ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
投稿者: HumanRightsNow 投稿日時: 2012-9-10 15:45:20 (361 ヒット)

ヒューマンライツ・ナウでは、第一線で活躍する著名人・専門家を
ゲストにお迎えして、新聞やニュースで話題の社会問題をテーマに
語り合うトークイベント"Human Rights Cafe"をスタートします。

現場で活躍するゲストならではのリアルで迫力あるトーク、パイオニアとして困難な道を切り開いてきた生き様など、「世の中を変えたい!でもどうやって?」と思っているみんながパワーとヒントをもらえる刺激的なイベントです。

第1回目は、事務所をシェアしている国際協力NGOオックスファムさんと、ジェンダー・アクション・プラットフォームさんとのコラボレーションが実現。国際開発と人権について、それぞれの角度から語り合います。

NGO・国際社会が途上国の開発支援・国際協力に取り組む際に、どんなアプローチ・視点が求められているのか。開発支援やアドボカシーを通じて目指したい社会は何か。

貧困と開発の分野の第一線で活躍する、
山田太雲さん(オックスファム・ジャパン アドボカシーマネージャー)と世界各地や被災地でのジェンダー問題に取り組む、
大崎麻子さん(ジェンダー・アクション・プラットフォーム アドボカシー担当)がゲストです。

開発分野のアドボカシーの最前線で活動する山田さんには、開発におけるライツ・ペースト・アプローチ(権利を基礎とする開発プローチ)について、大崎さんには開発におけるジェンダー主流化の成果と課題、そしてヒューマンライツ・ナウの伊藤は人権の視点から見た開発・援助政策について問題提起。それぞれが、アドボカシー活動を通じて世界の何を変えようとしているのかを語り合います。

質疑応答の時間ももうけますので、

経済成長と「開発」の違いは?
貧困問題はなくせるの?
どういうきっかけで今の仕事をするようになったの?

などなど、気になるギモンをどんどん投げかけてください。

世界中の人々がより豊かな生活を送るために必要と考えられてきた「開発」と、広がりゆく格差と貧困問題。何が問題で、どうすれば解決できるのか、ぜひ、このトークから、たくさんのヒントを持ち帰ってください!

開発協力や国際人権に興味がある方、アドボカシーに興味がある方など、是非奮ってご参加ください。


日 時≫ 2012年9月20日(木)19時〜21時

場 所≫ 東京都台東区上野5-3-4
    クリエイティブOne秋葉原ビル8Fラウンジスペース
スピーカー≫
山田 太雲さん(オックスファムジャパン・アドボカシーマネージャー)
大崎 麻子さん(ジェンダー・アクション・プラットフォーム アドボカシー担当)
伊藤 和子さん(ヒューマンライツ・ナウ事務局長)

参加費≫ 1500円

【参加申込】
事前申込みが必要となります。
ヒューマンライツ・ナウ事務局まで、メール(info@hrn.or.jp) またはFAX(03-3834-1025)にて、「9/20カフェ参加希望」の旨と、氏名、連絡先などを記載の上、お申し込みください。

最寄駅:JR秋葉原駅(中央改札口)から徒歩7分 / JR御徒町駅(南口)から徒歩7分 / 地下鉄銀座線・末広町駅から徒歩5分


主催:特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ


投稿者: unuias 投稿日時: 2012-9-10 14:38:00 (370 ヒット)

The United Nations University Institute of Advanced Studies (UNU-IAS) invites applicants who are capable of supporting research on biodiversity/ecosystem governance towards better conservation.

Position Responsibilities
・Support the planning and implementation of biodiversity-related scientific events and publications
・Analyse international policies regarding biodiversity/ecosystem services
・Support publications through proofreading, literature research and literature analysis, revision of drafts
・Support public communication activities such as creation of a new webpage
・Support screening of databases for funding opportunities

Number of Positions: 1

Desirable Qualifications
・Academic background: Postgraduate student (master’s or doctoral) in social, economic and/or environmental studies with a proven focus on practical biodiversity policy implementation
・Language: Proficient in English (writing and listening); Applicants with Japanese and/or native English language abilities will be given priority
・Interests: Experience and/or interest in policy mixes for improved governance in ecological planning, biodiversity conservation, ecosystem services, sustainable development, environmental law, and ecological and environmental economics; applicants with interdisciplinary backgrounds will be given priority
・Skills: Strong practical experience with common literature databases; webpage creation skills a plus

Duration:Three months (Schedule to be further arranged)

Interns’ Expenses: Interns are not financially remunerated by UNU-IAS. The Institute also accepts no responsibility for costs arising from accidents and/or illness incurred during the internship. Interns must provide proof of enrolment in a health insurance plan.

How to Apply
Please send your English CV, cover letter and Internship Application Form (Please see http://www.ias.unu.edu/sub_page.aspx?catID=55&ddlID=380 ) by E-mail to intern@ias.unu.edu with “Sustainable Biodiversity Governance Internship 2012” as the subject.
The application deadline for this internship will close when the position has been filled.

Selection Process
Application review → interview → acceptance notice
Only those who will be considered for interviews will be contacted. Please note that applications will not be returned and UNU-IAS will not be able to respond to each applicant. If you have any questions prior to applying, please send your inquiry to intern@ias.unu.edu.

【問合先】
国連大学高等研究所(UNU-IAS)
電話番号 045-221-2300
E-mail intern@ias.unu.edu


投稿者: hands 投稿日時: 2012-9-10 14:22:29 (277 ヒット)

◆◆━NPO法人HANDS主催━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
報告会
「島国における地域看護〜フィジー・トンガの事例から〜」
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

観光地としても有名な南の島国。
実はあの美しい島国に保健問題があることをご存じでしょうか。

フィジーやトンガも他の途上国でよくあるように、
優秀な人材が他国に移り住み、
慢性的な医師不足がつづいています。


特に離島やへき地では、医師にかわって看護師が住民の健康を
守っていかなければいけません。。
しかし、その看護師も学校を卒業してからはスキルアップの機会がなく、
地域保健の質の向上は難しい状況でした。

そこで看護師たちが、より良い保健医療サービスを住民に届けることができるよう、
私たちは研修体制づくりに取り組んでいます。

美しい南の国が抱える保健問題に取り組む現地の人びとの様子を
ぜひ聞きに来てください。


▼活動についてはこちら
http://www.hands.or.jp/pagesj/05_act_develop/pacific.html

報告会終了後の総会では各担当者より、大洋州以外の活動もご紹介します。
会員以外の方も大歓迎! スタッフへのご質問もお待ちしています。


【日程】2012年9月23日(日)14:00〜15:00

【会場】HANDS会議スペース
    (東京都文京区本郷3-19-4 本郷大関ビル2F)
    ※東京事務所(山の手ビル)ではありませんのでご注意ください。
    地図:http://www.hands.or.jp/pagesj/12_2_access.html

【定員】30名

【参加費】無料

【プログラム(予定)】
14:00〜 報告会
「島国における地域看護〜フィジー・トンガの事例から〜」
     HANDSシニア・プログラムオフィサー 小林美紀
15:05〜 2012年度総会(参加自由)
16:35〜 懇親会

【申込方法】
下記URLよりお申し込みください。
https://ssl.kokucheese.com/event/entry/51107/

【問合せ】
特定非営利活動法人HANDS
(担当:奥田、内田)
〒113-0033 東京都文京区本郷3-20-7 山の手ビル2F
TEL: 03-5805-8565 FAX: 03-5805-8667
URL: http://www.hands.or.jp
e-mail: soukai2012@hands.or.jp


投稿者: APEX 投稿日時: 2012-9-10 12:46:54 (402 ヒット)

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「日本・インドネシア適正技術会議−共通で多様な未来を目指せるか−」 
 2012年10月6日(土)10:15〜17:45 
関連URL:http://www.apex-ngo.org/2012conference.html
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(趣旨と論点)
今日の世界は、地球・地域レベルの環境問題の深刻化、水・食糧・化石燃料・鉱産物などの資源的制約、貧富の格差の拡大など、きわめて困難な問題群に直面しており、それらの問題を解決・緩和していく方策が強く求められています。

これまでの先進工業国の発展を支えてきた近代科学技術の体系は、再生不可能な資源を大量に消費し、深刻な環境の問題をもたらし、また巨大な格差の構造をつくりだしていくものでもありました。そこにおける人間と技術の関係性や、「豊かさ」の実質も問われています。既存の科学技術の体系は、もはや単純には「途上国」の目標足り得ないものといえます。先進国側の技術体系のドラスティックな転換が求められますが、それとともに、「途上国」がこれからどのような発展のあり方を選び、それを支える技術体系を構築していくのかは、きわめて重要な課題です。

