ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
イベントカレンダー
 イベント登録 (会員登録(無料)するとイベントが登録できます)
前月 昨日
2017年 4月 15日(土)
明日 翌月 年間表示 月表示 週表示 イベント一覧表示
 (継続中)
参加型評価手法MSC入門セミナー
前回満員御礼で参加出来なかった方もいらっしゃったので、今一度新年に開講します!
また12/28までに申し込んだ方には、一般・NPO/NGO枠とも500円早期割引を致します。
MSC(モスト・シグニフィカント・チェンジ)は、欧米のNGOが活用している参加型モニタリング・評価手法です。事前設定の指標を用いず、現場から「重大な変化」を集めて「最も重要な変化」を選択することで、人間の意識・行動変容など、想定外・質的変化の把握や分析や組織学習を促進する特徴があります。経験豊富な講師から実践的にMSCのエッセンスを学んでみませんか?

(1)日時:2016年1月16日(土)13:30-16:45

(2)場所:BIZ新宿(東京メトロ西新宿駅・大江戸線都庁前)
http://www.city.shinjuku.lg.jp/jigyo/file04_03_00005.html

(3)こんな方にお勧めします:NGO/NPO、コンサルタント、教育・福祉、学術関係者など非営利活動に従事している、またはモニタリング・評価や研究に携わっている方。今後予定している方。国際協力だけでなく、国内の非営利活動にも有効な手法です。

(4)セミナーのねらい
・MSC手法の概略・目的・特徴などの知識を学ぶ。
・手法の中核「重大な変化を集め」「最も重大な変化を選ぶ」体験。
・MSCを現場で、どの効果的に活用できるか意見交換を行う。
前回のセミナー報告は以下をご参照ください。
http://blog.livedoor.jp/sankagatahyouka/archives/9021029.html

(5)プログラム
・講義:MSCの概略・目的・特徴・事例紹介
・演習その1:「重大な変化を集める」ステップの体験
・演習その2:「最も重大な変化を選ぶ」ステップの体験
・まとめと振り返り

(6)講師:田中 博(参加型評価ファシリテーター)
(NPO)ヒマラヤ保全協会元事務局長。日本評価学会認定資格評価士。
JICAやJANIC、FASIDなどで研修講師、NGO海外プロジェクトの評価ファシリテーターを多数行う。JICA草の根技協評価スキーム検討委員や、国内教育団体評価アドバイザー等も務めた。
講師ブログ:http://blog.livedoor.jp/sankagatahyouka/

(7)参加費:一般10,000円 NGO/NPO:関係者8,000円
12/28までの申込は早期割引で、それぞれ9,500円、7,500円になります。

(8)テキスト:モスト・シグニフィカント・チェンジ(MSC)手法・実施の手引き(日本語)をダウンロードしてお持ちください。
http://blog.livedoor.jp/sankagatahyouka/archives/8088744.html
参考文献として、バングラデシュでMSCを実施した論文もあります。
http://blog.livedoor.jp/sankagatahyouka/archives/8787586.html


(9)申し込み・問い合わせ
・Eメールで件名を「参加型評価セミナー申込」として以下を記入の上、お申し込み下さい→希望コース日時・お名前・ご所属・メールアドレス・当日連絡のつく電話番号・参加にむけて一言。NGO/NPO割引希望の方は、活動と役職を簡単に記入願います。
・しめ切り:1/10(日)定員:8名 最少催行人数:4名
・送り先Eメール:nepalippine@gmail.com
・個人情報は本講座と参加型評価の情報提供以外に使用しません。

 
 (継続中)
特別展「SDGs?未来につながる17の約束?」
【会場】なごや地球ひろば(JICA中部)1階体験ゾーン
【入場】無料

■小さな一歩で、きっと世界は変化する
2000年から2015年にかけて、貧困問題など開発途上国が抱える課題解決に向けて、国連ミレニアム宣言(2000年)を基にまとめられた開発目標「ミレニアム開発目標(MDGs)」の下、様々な取り組みが行われてきました。
MDGsの最終年である2015年、9月に開催された国連サミットにおいて、MDGsの後継として「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択されました。
SDGsは、MDGsの中で取り残された母子保健や教育・衛生等の課題に加えて、国内格差の拡大や地球規模の課題など、この15年間であらわれた新たな課題の解決を目指した目標であり、開発途上国のみならず先進国に住む人びとの生活にも関係する内容が含まれており、私たち一人ひとりが取り組むべき全世界の目標です。

