ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
投稿者: jacses 投稿日時: 2013-3-12 10:59:15 (297 ヒット)

I.背景・目標
政府は、1月29日に、平成25年度税制改正大綱および平成25年度予算案を閣議決定した。それらの中に、環境関連予算や租税特別措置等の取組みも組み込まれている(省エネ・再生可能エネルギー推進やエコカー減税等)。昨年10月1日には、地球温暖化対策のための環境税が施行された。その税収は2012年度に約400億円、2016年度には約2,600億円となる見込みで、さらに、政府は、循環型社会構築や生物多様性保全等の観点も含めた税制のグリーン化の検討も進めている。

事業者・生活者・NGOは、環境関連予算/租税特別措置等の支援制度の積極的活用や、環境税への適切な対応により、環境保全に貢献するビジネスやライフスタイル・活動を進めつつ、コスト削減や事業・活動拡大に結びつけることができる。

しかし、環境税や支援制度は複雑・多岐に渡り、多くの省庁が関与しているため、その全体像・今後の方向性を的確に把握することは難しい。また、環境関連予算/租税特別措置等や環境税も、効果を高めるために、今後さらなる改善が必要と考えられる。

そこで、以下の目的のために、本シンポジウムを開催する。

○気候変動対策予算・環境税/税制グリーン化等の最新動向に関する理解を支援し、各セクターの的確な対応・提言・報道等を促進する。
○特に、事業者・生活者・NGOによる現制度の効果的活用をサポートする。
○今後の税財政措置を展望しつつ、事業者・生活者・NGO・研究者・メディア・政策担当者等の取組み・連携を強化。さらなる制度改善・効果的制度推進に貢献する。

II.日時
2013年3月27日(水)18:15〜21:15

III.場所
ベルサール神保町 Room A+B
http://www.bellesalle.co.jp/bs_jimbocho/access.html)
 〒101-0065 東京都千代田区西神田3-2-1住友不動産千代田ファーストビル南館2・3F
 <交通アクセス>
 「九段下駅」7番出口徒歩3分(東西線)
 「九段下駅」5番出口徒歩4分(半蔵門線・新宿線)
 「神保町駅」A2出口徒歩5分(半蔵門線・新宿線・三田線)

IV.対象
・政府予算/租税特別措置等の活用や、環境税/税制グリーン化に備える必要を感じている事業者
・ライフスタイル転換や政策の最新動向に関心を有する生活者
・政府の税財政活用の検討や、政策提言活動を行うNGO関係者
・環境政策に関する調査研究を行っている研究者/学生
・環境政策や事業者・生活者の取組み等に関する報道を行っているメディア関係者
・環境・気候変動政策の構築・実施を行う政策担当者       等

V.主催等
主催:「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
助成:環境再生保全機構地球環境基金

VI.プログラム(以下、敬称略)

「プログラム説明」

第1部.現状・到達点・最新動向

1−1.気候変動対策予算/租税特別措置

「気候変動対策予算の全体像、環境省気候変動対策予算/租税特別措置の最新動向(仮題)」
神谷洋一(環境省地球環境局地球温暖化対策課調整官)

「経済産業省気候変動対策予算/租税特別措置の最新動向(仮題)」
森川純(経済産業省産業技術環境局環境政策課環境経済室課長補佐)

「農林水産分野の主な地球温暖化対策関連予算(仮題)」
松下英之(農林水産省大臣官房環境政策課課長補佐)

「国土交通省気候変動対策予算/租税特別措置の最新動向(仮題)」
乾有貴(国土交通省総合政策局環境政策課課長補佐)

質疑応答

1−2.環境税と税制グリーン化

「環境税・税制グリーン化の全体像・最新動向(仮題)」
井上雄祐(環境省総合環境政策局環境経済課課長補佐)

質疑応答

◇休憩◇

第2部.意見交換

○論点案
・気候変動対策予算/租税特別措置のあり方・効果的活用
・環境税・税制グリーン化のあり方・対応策
・制度改善のための取組み・アイデア(政策担当者・事業者・生活者・NGO等が個々にあるいは連携して行える活動等)

○パネリスト
諸富徹(京都大学大学院経済学研究科・経済学部教授)
講演者

○司会
足立治郎(JACSES事務局長)

VII.参加費
 1,000円(JACSESサポーター:500円、賛助会員無料)

VIII.お申し込み
 「2013年3月27日税財政シンポジウム参加申込」と明記の上、次のJACSESウェブサイト・参加フォーム(http://www.jacses.org/form/form_event.html) から、もしくはFAX:03(3556)7328宛てに「お名前」「ご所属(勤務先・学校など)」「返信のためのご連絡先」を明記の上、お申込み下さい。

IX.お問い合わせ・お申込み
「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
担当:衛藤
TEL:03-3556-7323 FAX:03-3556-7328
Email:jacses@jacses.org


投稿者: cherno 投稿日時: 2013-3-11 12:53:55 (434 ヒット)

チェルノブイリ子ども基金と、姉妹団体・未来の福島こども基金では、
チェルノブイリと福島の救援として絵画展&写真展を行います。
展示期間中の受付のほか、初日の写真設置、最終日の撤収作業などを
お手伝いいただける方を募集しています。
短時間、1日のみでも歓迎です。ご都合のよい時間帯をお知らせください。

・============================================
チェルノブイリと福島 子どもの絵画展&広河隆一写真展
・============================================

◆日時
4/8(月)〜4/10(水)10時〜20時

◆場所
文京シビックセンター1F展示室2
最寄駅:東京メトロ「後楽園駅」、都営地下鉄「春日駅」徒歩1分

◆ボランティア作業
(1)4/8(月)9時〜10時 絵画・写真の設置作業
(2)4/8(月)〜4/10(水)10時〜20時 受付
(3)4/10(水)20時〜 撤収作業


ボランティアご参加の方は下記までご連絡をお願いいたします。

チェルノブイリ子ども基金
E-MAIL cherno1986@tokyo.email.ne.jp
TEL・FAX 03-5228-2680
URL http://homepage2.nifty.com/chernobyl_children/


投稿者: DEAR 投稿日時: 2013-3-11 12:41:45 (203 ヒット)

さあ、新学期が始まります。
友達ができるかな、みんなと仲良くできるかな、どんな先生かな、子どもたちは期待と不安でいっぱいです。子どもたちの緊張のドキドキを楽しさのワクワクに変えて行きたい。新しい環境で新しい友達と学び合い、楽しい時間を一杯過ごしてほしい。そのためには、一人ひとりが安全に安心して学べる環境をつくることが重要です。

子どもたちが、お互いに尊重し合い、学び合い、自ら問題解決に取り組めるような環境づくりをしていくためには、どのような準備をすればよいのか。問題があった時には、どのような対応をすればよいのか。

学級づくりをすすめるファシリテーターとしてどのような心構えが必要か。
参加者の経験を共有しながら一緒に考えていきたいと思います。

新学期、楽しいクラスづくりのために、一緒に学び合いましょう。
みなさまのご参加をお待ちしています。

●日時
2013年3月31日(日)10:30-17:00

●会場
富坂キリスト教センター1号館会議室(東京都文京区小石川2-9-4)
http://www.dear.or.jp/contact.html

●参加費
一般:3,000円 会員:2,000円
※参加費は当日受付でお支払いください
※『子どもとできる創造的な学級づくり−実践ハンドブック』(2012)付

●定員
30名

●対象
教員、教育関係者、NGO職員など、テーマに関心がある方どなたでも。

●内容
1.オープニング・自己紹介
2.学びの場づくり(やくそく、一緒にやりたいこと)
3.いろいろな気持ち(こんな時どう思う?今、どんな気持ち?)
4.問題が起きた時どうする?(一緒に考えよう、自分のニーズ・相手のニーズ)
5.グループディスカッション(「こんなクラスにしたい」「こんな目標を掲げたい」)
6.振り返り

●講師
DEAR CR教育研究会

●主催・お申込み
(特活)開発教育協会/DEAR Tel: 03-5844-3630
以下のウェブから申込フォームまたはお電話で事前にお申込みください。
お電話の場合、氏名、所属先、連絡先(Email、Tel)DEARの会員/非会員をお知
らせください。
http://www.dear.or.jp/getinvolved/e130331.html

●開発教育協会/DEARとは?
南北格差・環境・紛争・貧困など、地球上で起こっている諸問題はわたしたちの生活と無関係ではありません。開発教育とは「知り・考え・行動する」という視点でその解決に取り組んでいくための市民による教育活動です。開発教育協会は、国際協力NGOや国連関係団体、地域の市民団体など約50の民間団体と教員など約700名の個人で構成される教育NGOです。1982年に発足して以来、開発教育と呼ばれる国際理解や国際協力をテーマとした教材の発行(約30点)や、講師派遣(年間150回)、参加型学習の普及推進を行なっています。教材『ワークショップ版・世界がもし100人の村だったら』で国際人権教材アワード受賞(2004年)。

●DEAR CR教育研究会とは
DEARでは2007年度より対立解決教育(CR=Conflict Resolution教育)をすすめています。教員やNGO/NPOスタッフなどからなる「CR教育研究会」では、教材の発行やセミナーを開催しています。
CR教育では、自分や他者の気持ちに気づく、人の話をしっかり聞く、自分の意見を伝える、などの基本的なコミュニケーション力を身につけることを通して、子どもたち自身が自分と他者との問題、クラスや社会の問題・課題に主体的にとり組む力をつけることをめざしています。CR教育は年齢を問わず、低学年から学ぶことができ、家庭や学校、地域や職場などでも応用していただくことができます。


投稿者: jacses 投稿日時: 2013-3-11 11:19:57 (408 ヒット)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