<適正技術>はさまざまな意味で用いられる言葉ですが、概して、それぞれの地域(とりわけ「途上国」)の社会的・経済的あるいは文化的条件に即し、住民が参加しやすく、そこにおけるニーズを効果的に充たす技術を指しています。ところが適正技術には、当初から、近代科学技術がもたらすさまざまな問題を乗り越えていく技術という意味もこめられていました。世界人口の大多数を占める途上国の人々の立場に立ち、かつ、これまでの近代科学技術のもたらす問題を乗り越えていく技術群として、適正技術は、今日的な新しい意義を付与され、実践されていくべきものであると考えられます。

これからの世界の望ましいあり方を構想し、それを実現していくためには、いわゆる「先進国」と「途上国」の対話と相互理解がきわめて重要です。APEXはこれまで、インドネシアを主なフィールドとして活動してきましたが、日本とインドネシアの現状を考える時、日本は今まさに、閉塞した困難な状況の中で大きな転換を求められており、インドネシアは、順調な経済成長を続ける中、これからどのような発展を選択していくのかが問われています。

この会議では、それらをふまえつつ、これから、日本とインドネシアは、それぞれどのような発展〜社会のあり方をめざし、そのためにどのような技術体系をつくりだしていくべきなのか、そして、それらの転換や発展の間には、どのような連携や動的連鎖がありうるのかを論じます。めざされる未来は、資源や環境の問題、あるいは格差と貧困の問題等を乗り越えていく、という意味では共通の目標を持ち、一方、それぞれの地域の文化、伝統、自然条件、産業基盤、社会関係等を背景に、人々に自由に選ばれていく、という意味では多様な未来であるはずです。 

 ▼日時
 2012年10月6日(土) 10:15-17:45

 ▼会場
 JICA研究所国際会議場
東京都新宿区市谷本村町10-5
TEL:03-3269-2911
(アクセス)http://jica-ri.jica.go.jp/ja/about/access.html
 ・JR中央線・総武線 市ヶ谷駅より 徒歩10分
 ・都営地下鉄新宿線 市ヶ谷駅 A1番出口 徒歩10分
 ・東京メトロ有楽町線・南北線 市ヶ谷駅 4番/6番出口 徒歩10分

 ▼プログラム
 10:15-10:30 オープニング
 10:30-11:30「経済・社会・環境の調和したインドネシアの発展に向けて」
        ●エミール・サリム(インドネシア大統領顧問団議長、元環境 大臣)
 11:30-12:15「持続可能な日本社会−エネルギー問題を中心に−」
        ●植田和弘(京都大学教授)
 12:15-13:15 昼食・休憩
 13:15-13:45「持続可能なアジアの構築へ向けての国際的対話・協力の促進」
       (仮題)
        ●加納雄大(外務省国際協力局気候変動課長 、調整中)
 13:45-14:45「インドネシアの持続可能な開発における適正技術の役割」
        ●アントン・スジャルウォ(ディアン・デサ財団ディレクター)
 14:45-15:00 休憩

 15:00-15:45「低炭素社会へ向けての産業構造・技術体系の構築」
        ●西岡秀三(地球環境戦略研究機関研究顧問、予定)
 15:45-16:30「適正技術と代替社会」
        田中直(特定非営利活動法人APEX代表理事)

 16:30-17:45 シンポジウム「日本とインドネシアの共通で多様な未来に向けて」
        ●座長:村井吉敬(早稲田大学アジア研究機構上級研究員・教授)

 ▼言語 
 日本語・英語(通訳付き)

 ▼参加費
 一般 2,000円 学生 1,000円 APEX会員 1,000円(資料代含む。懇親会費別)
 懇親会3,000円(場所=JICA研究所内レストラン)

 ▼主催
 特定非営利活動法人APEX

 ▼協賛
 国際協力機構(JICA) アジアコミュニティセンター21
 株式会社コープクリーン 積水アクアシステム株式会社
 日本国際ボランティアセンター ブリッジ エーシア ジャパン
 シャプラニール=市民による海外協力の会 開発教育協会(DEAR)

 ▼後援 
 外務省 国際協力NGOセンター(JANIC)

▼お申し込み方法
  メール・電話・FAXにてお名前とご連絡先(メールアドレスまたは電話番号)をお知らせください。
  ウェブサイトからもお申込が可能です。
  http://www.apex-ngo.org/2012conference.html

▼お申し込み/お問い合せ先
  特定非営利活動法人APEX 
  TEL:03-3875-9286  FAX:03-3875-9306
  〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12井上ビル
  E-mail:tokyo-office@apex-ngo.org
  URL:http://www.apex-ngo.org/


投稿者: unuias 投稿日時: 2012-9-10 11:16:40 (389 ヒット)

国連大学高等研究所では、バイオテクノロジーと農学に関する研究プロジェクトに関わり、定量・定性分析等の作業を支援していただくインターンを募集しております。

【仕事内容】
・実例研究、アンケートデータの分析
・エクセルやSPSS を用いたデータ入力及び分析
・査読つき論文出版に向けたレポート作成
・途上国における農業バイオテクノロジーに関するウェブサイトの管理と更新

【募集人数】1名

【応募資格】
・英語に堪能、業務遂行が可能な方

【望ましい経験・スキル】
・大学院生(修士・博士レベル)
・定量・定性分析の経験・興味があること(SPSS 経験望ましい)
・バイオテクノロジー、農業工学、生物化学工学、農学、経済学に関する経験・興味があること。農業技術の途上国(特にアフリカの国々)への適用に関する経験・興味があること

【勤務地】国連大学高等研究所(横浜)

【勤務期間】原則として3 ヶ月間(勤務時間、曜日についてはご相談に応じます)

【その他の条件】報酬は支給されません。従業期間中の事故および通勤による履修生の災害に対して一切の責任を負いません。また、健康保険に加入している証明が必要です。

【応募書類】日本語・英語の履歴書、カバーレター、アプリケーションフォーム(ホームページから入手)をメールにてintern@ias.unu.edu まで送付してください。件名には必ず「Agricultural Biotechnology Internship 2012」と明記してください。

http://www.ias.unu.edu/sub_page.aspx?catID=55&ddlID=380

【応募期間】採用者決定次第応募終了

【選考方法】書類選考→インタビュー→採用通知
応募書類は返却いたしません。なお、書類選考通過の方のみにご連絡をさせていただきます。選考状況など、応募後のお問合せにつきましては、一切返信を控えさせていただいておりますので、ご了承ください。応募前のご質問に関しましてはintern@ias.unu.edu までお問合せください。

【問合先】
国連大学高等研究所
電話番号 045-221-2300
E-mail intern@ias.unu.edu


投稿者: ishii 投稿日時: 2012-9-8 22:18:17 (377 ヒット)

今年も地雷廃絶日本キャンペーン(JCBL)は、グローバルフェスタ
http://www.gfjapan.com/)
に出展いたします。

つきましては、当日のボランティアさんを多数募集します。
是非お友達もお誘いの上ご参加ください。

[日時]2012年10月6日(土)9:00〜18:00
2012年10月7日(日)9:00〜18:00
(準備・片付け時間含む。※グローバルフェスタ自体は 10:00-17:00です。)


[場所]日比谷公園
[活動内容]
・会場設営
・カンボジアでのトイレプロジェクトの案内&疑似体験誘導※1
・グッズ販売
・飲食販売(飲み物と食べ物)
・片付け・撤収など。

※1トイレプロジェクトとは・・・手足を失った地雷犠牲者にとって、しゃがんで用を足すトイレを使うことは大変困難なことです。皆様からの募金で、カンボジアで洋式のトイレを贈り、使ってもらうこと。自立した生活をおくるための支援をすること。それが犠牲者支援に注力しているJCBLの本年度のメインプロジェクトです。

☆★☆グローバルフェスタでは、お客さんと話す機会も多く、当日知り合ったボランティアさんと仲良くなったり、
休憩時間に他のブースを見に行ったり、世界各国の料理屋さんでおいしいものを食べたりと、楽しいことが目白押しです。
お客さんとして参加するだけでも楽しいですが、より楽しむためにも、是非出展側に回って活動してみませんか?☆★☆

[こんな人は是非ご応募ください!]
 ・明るくて、人が好きな人
・責任感のある人
・大勢でひとつのものを作り上げることが好きな人
 ・料理が好きな人
 ・販売には自信がある人(アパレルや飲食店でのアルバイト経験者歓迎)
 ・地雷やクラスター爆弾に興味があり、JCBLをもっと知ってみ たい人
 ・ライフワークとして取り組みたいものを探している人
 ・お祭りの雰囲気が好きな人

