かとうまこと)氏
 国連アジア太平洋経済社会委員会(UNESCAP)コンサルタントを経て、海外環境協力センター(OECC)で気候変動に関する業務を担当。COP10から政府代表団の一人として参加。

日比保史(ひびやすし)氏
 野村総合研究所、国連開発計画(UNDP)勤務を経て、2003年4月より国際環境NGOコンサベーション・インターナショナル日本プログラム代表。企業のCSR戦略や気候変動対策における生物多様性保全を中心に企業とNGOの連携を推進。共著に『Hotspots Revisited』など。

【日 時】 2008年2月12日(火)18:30?20:30(18:15 受付開始)
【場 所】環境パートナーシップオフィス 会議室
     〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F
     http://www.geic.or.jp/geic/intro/access.html
  (JR渋谷駅から徒歩約10分、または東京メトロ表参道駅から徒歩5分)
【参加費】 一般 800円、APEX会員 300円 (定員60名)
【主 催】 特定非営利活動法人APEX
【お申し込み】以下のURLから申し込み、もしくは電話・メールなどにてお名
前とご連絡先(メールアドレスまたは電話番号)をお知らせください。
   http://www.apex-ngo.org/kokunai/semitokyo.html
【お問い合せ先】
 特定非営利活動法人APEX (担当:彦坂)
 TEL:03-3875-9286  FAX:03-3875-9306
 〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12井上ビル
 E-mail:tokyo-office@apex-ngo.org
 URL:http://www.apex-ngo.org/

印刷用ページ このニュースを友達に送る
NGO network Japan