ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
投稿者: SMJ 投稿日時: 2013-4-8 12:43:52 (259 ヒット)

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  外国人人権法連絡会 主催
   シンポジウム“2013 外国人の人権はいま”
   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
        2013年 4月 20日(土) 14:00−17:00
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・━━━━
 【開催概要】
・━━━━
●主催:外国人人権法連絡会
●日時:2013年 4月 20日 (土) 午後 2時〜5時(開場 1時30分)
●場所:在日本韓国YMCA 9F 2.8記念国際ホール
  〔地図〕http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/
      JR・水道橋駅東口徒歩6分、地下鉄・神保町駅徒歩7分
●資料代:1000円
 *「日本における外国人・民族的マイノリティ人権白書2013」
  (外国人人権法連絡会編)1冊を含みます。

・━━━━━
 【プログラム】
・━━━━━
1. 開会挨拶
   渡辺英俊(移住労働者と連帯する全国ネットワーク)
2. テーマ別発題:『2013 年の課題』
 ○改定入管法は、何をもたらしているか
   旗手明(自由人権協会)
 ○東日本大震災から2 年−外国人被災者は
   佐藤信行(外国人被災者支援センター)
 ○移住労働者/移住者の現状
   鳥井一平(全統一労働組合)
 ○「先進国」日本の入管体制
   山口元一(弁護士)
 ○子どもの教育権
   田中宏(一橋大学名誉教授)
 ○国籍差別の撤廃、権利としての国籍を
   金朋央(コリアNGO センター)
 ○未だ清算されない植民地責任・戦争責任
   梁澄子(日本軍「慰安婦」問題解決全国行動2010)
 ○ゼノフォビアとヘイトクライム
   小森恵(反差別国際運動/ IMADR)
 ○国際人権基準と国内人権政策との乖離
   師岡康子(外国人人権法連絡会運営委員)
3. 質疑応答・全体討論
4. 閉会挨拶
   丹羽雅雄(弁護士)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 【お問合せ先】
 ◆在日韓国人問題研究所(RAIK)
     FAX:03-3202-4977  raik.kccj@gmail.com
 ◆移住労働者と連帯する全国ネットワーク(移住連)
     TEL:03-5802-6033  smj-office@migrants.jp

*改定入管法に関する情報サイト  http://www.repacp.org/aacp
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


・━━━━━
 【開催趣旨文】
・━━━━━

 2012年は「新しい在留管理制度」がスタートし、在日外国人に
関わる法制度が抜本的といえるほど大きく変わりました。
 また年末には政権交代があり、前政権のときにイシュー化した
国内人権機関の設置や朝鮮高校の無償化除外など積み残しになっ
ている人権課題が多くあり、新政権の下での動向が大変注視され
るところです。
 2013年も外国人の人権に関連して目白押しの年になりそうです。
とくに今年から来年にかけて、国連の社会権規約委員会、自由権
規約委員会、人種差別撤廃委員会による日本の人権状況の本審査
が行なわれます。
 そこで、NGOや外国人当事者らが集まリ、在日外国人にとって
2013年はどういう年であるのかを総論的に取り扱い、情報共有と
意見交換を密に行なう場としてシンポジウムを開催することにし
ました。
 ぜひご出席と、ご賛同をお願いいたします。


・━━━━━━━
 【賛同の呼びかけ】
・━━━━━━━

◇本シンポジウムに対する賛同(個人・団体)を集めています。
 賛同された方のお名前を、当日の配布資料に掲載します。

◇賛同される団体・個人は、4月17日(水)までに下記に連絡ください。
 <担当:コリアNGOセンター東京事務所>
   tokyo@korea-ngo.org または FAX:03-3203-5655

◇賛同金:<個人>一口 1,000円、 <団体>一口 3,000円
 *賛同金は、当日持参されるか、あるいは下記に振り込んで
  ください。

 ◆郵便振替口座  口座番号 00100-5-335113
          口座名称 外国人人権法連絡会


投稿者: sva 投稿日時: 2013-4-8 11:48:13 (295 ヒット)

2013年1月中旬に開催し大好評だったプレ坐禅会から早3か月。
満を持して、第1回シャンティチャリティ坐禅会『ブッタまげカフェ』を開催いたします。

坐禅指導は当会スタッフの曹洞宗僧侶が行います。初心者の方も大歓迎 !
満月の夜、静か自分と向き合い、心身を調えてみませんか。

参加費は会場費を差し引いた全額がSVA『アジア子ども募金』への寄付となります。
皆様お気軽にご参加ください。

■日時
4月26日(金)19:00--20:30 (18:30受付開始)

■会場
慈母会館1階
(東京都新宿区大京町31)

<最寄駅>
JR 総武線千駄ヶ谷駅 (改札から徒歩5分)
東京メトロ大江戸線国立競技場駅 (A3 出口徒歩5分)

▽アクセスマップはコチラ
http://www.sva.or.jp/about/access.html

■参加費
500円

■定員
15名

■参加方法
ご参加いただくには事前にお申し込みが必要です。
電話、Eメール、またはWEBフォームよりお申し込みください。

▽お申込みWEBフォームはコチラ
http://sva.or.jp/wp/?p=5669


■持ち物・服装など
あぐらの組めるゆったりとした服装でお越しください。
(着替えのスペースもございます)
坐蒲(坐禅用のクッション)はこちらでご用意いたします。

■お問合せ先
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
広報課 : 鎌倉
Tel: 03-6457-4586
FAX: 03-5360-1220
Email : pr@sva.or.jp

▽当イベントについて詳しくはこちらのページを下さい。
http://sva.or.jp/wp/?p=5669


投稿者: zgm9031 投稿日時: 2013-4-7 16:30:08 (275 ヒット)

品質を重視、納期も厳守、信用第一は
高品質な商品を超格安価格で、安心、迅速、確実、にお客様の手元にお届け致します。
vita Bella では2013激安ドレスが提供に
HP:http://www.vitabella.jp
E-Mail:sale@vitabella.jp


投稿者: seedcontest 投稿日時: 2013-4-7 3:58:44 (408 ヒット)

See-D Contestは、途上国の環境や文化にあった「適正技術」の
アイディアを競う日本で唯一のプロダクト&ビジネスコンテストです。
JICA地球ひろばにて、過去のコンテスト参加者の製品・ビジネス
アイディアを展示する展示会、および開発ストーリー等をお話し
いただくセミナー(全4回)を開催いたします。

セミナー第1弾は4月13日(土)。
開発者らに直接話を聞けるこの機会に、ぜひご参加ください!

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界を変えるタネの物語
―See-D Contest 適正技術展示会関連セミナーVo.1―
4/13(土)@JICA地球ひろば
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■See-D Contestとは
See-D Contestは、途上国の環境や文化にあった「適正技術」の
アイディアを競う日本で唯一のプロダクト&ビジネスコンテストです。

世界には、水・医療・農工具など、最低限の生活必需品にアクセス
できず、貧困に苦しむ人が大勢います。そういった必需品は、
その土地の生活様式・ニーズに合わせて作られた製品がないために
「お金があっても買えない」状況にあることもしばしばです。
一方、日本には技術力のある企業が多数ありながらも、
地理的・言語的な壁から途上国に住むユーザーのニーズを把握し、
製品設計に活かすことが難しいのが現状です。
そこでSee-D Contestは、日本の技術力と途上国のニーズをつな
げ、途上国が抱える課題を解決する製品をより多く生み出すことを
目的として、立ち上げられました。
(Web:http://see-d.jp/)


■See-D Contest 適正技術展示会とは
過去2回のコンテストへ参加した数チームが再集結し、
それぞれの製品・ビジネスアイディアを展示します。
現地の課題を解決する、途上国の環境や文化に合った
ものづくりとは?ぜひお気軽にお越しください。

【See-D Contest 適正技術展示会―世界を変えるタネを探そう―】
【展示スケジュール】
〜4/13: 物流改善アプリ(TranSMS)、蚊よけ洗濯剤(Bye-bite)
4/15〜: 移動式ホットシャワーPOPPO(4-d)、ココナツ酒製造キット(wanic)
5/15〜: 非電化洗濯機(Washqueezer)、「遊力」発電ユニット(LinkWatt)
6/15〜: リストバンド式照明Star familiar他、
      自給自足のための適正技術「マイクロライフインフラ」(realsketch)
【日時】 〜7月15日まで
【場所】 JICA地球ひろば(市ヶ谷) 2F展示スペース
http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html)
【参加費】 無料
【詳細】
http://www.jica.go.jp/hiroba/about/experience/exhibition/hall/index.html


・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界を変えるタネの物語
―See-D Contest 適正技術展示会関連セミナーVo.1―
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
上記の展示会に関連して、全4回のセミナーシリーズを開催します。
各回展示チームから講師をお迎えし、開発の経緯や製品・ビジネス
アイディアの魅力、そしてコンテスト後のチームの活動状況などに
ついてお話しいただきます。
セミナー第1弾はSee-D Contest2012最優秀賞チームのTranSMS:瀬戸さん、
そして大阪大学よりOUEST(Bye-bite):高橋さんによるセミナーです。
どうぞ奮ってご参加ください!
(詳細&お申込み▼
http://www.jica.go.jp/hiroba/event/201304.html#a01-0413-02)

【プログラム】
1). See-D紹介
2).TranSMS講演:「世界を変えるタネ」の見つけかた
〜発展途上国向け物流改善システム"tranSMS"が生まれるまで〜
3).Bye-bite講演:全く新しいマラリア対策を世界へ 
〜習慣的な対策で途上国をエンパワーする〜
4).質疑応答

【各講演内容】
(1)TranSMS講演:
「世界を変えるタネ」の見つけかた 〜発展途上国向け物流改善システム"tranSMS"が生まれるまで〜

 わたしたちは東ティモールにおける「物流ハンディキャップ」
に着目しました。この国は運送会社が無いため、モノの運搬が
ひどく不便です。辺境に住む人々ほど輸送コストが高くつくので、
農産物が売れず、地方産業発展の妨げとなっています。
一方、首都のディリから各村の商店へ日用品を配送している
トラックは、荷台を空にして帰ってきていました。
わたしたちは、このトラックの帰り道に荷物を乗せる方法を考案しました。
顧客データの管理とSMS一斉送信機能を持ったアプリを開発し、
スマホを運送業者に提供します。運送事業者は、「運ぶモノは
ある?」というSMSを帰り道、周辺の農民に送信します。
こうすれば、農民は安くモノを運ぶことができるようになり、
また、運送事業者はさらなる仕事を獲得することができるようになるのです。

講師:瀬戸義章
作家・ジャーナリスト / tranSMS代表
1983年、神奈川県出身。著作に『「ゴミ」を知れば経済がわかる』
(PHP研究所)。都内の物流会社でリユースビジネスの広報に携わ
った後、独立。東南アジアのリサイクル事情や、東日本大震災の復
興の様子を取材して歩く。2012年、発展途上国向けのプロダクトデ
ザイン&ビジネスコンテストである「See-D Contest2012」で最優
秀賞をチームで受賞した。
TranSMS: http://transms.wix.com/transms


(2)Bye-bite講演:
全く新しいマラリア対策を世界へ 〜習慣的な対策で途上国をエンパワーする〜

 私たちはバングラディッシュにおける「マラリア問題」
に着目しました。この国では、三人に一人がマラリアにかかって
いるといわれています。私たちは、現地でのインタビューの中で、
現地の人の意識の低さ・知識不足が問題だと感じました。
現状の対策として、蚊帳の配布や、虫よけスプレーの販売が行われ
ていますが、蚊帳は正しく使われておらず、スプレーはマラリア対
策を意識的に行うことができる(金銭的に余裕のある)わずかな
人々しか救えません。
意識付けの必要がなく、日常生活の中でマラリアを予防することができないか?
至った答えが、「蚊よけ洗濯剤」でした。蚊よけ効果のあるハーブ
オイルをマイクロカプセル化し、それを洗濯剤に混合します。ハー
ブオイルを用いるので、人体にも、環境にもやさしく、ユーザーは
洗濯をするだけで、マラリアを予防できます。さらに、現地に生息
しているハーブを用いることで、現地の雇用も生み出すことができるのです。

講師:高橋 佑典 大阪大学法学部法学科
大阪大学 「Bye-bite」プロジェクト 代表
おでん屋台「でん王」 店主
岡山県にある日本料理屋の1人息子。途上国の放つエネルギーに
魅せられ、その進歩に関わりたいと願う20歳。阪大のシリアル•ア
ントレプレナー。学生団体OUEST 「蚊除け洗濯剤」でSee-D コンテ
スト 優秀賞受賞。東京大学JOIP 1期生 として「Bye-bite」が選出される。
Bye-bite: http://yskinjpn.wix.com/bye-bite

【日時】
4月13日 14:00〜15:30
【場所】
JICA地球ひろば(市ヶ谷) 2F セミナールーム201AB
http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html)
【参加費】 無料
【お申込み方法】
下記の「お申込みボタン」からお申込み下さい。
http://www.jica.go.jp/hiroba/event/201304.html#a01-0413-02




投稿者: yano 投稿日時: 2013-4-6 13:47:58 (549 ヒット)

昨年秋に満員御礼で大好評を博したイベントの第2回開催が決定しました!

