ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
投稿者: TOYOEIWA 投稿日時: 2014-10-6 17:23:29 (291 ヒット)

東洋英和女学院大学大学院では、2014年10月18日(土)13時より、国際協力研究科の入試説明・相談会を開催します。
個別説明会も行いますので、お気軽にご参加ください。
参加費は無料です。また事前のご予約は必要ありません。
詳細は、本学HPをご覧ください。


投稿者: HumanRightsNow 投稿日時: 2014-10-6 13:23:46 (298 ヒット)

【募集概要】
ヒューマンライツ・ナウの活動、ならびに「世界子どもの日」チャリティーウォーク&ランの大会主旨に賛同し、大会当日(11/16(日))の運営を積極的に担ってくださる方。

【当日ボランティアの仕事】
以下の役割からいずれかを担当していただきます。
・大会受付
・参加者誘導
・給水所準備
・写真撮影...等
※詳細は説明会にてお話しします。また、担当はご希望を考慮した上で実行委員にて決定いたします。

【今後のスケジュール】
11/1(土):ボランティア説明会 
11/9(日):皇居周辺現地レクチャー 
11/16(日):チャリティウォーク&ラン2014当日

【 条件 】 
・無給 (交通費支給なし)
・以下に参加できること
-ボランティア説明会(11/1) ※午後開催@都内を予定(詳細未定)
-現地レクチャー(11/9) ※午前開催@皇居周辺を予定
-大会当日(11/16) ※午前?午後1時頃まで@皇居周辺

【申し込み または お問い合わせ】
E-mail: run@hrn.or.jp (担当:浅井)
 
【こんな方、大歓迎!】
・チャリティーイベント、スポーツイベントの企画運営ご経験者。もしくは関心のある方
・ご自身がランナー、もしくはランニング大会の運営に関心のある方
・写真撮影ができる方
・フェイスペイントができる方
・バルーンアートができる方

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「世界子どもの日」チャリティーウォーク&ランは、
国際連合(国連)が1954年に制定した「世界子どもの日」によせて、
子どもたちのために、より安全で平和な世界を築きたい、
という想いを形にするイベントとして2010年から企画されました。

武力紛争、児童労働、人身売買。
世界では今も尚、深刻な人権侵害によって、
立場の弱い子どもたちが多く犠牲になっています。

家族や友人とスポーツを楽しみながら、世界の子どもたちのかけがえのない人権に貢献する。
そんなスタイルにご好評をいただき、
昨年は約400名のランナー・ウォーカーのご参加を頂きました。

◆大会公式HP
http://hrn.or.jp/run/

※今企画の収益は、HRNの「子どもの権利」をはじめとする、世界の人権保護活動に充てられます。


投稿者: HumanRightsNow 投稿日時: 2014-10-6 13:21:47 (189 ヒット)

毎年11月20日は、「世界子どもの日」。




国連が世界中の子どもたちの相互理解を促進し、

子どもたちの福祉を増進させることを目的として1954年に制定しました。




ヒューマンライツ・ナウは、この国際的な「世界子どもの日」を記念し、

チャリティーウォーク&ランを企画しました。




世界中では、今この瞬間にも、紛争・飢餓・人身売買・環境破壊・教育の

機会の剥奪などの被害にあっている子どもたちが多くいます。




子どもたちへの想いをウォーク&ランに変えて、

より安全で平和な世界を築きたいという想いを行動に移しませんか?




皆さまのご参加、お待ちしております!








大会公式ページはこちら    →http://hrn.or.jp/run/

Facebook ページも好評です!→http://www.facebook.com/CharityWalkRun2012







▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼







●開催日:2014年11月16日(日)午前開催 ※雨天決行




●開催場所:皇居周縁(集合・日比谷公園)




●種目: 5kmウォーク / 5kmラン / 10kmラン / 20kmリレー(4人一組)




●当日スケジュール(予定):

 開会式   5?ウォーク・20kmリレー 9:00 / 10?ラン・ 5?ラン  9:40

 スタート  5?ウォーク・20kmリレー 9:40 / 10?ラン ・ 5?ラン 10:20

 閉会式  12:00




※最終のスケジュール等の詳細は、大会当日の約2週間前にメールでお届けする

  参加通知書にてご確認ください。




●参加費用

 個人の部

  大人   5000円

  学生   2000円(中学生以上)

  小学生  1000円

  未就学児 無料

※小学生、未就学児は保護者同伴でご参加ください。




 リレーの部 

  大人 4名16,000円 / 学生 4名8,000円

※グループでお申し込みください。







☆参加者全員に大会オリジナルT シャツ、その他参加賞をプレゼントいたします。

☆先着50名様に、人気のランニングアプリ「Runtastic有料版」プレゼント実施中!




●申込期間:?2014年10月31日(金)まで




●申込方法:大会公式ウェブサイトよりご確認ください。

        →http://hrn.or.jp/run/




●主催:特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ




ヒューマンライツ・ナウ(HRN)は、

2006年に弁護士・学者・ジャーナリストなどが中心となり、日本国内に

発足した国際人権NGO団体です。世界の深刻な人権侵害に対して

現地調査・報告・アドボカシー を活動の柱としています。




※今企画の収益は、子どもの権利をはじめとする

HRNの人権保護活動に充てられます。







◆問合せ先◆

 ヒューマンライツ・ナウ事務局内

チャリティーウォーク&ラン大会実行委員会

  TEL:03-3835-2110 Email: run@hrn.or.jp

http://hrn.or.jp/run/


投稿者: JEEF 投稿日時: 2014-10-6 10:19:59 (422 ヒット)

日本環境教育フォーラムでは、2011年から、鶴の里として有名なブータンのポブジカでJICA草の根技術協力事業として、住民を中心とした観光開発を行ってきました。3年半実施してきたエコツーリズム開発事業が10月に終了します。

私たちは、ブータン国内のエコツーリズム開発のさきがけとして、地元出身のガイドの育成など、ブータン国内では初めての試みを実施してきました。
おかげさまで、20軒のホストファミリー、5名のローカルガイドが活躍し、ポブジカの湿地にはボードウォークやオグロヅルの観察小屋ができ、昨年6月からの1年間で約320名もの旅行者が滞在しました。

2部構成のこのイベントでは、まず今後、ブータン国内にエコツーリズムを根付かせていくために、今回の事業の成果について報告させていただきます。

続いての2部では、7月のセミナー参加者にご意見を頂戴した、お土産開発のその後について報告を行うと同時に、個性的なお土産たちを今後、誰に対して、どのように販売していくのかについて、意見交換を行う予定です。

ブータンに何度も行かれたことがある方も、これからぜひ訪れてみたいという方も是非お気軽にご参加ください。


--------------------------------
【プログラム内容】

<1部 事業終了時評価>

13:00 - 13:10 開会の挨拶 (JICA東京NGO連携課 福永 敬 氏:仮)
13:10 - 13:30 ブータンにおけるエコツーリズムの可能性(ブータン政府観光局日本事務所 能登 重好 氏:仮)
13:30 - 13:50 旅行会社から見たポブジカの魅力 (風の旅行社 原 優二 氏:仮)
13:50 - 14:10 ポブジカのエコツーリズム開発事業の成果と今後の展開 (JEEF 田儀 耕司)

14:10 - 14:30 休憩 

<2部 お土産開発結果報告・販売戦略ワークショップ>

14:30 - 15:00 ポブジカのお土産開発の成果 (JEEF 柴原みどり)
15:00 - 17:15 お土産品の販売戦略ワークショップ (JEEF 柴原みどり)
17:15 - 17:30 閉会の挨拶 


会場:渋谷区恵比寿西2-3-14 7階セミナールーム
http://www.fmics.org/map-ebisu.gif
(JR恵比寿駅徒歩約10分)

定員:50名程度

会費:1,000円(JEEF会員は無料)

お申込み:
Info-e@jeef.or.jp 宛に、タイトルに「11月8日のブータンセミナー参加希望」とご記入の上、氏名、ご所属先、連絡先(電話番号)、JEEF会員の有無を11月5日までにお申込み下さい。

お問い合せ先:
〒160-0022 新宿区5-10-15 ツインズ新宿ビル4 階
TEL:03-3350-6770 FAX:03-3350-7818 Email:info-e@jeef.or.jp
担当:田儀・柴原・原 URL:http://www.jeef.or.jp/


投稿者: shiho 投稿日時: 2014-10-5 19:20:49 (290 ヒット)

主催 NPO法人ぐーぐーらいぶ 
詳細 藤原亮司 現地報告会 ?ガザに生きる人々?