<シンポジウム>
地球温暖化防止・オゾン層保護に向けたフロン排出抑制の取組み・政策をめぐる最新動向
〜世界・日本・地域の対策推進のために〜

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

I. 背景/目標
 地球温暖化防止・オゾン層保護の観点から、フロンの排出抑制対策・政策が進められている。日本においては、フロン回収・破壊法や家電リサイクル法等によって義務付けられた適切な回収・破壊の強化や、冷凍空調機器に含まれるフロン類の使用時漏えいに対する取組み強化が求められている。政府内においては、フロン税やフロンクレジット、デポジット制度といった経済的手法の導入も検討されている。

 国際社会に目を転じれば、フロン対策については2つの国際枠組が存在し、オゾン層保護に関してはモントリオール議定書、気候変動対策に関しては京都議定書で異なる種類のフロン類が対象ガスとして定められ、取組みが推進されてきた。しかし、例えばモントリオール議定書では、生産規制はなされるが、回収破壊の仕組みが乏しいなどの問題も指摘されている。今後は、途上国におけるフロン(特にHCFCs)大量排出も予測されており、これに対処する日本の協力や国際制度の整備も要請されている。

 こうした国内外の状況を踏まえ、以下の目的で本シンポジウムを開催する。

○国内外のフロン排出動向、フロン類排出抑制のための国際制度進展状況および日本/他国のフロン排出抑制対策・政策に関する最新情報を普及・共有する。
○事業者・消費者・NGO・政策担当者・メディア等のフロン排出抑制対策・政策に関する理解・取組み・対話・連携を促進し、効果的な取組みを後押しすることにより、オゾン層保護・地球温暖化防止対策の強化に貢献する。

II. 日時
 2013年3月25日(月)14:00〜18:00

III. 場所
 在日本韓国YMCA アジア青少年センター (9階国際ホール)
 〒101-0064 東京都千代田区猿楽町 2 - 5 - 5
 アクセス(http://www.ymcajapan.org/ayc/hotel/jp/access-access.html)
 JR水道橋駅・・・徒歩5分
 JR御茶ノ水駅・・・徒歩8分
 地下鉄神保町駅・・・徒歩7分

IV. 対象/規模
 事業者・消費者・NGO・研究者・政策担当者・メディア等

V. 主催等
 主催:「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
 助成:公益信託地球環境保全フロン対策基金

VI. プログラム(以下、敬称略)

 「開催趣旨説明」

 第1部.講演

 「日本・世界におけるフロン類排出の動向・見通しと削減の可能性(仮題)」
     花岡達也(独立行政法人国立環境研究所)

 「フロン排出抑制に関する国際社会の取組み(2つの議定書を含む)の経緯と日本の取組み・制度の最新状況 焚沼蝓法
     奥山祐矢(環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室長)

 「フロン排出抑制に関する日本の取組み・制度の最新状況◆併埔譽瓮ニズム〈国内クレジット・二国間クレジット等〉を含む)(仮題)」
     岩松宏樹(経済産業省製造産業局オゾン層保護等推進室長)

   ◇休憩◇

 「フロン排出削減に向けた冷凍空調業界の取組み(仮題)」
     鳥波益男(日本冷凍空調設備工業連合会副会長)

 「フロン削減に向けた普及啓発の取組み(仮題)」
     西薗大実(群馬大学教育学部教授 ストップ・フロン全国連絡会)

   質疑応答

   ◇休憩◇

 第2部.意見交換

 <パネリスト>
   講演者

 ≪論点案≫
   ・日本国内における回収・破壊制度、フロン税、クレジット、その他の制度のあり方
   ・フロン排出削減に関する国際社会での取組みのあり方
   ・国際制度構築・日本の取組み推進に向けた各セクターの課題

VII. 参加費
 1,000円(JACSESサポーター・学生:500円、賛助会員無料)

VIII. お申し込み
 「2013年3月25日フロンシンポジウム参加申込」と明記の上、次のJACSESウェブサイト・参加フォーム(http://www.jacses.org/form/form_event.html)から、もしくはFAX:03(3556)7328宛てに「お名前」「ご所属(勤務先・学校など)」「返信のためのご連絡先」を明記の上、お申込み下さい。

IX. お問い合わせ・お申込み
 「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
 担当:木村
 TEL:03-3556-7323 FAX:03-3556-7328


投稿者: hirooyoshizaki 投稿日時: 2013-3-9 15:59:19 (323 ヒット)

 「『エクセレントNPO』をめざそう市民会議」(以下、「市民会議」)は3月21日
(木)18時30分より、毎日ホール(東京都千代田区)において、「市民社会は強く
なったのか」をテーマに、エクセレントNPOフォーラムを開催いたします。
 東日本大震災以降、「日本の市民社会は変わった、強くなった」などの意見があっ
た一方で、各種社会調査によると、震災以前と以後で比較をして、ボランティア行
動者率など市民性の低下を表す結果が明らかになっています。
 そうした中で、今回のフォーラムでは、現場での活動を通して、市民の変化がど
のように見えているのか、また、どこに課題を見出しているのかなど徹底的に議論
をしていきたいと考えております。
 本フォーラムが、日本の市民社会のあり方や課題について多くの皆様と一緒に考
える場になればと思っております。ぜひともご参加ください。


■エクセレントNPOフォーラム「市民社会は強くなったのか」概要
テ ー マ:「市民社会は強くなったのか」
日時:2013年3月21日(木)18:30〜21:00(開場18:00)
場所:毎日ホール(東京都千代田区一ツ橋1-1-1、パレスサイドビル地下1階、TEL:03-3212-0321)
最 寄 駅:東京メトロ東西線 竹橋駅(1b出口直結、徒歩1分)
参 加 費:無料
パネリスト:
     【2012年エクセレントNPO応募団体】
      井出留美(東日本大震災復興支援奨励賞受賞、セカンドハーベスト・ジャパン広報室長)
      大谷順子(組織力賞ノミネート、子どもの村福岡事務局長)
      小野寺美厚(東日本大震災復興支援奨励賞受賞、ネットワークオレンジ代表)
     【エクセレントNPO大賞審査委員】
      武田晴人(東京大学大学院経済学研究科教授)
      田中弥生(日本NPO学会会長、大学評価・学位授与機構准教授)
     【市民会議理事】
      工藤泰志(言論NPO代表)
      堀江良彰(難民を助ける会事務局長)
       

※本フォーラムは公益財団法人三菱財団の助成を受け、開催いたします。


■お申込方法
(1)Webからのお申込みは下記URLからお申し込みください。
   http://www.genron-npo.net/130321npo.html
(2)メールでのお申し込みは、下記項目をご記入の上、
   「エクセレントNPO」をめざそう市民会議事務局( Mail: info@genron-npo.net
   までご返信ください。

-----------------------------------------------------------------------
 3月21日(木)エクセレントNPOフォーラム
【ご出欠】:ご出席  ・  ご欠席
【お名前】:
【貴団体名・貴社名】:
【ご所属名・役職名】:
【TEL】:
【FAX】:
【E-mail】:
-----------------------------------------------------------------------
※事務局にてお申し込みを確認後、確認メールを送付いたします。

■お申込期限:3月20日(水)まで

■「エクセレントNPO」とは
 1998年のNPO法が制定以来、NPOの設立数はいまや4万団体を超えましたが、
数は急増したものの、その大多数は経営的に力が乏しく、社会の自発的な課題解決
に取り組む以前に、市民とのつながりが弱く、市民社会を大きく変える力にはまだ
なっていません。
 「市民会議」では、こうした非営利組織の組織力としての脆弱性や市民とのつな
がりが希薄である点に当初から問題意識を持ち、その質の競争をもたらし、強く豊
かな市民社会への良循環をつくり出すために、非営利の世界での社会変革のモデル
となるNPOの要因分析を続けてきました。そして、三年間にわたる作業の末、2010
年には望ましい非営利組織像としての「エクセレントNPO」の概念を打ち出し、「市
民性」「社会変革性」「組織安定性」の三つを基本条件とする、組織評価の体系とし
ての「エクセレントNPO」の評価基準を公開し、その普及活動に取り組んできまし
た。
 また、エクセレントNPO大賞は、そうした「エクセレントNPO」を目標にして
非営利組織が競い合い、その動きが市民に可視化されることで、市民社会に大きな
変化を起こすことを目的としています。大賞の詳細はこちらよりご覧いただけます。
http://www.excellent-npo.net/index.php/ja/report/157-120711e-npo


ご不明な点がございましたら、事務局担当の吉崎・宮浦までご連絡ください。
よろしくお願い申し上げます。
────────────────────────────────
 + 「エクセレントNPO」をめざそう市民会議事務局
 + Tel/Fax  03-3548-0511/03-3548-0512
 + URL  http://www.genron-npo.net/
 + Address 東京都中央区日本橋1‐20‐7(言論NPO事務所内)
────────────────────────────────


投稿者: shotaando 投稿日時: 2013-3-9 13:22:26 (403 ヒット)

「NPO法人かものはしプロジェクト」の
社会人ボランティアコミュニティ「かもカフェ!」が主催する

みやじ豚チャリティーバーベキュー

のご案内です。

みなさま、みやじ豚ってご存知ですか?