 [申込]
 1.お名前
 2.E-mailアドレス
 3.電話番号(当日の連絡先)
 4.10/6、10/7の二日間のうち都合のいい日程(3時間以上からでお願い致します。
長時間お手伝いいただける方は途中数回休憩時間をお取いただきますのでご安心を。)


  以上をご記入の上、
  JCBLボランティア窓口<jcblvolunteer@gmail.com>までご連絡ください。
 ※人数調整によりご希望に添えない場合がございます。ご了承下さい。

[問合せ先]

地雷廃絶日本キャンペーン(JCBL) 石井(いしい)・宇田(うだ)
E-mail:jcblvolunteer@gmail.com

よろしくお願いいたします。


投稿者: aSeedJapan 投稿日時: 2012-9-8 17:11:41 (339 ヒット)

・===========================================

  “青年が動く!”マレーシア [ASJ×CFF] 青年NGOツアー
     − 熱帯林とわたしたちのつながり −
    2012年11月1〜6日@マレーシア ボルネオ島
     http://www.aseed.org/forest_tour_2012/


        ☆事前説明会 開催決定☆
    第2回説明会 9月15日(土) 19:00〜
    第3回説明会 9月24日(月) 19:00〜

・===========================================


オランウータンに代表される多様性豊かな大自然を育む東マレーシア・ボルネオ島。


一方で、世界の森林は1年間で平均1,300万ヘクタール
(出典:FAR2010/1日山手線約6週分)減少していると言われています。

また、豊かな自然と現地の人々の生活は脅かされています。

日本に暮らすわたしたちも、無関係ではありません。
わたしたちが普段何気なく使っているシャンプーや、
石鹸・様々な食品・紙など、便利で豊かな生活。
これらはボルネオ島の自然と日本の生活に密接なつながりがあるのです。


わたしたちの豊かな生活がどのように影響を及ぼしているのでしょうか。

本ツアーでは、実際の現場を訪問し、
日本で暮らす私たち「青年」だからこそできることを見つけ、動き出します。


●開催日時:2012年11月1日(木)〜6日(火)(現地集合解散)

●訪問先:マレーシア(ボルネオ島)サラワク州(クチン・シブ)
●現地でのスケジュール(現地の状況に合わせ、予告なく変更の可能性があります)

11月1日
 午前: 現地到着
 午後: 森林破壊や人権侵害に取り組む現地NGOの話を聞く
11月2日
 終日: 森林伐採・プランテーション開発に脅かされる先住民族を訪問
11月3日
 終日: 木材・パームオイル関連会社を訪問
11月4日
 午前: 森林伐採・プランテーション開発に脅かされる先住民族を訪問
 午後: クチンからシブへ移動・町見学(ナイトマーケット)
11月5日
 午前: マレーシア政府の取り組みを知る:シブコンポストセンター・ごみ捨て場見学

 午後: ツアー振り返り
11月6日
 午前: 現地出発・解散

●申し込み方法
下記HPの、「申し込みまでの流れ」をご覧ください。
http://www.aseed.org/forest_tour_2012/flow.html


●事前説明会
第2回
日時:2012年9月15日(土)19:00〜
場所:A SEED JAPAN 事務所

第3回
日時:2012年9月24日(月)19:00〜
場所:A SEED JAPAN 事務所
【地図】
http://www.aseed.org/about/map/


●運営事務局
マレーシア [ASJ×CFF] 青年NGO ツアー運営事務局
A SEED JAPAN 事務局内 担当:岸田
住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-23
TEL: 03-5366-7484 FAX:03-3341-6030
E メール info@aseed.org

●主催団体:
 国際青年環境NGO A SEED JAPAN
 特定非営利活動法人 ケアリングフォーザフューチャーファンデーション

※今回、この両団体の「青年による活動」と、お互いの「環境問題の解決に向けた行動」と
「海外における支援活動」という強みを掛け合わせ、マレーシアのサラワク州におけるツアーを
開催することとなりました。
 このツアーではマレーシアで進んでいる熱帯林の減少が、私たち日本人の生活と密接に
結びついているという問題をスタートとしています。私たちの生活が導いている熱帯林の減少を、
実際に減少が進んでいる現地に行き、目と肌で感じ、そこからヒントを得て実際に日本での
アクションにつなげていくという狙いのもと、本ツアーは企画されました。


投稿者: shapla 投稿日時: 2012-9-8 10:54:28 (342 ヒット)

国際協力NPO(特活)シャプラニール=市民による海外協力の会は、当会設立40周年記念としてチャリティラッフル(チャリティ福引き)を行います。ラッフルのチケットは、インターネットでお買い求めいただけます。ぜひご参加ください。抽選会は、10月28日(日)15:30から増上寺三縁ホール(東京都港区)で行います。

どなたでも、楽しみながら気軽にチャリティに参加できる機会として、チャリティラッフルを行います。チケットの売上は、すべて当会のバングラデシュやネパールの児童労働防止活動や福島県いわき市での被災地支援活動への寄付として役立てます。賞品は、日頃から当会をご支援いただいている、企業各社からご寄贈いただいています。

チャリティラッフル
http://www.shaplaneer.org/40th/entertainment.html
※賞品の詳細や当選にあたっての注意事項は当会のウェブサイトをご覧ください。

賞品提供企業一覧(9/7現在)
デルタ航空(ホノルル往復航空券)
マイクロソフト(Xbox)
ラッシュジャパン(LUSHスパ利用券など)
スリランカ料理&BEER Palette(エスニック料理ディナーご招待券)
手塚プロダクション(鉄腕アトムオリジナルバッグ)
イデアインターナショナル(cloerスタンダードコーヒーメーカー5968など)
一般社団法人 Think the Earth(Think the Earthオリジナルデザイン SIGG社ボトル)
太陽油脂(お肌しあわせギフトセット)
日産自動車(横浜・F・マリノス 中村俊輔選手サイン入りTシャツなど)
博多華善・三井ビル店(博多ポン酢・水炊きスープ・華味鳥を使った手羽元カレーのセット)

ラッフルチケット販売について
【販売期間】2012年10月25日17:00まで
【チケット代金】1口200円(ひとり何口でも参加できます)
【販売方法】当会のウェブサイトからクレジット決済で購入できます。
※5口(1,000円)単位でのご購入となります。抽選券は郵送します。
※10月27日(土)〜28日(日)のイベント会場でも購入いただけます。

抽選会について
【日程】2012年10月28日(日)15:30-16:30
【会場】増上寺三縁ホール(東京都港区芝公園4-7-35)
※駐車場はご利用いただけません。公共交通機関でご来場ください。
【お問い合わせ先】(特活)シャプラニール=市民による海外協力の会 担当:矢部
TEL:03-3202-7863 E−mail:event@shaplaneer.org

【シャプラニール フェスティバル】 特別協賛:YKK 協賛:日産自動車
当イベントは、10月27日(土)、28日(日)に行う設立40周年イベント「シャプラニールフェスティバル」の企画のひとつです。「フェスティバル(お祭り)」をコンセプトに、アートや旅、エンターテインメント、デザイン、グルメ、ファッション、ものづくりなど、私たちの暮らしの中の身近なことから、楽しみながら国際協力や南アジアを知ってもらうイベントです。



投稿者: shapla 投稿日時: 2012-9-8 10:53:12 (355 ヒット)

国際協力NPO(特活)シャプラニール=市民による海外協力の会は、10月27日(土)13:00から芝・増上寺で「ファッションで世界とつながる!!南アジアの民族衣装&フェアトレード ファッションショー」を開催いたします。入場は無料、事前予約も不要ですので、ぜひご参加ください。

社会貢献意識の高いミスキャンパスが集まったSweet Smileの皆さんもモデルとして登場する、南アジアの民族衣装やフェアトレードコレクションを紹介するファッションショーです。ファッションという暮らしの中の身近なことを通じて、国際協力や南アジアの伝統や文化を考えるきっかけにしたいと思います。同時に、ファッションコレクションを作る女性たちの生活向上支援になるフェアトレードの意義や可能性を伝えます。


ファッションで世界とつながる!!
南アジアの民族衣装とフェアトレード ファッションショー
http://www.shaplaneer.org/40th/fashion.html
※入場無料、事前予約不要

【日程】
2012年10月27日(土)13:00-13:30

【会場】
増上寺三縁ホール(東京都港区芝公園4-7-35)
※駐車場はご利用いただけません。公共交通機関でご来場ください。

【定員】
200名

【お問い合わせ先】
(特活)シャプラニール=市民による海外協力の会 担当:京井、中島
TEL:03-3202-7863 E−mail:event@shaplaneer.org