フォトジャーナリストの藤原亮司氏が10年以上に渡り取材を続けられているパレスチナ問題。益々状況は複雑化し、出口の見えない紛争へと発展を遂げている。そんな紛争地で生きていく人々の心に寄り添う取材は時にやさしく、時に残酷なまでの現実を映し出す。マスコミのフィルターを通しては伝わらない真実をお届けする現地報告会。今回はガザの今をお伝え頂きます。
 
講師 藤原 亮司 氏
フォトジャーナリスト(ジャパンプレス所属) 
1998年より、レバノン、ヨルダン、パレスチナ/イスラエルにてパレスチナ問題の取材を開始。以来、10年以上に渡り、パレスチナ問題を継続して取材している。他に、コソボ、アルバニア、アフガニスタンなどにおいて、民族紛争や難民問題を取材。国内では在日コリアンの暮しを記録し、東日本大震災、原発被害を取材し続けている。

【藤原亮司氏よりメッセージ】
イスラエルによって封鎖された、占領地ガザ。そこには自分の将来の選択さえ許されない約180万人の人々が暮らす。学校を出ても就くべき仕事はほとんどなく出国の自由もない。四方を海と壁、フェンスで閉ざされた狭い土地で日々をやり過ごし、老いてゆくだけの暮らし。停戦でガザにもたらされるものは、ただ人が死なないだけの“平和”にすぎない。



【主催団体より】
私どもNPO法人ぐーぐーらいぶは、格差のない社会づくりを目指し、『情報格差の是正』をミッションに、必要な方に必要な情報を届けるサポートとその場所づくりなどの活動を行っております。

本講演は昨年に続き2回目となりますが、フォトジャーナリストの藤原亮司さんが実際に目にした紛争地の今を伝えて頂くことで、より多くの方が社会の大きな課題である『紛争』についての現状を知り、考え、社会が好転するためのステップをふむきっかけとなればと思っております。

また、命がけで伝え続けているジャーナリストの方々の支援のきっかけの場ともなれば幸いです。

関心を持つこと、課題を共有し、共感すること。そして伝えること。誰もがどんな境遇や環境でも心豊かに過ごせるよう、できることからはじめませんか。皆さまのご参加をお待ち申し上げております。
 


---------------------------------------------------------------------
【開催概要】
---------------------------------------------------------------------
日時 2014年10月29日(水) 開演 19:00/終了予定 20:30

会場 中野区産業振興センター セミナールーム1
    東京都中野区中野2-13-14   Tel:03-3380-6946
    http://nakano-sangyoushinkou.jp/page01.html

参加費 一般1,000円 学生800円 (ぐーぐーらいぶ会員600円) 資料費込み
PeaTixにてチケット販売中  http://ptix.co/1xKgTRC

主 催 NPO法人ぐーぐーらいぶ  
     http://www.goo-goo-libe.jp/index.html[url= http://ptix.co/1xKgTRC]PeaTix[/url]


投稿者: galileo 投稿日時: 2014-10-5 15:55:45 (266 ヒット)

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第51回 あすを見つけるための国際協力セミナー

国際協力を夢見る人にとっての最重要セミナー。
現場一筋40年の講師が、心を込めて人生を語ります。

★なぜ最重要なのか?★
1.「エキスパートの頭の中」が明らかに!
   40年に渡る現場人生で積み上げてきた知見をおすそ分け。
   切り口は政治、科学、国際協力と様々ですが
   そこから大きなゴールにつながっていきます。
  「エキスパートだからこその多様な視点」 を、自分のものに!  

2.「人間は人間で磨く」がモットー。
   ダイヤモンドはダイヤモンドでしか磨けないように、
   人もまた、ステキな人と交わることで磨かれていきます。
   人間力は万国共通、一生モノのノウハウ。
   そのエッセンスを凝縮した二時間です。  

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日時:11月1日(土)18:30?21:00
会場:大阪駅前第二ビル5階 大阪市生涯学習センター
地図:http://www.osakademanabu.com/umeda/
最寄:JR/阪神 大阪/梅田駅から徒歩3分
雨でも、地下からそのままアクセスできます。
参加費:一般 700円 学生 500円(要学生証)

【申し込み:名簿を作成しますのでご記入お願いします】
1.お名前、住所、電話番号、メールアドレス
2. 仕事や専攻&興味があること
3.何の制約もなかったら、何がしたい人ですか?
4.セミナーをどこで知りましたか?
 (検索ワード、情報源のサイトを教えて下さい)
タイトルに「国際協力セミナー参加希望」の旨を添え、
info@galileoclub.orgまでお申込下さい。

追加のご予約・お問い合わせ
⇒090-1718-0625(担当 加藤)

★同日開催★炎の就活セミナー 
11/1?3 10:00?17:00 神戸開催
国際協力を仕事にしたい人必見!
詳細→http://tiny.cc/kii5mx
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 講師紹介 ガリレオクラブ代表 浅井一正
大学卒業後、フィリピンで駐在員デビュー。
27歳の時、日本赤十字社より難民キャンプ視察団に任命される。
日本最古級NGOの創設メンバーでもある。

国際機関から度重なるヘッドハンティングを受けるが、
世界ホテルランク一位 バンコク オリエンタルホテル 営業支配人に就任。
実業の世界でも手腕を発揮し、 在任中は世界ランク一位を積み重ねる。

現在は、日本初のライフストラテジストとして活躍中。
人生に迷える人たちに勇気とアドバイスを与え続けている。
紹介詳細⇒http://galileoclub.org/#koushi
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
終了後、懇親会♪追加講演もアリ!1100円(串カツ飲み物付き)
ひざつき合わせて、講師としゃべれますよ!!
参加の有無は当日お聞きします。
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★自分を磨くイベント速報★
10/25&26 炎の就活セミナー 10:00―17:00
「人間力の向上が全てに通ず!」神戸開催
詳細⇒http://tiny.cc/w6o6mx

■キャンセルポリシー
 ⇒http://galileoclub.org/#cancel
 二日前まででしたら、キャンセル料はかかりません。
 お待ちの方に席をお譲りするため、
 欠席される方は必ずご連絡下さい。

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〒650?0022 神戸市中央区元町通2-4-5
ガリレオクラブインターナショナル
http://galileoclub.org

■講師ブログ「神戸名物」 人にとって大切なものは何か?  
 http://zenpukudo.tea-nifty.com/  
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




投稿者: kamonohashi-pr 投稿日時: 2014-10-4 23:05:20 (232 ヒット)

インド現地の実態を
より深く追求したい方にオススメのイベントです




皆さまこんにちは。
かものはしプロジェクトのイベントページをご覧下さり、
誠にありがとうございます。

10月28日(火)に恵比寿で行われるイベント「かもトーク!」では、
"参加者の皆さんに子どもが売られる問題を知ってほしい"
そして"この問題は解決できるということを実感してほしい"
という想いから開催しています。

少人数制なのに加え、
イベント自体のお時間を1時間半と長く取らせていただき、
質問の時間も30分たっぷりとらせていただくので
普段よりもじっくり皆さんの疑問にお答えすることができます。

ぜひお気軽にお越し下さい!