この機会にワークキャンプ経験を生かして、シゴトをしている人達の話を聴いてみませんか?!

ワークキャンプとは、参加者が寝食を共にしながら地域の人達と行うボランティア活動です。森の手入れ、里山保全などの環境保護、福祉、農業、教育、村おこしなど、地域の特色あるプロジェクトに取り組みます。昼はボランティアワークに汗を流し、食事はみんなで自炊、夜はワークショップも。日本各地や世界約90ヵ所で、年間3,000以上の活動を展開しています。

そんなワークキャンプは人の交流や成長、その後の人生に対して、どのような成果を生み出すのでしょうか?ワークキャンプに関わった方々が得た経験とそれによって変わっていった人生をリレートークします。これから参加・企画しようと思っている方々にとっても、Webや冊子、説明会では聞けない深い話をじっくり聞ける、稀な機会です☆

☆国際ボランティアやワークキャンプに興味・関心はあるが、参加を迷っている
☆この春経験した国際ボランティアやワークキャンプを、就職活動や次のアクションに生かしたい
☆社会に貢献するシゴト、国際協力に関わるシゴトをしたいが、どのように進めばいいのか分からない
☆大学生活、社会人生活を充実させたい
などなど。

そんな方々のご参加をお待ちしています!

│・日 時 :2013年4月27日(土)13:35〜16:30
│ ※開場・受付開始 13:20
│・会 場 :国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟403
 【地図】http://nyc.niye.go.jp/facilities/d7.html
│・参加費:500円(軽食・資料代を含む)
│・定 員:50名(先着順)
│・主 催:特定非営利活動法人NICE(日本国際ワークキャンプセンター)
    
※プログラム終了後、ゲスト・スタッフ・参加者を交えての懇親会を行う予定です。
ざっくばらんに色々な話ができます。お気軽にご参加ください!
時間:18時より開始予定
費用:1,000円(軽食・飲物代)
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター 国際交流棟第2ミーティングルーム

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           当日プログラム
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
★ワークキャンプ経験者によるパネルディスカッション
 僕は、私はワークキャンプの経験を生かして、今、こんなシゴトをしています。
  「ワークキャンプ わたしの履歴書」を参考にしてください。
  http://www.nice1.gr.jp/wc_rirekisyo

★この夏チャレンジできるワークキャンプをご紹介
 自分の興味・関心にピッタリな国際ボランティア活動を探しませんか?最新の情報を提供いたします。
★個別相談会
 国際ボランティアを検討する上での疑問点や不安をケースごとにスタッフ、経験者が個別にお答えします。
 
★情報交換会
 ゲストと直接話をすることや同じ志を持つ参加者同士の情報交換ができます。

※当日のプログラムやゲストは、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           当日ゲストの紹介
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

●松本裕也さん(確定) ヤフー株式会社 Yahoo!ボランティア担当兼ソーシャルアクション室
1985年生まれ。福岡県出身。15歳から始めたヒッチハイクで国内46都道府県を周った後、大学を休学し1年間世界一周をしながらワークキャンプに参加。
帰国後は、福岡の山村塾にて長期ワークキャンプリーダーを経験する。
その後新卒としてヤフー株式会社に入社し、3年間広告や企業向けのサービスの営業に従事。
2012年4月よりかねてから希望していた社会貢献サービスを専門とする部署へと異動し、現在はYahoo!ボランティア、チャリティオークション、復興支援などの企画業務にたずさわっている。

●安部佳世さん(確定) 民間企業にてコミュニティ施設企画、運営
1980年埼玉県生まれ。大学在学中に佐渡(小木)の国際ワークキャンプに参加(2001年リーダー)。2002年中長期ボランティアで韓国の山間地域にあるオルタナティブスクールにて活動。
活動終了後、貿易船積書類を作る会社に就職、勤務のかたわら、開発教育やファシリテーションを学ぶ大学の社会人コースを履修。終了後、NPOに就職し、さいたま市の「市民活動サポートセンター」スタッフとして5年勤務。2度の産休、育休を経て現在は、さいたま市内のコミュニティセンターの事業企画、運営を行っている。
地域やコミュニティデザインなどに想いを巡らせつつ、1歳と4歳男児の子育てに翻弄される毎日。最近は”音楽、地域、子ども”の組み合わせで何か をしたいなと思っています。

●伊東さなえさん(確定) 青年海外協力隊員 OG (2011年1月〜2013年1月 ネパール)
1983年生まれ。東京都世田谷区出身。大学2年生の夏休みに初めて国際ワークキャンプに参加。その後、国内ワークキャンプのリーダーや、週末事業の運営に携わる。
その経験から、受け入れてくれる側のニーズや思いを知ることの大切さ、難しさを考えるようになり、大学卒業後、住民意識調査を行い、行政に伝える仕事をしている調査会社に就職。3年半、主に調査やコンサルティング業務に携わる。
その後、青年海外協力隊に参加、2年間ネパールに赴任。廃棄物事情に興味を持ち、トイレやゴミについての調査を行ったほか、婦人会とのリサイクル手芸品講習会の実施・バザーでの販売、地域NGOとのエコバックキャンペーンの実施などに携わった。
現在は日本で大学院受験に向けた準備を進めている。

※3/24(日)時点での情報です。
各ゲストのプロフィール変更などは随時アップデートいたします。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          ― お申込方法 ―
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
申込フォームに必要事項をご記入ください。
もしくは、下記フォーマットにご記入の上、次のアドレスにメールを送信下さい。
  
【送信先】i@nice1.gr.jp
【件名】4/27「積極的国際ボランティア・ワークキャンプのススメ参加希望」
【締切り】4月24日(水)〆切
   ※申込みは先着順となります。定員になり次第締切りますので
    お早めにお申込みください。
------------------参加申し込みフォーマット------------------------
 ・ご氏名:
 ・ご所属(学校名・学部・学年、勤め先など):
 ・PCアドレス(よくご覧になるアドレスをお書き下さい):
 ・当日、ゲストに質問したいこと(ある方はお書き下さい):
 ・18時からの懇親会出欠:
------------------------- ココマデ ------------------------------
 ※本フォームで頂戴する個人情報につきましては、当該イベントの出席処理、また出欠の確認のため利用させて頂きます。なお、ご本人の個人情報を、ご本人の同意なしに業務委託先以外の第三者に開示・提供することは、一切ございません(法令等により開示を求められた場合を除く)
 ※お書き頂いても、当日の状況により、すべてのご質問にお応え出来ない場合もございます。予めご了承ください。

┏━━━━━━━━━━━ <お問合せ> ・━━━━━┓
 特定非営利活動法人 NICE(日本国際ワークキャンプセンター)   
 担当: 大池
  〒160-0022 東京都新宿区新宿2-1-14-401
  TEL: 03-3358-7140 / FAX:03-3358-7149
  E-Mail: i@nice1.gr.jp Website: http://www.nice1.gr.jp
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


投稿者: etic 投稿日時: 2013-4-5 17:58:39 (300 ヒット)

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◇◆東北の「仕事づくり・地域づくり」を担う新たな人材を募集◆◇
     −みちのく仕事 右腕派遣プログラム説明会

  復興応援団 南三陸民宿スタートアップ・WATALISてしごとプロジェクト
  木質バイオマス普及プロジェクト・ YES工房商品力強化プロジェクト

    2013年4月14日(日) 13:00〜16:00 @ETIC.渋谷オフィス
   http://www.etic.or.jp/recoveryleaders/migiudebosyu04/
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『故郷に受け継がれてきた"愛"や"感謝"を、この時代を生きる私たちが感じ、
次の世代に伝えていくために、そして郷土に伝わるよき思いを新たな形の
「モノ(商品)」として再び地域の中で蘇らせるために、
 守るべきことは何かを見極め大事にしながら、新たな地域コミュニティを
 "創ること"にチャレンジしていきたい。』
――宮城県亘理町で公務員を辞め、今年創業する代表の引地氏はそう語ります。

3年目を迎えた東北の現場では、各々が自分にできること、
未来につなげたいことを考え、徐々に復興が進みつつあります。

しかし地域だけでは乗り越えられない困難な課題も多く、
そのような現場では、地域外から参画する人材が強く求められています。
現在派遣している右腕たちは、社会人経験を活かした交渉や企画、
マーケティング、事業戦略などのスキルを活かし、復興の推進を担っています。

今回の説明会では東北のリーダーたちをお招きし、新たな「仲間(右腕)」を募集します。

上記のような事業に関心がある方、これから東北での活動に
参画していきたい方々に、ぜひご参加いただければと思います。

※右腕派遣プログラムでは、2014年3月までに200名の派遣を目指しており、
 これまでの派遣者は140名を超えました。
 右腕として参画した後に、東北での起業に取り組む方も出てきています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■ プロフィール(東北の起業家・リーダーたち)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

佐野 哲史氏(一般社団法人復興応援団 代表理事)
・=========================================
慶応義塾大学卒業。07年7月中越沖地震に際し、ボランティアとして柏崎市に
行ったことを契機として地域活性化コンサルティングを開始。11年3月まで
新潟県十日町市「雪ふる里村」の事業立ち上げを行う。
11年3月17日から被災地に入り「つなプロ」現地本部長。7月以降12年5月末まで、
「みやぎ連携復興センター」初代事務局長。復興応援団代表としては南三陸・
多賀城等の地域コミュニティの直接支援に取り組み、復興を加速させるための
活動を継続中。2012年秋から南三陸町の町民。

>>プロジェクトの詳細・募集概要はこちら
http://michinokushigoto.jp/archives/5864


引地 恵氏(てしごとプロジェクト WATALIS代表)
・=========================================
2010年3月 宮城教育大学大学院教育学研究科卒業、2012年3月 亘理町役場退職
震災後は亘理町職員としての立場で救援物資担当として体育館内で物資の搬入・
搬出などに携わる傍ら、任意団体Blessing代表として地域文化伝承講座の開設や
宮城大学と連携した学習支援、日本ヒプノセラピー協会主催のメンタルケア
セミナーの運営などのボランティア活動を実施した。メンタルケアセミナーの
運営については現在も継続している。
2011年10月に任意団体WATALISを立ち上げ、継続的な活動を実施している。

