ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
イベントカレンダー
 イベント登録 (会員登録(無料)するとイベントが登録できます)
タイトル シンポジウム「加速化する監視社会?「テロ対策」と外国人差別?」
開始日時 2006年 3月 11日 (土曜日)   (全日イベント)
終了日時 2006年 3月 11日 (土曜日)  
詳細 日時 3月11日(土) 14:00開演(13:30開場)?17:00
会場 立教大学池袋キャンパス 7号館7102号室
東京都豊島区西池袋3-34-1(池袋駅西口より徒歩約7分)
http://www.rikkyo.ne.jp/grp/kohoka/campusnavi/ikebukuro/index.html
資料代 1000円(学生500円)
できるだけ事前予約をお願いいたします。


----「テロ対策」の名の下に、
私たちは「外国人」を追い詰めていないだろうか?----

 現在、「治安の悪化」や「テロの恐怖」がしきりに叫ばれ、警察庁や法務省が
中心となって「テロ対策」「外国人犯罪対策」「不法滞在者半減政策」などが推
し進められています。
 指紋や顔画像などのバイオメトリスクデータ(生体情報)を中心に最新のテク
ノロジーを駆使し、市民の管理・監視体制を強化しようとする「テロ対策」の中
で、外国人が最初のターゲットとなり、さまざまな差別や人権侵害が広がりつ
つあります。外国人への職務質問の強化、別件逮捕、そして入国時の指紋押
捺・顔写真の義務化とそれらデータの一元化…。私たちは安心感を得ようとし
て、言葉、文化、宗教、民族の異なる人びとを排除する流れを安易に受け入
れてはいないでしょうか? 
 今回のシンポジウムでは、入管法改正を含む「治安・テロ対策」の強化とは
何を目指しているのか、それによって外国人住民に、さらには私たちの社
会に何が起ころうとしているのか、各分野の専門家とともに考えます。

【基調講演】14:05?14:45 
難波満さん(弁護士)
「日本におけるテロ対策の問題点
        ?外国人の出入国・在留管理の問題を中心に?」

【パネル・ディスカッション】 14:45?17:00
「テロ対策と外国人差別」
 <パネリスト>
 張學錬さん(弁護士):外国人住民からみた「テロ対策」
 西邑亨さん(フリーライター/テクニカル・ライター):監視社会とテクノロジー
 木下ちがやさん(一橋大学社会学研究科博士課程、政治学専攻):アメリカに見
る現代的なテロ対策
 難波満さん
 <コーディネーター>
 旗手明(自由人権協会・外国人の権利小委員会)
*途中に休憩が入ります。
*パネル・ディスカッションに質疑応答も含まれます。

★★英語同時通訳あり★★

◆主催◆
移住労働者と連帯する全国ネットワーク
社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
◆予約・お問い合わせ◆社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
TEL:03-3518-6777 FAX:03-3518-6778
E-mail:stoptorture@amnesty.or.jp
*「学生」または「一般」の旨を明記してください。
カテゴリー
投稿者 AIJapan
レコード表示 公開
繰り返し 毎日
2006-03-11 まで
初回分
最終更新日 2006年 2月 16日 (木曜日)
iCalendar(Win) iCalendar(Mac)
piCal-0.8
印刷する
NGO network Japan