かもトーク!お申し込みはこちら


かもトーク!概要

開催日時
2014年10月28日(火)
20:00?21:30

会場
かものはしプロジェクト恵比寿オフィス

東京都渋谷区広尾5-23-5 長谷部第一ビル402号

アクセス
東京メトロ広尾駅より徒歩7分
JR恵比寿駅より徒歩10分
※迷われた場合は電話にてご連絡ください!(TEL:03-6277-2419)

参加費
無料

当日のスピーカーとコンテンツ

共同代表の本木恵介が登壇し、
?子どもが売られてしまう問題の構造
?カンボジアでの12年間の取り組み
?インドでの問題の現状
?かものはしの戦略・運営方法
について具体的にお話させていただきます。

一年間インドに駐在し、
売春宿からの救出現場にも立ち会った本木だからこそ
語れる真実があります。

ご都合の宜しい方は、ぜひ足をお運びください。

かもトーク!お申し込みはこちら


投稿者: kamonohashi-pr 投稿日時: 2014-10-4 22:51:20 (236 ヒット)

月に一度開催の大イベント!!
かものはしの活動、その全てをこの場でお話いたします




2002年7月18日、 かものはしプロジェクトは設立されました。
全ての始まりは12年前、
大学生のときに「子どもが売られる問題」に出会った村田が、
「もっと皆にこの問題を知ってもらわないといけない」
その一心で自ら行動を始めたことがキッカケでした。

当日の活動説明会では、
『子どもが売られる問題』を始め、
12年間の活動内容、そしてそこから得た経験や学びを
ざっくばらんにお話します。

WEBだけでは知ることの出来ない現実が、そこにはあります。
ぜひ会場まで直接足をお運びください。

活動説明会お申し込みはこちら


活動説明会概要

日時
2014年10月22日(水)
開場:18:30 開始:19:00 終了:21:30
※講演会後の交流会は21:00~21:30を予定しています

会場
株式会社オウケイウェイヴ
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1?19?15 ウノサワ東急ビル5階

アクセス
JR山手線/埼京線/湘南新宿ライン恵比寿駅東口より徒歩3分
東京メトロ日比谷線恵比寿駅より徒歩5分

参加費
1000円
※交流会の参加は無料となっております


当日のスピーカーとコンテンツ

第一部:かものはしプロジェクト共同代表 村田による講演
子どもが売られる問題、かものはしが設立されたキッカケとなる出来事、
かものはしが設立されてから現在までのカンボジアでの取り組み、
そして活動当初から今まで変わらぬ"想い"をお伝えします。

第二部:広報・ファンドレイジングマネジャー 小畠による講演
最近活動を開始したインドでの取り組みを中心に、
インドの抱える、複雑に絡み合った社会的背景、被害に遭った女の子のストーリー
解決に向けてたかものはしの事業戦略、被害者に寄り添った支援内容など
幅広い視点からお話いたします。

交流会(任意参加)
飲み物を片手に、和やかな雰囲気の中でご歓談を楽しみましょう!
講演の中で疑問に思った点や、より深く知りたいという部分について、
直接スタッフと話すこともできますのでお気軽にご参加ください♪♪

当日皆さんにお会いできることを、楽しみにしております!!

活動説明会お申し込みはこちら


投稿者: galileo 投稿日時: 2014-10-4 15:32:15 (194 ヒット)

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
炎の就活セミナー 内定者続々!!
「世界一の営業力」を学び、超一流の人間力を身につけるプログラム。
日本初のライフストラテジストであり、社会企業家でもある講師が
心を込めて指導します!あなたの成長に投資する二日間。
受講後も、講師が責任を持って、内定めがけて徹底フォロー。
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
10/25(土)&26(日)10:00?17:00
会場:神戸元町オフィス
最寄:JR/阪神 元町駅西口から徒歩3分 阪急三宮から徒歩7分
地図:http://galileoclub.org/access.shtml

参加費        (要学生証)
1日のみ 一般2500円 学生 2000円
2日通し 一般4500円 学生 3500円

講師と会話をしながら進むセミナーです。街中へ出向くフィールドワーク型。
NGOのボスや職人さんなど、一流の方々にお会いします。
講演内容は、単なる就活ノウハウに留まりません!
「職業とは何か?」「幸せとはどういうことか?」
といった、とても大切なことを一緒に考えていきます。
国際機関や超有名企業へ内定を決めた受講生多数。
ここでの出会いが、あなたの人間力に磨きをかけます。

■講師 ガリレオクラブ代表 浅井一正
27歳のとき、赤十字より難民キャンプ視察団に任命。
日本最古級のNGO創設メンバーとして大活躍。
国際機関からのヘッドハンティング多数。
後に、実業の世界でも、世界ホテルランク 第1位 
バンコクオリエンタルホテル営業支配人に就任。
任期中は世界ランク一位を積み重ねる。
帰国後は、そのキャリアを活かし、若者たちの指導に全力を尽くしている。
講師紹介⇒http://galileoclub.org/#koushi
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★申込み★名簿を作りますのでご記入をお願いいたします。
1.名前、住所、電話番号、いつも使うメルアド
2.大学の専攻や仕事&興味があること、やってみたいこと
3.何も制約がなかったら何がしたい人ですか?
4.参加日(二日間の内容はつながっています。連続受講がおススメ!)
5.セミナーをどこで知りましたか?
 (検索ワードや情報源のサイトを教えて下さい)
以上を添えinfo@galileoclub.org まで。

◆追加の予約やお問い合わせ
090-1718-0625(担当:加藤)

★自分を磨くイベント速報★
11/1(土) 第51回 国際協力セミナー@大阪
国際協力したい人のための最重要セミナー
詳細→http://tiny.cc/evyxmx

11/1(土)?3(日) 炎の就活セミナー@神戸
人間力の向上が全てに通ず!
詳細→http://tiny.cc/kii5mx

■キャンセルポリシー
http://galileoclub.org/#cancel  
2日前まででしたらキャンセル料はかかりません。
お待ちの方に席をお譲りするため
欠席される場合は必ず事前にご連絡下さい。  

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〒650-0022 神戸市中央区元町通2?4?5
ガリレオクラブインターナショナル
http://galileoclub.org

■講師ブログ「神戸名物」 人にとって大切なものは何か?
http://zenpukudo.tea-nifty.com/   
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


投稿者: JOCS 投稿日時: 2014-10-4 13:20:32 (259 ヒット)

パキスタン中部のパンジャブ州ファイザラバードにある聖ラファエル病院で、小児科医として活動した青木盛(あおきしげる)ワーカーが、6年にわたる現地での活動を終えて帰国しました。JOCSの東京事務局のオープンオフィスもかねて報告会を開催し、みなさまにパキスタンで、新生児医療に関わった活動の詳細をお伝えする予定です。
コーヒーを飲みながら、リラックスした雰囲気の中で、ゆっくりとの活動報告をお聞きください。

JOCS東京事務局オープンオフィス
青木 盛(あおき しげる)ワーカーパキスタン活動報告会
「救ういのちに国境なし?小さな命の灯をまもるために」

◆日 時 2014年10月24日(金)15:00-16:30
◆場 所 JOCS東京事務局
     (東京都新宿区馬場下町1-1早稲田SIAビル4階)
     東京メトロ東西線 早稲田駅から徒歩2分
◆参加費 無料 
◆定 員 20名(先着順)
◆お申込 JOCSホームページからお申し込みください。

◆青木盛 プロフィール◆
JOCSパキスタン派遣ワーカー・小児科医
栃木県足利市出身。1998年信州大学医学部卒業。卒業後は長野県、静岡県の病院で小児科に勤務した。
2007年10月よりJOCSワーカーとしてパキスタン、パンジャブ州にあるファイザラバード聖ラファエル病院に赴任。以降、6年にわたり新生児医療に関わり、2014年9月末に帰国。


投稿者: iPledge 投稿日時: 2014-10-3 22:35:41 (278 ヒット)

【気軽に楽しくボランティアしませんか?】
アースガーデン秋ボランティア募集中!
http://www.gomizero.org
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

《 earth garden 秋 活動概要 》
今回で開催10回目を迎えるアースガーデン。
200を超えるマーケット・ブースが並び、
こだわりのオーガニックレストランやトークステージなど、
ただ楽しむだけではなく、様々な気付きや発見に出会えるイベントです。
土日どちらか一日だけの参加もOK!
普段ボランティアをやらない方でも、気軽に参加できますよ!


