ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
イベントカレンダー
 イベント登録 (会員登録(無料)するとイベントが登録できます)
前月 昨日
2021年 5月 27日(木)
明日 翌月 年間表示 月表示 週表示 イベント一覧表示
 9時00分〜17時00分
リユース革命! 容器包装で始まるサーキュラー・イノベーション
「ごみゼロ」の日を前にシンポジウム開催、 プラごみ問題の真の解決策
リユース革命! 容器包装で始まるサーキュラー・イノベーション
5月27日(木)14:00〜17:00、18:00〜21:00
https://www.gef.or.jp/news/event/210527reuserevolution/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 国際環境NGOグリーンピース・ジャパンと一般財団法人地球・人間環境フォーラムは東京都環境局の後援の下、5月27日(木)14:00より、オンラインシンポジウム「リユース革命! 容器包装で始まるサーキュラー・イノベーション」を開催します。5月30日は「ごみゼロ」の日です。

 身の回りにあふれるプラスチック製品。日本を含めた先進国の人々はその便利さを享受しています。一方で、廃棄物処理を輸出という形で途上国に押し付けた結果、適切に処理されず、海洋流出の一因となってきました(注1)。

 プラごみの47%は、使い捨て用途がほとんどを占める「容器包装」です(注2)。今後、世界ではプラスチックの容器包装が2050年までに4倍以上にも増えることが予想されており、さらなるプラスチック汚染の深刻化が懸念されます(注3)。
 
 対策として進む容器包装のリサイクルは、数多くの問題点を抱えており、その効果は非常に限定的です。また、代替品への移行は森林破壊等の別の環境問題を助長する恐れもあります。問題の根本にある、使い捨て製品の大量生産・消費・廃棄で成り立つ既存のビジネスモデルから、廃棄物を出さない循環型経済(サーキュラー・エコノミー)への転換が求められています。

 本シンポジウムでは、循環型経済への移行に資する容器包装分野における「リユースビジネス」について紹介します。
 
 英国のエレンマッカーサー財団は、リユースビジネスは1兆円以上の経済規模を持つと試算しています(注4)。近年、世界中で続々とリユースビジネスが誕生しており、日本でも大手企業が容器・包装ごみを出さない循環型ショッピングプラットフォームに参加したり、小売業の一部店舗で量り売りサービスを開始するなどの動きが出てきています。
 
 本イベントでは、エレンマッカーサー 財団や、国内外のリユースソリューション企業、取り組みが先行する自治体等に登壇いただき、「使い捨てない」ライフスタイルやビジネスの魅力を紹介し、日本での今後の可能性について考えます。

 ※シンポジウムに関する情報、登壇者の紹介などは、随時Facebook, Twitterにて発信していきます。
   Facebook URL: https://www.facebook.com/gef.environment
Twitter アカウント: @GEF_environment

▼開催概要
日時: 2021年5月27日(木)第1部 14:00〜17:00、第2部 18:00〜21:00
参加費:無料
定員:500名
方法: Zoomウェビナー(第2部では同時通訳提供)
主催:一般財団法人地球・人間環境フォーラム、国際環境NGOグリーンピース・ジャパン
後援:東京都環境局、京都府亀岡市

▼参加申込:こちらのページより参加登録をお願いします。開催日前日までに、シンポジウムへの参加方法をメールでご案内します。
(参加申込ページ https://business.form-mailer.jp/fms/68da3d71142730)
▼登録締切:5月25日(火)18:00まで

▼登壇者とスケジュール
5月27日(木)第1部 14:00〜17:00、第2部 18:00〜21:00
*現在調整中のため、スケジュールや登壇者の一部に変更の可能性があります。

●第1部(昼の部)自治体の課題と国内リユースビジネス紹介

14:00-14:25
 主催者挨拶、プラごみ・使い捨てモデルの課題とリユースビジネスの可能性ついて
14:25-15:15
 国内自治体の課題とリユースビジネスへの期待
 ・京都府亀岡市長 桂川孝裕氏
 ・東京都環境局 資源循環推進部 専門課長 古澤康夫氏
15:25-17:00
 国内リユースビジネス事例
 ・(nue by Totoya)株式会社斗々屋 ノイハウス 萌菜氏
 ・(Re&Go)NISSHA株式会社 吉村祐一氏/NECソリューションイノベータ株式会社 加藤一郎氏
 ・(Loop)Loop Japan合同会社 アジア太平洋統括責任者エリ ック・カワバタ氏

ー休憩ー

●第2部(夜の部)海外リユースビジネス事例と日本での可能性
18:00-18:35
 リユースビジネスの魅力と可能性
  エレンマッカーサー財団  ジョセフィン・クリストファーセン氏
18:35-19:15
 パネルディスカッション「日本でのリユース革命の実現に向けて」
  モデレーター:共同通信社 編集委員 井田徹治氏
  登壇者:企業、自治体、NGOなど各セクターから調整中
19:20-20:25
 海外リユースビジネス事例
 ・Muuse CEO ブライアン・レイリー氏
 ・Algramo (登壇者調整中)
 (ほか海外企業調整中)
20:25-20:50
 海外自治体の取り組み
 ・米国カリフォルニア州バークレー市  市議会議員ソフィー・ハーン氏
20:50-21:00
 まとめ等

▼本件に関するお問い合わせ
国際環境NGOグリーンピース・ジャパン、一般財団法人地球・人間環境フォーラム
Email: rr@reuserevolution.jp

注1) https://www.env.go.jp/policy/hakusyo/r02/html/hj20010103.html
注2)http://pwmi.or.jp/pdf/panf1.pdf
注3)https://www.ellenmacarthurfoundation.org/our-work/activities/new-plastics-economy/publications/reports
注4)世界の容器包装の20%がリユースソリューションに移行した場合 https://www.ellenmacarthurfoundation.org/assets/downloads/Reuse.pdf

 
 19時00分〜20時00分
5/27 【国境なき医師団】知られざる苦難 生きるために南アフリカを目指す人びと -ジンバブエから生中継-
5歳の子どもがひとりで国境を越える──南アフリカ国境沿い、ジンバブエで活動するプロジェクト・コーディネーター上西里菜子が目の当たりにした現実です。貧困、暴力、将来への不安など、さまざま理由で国を出て、生きるために南アフリカを目指す人びと。長期間に渡る勾留、性暴力、限られた医療へのアクセス、新型コロナウイルス感染症の影響による強制送還など、知られざる現実があります。

移動する人びとにケアを提供するプロジェクトで活動する上西が、南アフリカを目指す難民・移民が置かれている現状や課題、健康被害や新型コロナの脅威など、ジンバブエから生中継でお伝えします。

「世界難民の日(6月20日)」を前に、生きるために移動を強いられる人びとに思いを寄せてほしい、そんな願いを込めてお届けします。

講師:国境なき医師団 プロジェクト・コーディネーター 上西里菜子

日時:5月27日(木) 19:00-20:00

参加費:無料

詳細・申込:https://www.msf.or.jp/information/detail/event20210527.html

当日12時までに事前登録をお願いします。

配信媒体:Vimeo
※ニックネームを登録すればチャットで質問ができます。

講演内容:
■南アフリカ地域の難民・移民の背景
■国境なき医師団の活動
■現在の状況・直面する課題
■人道援助でのキャリア
■質疑応答

お問い合わせ:event@tokyo.msf.org


 

  年       <今日>
piCal-0.8
NGO network Japan