本展示では、新たな開発目標であるSDGsと世界の現状、及び目標達成に向けたJICAの取り組みをパネルや造形物と共に展示紹介いたします。また、学校法人・専門学校名古屋モード学園とJICA中部との連携事業として実施されたMEW2017での受賞作品も同時に展示いたします。(※1)
SDGs達成のために、私たちができることについて一緒に考えましょう。

※ 学校法人・専門学校名古屋モード学園が毎年実施している学生集大成の作品展「MODE EVENT WEEK(MEW)」。MEW2017は、JICA中部との連携事業として実施されました。「私たちが未来をつくる!広めよう、伝えようSDGs!」をテーマに生徒たちが作品制作に取り組んでくれました。

【お問い合わせ】JICA中部なごや地球ひろば
 電話番号 052-533-0121
 ファックス 052-564-3751
 Eメール  jicacbic-annainin2@jica.go.jp

 
 (継続中)
パネル展「世界で育む学びのココロ」
【日時】2017年4月12日(水曜日)から6月11日(日曜日)
10時から18時
【会場】なごや地球ひろば(JICA中部)2階フリースペース

■世界の人々の生き生きとした「学び」をみてみよう!
JICAは、教育の段階や状況によって質の高い学びが途切れることのないよう、また、人間の安全保障の考えに基づき、一人ひとりの成長を重視した協力を実施しています。こうした途切れない学びの実現に向けて、JICAでは基礎教育や高等教育、職業技術教育・訓練など様々な「学び」を提供する教育分野への取り組みを展開しています。授業中に一生懸命に考えて学ぶ生徒の姿や、技術を身につけようとする人々、生徒に真剣に向き合う教師の姿等「学び」に対する世界の人々の姿を紹介いたします。
詳しくはこちら⇒https://www.jica.go.jp/nagoya-hiroba/news/event/2017/20170412_01.html

■お問い合わせ■
JICA中部なごや地球ひろば
電話番号 052-533-0121
ファックス 052-564-3751
Eメール jicacbic-annainin2@jica.go.jp






 
 9時00分〜17時00分
社会変革のためのコミュニティ組織(1日ワークショップ)
社会変革のためのコミュニティ組織(1日ワークショップ) (COS101-SP)
2017年春学期
講師: Sarajean Rossitto

このコースに申し込む
https://www.tuj.ac.jp/jp/cont-ed/courses/seminars/COS101-SP.html
コース詳細
このスキルに特化した集中型ワークショップは、人々を地域社会に取り込み社会変革をもたらすために必要な知識とスキルに焦点を当てて行われます。授業では住民組織の背景や歴史を振り返り、問題分析、ネットワークの構築、戦略的計画を作成するなど、具体的なステップを考察していきます。プレゼンテーションやディスカッション、グループワークを組み込んだワークショップ形式で行われます。地域社会開発や国際開発に興味を持ち、そうした分野に携わりたいと考える方にお勧めのワークショップです。
注記:

午前の授業終了後に30分程度の昼休憩があります。午後の授業には、短い休憩時間が設けられます。

講師について
Sarajean Rossitto
東京在住のNGOコンサルタントとして、NGOの活動に必要なスキルの開発やNPOのプロジェクト開発などに取り組んでいる。NPOを中心とした日米の人材交流・人材育成を手がける日米コミュニティ・エクスチェンジ(JUCEE)のコーディネーターを4年にわたって務めた後、東京YMCAに6年間勤務。米コロンビア大学で東アジアの人権問題を学び、社会学の学士号と国際関係論の修士号を取得している。
講師のインタビューはこちらから

Community Organizing for Social Change (One-day Workshop) (COS101-SP)

COS 101 is a skills-based workshop focusing on knowledge and skills that can be use by anyone to get people involved in their communities and bring about social change. After a review of the background and history of community organizing, we will engage in group work using the the methods, and skills for issue, network, coalition, and plan development. COS 101 is done in a workshop format and is open to everyone wanting to get involved in local community development programs or international development work.
Special Note:

There will be short breaks in the afternoon and half an hour break for lunch.

Instructor
Sarajean Rossitto is a Tokyo-based nonprofit NGO consultant focusing on NGO skills development training, nonprofit project development, and social issue publication development. She spent 4 years coordinating bilateral exchange of nonprofit professionals between the US and Japan for Japan-US Community Exchange (JUCEE). Sarajean also worked for 6 years with the Tokyo YMCA. She holds an undergraduate degree in sociology and a Master's in International Affairs with a Focus on human rights in East Asia from Columbia University.