▽イベント公式HP(http://www.earth-garden.jp/)

▽活動日程
10月25日(土) 9:00-20:00
10月26日(日) 9:00-19:00

▽活動場所
代々木公園イベント広場(東京都渋谷区)
※デング熱関連の情報をお求めの方は、下記のリンク先をご参照ください
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2014/09/20o94700.htm

▽活動内容
Dish Reuse Systemの実施・運営
(繰り返し洗って使えるリユース食器の回収・洗浄等)

▽その他
・現地集合、現地解散となります。
・班を組み、シフト制での活動となります。適宜休憩があります。
・昼食・夕食はイベント内で使用可能な食券をお渡しします。
・NPO iPledgeの会員でない方は、参加費500円が必要です。

▽募集締め切り
10月19日(日)23:59

▽詳細・お申し込み
http://www.gomizero.org/vo_recruit/earthgarden/


皆さんのご応募をお待ちしています!


▽ごみゼロナビゲーションとは?
私たちごみゼロナビゲーションは、FUJI ROCK FESTIVALやSUMMER SONICなど、野外音楽フェスティバルをはじめとする様々なイベントで、環境対策活動を行っています。会場のごみ拾いではなく、「来場者が自分たちの手でごみや資源を分別するしくみ」をつくるのが、私たちの主な活動です。
ごみをポイ捨てする人がいて、そのごみを拾う人がいる。そのような構図のままでは、社会はいつまでも変わりません。誰かがごみを拾うのではなく、イベントに参加する全ての人々が、自分たちの手でごみや資源を分別できるようにすることで、
クリーンでピースフルなイベントをつくりあげることができる、と信じています。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
【お問い合わせ】
NPO iPledge(アイプレッジ)・ごみゼロナビゲーション
担当:江口、小高
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-10-34原宿コーポ別館308
電話:03-6804-3003 E-mail:vo@gomizero.org



投稿者: nicco 投稿日時: 2014-10-3 20:23:42 (160 ヒット)

今年も10月4日(土)、5日(日)の2日間、日比谷公園(東京都千代田区)で『グローバルフェスタJAPAN2014』が開催されます。
NICCOは、10月5日(日)にグリーンエリア活動報告コーナーにて、「ガザ緊急支援活動報告会」を開催いたします。


「ガザ緊急支援活動報告会」開催概要

日程: 2014年10月5日(日) 12:20-13:20
場所: 日比谷公園(東京都千代田区日比谷公園1-6)
グローバルフェスタJAPAN2014内グリーンエリア活動報告コーナー
発表者: NICCOガザ緊急人道支援事業 現地調整員 松村 拓憲
内容:
・パレスチナ自治区ガザでの緊急支援活動報告(40分間)
・Twitter&Facebookによるアフリカ支援キャンペーン報告(20分間)


イスラエル軍とパレスチナ側武装組織との間で合意された無期限停戦は、10月3日現在の段階においても継続されています。
人々は徐々に日常生活を再開しつつありますが、戦闘の爪痕は大きく残り、壊れた住宅の復旧やがれきの撤去、生計手段の回復などが急務となっています。

NICCOは、ガザ地区南部ラファ市およびハンユニス市で物資配布と医療機器の供与を実施しています。
今回、パレスチナ自治区ラマラから、NICCOの現地調整員が一時帰国し、ガザでの緊急支援活動や現地の様子について報告を行います。

また、2日間にわたり、グリーンエリア(G41)にてブースを出展いたします。
出展ブースでは、ガザ緊急支援活動のご報告や、Twitter&Facebookによるアフリカ支援キャンペーン、活動から生まれたオリーブオイルや刺繍製品をご紹介いたします。

10月はじめの週末は、ぜひ日比谷公園へ。お待ちしております!


投稿者: ganas 投稿日時: 2014-10-3 15:57:48 (476 ヒット)

途上国・国際協力に特化した情報を発信するNPOメディア「開発メディアganas」(運営は特定非営利活動法人 開発メディア)は10月22日から「伝わる!ライター講座」を開きます。メディアに興味のある学生はもちろん、NGOや企業などで広報をご担当する方も対象にします。途上国や国際協力を題材に「伝わる書き方」に必要なエッセンスを楽しくお伝えします。

伝わる書き方のコツをつかめば、万人に向けて情報を発信する際はもちろん、就職活動や広報活動にも役立ちます。この講座では、前半はブレインストーミングを重視し、後半は段落構成や文章そのものについて考えます。

この講座はこれまで、内部の記者を養成するために開いていました。ですが今回から、一般の方にも開放します。途上国・国際協力の情報がもっと伝わりやすい形で一般に出回ることを願って、開発メディアganasはこの講座を開講します。

1、日時
10月22日?12月10日の毎週水曜日午後7時?8時45分(全8回)
(10月22日、29日、11月5日、12日、19日、26日、12月3日、10日)

2、場所
JICA地球ひろば
http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html
東京都新宿区市谷本村町10-5
*部屋は追ってご連絡いたします

3、講義内容(予定)
第1回:「記事」って何だろう? 情報をうまく取ろう! 模擬記者会見
第2回: ブレインストーミング(ブレスト)をしてみよう!
第3回:見出しを考えよう! 模擬記者会見
第4回:記事の重要な3要素「明確性」「具体性」「意外性」を学ぼう!
第5回:「書き出し」でキメよう! 段落構成をストレートにしよう! 模擬記者会見
第6回:取材するための準備をしよう! より伝わりやすい文章を書こう!(その1)
第7回:より伝わりやすい文章を書こう!(その2)
第8回:講義全体のまとめ

4、講師
長光大慈(ながみつ・だいじ)
開発メディアganas編集長。オルタナ編集委員。上智大学を卒業後、アジア最大の日本語媒体であるNNA(入社当時の社名はWin Honest Planning。現在は共同通信グループ)のタイ支局とフィリピン支局を立ち上げる。電気新聞記者、フリーライター、青年海外協力隊、デベックス・ジャパン・メディア部門責任者などを経て現職。

5、金額
1万5000円(学生)、3万円(社会人)(全8回)

6、お申し込み方法と締め切り
devmedia.ganas@gmail.com までメールをください。お申込書をお送りいたします。
締め切りは10月12日(日)。
フェイスブックのイベントページ:https://www.facebook.com/events/821226857900736/

■開発メディアganas
フェイスブック:https://www.facebook.com/devmedia.net
ウェブサイト:http://dev-media.blogspot.jp/
ツイッター:https://twitter.com/devmedia_ganas


投稿者: HumanRightsNow 投稿日時: 2014-10-3 15:22:24 (225 ヒット)