みやじ豚は神奈川県の湘南地区で飼育されている豚で、
これまで「2008年農林水産大臣賞」など、数々の賞を受賞したブランド豚です。

兄弟豚を一緒に育てて、豚にストレスを与えないようにするなど、
ものすごく大切に、こだわって飼育された豚です。

みやじ豚BBQ

そんな美味しい豚を味わいながら、みなさまに楽しい時間を過ごしていただき、
参加費の一部がチャリティーに回ることで、社会貢献できてしまうという素敵な企画です。

---------------------------------------------------------
みやじ豚×かものはしプロジェクトチャリティーバーベキュー
---------------------------------------------------------
【日時】
・4月13日(土) 12:00〜16:00
※雨天決行 (屋根があるので雨でも大丈夫です。)

【参加費】
大人 4500円
学生 3500円
中学生以下 無料
※参加費は、当日回収させていただきます。

【場所】
『弁慶果樹園』
最寄駅:湘南台駅(小田急江ノ島線、相鉄線、横浜市営地下鉄)
住所:神奈川県藤沢市遠藤6190

地図はこちら

※湘南台駅の西口より、慶応大学行きバスに乗車、
『慶応大学』で下車し、徒歩約10分。
 行き:11:20 / 11:35 / 11:50 / 12:05 / 12:20 / 12:50 / 13:20
 帰り:15分おきに出ています。(00 / 15 / 30 /45分)
※車での来場も可能です。(駐車場無料)
※タクシーだと、湘南台駅から1,600〜1,900円程度です。

【参加方法】
申込フォームをクリックし、必要事項の記入をお願い致します。
---------------------------------------------------------



今までにかものはしに関わったことのない方のご参加も、大歓迎です。
100名以上のご参加を見込んでおり、様々な業種の方が集まるので、
きっと自分の世界を広げる素敵な社交場にもなります。

今回のチャリティーBBQにより多くの方にご参加頂き、
美味しい豚を味わいながら、楽しい時間を過ごして頂くことで、
カンボジア、インドの子供たちの支援につながります。
一人でも多くの方のご参加をお待ちしております!

NPO法人かものはしプロジェクトとは?
NPO法人かものはしプロジェクトは、子どもが強制的に売られてしまう問題を解決し、
子どもが売られない世界を作るために、カンボジアおよびインドをメインに活動する国際NGOです。
子どもを買わせないためための取り組みとして、「現地警察の訓練」を支援し、
子ども売らせないための取り組みとして、最貧困層の女性たちに仕事と教育を提供する
「コミュニティーファクトリーの経営」を行い、また売られてしまいそうな子どもを保護する
「孤児院の支援」を行っています。
ホームページ
Facebookページ

かもカフェ!とは
かものはしプロジェクトの課題解決のために、「自分の労力や時間を使って何かお手伝いがしたい」というボランティアや、
「自分のスキルを活かして支援をしたい」というプロボノが活動している社会人ボランティアコミュニティです。
現在300名以上の方が登録し、活動をしています!ひとりひとりができる範囲で、できる方法で、かものはしを応援しています。
ホームページ
Facebookページ

※参加費の一部は、かものはしプロジェクトの活動資金として活用させていただきます。


投稿者: social_value 投稿日時: 2013-3-8 16:22:45 (350 ヒット)

ソーシャルビジネス(ミニ)グランプリは社会起業家の事業発表の場として、また共感し合う仲間・支援者のネットワークをつくる場として、2012年11月より隔月で開催しており、今回は第3回目になります。

ミニグランプリは社会起業家の活動を身近に知れたと、参加者からご好評を頂いているイベントです。社会にどのよな課題があるのか?その課題に対してどのように取り組んでいるのか?自分らしさと社会貢献を両立した生き方・働き方はどうすればできるのか?
そんな社会起業家たちの話を聴きたい人は是非ご参加下さい!


【第3回ソーシャルビジネス(ミニ)グランプリの詳細】
日時 : 2013年3月21日(木)19:00-21:30(受付18:30)
       21時以降は交流会を予定しています
場所 : 社会起業大学コワーキングスペース
定員 : 50名
費用 : 無料(交流会は実費)
持物 : 筆記用具、お名刺
運営 : 社会起業大学 運営事務局
問合せ: メール info@socialvalue.jp  お電話 03-6380-8444


【ミニグランプリ参加予約】
参加者希望者は下記のページより社会起業家ネットワークへ加入(登録料無料・参加費無料)をお願いします。社会起業家ネットワークに加入後、改めてミニグランプリのご案内を致します。

■社会起業家ネットワーク メンバー加入ページ
http://socialvalue.jp/network/index.html

社会起業家ネットワークへの加入は、既に社会起業家ネットワークへ加入されている方(社会起業大学の在校生・卒業生)のご友人、又は社会起業大学のイベントに参加された方に限らせて頂いてます。
※継続的な関係を築くために会員制のネットワークとしています。
※社会起業家ネットワークはFacebook上で情報交換をしていますので、Facebookユーザ(実名)登録をお願いします。

以下の通り社会起業家ネットワークへの加入方法をご案内させて頂きます。

1.社会起業大学の在校生、又は卒業生のご友人の方
社会起業大学の在校生・卒業生は既に社会起業家ネットワークに加入していますので、その友人のお名前とメールアドレスをご推薦者の欄にご記入下さい。

2.過去に社会起業大学のイベントに参加された方
過去に社会起業大学が実施したイベント(ソーシャルビジネスグランプリ、セミナー等)に参加された方は、ご推薦者の欄にご自身のお名前とメールアドレスをご記入下さい。
(「新しい会員になる方の情報」と「既に会員の方の情報」が同じの状態で、送信ボタンをクリックして下さい。)


【発表内容】
1)マスコミ誤報検証サイトを運営し、報道の品質向上を目指します!
  一般社団法人 日本報道検証機構 代表理事 楊井 人文 氏
  http://gohoo.org/

ニュースの正確性に疑問をもったことはありますか?マスコミ誤報検証サイト「GoHoo」では、マスコミの誤報を収集し、より正確な情報を発信しています。報道被害を減らすために。賢い読者になるために。そして、メディアに報道の正確性・品質向上を促すために。インターネットを最大限活用した参加型のメディア第三者機関を目指しています。

2)「ハタモク」で気づいた新発想!【後継起業家】という後継者の新しい生き方・働き方 
  後継起業家フォーラム(運営事務局 株式会社スコラ・コンサルト内)
  主宰 與良 昌浩 氏
  http://www.hatamoku.org/

「創業者と後継者は違う」という常識を壊します。これからは、既存の良さを活かしてイノベーションを起こす「後継起業家」が求められてきます。そういう「後継起業家」を育てます。そういう後継者の生き方は、お客様や社員、後継者自身を幸せに導きます。

3)色と数字の神秘で、ありのまま導くI's Color & Number
  ありのまま 主宰 原 朋子 氏
 http://ameblo.jp/colorfullife315

自分に与えられた人生やギフトを受け入れられずに、自分探しをしている方たちに、今ここにあるものを感謝して受け入れ、色と数字の神秘と共に自分へのギフトを見つけるセッションの実施、及び色と数字からのメッセージの通訳ガイドを育成

他1名は決まり次第ご連絡致します!


投稿者: social_value 投稿日時: 2013-3-7 17:47:21 (320 ヒット)

社会起業大学では、社会起業家・社会貢献・CSRにご興味をお持ちの方に、
無料体験授業を開催しております。

(1)自己紹介ワーク
興味・関心のあることについて話し、参加者同士で交流をします。
(2)社会起業家についての基礎知識講座
社会起業家と起業家の違い等を説明します。
(3)グループワーク
社会起業大学の生徒が考えた事業計画書を、みんなでブラッシュアップ!
(4)カリキュラムの説明・質疑応答
社会起業大学の魅力をお伝えします。
【当日持ち物】筆記用具、ノート、(お持ちであれば)名刺。※服装は自由。
【特典】軽食付
 事例研究の一環として、(株)パン・アキモトさんのパンの缶詰をお召し上がり頂きます。

日時:2013年3月9日(土) 11:00〜14:30
場所:社会起業大学
    (〒102-0084
東京都千代田区二番町2番平田ビル1階)
アクセス:地下鉄有楽町線 麹町駅5番出口 徒歩3分
地下鉄半蔵門線 半蔵門駅5番出口 徒歩5分
持ち物:筆記用具、ノート、名刺(お持ちであれば)
     ※服装は基本的に自由です。


(お問い合わせ先)
e-mail : info@socialvalue.jp
電話 : 03−6380−8444


投稿者: social_value 投稿日時: 2013-3-7 17:44:31 (270 ヒット)

社会起業大学では、社会起業家・社会貢献・CSRにご興味をお持ちの方に、
無料体験授業を開催しております。

(1)自己紹介ワーク
興味・関心のあることについて話し、参加者同士で交流をします。
(2)社会起業家についての基礎知識講座
社会起業家と起業家の違い等を説明します。
(3)グループワーク
社会起業大学の生徒が考えた事業計画書を、みんなでブラッシュアップ!
(4)カリキュラムの説明・質疑応答
社会起業大学の魅力をお伝えします。
【当日持ち物】筆記用具、ノート、(お持ちであれば)名刺。※服装は自由。
【特典】軽食付
 事例研究の一環として、(株)パン・アキモトさんのパンの缶詰をお召し上がり頂きます。


日時:2013年3月14日(木) 19:00〜22:00
場所:社会起業大学
    (〒102-0084 東京都千代田区二番町2番平田ビル1階)
アクセス:地下鉄有楽町線 麹町駅5番出口 徒歩3分
地下鉄半蔵門線 半蔵門駅5番出口 徒歩5分
持ち物:筆記用具、ノート、名刺(お持ちであれば)
     ※服装は基本的に自由です。

(お問い合わせ先)
e-mail : info@socialvalue.jp
電話 : 03−6380−8444


投稿者: apsd 投稿日時: 2013-3-7 17:03:19 (359 ヒット)

現在、APSDでは以下のスタッフを募集しています。

[募集職種]
〇務局スタッフ(リーダー候補)
農業コーディネーター
G清肇▲轡好織鵐肇魁璽妊ネーター

[雇用形態](´↓6δ漫
契約

[勤務地]
々馥盪務所(相模大野)、熊本県南阿蘇村 他 ※申請者の居住地および経験等で考慮
↓7本県南阿蘇村、ソロモン諸島国、他

[主な業務]
ー腓法団体の支持者拡大に向けた施策の検討、実務を担当していただきます。
将来的に事務局を担う人材を募集します。
 ・国内外の活動から生産される農産品サービスの企画、販路の開拓
 ・支持者拡大の為の広報、イベント等の企画立案
 ・国内外事業の業務管理
 ・BOPビジネスの検討
 ・その他NPO運営全般に関わる業務(申請書、報告書の作成、人事等)