 
 13時00分〜16時00分
日本在住のアメリカ人が、米国政権に透明性を要請して東京でイベントを開催

日本在住のアメリカ人らにより、4月15日に東京で米国政府の透明性、安全保障、説明責任を求めるため、世界中の150以上の都市で行われる行進と連帯して、トランプ大統領の2005年までの完全な納税申告書の開示を求める行進と集会が東京の在日米国大使館の周辺において実施されます。
トランプ米大統領は、先の選挙戦の中で、自身の納税申告書について就任後に開示を行うと言及していましたが、ホワイトハウスはこのほど「人々は関心を持っていない」とし、大統領の納税申告書の開示を行わない方針を明らかにしました。しかし、最近の世論調査では、アメリカ人の3分の2がこうした懸念を明らかにしており、行進に参加する人々もこうした人々と立場を同じくしています。
  「透明性に関する私たちの懸念、トランプ氏個人のビジネス上の利益が政策決定に影響を及ぼすことに対する懸念を表明するため、同様の関心を持つ方々の参加を歓迎します。私たちは貧富の差についても懸念を抱いています。トランプ氏が提案する政策が、彼自身や富裕な閣僚たちに直接利益をもたらすことがないと言い切ることができるでしょうか?」と主催者ジェシー・グリックスティンが語ります。
このイベントは「東京アドボカシーエクスチェンジ (Tokyo Advocacy Exchange)」が主催し、4月15日(土)(日本時間)、午後1時30分から午後4時にかけて日比谷公園西幸門から東京タワーまで行き日比谷公園に戻る行進を行う計画です。(http://gmap.jp/shop-5374.html)

イベントの詳細については下記をご参照ください。
Facebook for Tokyo March: https://m.facebook.com/events/279687809130062?_rdr
Website for Worldwide Marches: http://taxmarch.org/

連絡先(報道関係者のお問い合わせのみ):
Jesse Glickstein (グリックスティン・ジェシー/英語のみ)
advocacyexchange@gmail.com
Sarajean Rossitto (ロシート・セラジーン/英語・日本語)
sarajean.daj@gmail.com

 
 13時00分〜16時00分
米国政権に透明性を要請して東京でイベントを開催
日本在住のアメリカ人が、米国政権に透明性を要請して東京でイベントを開催

日本在住のアメリカ人らにより、4月15日に東京で米国政府の透明性、安全保障、説明責任を求めるため、世界中の150以上の都市で行われる行進と連帯して、トランプ大統領の2005年までの完全な納税申告書の開示を求める行進と集会が東京の在日米国大使館の周辺において実施されます。
トランプ米大統領は、先の選挙戦の中で、自身の納税申告書について就任後に開示を行うと言及していましたが、ホワイトハウスはこのほど「人々は関心を持っていない」とし、大統領の納税申告書の開示を行わない方針を明らかにしました。しかし、最近の世論調査では、アメリカ人の3分の2がこうした懸念を明らかにしており、行進に参加する人々もこうした人々と立場を同じくしています。
  「透明性に関する私たちの懸念、トランプ氏個人のビジネス上の利益が政策決定に影響を及ぼすことに対する懸念を表明するため、同様の関心を持つ方々の参加を歓迎します。私たちは貧富の差についても懸念を抱いています。トランプ氏が提案する政策が、彼自身や富裕な閣僚たちに直接利益をもたらすことがないと言い切ることができるでしょうか?」と主催者ジェシー・グリックスティンが語ります。
このイベントは「東京アドボカシーエクスチェンジ (Tokyo Advocacy Exchange)」が主催し、4月15日(土)(日本時間)、午後1時30分から午後4時にかけて日比谷公園西幸門から東京タワーまで行き日比谷公園に戻る行進を行う計画です。(http://gmap.jp/shop-5374.html)

イベントの詳細については下記をご参照ください。
Facebook for Tokyo March: https://m.facebook.com/events/279687809130062?_rdr
Website for Worldwide Marches: http://taxmarch.org/

連絡先(報道関係者のお問い合わせのみ):
Jesse Glickstein (グリックスティン・ジェシー)
Sarajean Rossitto (ロシート・セラジーン)
<advocacyexchange@gmail.com>

 

  年       <今日>
piCal-0.8
NGO network Japan