国際人権NGOヒューマンライツ・ナウでは、このたび下記のとおり、
アドボカシー/プロジェクト・コーディネートを主たる業務とするスタッフを募集いたします。

国内外にわたるプロジェクト・アドボカシーの調整と実施を行う、大変やりがいのあるポジションです。
是非意欲と能力のある方に奮ってご応募いただきたいと思います。
募集内容は以下のとおりです。

・**********************************************
   ヒューマンライツナウ/ スタッフ募集
・**********************************************
●人数:1名
●期間:2014年12月から。
適任と認めた方については、これより遅い就業開始予定であっても
採用を検討いたしますので、ご連絡ください。
●フルタイム(試用期間あり。一年更新)/ または、週3ないし週4日の採用もあり。
●待遇:フルタイムの場合、20万円/月以上 経験と能力に応じます。社会保険加入。
週3ないし4日の場合は、勤務体系を考慮し、協議のうえ決定。
●勤務地:東京都/ヒューマンライツ・ナウ東京事務所

●業務内容:
アドボカシー、プロジェクト・プロボノコーディネート、関連する総務・広報等
<業務内容の詳細>
・リサーチ・アドボカシーと関連事務業務
 文書の管理作成、翻訳、プレスリリース・意見書等の作成・執行、
 アドボカシー全般(国内外)、電話応対、連絡調整。
・広報
 ウェブサイト、メールマガジン、ニュースレターその他広報文書の作成業務。
・ファンドレイズ
 主にプロジェクトに関わる助成金申請とその報告業務。
 寄付の獲得・依頼に関する業務。
・プロジェクト・コーディネート
 プロジェクト・プロボノコーディネート
・ヒューマンライツ・ナウの各種プロジェクトのコーディネート、進行管理。
 プロダクト作成に関する調整業務。プロジェクト・メンバー、プロボノ、インターン、
 ボランティア、翻訳スタッフとの調整を行ってプロジェクトの進行を進める。
 ニューヨーク・ジュネーブ等の海外拠点との連絡調整、
 国連、関連NGO、政府機関との連絡調整。
・その他、関連するアドミニ業務全般

●評価される資質・経験など:
・ヒューマンライツ・ナウのミッションを理解し、適切・誠実に業務を遂行する能力
・正確な事務処理能力、多様なタスクを効率的にこなし、締め切りを守る能力
・英語及び日本語に堪能であること
・内外の調整を迅速かつ円滑に行うコミュニケーション力
・国際人権法および世界の人権状況に関する理解
 (ただし、今回の募集はアドボカシー・スペシャリスト募集ではないことから、
 国際人権法に関する海外での修士号取得等は必要ではありません)。
・社会人経験2年以上(これに満たない場合も、インターン経験等は考慮します)。
 NGOないし企業における職務経験があることが望ましい。

●応募方法:
・カバーレター(フルタイムか否か、フルタイムでない場合、
勤務可能な期間・曜日・時間を明記してください。
待遇について特に希望がある場合は明記して下さい。)
・履歴書
・職務経歴書(英語の能力を示す情報を明記のこと)
・論文等のWriting sample(英語または日本語)
・推薦状があれば望ましい。
を郵送にてお送りください。

宛先:東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル7F
特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ
スタッフ採用担当 國本宛

書類選考後、面接にお進み頂ける方には追ってご連絡をいたします。
なお、選考状況等に関する個別のお問い合わせ、並びに
提出書類の返却には応じかねますのでご了承ください。

●応募締切:
適任者が見つかり次第、締切らせていただきます。

●ヒューマンライツ・ナウの活動概要
2006年に発足した東京を本拠とする国際人権NGO。弁護士、研究者、ジャーナリスト、市民等が中心となり、世界的に保障されている人権基準に基づき、世界、特にアジア地域の深刻な人権侵害の解決を求めて、調査、提言、アドボカシー、エンパワーメント等の活動を展開している。
日本を中心に会員700余名。オフィスは東京、ニューヨーク。
2008年に特定非営利活動法人、2012年に国連特別協議資格を取得。
ヒューマンライツ・ナウでは、弁護士、研究者、修士・博士課程にある学生、社会人がプロボノ・ベースでプロジェクト等の活動に参加しており、その調整・コーディネートをしつつ基幹となる業務を進めることがスタッフに求められています。
ヒューマンライツ・ナウの活動詳細はウェブサイト(http://www.hrn.or.jp/)をよくご参照いただき、そのうえでご応募ください。

●連絡先:
ヒューマンライツ・ナウ東京事務所
110-0005 東京都台東区上野5-3-4クリエイティブOne秋葉原ビル7階
電話 03-3835-2110  Fax 03-3834-1025 
担当 國本


投稿者: sva 投稿日時: 2014-10-3 15:06:31 (452 ヒット)

1984 年に公式に設立されてから30 年目を迎えるタイ国境のミャンマー(ビルマ)難民キャンプ。
現在、約12 万人の難民がタイ政府が認める9 カ所の難民キャンプに暮らしています。
2012 年1 月のKNU(カレン民族同盟)とミャンマー(ビルマ)政府間での停戦合意以降、
難民の自主的本国帰還の準備に関する議論が進み、特にこの1 年間の間に、難民キャンプに関わる多くの関係者を巻き込む形で、話が進められてきました。
タイ、ミャンマー(ビルマ)国境地域に対する国際支援の減少、第三国定住募集の締め切り、そして2014 年5 月のタイでのクーデター以降、タイ軍政による難民キャンプで続くヘッドカウント(所在確認)やタイ政府によるミャンマー(ビルマ)政府との難民帰還の合意に関するアナウンスを受けて、多くの難民が帰還の可能性に直面し、見えない将来への不安を感じています。

この報告会では、このようなタイ国境の最新の動きと共に、難民キャンプに暮らす人々の声を伝えていきます。
また、この状況の中で、当会が事業を実施している難民キャンプ内のコミュニティ図書館に期待されていること、そして、そこで働くスタッフの思いをお話します。

■日時
2014年10月8日(水)19:00--20:30  開場18:30

■会場
中野サンプラザ研修室10(7F)
東京都中野区中野4-1-1

▽アクセス
http://www.sunplaza.jp/access/

最寄駅 JR・東京メトロ東西線 中野駅

■資料代
1,000 円

■参加方法
ご参加いただくには事前にお申し込みが必要です。
電話、Eメール、またはWEBフォームよりお申し込みください。

▽専用WEBフォームURLはこちら
http://sva.or.jp/contact/event/brc20141008.html


▽イベントにつきまして詳しくはこちらのページをご覧ください
http://sva.or.jp/wp/?p=10830


■お問合せ先
東京都新宿区大京町31 慈母会館2,3階
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
担当: 広報課
Tel: 03-6457-4585
Fax: 03-5360-1220
Email: pr@sva.or.jp


投稿者: shapla 投稿日時: 2014-10-3 14:54:10 (166 ヒット)

1975年からネパールで活動するWomman's Skills Development Organization(WSDO)の代表ラムカリさんから、
フェアトレード生産者の生活や変化、またフェアトレードへの思いや今後の展望についてお話いただきます。
イベント後半には質疑応答やラムカリさんとの交流の時間がありますので、ぜひ生の声を聞きに来てください。

■日時 2014年10月22日(水) 19:00?21:00
■会場 国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟512号
   (部屋番号は会場入口にて表示されます)
■参加費 600円
■定員 40名
■共催 特定非営利活動法人ヒマラヤ保全協会
    特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会
■言語 ネパール語(日本語通訳あり)

■申込み・問合せ
電話またはメールにてお申し込み、お問い合わせください。
シャプラニール=市民による海外協力の会 担当:勝井(かつい)
TEL: 03-3202-7863 E-mail: event@shaplaneer.org

■フェアトレード団体WSDOについて
WSDOは1975年にヒマラヤの麓ポカラに設立されたフェアトレード団体です。
地機(じばた)織りによって織られた独特な手織布を用いたバッグなどの生産活動を行っています。
設立以来、家庭でできる仕事の提供や、自信向上につながるような技術トレーニングなど、
女性が働きやすいような環境づくりに力を入れてきました。
障害者の雇用支援も積極的で、生産者はカーストの低い身分の人や障害者、ライ病の人を優先的に採用しており、
生産者の数は合計で400人に達しています。


投稿者: ACE 投稿日時: 2014-10-3 11:22:03 (142 ヒット)

☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆★☆
【10/18 開催】
           あなたの一歩で世界は変わる           
      ?明日からできる「社会を変えるお金の使い方」?      

