ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
イベントカレンダー
 イベント登録 (会員登録(無料)するとイベントが登録できます)
前月 昨日
2017年 3月 22日(水)
明日 翌月 年間表示 月表示 週表示 イベント一覧表示
 (継続中)
参加型評価手法MSC入門セミナー
前回満員御礼で参加出来なかった方もいらっしゃったので、今一度新年に開講します!
また12/28までに申し込んだ方には、一般・NPO/NGO枠とも500円早期割引を致します。
MSC(モスト・シグニフィカント・チェンジ)は、欧米のNGOが活用している参加型モニタリング・評価手法です。事前設定の指標を用いず、現場から「重大な変化」を集めて「最も重要な変化」を選択することで、人間の意識・行動変容など、想定外・質的変化の把握や分析や組織学習を促進する特徴があります。経験豊富な講師から実践的にMSCのエッセンスを学んでみませんか?

(1)日時:2016年1月16日(土)13:30-16:45

(2)場所:BIZ新宿(東京メトロ西新宿駅・大江戸線都庁前)
http://www.city.shinjuku.lg.jp/jigyo/file04_03_00005.html

(3)こんな方にお勧めします:NGO/NPO、コンサルタント、教育・福祉、学術関係者など非営利活動に従事している、またはモニタリング・評価や研究に携わっている方。今後予定している方。国際協力だけでなく、国内の非営利活動にも有効な手法です。

(4)セミナーのねらい
・MSC手法の概略・目的・特徴などの知識を学ぶ。
・手法の中核「重大な変化を集め」「最も重大な変化を選ぶ」体験。
・MSCを現場で、どの効果的に活用できるか意見交換を行う。
前回のセミナー報告は以下をご参照ください。
http://blog.livedoor.jp/sankagatahyouka/archives/9021029.html

(5)プログラム
・講義:MSCの概略・目的・特徴・事例紹介
・演習その1:「重大な変化を集める」ステップの体験
・演習その2:「最も重大な変化を選ぶ」ステップの体験
・まとめと振り返り

(6)講師:田中 博(参加型評価ファシリテーター)
(NPO)ヒマラヤ保全協会元事務局長。日本評価学会認定資格評価士。
JICAやJANIC、FASIDなどで研修講師、NGO海外プロジェクトの評価ファシリテーターを多数行う。JICA草の根技協評価スキーム検討委員や、国内教育団体評価アドバイザー等も務めた。
講師ブログ:http://blog.livedoor.jp/sankagatahyouka/

(7)参加費:一般10,000円 NGO/NPO:関係者8,000円
12/28までの申込は早期割引で、それぞれ9,500円、7,500円になります。

(8)テキスト:モスト・シグニフィカント・チェンジ(MSC)手法・実施の手引き(日本語)をダウンロードしてお持ちください。
http://blog.livedoor.jp/sankagatahyouka/archives/8088744.html
参考文献として、バングラデシュでMSCを実施した論文もあります。
http://blog.livedoor.jp/sankagatahyouka/archives/8787586.html


(9)申し込み・問い合わせ
・Eメールで件名を「参加型評価セミナー申込」として以下を記入の上、お申し込み下さい→希望コース日時・お名前・ご所属・メールアドレス・当日連絡のつく電話番号・参加にむけて一言。NGO/NPO割引希望の方は、活動と役職を簡単に記入願います。
・しめ切り:1/10(日)定員:8名 最少催行人数:4名
・送り先Eメール:nepalippine@gmail.com
・個人情報は本講座と参加型評価の情報提供以外に使用しません。

 
 (継続中)
企画展「生きる。暮らす。守る。―つながる世界の命と健康―」
【開催場所】JICA中部 なごや地球ひろば
【行事内容】
世界には、今もなお適切な保健医療サービスを受けられない人々や、予防・治療が可能なはずの感染症により命の危険にさらされている人々がいます。
また、障害がある人々の社会参加や、急速に進む高齢化社会への対応は世界共通の課題です。

こうした国際社会の背景のもと、日本は人々の命と健康な暮らしを守り、また、活気にあふれる国づくりを目指した国際協力を実施しています。

本企画展示では、保健医療や社会保障分野におけるJICAや中部地域の団体による、人々の生活や文化背景に寄り添った草の根レベルからの取り組みを、パネルや写真を通じてご紹介します。

病気になる。年をとる。これは、この世界に生きる誰もが経験することです。世界のすべての人々が、安心して健康に生活できる社会づくりを、一緒に目指しましょう!