>>プロジェクトの詳細・募集概要はこちら
http://michinokushigoto.jp/archives/5897


長谷川 順一氏(株式会社長谷川建設 代表取締役)
・=========================================
岩手県陸前高田市横田町出身。高校まで陸前高田市。大学進学で埼玉県へ
卒業後、埼玉県所沢市の企業へ就職するも同年に父親が倒れ翌年帰省。
同年平成16年株式会社長谷川建設入社。平成20年代表取締役就任。
家族は妻と子3人、母親と一緒に実家で暮らしている。

>>プロジェクトの詳細・募集概要はこちら
http://michinokushigoto.jp/archives/5897

阿部 忠義氏(南三陸町職員入谷公民館館長&南三陸復興ダコの会事務局長)
・=========================================
震災直後、喪失感漂う被災者たちを救う手段として働く職場が必要である観点
から、廃校となっていた校舎をリニューアルし、入谷Yes工房を設立させた。
工房ではオクトパス君のキャラクターグッズの開発や、震災被害木・間伐材を
使用したノベルティーを製作している。現在20名のスタッフが働いており、
活気にあふれている。他にも農園コミュニティ事業や、学生が集う地域づくり
推進事業など、交流型の地域振興事業にも取り組んでいる。これらの活動を通じ、
地域内外の交流が促進され、元気なまちづくりに繋がる活動に取り組んでいる。

>>プロジェクトの詳細・募集概要はこちら
http://michinokushigoto.jp/archives/5899


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■ 説明会の概要 / プログラム
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【概要】
日 時:2013年4月14日(日) 13:00〜16:00(開場12:40)
会 場:NPO法人ETIC. 5F セミナールーム
http://www.etic.or.jp/etic/access.html
定 員:30名程度
参加費:無料(事前予約制)
対 象:震災復興リーダーの「右腕」として東北での活動を検討する方
以下のような想いを持った方(ビジネス経験のある人を特に歓迎します)
・今までの社会人経験を活かして、東北の復興に携わりたい
・東北の課題に向き合って、何をしていくべきか具体的な道筋を探したい
・東北が抱える課題に取り組むことで、自分の経験値や可能性を広げていきたい
主 催:NPO法人ETIC. 震災復興リーダー支援プロジェクト

【当日のプログラム】
12:50 開場
13:00 イントロダクション(右腕派遣プロジェクトの概要説明)
13:20 募集プロジェクトのプレゼンテーション
16:00 終了(早く終わる場合もあります)
※希望者がいれば、終了後に個別相談会を実施

【申込み】
以下のURLからお申込みください。
http://www.etic.or.jp/recoveryleaders/migiudebosyu04/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■ その他のご案内
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼「いいね!」やシェアにご協力をお願いします。

ETIC.震災復興リーダー支援プロジェクトが運営する公式ツイッターと、
シゴトヒトと共同運営する、みちのく仕事のFacebookページがあります。

これから本格的な復興フェーズを迎える東北では、リーダーたちとともに
動き、復興を力強く支えていく多くの若者の力が必要とされています。
本プロジェクトの応援、告知のご協力を是非宜しくお願いします。

ツイッター:http://twitter.com/fukkou_event
Facebook :http://www.facebook.com/michinokushigoto

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ お問い合わせ先 ■
特定非営利活動法人 ETIC.(エティック)(担当:山中)
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-5-7 APPLE OHMIビル4階
TEL:03-5784-2115/ FAX:03-5784-2116 E-mail : fukkou@etic.or.jp
震災復興リーダー支援プロジェクト http://www.etic.or.jp/recoveryleaders/
みちのく仕事 http://michinokushigoto.jp/
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


投稿者: sva 投稿日時: 2013-4-5 17:50:29 (338 ヒット)

◆業務内容
・資金調達:アフガニスタン事業の指定寄付の調達、補助金、助成金の申請書 報告書(領収書詳細など会計報告含む)作成
・支援者対応:支援者への報告や連絡
・現地事務所の事業計画予算立案および事業への助言、評価
・現地事務所職員や協力機関関係者の来日に伴うロジ、研修や支援者への報告の調整
・日本人職員の現地渡航に伴うロジ(航空券、ビザ手配等)
・海外事業運営改善に伴う事務
・アフガニスタンの教育課題、事業について、学校・社会教育での講演、報告会等

◆勤務
原則として週5日間勤務(土日と祝日は休み)
勤務時間 9:30--18:30(昼休み1時間)

◆勤務開始
2013年5月上旬--中旬

◆契約期間
勤務開始日より3年間(一年毎の更新)

◆募集人員
1名

◆募集期間
定員になり次第〆切
※一次選考のための書類一式の提出期限は、2013年4月30日事務所必着

◆選考方法
一次選考・書類審査:2013年4月中旬から順次開始
二次選考・面接 :2013年4月中旬以降に順次実施
※第一次審査及び第二次審査の合否結果は、応募者宛に電子メールにて通知

◆応募資格
・シャンティ国際ボランティア会の基本理念に賛同できること
・目標達成について責任を負うことができ、且つチームで活動できること
・心身ともに健康な方(二次選考後、健康診断書を提出いただきます)
・教育分野の国際協力についての知識と関心を持っていること
・原則として大卒以上(今春卒業見込み含む)、望ましい条件としてはNGO経験、社会人経験あり
・原則として大卒以上、又は同等の学力を有すること
・英語での調整・交渉等が可能なコミュニケーション、英文作成能力があること(TOEFL550点以上、CBT213点以上、TOEIC730点以上)
・PC(ワード、エクセル、パワーポイント、メールソフトなど)が使えること

◆給与/待遇
給与は本会規定により、経験と年齢を考慮の上定める
社会保険(健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険)有り
※正職員への登用の可能性があります

◆応募方法
封筒に「アフガニスタン事業担当応募」と明記の上、
1.履歴書(顔写真添付、職務経験・担当業務、海外渡航・勤務経験を詳しく記載)
2.志望動機(書式なし2ページ以内)
3.英語能力を証明する書類(TOEFLなど)のコピーを、
下記担当者までご送付ください。応募書類は返送いたしません。

▽ご応募の際には必ずこちらをご覧ください。
http://sva.or.jp/wp/?p=5660


◆応募連絡先
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
経理・総務課(市川、河口)
〒160‐0015 東京都新宿区大京町31 慈母会館2、3階
TEL: 03-5360-1233
FAX: 03-5360-1220
E-mail: info@sva.or.jp


投稿者: sva 投稿日時: 2013-4-5 15:46:02 (321 ヒット)

「シャンティとしょかん」では団体の紹介、各国の活動報告をおいしいお菓子とお茶を楽しみながら、
交流の時を持つことを目的としています。
こんなことを聞いてみたい!という方、アジア大好き、としょかん大好きという方も気軽にお越しください。
ミャンマー(ビルマ)難民キャンプでの図書館活動を通じてアジアのとしょかんについて知ってみませんか。

皆さまの参加を心よりお待ちしております。

■日時
2013年4月24日(水)18:30--20:00(18:00開場)

■場所
SVA東京事務所2階
東京都新宿区大京町31 慈母会館2階

<最寄駅>
JR 総武線千駄ヶ谷駅(改札から徒歩5分)
東京メトロ大江戸線国立競技場駅(A3 出口徒歩5分)

アクセスマップはコチラ
http://sva.or.jp/sva/map/

■参加費
無料

■参加方法
ご参加いただくには事前にお申し込みが必要です。
こちらのページからお申込みください。
http://sva.or.jp/wp/?p=5673

※当日はゲームソフト、DVD、CD、読み終わった本を会場で集めています。
海外の子どもたちの教育支援につながります。ご協力お願いします。

■お問合せ先
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
担当:平島
Tel:03-6457-4585
FAX:03-5360-1220
E-mail: ats@sva.or.jp


投稿者: deknoy 投稿日時: 2013-4-5 15:20:42 (326 ヒット)

●豊かな自然に囲まれ、多くの民族の伝統が息づく東南アジアの国ラオス。
ラオスでは今なお、親から子への「織」の伝承が息づいています。ひとつひとつの「織」に込められる思いと、繊細で華麗な手仕事はラオス織物の最大の魅力です。
今回はラオスの布を使ったモダンなデザインの洋服や小物たちが多数入荷しました。
また春の装いにピッタリの爽やかな色合いのショールなどもご用意しています。
みなさまお誘い合わせの上、ぜひご来場下さい。

●日時:2013年4月27日(土)〜5月6日(月) 入場無料
    11:00〜18:00 ※最終日は16:00まで
●会場:孔雀堂 画廊
   東京都台東区浅草1-17-10
   東京メトロ銀座線、都営浅草線「浅草」駅歩4分
★ラオスの「ホアイホン職業訓練センター」で織られた布や服、小物を中心に手工芸品を展示・販売いたします。
・ホアイホン職業訓練センター
 ラオスの女性の生活向上をめざして設立されたセンター。染色から縫製までの各工程で、自然の
素材、手織り、手作りによる商品を製作しています。
※収益は、ラオスの子どもと女性たちの支援活動に活用させていただきます。

●特別講演会
チャンタソン・インタヴォン:
「(特活)ラオスのこども」共同代表、「ホアイホン職業訓練センター」代表
ラオス女性の生活と織物、織物の技法、文様についての講演会を開催します。
入場無料 予約不要です。 お気軽にご参加下さい。
・4月30日(火)14:00〜15:00「ラオス女性の自立と織物」
・5月2日(木)14:00〜15:00「ラオスの伝統的な染めと織り」
●お問い合せ・主催:(認定)特定非営利活動法人ラオスのこども
〒143-0025 東京都大田区南馬込6-29-12,303
TEL/FAX:03-3755-1603 E-Mail:deknoylao@yahoo.co.jp 
HP:http://deknoylao.org/   


投稿者: JOCS 投稿日時: 2013-4-5 14:59:52 (348 ヒット)

【スタディツアー】南インドの病院で 地域保健医療を学ぶ旅
【場所】南インド タミルナードゥ州
【訪問先】クリスチャンフェローシップ病院
【日時】2013年7月26日(金)〜8月5日(月)9泊11日
http://www.jocs.or.jp/jocs/modules/eguide/event.php?eid=107

「自分達の健康は自分達の手で!」
南インド・タミルナードゥ州にあるクリスチャンフェローシップ病院(CFH)を訪ねます。
この病院は50年以上前から外国からの援助を一切受けずに運営され、現在は地域の医療を支える中核病院となっています。病院での医療活動以外にも、地域クリニック(村の診療所)、学校保健プログラム、看護学校、在宅介護・看護を学ぶ学校等を運営し、地域の人々のニーズに幅広く応える活動を展開しています。これらの施設を見学し、お話を聞くことができるJOCSならではのツアーです。
病院施設以外にもエイズホスピス、義肢製作所など保健医療分野に関する施設を多数訪れます。

 JOCSのスタディツアーおすすめ1
「村を訪ねて保健指導体験」
病院が少ない地域で予防啓発・早期発見に努める保健師と共に村を訪ね、地域保健医療について考えます。

 JOCSのスタディツアーおすすめ2
「病院施設見学」
二つの総合病院で、外来各科、病棟、看護学校、学校保健プログラム、モバイルクリニック、ハンセン病療養所などを見学し、インドの医療の現状を学びます。

 JOCSのスタディツアーおすすめ3
「地域の人々との交流」
看護学生、在宅介護を学ぶ学生、エイズホスピスの子どもたち、地元の人々との交流は心暖まるひと時です。


相手が自ら発展していける「協力」とは何か、地域保健医療、国際協力とは何かを学ぶ機会です。
興味を持ったらまずお問合せを!JOCSの活動を知らない方、参加申込を迷っている方を対象とした説明会を実施します。
このツアーは保健医療従事者、保健医療分野の学生、国際協力に関心をお持ちの方を対象にしたスタディツアーです。