     主催:世界の子どもを児童労働から守るNGO ACE(エース)

☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆

社会を変えるには、課題を「伝え」、
その解決に必要な資金を「集める」ことが必要です。

その方法は様々で、2014年夏に話題となった
「ALSアイス・バケツ・チャレンジ」や日本テレビの「24時間テレビ」、
貧困をなくそうと意思表示をする「ホワイトバンド」など、日本でも
数え切れないほどの方法が試されています。

2014年6月12日、「児童労働反対世界デー」に合わせてACEが開始した
「そのこ」の未来キャンペーンもそのひとつです。
誰にでもできる社会貢献として、谷川俊太郎さんの詩「そのこ」を通じて
児童労働を伝え、1口100円の寄付を募るため、小学生から大学生、会社員、
主婦など、約200人が「アンバサダー」となってキャンペーンに
参加してくれました。

このイベントでは、「そのこ」の未来キャンペーンを振り返り、
誰でも寄付集めに参加できる寄付プラットフォームを
運営するジャスト・ギビング・ジャパン事務局長 梶川拓也さんをゲストに
迎え、「社会を変えるお金の使い方」や「日々の暮らしの中できる社会貢献」
についてお話します。

▼「そのこ」の未来キャンペーンについて
http://acejapan.org/sonoko


【イベント概要】
日 時:2014年10月18日(土)14:30?17:30 (開場14:00?)
会 場:SHIBAURA HOUSE 5F バードルーム
    JR 田町駅芝浦口より徒歩7分
    http://www.shibaurahouse.jp/about/info/#section-01
定 員:40人(定員になり次第〆切)
参加費:500円(「そのこ」アンバサダーとお連れの方は無料)
主 催:認定NPO法人ACE(ACE)
協 賛:森永製菓株式会社

 ▼イベント詳細・お申込みはACEウェブサイトから
 ┗ http://acejapan.org/event/seminar141018/


【イベントプログラム(予定)】
・ACEの活動紹介
・「そのこ」の未来キャンペーンのご報告
・トークショー (ゲスト:梶川拓也氏 聞き手:ACE代表 岩附由香)
・「そのこ」アンバサダー 表彰セレモニー
・チョコレートパーティー

★詩「そのこ」を書かれた 谷川俊太郎さんのビデオメッセージ上映
★日本の大手製菓メーカーから初めて国際フェアトレード認証ラベル付きで
 発売された「森永チョコレート<1チョコfor1スマイル>」をプレゼント!


【トークショー登壇】
◇梶川拓也 氏(一般財団法人ジャスト・ギビング・ジャパン 事務局長)
 リクルート、ソニーを経て、2010年世界最大の寄付プラットフォーム
 JustGivingの日本版設立に参画、事務局長に就任。
 2012年株式会社JGマーケティング設立、取締役COOに就任(現任)。
 2013年購入型クラウドファンディング:シューティングスターの
 サービス開始。1973年生まれ、大阪大学経済学部卒。

◇岩附由香(特定非営利活動法人ACE 代表)
 1974年生まれ、大阪大学大学院国際公共政策研究科 博士前期課程修了。
 大学院在籍中の1997年にACEを起業し、代表に就任。
 ホワイトバンドのムーブメントを起こした「ほっとけない世界のまずしさ」
 キャンペーンの実行委員(2005年)やG8に向けた提言活動を行う
 「G8サミットNGOフォーラム」のキャンペーンチーム・リーダー(2008年)
 など、社会を変えるための市民参加ムーブメントに関わる。


【こんな人にオススメ】
・「社会のために何かしたい!」と一歩を踏み出したい人
・「関心はあるけど何ができるかわからない」という人


一緒に「社会を変えるお金の使い方」について、一緒に考えてみませんか?

 ▼イベント詳細・お申込みはACEウェブサイトから
 ┗ http://acejapan.org/event/seminar141018/


【本イベントに関するお問い合わせ先】
 認定NPO法人ACE(エース)
 TEL:03-3835-7555 (受付 平日10:00?18:00)

☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆


投稿者: deknoy 投稿日時: 2014-10-3 0:58:56 (197 ヒット)

国内最大級の国際協力イベント、グローバルフェスタが今週末の10/4(土)5(日)に日比谷公園にて開催されます。

ラオスのこどもも、展示ブースと飲食ブースの2ヶ所に出展します。
多くの方にラオスという国を知ってもらいたいと思い、今回はラオス雑貨や図書、ラオス焼き鳥、ラオスビールを用意しました♪

これらの売上収益は、ラオスの子どもたちの教育支援の為に大切に活用させて頂きます。
買って、食べて、飲んで、国際協力!
ご家族、ご友人をお誘いあわせの上、ぜひ遊びにいらしてください!


♪日 時:2014年10月4日(土)・5日(日)10:00?17:00

♪場 所:日比谷公園

♪出展内容:
 【展示ブース(o19)オレンジエリア】
 活動紹介と物販(ラオス語図書、ラオスの小物雑貨、民芸品)等をします。

 【食販ブース(o79)オレンジエリア】
 “ラオス焼き鳥”“ラオスビール”を販売します。
 これまでのラオス焼きそばからメニューを一新!
  本格「ラオス白炭」で焼き上げる焼き鳥と、ラオスビールで乾杯しましょう!


♪グローバルフェスタの詳細は、公式ホームページをご覧下さい。
 http://www.gfjapan2014.jp/


投稿者: hem 投稿日時: 2014-10-2 23:51:16 (475 ヒット)

広島の議員行政は障碍者の人権に否定的な考えです。
広島市の市民連合所属の市議会議員太田憲二の妻
太田孝恵は、作業所かざぐるま舎の施設長だが、
自分の立場を利用して気に入らない利用者
の就職活動妨害して無制限に就労へのハードルを高くしてs人間の最底辺の生活をようようして、力ずくでで権利を制限したり、無用な無理難題をいった。
また、障害年金や生活保護の廃止を役所に働きかけて
ほーむれすにおいこんだ。
かざぐるま舎 082?295?5449
広島市西区上天満町4?2?101

太田憲二 孝恵
082?292?0323
ヒロシマ市西区中広町3丁目1?31?105


太田憲二は社民党の議員でさすがに表面的には障碍者福祉を大事にするポーズは取っていますが、実際はこういう感じです。
障碍者施設の運営者も半分は太田孝恵のような考えを持っています。

皆様障碍者の被災者は特二木をつけてあげて下さい。
裏でものすごい人権侵害があるかもしれません。


投稿者: hem 投稿日時: 2014-10-2 22:19:14 (457 ヒット)

