ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
イベント紹介 : 8/22(土)AARオンラインシンポジウム「ロヒンギャ難民100万人は今?大量流入から3年/AARの取り組み」
投稿者: aarjapan 投稿日時: 2020-7-31 13:54:24 (39 ヒット)

ミャンマー西部で暮らしていたイスラム少数民族ロヒンギャの人々が激しい武力弾圧を逃れ、隣国バングラデシュに大量流入して間もなく3年。累計100万人のロヒンギャ難民は本国帰還の見通しもないまま、約85万人が超過密な難民キャンプでの生活を余儀なくされています。そして今、その難民たちを襲っているのが、新型コロナウイルス感染拡大の危機です。

ARR Japan[難民を助ける会]は2017年11月に現地で人道支援活動を開始し、水・衛生分野、および子どもや女性のプロテクション(保護)の分野で支援事業を実施してきました。武力弾圧が発生してちょうど3年となる8月25日を前に、ロヒンギャ難民キャンプの現状、AARの支援活動、コロナ感染拡大の影響、国際法廷での真相究明、日本外交の立ち位置など、人道支援の現場から国際社会の動向まで、「ロヒンギャ難民100万人の今」を複眼的にとらえ、私たちに何ができるかを皆さんとともに考えるシンポジウムを開催いたします。

報告会では、AARバングラデシュ・コックスバザール事務所の新旧駐在員の報告に加え、ビルマ/ミャンマー研究の第一人者である上智大学の根本敬教授(ビルマ近現代史)、国連世界食糧計画(WFP)元アジア地域局長の忍足謙朗AAR常任理事にコメンテーターとしてご参加いただきます。また、AARの支援者であるデヴィ・スカルノ夫人が昨年9月、ロヒンギャ難民キャンプの視察に訪れた際の動画を上映いたします。


■報告会の内容

 1.AARの紹介
 2.基調報告「ロヒンギャ難民発生から今日まで?国際社会の動向」
  現地報告「AARの支援活動?これまでの成果と新型コロナの影響」
 3.デヴィ・スカルノ夫人動画メッセージ
 4.根本敬・上智大学教授、忍足謙朗・国連世界食糧計画(WFP)元アジア地域局長/AAR常任理事のコメント
 5.質疑応答

■コメンテーター
 根本 敬氏(上智大学総合グローバル学部教授)
 忍足 謙朗氏(国連世界食糧計画(WFP)元アジア地域局長/AAR常任理事)

■報告者
 中坪 央暁(AAR東京事務局/前コックスバザール駐在)
 町村 美紗(現AARコックスバザール駐在)

■開催概要
・―――――――――――――――――――――――
・日時   2020年8月22日(土)午後3時―午後4時30分

・参加費  500円 ※決済後の返金は行っておりません。

・定員   490名(先着順、要事前申し込み)
      ※申し込み締め切り:8月21日(金)午後2時

・主催   AAR Japan[難民を助ける会]

・お申し込み
 以下URLの、Peatixより、お申込みください。
 https://is.gd/4eNpEq

 ※申し込み後に【自動返信メール】が届かない場合は、
  AARのお問い合わせフォーム へご連絡ください。
  https://is.gd/S0UEno

・参加方法

 ZOOMを利用します。お申し込みいただいた方へ、イベント前日に、参加に必要なURLなどをご連絡します。有料イベントのため、申し込み者以外はご視聴いただけません。無断転送はお控えください。

(注)ZOOMについて
・スマートホンをご利用の場合:事前にZOOMアプリのインストールが必要です。
・PCをご利用の場合:初回利用時に自動的にアプリがインストールされます。
・通信環境により、配信時に不具合が生じることがございます。
・通信回線が安定した環境でのご参加をお勧めします
・―――――――――――――――――――――――

印刷用ページ このニュースを友達に送る
NGO network Japan