⊆腓法日本国内で農業に従事しながら、日本の農業現場から広く海外までを
視野に入れ人材交流、サービス、販路等の開発を行います。
※将来的に国内外での就農および農的起業を考えている方を対象とします。
 ・国内での里山保全事業のコーディネート
 ・ODAを含む途上国での事業の案件形成および後方支援
 ・国内外の活動から生産される農産品サービスの企画、販路開拓

主に、農業コーディネーターの補佐を行います。
※将来的に国内外での就農および農的起業を考えている方を対象にしたインターン制度です。
 ・国内での里山保全事業のコーディネート
 ・ODAを含む途上国での事業の案件形成および後方支援
 ・国内外の活動から生産される農産品サービスの企画、販路開拓

[勤務期間]
2013年4月〜長期
※3ヶ月の試行期間あり
※最低でも1年以上勤務出来る方を歓迎します。

[募集人数]
1名
↓とも若干名

[応募条件]
´↓6δ
・当団体の基本理念への賛同
・途上国での活動意志があること
・PCを使っての業務遂行が可能な事


・3年以上の営業(企画)経験がある事(特に食品、サービス事業が好ましい)
・5名〜程度のグループマネージメントの経験がある事


・農業分野での業務経験歓迎
・3年以上の営業(企画)経験がある事(特に食品、サービス事業が好ましい)
・5名〜程度のグループマネージメントの経験がある事


・農業分野での履修経験または関心があること


[勤務時間]
9:30〜18:00(土日祝休) 週3日〜(応相談)
↓6働する農業法人の規定による

[待遇]
‥団体規定による、交通費支給(上限あり)
 ※本人の希望、経験に応じ勤務地、業務内容等応相談
 ※3ヶ月の試用期間あり
 ※雇用保険加入(週20時間以上)、定期健康診断あり
↓6働する農業法人の規定による

[応募〆切]
随時  ※適任者が見つかり次第募集を終了します。

[応募方法]
1)履歴書、2)職務経歴書、3)志望動機書(個人のミッション・ビジョン含む)を
事務局宛に電子メールまたは郵送にてお送り下さい。
書類選考後、面談を行い、採用を決定します。

[応募時の注意事項]
・履歴書には【本人写真】を貼付して下さい。
・【応募職種】を必ず明記して下さい。
・どちらの募集をご覧になって応募頂いたかお知らせ下さい。
・迅速な対応をさせていただくため、選考のご連絡はメールにて行います。郵送の場合も、履歴書に【メールアドレスを必ず明記】して下さい。
・お送り頂いた応募書類は選考結果に関わらず返却致しません。

[備考]
事務局スタッフについては、応募条件に満たなくても、当団体の活動に関心があり、
働く意欲がある方は、インターンとしての応募を受け付けております。
履歴書にその旨記載、もしくは事前にご相談ください。

<お問合せ>
特定非営利活動法人エーピーエスディ(APSD)
担当:斉藤麻友
電話番号:042-702-3676
FAX番号:042-702-3904
E-mailアドレス:recruit@apsd.or.jp


投稿者: PARC 投稿日時: 2013-3-7 14:29:09 (255 ヒット)

【追加募集 3/11〜3/22】 短期発送ボランティアさん大募集中!!
1日、1時間から大歓迎!!
※3/16(土)、3/17(日)、3/19(火)、3/20(水)はお休みです。

詳細→http://bit.ly/WMk8oT

毎年恒例の、自由学校パンフレット大発送大会を開催いたします。
つきましては、お手伝いいただける方を大募集中です!
いち早く、自由学校の内容を知るチャンスですよ♪
1日だけ、1時間〜から、お気軽にぜひいらして下さい。

ボランティアが初めての方も大歓迎です。
どなたにでもできる簡単な作業が中心です。

NGO、NPOってどんなところだろう?とちょっと気になっているかたもお気軽にいらしてください。

ワイワイ賑やかにおしゃべりしながらの楽しい作業ですので
お気軽に ご参加してくださいね。

美味しい東ティモールフェアトレードコーヒー、
スリランカのウバ紅茶とおやつのティータイムもありますよ♪

■日程:
2013年3月11日(月)〜3月22日(金)
※3/16(土)、3/17(日)、3/19(火)、3/20(水)はお休みです。

■時間
各日10:30〜20:00の間でお手伝いいただける時間。
1日だけ、1時間、2時間でも歓迎です。

★作業が予定よりも早く終了した場合、
こちらから前日までにお断りのご連絡をさせて頂くことがございます。
予めご了承下さいますようお願い申し上げます。


■場所
PARC事務所2F
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
http://www.parc-jp.org/guidance/guidance_04.html


■作業内容
簡単な発送作業。封筒詰め、ラベル貼り、のり貼りなど。


■申込み・お問い合わせ
参加ご希望の方は、件名に「発送ボランティア希望」と
ご記入の上、下記のフォームを
soumu@parc-jp.orgまでお送りください。
お問合せもお気軽にどうぞ!!

●氏名(ふりがな)
●来られる日にち、時間帯
●ボランティア募集を何で知ったか(HP名、twitter、口コミなど)
●メールアドレス
●電話番号

●参加お申込みはお電話でも受け付けています。
03-5209-3455(担当:高橋)

★特典
ボランティア作業5時間につき、自由学校を一コマ受講できるチケットを差し上げています。
(受講不可能なクラスもございますので、ご了承ください)

★作業が予定よりも早く終了した場合、またスケジュールが変更になった場合、
こちらから前日までにお断りのご連絡をさせて頂くことがございます。
予めご了承下さいますようお願い申し上げます。


■特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC) ■

〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455 FAX.03-5209-3453
E-mail: office@parc-jp.org
URL:http://www.parc-jp.org/
ツィッター:http://twitter.com/parc_jp


投稿者: ACE 投稿日時: 2013-3-7 11:58:32 (232 ヒット)

☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆★☆
 
     〜3年間でカカオ生産地の暮らしはどう変わったのか〜     
        スマイル・ガーナ プロジェクト 活動報告会        
    主催:世界の子どもを児童労働から守るNGO ACE(エース)    

☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆

2009年から支援してきたガーナのカカオ生産地域のクワベナ・アクワ村では、
3年間で147人の子どもたちが新たに学校へ通えるようになりました。

この3年間の活動を通じて、村にどんな変化があったのか、
活動によって子どもや村人たちに何をもたらしたのか。

村人たちにとって活動が有意義であったのかを調べるため、
子どもや村のおとなたち100人以上にヒアリングし、参加型評価を行いました。
スマイル・ガーナ プロジェクトを通じて、
カカオ生産地での子どもたちの暮らしがどう変化したか、ご報告します。


●【報告会概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

 日 時:2013年3月20日(水/祝) 13:00〜14:20
 場 所:UAゼンセン本部(東京都千代田区九段南4-8-16 ゼンセン会館)
      市ヶ谷駅 下車すぐ http://www.uazensen.jp/about/index.html
 参加費:一般500円(※ACE会員・マンスリーサポーターは無料)
 定 員:40人 (3/14:〆切)
 申 込:ACEウェブサイトの「申込フォーム」からお申し込みください。
     http://acejapan.org/modules/bulletin/article.php?storyid=330


●【総会・活動評価会も同日、同会場で開催】━━━━━━━━━━━━━□

 ガーナ活動報告会後、同じ会場で
 「ACE 2013年度 総会・活動評価会」も開催します。

 第一部「活動評価会」
 第二部「ACE 2013年度 総会」
 (※総会にはACE正会員の方以外もオブザーバーとして参加いただけます)

 ▼【申込フォーム】3/14(木)〆切
 └ http://acejapan.org/modules/bulletin/article.php?storyid=330

 ------------------------------------------------------------------ 

【主催:お問い合わせ】
 認定NPO法人ACE(エース)
  〒110-0015 東京都台東区東上野1-6-4 あつきビル3F
  TEL:03-3835-7555 FAX:03-3835-7601 
  MAIL:event★acejapan.org (★を@にしてください)
  URL:http://acejapan.org

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■


投稿者: acc21 投稿日時: 2013-3-7 11:48:47 (206 ヒット)

―21世紀のアジアで活躍するNGO起業家をめざす方へ!―
◆◆第5期「アジアNGOリーダー塾」塾生募集を開始しました◆◆

 ※塾の詳細はこちらから:http://acc21.org/action/anli.html

「アジアNGOリーダー塾」とは、日本が深いつながりを持つアジアの中で、国境を超えて社会変革をめざす「21世紀を担うNGO起業家」の発掘・支援を目的に開講された約8ヵ月の人材育成塾です。(7月−翌年3月)
当塾は2009年度より5年計画で運営され、毎年8-12名の塾生を受け入れ、5年間で計40名以上が巣立つのを応援していきます。
第5期にあたる本年度は、10名の塾生を募集します。(締切:4月30日)

【5つの特徴】
(1)日本の市民社会の推進者、国際協力のパイオニアたちを講師に迎えること
(2)アジアのNGOリーダーたちと直接出会い、対話する機会が設けられていること
(3)自己研修の機会が設けられていること
(4)遠距離参加者への交通費補助制度が設けられていること
(5)過去4年間に修了した元塾生たちとの交流の機会が設けられていること

【募集対象】
(1)アジアを舞台に新規NGO/事業立ち上げを計画している者・その志のある者 
※社会人、学生 (日本語・英語ができれば国籍を問わず。ただし18歳以上)
(2)現在所属する非営利団体(NGO、NPO)のさらなる発展をめざす者
(3)原則、全講座および海外・国内研修に参加できる者 

【特典】
(1)海外研修への参加 (本年度は9月上旬にフィリピンにて7−10日間予定)
(2)自己研修への経費補助・アドバイスが受けられること
(3)遠距離参加者は交通費補助が受けられること