広島市安佐南区とはこんな街です。
広島市安佐南区の社会福祉法人 「あさみなみ」事務局長松田泰、所属作業所「アンダンテ」所長の小藪
恵子は、自分の立場を利用して気に入らない利用者
の就職活動妨害して無制限に就労へのハードルを高くして人間の最底辺の生活をさせようようして、力ずくでで権利を制限したり、無用な無理難題をいった。
また、障害年金や生活保護の廃止を役所に働きかけて
ほーむれすにおいこんだ。
社会福祉法人あさみなみ。
広島市安佐南区祇園6丁目30?5
082?875?8801
それと、元西区社会福祉協議会事務局長で今はあさみなみの障碍者生活支援センターあさみなみ 広島市安佐南区古市1丁目17?11
082?870?2788の相談員 行岡眞理子 元アンダンテ職員で安佐南区緑井在住の新宅かをりなどは、違法に法律や制度で認められたを権利行使を制限したり、
どのような差別を甘んじて受けるよう圧力を僕にかけた。
また数は少ないにしても、ほかの障碍者にもやっていると思われます。
また、みます会事件、あとの郷事件、スリーピース事件など実際摘発されたケースもありますが、広島の障碍者施設の運営に当たる人の半数近くは検察や警察が認めれば、
障害者を暴力でただで強制労働させようとするほど、障碍者の基本的人権に否定的な考えをもっていますし、また市民もそういう人が多いので、ただでさえ土砂災害でたまったストレスを障碍者を虐待することで晴らそうとするケースが出てくるかもしれないと、大変心配しています。財界も積極的みたいですし、もし障碍者が復興作業にあたっていたら、彼らによって暴力で強制的にやらされていると思ってください。
ボランティアの皆さん特に障碍者の被災者には気を付けてあげてください。
裏でものすごい人権侵害にさらされているかもしれないので。


投稿者: jafskanto 投稿日時: 2014-10-2 21:47:19 (240 ヒット)

■JAFS活動内容

アジア協会アジア友の会(JAFS) は、1979年に活動をスタートした、アジアに「命の水」を贈るNGOです。
支援活動は「命の水」を贈ることの他、そこから派生した生活や環境、医療や衛生、教育の向上などの様々な社会的課題に取り組んでいます。

■募集内容

グローバルフェスタには毎年参加しており、今年も例年どおり2つのブースで下記の出店をいたします。
 
 ・活動パネル展示とアジアグッツの販売
 ・料理屋台(リピータ続出のベトナム麺料理「ブン スウォン」と世界のビールの販売)

今回、上記の活動にあたり 当日のお手伝いをしていただけるボランティアさんと募集します。
開催日中、1日のみ・半日のみの参加でも構いません。日本最大級の国際協力イベントに一緒に参加してみませんか。

■もっと詳しく

グローバルフェスタについては 下記公式HPをご覧下さい

 http://www.gfjapan2014.jp/

昨年のJAFSの活動の様子は こちらのページでご覧下さい

  http://kanto.jafs.or.jp/archives/entry-3340

■実施日時・場所

実施日時:
2014年10月4日(土)・10月5日(日)10:00?17:00

※ 上記日程中、参加可能な時間帯でのお手伝い

場所:
日比谷公園(東京)

■ お申込み・お問い合わせ

(公社)アジア協会アジア友の会
TEL 06-6444-0587 FAX 06-6444-0581
URL: http://kanto.jafs.or.jp/archives/entry-3340

※ 上記 TEL もしくは URLのいずれかから お問い合わせ・お申込みください

・=========================================
公益社団法人アジア協会アジア友の会(JAFS)
JAFS関東活動委員会
E-mail: asia@jafs.or.jp
Facebook: http://www.facebook.com/JAFS.NGO
HP: http://kanto.jafs.or.jp/
・=========================================


投稿者: dream-for-chil 投稿日時: 2014-10-2 19:58:50 (277 ヒット)

11月16日(日)に名古屋で、国際協力セミナー『ヒマラヤを越えて亡命したチベット難民が暮らす街を訪ねて 2014』を行います。


【内容】
この5年間で訪れたチベット本土、インドのチベット難民街の様子をお届けします。

・標高5,000mのヒマラヤを徒歩で超えて亡命する人
・激しい弾圧に耐えかねて焼身自殺した100人以上の人たち
・警察の無差別発砲を受け片腕が不自由になりながらも正義を訴え続ける人
・映画を製作しただけで投獄された夫の釈放を訴え続けた妻
・難民街で将来の夢を語る子供たち

 日本ではほとんど報じられない、難民の人たちの真実の姿をお伝えします。

 同じ地球の上で起きていること、一緒に考えてみませんか?

 また、東日本大震災の被災者の方に向けて、チベット難民の方からたくさんの励ましのメッセージをいただいています。行ったこともない国のことを心から心配してくれしました。このメッセージもあわせて紹介します。

  
【日時】
 11月16日(日)14:30?16:00(開場14:00)


【場所】
 昭和生涯学習センター第2集会室(愛知県名古屋市昭和区石仏町1-48)
 地下鉄鶴舞線及び桜通線「御器所」下車2番出口南約300m 3番出口南東約300m
 地図はこちら
https://www.google.co.jp/maps/preview?q=%E5%90%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E5%B8%82%E3%80%80%E6%98%AD%E5%92%8C%E7%94%9F%E6%B6%AF%E5%AD%A6%E7%BF%92%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC&hl=ja&ie=UTF8&hq=%E5%90%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E5%B8%82%E3%80%80%E6%98%AD%E5%92%8C%E7%94%9F%E6%B6%AF%E5%AD%A6%E7%BF%92%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC&t=m&z=16&iwloc=A&brcurrent=3,0x60037a7baf4d3771:0xffbedb06488762d6,0


【講演者】
亀田浩史(難民支援NGO “Dream for Children”代表)

 旅の最中に出会った難民たちの姿に胸を痛め、難民支援NGO“Dream for Children”を設立。チベット難民に対しては、亡命後の就業支援として英語教育をメインに行っている。その一方、チベット難民が直面する状況を把握すべく、聞き取り活動を行い、情報発信を行っている。
 著書「だから僕らは旅に出る」(共著)、訳書「暗闇に差した光」、「尋問の記憶」、「故郷を追われるチベット人遊牧民」でチベット人が直面している問題を紹介している。
 



【参加費】
 ・事前申し込み(11月13日まで)された方:500円
 ※当日空席があれば当日参加も可能です。当日参加の場合の参加費:700円

【事前申し込み方法】
 11月13日までに、こちらからお申込みください。
http://form1.fc2.com/form/?id=878001

過去の参加者のご感想

●現地の人の実際の声は非常に心に突き刺さります。講演の中にそういったものが取り上げられており、よりリアルに世界で今も起こっていることなのだと感じました。

●講演を聞いて、まず大きな衝撃を受けました。同じ空の下で生きている人間で、こんなにも差があるものだとは思いませんでした。多くの人が犠牲になっているチベット・・・、僕にも何かできることはないだろうか・・・、と講演中ずっと考えていました。チベットの治安はまだ悪いですが、よくなることを願っています。なぜ人間はみな平等ではないのだろう・・・。僕にとって色々考えさせられた講演でした。

●チベットの難民はかわいそうだと思いました。自由があるといいね、と思います。世界にはチベットの人々のような人がたくさんいると思うと、何かしてあげたいと思いました。授業で初めて泣きました。


【主催】
難民支援NGO "Dream for Children"
HP: http://dreamforchildren.web.fc2.com/
ブログ:http://ameblo.jp/dream-for-children/


投稿者: hem 投稿日時: 2014-10-2 19:17:49 (562 ヒット)