【シャプラニール フェスティバル】 特別協賛:YKK 協賛:日産自動車
当イベントは、10月27日(土)、28日(日)に行う設立40周年イベント「シャプラニールフェスティバル」の企画のひとつです。「フェスティバル(お祭り)」をコンセプトに、アートや旅、エンターテインメント、デザイン、グルメ、ファッション、ものづくりなど、私たちの暮らしの中の身近なことから、楽しみながら国際協力や南アジアを知ってもらうイベントです。



投稿者: shapla 投稿日時: 2012-9-8 10:52:00 (255 ヒット)

国際協力NPO(特活)シャプラニール=市民による海外協力の会のボランティア・グループ「シャプラニール劇団」は、10月27日(土)と28日(日)の二日間、増上寺で新作シナリオバングラデシュを舞台にした新作「アマデル シャバン〜 石けんがつなぐ女性たちの想い〜 」を公演いたします。入場無料、事前予約不要ですので、ぜひご参加ください。

「シャプラニール劇団」は、演じることでバングラデシュやネパールの生活文化を学ぶことを目的に、国際協力NPOシャプラニールのボランティアが集まって1994年に結成されたボランティア・グループです。これまで、国際協力イベントなどで公演や演劇ワークショップに取り組んできました。
今回、当会設立40周年記念イベントに向けて、シャプラニールのフェアトレード石けん「She with Shaplaneer」の生産に携わるバングラデシュの女性を主人公にしたシナリオ「アマデル シャバン 〜石けんがつなぐ女性たちの想い〜」を1年間かけて作り上げました。笑いあり涙あり、バングラデシュの歌あり、楽器ありの舞台にぜひご期待ください。


シャプラニール劇団(新作公演)
「アマデル シャバン ・・・ 石けんがつなぐ女性たちの想い・・・ 」
http://www.shaplaneer.org/40th/entertainment.html
 ※入場無料、事前予約不要

【日程】
2012年10月27日(土)17:00-18:00
2012年10月28日(日)11:00-12:00

【会場】
増上寺三縁ホール(東京都港区芝公園4-7-35)
※駐車場はご利用いただけません。公共交通機関でご来場ください。

【定員】150名

【お問い合わせ先】
(特活)シャプラニール=市民による海外協力の会 担当:京井
TEL:03-3202-7863 E−mail:event@shaplaneer.org

【シャプラニール フェスティバル】 特別協賛:YKK 協賛:日産自動車
当イベントは、10月27日(土)、28日(日)に行う設立40周年イベント「シャプラニールフェスティバル」の企画のひとつです。「フェスティバル(お祭り)」をコンセプトに、アートや旅、エンターテインメント、デザイン、グルメ、ファッション、ものづくりなど、私たちの暮らしの中の身近なことから、楽しみながら国際協力や南アジアを知ってもらうイベントです。



投稿者: shapla 投稿日時: 2012-9-8 10:50:56 (290 ヒット)

国際協力NPO(特活)シャプラニール=市民による海外協力の会は、10月27日(土)15:00から、佐々木かをりさんによるトークイベント「『文字がおしえてくれるもの』」から20年」を開催いたします。聞き手は、当時、バングラデシュで取材を受けた下澤嶽さん(元シャプラニール事務局長)です。入場無料、事前予約不要ですので、ぜひご参加ください。

佐々木かをりさんが、20年前に取材した「文字がおしえてくれるもの」という映像をもとに、シャプラニールがバングラデシュで行っていた女性のための識字教育について振り返ります。女性のエンパワメント(当事者自ら課題を認識して、その解決に向けて行動するためのチカラがつくこと)についてディスカッションするとともに、20年を経て、取材の経験がどのように今につながっているのかもお聞きします。


佐々木かをりさんトークイベント
「文字がおしえてくれるもの」から20年
http://www.shaplaneer.org/40th/study.html
 ※入場無料、事前予約不要

【日程】
2012年10月27日(土)15:00-16:30

【会場】
増上寺三縁ホール(東京都港区芝公園4-7-35)
※駐車場はご利用いただけません。公共交通機関でご来場ください。

【定員】
150名

【お問い合わせ先】
(特活)シャプラニール=市民による海外協力の会 担当:京井、平澤
TEL:03-3202-7863 E−mail:event@shaplaneer.org

【佐々木かをりさんプロフィール】
上智大学卒業。フリーランスの通訳を経て、通訳・翻訳などの(株)ユニカルインターナショナル(unicul.com)を設立。2000年(株)イー・ウーマン(ewoman.jp)を設立し、働く女性視点で、企業コンサルティングや商品開発、企業向け調査を行っている。政府等の委員や上場企業などの社外役員や、講演、執筆、テレビのコメンテータ等、多方面で活躍。著賞に「必ず結果を出す人の伝える技術」、「自分を予約する手帳術」など。2009 年「ベストマザー賞〈経済部門〉」受賞。2 児の母。

【シャプラニール フェスティバル】 特別協賛:YKK 協賛:日産自動車
当イベントは、10月27日(土)、28日(日)に行う設立40周年イベント「シャプラニールフェスティバル」の企画のひとつです。「フェスティバル(お祭り)」をコンセプトに、アートや旅、エンターテインメント、デザイン、グルメ、ファッション、ものづくりなど、私たちの暮らしの中の身近なことから、楽しみながら国際協力や南アジアを知ってもらうイベントです。



投稿者: shapla 投稿日時: 2012-9-8 10:49:32 (322 ヒット)

国際協力NPO(特活)シャプラニール=市民による海外協力の会は、10月27日(土)と28日(日)の二日間、芝・増上寺で写真展「写真家・石川直樹が見たバングラデシュ」を開催します。この写真展では、冒険家でもある石川直樹さんに、文化や人々の暮らしぶりなど、「貧困」「最貧国」という名のベールに包まれているバングラデシュの等身大の姿を伝えてもらいます。今回のための撮り下ろしです。入場無料、事前予約不要ですので、ぜひご参加ください。

写真展「写真家・石川直樹が見たバングラデシュ」
http://www.shaplaneer.org/40th/art.html
※入場無料、入退場自由、事前予約不要

【日程】
2012年10月27日(土)13:00-18:00
2012年10月28日(日)10:30-16:00

【会場】
増上寺三縁ホール(東京都港区芝公園4-7-35)
※駐車場はご利用いただけません。公共交通機関でご来場ください。

【お問い合わせ先】
(特活)シャプラニール=市民による海外協力の会 担当:石井
TEL:03-3202-7863 FAX:03-3202-4593 E−mail:event@shaplaneer.org

【石川直樹さんプロフィール】
1977年東京都生まれ。2000年、Pole to Poleプロジェクトに参加して北極から南極 を人力踏破、2001年、七大陸最高峰登頂を達成。人類学、民俗学などの領域に関心をもち、 行為としての移動、旅などをテーマに作品を発表しています。

【シャプラニール フェスティバル】 特別協賛:YKK 協賛:日産自動車
当イベントは、10月27日(土)、28日(日)に行う設立40周年イベント「シャプラニールフェスティバル」の企画のひとつです。「フェスティバル(お祭り)」をコンセプトに、アートや旅、エンターテインメント、デザイン、グルメ、ファッション、ものづくりなど、私たちの暮らしの中の身近なことから、楽しみながら国際協力や南アジアを知ってもらうイベントです。



投稿者: SHARE 投稿日時: 2012-9-8 0:10:17 (301 ヒット)

『広島からアジアへ!人と人とのつながりが健康を支える』
―広島出身スタッフが伝える、地域の「やる気」から生まれる国際協力―

このたびシェア=国際保健協力市民の会はタイ事業担当及びカンボジア事業担当の出身地:広島県(広島市、呉市)にてタイ・カンボジアの活動報告会を開催します! 広島は平和都市として、広島からアジアへの国際貢献に近年力を入れています。広島からアジアへの架け橋となって広島の人びとに伝え、つなげたいという国際保健協力に携わる広島出身スタッフの思いから、今回初めて広島でシェアの報告会を行うことになりました。皆さん、是非お誘いあわせの上、ご参加ください。

シェアは「Health for all! 全ての人に健康を!」という理念の下、海外4ヵ国及び日本において、地域の人びとが自らの手で健康づくりができるように活動を行っています。現地の人びとの主体性を活かし、地域に根差した持続性のある活動を目指して、村にある既存の共同体や機関と協力して、地域の人びととのつながりを尊重しながら活動を行っています。シェアが主体になるのではなく、住民たちが主体になれるように、地域の人びとのエンパワメントに地道にそして長期的に活動を行っています。