【募集要項】
(1)募集人数:10名
(2)受講料(年間 ):30,000円
    ※8ヵ月間の研修経費は講師料、運営費等を含め、1人当たり約35万円。
    差額は奨励金として主催者が支援します。
(3)募集期間:2013年3月1日(金)〜 4月30日(木)正午締め切り
(4)提出書類:
   受講申込書1通。(フォームのダウンロードはこちらから)
    http://acc21.org/news/news-boshu2013.html
   または、ご希望の方にはフォームをメールでお送りします。
(5)選考:
   書類選考 : 結果を5月7日(火)までに発表
   面接審査 : 以下の日程のいずれかで実施。応募時に希望日程を記入。
         各日程で個人面接(20分)とグループ討論(60分)あり。
  ●日程A: 2013年5月11日(土) 13:30-16:30
  ●日程B: 2013年5月12日(日) 09:00-12:00
  ●日程C: 2013年5月12日(日) 13:30-16:30
(6)結果発表:2013年5月13日(月)
        ⇒〔*6月30日(日)合格者のオリエンテーション〕
-----------------------------
【説明会日程】
入塾を検討されている方を対象とした説明会の日程は以下のとおり。
申込み締切はいずれも前日午後6時まで。
  ※会場:アジア文化会館(東京都文京区本駒込2-12-13)
  http://acc21.org/contact/index.html
【注意】会場が変更になる場合あり。必ず事前にACC21のホームページで
    会場をご確認ください。
  ●第1回説明会:2013年3月16日(土)16:50-17:00
   (2012年度塾生の成果発表会終了後、10分程度のご案内をします。
    14:00から始まる成果発表会<無料>へのご参加を歓迎します。)
  ●第2回説明会:2013年4月6日(土)14:00〜15:30
  ●第3回説明会:2013年4月20日 (土)14:00〜15:30

※本事業は一般財団法人(移行申請中)MRAハウスとの共催事業です。

------------------------------------------------
【申込み・お問い合わせ】
(特活)アジア・コミュニティ・センター21 (ACC21)
〒113-8642 東京都文京区本駒込2-12-13 アジア文化会館1F
TEL:03-3945-2615 (10-18時)/FAX:03-3945-2692
URL: http://acc21.org/
E-mail: anlp@acc21.org   担当:清水
------------------------------------------------


投稿者: kouenkai330 投稿日時: 2013-3-6 18:23:03 (288 ヒット)

==============================
葉田甲太 日本一周チャリティー講演会
当企画は日本一周講演会のコラボレーション企画の1つです。
国際協力やボランティア、医療に関わる15団体が連動し、
全国でイベントを行います。
==============================


【後悔のないように生きるには?】
〜毎日を大切に生きる。その本当の意味を知っていますか?〜

★!!New!!★
ゲスト講演者、株式会社GLOBE代表の松永真樹さんが決定!!!


向井理主演映画「僕たちは世界を変えることができない。 
But We wanna built a school in Cambodia.」の原作者、
葉田甲太さんの講演会を開催致します!

今回はカンボジアや国際協力についてだけではなく、
『若者の生き方』にスポットを当てて講演して頂きます。

そして、ゲストに松永真樹さんを迎え、
“後悔のないように生きる”ことについて語っていただきます。

自分の生き方に悩んでいる人
毎日の生活にもやもやがある人
やりたいことに一歩が踏み出せない人

こんな思いをお持ちの方は、ぜひ講演会にお越しください!


=詳細=============
日時:3月30日(土)
時間:14:00~16:00  (開場:13:30)
場所:国立オリンピック記念青少年総合センター
   (参宮橋駅より徒歩7分)
http://nyc.niye.go.jp/facilities/d7.html
入場料:【一般】1000円  高校生以下:700円


【☆STUDY FOR TWO教科書割引特典☆】
当日、使わなくなった大学の教科書を寄付していただくと、
参加費を1冊につき100円引きさせていただきます。
(最大3冊で300円引きまで)(高校生以下は割引対象外)





=葉田さんよりメッセージ====

学生の時に書いた「僕たちは世界を変えることができない。」が
2011年向井理さん主演で映画になった。
あれから2年たって、研修医が終わる今、
僕は迷ってばかりだった様に思う。
映画化の後も、色々あった。
カンボジアにも行った。日本でも色々な人に会わせてもらった。

カンボジアのゴミ山の子供たちは、
ゴミの上でなんとか今を笑っていた。
全員HIVに感染した孤児院の子供たちは、今を生きていた。
風俗嬢は、処女を売ったことを後悔しながらも、
売春で今をつないでいた。
20代の末期癌の女性は、
今もう少しだけ生きたいと言って亡くなった。
20代の方で、今はもういらないと自殺した方もいた。

当たり前なはずなんだけど、知っていたつもりだったけど、
人生は有限なんだと思った。

そんな気持ちを、僕はとりあえず、
今の亡くなるかもしれないこの気持ちを、
映画化の後も、みんなに教えてもらった気持ちを、
今日本一周で残しておきたい。

新ドキュメンタリーの予告編も流させてもらいます。
動画が少し過激なので、中学生以下は微妙かもしれません。

今、幸せいっぱいに暮らしている人は、
きっと来ても、つまらないかもしれない。
悩んでいる人、元気のない人、迷っている人、
国際協力やボランティアに一歩を踏み出せない人
そんな人がいたら、来てくれたら嬉しいです。

カンボジアのエイズ病棟、ゴミ山、風俗嬢、
HIV孤児院、日本での出会いを通じて、
カンボジアの現状、HIV、自殺についての偏見の話を
させて頂きたいと思います。

今回の収益は、経費を除き全額、僕せかのモデルとなった
カンボジアの小学校に寄付させてもらいます。

カンボジアに教えてもらったこと。
今生きてることは、案外奇跡的で、後悔のない様に、
僕は生きてみたい。
だから、それが未熟でも、今思っている事を、
日本一周でみんなと残しておきたい。

今年からお医者さんとして、専門性をもってすすみます。
カンボジアを話す日本一周は、これで最後にしようと思います。

読んでくれて、どうもありがとう。

                       −葉田甲太





=講師紹介================
■葉田 甲太(はだこうた)さん
ブログ:http://ameblo.jp/kotahada/

大学2年生のころ、仲間とチャリティーイベントをし、
150万円を集めカンボジアに学校を作る。
その経験を記した本「僕たちは世界を変えることが出来ない」
を出版し、映画化され大ヒットとなる。
その後ドキュメンタリー映画「それでも運命にイエスという」
を共同制作し全国22箇所で上映会を行った。
3000人動員を記録し、世界平和映像祭発表会に選出。
現在は都内で医師をしながら、
新しいドキュメンタリー映画の制作中。



■松永真樹(まつながまさき)さん
ブログ:http://ameblo.jp/globecorp/

モットーは「迷わず迷え」
学生時代日本一周、アメリカ留学、世界50カ国の旅に出る。
インドで爆破テロに合い、目の前で50人の死者を見る。
「いつ人間が死ぬかわからない、
だからこそ今この瞬間を大切に生きる 」ことを決意。
2年前から本格的に教育事業、講演家の道に進みはじめる。
海外での講演経験もあり、
現在年間100回を超える講演活動を全国で実施中。
NPO法人「超」∞大学の学長でもあり、
全国12都市にある支部の学生達と共に世界中を
テーマパークにすべく奮闘中。

======================


東京主催団体:
学生社会起業団体STUDY FOR TWO中央大学支部
http://www.studyfortwo.org/tyuuou.html






この講演会は日本各地で開催されます
2013年
3月
1日 東京(法政大学)
2日 兵庫(学生国際協力団体CUE)
3日 岡山(岡山大学国際医療勉強会いろは)
4日 宮崎 
5日 熊本(有志)
6日 長崎(NGO BOAT NGO LINC)
7日 福岡(有志)
9日 大阪(学生団体infiniteconnection)
10日 京都(学生団体STUDY FOR TWO立命館支部)
10日 名古屋(学生団体Route)
12日 山梨(山梨医学生ゼミナール 梨っこ)
15日 新潟(魚沼倫理法人会)
17日 埼玉(埼玉大学ボランティア団体 tetote)
30日 東京 (STUDY FOR TWO中央大学支部)
     東京 (Peace☆Ring)


投稿者: social_value 投稿日時: 2013-3-6 17:49:28 (308 ヒット)

社会起業大学 第7期スタートに先立ちまして田坂広志名誉学長の特別公開講座を開催致します。
今回のテーマは、「社会起業家が切り拓く参加型民主主義の時代」
−この国を良くするために、今やるべきこと− です。

これは政治の勉強ではなく、一人ひとりの生き方・働き方を見直すことをテーマにした講演です。
社会起業大学では、社会起業家を
「自分らしさと社会貢献を重ねあわせた生き方・働き方を実践する人」と定義しています。
一人ひとりが自発的に行動していくことでしか、この社会をより良くしていくことはできません。
この国を変えるのは、他の誰でもない、我々一人ひとりの覚悟です。
誰もが「社会起業家」となり、子ども達に誇れる明日を共に創り上げていく、
そのために大切なお話を、田坂名誉学長からご講演いただきます。

田坂名誉学長の講演で、一番多く寄せられる感想は
「自分の生き方を見直す良い機会となりました」というものです。

普段働いている中で社会に貢献していると感じることが難しい時代です。
働くことの意義、ひいては人生そのものの意義を、改めて、見つめ直してはいかがでしょうか

【詳細・お申込みはこちら】
http://www.socialvalue.jp/seminar/detail000639.html

日時:3月12日(火) 19:00〜21:30
場所:津田ホール(JR千駄ヶ谷駅 徒歩1分)
会費:3,000円
定員:300名(定員に達し次第終了)