詳しくはこちらから
https://www.jica.go.jp/nagoya-hiroba/news/event/2016/20170112_01.html

入場無料

【問い合わせ先】
JICA中部 なごや地球ひろば
Tel :052-533-0121
Fax :052-564-3751
e-mail:jicacbic-annainin1@jica.go.jp
URL:https://www.jica.go.jp/nagoya-hiroba/index.html

 
 19時00分〜21時00分
開発教育入門講座 特別編 「もっと話そう!エネルギーと原発のこと」
ワークショップとふり返りを通して「開発教育」をわかりやすくご紹介する講座です。ワークショップを体験後、参加者の皆さんとふり返りをしながら、「開発教育」ってなに?何を目指しているの?日本では、世界では、どんな活動が行われているの?といった事柄もお話します。

開発教育の知識や経験はまったくなくてもOKです。 学生、NGOスタッフ・ボランティア、学校教員、開発関係者など、様々な方が参加しています。開発教育を知りたい方、実践したい方、こDEARの活動に参加してみたい方、まずはお気軽に入門講座におこしください!

今回は、教材『もっと話そう!エネルギーと原発のこと』を使ってワークショップを行う特別編です。
今まで通常編に参加したことがある方も、ぜひご参加ください。
※入門講座はDEARの会員・ボランティアからなるタスクチームが運営しています。

●教材紹介『もっと話そう!エネルギーと原発のこと』
この教材の目的は、エネルギー政策や原発の賛否を問うのではなく、一人ひとりが未来の社会をつくる当事者として、まずは知ること、そして安全に話し合う場をつくることです。原発停止をめぐる様々な意見を読み比べたり、新聞記事を読んで自分の気持ちを話し合ったり、あるいは、身近なテクノロジーの利用について規制が必要かどうかを議論する16の教案が収められています。利用された方、ワークショップに参加された方からは「こんなふうに、エネルギーや原発のことを話し合うことができるんだ!」との声をいただいています。ぜひ、体験してみてください。
http://www.dear.or.jp/book/book01_energy16.html

●申込方法
以下のページ申込みフォームよりお申し込みください。
http://www.dear.or.jp/getinvolved/nyumon.html
もしくは、下記までメール、ファックス、お電話でお申込みください。その際、お名前、連絡先(メール、電話番号など)をご明記のうえ、「○月の入門講座参加希望」とお伝えください。
※定員が少数につき、キャンセルされる場合は必ず事前ご連絡をお願いします。

●主催団体・問い合わせ先
特定非営利活動法人 開発教育協会(DEAR)
TEL:03-5844-3630
Mail:oguchi@dear.or.jp
担当:小口

 
 19時15分〜21時00分
3/22【HANDS】ケニア・ヘルス勉強会2
=====================
 ■ ケニア・ヘルス勉強会 2 ■
=====================

ケニア共和国ケリチョー県において、長年、
母子保健や地域保健の活動をしてきたHANDSが主催する勉強会です。

今回は、ケニアの保健医療政策や保健医療システムの概要を学びつつ、
UHC(ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ)の達成を目標に掲げるケニアで
日本の企業や団体が実施する関連事例を紹介し、ケニアの人々の健康問題や
その対策・課題などを考えていきます。

ケニアで活動されている方はもちろん、
ケニアに関心のある方、あるいはこれからケニアに行きたいという方の
参加も大歓迎です。
いろんな立場の方が集い、自由闊達な意見交換の場となれば幸いです。


■ケニア・ヘルス勉強会2■

【日時】2017年3月22日(水)19:15?21:00(19:00開場)

【会場】JICA地球ひろば 2F セミナールーム202AB
    (東京都新宿区市谷本村町10-5)
  https://www.jica.go.jp/hiroba/about/map/index.html

【参加費】無料 

【話題提供者】

・渡辺学氏:
  長崎大学国際健康開発研究科副研究科長(2008‐2010)、
  JICA保健グループ長(2010‐2013)、ケニアUHCアドバイザー(2013?2016)
  専門: 国際保健、公共財政管理、社会福祉、マネジメント
・坂田泉氏:
  建築家・一般社団法人OSAジャパン(会長)
  京都大学工学院研究科修士課程修了。前川國男建築設計事務所在職中の
  1994年から1年間、JICA(国際協力機構)派遣専門家としてケニアの
  ジョモ・ケニヤッタ農工大学にて建築教育に従事。
  2011年、一般社団法人OSAジャパンを設立、会長に就任。
 「日本のタネをケニアでカタチに」をモットーに、ケニアと日本の間に
  虹を架けるような仕事を目指している。
・網野舞子氏(株式会社キャンサースキャン):
  カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)女性学部卒業。
  ロンドン大学衛生熱帯医学校(LSHTM)修士課程修了(MSc Reproductive and
  sexual health research)。2011年よりHANDSにてケニアプロジェクトに赴任。
  母子保健や地域保健のヘルスプログラムの策定や実施に携わる。2014年より
  LSHTMにて、主に社会的な要因が女性の健康にあたえる影響について研究。
  現在は株式会社キャンサースキャンにて、HIVやHPV等にかかるリサーチ、
  ヘルスプロモーションを手がける。

