ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
イベント紹介 : 7/17【プラン・ラウンジ7月】オンライン報告会「希望につながる支援とは? 南スーダン難民支援」?ウガンダ?
投稿者: plan-japan 投稿日時: 2021-6-29 13:41:53 (56 ヒット)

今月の「プラン・ラウンジ」は、2021年2月に活動を終了した「南スーダン難民の保護と衛生改善」プロジェクト(ウガンダ)についてご報告いたします。

南スーダンでは、2013年12月に首都のジュバを中心に武力を伴う衝突が発生し、多くの難民を生み出しました。和平に向けた働きかけも多くありましたが、2016年7月には再び衝突が起こり、難民の数が急増。2021年4月時点で、他国に逃れて難民となった人は224万人にのぼります。そのうち約91万人がウガンダへと逃れました。

プランは2014年からウガンダにて、南スーダン難民の子どもの保護や、女性の衛生状況改善に取り組むとともに、難民を受け入れている地域(ホストコミュニティ)や人々への支援も行ってきました。


子どもひろばで遊ぶ子どもたち

当日は、プログラム部の道山職員が、「子どもひろば」を通じた子どもの支援、女の子や女性への生理用品キットの配布といった具体的な活動にも触れながら、ウガンダでの南スーダン難民支援活動についてお話しします。

オンラインでの開催ですので、全国からご参加いただけます。多くの皆さまのお申し込みをお待ちしています。


★担当職員からのメッセージ:プログラム部 道山恵美★

2014年に、現地での事務所立ち上げからスタートした、ウガンダでの南スーダン難民支援活動。プロジェクト開始当初から私も現地へ何度も出張し、日本から派遣した駐在員や現地スタッフ、活動に参加してくれた現地関係者や難民の人たち皆と力を合わせ、難民の子どもや若者たちに「生きがい」をもたらすプロジェクトを実施することができました。
女の子たちの生理に関する支援も、当初は布ナプキンと石けんの配布、数年後には生理で汚れた服を隠せるような腰巻布も追加し、その後は継続性を考え手作りナプキンを普及する活動へと年々変化していきました。当日は、これまでの活動を振り返り、活動を通じてもたらされた成果などをお伝えできればと思います。

■日時:2021年7月17日(土)14:00?15:00
■場所:Zoom(ズーム)による配信
■参加費:無料(通信にかかる費用はご負担ください)
■申込み締め切り:7月14日(水)

※参加費無料。要予約。お申し込みいただいた方には、開催日前日の7月16日(金)にZoomのURLをご案内いたします。

■お申し込み方法
以下のフォームより必要事項を入力し、お申し込みください。
お申込みフォーム

※Zoomについて

zoomヘルプセンター(参加方法についての動画解説など)
事前にテストする(音声や映像のテスト)

【インスタライブ配信のお知らせ】

2021年7月12日(月)17:00?(30分ほど)
「知りたい!アフリカ出張に必須なアイテム ベスト3」と題して、プログラム部の道山職員と広報マーケティング部の西村職員がインスタライブを開催します。アフリカの活動地域への長期出張、持っていくべき必須アイテムとは?活動地域の状況なども必須アイテムのエピソードと共にご紹介します。
お申し込み不要、無料でご参加いただけます。
プランのインスタグラムアカウント:planinternationaljapan
https://www.instagram.com/planinternationaljapan/

イベント紹介ページ

印刷用ページ このニュースを友達に送る
NGO network Japan