【田坂 広志 氏 プロフィール】
社会起業大学 名誉学長
多摩大学大学院 教授
社会起業家フォーラム 代表
シンクタンク・ソフィアバンク 代表

1987年米国シンクタンク・バテル記念研究所客員研究員。
1990年日本総合研究所の設立に参画。民間主導による新産業創造をめざす「産業インキュベーション」の
ビジョンと戦略を掲げ、10年間に民間企業702社とともに20のコンソーシアムを設立・運営。
同社取締役・創発戦略センター所長等を歴任。現在、日本総合研究所フェロー。
2000年4月多摩大学大学院教授に就任。社会起業家論を開講。
2000年6月グローバル・ネットワーク・シンクタンク、 ソフィアバンクを設立。代表に就任。
2003年7月ソーシャル・ アントレプレナーを支援する「社会起業家フォーラム」を設立。 代表に就任。
2008年ダボス会議を主催する世界経済フォーラム のGlobal Agenda Councilのメンバーに就任。
2010年世界賢人会議ブダペストクラブの日本代表に就任。
現在、国内では様々な企業の社外取締役や顧問を務め、海外でも旺盛な出版と講演の活動を行っている。


【お問い合せ】
メール:info@socialvalue.jp
お電話:03-6380-8444
FAX:03-6272-5888


投稿者: ADRAJapan 投稿日時: 2013-3-6 16:58:31 (301 ヒット)

ADRA Japanは「人間としての尊厳の回復と維持」を目的として緊急・開発支援を行なう国際NGOです。世界約120カ国に支部を持ち、約200カ国で活動を行なっています。
現在、下記の要項で、パート職員(管理部)を募集しています。


【募集職種】
パート職員(管理部)

【募集人数】
若干名

【勤務地】
(特活)ADRA Japan東京事務所

【勤務時間】
週25〜40時間程度(要相談)

【業務内容】
管理部スタッフとして、下記の業務に従事する。
・会計、経理業務
・会員、支援者、ボランティア情報管理、対応業務
・総務、労務に関する業務
・ファンドレイジングに関わる業務
・その他一般事務業務

【応募資格】
1. ADRA Japanの基本理念に賛同していただける方
2. 高校卒業以上の方、または同等の学力を有する方
3. 協調性のある方
4. パソコンスキル(Word、Excel、E-mail等の使用経験)があること。FileMakerが使えれば、なお望ましい。
5.日本語資料作成等における作文力があること
6.簿記3級程度の会計、社会保険関係、ファンドレイジングに関する知識、営業・接客・問い合わせ対応の経験があれば、なお望ましい。

【給与・待遇】
時給850円
その他は当団体の規定による

【応募締切】
2012年3月29日(金) 必着

【応募方法】
以下の書類をEmailで送付してください。
書類選考の後、合格者のみ面接のご案内をいたします。
なお応募書類は返却いたしませんのでご了承ください。

・履歴書(和文、上半身無背景の写真添付)
・職務経歴書(和文、前職のある方)
・志望動機(和文)(A4版1枚)

【勤務開始日】
2013年4月上旬

【応募受付・問い合わせ】
(特活)ADRA Japan 担当:橋本、渡辺
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-11-1
TEL: 03-5410-0045
FAX: 03-5474-2042
Email: recruit@adrajpn.org
※メールの件名には必ず「管理部スタッフ希望」と記入して下さい。


投稿者: galileo 投稿日時: 2013-3-6 16:33:58 (226 ヒット)

神戸から東京に国際ボランティアのパイオニアがやってくる!!
あすを見つけるための国際協力セミナー 抱腹絶倒の巻

皆様からの多数のリクエストにお答えする形で、
念願の東京開催が実現します!
毎回立ち見が出るほどの、大人気のセミナーです。
いつもは大阪・神戸での開催ですが、
これまでに延べ6000人以上の熱い参加者が、
東京をはじめ九州と、全国各地から押し寄せていました。

朝日新聞はじめ、各新聞でも特集が組まれ、みんなが大注目!
いよいよ、抱・腹・絶・倒の章が幕を開けます。

『難民キャンプと自宅がつながる!リアルな現場の本当の話』
国際救援の現場の最前線での裏話に耳を傾けて下さい。
まるで目の前に本物の現場が広がる様な、
リアリスティックな感覚をお約束します!

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

国際協力セミナー「バンナムヤオキャンプでの一夜の出来事」

気になるその中身をちょこっとだけご紹介!
・難民キャンプでの活動 最前線の救援活動
・難民のためにというジレンマ 
・大火事のおかげで このまま拉致されるのか?なぜバラバラ事件に

日 時:3月28日(木)19:00〜21:30(途中入退室OK)
会 場:JICA地球ひろば 201AB 
地 図:http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html
参加費:一般 700円 学生500円(資料代として)
最寄駅:JR中央線・総武線 「市ヶ谷」 徒歩10分
    都営地下鉄新宿線 「市ヶ谷」A1番/4番出口 徒歩10分
    東京メトロ有楽町線・南北線 「市ヶ谷」6番出口 徒歩8分

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

○○国では乳幼児死亡率が○○だとか、
そんなネットで手に入る様な話はセミナー中で一度たりとも出てきません。
どれも講師が実際に体験したオリジナルの話です。
もちろん本にだって書かれていません。
ここでしか聞けない現場の話が、数え切れないほどあります。

国連・ユニセフ・NGO・・・
国際機関で働きたい方、国際協力に興味のある方、
この機会を逃してしまうのは本当にもったいない!!
行こうか、どうしようか、悩んでいる間にまずお越し下さい。
友達と会う用事があるなら、ぜひ一緒に来てください。
実際に、このセミナーをきっかけに
世界に羽ばたいていった仲間が何人もいます。

◆世界で活躍する卒業生NOW◆━━━━━━━━━━━━━━

・フィジー留学を経て、いよいよ国際協力の現場に!
 国際機関で活躍中のおりねさん
・東北ボランティアから有名国際NGO勤務を経て、
 今は国連就職を目指しアメリカ留学中のくまちゃん
・ツバルが大好き!大学在学中に2度に渡るツバル派遣を経て、
 卒業後のツバル駐在を勝ち取ったかっちゃん

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


アルバイトがある?友達との先約がある?
講師はここにしかいません。
アルバイト一時間で得られる時給と、
自分の人生が変わるかもしれない出会い。
それでもあなたはアルバイトを優先させますか?

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
講師紹介 ガリレオ代表  浅井 一正
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
27歳の時に日本赤十字社の要請により、
インドシナ難民救済のためタイへ赴任。
東南アジアの国境付近で、「凄腕の調達屋」として大活躍。
現場でもみんなに一目置かれていた伝説の存在。

日本のNGO活動の先駆者。
難民キャンプで大活躍の後、UNESCO,UNICEFを袖に振り、
世界ホテルランキング一位に輝くバンコクオリエンタルホテルで
営業支配人に就任。在任中は世界一を守り続ける。

現在は日本の若者に元気を取り戻すべく、日々熱烈指導中。
また、若者の良き人生相談役でもある。
「リクルートスーツを着ない就職活動」や
「会社を辞めてでも働きたい国際機関」など、
独自の人生戦略を説き、多くの人々に助言と勇気を与え続けている。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
■申し込み方法
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

1.お名前
2.住所
3.電話番号
4.メールアドレス
5. 自己紹介 (学校や仕事について 学年や専攻も教えて下さい。
  その他に、興味があること、やってみたいことは何ですか?)
6.何の制約もなかったら、 何がしたい人ですか?
7.参加日
  を添えて info@galileoclub.orgまで、お申し込みください。

○○お電話での予約・お問い合わせはこちら
090-1718-0625(担当:加藤) 


・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〒650-0022 神戸市中央区元町通2−4−5
ガリレオクラブインターナショナル
http://galileoclub.org
info@galileoclub.org
090-1718-0625 加藤

■講師ブログ「神戸名物」 人にとって大切なものは何か?
 http://zenpukudo.tea-nifty.com/
■Twitter  地球を動かす!をモットーに発信中。
 http://twitter.com/#!/galileoofficial
■Facebook Page  Click☆「いいね!」
 http://p.tl/BTyk
■mixi
 http://mixi.jp/view_community.pl?id=5272424
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


投稿者: PARC 投稿日時: 2013-3-6 16:01:41 (318 ヒット)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 PARCビデオ新作リリース記念 上映&シンポジウム
  「ブラック企業にご用心!―就活・転職の落とし穴」
        2013.4.7(SUN) 14:00-17:00
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
http://www.parc-jp.org/info/2013/20130407blacksympo.html

ここ数年で「ブラック企業」という言葉を
よく聞くようになりました。
労働基準法などの法律を無視し、過酷な労働条件・労働環境で人を
働かせる企業を指します。
パワハラ、セクハラ、残業代未払い、長時間労働、
派遣差別、偽装請負・・・
「こんなのおかしい!」と思っていても声を上げることもできない、
辞めることも難しい。それがブラック企業の特徴の一つでもあります。

なぜブラック企業がここまで社会にはびこるようになったのか、
どれだけの人が、どのように苦しめられてきのか、
どうすればブラック企業を避けることができるのか、そして、
どうすればブラック企業を社会からなくすことができるのか――?

PARC&ブラック企業大賞実行委員会は、
いま就活・転職をしている人たちはもちろん、すべての働く人たちに、
ブラック企業の実態を伝え、考えるための作品をリリースします。
『フツーの仕事がしたい』の土屋トカチ監督が、
被害に遭った当時者、過労自殺者のご遺族の声に向き合い、
ブラック企業をなくしたいとの思いを込め描いた作品です。
完成披露上映会と合わせて、
「ブラック企業大賞実行委員会」メンバーによる
シンポジウムも開催します。ぜひご参加ください!

