ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
イベントカレンダー
 イベント登録 (会員登録(無料)するとイベントが登録できます)
前月 昨日
2018年 6月 28日(木)
明日 翌月 年間表示 月表示 週表示 イベント一覧表示
 (継続中)
基本展「SDGs?未来につながる17の約束ー」/パネル展「明日を描くフィールド」開催


日時:2018年3月14日(水曜日)から7月1日(日曜日)10時から18時

休館日:月曜日、国民の祝日4月からは祝日も開館

会場:なごや地球ひろば(JICA中部)
主催:JICA中部

入場:無料

◆基本展 SDGs?未来につながる17 の約束?◆
世界の「今」とSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための取り組みを、見て、触って、体験してみましょう。
展示を通して、私たちの身近な暮らしが世界に繋がっていることを体感してください。


◆パネル展「明日を描くフィールド」◆
言語や生活習慣の違いを超えて絆を深めることができるサッカーは、国際協力の場においても大きな力となります。本パネル展示では、6月14日から開催される2018年ワールドカップに合わせ、大会出場国におけるJICAの取り組みを写真展示します。また、「何とかしなきゃプロジェクト」サポーターである元サッカー日本代表選手や監督による、開発途上国への訪問の様子もご紹介します。サッカーを通じて、国際協力のフィールドをのぞいてみませんか?


お問い合わせ:JICA中部 なごや地球ひろば
担当者:地球案内人
電話番号:052?533?0121
Eメール:jicacbic-hiroba@jica.go.jp
URL:https://www.jica.go.jp/nagoya-hiroba/

 
 9時30分〜17時00分
日本-インドネシア国交樹立60周年記念森林セクターセミナー
日本-インドネシア国交樹立60周年記念森林セクターセミナー
「インドネシア森林セクターのパラダイム転換:
コミュニティベースの持続的森林管理の促進に向けて」
https://kbritokyo.jp/forest2018/

インドネシア政府は、「木材ベースの森林管理」から「コミュニティベースの森林管理」に基づく生態系資源ベースの森林管理へとインドネシアの森林管理パラダイムを転換する政策を決定しました。この政策は、国連持続的開発目標(SDGs)の達成に向けた、持続的、調和的かつ公平な森林利用の実現を目的としています。
インドネシア、日本両国の環境や森林に関する行政機関、企業、NGO、教育/研究機関、市民の皆さんが集まって、これまでのコミュニティベースの森林管理への取り組みやその教訓を共有し、森林と人との持続的な開発に向けたインドネシア・日本両国の役割やコラボのポテンシャルについて考え、理解を深めたいと思います。

日時: 2018年6月28日 (09:30 – 17:00) 
場所: 早稲田大学 国際会議場 1階 井深大記念ホール
言語: 日本語インドネシア語同時通訳
主催: インドネシア大使館
共催: 早稲田大学
後援: インドネシア環境林業省、日本森林技術協会、国際緑化推進センター、
W-BRIDGE (Waseda-Bridgestone Initiative for Development of Global Environment)

申し込み先:https://goo.gl/21iGJL
(申込フォームにアクセスできない場合は、下記問い合わせ先へご連絡ください。)

お問い合わせ: 在東京インドネシア大使館 森林担当書記官Dr. Riva Rovani
E-mail: forestryseminar2018@gmail.com (英語/日本語)

セミナープログラム:
開会
基調講演:森林セクターの二国間協力のレビュー
セッションI:持続的森林管理に関するインドネシアの政策の変化
セッションII:将来の持続的森林管理に向けて: 森林管理ユニット (FMU)
セッションIII:コミュニティベースの森林管理
セッションIV:生態系ベースの森林管理
総合パネルディスカッション
総括と閉会

 
 19時00分〜20時30分
【横浜】「世界食料デー」月間2018 プレイベント 「ゼロ・ハンガー」に向けたアクションを考えよう!
10月は「世界食料デー」月間。 10月16日の世界食料デーをきっかけに、飢餓や食料問題について考え、解決に向けて一緒に行動する1ヵ月です。
日本ではNGOや国連機関が共同で情報発信を行ったり、企業や行政、学生などが全国でイベントを開催したりしています。

今、世界では、すべての人が食べられるだけの食料は生産されているのに、9人に1人が慢性的な栄養不足です。
持続可能な開発目標(SDGs)では2030年までに「飢餓をゼロに」することが約束されていますが、達成に向けてはたくさんの人の行動が必要です。

「世界食料デー」月間に向けて、すでに何かしらの企画を考えている人も、「何かしたいけどどうしたらいいのかわからない」という人も、まずは自分の気持ちやアイデアを話しながら、10月に向けたアクションを一緒に考えてみませんか。


■ 開催日時・場所 
【横浜】
 日時:2018年6月28日(木)19:00-20:30(受付18:45-)
 場所:パシフィコ横浜 横浜国際協力センター5階 共用会議室
   (横浜市西区みなとみらい1-1-1)
    <地図>http://www.pacifico.co.jp/visitor/access/tabid/236/Default.aspx

■ プログラム(予定)※東京・横浜いずれも内容は同じです。
 19:00 開始・趣旨説明
 19:05 自己紹介
 19:30 「世界食料デー」月間のご紹介
 19:40 ワークショップ
 20:15 今後の活動のご案内
 20:20 アンケート記入、個別相談
 20:30 終了

■ 定員 :20名

■ 対象 :
・「世界食料デー」月間2018について知りたい・参加したい方、
・「世界食料デー」月間に向けて、イベントなどを企画中の
 団体・企業・行政の方      

■ 参加費:無料    

■ 主催 :「世界食料デー」月間2018

◆ 参加申し込み
 お申し込みフォーム(https://goo.gl/Nrfs8f )に必要事項を記入し送信してください。

◆ お問い合わせ
「世界食料デー」月間2018事務局
(ハンガー・フリー・ワールド内 担当:儘田/ままだ)
Email:wfd@hungerfree.net 
TEL:03-3261-4700

 

  年       <今日>
piCal-0.8
NGO network Japan