ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
イベント紹介 : 3/11開催:「アジア市民」として共に生きる―日韓在日高校生主体の活動、川崎・富川高校生フォーラム「ハナ」―
投稿者: acc21 投稿日時: 2023-2-22 16:21:20 (300 ヒット)

イベント詳細

「日韓みらい若者支援事業」が主催する参加型の学習会や語り場では、歴史教育やスポーツ、文化、ヘイトスピーチ、ジェンダー、韓国の市民活動について学んできました。高校生や大学生、社会人という様々な世代の方が参加していますが、共通して口にすることが、「(主に高校まで)学校の教育は受験勉強のための暗記教育だった」でした。特に歴史に関しては、年号や人物や事変を暗記しただけであり、学校以外の場の方が学びや気づきが多いという意見が聞かれました。


日本と韓国の関係は、歴史認識の違いから衝突が起こることがあり、日本社会では在日コリアンに対するヘイトスピーチ/ヘイトクライムがいまだに起こっています。こうした問題に対して「自分には関係がない」と思うような無関心さがあったり、現状を理解しようとつとめ、主体的に問題をとらえて考え、行動する姿勢が市民ひとりひとりに少ないことも背景としてあるのではないでしょうか。


2000年に活動が始まった川崎・富川(プチョン)高校生フォーラム「ハナ」では、高校生が主体となり、日本人・韓国人・在日コリアンの三者が交流し学び合っています。川崎・富川高校生フォーラム「ハナ」のサポーター共同代表風巻浩氏を講師に招き、活動が始まった経緯や、高校生主体の活動についてお話していただきます。


時にぶつかり合い、葛藤する中で、良い関係を築いている高校生たちの活動から、「アジア市民」 として共に生きることや、日韓の問題を見つめ、自分たちに何ができるかを考える機会にしたいと思います。皆様のご参加をお待ちしています。


\開催概要/
【開催日時】2023年3月11日(土)16:00?18:00(オンライン開場:15:50)
【場所】オンライン(Zoom)
【主な対象】日韓関係や在日コリアンのテーマに関心のある方。
(高校生、大学生、大学院生、20?30代の社会人を特に歓迎)
【参加費】学生:無料  社会人:500円
【定員】50名
【主催】日韓みらい若者支援事業 
(認定NPO法人アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)、
NPO法人Asia Commons 亜洲市民之道)


\お申込みと参加方法/
【申込】Peatix にてお申し込みください。
※3月10日(金)15時に締め切ります
https://nikkan-gakushukai3-20230311.peatix.com/

※Peatixのサイトからの申込みが難しい場合は、
1)氏名 2)所属 3)メールアドレス 4)本イベントを知ったきっかけ、5)本イベントに期待すること、
上記の内容を記載の上、事務局までメールでご連絡ください。
送信先メールアドレス: jkmirai@acc21.org 
担当:シャープ

【参加方法】お申込み確認後、メールでZoomの情報をご連絡します。


\プログラム(予定)/
15:50 開場
16:00 主催者あいさつ、講師紹介
16:05 講師のお話(風巻浩氏)
16:45 質疑応答
16:50 休憩
17:00 参加者間での意見交換
17:40 全体での振り返り
17:50 閉会あいさつ
18:00 閉会


\講師プロフィール/
風巻浩氏
川崎・富川高校生フォーラム「ハナ」のサポーター共同代表。かながわ開発教育センター理事。専門は、社会科教育、国際理解教育、開発教育、多文化共生教育。現在は東京都立大学特任教授。
単著に(2016)『社会科アクティブ・ラーニングへの挑戦?社会参画をめざす参加型学習』 (明石書店)、
編著に(2021)『SDGs時代の学びづくり?地域から世界とつながる開発教育』 (明石書店)など。

\講師所属団体プロフィール/
川崎・富川高校生フォーラム「ハナ」
川崎市と川崎市の友好都市である韓国・富川(プチョン)市の高校生による日韓交流団体。年2回の交流を通してお互いの文化や歴史を理解し、一つになるという目標のもとで活動している。2000年8月に第1回交流会を開催し、その後夏に川崎の高校生が富川を、冬に富川の高校生が川崎を訪問する形で交流が続いている。結成時から、神奈川朝鮮高級学校の高校生たちも関わり、日本人、韓国人、在日コリアンの三者交流として始まる。

印刷用ページ このニュースを友達に送る
NGO network Japan