今回の報告会では医療・社会・人権等の包括的な支援が求められているエイズに取り組むタイ・ラオス国境地域で予防・ケアの活動と、乳幼児死亡率がアジアで最も高い国の一つであるカンボジア・農村地域での子どもが健康に育つ村づくりを目指した活動について報告します。

タイ・カンボジアでの地域の人と協力しての活動を通して、現地の現状や、NGOによる国際保健協力活動をご紹介します。 また、広島出身のスタッフがなぜ、国際協力の道を目指すようになったかということもお話しできればと思っています。

(1)9月22日(土)開催  タイ・カンボジア報告会 in 広島市
【日時】9月22日(土)18:00〜20:00 (17:45 開場)
【会場】広島市まちづくり市民交流プラザ北棟 5階 研修室B (広島市中区袋町6番36号)
【主催】シェア=国際保健協力市民の会
【後援】(財)ひろしま国際センター、(独)JICA中国、(独)JICA地球ひろば
【定員】30名
【参加費】無料
【お申込方法】専用申込みフォーム(http://s.zz.tc/0922) 、またはお電話、メールにてお申込みください。

(2)9月23日(日)開催  タイ・カンボジア活動報告会 in 呉市
【日時】9月23日(日)16:00〜:18:00
【会場】呉市国際交流協会 研修室 (広島県呉市中通1丁目1番2号ビューポートくれ2階)
【共催】呉市国際交流協会、シェア=国際保健協力市民の会
【後援】(独)JICA中国、(独)JICA地球ひろば
【定員】20名
【参加費】無料
【お申込方法】専用申込みフォーム(http://s.zz.tc/923) 、またはお電話、メールにてお申込みください。

イベント詳細ページ:
http://share.or.jp/share/join/event/#hiroshima


投稿者: HFW 投稿日時: 2012-9-7 16:52:01 (307 ヒット)

バングラデシュのお茶菓子をいただきながら、楽しくベンガル語を学んでみませんか? 講座では、在日バングラデシュ人の講師から、ベンガル文字の書き順、発音やベンガル語会話について学びます。当日はお茶とカンタンなおやつをご用意しております。参加費の一部はノボディゴントとHFWを通してバングラデシュの人々の自立支援のために使われます。

【日時】2012年9月29日(土)15:30-16:30
【参加費】1000円
【会場】新宿区 牛込箪笥地域センター4F調理室(東京都新宿区箪笥町15番地)
【地図】http://www2.odn.ne.jp/~hak34780/access.html
【交通】
東京メトロ東西線線 神楽坂駅から徒歩15分
JR総武線 飯田橋駅から徒歩15分
都営大江戸線 牛込神楽坂駅A1出口すぐ
【定員】20名
【締切】定員になり次第
【申込み】事前にお電話またはE-mailにてお申し込みください。
【主催】ノボディゴント

【連絡先】 
特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド
TEL:03-3261-4700 FAX:03-3261-4701(担当:西岡)
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階
E-mail info@hungerfree.net
URL http://www.hungerfree.net/event/event04.html


投稿者: HFW 投稿日時: 2012-9-7 16:51:42 (222 ヒット)

カレー好きの方大歓迎。1度食べたらやみつきになる味に、リピーターも続出! カレーパーティのメニューはマトンカレーと卵のカレーです(変更する場合もあります)。そのほか、サラダ、デザート、ドリンクの予定。純益は、ノボディゴントとHFWを通してバングラデシュの自立支援のために使われます。

【日時】2012年9月29日(土)
1.料理ワークショップ 10:30〜13:00
2.カレーパーティ 13:00〜15:00
※遅くなると食事をご用意できない場合があります。遅れる場合は、事前にご連絡ください。

【参加費】料理ワークショップ&カレーパーティ3000円(カレーパーティのみ2500円)
【持ち物】エプロン(料理に参加される方)
【会場】新宿区 牛込箪笥地域センター4F調理室(東京都新宿区箪笥町15番地)
【地図】http://www2.odn.ne.jp/~hak34780/access.html
【交通】
東京メトロ東西線線 神楽坂駅から徒歩15分
JR総武線 飯田橋駅から徒歩15分
都営大江戸線 牛込神楽坂駅A1出口すぐ
【定員】20名
【締切】定員になり次第
【申込み】事前にお電話またはE-mailにてお申し込みください。
【主催】ノボディゴント

【連絡先】 
特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド
TEL:03-3261-4700 FAX:03-3261-4701(担当:西岡)
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階
E-mail info@hungerfree.net
URL http://www.hungerfree.net/event/


投稿者: PLAS 投稿日時: 2012-9-7 15:33:07 (242 ヒット)

☆★+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++★☆
エイズ孤児支援NGO・PLAS
       日本事務局インターンを募集します!
    http://www.plas-aids.org/cooperate/internjp
☆★+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++★☆

HIV/エイズによって影響を受ける子どもたちが笑顔でいられる社会を実現するため、
プラスで一緒に働きませんか?

プラスではこの度、国内で展開している広報や資金調達業務、
ソーシャルメディアの活用を通してプラスの活動に
携わってくださるインターンを募集しています。

プラスでは、インターンは「ただ単に仕事をこなしてくれる人材」ではなく、
共によりよい社会を実現するための仲間、挑戦者だと考えています。
地道な作業から責任のあるプロジェクトまで、全ての仕事に、
前向きに真摯に取り組む姿勢を大切にしています。
あなたの大切な時間をプラスで過ごしていただくからには、
その時間がかけがえのないものになるように、全力でバックアップします。
エイズ孤児の現状を変えるために、あなたにできることが、
ここにあります。あなたの挑戦を待っています!

→詳細はこちらから
http://www.plas-aids.org/cooperate/internjp

●募集人数
広報担当者(1名)
資金調達事業担当者(1名)
ソーシャルメディア担当者(1名)

●業務内容
・広報/資金調達事業の担当者
人寄付拡大を目指してマーケティングに基づく施策を仕掛けていく
人材を求めています。団体のミッションや成果、今後の活動について
どのように、どんなツールを使ってメッセージを発信していくかを、
また、プロモーションをどう資金調達につなげていくかを
プランニングからスタッフと共に手がけていただきます。
寄付キャンペーンのためのマーケティング調査、戦略策定、
企画立案から実施を行い、そのノウハウを組織に蓄積していきます。
データベースをうまく活用し、設定した目標を達成するための
強い意志を持つことがカギになるお仕事です。

・ソーシャルメディア担当者
TwitterやFacebook、USTREAMをはじめとするソーシャルメディアを
活用した広報・プロモーション戦略の立案、実施を行う人材を募集しています。
各種イベントや世界エイズデーキャンペーンに関わりながら、
各コンテンツの効果的なPRをスタッフと共に企画、実行していきます。
刻一刻と変わるソーシャルメディアについて、
日々新しい情報をキャッチし、勉強する姿勢、新しいものに
チャレンジする好奇心で、新しい企画を進めていくお仕事です。

●業務のステップ
・ステップ1 1ヶ月程度
プラスの活動内容を理解するための研修期間として、
代表や国内スタッフのアシスタントを行います。
プラスの活動全体を理解し、プラスの目指すビジョンや
ミッションについて説明が出来るようになってもらいます。
また、メールの書き方や文書作成のイロハ、団体内での業務遂行のルールなど
最低限のビジネスマナーを身につけます。また、過去の企画書や運営書、
営業資料等に触れながら、文書作成のイロハなどを学びます。
イベントの企画運営やキャンペーン実施のサポートをしながら、
スタッフから指示されたことを確実にできるようになることが期待されます。

・ステップ2 2ヶ月〜4ヶ月
広報や資金調達に関する現在のプラスの課題を設定し、その改善に向けて
戦略をスタッフと一緒に策定します。課題解決のための現状分析、
競合調査などのマーケティング調査を実務を通して学び、
スタッフと共に事業をブラッシュアップしていきます。
また、年間で500名程が参加する団体主催のイベントの企画・運営を
先輩インターンやスタッフと共に行います。
成果を意識して工夫しながら業務を行えるようになること、
改善の提案を積極的に行えることを期待しています。

・ステップ3 5ヶ月以降
リーダーシップを持ってスタッフと協力しながら、キャンペーンの立案や実施、
広報・資金調達事業を主体的に動かし、組織としての成果を上げることが
できるようになってもらいます。プラスの価値を高めるために何をすべきか、
全体的視点から自己の役割を認識して、業務の遂行ができることが期待されます。
単に与えられた役割だけでなく事業の発展に強く貢献しようとする
意思を持って成果創出を目指します!