【参加費】213,000円
※旅行代金に加え、燃油特別付加運賃、空港税54,900円(今後変動する可能性があります)が別途必要になります。
【募集予定人数】12名
【申込締切日】2013年6月25日(火)
【申し込み方法】JOCSまでご連絡ください。お申し込み用紙をお送りします。 
【参加資格】
     1.20歳以上
     2.参加申込書とともに参加志望動機書を提出すること(用紙はJOCS事務局まで)
     3.事前勉強会に出席できること(7月6日(土)に実施します)
     4.ツアー終了後、指定期日までに感想文を提出すること


お問い合わせ先:公益社団法人 日本キリスト教海外医療協力会(JOCS)
担当者:大久保
電話番号:03-3208-2416
FAX:03-3232-6922
メールアドレス:nokubo@jocs.or.jp
団体ホームページ:http://www.jocs.or.jp/


投稿者: social_value 投稿日時: 2013-4-5 14:39:51 (373 ヒット)

週末のみの隔週4ヶ月、全10回の講義となります。短い時間ですが、社会起業大学のエッセンスを十分に体感することが可能なカリキュラムとなっています。
ビジネスに活かすことのできる自分の強み(らしさ)の発見から、社会的課題へのアプローチ、そして現役の社会起業家を招いてのビジネス立ち上げの手法や成功の種を見つける講義。そして、チームで実際に社会的課題にアプローチする「プロジェクト」。共感でつながる仲間が集まることで、一人では想像もできないアプローチが生まれます。
対象となる方
,金だけじゃない、もっと人のため、地域のため、社会のために働きたいという方
学生の頃は熱かったのに、会社の目の前の仕事に追われてしまっているという方
いきなり起業は難しいけど、とにかく何か一歩踏み出したいという方
ぁ崋匆餤業って何?」「きれいごとじゃないの?」という疑問を持っている方
ヌね茲了劼匹發燭舛琉戮法△泙困麓分が動き出す「きっかけ」が欲しいという方
震災復興のために何かしたいけど、具体的にどうしていいのかわからないという方
途上国の貧困問題にアプローチしたいけど、現地に飛び込めていないという方
このコースに参加することで得られるモノ
 崋分らしさ」を発見し、イキイキと働くきっかけための「軸」
近しい価値観を持ちながら、様々なバックボーンを持った、一生付き合える仲間
ビジネススキルの基本である、分析力、プレゼン力、プロジェクトマネジメント力
WEBサイト作成、イベント企画などベンチャーにおけるコストをかけない集客法
サ業家とのネットワークの加速度的な広がり

現状を変えるきっかけをお探しの方、気楽に真剣に、このコースにご参加下さい。

週末起業塾受講に関しての3つの特典
1. 受講期間中、いつでも頼れるサポート体制
1回限りのセミナーに出ても、その場限りで終わってしまうことが多いものです。本講座では、受講期間中、FBのコミュニティでずっとサポート。社会起業大学に来れば、講師やスタッフに直接尋ねる事も可能です。実践の課程で分からないことをどんどんぶつけてみて下さい。
2. 社会的企業で1日インターン
課外授業として、希望者にシャドウイングと称した社会的企業への1日インターンの機会を設けています。実際に社会的課題に取り組んでいる起業家・企業のもとで1日インターンをすることによって、社会起業の現場を体感してもらうことを目的としています。現場を知り、その得られた理解をプランに結び付けることで、はじめて学習に現実味が帯びてきます。
3. eラーニングの視聴が期間中無料!
50以上の社会起業家の講演をeラーニングで視聴することが可能です。インターネット接続可能な環境ならどこでも受講可能。ケータイ、スマートフォンでも受講いただけます。さまざまな社会起業家の汗と工夫から、社会性と経済性を両立させるための成立要件を学習します。

http://socialvalue.jp/elearning/index.html


日時
  2013年5月18日(土) 13時−17時(受付開始 12:30)全10回
場所
  社会起業大学
定員
  15名
締切
  定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。
費用
  84,000円 (申し込みを受け付け後、事前にお振り込みをいただきます。)

詳しくはこちら→http://socialvalue.jp/short/we/index.html
info@socialvalue.jp


投稿者: social_value 投稿日時: 2013-4-5 14:39:20 (201 ヒット)

株主資本主義・金融資本主義の限界が指摘される今日において、企業の社会的責任(Corporate Social Responsibility)が改めて注目されています。 CSRとは企業が市民、地域および社会を利するような形で、経済上、環境上、社会上の問題に取り組むバランスのとれたアプローチと定義されます。 具体的には、雇用の提供、コンプライアンス(法令順守)、コーポレート・ガバナンス(企業統治)、環境への配慮、社会貢献活動、人権擁護といった様々な要素を包含する概念ですが、 商品やサービスの提供を通じた事業そのものがCSRの前提となります。
また、規模、業態、歴史、文化は企業によって異なるため、ただひとつの正解というものは存在しません。 つまり各企業がその時々の社会的責任を徹底的に考え抜き、自社らしいCSRを実現するプロセスこそが重要なのです。

4月18日はITサービス企業 SCSK株式会社の取り組みをご紹介します。
SCSKは「夢ある未来を、共に創る」を経営理念とするITサービス企業です。 人材が唯一の資産であるITサービス企業が東日本大震災からの復興支援を考える上では「人」を軸にした活動が中心となります。 地域に寄り添った支援、本業での復興支援を模索する当社の取り組みを紹介し、東北から始める戦略的CSRについて考えます。

社会起業大学では、様々な企業の取り組みを紹介するサステナビリティ実践塾を開催しています。 CSRのためのCSR、一過性のCSRではなく、事業戦略と自社「らしさ」と結び付いたCSRを実現していきませんか。

日時 4月18日(木) 19:00-22:00
場所 社会起業大学 (東京都千代田区二番町二番平田ビル1階)
アクセス 地下鉄有楽町線 麹町駅5番出口 徒歩3分
地下鉄半蔵門線 半蔵門駅5番出口 徒歩5分
定員 20名
費用 1,000円
当日の流れ ◇参加者自己紹介
◇ゲスト講師による講義、質疑応答
◇グループワーク

詳しくはこちら→http://www.socialvalue.jp/seminar/detail000659.html


投稿者: social_value 投稿日時: 2013-4-5 14:38:44 (276 ヒット)

変わりゆく時代の価値観を反映した現代社会において、企業は変化する社会からの要請や期待を的確に捉え、事業を通じて社会に恩恵をもたらし、企業も存在意義を発揮しながら持続的な発展に結びつけていく経営が問われています。その根幹をなす経営戦略の一環として、CSR(現代社会の要請や期待)と企業ブランディング(自社らしさ)を掛け合わせた「CSR ブランディング」が注目されています。
本講座は、時代と調和し、時代を味方につけた、競争優位の戦略である「CSRブランディング」メソッドを、 実際に社内で「使える」ようにするための特別講座です。
受講資格に特に定めはありませんが、「企業ブランディングを実現するCSR」(産業編集センター刊)を熟読し、CSRブランディングの基本的な考え方を理解していることを前提に講義が進められます。

ここ数年、経営層及びCSR部門が腐心する2大テーマとして、
1.「CSRマインド」の社内浸透
2.事業戦略とCSRの融合 があげられます。
この2大課題に対し、多くの企業では、未だ 納得のいく解を見出すことができていないのが実情といわれています。本講座では、前半の2回にて、まずは、‘自社らしさ’を取り入れた事業戦略に、CSRを融合させた‘時代が求める 競争優位の源泉’となる「CSRブランディング」のエッセンス を共有します。その上で、そのフレームワークをもとに、 社内で実践するための手ほどきを行います。
そして、後半2回では、「CSRマインド」の社内浸透のための 「インターナル・ブランディング」の要諦を指南し、そして、CSR・ブランドの‘社内伝道師(エバンジェリスト)’のための 実践的プレゼンテーション講座を実施します。 広告宣伝・ブランド・CSR分野における経験豊富な本講師 にしかできない、まさに日本で唯一の講座です。

全4回講座(2日間)
第1回 2013年5月25日(土) 10時−13時  
CSRブランディング実践講座〈エッセンシャル版〉

第2回 2013年5月25日(土) 14時−17時  
CSRブランディング‘実践コンサルティング道場’

第3回 2013年5月26日(日) 10時−13時  
戦略的‘社内浸透’術!「インターナル・ブランディング」の要諦

第4回 2013年5月26日(日) 14時−17時  
CSRマインドを醸成させる‘社内浸透’プレゼン講座

日時
   2013年05月25日(土) 10:00〜13:00(受付開始 9:45) 他3回
場所
  社会起業大学
定員
   10名
締切
  定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。
費用
  78,000円 (申し込みを受け付け後、事前にお振り込みをいただきます。)


投稿者: sva 投稿日時: 2013-4-5 13:56:48 (324 ヒット)

やってもやっても終わらない仕事、
日々大量に来るメール、
更新しても減るどころか増え続けるTodoリスト…。

仕事を効率的にこなしたい。でもどうすれば?

今回は、GRASSが1月に開催したキャリアマネジメントの講座で
特定非営利活動法人エイズ孤児支援NGO・PLASの門田瑠衣子さんから
残業時間を減らしながら、社会へのインパクトを高める話が大好評。
参加者からの猛烈なリクエストを受けて開催する特別企画!

門田さん自身も団体を立ち上げた当初から数年間は、
毎日1時、2時まで仕事だったそう。
現在は、昨年度の残業時間が“12時間(!)"という激的変化を生んだ
「タイムマネジメントの極意」を、お話しいただきます。


●日時: 2013年4月17日(水)19:00--20:30

●会場: 協働ステーション中央
中央区日本橋小伝馬町5-1 十思スクエア2階
http://www.genki365.com/chuoku/cs-c/img/map_b.jpg
東京メトロ日比谷線「小伝馬町駅」4番出口より徒歩3分

●対象: NPO・NGOのタイムマネジメントを改善したいと思っている方
非営利組織のタイムマネジメントに関心のある方

●ゲスト:門田 瑠衣子(もんだ るいこ)
特定非営利活動法人エイズ孤児支援NGO・PLAS 代表理事
2006年、明治学院大学大学院国際学修士課程修了。
2005年、在学中にケニア共和国でのボランティア活動に参加。
それをきっかけに、2005年にエイズ孤児支援NGO・PLASの設立に携わり、
同団体事務局長を経て、現在代表理事を務める。

特定非営利活動法人エイズ孤児支援NGO・PLAS
http://www.plas-aids.org/


●参加費: 1,500円
(PLASのFacebookページを「いいね!」した画面を受付で見せると、500円サービスします)
http://www.facebook.com/NGOPLAS

●申込: 下記のURLからお申込み下さい。
http://kokucheese.com/event/index/83748/

●問合せ: GRASS(持続可能なNPOスタッフのための相互扶助の会)
E-mail : grass.office@gmail.com

●主催: GRASS(持続可能なNPOスタッフのための相互扶助の会)
http://blog.canpan.info/grass/
http://www.facebook.com/groups/grass.npo

●協力:特定非営利活動法人エイズ孤児支援NGO・PLAS
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
特定非営利活動法人NPOサポートセンター


投稿者: acc21 投稿日時: 2013-4-5 13:50:44 (453 ヒット)

 公益信託アジア・コミュニティ・トラスト(ACT)は、アジア諸国の民間の自助努力に対して民間レベルで協力するために、1979年に設立された日本で最初のコミュニティ型の公益信託です。ACTは、個人、団体、企業等によって設定された特別基金を基礎に、アジア各国の現地NGOや教育機関などの事業を支援しています。

