ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
イベント紹介 : 【JIM-NET】6/30(土)世界難民の日特別企画『シリア難民にミルクを届けたい!』
投稿者: jim-net 投稿日時: 2018-6-18 12:54:29 (73 ヒット)

「難民キャンプでの生活?シリアで色々経験してきたからそれに比べたらなんてことはなかったわよ。
それよりも、自分の夢が断たれてしまった絶望感のが強かったわ。」

紛争下のシリアで看護師になるための勉強をしていたリーム・アッバス。
病院で働いていた医療関係者が次々に病院を辞めていった中、リームは傷を負った兵士たちの応急処置を行なっていたそうです。
当時まだ二十歳にもならないリームの人生は一転したけど、ひたすら耐えたと言います。

彼女は今、JIM-NETのイラク・エルビル事務所のスタッフとして小児がん支援、シリア難民支援を精力的に行っています。

“難民”となった彼女は同じように逃れてきたシリア人を目の当たりにするとき、彼女はいつも感じるといいます。
「何とかしたい。何とかしてあげたい。」
とにかく優しく、逞しい目をします。

彼女の口癖は「アーディー(普通よ)」
彼女が生きてきたシリア、そして紛争が始まって過ごしてきたシリアでのこと、そしてつい先日も行ったシリアへの医薬品支援とその現場。

リームの口から語ってもらいたい。
そして日本の人にも現状を知ってもらいたいというリームの想いが遂に実現することとなりました。

シリア紛争が始まって7年。
忘れ去られることがつらいとそう口々にするシリア人の声。
今のシリアは一体どうなっているのか、必要な支援は何なのかー。

来日するリームの話と共に専門家の話も後半交え、皆さんと考えていけたらと思います。
今回は昨年11月に生まれたばかりの娘と共に今月末、来日します。

会場でお待ちしております。

・日時:6/30(土) 
・開演:14:00(開場:13:30)
・終演:17:30予定
・トーク:リーム・アッバス(JIM-NETアルビル事務所)
     佐藤真紀(JIM-NET事務局長)
・ゲスト:青山弘之先生(東京外国語大学教授)
     酒井啓子先生(千葉大学教授)・参加費:1,000円(大学生以下参加費無料)
・会場:聖心女子大学4号館 聖心グローバルプラザ3階 ブリット記念ホール
・アクセス 広尾駅4番出口徒歩1分   http://kyosei.u-sacred-heart.ac.jp/access/

主催:JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)
後援:聖心女子大学グローバル共生研究所
協力:聖心女子大学難民支援団体SHRET
お申込み・お問合せ:info-jim@jim-net.net/TEL 03-6228-0746
お申込みフォーム:https://goo.gl/wnFgrC

印刷用ページ このニュースを友達に送る
NGO network Japan