●インターン生が得られる経験
・エイズ孤児や現地について理解を深める
現地の日々の活動は、すべてのスタッフ、インターン、理事に
毎週共有されており、それらを通して、現地での活動を進めるうえでの
課題やポイントとなることを知ることができ、国際協力NGOの現地での
活動について理解を深めることができます。

・プロジェクトマネージメント、企画書作成など様々なビジネススキル
プラスではインターンもプロジェクトのリーダーとなり、
企画運営を任されます。これは小さい団体だからこそのメリットです。
スタッフや先輩インターンが丁寧に指導して進めていくので、
インターンは場数を踏みながら実践を通して、プロジェクトマネージメントや
企画書作成などのスキルを身に着けることができます。

・人とのつながり
スタッフとインターンとの間に抜群の信頼関係があることが、
何よりもプラスの魅力です。プラスでは全員が「エイズ孤児のため」という
一体感や高い当事者意識をもって働いているので、志高い、熱い仲間ができます。

・NGOについて知る
プラスは常に新しい活動を展開しながら進化しているNGOです。
プラスでのインターンを通して、NGOがどう成長していくか、
組織を作っていく過程を肌で感じることができます。

●期間
半年〜1年
*採用決定次第開始
*1年以上勤務できる方大歓迎。優先的に採用します。

●勤務地
プラス事務所(目黒駅徒歩7分)

●勤務時間
原則平日週2〜3日以上勤務。
学生の場合は、休暇中 週4〜5日勤務歓迎。
※勤務時間は原則10〜18時のフルタイム。応相談。
※イベント、会議等により土日に勤務していただく場合もあります。
※学生以外の方の応募も歓迎します。

●対象となる人
・プラスの理念に共感できる方
・エイズ孤児やアフリカ、国際協力に興味がある方
・NGO、NPO、社会起業に興味がある方
・基本的なPCスキル
(PCを使った作業が多く、ブラインドタッチやMS Word、Excel、
Power Point等が一定程度使えるスキルが必要です。)
・代表の右腕になる意気込みのある方
・事業の立ち上げに興味がある方
・責任感のある方

●待遇
無給、交通費支給あり。

●応募方法
申込フォームより必要事項をご記入の上、
info@plas-aids.org宛てにご送付ください。
*応募書類は返却できませんのであらかじめご了承ください。
*応募者が多数にのぼった場合、すぐにご連絡できない場合があります。

→こちらから申込フォームをダウンロードしてください。
http://www.plas-aids.org/cooperate/internjp

●募集期間
随時募集
*適任者が見つかり次第、締め切らせていただきます。

●選考方法
応募者の中から書類選考後、面接によって選考致します。
選考結果は合否に関わらず電子メールでお伝えいたします。
選考結果の理由等についてはお答えいたしかねます。

●団体概要
エイズ孤児支援NGO・PLASは、エイズ孤児が直面する問題の
改善に取り組む国際協力NGOです。
ウガンダ共和国、ケニア共和国で活動を行っています。

●お問い合わせ
〒141-0021
東京都品川 区上大崎3−14−58クリエイト目黒2A
Tel/Fax: 050-3627-0271 (月曜〜金曜 10時−13時、14時−18時)
info@plas-aids.org
担当:小島


投稿者: JEEF 投稿日時: 2012-9-7 12:16:17 (419 ヒット)

バリ島南部に位置するセランガン村は、美しい自然環境に囲まれていましたが、
埋立事業やゴミ問題の影響で、いま生活環境が脅かされています。
このツアーでは、現地インドネシアでバリ島の環境教育の中心的役割を担う
PPLH Bali(NGO)の協力を得て、バリ島で起こっている環境問題の現場を体験
できるだけでなく、保全活動に取り組む地元住民との交流を通じて、環境問題と
その解決策について考えます。
現場体験を通して、環境教育・国際協力の知識やスキルを身につけることもでき、
就職準備やキャリアアップを考える方にもおすすめです。

【出発日】
(1)2012年11月22日(木)
(2)2012年12月21日(金)

【対象】
こんな方にオススメです!
・環境教育について興味がある
・将来、環境NGO・国際協力NGOで働いてみたい
・政府や国際協力機関等の就職に向けて、国際協力の現場を知りたい
・国際協力に必要な知識・スキルを身につけたい
・環境問題や国際協力やエコツアーに関する卒論・修論を書きたい
・英語でのコミュニケーションを磨きたい

【お申込期間】
2012年08月30日〜2012年12月10日

【旅行代金】
148,000円
・日本語ガイド同行
・関西、名古屋、千歳、福岡発着も可能(料金は別途お問い合わせください)
・一人部屋追加料金10,000円
・代金には、現地滞在中の朝・昼・夜各3食の食事及び燃油サーチャージ代が
含まれています
※空港施設使用料・空港保安料及び海外空港諸税が別途必要です。

【主催】
株式会社エイチ・アイ・エス(公益社団法人日本環境教育フォーラム協力)

【お申込み・お問い合わせ先】
・株式会社エイチ・アイ・エス
エコツーリズムデスク
Tel:03-5360-4810
Email:t-ecotourism@his-world.com

・下記ウェブサイトよりオンライン予約24時間受付中
またツアー詳細についても下記ウェブサイトからご覧いただけます
http://www.his-j.com/tyo/eco/asia/eco-bali_jeef.htm


投稿者: ACE 投稿日時: 2012-9-7 11:56:51 (269 ヒット)

ACE(エース)は「すべての子どもが希望を持って安心して暮らせる社会」の
実現のために児童労働の撤廃と予防に取り組む国際協力NGOです。

ソーシャルビジネス事業を支えるパートタイムスタッフ1名を募集します。
20代から30代の若いスタッフと大学生のインターンが働く明るい職場で、
世界の子どものためにあなたも働いてみませんか?

●ソーシャルビジネス・物販担当(パートタイム)スタッフ 1名

【担当業務】
 ・オンラインショップ運営(入金・発送、顧客管理、在庫管理、販売促進)
 ・寄付つき商品の開発(チョコレート、コットン関連)
 ・取引先との連絡・調整

【資格・条件】
 ・当団体の使命に賛同し責任を持って業務を行える方
 ・原則として大学卒業または同等な学力を有する方
 ・社会人経験3年程度以上
 ・PCを使った業務経験(Excel・Wordなど)
 ・オンラインショップ運営の経験があれば尚可
 ・在庫管理などショップ経験があれば尚可
 ・フェアトレードなどに関心があれば尚可

 勤務期間:2012年10月〜(試用期間1カ月)
 勤務時間:月曜日〜金曜日(平日)の3日間、10〜18時(時差勤務応相談)
 待  遇:時給850円以上(経験・能力に応じて優遇有)

 勤務地:ACE事務所(東京都台東区東上野)
     JR「御徒町」駅 徒歩7分、大江戸線「新御徒町」駅 徒歩2分
     http://acejapan.org/modules/tinyd0/?id=4
 休 日:土・日曜日 祝日 年末年始

○応募方法
 「希望職種」と「何を見て募集を知ったのか」を履歴書に明記の上、
 以下の書類をメールまたは郵送でお送りください。

 1.履歴書(本人写真添付、日中連絡可能な電話番号、
      メールアドレス、勤務開始可能時期を明記)
 2.職務経歴書(アルバイト、ボランティア、インターン経験含む)
 3.志望動機書(A4用紙1枚以内、ACEを知った経緯、所感、応募動機など)

 応募締切後、書類選考を行ないメールまたは電話で合否をお知らせします。
 書類選考合格の方には面接日程をご案内します。

★ 応募締切日:適任者が見つかり次第〆切

【スタッフ応募詳細】http://acejapan.org/modules/recruit/


投稿者: ACE 投稿日時: 2012-9-7 11:54:39 (242 ヒット)

国際協力活動を行っている政府機関、NGO、企業などが一堂に会する
国内最大の国際協力イベント「グローバルフェスタJAPAN2012」
「世界の子どもを児童労働から守る ACE(エース)」は、
今年も出展します!

毎年、児童労働のないフェアトレードコーヒーを使って、
泡だてたミルクとチョコシロップで模様を描く“デザインコーヒー”を
販売し、味わいながら、世界の子どもの現状について考えて
いただいています。

この“デザインコーヒー”を販売する飲食ブース、
「ACE Cafe」を手伝ってくれるボランティアを募集します!