 2012年1月に設定された「アジア留学生等支援基金」(以下、「本基金」とする)は、日本の大学に在籍するアジアからの留学生(正規の大学生・大学院生)が日本の民間非営利組織等におけるインターンシップを通して、大学では得られない経験(日本社会の新しい動きや課題に取り組む現場での体験、地域社会の人々との直接的な交流等)をし、日本理解を深め、そして将来、留学生がインターンシップで習得した知見または技能を母国の社会で活用し、社会開発事業等の発展に資することを目的の一つとしています。本基金の目的に基づき、ACTは、アジアからの留学生(大学生・大学院生)をインターンとして受入れ、体験学習の機会を提供する日本の民間非営利組織の事業を助成します。

 2013年度の「募集要項」、「助成申請書作成ガイドライン」などは、下記URLのトップページにてダウンロードできます。
申請書類の提出期限は、2013年5月31日(金)必着です。
 ⇒http://acc21.org/act/info/asip2013.html

助成事業概要

【助成対象団体】
対象団体は、次の要件を満たすものとします。
(1)社会開発等の公益活動に従事する国内の民間非営利組織であること。
(2)インターンを受入れ、指導する体制をつくることができること。
(3)団体としての活動実績が3年以上あること。

【助成対象事業】
 本基金は、アジアの開発途上国(DAC援助受取国*1)から日本に留学し、日本の大学に在籍する留学生(正規の大学生・大学院生)を対象に、NPO/NGO等の民間非営利組織が実施する社会開発事業等におけるインターンシップ・プログラムを対象とします。対象となる留学生は原則、1人/団体です。
 インターン候補の留学生は、貴団体がゞ疥戮梁膤悗覇団蠅気譴襪、ACT事務局が用意するインターン希望登録留学生一覧からお選びください。(ACT事務局ではインターンを希望するアジアからの留学生一覧を準備し、受入れを希望する団体に情報を提供するとともに、受入れを希望する団体の情報をインターン希望の留学生に提供し、希望者を募る紹介活動を行っております。紹介を希望される団体は「登録用紙(word)」2013年4月30日(火)までにお送りください。)
なお、留学生は入国管理局より「資格外活動許可証」を取得して下さい。

*1:アジアのDAC援助受取国は、カンボジア、ネパール、バングラデシュ、東ティモール、ブータン、ミャンマー、モルディブ、ラオス、パキスタン、ベトナム、インド、インドネシア、スリランカ、タイ、中国、フィリピン、モンゴル、マレーシア。(「アジア」は外務省の分類に基づく)

【助成対象期間】
 助成対象期間は、インターンシップ*2の実施期間の長短にかかわらず、原則として2013年8月1日から2014年3月31日までとします(助成金の交付は2013年8月初めになる予定です)。なお、インターンの助成対象日数は、原則として最大40日とします。(例:週3日で13週(約3.5ヶ月)も可能)

*2:インターン(留学生)の就労は、1週間で28時間以内、ただし、在籍する教育機関が学則で定める長期休業期間(夏季休暇等)にあるときは1週間で40時間以内(1日8時間以内)が「資格外活動許可証」で認められています(入管法第19条)。 なお、当基金では入管法上の責任は負いません。

【助成額】
1件当たり25〜45万円程度(募集枠25〜30団体、助成可能学は最大750万円)
助成対象となる経費の詳細については、募集要項(PDF)をご確認ください。

【完了報告】
インターン受入れ団体は、留学生のインターンシップ終了後2ヶ月以内に完了報告書(インターンの指導活動報告、会計報告、写真報告)とインターン日報を提出していだだきます。

【申請書等の提出方法】
 ACT所定の助成申請書フォーム(word)に沿って必要事項にご記入いただき、そのほか指定されている書類を添付のうえ、デジタル・ファイルの形でEメールによりお送り下さい。また、申請書類の原本を郵送でACT事務局に提出して下さい。

【申請書の提出期限】
2013年5月31日(金)
※Eメールでの申請の締切は2013年5月31日(金)正午
※申請書類原本の郵送は当日消印有効
※応募書類は返却しませんので、予めご了承ください。

【助成事業の選考】
 2013年7月初旬に予定されている公益信託アジア・コミュニティ・トラスト(ACT)運営委員会によって審議、決定されます。

【結果の通知と助成条件書の交換】
 2013年7月半ばまでに、選考の結果を通知します。助成決定を受けた団体とは、助成条件に関する協定書を交換します。

【お問合せ先・申請書提出先】
公益信託アジア・コミュニティ・トラスト事務局
〒113-8642 東京都文京区本駒込2-12-13 アジア文化会館1階 ACC21内
TEL: 03-3945-2615  FAX: 03-3945-2692
Eメールアドレス:asip-act@acc21.org
担当:西島 恵(にしじま・めぐみ)、アンガラ・グラディス


投稿者: oxfam_japan 投稿日時: 2013-4-5 11:18:05 (353 ヒット)

国際協力団体オックスファム・ジャパンは、世界90カ国以上で貧困を克服しようとする人々を支援し、貧困を生み出す状況を変えるために活動しています。


「オックスファム・トレイルウォーカー・ジャパン」は、小田原から山中湖の100kmを、48時間以内に、4人1チームでともにゴールすることを目指す国際協力イベントです。参加者へは、自らの体力に挑戦すると同時に、1チームあたり12万円以上の寄付金を集めて国際協力に貢献するというもうひとつの挑戦が用意されます。
世界各国で行われているトレイルウォーカーですが、日本では2007年より毎年開催され、
2012年は、148 チームが参加し、約3100万円の寄付金が集まりました。

次年度も2013年5月10日(金)から12日(日)の3日間、
「オックスファム・トレイルウォーカー・ジャパン2013」を開催させていただく運びとなりました。

イベントを成功へ導くためには、700名以上のボランティアの方々のご協力が必要となります。毎年、学生の方からご高齢の方まで多くの方よりご協力をいただいており、世界各国の参加者・ボランティアの方々と感動を共有されております。ボランティアの内容、活動地、活動時間には様々な種類がございまして、どなたにでもお気軽にご参加いただけます。

つきましては、ご多忙中のところ大変恐縮ではございますが、ボランティアスタッフとしてのご協力をいただけますよう何卒ご検討いただけますよう、宜しくお願い申し上げます。また、グループでのご参加も歓迎ですので一人でも多くの方にご参加いただけますよう周囲の皆さまへのお声かけもご協力いただけますよう、あわせてお願い申し上げます。
(なお、ご参加いただいたボランティアの皆さまへは大会記念Tシャツを差し上げております。)


ご協力を賜るにあたり、活動場所と活動内容を下記の通りご案内させて頂きます。
希望の地域、内容がありましたら、お問い合わせ・ご登録の際に選択していただけますようお願いいたします。
ボランティアの登録に関しましては、オックスファム・ジャパンの下記ホームページにて随時受け付けております。
http://www.trailwalker.jp/volun/cat62/

私共もイベントの主催者として、
ボランティアの皆様にも充実した達成感が得られますよう、
尽力して参る所存でございますので、
ご協力の程、何卒宜しくお願い致します。
またご不明な点などございましたらご気軽に事務局までお問い合わせください。

・================================================================
【オックスファム・トレイルウォーカー・ジャパン2013】2013年5月10日(金)〜5月12日(日)

□活動場所
◆START: 城山陸上競技場 神奈川県 小田原市
※(稼働時間10日(金)06:00〜10:00)

◆CP1: 阿弥陀寺 神奈川県 箱根町
            ※(参加者通過ピーク時間10日10:00〜同13:00)

◆CP2: 芦之湯フラワーセンター 神奈川県 箱根町
            ※(参加者通過ピーク時間10日12:00〜同16:00)

◆CP3: 恩賜箱根公園 神奈川県 箱根町
            ※(参加者通過ピーク時間10日14:00〜同18:00)


◆CP4: 芦ノ湖キャンプ村 神奈川県 箱根町
          ※(参加者通過ピーク時間10日16:00〜同22:00)

◆CP5: 大雄山最乗寺 神奈川県 南足柄市
             ※(参加者通過ピーク時間10日22:00〜11日11:00)

◆CP6: 矢倉沢公民館 神奈川県 南足柄市
             ※(参加者通過ピーク時間11日04:00〜同13:00)

◆CP7: ふじみセンター 静岡県 小山町
             ※(参加者通過ピーク時間11日07:00〜12日0:00)

◆CP8: 明神峠 静岡県 小山町
             ※(参加者通過ピーク時間11日14:00〜12日04:00)

◆FINISH: YMCA山中湖センター 山梨県 山中湖村
             ※(参加者通過ピーク時間12日0:00〜同9:00)

より有意義なボランティア活動を行っていただくため、また、参加者の方へスムーズなサポートを提供するために、
各CPの参加者通過ピーク時間を参照いただき、できる限りピーク時間にご協力いただけるようお願い申し上げ
ます。ピーク時間以外の時間帯の活動も可能ですが、シフト作成の際に、活動場所や時間について事務局よりご相談させていただくことがございます。



□活動内容(一般ボランティア)
◆給水・フード:
各チェックポイントに待機し、 飲み物や食べ物の準備や参加者への提供を行います。

◆計測:
各チェックポイントにおいて、チームの通過時刻の計測を行います。
また、リタイア希望のチームもしくはチームメンバーのリタイア処理を行います。

◆誘導:
参加チームがチェックポイントの位置、サービスが平等に受けられるように
誘導サイン及び声掛け等で案内を行います。

◆ルートマーカー:
参加チームが安全にコースを歩行できるように、
またコース上で何か問題が発生した場合に発生場所の場所を
正確に把握できるように指示書に従いマーカーを設置します。
※ルートマーカーは、イベント約2・3日前週にマーカーの取り付けを行います。




□活動内容(専門ボランティア)
◆パトロールウォーカー:
最終チーム前方からコースの逆方向へ歩行をし、安全管理を行います。

◆ラストウォーカー:
最終チームが各チェックポイントを通過・出発後、
最終チーム後方を歩行し、安全管理を行います。

◆医療サポート:
主に参加者への応急手当(まめの処置など)を行います。
また、チェックポイントでの傷病者発生やエマージェンシーコール(本部スタッフ)へ
入電の場合に、救急搬送等の判断を行います。

・====================================================


▽2012年イベントの写真はこちらから!▽
https://picasaweb.google.com/105903176262303018408/OxfamTrailwalkerJapan2012?authkey=Gv1sRgCJqUo8erstSuyAE&feat=flashalbum#

▽オックスファム・トレイルウォーカー・ジャパンについてはこちら▽
http://trailwalker.jp/index.htm

▽2012年イベントのブログはこちら▽
http://oxf.am/3Ar

▽2012年参加者の声はこちら▽
http://www.trailwalker.jp/2012/11/2012_7.html



投稿者: jacses 投稿日時: 2013-4-5 11:15:15 (294 ヒット)

「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
事務局パートタイムスタッフ募集

NPO法人「環境・持続社会」研究センター(JACSES)では、事務局業務(企画運営・資金調達等)を担うパートタイムスタッフを募集します。NGO・NPO活動に熱意を持ち、明快なビジョンのもとに、積極的な行動力を持っている方のご応募をお待ちしています。

◆業務内容
1. 企画運営業務(セミナー・研修等の運営)
2. 資金調達業務(助成金申請・受託事業応募・寄付募集等)
3. 広報業務(パンフ・冊子等の作成)
4. その他、団体運営に関わる業務

◆応募資格
1. 環境・社会問題の解決に向けた熱意と行動力を持っていること
2. 論理的思考に基づいた文書作成ができること
3. 円滑なコミュニケーションができること
4. 少なくとも1年程度業務を続けられること

◆勤務体系・待遇
1. 勤務日:平日週3日程度(1日7時間程度)(試用期間3か月)
2. 給与:時給1000円以上、交通費支給(委細面談)
3. 勤務地:東京
4. 募集人数:1名

◆応募方法
以下の書類を電子メールにてお送りください。募集の締め切りは特に設定しておりません。決定次第、募集を終了させて頂きます。なお、頂いた応募書類は返却しませんので、あらかじめご了承ください。
1. 履歴書・職務経歴書
2. 小論文(テーマ「JACSESでの事務局業務<企画運営・資金調達等>を通じて達成したいこと」A4一枚内)
3. その他、実績を判断できる文書(任意)

◆選考方法
書類選考の後、当センター事務所にて面接を行わせて頂きます。これらの結果を総合的に判断の上、最終選考結果をお知らせ致します(合否に関する電話でのお問い合わせには対応しておりません)。

◆書類送付先・お問合せ先
特活)「環境・持続社会」研究センター(JACSES) 担当:足立・田辺
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2-3-2 三信ビル401
Tel: 03-3556-7323 Fax: 03-3556-7328
E-mail: jacses@jacses.org
URL:http://www.jacses.org


投稿者: galileo 投稿日時: 2013-4-5 0:33:15 (300 ヒット)

国内外を含む、具体的な求人情報も開示。
講師が持つ素晴らしいコネの数々、みんなで使いませんか?
ノーベル平和賞候補者スラク氏とお友達、
国連関係者は当たり前、日本福祉の父 福井達雨氏や
日本有機農業界のNO.2橋本さんとも30年来のお付き合い。
福祉、国際機関、農業にまつわるコネはたくさん。
このセミナーで、あなたの未来を掴んで下さい!

