ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
イベントカレンダー
 イベント登録 (会員登録(無料)するとイベントが登録できます)
前月 昨日
2022年 2月 15日(火)
明日 翌月 年間表示 月表示 週表示 イベント一覧表示
 16時30分〜18時00分
Z世代と環境NGOが見た、バイオマス発電の多様なリスク?環境・社会・ビジネスの視点から?
「日本は世界で最も急成長している木質ペレット市場であり、北米の森林の将来は日本のバイオマス産業と密接に結びついている」(マイティ・アース 『隠蔽の煙幕』より)

ベトナム、カナダ、米国などの森林から、年に数百万トンの木材が日本に輸入され、再生可能エネルギー源として燃やされています。輸入燃料に依存する大型のバイオマス発電所の建設が各地で進められていますが、燃料の加工や長距離輸送を伴う輸入木質バイオマス発電は、気候危機対策として有効な手段と言えるのでしょうか?また、燃料の生産地の森林では、本当に持続可能で炭素ストックを減らさない森林管理が行われているのでしょうか。

米NGOマイティ・アースが12月に公開した報告書『隠蔽の煙幕』で取り上げられた、大規模バイオマス発電所と輸入木質ペレットを例に、バイオマス発電の環境・社会・ビジネスへのリスクを考えていきたいと思います。北米の生産地での森林の状況に関する最新情報もお伝えします。

また大規模バイオマス発電所の建設計画が相次ぐ仙台で活動する、Fridays For Future Sendaiのメンバーより、現地の現状と地域での取り組みと、Z世代から見た輸入バイオマス発電と気候危機について、お話しいただきます。

【プログラム】(すべて予定)

1)北米からの輸入バイオマスの動向とビジネスリスクー住友商事の事例から

  ロジャー・スミス氏(Mighty Earth 日本)

2)気候危機・気候正義の観点から見る宮城県のバイオマス発電?実践からみえてきたこと

  鴫原宏一朗氏(Fridays For Future Sendai/大学生)

3)コメント: 冨田秀美氏(LRQAサステナビリティ株式会社代表取締役)

        泊みゆき氏(NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク理事長)

4)質疑応答・ディスカッション20分程度

【お申込み】こちらよりお申込みください。(zoomから参加用のURLが自動送信されます)。参加費無料。 

https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_Swcx7HeIRAGkJhYOmS7PSQ


【主催団体】ウータン・森と生活を考える会、地球・人間環境フォーラム、バイオマス産業社会ネットワーク、Fridays For Future Sendai、Mighty Earth

 

  年       <今日>
piCal-0.8
NGO network Japan