広島市の安佐北区では、現在大水害でえらいことになっています。

本来、弱い者を助けるべき社会福祉協議会の半数はこういう職員です。



広島市安佐北区社会福祉協議会嘱託職員 、元広島市西区社会福祉協議会事務局長、松井章は
安佐北区社会福祉協議会
広島市安佐北区可部3丁目19?22
082?814?0811
は広島市西区社会福祉協議会事務局長時代、発達障害者の僕の就職活動を妨害して時給50円の作業所に行かせて
最底辺の生活を強要したり、今は障害者に無理やり成年後見を勧めて
障害者の自由な財産処分権を取り上げ、後見人仲間同士で障害者の財産を山分けしようとしている。
それと、今の安芸区社会福祉協議会事務局長で、昔西区社会福祉協議会主任だった
津川信昭は、よく障碍者に自分の立場を利用して、制度の利用を拒んだりまた不利益になるようなことを言ってきました。
安芸区社会福祉協議会
広島市安芸区船越南3丁目2番16号
中年以上の県や市の福祉担当の職員や社会福祉協議会の職員は自分の立場を利用して
障害者に無理難題を吹っ掛けてやろうという考えの人間は半数近くいます。
広島土砂災害のボランティアの皆さん、特に障碍者の方に特に注意して裏でこんなことが起きないように目を光らせてやってください


投稿者: PARC 投稿日時: 2014-10-2 13:36:16 (261 ヒット)

・=====(★秋の特別講座 詳細★)==========
「年収300万円の幸せ生活:早川幸子の心地よい生き方」

◇2014年10月?2014年12月
◇隔週火曜日 19:00?21:00
◇全5回/定員30人

◆受講料18,000円
 ※自由学校を初めて受講される方は、受講料の他に入会金10,000円が必要です。
◇会場:PARC自由学校
(最寄駅:JR御茶ノ水駅、東京メトロ丸ノ内線「淡路町」駅、都営地下鉄新宿線「小川町」駅)
 http://www.parc-jp.org/guidance/guidance_04.html

◆開講スケジュール/各クラス詳細
・10/28(火)19:00?21:00 これが私の幸せ生活
 早川幸子(フリーライター)
 40代シングル。不安の代名詞の真っ只中(笑)ですが、「おかげさま」で毎日楽しく暮らしています。
 初回は私のライフスタイルと実践している5アンペア生活についてお話します。

・11/11(火)19:00?21:00 農的暮らしと豊かな食生活
 姜咲知子(暮らしの実験室やさと農場スタッフ)
 週末の暮らしの実験室には、「農」という空間を求めて都会から近郊からさまざまな人びとが集います。
 「暮らしは自分たちの手でつくりだすもの」をテーマに農的暮らしを提案する
 姜さんの取り組みから私たちは何を学べるでしょうか。

・11/25(火)19:00?21:00 フェアなお買いものでエシカル生活
 長谷川輝美(ウィメンズショップパッチワーク店長)
 作り手も、売り手も自分も「心地よい生活」をしていくことができるようになる商品とは、
 いったいどのようなものなのでしょう。お金を出して買うものとはどうあるべきなのか、想像力を働かせてみましょう。

・12/9(火)19:00?21:00
 サヨナラ保険じゃぶじゃぶ生活―お金で買えない本当の安心とは?
 清水 香(ファイナンシャルプランナー/生活設計塾クルー取締役)
 「いざ」という時のための安心を手に入れるために、保険に頼ってはいませんか?
 保険に頼らずに社会保障の内容を具体的に知ることや
 自らの生活設計を見直すことで将来に備える方法をお聞きします。

・12/23(火・祝)19:00?21:00 頼り、頼り、頼られもする自立生活
 中村尚司(パルシック理事)
 真に心地よい生活のためには、個人の選択だけでなく、支えあいの地域づくりが必要です。
 困ったときには隣人を頼り、身近な人に頼られるような関係性づくり、「自立」の考え方をご紹介します。


★PARC自由学校ではこんなこともできます! you can also・・・

・「越境受講」で他のクラスのいいとこどりができます。
「越境フリーチケット」で一回だけ他のクラスを無料受講できます!
 また、自分の登録していないクラスもその回の受講料を支払えば参加できます。
・欠席しても安心!音声と資料を後からダウンロードできます。
・メーリングリストでお知らせを受け取ったり、交流に利用できます。


★その他募集中の講座一覧
http://www.parc-jp.org/freeschool/

<秋の特別講座>
A.未来を創る!ソーシャル・デザイン
B.年収300万円の幸せ生活?早川幸子の心地よい生きかた
C.種・タネ・たね!?種の世界へようこそ
D.<からだ>からみた私と社会
E.ちょっと待って!集団的自衛権
―自分のことばで語る憲法・平和・いのち

<2015年先行募集講座:畑の学校>
01.東京で農業!2015
02.はじめてみよう オーガニック菜園

★詳細・お申し込みはこちら
http://act.parc-jp.org/s/fs/2014-b.html

※アクセスできない場合は事務局までお問い合わせください。
TEL: 03-5209-3455
FAX: 03-5209-3453
E-mail: office@parc-jp.org

・◇◆==========◇◆==========◇◆==========◇◆=====

皆様のご参加、こころよりお待ち申し上げております。

<お申し込み・お問い合わせ>
アジア太平洋資料センターPARC自由学校 http://www.parc-jp.org
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL:03-5209-3450 FAX:03-5209-3453   E-mail:office@parc-jp.org


投稿者: AIJ1970 投稿日時: 2014-10-2 12:10:16 (264 ヒット)

トークイベント「拷問被害者へのメンタルヘルスケア?活動家、医師としてできること?」


■11月17日(日)19:00?21:00 (18:30受付・開場)

■場所:アムネスティ日本・東京事務所
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-12-14 晴花ビル7階
JR「御茶ノ水駅」より徒歩6分、東京メトロ「新御茶ノ水駅」より徒歩1分

■参加費:500円

■主催:公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本


11月15日(土)開催のシンポジウム「アジアの拷問をなくすために?フィリピン・台湾・日本から考える?」にも登場する、オーロラ・パロンさんをお招きして、トークイベントを開催します。

オーロラさんは、自らも拷問の被害者であり、フィリピンで長年、活動家そして医師として、被害者へのヘルスケアに携わってきました。

拷問を受け、人間としての尊厳を奪われた被害者たちの痛みは計り知れません。
暴力は、人びとの身体を傷つけるだけでなく、PTSD(心的外傷後ストレス障害)やうつ病など、心にも深い傷を残します。また、拷問は、秘密裏に行われることが多く、証人がいないことから、被害者は救済を得ることが難しいのです。

シンポジウムではお話しできなかった、彼女の活動家そして医師としての経験や、被害者たちが抱えるトラウマについてお伝えするとともに、被害者たちへの支援のあり方について、一緒に考えます。


【プログラム】

オーロラ・パロンさんからのお話し
オーロラ・パロンさんとのミニトーク 
聞き手:山口薫(アムネスティ日本職員)
参加者からのQ & A


【ゲスト・プロフィール】

オーロラ・パロンさん(フィリピン)
1982年に反政府活動家を助けたとして、逮捕され1年半拘禁された。釈放後、メディカル・アクション・グループ(MAG)に入り、人権侵害の被害者に医療サービスを提供する活動に取り組む。2007年から7年間、アムネティインターナショナル・フィリピン支部の事務局長を務める。現在、フィリピン人権救済委員会のメンバーとして、マルコス大統領時代に拷問を受けた被害者たちの救済を実現するために活動している。

【事前申し込み・お問い合わせ】

公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
Tel:03-3518-6777/Fax:03-3518-6778

メールでのお申し込みは、「11月17日フィリピン講演会申し込み」とし、お名前、フリガナ、メールアドレスを明記して下記にご連絡ください。
camp@amnesty.or.jp

アムネスティの公式サイト「イベント情報」からもご予約できます。
www.amnesty.or.jp


« 1 ... 89 90 91 (92) 93 94 95 ... 535 »
NGO network Japan