☆会話形式であなたの将来の方向性を探っていきます☆

---------------------------------------------------------------
炎の国際就活セミナー★2日で海外勤務へのパスポートをGET!
留学経験も海外滞在経験も関係なし。ウルトラCから攻めよう。
世界一のホテルで営業支配人を務めた講師が、そのコツ語りつくす!
---------------------------------------------------------------

☆4/13-14,20-21,27-28
いずれもこのURLからお申込みOK☆

第一弾
2013年4月 13日(土)〜14日(日)
★4月13日は18時より神戸で国際協力セミナー★
詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/80786/

第二弾
2013年4月20日(土)〜21日(日)

第三弾
2013年4月27日(土)〜28日(日)


時 間 :10:00-17:00 (途中での入退室OK)
会 場 :神戸元町オフィス
地 図 :http://galileoclub.org/access.shtml
アクセス:JR/阪神 元町駅から徒歩3分
     阪急三宮からは歩いて10分

参加費 :1日のみ 一般  2500円 学生  2000円
     3日通し 一般  6000円 学生  5000円
     5日通し 一般  9000円 学生  8000円 

学生さんは、当日学生証をお持ち下さい。
指導を受けるため東京や九州と、熱い参加者が集まります。
今までに6000 人 以上の方が このセミナーを受講!

□■国際就活で一番求められる力とは?■□

留学経験や語学試験のハイスコア ・・
と思いがちですが、実は全く関係ありません。
大切なのはhow to より what to.
あなたのwhat to に磨きをかけるセミナーです。

就職活動では「この人となら一緒に働きたい!!」
「この人だったらうちで大きな業績を残してくれるはず」
と相手に思わせるヒューマンスキルが一番大切。
しかし、そう言ったスキルを大学や本、 ネットの情報で養うことは難しい。
だから、このセミナーで磨いて下さい。

外資系、国際機関での勤務経験を持つ講師は
元世界一のホテルの営業支配人。
ゲストの心をギュッとつかむ技に関しては金メダル級。
講師の指導のもと、あなたの人間力を高めていくセミナーです。

そして、そのような高い人間力を持った人たちには
明確な「幸せ感」や「職業観」、そして 「人生の目的」があります。
まずはここを明らかにすることから始めてみませんか。

【セミナーの中身をちょこっと公開】

まず、一日目は、 色んな人の幸せの形を見るため外もまわります。
60年コロッケをあげ続けている川村名人、
有機のお百姓さん、建築家の安藤忠雄氏、
GNHのブータン留学生、NGO のボスや国連職員へのインタビュー・・・
途中、神戸大学の留学生との交流会もあります。

講師と、幸せな人たちとの会話を、 世界一のケーキ屋さんや、
Exileのやっている中華料理屋さん、
海の見えるカレーうどん (220 円) 屋さんで、
また、一瞬で人の心をつかむ会 話の 技術も盗んでください。
これが盗めれば、日本のみならず世界で通用する実力になるからです。

2日目は「会社」以外の就職。
たとえば、海外のNGOや日本にあるそれぞれの事務所。
これからは農業だと思っているので、
そういう意味での第1次産業やコラボする第6次産業。
街中の素敵な人がやっていることごと。
その先には具体的な求人情報を開示します。

なかなか就活が上手く進まな い・・ と言うあなた。
今からでも大丈夫。 セミナー参加者は以降の就活においても
就職が決まるまで必ずフォローしますので安心してお越しください。

講師に個別相談も出来ます!
履歴書の添削や面接の練習もサポートさせてい ただきますので
気軽にリクエストしてくださいね。
--------------------------------------------- 
【国際機関就職は当たり前。セミナー受講生の今】
---------------------------------------------

今年、社会人3年目になるエアコン博士。

同志社出身の彼の内定が決まったのは、なんと3/31でした。
彼が、ここのセミナーに来たのが正月明けの就活セミナー。
本人も、さぞかしドキドキしていたことでしょう。

「いや〜、この間飲み会の席で課長に、思わず
『言ってることおかしくないですか?』言うてしまったんですけど、
思ってることをはっきり伝えたほうが信頼してもらえると思います」

今は、世界的なエアコンメーカーで、東京へ海外へととても忙しく働いており、
今年からは2千億円プロジェクトのメンバー入りを果たしました!
チームでの存在感も抜群、後輩からも慕われる頼れる先輩です。
 
続いて、同じく今年社会人3年目になるうどん姫。

彼女は、就活の序盤は苦戦していましたが、このセミナーの
あることがきっかけで、がらっと、変ったのです。
本人の持つ空気が変わり、講師からも「もう、就職できるよ」 ・
2週間後 見事に内定 その後は内定の嵐!

今はメーカーで営業を担当。
通訳でシンガポール出張に行ったり、何だりと大忙し。
人間関係がとても良い会社で、毎日エンジョイしています。

「講師の指導のおかげで、今は学生時代のときからの希望の仕事が出来ています。
 本当に毎日とても楽しいのですが、社会人になって、改めて
 その人が幸せな人生を送ることと、やっている仕事の内容は
 全く関係ないと言うことがわかりました。
 働くにしても、生きていくにしても、自分の哲学がある人になりたくって、
 今もセミナーで勉強させてもらっています。」

他の人が気付かないところにも
細やかな機転が利くうどん姫は会社でも人気者。

こんなキラキラした社会人になりたいですよね!
では、ぜひセミナーにお越しを・・・

 
--------------------------------------------------------
就活ナビゲーター☆ 浅井一正
--------------------------------------------------------
赤十字よりインドシナの難民キャンプ視察
戦場カメラマン(京王デパートで個展開催)を経て
日本最古級NGO JVCの創設に関わり、
その後、世界ホテルランク 第1位 に 輝く 
バンコク オリエンタルホテル 営業支配人に転職
在任中は 世界ホテルランク 1位 を積み重ねる。

ユネスコ、ユニセフ、セイコーエプソン、小林製薬、を袖に振り、
CANONの社長は義兄、EMIの社長は友人で、 三菱商事の副社長も学友、
みんなの党 代表 渡辺喜美は 大学のクラスメート。
このコネ、みんなで使いませんか?

大企業の面接官として 過去何万人もの面接を担当した経験から
独自の戦略を指南。
「受かる会社」ではなく「やりたい仕事」を軸にした就活へ!
セミナー参加者には、 以降の就活においても
適切なアドバイスを与え、 必ず 
内定がもらえるまでフォローいたします。 (講師 談)

--------------------------------------------------------
【就活セミナー申込み】
--------------------------------------------------------
1.名前
2.住所
3.電話番号
4.メルアド
5.学校や仕事について
6.〜に興味がある、やってみたい など
7.制約がなかったら何がしたい?
8.参加希望日(連続で参加されれば参加費も割引!)
以上の項目を添え info@galileoclub.orgまでお申し込み ください。

○お電話はこちら○
090-1718-0625(担当:加藤) 

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■自分を磨くイベント速報■
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

土曜は神戸で駅前留学☆Language cafe 神大留学生との交流会
★詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/34555/

国際NGOお仕事サポート隊募集
★詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/47040/

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〒650-0022 神戸市中央区元町通2−4−5
ガリレオクラブインターナショナル
http://galileoclub.org
info@galileoclub.org
090-1718-0625 加藤

■講師ブログ「神戸名物」
 http://zenpukudo.tea-nifty.com/
□Twitter 地球を動かす!をモットーに発信中。
 http://twitter.com/#!/galileoofficial
■Facebook Page  Click☆「いいね!」
 http://p.tl/BTyk
□mixi
 http://mixi.jp/view_community.pl?id=5272424
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





投稿者: galileo 投稿日時: 2013-4-5 0:31:47 (194 ヒット)

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
第31回 あすを見つけるための国際協力セミナー 

    「国際協力のプロフェッショナル養成セミナー」

UNICEF,UNESCOを袖に振った国際ボランティアのパイオニアが語る!!
現場の話から人生の目的に迫る―心が震える講演の数々をお届け!

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

■2013年4月13日(土)
■時 間 :18:00-21:00
■会 場 :ガリレオクラブ神戸元町オフィス
■地 図 :http://galileoclub.org/access.shtml
■アクセス:JR/阪神 元町 駅から徒歩3分
       阪急三宮からは歩いて10分
■参加費 :食事つき 一般 1500円 学生 1200円
    

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆どんな話が聞けるの??◆◆
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「講師からしか」聞くことの出来ない
選りすぐりの話をご用意してお待ちしています!
人生を心豊かに生きるメッセージがたっぷり。
国際協力の仕事にかける講師のパッションを感じてください!

・バンナムヤオ難民キャンプでの一夜の出来ごと
・目の前のことに目を向け、社会と関わろう!国際協力と国際福祉のお話
・人生における成功とは?現場での活動から見えてきた人生の目的

講演の内容は参加者の興味によって
組み立てられるので内容は当日までのお楽しみ♪

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆話を聞くだけで終わらない!!―今あなたに出来ること◆◆
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

国際協力の現場にいきたい!!
でも、その前に、今すぐ出来ることがこんなにあるんです。

・裁判の傍聴に行ってみよう
・ホームレスの人へのお弁当配り
・小規模作業所さん訪問
・タイ 子ども図書館スタディツアー 絵本と笑顔を届ける旅へ
・国王関係者をお招きしたブータン勉強会

まだまだここには書ききれないほど
たくさんのプロジェクトを抱えています。
興味のある人はお話しましょう!
一緒に活動できるのを楽しみにしています。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
◆◆ユニークなキャリアを開拓しているOB/OGは国内外で活躍中◆◆
  国際機関への就職は当たりまえ、他にもこんなメンバーが!!
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

・たまねぎ王子は農学の勉強に励む大学生でしたが、
 セミナーをきっかけに東北ボランティアへ。
 そこで開眼し、戻ってからは高野山で修行に励む。
 今は淡路島のお寺で若き美坊主として活躍しておられます。
・おりねさんはフィジー留学、メーカー勤務を経て
 いよいよ国際協力の現場に!
 実家の金沢から大阪のセミナーまで毎回駆けつけてくれました。
 今は某国際機関でめきめきキャリアを積んでいます。
・ツバルが大好きなかっちゃんは、二年間に渡る延べ30回のセミナー皆勤賞。
 その間、大学在学中に2度に渡るツバル派遣を経験。
 ツバル好きが高じて、見事卒業後の海外赴任を勝ち取りました。

次はあなたが続いて下さい!