「ボランティアに参加してみたい!」、
「世界の子どもの問題に興味がある」、
「コーヒーが好き!」っという方、ぜひ、ご参加ください!

日時:2012年10月6日(土)-7日(日) 10:00-17:00
場所:東京都 日比谷公園 http://www.gfjapan.com/
内容:ブースでの注文受付
   デザインコーヒーの作成
   (コーヒーに泡だてた牛乳を載せ、チョコシロップで模様を描く)
   カフェへの呼び込み etc

●昨年の様子はこちらから
 グローバルフェスタ2011(1日目)→ http://goo.gl/TJm9s
 グローバルフェスタ2011(2日目)→ http://goo.gl/W7apj

●はじめての人も安心!
 9月22日(祝)14:00〜16:00「デザインコーヒー練習会」を行ないます!

 場所:ACE事務所( http://acejapan.org/modules/tinyd0/?id=4
 内容:ACEの活動紹介
    ボランティア内容の説明
    デザインコーヒーづくりの練習
    カフェ装飾用ポップづくり(絵が得意な方歓迎!)


▼ 申込方法:下記ボランティア申込フォームからお申し込みください。
https://acejapan.org/modules/form/form_volunteer.html

【重要】参加希望日時・イベント欄に
   「グローバルフェスタ参加希望」と「参加できる日時(時間帯)」、
   「9/22練習会の出欠」をご記入ください。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 お問い合せ
 特定非営利活動法人ACE(エース)担当:召田(メスダ)
 〒110-0015 東京都台東区東上野1-6-4 あつきビル3F
 TEL: 03-3835-7555(受付時間:午前10時〜午後6時)
 FAX: 03-3835-7601 volunteer@acejapan.org http://acejapan.org/


投稿者: shapla 投稿日時: 2012-9-7 10:55:14 (319 ヒット)

国際協力NPO(特活)シャプラニール=市民による海外協力の会は、、10月27日(土)・28日(日)の2日間、増上寺で「サリーの着付け体験」を開催いたします。ぜひお誘いあわせの上、ご参加ください。

サリーは、インドを中心とした南アジア地域で女性が身につける、4.5〜11mの1枚の布からできている代表的な民族衣装です。美しいサリーを着て、増上寺や東京タワー周辺の散策をお楽しみいただけます。当日は現地から調達してきたサリーの即売会も行います。ファッションという暮らしの中の身近なことを通じて、国際協力や南アジアの伝統や文化を考えましょう。

サリーの着付け体験
〜南アジアの民族衣装・サリーを着て東京タワーにのぼろう〜
http://www.shaplaneer.org/40th/fashion.html

【日程】
10月27日(土)第一回(14:00)、第二回(15:00)、第三回(16:00)
10月28日(日)第一回(11:00)、第二回(13:00)、第三回(14:00)
※時間は着付け・着替えを含めて1時間となっています。30分程度、サリーを着て散策する時間があります。

【会場】
増上寺 三縁ホール 葵の間(東京都港区芝公園4-7-35)
※駐車場はご利用いただけません。公共交通機関でご来場ください。

【定員】
各回20名 ※事前予約可。

【お申し込み方法】
以下のお申し込みフォームか電話、メールなどで、当会まで、お名前、郵便番号/住所、TEL、E-Mail、ご希望のワークショップ名(時間)をお申し込みください。

【お申し込みフォーム】
https://ssl.form-mailer.jp/fms/fb163bb8210749

【お申し込み先/お問い合わせ先】
(特活)シャプラニール=市民による海外協力の会 担当:京井、平澤
TEL:03-3202-7863 E−mail:event@shaplaneer.org

【シャプラニール フェスティバル】 特別協賛:YKK 協賛:日産自動車
当イベントは、10月27日(土)、28日(日)に行う設立40周年イベント「シャプラニールフェスティバル」の企画のひとつです。「フェスティバル(お祭り)」をコンセプトに、アートや旅、エンターテインメント、デザイン、グルメ、ファッション、ものづくりなど、私たちの暮らしの中の身近なことから、楽しみながら国際協力や南アジアを知ってもらうイベントです。



投稿者: shapla 投稿日時: 2012-9-7 10:53:46 (188 ヒット)

国際協力NPO(特活)シャプラニール=市民による海外協力の会は、10月27日(土)・28日(日)の2日間で、バングラデシュの伝統刺しゅうや福島の工芸品などの、ものづくりを体験するワークショップを開講します。

「ものづくり」を体験することを通じて、その面白さや手づくりの温かさを味わってもらうとともに、被災地の伝統・文化、シャプラニールが南アジアで取り組んでいるフェアトレード活動、南アジアの人々の暮らしぶりを伝えます。親子で参加できるワークショップもご用意しました。奮ってご参加ください。

【シャプラニール フェスティバル】 特別協賛:YKK 協賛:日産自動車
当イベントは、10月27日(土)、28日(日)に行う設立40周年イベント「シャプラニール フェスティバル」の企画のひとつです。「フェスティバル(お祭り)」をコンセプトに、アートや旅、エンターテインメント、デザイン、グルメ、ファッション、ものづくりなど、私たちの暮らしの中の身近なことから、楽しみながら国際協力や南アジアを知ってもらうイベントです。

ものづくり体験ワークショップ
http://www.shaplaneer.org/40th/workshop.html

【日程&内容】
10月27日(土)11:30〜12:30
「まぜまぜこねこね 自分で石けんを作ってみよう」(定員:20名、参加費:600円)
※材料を型に流し込む簡単な作業です。親子でご参加いただけます。

10月27日(土)14:00〜15:00
「ハンドメイドのアロマ石けん作り」(定員:20名、参加費:600円)
※好きなアロマオイルを選び、ネパールのハニーハンターが採取したハチミツを使用します。

10月28日(日)10:30〜13:30
「オリジナルこけしを作ろう!」(定員:30名、参加費:600円)
自由に絵付けをして、オリジナルのこけしを作ります。絵具やペンなどを使って絵付けをするので、親子でご参加いただけます。

10月28日(日)14:00〜15:30
「ノクシカタを刺してみよう!」(定員:20名、参加費:500円)
母から娘へ受け継がれるバングラデシュの伝統的な刺しゅう「ノクシカタ」。ノクシカタの刺しゅう体験を通じて、手作りの温かみとともにフェアトレードの意義を伝えます。

【会場】
増上寺三縁ホールラウンジ(東京都港区芝公園4-7-35)
※公共交通機関でご来場ください。

【お申し込み方法】
以下のお申し込みフォームか電話、メールなどで、当会まで、お名前、郵便番号/住所、TEL、E-Mail、ご希望のワークショップ名(時間)をお申し込みください。

【お申し込みフォーム】
https://ssl.form-mailer.jp/fms/42113558210518

【お申し込み先】
(特活)シャプラニール=市民による海外協力の会 担当:京井、中島
TEL:03-3202-7863 E−mail:event@shaplaneer.org



投稿者: SHARE 投稿日時: 2012-9-6 17:03:25 (301 ヒット)

東京事務局でスタッフのアシスタントとしてシェアの活動に関わりながら、NGOについて学ぶインターンを募集しています。オリジナルイベント開催、資金獲得など、自分で目的・課題を発見して、主体的にシェアの活動に取り組む姿勢のある方の応募をお待ちしています。国際協力・国際保健に興味はある。でも、何をしたらいいのだろう?何を始めたらいいの?・・・そんな風に考えているならば、シェアでその一歩を踏み出してみましょう。

学生の皆さんへ
今回募集する、支援者担当、市民社会ネットワークは、様々な年齢層、バックグラウンドの人々と共に活動を行います。学生時代にこのように社会との接点を持ち、社会貢献活動を行うシェアでのインターンは、いずれ新社会人となる皆さんにとってよい経験となります。気になったら、take action 。 チャレンジしてみてください。

【募集業務及び、人数】
支援者サービス担当 1人
市民社会ネットワーク担当 2人

【期 間】2012年9月から1年間(開始時期は応相談)
月曜〜金曜日の間で週2日以上(年間90日)
勤務時間 10:00〜18:00

【待 遇】無給(交通費補助あり)

【勤務地】シェア東京事務局(台東区東上野)

【業務内容】
共通業務:事務作業・基本的なパソコン操作
各担当部門
・支援者サービス:支援者さんのデータ管理や、シェアの発送物の準備、ボランティアコーディネートなど、シェアを支える支援者の皆さんとのコミュニケーションを築くことが目的です。
・市民社会ネットワーク:イベントの企画・運営など、シェアの活動を広く一般市民に知ってもらう活動を展開します。