●日時:4月7日(日)14:00〜17:00 (開場13:30)
●会場:韓国YMCA 9F 国際ホール
     会場地図はこちら⇒ http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/

●プログラム(予定)
【第1部】
・『ブラック企業にご用心!―就活・転職の落とし穴』上映(35分)
・土屋トカチ監督トーク
 
【第二部】
 
特別シンポジウム
「ブラック企業とたたかう方法
―個人にできること、社会にできること」

☆パネリスト
 河添誠さん(首都圏青年ユニオン青年非正規労働センター事務局長)
 竹信三恵子さん(ジャーナリスト/和光大学教授)
 水島宏明さん(ジャーナリスト/法政大学教授)

●参加費:500円

★主催・お問い合わせ&お申込み★
アジア太平洋資料センター(PARC)
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455 FAX.03-5209-3453
E-mail: office@parc-jp.org HP http://www.parc-jp.org/
Twitter:http://twitter.com/parc_jp

★協力・監修★
ブラック企業大賞 実行委員会
http://blackcorpaward.blogspot.jp/

【実行委員】
●古川琢也(ルポライター)
●白石 草(OurPlanet-TV 代表)
●印鑰智哉(メディアアクティビスト)
●河添 誠(首都圏青年ユニオン青年非正規労働センター事務局長)
●佐々木亮(弁護士)
●川村遼平(NPO法人POSSE事務局長)
●松元千枝(レイバーネット日本)
●内田聖子(アジア太平洋資料センター〈PARC〉事務局長)
●須田光照(全国一般東京東部労組書記長)
●水島宏明(ジャーナリスト・法政大学教授)
●土屋トカチ(映画監督)
●竹信三恵子(ジャーナリスト・法政大学教授)


投稿者: unuias 投稿日時: 2013-3-6 14:39:43 (296 ヒット)

持続可能な開発に関する地域の拠点の2014年からの展開
災害に対する意識とレジリエンスを強化し、リスクを知ること

ハンス・ファン・ヒンケル
元国連大学学長

イベント概要
(イベント言語:英語)

Human in-security is, to a large degree, the consequence of lack of knowledge, or ignorance. Universities are mandated to develop and to disseminate new knowledge. An important component of sustainable development is to be prepared to live with risks. Disaster preparedness and risk management as part of development planning and efforts are key steps to face the sudden onset or the creeping onslaught of hazards on human security. Depending on the type of disaster, it is possible to select from numerous infrastructure solutions that can be implemented to reduce the magnitude of hazards. However, it is not viable, sometimes not even advisable, to try to eliminate the hazards completely or to reduce them to a level which makes us believe all risks are eliminated through infrastructure development.

People will have to be informed, by formal, informal and non-formal education and communication about the situation in which they live and why it is so. They have to be given a role, as much as appropriate and possible, in contributing to the decisions that will influence their daily lives. Regional Centers of Expertise on Sustainable Development, based on the principles of the Regional Centres of Expertise on Education for Sustainable Development could serve an important function in acquiring information, participation in planning and decision-making; in particular in keeping alive a sharp sense of awareness and responsibility, also at times that ‘nothing happens’. Thinking about education for sustainable development beyond 2014, it becomes clear, that it will be important to promote further and strengthen the mobilization of people and knowledge for sustainable development, as sustainable development is a major pre-requisite of all disaster prevention and reduction, as well as the improvement of capacities for relief and support and the strengthening of resilience of people.

プログラム

11:00 - 11:10 開会挨拶
ゴヴィンダン・パライル(国連大学副学長兼国連大学高等研究所所長)

11:10 - 12:00 持続可能な開発に関する地域の拠点の2014年からの展開‐
災害に対する意識とレジリエンスを強化し、リスクを知ること
ハンス・ファン・ヒンケル(元国連大学学長)

12:00 - 12:30 ディスカッション
司会:竹本和彦(国連大学高等研究所、ESDプログラムディレクター)

12:30 閉会

日時:2013年3月14日(木)11:00 - 12:30

場所:国連大学高等研究所(横浜市西区みなとみらい1-1-1 パシフィコ横浜国際協力センター6F)

参加費:無料

申込方法:ホームページより申込(3月13日(水)まで)
http://www.ias.unu.edu/sub_page.aspx?catID=8&ddlID=2531

問合先:
国連大学高等研究所
電話 045-221-2300
Eメール unuias@ias.unu.edu



投稿者: ayus 投稿日時: 2013-3-6 13:43:44 (468 ヒット)

アーユス仏教国際協力ネットワーク スタッフ募集要項

【職種】事業担当
【雇用形態】正職員
【募集人数】1名
【業務内容】
 アーユスは仏教者の有志が集まり、日本のNGOをパートナーとし、資金協力
を通じて国際協力を行っている団体。当会の事業のうち、「教育・交流事業」
の中で、主に以下の業務を担う。
 ・地域や寺院で行う、ワークショップ、バザーなどの啓発活動の企画・運営
・実施。
 ・アーユスグッズの開発、販売、発送、在庫管理。
 ・支援者拡大。
 ・広報活動の補助。
 ・総務・事務作業の補助。
 ・その他事務作業全般。
【条件】
 ・宗教への嫌悪感、拒否感がないこと。
 ・基本的なコンピューター操作(メール、オフィスソフト等)ができること。
 ・国際協力分野での活動経験がある方歓迎。
 ・英語による基本的なコミュニケーションができること。
【勤務地】アーユス仏教国際協力ネットワーク事務所(東京都江東区清澄)
【勤務時間】月〜金 09:00〜18:00 (時間は応相談) 
【休日】土・日・祝休日(場合によって、休日勤務あり)
【待遇】当会の給与規定による。社会保険有り。退職金制度有り。
【業務期間】2013年4月中旬〜(最長3ヶ月間の試用期間あり)
【応募方法】以下の書類を下記住所までご郵送ください。
 ( 応募書類は採用事務にのみ利用し、返却いたしません。)
 ・履歴書
 ・志望動機(A4一枚程度)
【選考方法】 一次選考:書類審査、二次選考:面接
【応募締め切り】 2013年4月1日必着。
【問い合わせ先】特定非営利活動法人アーユス仏教国際協力ネットワーク
担当 枝木美香 TEL 03-3820-5831
【応募資料送付先】
 〒135-0024 東京都江東区清澄3-4-22
 特定非営利活動法人 アーユス仏教国際協力ネットワーク


投稿者: GoodNeighbors 投稿日時: 2013-3-6 11:59:14 (443 ヒット)

特定非営利活動法人グッドネーバーズ・ジャパンは、アジア・アフリカ30カ国以上で子どもの教育支援事業を中心にコミュニティ開発事業を実施する、国際協力NGOグッドネーバーズ・インターナショナルの日本メンバーです。

この度、当団体では英語翻訳在宅ボランティアを募集しています。
あなたの語学力を、国際協力に活かしてみませんか

【ポジション】
・英語翻訳在宅ボランティア(5〜8名)

【期間】
2013年3月〜 (応相談)

【職務内容】
・英語報告書、手紙、データの翻訳(主に和訳)

【待遇】
無給

【応募条件】
Eメールによる円滑なコミュニケーションができる方
同意した締め切りを守れる方

【勤務時間】
翻訳作業があるときのみEメールで依頼。作業量・締め切り等確認の上、作業を開始。

【勤務地】
ご自宅等
初回のみグッドネーバーズ・ジャパン事務局(大田区大森北)に来られる方歓迎

【選考日程】
2013年3月1日 募集開始
3月25日日本時間23:00 応募締め切り
3月2日―26日 書類審査
3月27日 選考結果通知
ただし定員になり次第締め切り。

【応募書類】
1.履歴書(日本語、写真添付不要) TOEIC等のスコア、語学力、ボラ ンティア経験についてお書きください。

【応募方法】     
上記書類を下記メールアドレスにお送りください。
件名を【英語翻訳在宅ボランティア応募】としてください。
event@gnjp.org
担当:本城/小松 ご応募お待ちしております。

団体ホームページはこちら


投稿者: GoodNeighbors 投稿日時: 2013-3-6 11:56:54 (285 ヒット)

特定非営利活動法人グッドネーバーズ・ジャパンは、アジア・アフリカ30カ国以上で恵まれない子ども達を支援している国際協力NGOグッドネーバーズ・インターナショナルの日本メンバーです。
この度当団体は、ハート募金箱の仕様変更のため、かわいくて新しい募金箱を一緒に作って頂けるデザインボランティアの方を募集しています。

【職種】
デザインボランティア1名(チームでのご応募も可)

【期間】
2013年4月から5月(6月上旬入稿予定)
(募金箱完成後も、団体広報物のアドバイス、作成を手伝ってくださる方歓迎)

【職務内容】
ハートをモチーフとした、A4厚紙の組み立て式募金箱(表・裏)のデザイン、製作、修整作業。(募金箱の形状そのものがハート型である必要はありません)

【待遇】
無給。交通費別途支給(上限1000円/日)。
募金箱にデザイナーさんのお名前を掲載します。

【勤務時間】
スケジュール応相談

【勤務地】
ご自宅等。グッドネーバーズ・ジャパン事務局(大田区大森北2丁目)使用可。
※最寄り駅 京急「大森海岸」駅徒歩1分、もしくはJR「大森」駅徒歩7分

【応募条件】
イラストレーターで箱の展開図データを作成できる方
納品後、デザインに影響しない範囲でスタッフが編集を加えることに対し同意頂ける方
合意したスケジュールを守れる方

【選考日程】
3月4日:募集開始
3月25日: 日本時間23:00 締め切り
3月5日―3月26日:書類審査
3月27日:選考結果通知
ただし適任者が決まり次第終了

【応募書類】
※全て書式自由
1.PR文「どのような募金箱を作りたいか」A4で1枚程度。
2.過去の作品、または募金箱のラフデザイン

【応募方法】
上記書類2点を下記メールアドレスへお送りください。担当:本城
件名を【デザインボランティア応募】としてください。
web@gnjp.org

ご自分のスキルを活かしたボランティアをしてみませんか?プロボノに興味のあるデザイナーの方、デザインを勉強中の学生の方、その他、デザインの得意な方のご応募お待ちしております。