【プログラム予定】
 
 19:15-20:15 話題提供
  1)ケニアの保健医療システムとコミュニティヘルスへの期待(渡辺学氏)
  2)ケリチョーの事例:コミュニティヘルスの持続性に向けて(HANDS)
  3)ナイバシャの事例:キャンサースキャンの取り組み(網野舞子氏)
  4)「月桃」を使った健康志向商品開発プロジェクト(坂田泉氏)
 20:15- ディスカッション・質疑応答
 21:00  終了

【申込】Webフォームよりお申し込みください
 http://www.hands.or.jp/20170322-eventform.html

【問い合わせ】
(認定)特定非営利活動法人HANDS 篠原
 E-mail. event@hands.or.jp
 www.hands.or.jp


 
 19時30分〜21時00分
英語で学ぼう!世界の人権問題
国際人権NGOヒューマンライツ・ナウでは、これまで大好評だった「英語で学ぼう!世界の人権問題」を今年も開催いたします。

アメリカではトランプ新政権の誕生、イギリスのEU離脱、ヨーロッパでは移民排斥を訴える政党が支持を得るなど、世界で排他主義が懸念されています。また、私たちの身近でもヘイトスピーチ、セクシュアルハラスメント、性的マイノリティ、障がい者の方々をめぐり差別的な事件が相次いでいます。そんななか、この機会に是非英会話レッスンを通して国際人権問題について学んでみませんか?

本企画では、英語で書かれた国際人権問題に関する資料を教材に、世界で起きている人権侵害の現実とその課題について学び、解決策を考え話し合うことを目的にしています。英語だけでなく、国際人権法などの知識も身につく内容となっております。

ネイティブの講師を迎えて、授業はすべて英語で行われます。「英語で会話したり自分の意見をもっと言えるようになりたい」、「世界の人権問題について英語で学びたい」、「今のスキルを伸ばしたい、知識をもっとつけたい」、そんなあなたにぴったりの講座となっております。

前回のセミナーに参加された方も、初めて参加される方もクラスを楽しんで頂けるように、日本に関連するより身近なトピックも追加しました。1時間半の授業の中で、英語で話し合うディスカッションの時間もたっぷりと確保しています。

講師陣は、NY州弁護士のCade Christopher Mosleyさんと日英バイリンガルの講師、Daniel Fergusonさんが担当します。
基本的な英語力があれば、どなたでもご参加できます。

学生の方も社会人の方も、どなたでもご参加頂けますので、ぜひ、お誘いあわせの上、お申込みください。

※1回のみ参加することも可能です。複数回の参加をご希望の方は、回数券をお求めいただくとお得です。

【日時・場所】 
ヒューマンライツ・ナウ事務局(7階)または8階会議室 110-0005 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル7F  http://hrn.or.jp/access/

第5回3月22日(水)19:30-21:00テーマ 
『福島原発事故と人権』


【参加費】
・各回受講の場合:3,500円  ※各回、当日お支払い
★複数回の講座の参加を希望される方は、回数券の購入がお得です。2・3・4月セミナーの中からお好きな講座を受講いただけます。
・回数券 4回分 11,000円(3,000円お得)
・回数券 8回分 21,000円(7,000円お得)

※回数券を希望される方は初めに参加される際にご購入・お支払いをお願い致します。前日以降のキャンセルの場合、キャンセル料1,500円が発生します。
会場・資料の手配などありますので、キャンセルする場合は、なるべく早めにご連絡いただくようご協力のほどお願いいたします。

【対象】 
・英語のレベル TOEICスコア600?800
※おおよその目安ですので、不安な方はお気軽にお問い合わせください。

【お申込み方法】
お申込みを希望される方は、HP(http://hrn.or.jp/news/9939/)からお申込みください。
※もし上記からご登録ができない場合は、お手数ですが、HRN事務局(info@hrn.or.jp)あてに、お名前、ご連絡先、参加希望されるクラスを明示の上、ご連絡ください。

【主催】
認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ

【お問い合わせ先】
ヒューマンライツ・ナウ事務局 (担当:有満)
メール:info@hrn.or.jp 電話:03-3835-2110

 

  年       <今日>
piCal-0.8
NGO network Japan