【研修内容】
・ 一般研修:シェアの理念や活動内容などを知っていただくための講義
・ 外部会議、学習会への出席
・ 海外現場へのスタディーツアー参加(希望者のみ。原則自己負担だが割引あり)

【条件】
・ シェアの理念に賛同し、将来にわたって活動に積極的に参加する意志のある方
・ 事務作業を厭わない方
・ 基本的なパソコン操作ができる方
・イベントの発案・企画・実施に興味のある方
・ 期間中および修了時に、簡単なレポートを提出していただきます。
・ 1年間の総出勤日数が90日以上可能な方

【その他】
・ 開始時期・期間および時間については、ご相談に応じます。
・ 開始後1カ月間は試用期間とします。
・ 交通費補助有。
・ 現在シェアの会員でない方は、入会していただきます。
・ 修了後、シェア職員としてのポストは保証できませんので、あらかじめご了承ください。

【応募及び選考方法】
1)メール又は電話にて資料をご請求ください。折り返し応募書類をお送りします。
2)履歴書および志望動機作文(A4 1〜2枚)を提出ください。
3)ご応募いただいた方の中から、書類選考及び面接によって選考いたします。

【募集締め切り】
決定次第終了

【問い合わせ・お申込先】
特定非営利活動法人 シェア=国際保健協力市民の会
〒110−0015 東京都台東区東上野1-20-6 丸幸ビル5F
TEL:03-5807-7581  FAX:03-3837-2151
E-mail:info@share.or.jp URL:http://share.or.jp
担当:吉森


投稿者: FoEJapan 投稿日時: 2012-9-6 13:13:14 (330 ヒット)

FoE Japan では現在、下記の活動をお手伝いいただけるインターンを募集しています。 環境団体の活動を実際に体験したり、関心のある環境問題についてNGOの視点から知識を深めることのできるよい機会と思います。ぜひご応募ください。

【業務内容】
●脱原発・エネルギー
福島を中心とする子どもたちの被ばく量最小化のための活動、脱原発と持続可能なエネルギー政策を実現するための活動を幅広く行っています。広報、各種イベント・参加型アクションの運営・企画手伝い、議員会館でのポスティングなどを通じて、政策提言活動や市民を巻き込むキャンペーンの現場を体験することができます。

●森林保全と生物多様性
現在、「海外森林保全」、「国内森林保全」、「実践活動(里山再生)」の三つの方向性があります。翻訳、資料編集、イベント運営、WEB作成などを通じて、各プロジェクトを補助しながら、環境・社会へ配慮した森林利用法の実際を学ぶことができます。

●気候変動
省エネ活動、国際交渉への政策提言活動、途上国への気候変動対策支援に関する調査研究、南極保全活動に取り組んでいます。翻訳、調査、イベント運営、啓発ツールの作成などをお手伝いいただきながら、気候変動対策の最前線を学べます。

●廃棄物・3R政策
水Do!キャンペーンの他、ペットボトルやレジ袋など使い捨て用品の調査や発生抑制のための検討会などを行なっています。これらに関わるイベントの企画、運営、フィールド調査などを通じて、国内外の取組みについて学ぶことができます。

●総務
組織の基盤を支える重要な業務です。支援者とのコミュニケーションや、ファンドレイズ、NPOの運営ノウハウなど、組織運営に関わる様々な業務を学ぶことができます。


【勤務時間】通常業務は平日昼間。

【勤務条件】
・期間:3ヶ月以上
・時間:平日週2日以上(1日5時間程度・応相談)
・交通費支給(上限1,000円)

【応募資格】
・18歳以上(実務経験あれば尚可)
・基本的コミュニケーションスキル(電話応対など)
・基本的PCスキル(ワード、エクセル、パワーポイントなど)
・FoE Japanの活動に関心を持ち、活動によって社会を変えたいという意欲のある方

【応募方法】
希望する活動(複数選択可)、勤務可能な曜日・時間を明記の上、履歴書と志望理由(1000-2000字程度)を電子メールでお送りください。書類審査後、面接にて決定します。

【応募先】
FoE Japan総務担当 篠原、中畝(info@foejapan.org )まで


投稿者: unuias 投稿日時: 2012-9-6 10:36:40 (415 ヒット)

CBD/COP 11公開セミナーシリーズ 第2回「生物多様性と豊かな暮らし‐石川・金沢からの発信」

主催:国連大学高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット(UNU-IAS OUIK)
共催:石川県(予定)
後援:金沢市、金沢大学

イベント概要

いよいよ10月8日から2週間にわたり、インド・ハイデラバードにて生物多様性条約第11回締約国会議(CBD/COP 11)が開かれます。これまで地域に根差した視点から研究活動を行い、その成果を国際社会に発信してきた国連大学高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット(OUIK)では、CBD/COP 11に対する理解を深める機会として公開セミナーを開催します。

シリーズ第2回となる今回のセミナーでは、SATOYAMAイニシアティブを始め、世界農業遺産(GIAHS)、都市と生物多様性地球規模概況など、生物多様性に関する国際動向を踏まえ、地域の取り組みをどのように国際社会に発信できるかを議論します。また、生物多様性を重視した今後のOUIKの研究活動についても紹介します。


プログラム

13:00 開会挨拶
竹本 和彦 (UNU-IAS OUIK 所長)

13:15 - 13:45 基調講演
「生物多様性と豊かな暮らし‐CBD/COP 11に向けた石川・金沢からの発信」
武内 和彦(国連大学副学長)

13:45 - 14:00 休憩

14:00 - 15:45 パネルディスカッション「生物多様性に関する国際動向を踏まえた石川・金沢の取り組み」
モデレーター: 竹本 和彦
パネリスト:
敷田 麻実(北海道大学教授)
渡邉 綱男(前環境省自然環境局長)
香坂 玲(金沢大学准教授)

15:45 閉会挨拶
竹本 和彦

日時:2012年9月18日(火)13:00 - 15:45

場所:しいのき迎賓館 2Fガーデンルーム(金沢市広坂 2-1-1)
*JR金沢駅バスターミナル 東口7-10番、西口4番乗り場よりバスにて「香林坊(アトリオ前)」下車(所要約10分)、徒歩約5分 http://www.shiinoki-geihinkan.jp/about/access.html#1

参加費:無料

申込方法:ホームページより申込(9月17日(月)まで)
http://www.ias.unu.edu/sub_page.aspx?catID=8&ddlID=2240

問合先:
国連大学高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット(UNU-IAS OUIK)
電話 076-224-2266 
Eメール unu-iasouik@ias.unu.edu


投稿者: PLAS 投稿日時: 2012-9-6 9:59:41 (277 ヒット)

エイズ孤児支援NGO・PLAS(プラス)では、グローバルフェスタのブースボランティアを募集しています!

グローバルフェスタは開発途上国の現状と国際協力について、社会の関心を高め、
市民の参加を進めるために、NGOと政府機関がともに開催する、日本最大の国際協力イベントです!

今年のテーマは「Think Global, Think Green:世界を変えよう。未来をつくろう。」
10月6日(土)、7日(日)の両日、東京都・日比谷公園にて開催されます。
プラスはグローバルフェスタにブースを出展し、活動報告や物販を行います。
私たちと一緒に、ワイワイ楽しくブースを盛り上げませんか?ご応募お待ちしております!

◆募集人数
15名

◆日時
2012年10月6日(土)、7日(日)9:00〜18:00の間

◆活動場所
日比谷公園(東京都千代田区)
地図:http://www.gfjapan.com/2012/information

◆仕事内容
・ブースを訪れた方へプラスの活動説明補佐
・物販、活動報告、ワークショップの補佐など
・当日はシフト制です。
自分のシフト以外の時間には、他のブースやステージを見ることもできます!

◆条件
・一日3時間以上お手伝いいただける方。
・準備会に参加できる方が望ましいです。
(必ずしも準備会に参加する必要はありません。)

◆準備会
9月28日(金)19:00〜21:00(場所:PLAS事務所)
地図 http://www.plas-aids.org/contact
プラスについての説明や、ボランティア内容の説明を行った後、
ブース出展の準備作業をします。

◆申込・お問い合わせ
下記のフォームよりお申込下さい。
http://www.plas-aids.org/blog/2012/08/22/10020

また、ご質問などは、担当の小島までご連絡ください。
担当:小島(コジマ) kojima@plas-aids.org
Tel/Fax 050-3627-0271


« 1 ... 89 90 91 (92) 93 94 95 ... 417 »
NGO network Japan 国際協力NGOネットワークジャパン リンクは自由です(連絡不要)  出所とリンクを明らかにすれば転載も大歓迎です  NGO network JAPAN