ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
イベントカレンダー
 イベント登録 (会員登録(無料)するとイベントが登録できます)
前月 昨日
2018年 4月 20日(金)
明日 翌月 年間表示 月表示 週表示 イベント一覧表示
 (継続中)
基本展「SDGs?未来につながる17の約束ー」/パネル展「明日を描くフィールド」開催


日時:2018年3月14日(水曜日)から7月1日(日曜日)10時から18時

休館日:月曜日、国民の祝日4月からは祝日も開館

会場:なごや地球ひろば(JICA中部)
主催:JICA中部

入場:無料

◆基本展 SDGs?未来につながる17 の約束?◆
世界の「今」とSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための取り組みを、見て、触って、体験してみましょう。
展示を通して、私たちの身近な暮らしが世界に繋がっていることを体感してください。


◆パネル展「明日を描くフィールド」◆
言語や生活習慣の違いを超えて絆を深めることができるサッカーは、国際協力の場においても大きな力となります。本パネル展示では、6月14日から開催される2018年ワールドカップに合わせ、大会出場国におけるJICAの取り組みを写真展示します。また、「何とかしなきゃプロジェクト」サポーターである元サッカー日本代表選手や監督による、開発途上国への訪問の様子もご紹介します。サッカーを通じて、国際協力のフィールドをのぞいてみませんか?


お問い合わせ:JICA中部 なごや地球ひろば
担当者:地球案内人
電話番号:052?533?0121
Eメール:jicacbic-hiroba@jica.go.jp
URL:https://www.jica.go.jp/nagoya-hiroba/

 
 (継続中)
公益信託地球環境日本基金 平成30年度の募集開始
1.助成の目的
開発途上地域における環境保全に寄与する各種事業に助成を行なうことにより、我が国が地球環境の保全に貢献することを目的とする。
2.助成対象
助成対象は、つぎの事業を行なう団体もしくは個人。(継続して3年を超えないもの)
(1)開発途上地域における地球環境の保全に資する調査・研究事業
(2)開発途上地域における地球環境の保全に資する情報・知識の普及に関する事業(国際協力に関する活動等を含む)
(3)開発途上地域における地球環境保全に資する植林、森林保護、野生生物保護(生物 多様性の保全に資するものも含む)、砂漠化防止等の事業
3.助成金交付予定額
合計10件程度の事業に対して総額1,600万円を交付します。
うち1,030万円は野生生物保護(生物多様性の保全に資するものも含む)、森林保護、砂漠化防止に特定して交付します。
助成金は、機材、消耗品、旅費等事業推進に直接必要な経費に充当するものとします。
4.応募方法等
下記より募集要項をご参照ください。
http://www.gef.or.jp/news/info/1803kouekisintaku/
5.申請締切日
平成30年5月21日(月)(当日必着)

 
 (継続中)
NGOの役割と機能(3週間のコース) (NGO301)のご案内
NGOの役割と機能(3週間のコース) (NGO301)のご案内
4月7日 4月14日 4月21日
土曜日 10:00-16:30
コース詳細
専門的なスキルを身につけ、非営利NGOの運営について学びたいと考える方のためのコースです。NPOおよびNGOの機能、また、異なる状況や役割の中でどのように発展してきたかに焦点を当て、NPOやNGOの取り組みと業務遂行に影響を与える圧力について考察していきます。受講生は、市民社会や国際開発、以下の様々な取り組みについて深く学ぶことができます。活動内容、エンパワーメントのための研修プログラム、アドボカシーキャンペーン、コミュニティ動員、経済的正義プログラムなど。各授業で行われる課題に基づいたディスカッションや講師によるプレゼンテーション、およびグループワークを通して、クラス全体でプロジェクトを完成させていきます。課題には国連やNGOの報告書、国際開発やミレニアム開発目標のケーススタディ、NPOやNGOのウェブサイトのレビューなどが含まれ、教材は主にオンライン上で提供されます。

申込書https://www.tuj.ac.jp/jp/cont-ed/admissions/form-application.php?course=NGO301

https://www.tuj.ac.jp/cont-ed/courses/professional/NGO301.html

NGO mgt program at Temple University Japan Campus
3-day intensive workshop over 3 weekends Roles and Functions of NGOs (NGO301)
Saturday 10:00-16:30 April 7th, 14th and 21st

 
 19時00分〜21時00分
チェルノブイリ32年・福島7年救援キャンペーン 広河隆一講演会「チェルノブイリが福島に問うこと」
チェルノブイリ原発事故より32年、福島原発震災より7年。
子どもたちにいま、何が起きているのか。
福島がチェルノブイリから問われていることは何か。
長年チェルノブイリの取材を続けるフォトジャーナリスト広河隆一と、福島県いわき市で子どもたちの健康を守るために保養やクリニックをはじめとして多岐にわたる活動を続ける「いわき放射能市民測定室 たらちね」事務局長鈴木薫、そして、25年以上にわたりチェルノブイリ被災地に生きる子どもたちの支援を続ける「チェルノブイリ子ども基金」事務局長・佐々木真理が、講演・報告します。

【日時】2018年4月20日(金)19:00開演(18:30開場)
【会場】ココネリホール(練馬区立区民・産業プラザ3F)
交通:西武池袋線・西武有楽町線・都営地下鉄大江戸線「練馬駅」北口徒歩1分
〒176-0001 練馬区練馬1丁目17番1号 Coconeri 4階
TEL:03-3992-5335 / FAX:03-6757-1012

【入場料】 予約1000円 当日1300円
※予約締切は4/19(木)午後3時まで。定員になり次第お申し込みを締め切ります。

【出演】
〇広河隆一(フォトジャーナリスト。『DAYS JAPAN』発行人、「NPO法人 沖縄・球美の里」名誉理事長、「チェルノブイリ子ども基金」設立者)
〇鈴木薫 (「いわき放射能市民測定室 たらちね」事務局長)
〇佐々木真理 (「チェルノブイリ子ども基金」事務局長)

【問合・申し込み先】
チェルノブイリ子ども基金 
TEL/FAX 03-6767-8808  E-mail cherno1986@jcom.zaq.ne.jp

【主催】チェルノブイリ子ども基金 未来の福島こども基金

賛同金募集中 一口 1000円 郵便振替口座 00160-4-98316
この催しの収益は、チェルノブイリと福島の原発による事故被災児童の救援金にあてられます。

【詳細web】http://ccfj.la.coocan.jp/saishin.html

 

  年       <今日>
piCal-0.8
NGO network Japan