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
講師紹介 ガリレオ代表  浅井 一正
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
27歳の時に日本赤十字社の要請により、
インドシナ難民救済のためタイへ赴任。
東南アジアの国境付近で、「凄腕の調達屋」として大活躍。
現場でもみんなに一目置かれていた伝説の存在。

日本のNGO活動の先駆者でもあり、
日本最古級のNGO,JVCの創設メンバー。
難民キャンプで大活躍の後、UNESCO,UNICEFを袖に振り、
世界ホテルランキング一位に輝くバンコクオリエンタルホテルで
営業支配人に就任。在任中は世界一を積み重ねる。

現在は日本の若者に元気を取り戻すべく、日々熱烈指導中。
また、若者の良き人生相談役でもある。
「リクルートスーツを着ない就職活動」や
「会社を辞めてでも働きたい国際機関」など、
独自の人生戦略を説き、多くの人々に助言と勇気を与え続けている。


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
■申し込み方法
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

■1.お名前
■2.住所
■3.電話番号
■4.メールアドレス
■5. 自己紹介 (学校や仕事について 学年や専攻も教えて下さい。
  その他に、興味があること、やってみたいことは何ですか?)
■6.何の制約もなかったら、 何がしたい人ですか?
■7.参加日
  を添えて info@galileoclub.orgまで、お申し込みください。

○○お電話での予約・お問い合わせはこちら
090-1718-0625(担当:加藤) 

◆◆自分を磨くイベント速報
・毎土曜 神戸大留学生との交流会
http://kokucheese.com/event/index/34555/

・随時 国際NGOお仕事サポート隊募集
http://kokucheese.com/event/index/47040/

〒650-0022 神戸市中央区元町通2−4−5
ガリレオクラブインターナショナル
http://galileoclub.org
info@galileoclub.org
090-1718-0625 加藤

■講師ブログ「神戸名物」 人にとって大切なものは何か?
 http://zenpukudo.tea-nifty.com/
■Twitter  地球を動かす!をモットーに発信中。
 http://twitter.com/#!/galileoofficial
■Facebook Page  Click☆「いいね!」
 http://p.tl/BTyk
■mixi
 http://mixi.jp/view_community.pl?id=5272424


投稿者: galileo 投稿日時: 2013-4-5 0:02:34 (204 ヒット)

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
第31回 あすを見つけるための国際協力セミナー 

    「国際協力のプロフェッショナル養成セミナー」

UNICEF,UNESCOを袖に振った国際ボランティアのパイオニアが語る!!
現場の話から人生の目的に迫る―心が震える講演の数々をお届け!

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

■2013年4月13日(土)
■時 間 :18:00-21:00
■会 場 :ガリレオクラブ神戸元町オフィス
■地 図 :http://galileoclub.org/access.shtml
■アクセス:JR/阪神 元町 駅から徒歩3分
       阪急三宮からは歩いて10分
■参加費 :食事つき 一般 1500円 学生 1200円
    

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆どんな話が聞けるの??◆◆
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「講師からしか」聞くことの出来ない
選りすぐりの話をご用意してお待ちしています!
人生を心豊かに生きるメッセージがたっぷり。
国際協力の仕事にかける講師のパッションを感じてください!

・バンナムヤオ難民キャンプでの一夜の出来ごと
・目の前のことに目を向け、社会と関わろう!国際協力と国際福祉のお話
・人生における成功とは?現場での活動から見えてきた人生の目的

講演の内容は参加者の興味によって
組み立てられるので内容は当日までのお楽しみ♪

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆話を聞くだけで終わらない!!―今あなたに出来ること◆◆
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

国際協力の現場にいきたい!!
でも、その前に、今すぐ出来ることがこんなにあるんです。

・裁判の傍聴に行ってみよう
・ホームレスの人へのお弁当配り
・小規模作業所さん訪問
・タイ 子ども図書館スタディツアー 絵本と笑顔を届ける旅へ
・国王関係者をお招きしたブータン勉強会

まだまだここには書ききれないほど
たくさんのプロジェクトを抱えています。
興味のある人はお話しましょう!
一緒に活動できるのを楽しみにしています。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
◆◆ユニークなキャリアを開拓しているOB/OGは国内外で活躍中◆◆
  国際機関への就職は当たりまえ、他にもこんなメンバーが!!
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

・たまねぎ王子は農学の勉強に励む大学生でしたが、
 セミナーをきっかけに東北ボランティアへ。
 そこで開眼し、戻ってからは高野山で修行に励む。
 今は淡路島のお寺で若き美坊主として活躍しておられます。
・おりねさんはフィジー留学、メーカー勤務を経て
 いよいよ国際協力の現場に!
 実家の金沢から大阪のセミナーまで毎回駆けつけてくれました。
 今は某国際機関でめきめきキャリアを積んでいます。
・ツバルが大好きなかっちゃんは、二年間に渡る延べ30回のセミナー皆勤賞。
 その間、大学在学中に2度に渡るツバル派遣を経験。
 ツバル好きが高じて、見事卒業後の海外赴任を勝ち取りました。

次はあなたが続いて下さい!

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
講師紹介 ガリレオ代表  浅井 一正
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
27歳の時に日本赤十字社の要請により、
インドシナ難民救済のためタイへ赴任。
東南アジアの国境付近で、「凄腕の調達屋」として大活躍。
現場でもみんなに一目置かれていた伝説の存在。

日本のNGO活動の先駆者でもあり、
日本最古級のNGO,JVCの創設メンバー。
難民キャンプで大活躍の後、UNESCO,UNICEFを袖に振り、
世界ホテルランキング一位に輝くバンコクオリエンタルホテルで
営業支配人に就任。在任中は世界一を積み重ねる。

現在は日本の若者に元気を取り戻すべく、日々熱烈指導中。
また、若者の良き人生相談役でもある。
「リクルートスーツを着ない就職活動」や
「会社を辞めてでも働きたい国際機関」など、
独自の人生戦略を説き、多くの人々に助言と勇気を与え続けている。


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
■申し込み方法
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

■1.お名前
■2.住所
■3.電話番号
■4.メールアドレス
■5. 自己紹介 (学校や仕事について 学年や専攻も教えて下さい。
  その他に、興味があること、やってみたいことは何ですか?)
■6.何の制約もなかったら、 何がしたい人ですか?
■7.参加日
  を添えて info@galileoclub.orgまで、お申し込みください。

○○お電話での予約・お問い合わせはこちら
090-1718-0625(担当:加藤) 

◆◆自分を磨くイベント速報
・毎土曜 神戸大留学生との交流会
http://kokucheese.com/event/index/34555/

・随時 国際NGOお仕事サポート隊募集
http://kokucheese.com/event/index/47040/

〒650-0022 神戸市中央区元町通2−4−5
ガリレオクラブインターナショナル
http://galileoclub.org
info@galileoclub.org
090-1718-0625 加藤

■講師ブログ「神戸名物」 人にとって大切なものは何か?
 http://zenpukudo.tea-nifty.com/
■Twitter  地球を動かす!をモットーに発信中。
 http://twitter.com/#!/galileoofficial
■Facebook Page  Click☆「いいね!」
 http://p.tl/BTyk
■mixi
 http://mixi.jp/view_community.pl?id=5272424


投稿者: PARC 投稿日時: 2013-4-4 21:06:09 (329 ヒット)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
2013年度 PARC自由学校 全講座がウェブにUP&お申込みスタート!
  
http://www.parc-jp.org/freeschool/index.html ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

PARC自由学校は1982年にスタートしたオルタナティブな市民の学校です。
毎年開講し、今年で31年目を迎えます。これまでの受講生は7,000名あまり。
時代を先取りしたテーマで、普通の教育機関では味わえない講座を開いています。
参加者は年齢層も10代から70代まで幅広く、様々な職業の方々が集まり、新しい
出会いの場となっています。2013年度の32講座の申し込み受付がスタートします。
ぜひ皆様のご参加をお待ちしています!

●講座一覧はこちら→ http://www.parc-jp.org/freeschool/index.html
※ウェブサイトからお申込み・クレジット決済が可能です。またパンフレットの
ダウンロードも可能です。

【講座一覧】
★ことばの学校★
01. キムの英語で社会を変えよう!
−English for Creating Social Justice
02. ジェンスの英語で発信!
03. 世界のニュースから国際情勢を読み解こう
04. 武藤一羊の英文精読
05. はじめてのケチュア語―アンデス先住民の歴史と文化を学ぶ
06. きほんのビルマ語―変わる社会と人びとの暮らしを学ぶ

★世界の学校★
07. いのちと暮らしを支配する多国籍企業にNO!―グローバリゼーションを知るシネマ&トーク
08. お金をソーシャルに!
09. ビルマとミャンマーのあいだ―変わる社会とどう向き合うか
10. アフリカとわたしたち
11. 領土・国家・ナショナリズム―誰のための「安全保障」か
12. デモクラシーを求め、反乱する都市―テレビが伝えない世界の真実

★社会の学校★
13. シェアするライフスタイル―分かち合い社会の可能性
14. 現代社会を知るための10のキーワード
15. 戦後史の死角―隠された証言から未来を探る
16. 文系アタマで「科学」を考える
17. 放射能汚染時代を生きる―福島の「いま」と私たちの選択

★連続ゼミ★
18.  アベノミクスの仮面を剥ぐ!―超初歩からの3大経済学
19. アクティビストのためのソーシャルメディア講座
20. 映像を使って授業をつくろう
―持続可能な農業、漁業、働き方をテーマに

★環境と暮らしの学校★
21. 本気で縄文人!!
22. 日本酒で乾杯!―地域と人が醸す豊かな時間
23. コミュニティ・カフェをつくろう! ―あなただからできる、あなたらしい場づくり
24. まじめに10A(アンペア)!―地球と家計を守る豊かな生活術
25. 歩いて知ろうニッポンの胃袋の裏側―私たちを生かし、殺す、危ないシステム

26. 東京で農業!2013
27. 初めてのオーガニック2013

★表現の学校★
28. 抵抗の音楽 ―世界に響く闘いのリズム
29. 生きることは表現すること―アーティストと学ぶ、アートの歴史と創作ワークショップ

★特別講座★
社会にモノ言うはじめの一歩!〜活動家一丁あがり!〜
【労働と貧困】

★お昼の学校★
A. やってみよう!コーヒーアート―楽しくコミュニケーション
B. コミュニティ・カフェをつくろう!─ あなただからできる、あなたらしい場づくり

★国内ツアー★
復興支援ツアー 出会い、学び、参加する旅 石巻市北上町


【すべての講座のお問い合わせ・お申込み】
PARC自由学校
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455 FAX.03-5209-3453
E-mail: office@parc-jp.org
HP http://www.parc-jp.org/
Twitter:http://twitter.com/parc_jp
Facebook: http://www.facebook.com/parcfs


投稿者: unuias 投稿日時: 2013-4-4 15:39:22 (503 ヒット)

Responsibilities:
The Programme Support Assistant will be a member of a small interdisciplinary team of dedicated professionals, who have the ambition to make the ESD Programme an intellectual leader in the area of ESD.
In close collaboration with selected partner organizations and networks, especially RCEs and ProSPER.Net, the Programme Support Assistant will help provide analytical, administrative and programme support by facilitating communication among partners and networks of the ESD Programme, particularly regarding information, knowledge and experience, assisting team members in fostering collaborative culture among these partners and networks that include UNESCO, Ubuntu Alliance, international organizations and other UN agencies.

Reporting to the Programme Leader/Senior Fellow of the ESD Programme, the incumbent is expected to:
・Provide clerical support to the Programme Leader;
・Assist in organization and follow-up of conferences, workshops, seminars and other events under the ESD programme, including logistic and administrative aspects;
・Facilitate communication among partners and networks of the ESD programme;
・Assist in research activities, especially for the preparation of case studies on ESD; and
・Conduct other activities based on specific requests.