団体ホームページはこちら


投稿者: unuias 投稿日時: 2013-3-6 11:46:49 (220 ヒット)

ポストドクトラル フェローシップ 2013年ファイナル プレゼンテーション

リサ・リー
JSPS-UNU ポストドクトラル フェロー

プレゼンテーション概要
言語:英語


"アフリカにおけるバイオ燃料とエネルギー"
リサ・リー、JSPS-UNUポストドクトラルフェロー

Solid biofuels account for almost 50% of Africa’s energy needs. Moving households towards using cleaner burning modern fuels is an important policy imperative to improve living standards for countries that rely heavily on biomass. This presentation focuses on two studies of energy use in Africa. One study looks at the specific case of Uganda and presents evidence that its household energy use conforms to the energy ladder theory. As household income increases, solid and transitional fuel use initially increases but falls as household income reaches a tipping point. Electricity consumption shows a linearly increasing relationship with income. Public infrastructure provision, income, and education are the key variables which can be targeted to reduce household dependence on solid-fuels while increasing non-solid fuel use. The second study discusses the role that modern liquid biofuels have in improving community livelihoods in Africa generally. The global interest in the biofuel industry has led to significant land conversion in Africa and elsewhere in the world for feedstock production. There are a number of perceived benefits biofuel production can bring to African nations, in particular increased employment, increased investment in the agricultural sector, and increased energy security. However, on-ground experience has thus far demonstrated variable outcomes. Many biofuel projects have resulted in unfavourable energy balance and proved to be economically unviable. Furthermore, a majority of investors in biofuel projects are foreign-owned and export-oriented, bringing into question the extent to which the host country will benefit in terms of energy security.


プログラム

11:00 - 11:25 "アフリカにおけるバイオ燃料とエネルギー"
リサ・リー(JSPS-UNUポストドクトラルフェロー)

11:25 - 11:55 ディスカッション
司会: ゴヴィンダン・パライル(国連大学所長兼国連大学高等研究所所長)

日時:2013年3月15日(金)、11:00 - 12:00

場所:国連大学高等研究所(横浜市西区みなとみらい1-1-1 パシフィコ横浜国際協力センター6F)

参加費:無料

申込方法:ホームページより申込(3月14日(木)まで)
http://www.ias.unu.edu/sub_page.aspx?catID=8&ddlID=2532

問合先:
国連大学高等研究所
電話 045-221-2300
Eメール unuias@ias.unu.edu


投稿者: galileo 投稿日時: 2013-3-5 16:38:24 (354 ヒット)

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
第31回 あすを見つけるための国際協力セミナー 

    「国際機関で働くために今から出来ること」

UNICEF,UNESCOを袖に振った
国際ボランティアのパイオニアが語る!!
現場の話から人生の目的に迫る
―心が震える講演の数々をお届け!

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

■2013年4月6日(土)
■時 間 :18:30〜21:00
■会 場 :大阪駅前第2ビル 5階 大阪市生涯学習センター
■地 図  :http://osakademanabu.com/umeda/
■アクセス:JR/阪神 大阪 /梅田駅から徒歩3分
■参加費 :資料代含む 一般  700円 学生  500円
      メンバー  一般  400円 学生  300円
■定員 30人(先着順)

年会費12000円で、あなたもお得なメンバーに!
各イベントの参加費が半額になります。
学生は年会費8000円でメンバーになれます。
お試し月会費制度もあります。


6日の都合がつかない人のために・・・
■2013年4月13日(土)
■時 間 :18:00-21:00
■会 場 :ガリレオクラブ神戸元町オフィス
■地 図 :http://galileoclub.org/access.shtml
■アクセス:JR/阪神 元町 駅から徒歩3分
       阪急三宮からは歩いて10分
■参加費 :食事つき 一般 1500円 学生 1200円
     メンバー 一般 1200円 学生 1000円

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆どんな話が聞けるの??◆◆
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本やネットで手に入る情報ではなく
「講師からしか」聞くことの出来ない選りすぐりの話を
ご用意してお待ちしています!
人生を心豊かに生きるメッセージが詰まっています。

・バンナムヤオ難民キャンプでの一夜の出来ごと
・世界から日本へ―国際協力始めの一歩は国内協力から
・目の前のことに目を向けよう、社会と関わろう!国際協力と国際福祉のお話
・ビルマの孤児院で働く日本人が見た幸せのかたち
・人生における成功とは―世界一幸せな新聞記者の話

講演の内容は参加者の興味によって
組み立てられるので内容は当日までのお楽しみ♪

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆話を聞くだけで終わらない!!―今あなたに出来ること◆◆
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・裁判の傍聴に行ってみよう
・ホームレスの人へのお弁当配り
・小規模作業所さん訪問
・タイ 子ども図書館スタディツアー 絵本と笑顔を届ける旅へ
・国王関係者をお招きしたブータン勉強会

まだまだここには書ききれないほど
たくさんのプロジェクトを抱えています。
興味のある人はぜひ6日聞きに来て下さい!
一緒に活動できるのを楽しみにしています。
セミナーのあとには懇親会もあるので語らいましょう。

◆◆セミナー後に参加費1000円の居酒屋ミーティン グ
おいしい串カツ屋さんでお酒を飲みながら語りましょう!
個別相談も、お任せ!! もちろん、講師も参加されます。
質問や人生相談、どんと来い!!

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
◆◆ユニークなキャリアを開拓しているOB/OGは国内外で活躍中◆◆
 国際機関への就職は当たりまえ、他にもこんなメンバーが!!
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

・たまねぎ王子は農学の勉強に励む大学生でしたが、
 東北ボランティアを経て開眼し、高野山で修行に励む。
 今は淡路島でお寺で若き美坊主として活躍しておられます。
・おりねさんはフィジー留学,メーカー勤務を経て
国際協力の現場に!今はJICAでキャリアを積んでいます。
・東北ボランティアから有名国際NGO勤務を経て、
 今は更なるステップアップを目指し
アメリカ留学中のくまちゃん
・ツバルが大好きなかっちゃんは、大学在学中に
2度に渡るツバル派遣を経験。
 ツバル好きが高じて、見事卒業後の
ツバル駐在を勝ち取りました。

次はあなたが続いて下さい!

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
講師紹介 ガリレオ代表  浅井 一正
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
27歳の時に日本赤十字社の要請により、
インドシナ難民救済のためタイへ赴任。
東南アジアの国境付近で、「凄腕の調達屋」として大活躍。
現場でもみんなに一目置かれていた伝説の存在。

日本のNGO活動の先駆者でもあり、
日本最古級のNGO,JVCの創設メンバー。
難民キャンプで大活躍の後、UNESCO,UNICEFを袖に振り、
世界ホテルランキング一位に輝くバンコクオリエンタルホテルで
営業支配人に就任。在任中は世界一を積み重ねる。

現在は日本の若者に元気を取り戻すべく、日々熱烈指導中。
また、若者の良き人生相談役でもある。
「リクルートスーツを着ない就職活動」や
「会社を辞めてでも働きたい国際機関」など、
独自の人生戦略を説き、多くの人々に
助言と勇気を与え続けている。


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
■申し込み方法
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

■1.お名前
■2.住所
■3.電話番号
■4.メールアドレス
■5. 自己紹介 (学校や仕事について 学年や専攻も教えて下さい。
  その他に、興味があること、やってみたいことは何ですか?)
■6.何の制約もなかったら、 何がしたい人ですか?
■7.参加日
を添えて info@galileoclub.orgまで、お申し込みください。

○○お電話での予約・お問い合わせはこちら
090-1718-0625(担当:加藤) 

◆◆自分を磨くイベント速報
・毎土曜 神戸大留学生との交流会
http://kokucheese.com/event/index/34555/

・随時 国際NGOお仕事サポート隊募集
http://kokucheese.com/event/index/47040/

〒650-0022 神戸市中央区元町通2−4−5
ガリレオクラブインターナショナル
http://galileoclub.org
info@galileoclub.org
090-1718-0625 加藤

■講師ブログ「神戸名物」 人にとって大切なものは何か?
 http://zenpukudo.tea-nifty.com/
■Twitter  地球を動かす!をモットーに発信中。
 http://twitter.com/#!/galileoofficial
■Facebook Page  Click☆「いいね!」
 http://p.tl/BTyk
■mixi
 http://mixi.jp/view_community.pl?id=5272424





投稿者: social_value 投稿日時: 2013-3-5 15:04:02 (335 ヒット)

3月13日は株式会社アットマーク・ラーニング 取締役社長 日野公三氏にお越しいただきます。

アットマーク・ラーニングは、対面と端末を通じて生徒の自立的学習をサポートする会社です。 全世界で増加するホームスクーラー(在宅学習者、現在人口全米では240万人)が徐々に日本でも 増えてくることを想定して1999年に創業され、東京インターハイスクール、アットマーク国際高 等学校、明蓬館高等学校の3つの高校を設置・運営しており、「いつでもどこでも学べる環境づくり」に貢献しています。

これまでの教育の概念を変えていくアットマーク・ラーニングの取り組みを伺うとともに、代表 の日野氏ご自身が、どのような想いで教育分野に飛び込んだのか、その経緯を伺います。このセミナーを通じ、これから教育の分野に関わりたい方が、一歩踏み出す機会になればと思います。


日時:3月13日(水)19時00分−22時00分(受付開始は18:30)
場所:社会起業大学(東京都千代田区二番町2番 平田ビル1階)
会費:1000円
定員:30名

お申し込みは社会起業大学ホームページにて受け付けております。
http://www.socialvalue.jp/seminar/detail000641.html


お問い合わせ
電話番号:03-6380-8444
Email: info@socialvalue.jp


« 1 ... 89 90 91 (92) 93 94 95 ... 446 »
NGO network Japan 国際協力NGOネットワークジャパン リンクは自由です(連絡不要)  出所とリンクを明らかにすれば転載も大歓迎です  NGO network JAPAN