Required Qualifications and Experience:
・A university degree, in a field related to Education, Social Sciences, Development Studies, Environment, Sustainable Development, or Policy Studies;
・At least three (3) years of progressively responsible experience in a related area. Work experience in international organizations and promoting major international initiatives is an asset;
・Knowledge and experience of working with coordination and organization of conferences, logistical and financial arrangements, and ideally sustainable development related issues. Knowledge of the UN governance structure will be considered an added advantage;
・Knowledge of international educational development, ESD, international and comparative education and/or environmental education is a definite advantage;
・Good computer and organizational skills;
・Excellent communication skills with fluency in both oral and written English and Japanese. Knowledge of another UN official language is an asset.
・Excellent analytical skills as well as demonstrated ability to multi-task and to manage own workload and schedule to deliver timely results;
・A good team player with strong interpersonal skills demonstrated by the ability to work in a multicultural, multi-ethnic environment with sensitivity and respect for diversity.
Duration of Contract:
This is a full time employment on a one (1) year Personnel Service Agreement (PSA) contract with UNU, including a three-month probationary period, with the possibility for renewal subject to requirements and satisfactory work performance.
This is a locally recruited post; no relocation expenses or allowances apply. The successful candidate will be employed under a local contract and will not hold international civil servant status nor be a “staff member” as defined in the United Nations Staff Rules and Regulations. UNU does not sponsor a working visa for this position.
Applications from suitably qualified women candidates are particularly encouraged.

Starting Date:
It is expected that the appointee will take up the position as soon as possible.

Application Procedure:
Interested applicants should submit their applications, preferably by email (to recruitment@ias.unu.edu), and must include the following:
・a cover letter setting out how the qualifications and experience match the requirements of the position;
・a curriculum vitae and a completed and signed UNU Personal History (P.11) form downloadable from United Nations University website at http://unu.edu/about/hr. Please avoid using similar forms provided by other United Nations organizations;
・full contact information of three (3) referees (UNU-IAS will directly contact the referees in the event that the candidate is shortlisted);
・an indication of the reference number of the vacancy announcement (2013/UNU/IAS/PSA/PSA/20); and
・a brief resume in Japanese

Closing Date: 21 April 2013

Please see http://www.ias.unu.edu/sub_page.aspxcatID=55&ddlID=367

問合先:
国連大学高等研究所
電話 045-221-2300
Eメール recruitment@ias.unu.edu


投稿者: sva 投稿日時: 2013-4-4 14:01:03 (351 ヒット)

SVAでは以下の通り「NGO海外研修プログラム」の参加者を募集します(2013年4月現在、要項一部、変更の可能性あり)。

■目的
国際協力活動に関わろうと考えている方を対象に、SVAの海外事務所において研修をする機会を提供し、
国際貢献の担い手の育成を目指します。

■受入が可能な事務所、定員
1、受入事務所:カンボジア事務所(プノンペン)、ミャンマー(ビルマ)難民事業事務所(タイ・メーソット)
2、定員:カンボジア(4名)、ミャンマー(ビルマ)難民事務所(3名)

■受入期間
1、入期間は、原則として、7月--9月の間の4週間(但し、ご希望時期から多少の前後をお願いする場合があります。
ご相談させていただきますが、こちらの点はお申込み時に確認いただけますよう、お願い致します。)
2、入期間は、4週間ですが、希望者は研修を評価した上、最長で3ヶ月まで延長できます。
3、次回は2014年春季(2月--)頃を予定しておりますが、開催は未定です。2013年9月以降にウェブで告知予定です。

■説明会
日時:5月11日(土)13時半--16時半(最長17時まで)
場所:(公社)シャンティ国際ボランティア会東京事務所2階

2013年春季のプログラム参加者による報告会を行います。そして2013年夏季の説明の場とさせていただきます。
事前に1)お名前、2)ご所属、3)年齢、4)携帯電話番号を明記の上、電子メールにて下記へお申し込みください。
※説明会のお申し込み・お問い合わせ 海外事業課 電子メール:international@sva.or.jp

■募集日程
1、募集締切日:5月31日(金)必着(定員に達しない場合は数日延長の可能性あり)。
2、書類審査、面接:6月初旬に書類審査の結果をご連絡し、6月3日(月)--14日(金)までの間で随時面接を実施します。
 ※ご都合の良い日時をご相談させていただきます(書類審査に合格した方のみ)。
3、決定通知:6月14日(金曜日)までに結果をご連絡します。
4、事前研修会:2013年6月29日(土曜日)(予定) ※必ずご参加いただきます。
5、SVA東京事務所でのボランティア体験研修:2013年7月--8月中出発前の1日。 ※遠方の方は、可能な方のみ。
6、研修実施:2013年7月--9月の間
7、修了後活動報告会:2013年10月頃実施予定。

■応募資格
原則として応募は、以下の条件をすべて満たす方に限ります。
1、20歳以上30歳未満の方で、心身ともに健康で異文化の中で生活が可能であること。
(面接選考後、健康診断書を提出いただきます)
2、英語のコミュニケーション能力が、TOEFLスコア旧式450点以上、CBT126点以上、iBT45点以上、
TOEIC445点以上、IELTS4.5以上、英検2級程度以上のいずれかのレベルにある方か派遣国の言語能力があること。
3、パソコン能力(ワード、メール、エクセル等)をお持ちで自分のパソコンを現地にお持ちいただけること。
(研修生用のパソコンがないため)

■研修内容
各国事務所では、初等教育改善を中心に教育支援活動をしています。
原則として、スタッフのサポートとして活動に関係した業務をしていただきます。
ご参加者のご関心に合わせた調査活動を行うことはできません。
(事務所と現地での活動については、当会のホームページをご参照下さい)。

■参加費用(月額)
1ヶ月目 7万円/月
2ヶ月--3ヶ月目 5万円/月
【参加費用に含まれるもの】
海外事務所・東京事務所担当者間の連絡、調整費用、海外事務所の研修準備、交通・宿泊など受入全般の調整費用、
研修指導・助言に関わる費用、東京事務所での事前研修費。
※上記以外の費用(渡航費、派遣国国内交通費、海外旅行傷害保険、宿泊費、食費、語学研修費等)は自己負担となります。

■渡航、滞在に関して
1、渡航費は、時期によって異なりますので、旅行代理店などでご確認ください。
2、ビザの取得は、参加者各自で行っていただきます。
3、特定の宿泊施設はございませんので、事務所近くのホテル、ゲストハウスをご紹介致します。
4、1ヶ月の滞在費(食費、市内交通費、宿泊費)の目安は、以下のとおりです。
プノンペン(カンボジア):10万円
メーソット(ミャンマー難民キャンプ):7万円
5、海外旅行傷害保険には必ずお入り下さい⇒加入後、コピーをご提出いただきます。

■手続き
1)当会指定の申込み用紙にご記入いただき、添付ファイルにて下記宛先へ電子メールでお送り下さい。
(海外事務所へ送付するため)。*申込用紙は、当会HPからダウンロードするかメールでご依頼下さい。
2)お申込書とは別に、履歴書(指定なし、直筆、顔写真付き)と言語能力証明書のコピーを東京事務所まで郵送にてお送り下さい。
1)、2)の2点ともに5月31日(金)必着でお送りください。

■キャンセルに関する規程
お申し込み後に参加希望者のご都合にてキャンセルされる場合、下記のとおりキャンセル料を申し受けます。
当プログラムは「目的」にもありますように、参加をご希望いただくみなさまの意思を前提として成り立っているものです。
みなさまの受入にあたりましては、最大限のサポートをさせていただくために、書類審査段階から東京事務所及び
各海外事務所間において多くの調整・準備が発生致します。そのためのお願いとして何卒、ご了承ください。

1.書類審査合格後(面接前)のキャンセル:参加費の10%
2.面接後(最終合格通知前)のキャンセル:参加費の20%
3.最終合格通知後のキャンセル:参加費の50%
4.渡航前のキャンセル:参加費の80%

■ご質問、プログラム応募お申込先
当会の活動、過去の参加者の報告書については、ホームページをご覧ください。 http://www.sva.or.jp
電話:03-6457-4586
FAX :03-5360-1220
電子メール:international@sva.or.jp
〒160-0015
東京都新宿区大京町31 慈母会館2、3階
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
東京事務所 海外事業課 中原 宛

※ご応募の前に必ずこちらをご覧ください。
http://sva.or.jp/wp/?p=5737


投稿者: shapla 投稿日時: 2013-4-4 10:22:21 (343 ヒット)

フェアトレードのアーユルヴェーダ石けん「She with Shaplaneer」(シー・ウィズ・シャプラニール)の母の日限定パッケージ「She Mother Soap」は、ネパールのピュータンで女手ひとつで子どもを育てるため、お母さんたちが村で手作りしているフェアトレード石けんです。

「母の日」特別講座では、母から子への想いがこもった「She Mother」の生産者の暮らしや石けん作りに込めた想いなどをお伝えします。

今回の講座では、生産者の気持ちを体感できる工夫をしています。
フェアトレードや国際協力に興味のある方はぜひご参加ください。
お待ちしています。

【日時】4月27日(土)14:00〜16:00

【会場】早稲田スコットホールギャラリー
(東京都新宿区西早稲田2-3-1 早稲田奉仕園内)

※シャプラニール東京事務所と同じ建物です。
※構内案内図は以下のウェブサイトURLよりご覧いただけます。
http://www.hoshien.or.jp/map/map.html

【定員】20名
※必ずお申し込みください。先着順で受付します。定員になり次第、〆切ます。

【参加費】1,500円
※「She Mother Soap」をもれなく差し上げます。

【申し込み方法】
以下のお問い合わせ先まで、お名前とご連絡先(電話、E-mail)をご連絡ください。
メールでお申し込みの場合は、件名を「4/27 シャプラニール国際協力入門講座」としてください。

【後援】公益財団法人早稲田奉仕園

【主催・お問い合わせ】
(特活)シャプラニール=市民による海外協力の会
担当:京井
E-mail: seminar(アット)shaplaneer.org
TEL:03-3202-7863 FAX:03-3202-4593


投稿者: jummanet 投稿日時: 2013-4-3 21:21:54 (326 ヒット)

インド北東部からビルマ(ミャンマー)北西部の山岳地帯の先住民族「ナガ」。
古くから独自の文化と伝統的慣習の中で暮らしていましたが、イギリスが英領インドから
撤退後の1947年8月、あらゆる抗議や要請にもかかわらず国際社会から目を向けられる
ことのないまま、ナガの人びとの居住地はインドとビルマに分断・併合されることと
なりました。

これまであまり知られる事のなかったナガラド。
ナガの伝統的な生活や文化をお伝えするとともに、民族の分裂と和解へのプロセスなど、
ナガの人々がいま直面している問題に注目します。

日曜日の午後のひと時、オーガニックのトゥルシ茶(ハーブティ)を飲みながら、
先住民族が抱える問題にちょっとだけ目を向けてみませんか。


●日時:4月21日(日) 14時〜16時30分

●場所:アジア太平洋研究センター(CAPP)
     東京麻布台セミナーハウス 2F大研修室
      (東京都港区麻布台1-11-5)

●交通:東京メトロ日比谷線、神谷町駅1番出口より徒歩5分

●参加費:500円(オーガニック トゥルシ茶付き)

●お申込み、お問い合わせ
 ジュマ・ネット事務局
 Email:jummanet@gmail.com
 Tel/Fax:03-3831-1072
 ジュマ・ネットwebサイト

お気軽にご参加ください!


« 1 ... 89 90 91 (92) 93 94 95 ... 451 »
NGO network Japan 国際協力NGOネットワークジャパン リンクは自由です(連絡不要)  出所とリンクを明らかにすれば転載も大歓迎です  NGO network JAPAN