ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
投稿者: biwakoomodosu 投稿日時: 2013-11-9 0:18:50 (328 ヒット)

こんにちは、いつもお世話になっております。琵琶湖を戻す会です。
恒例の外来魚情報交換会のご案内です。

第九回「外来魚情報交換会」
http://homepage2.nifty.com/mugituku/exchange/2014/exchange14a.html

開催日:2014年2月1日(土)・2日(日)
受付:(1日)12:00〜13:00
(2日)9:00〜9:30←※9:00以前に建物に入ることは出来ませんのでご注意下さい!!
開催時間:(1日)13:00〜17:30
(2日)9:30〜12:00※時間帯は発表数によって変更する場合があります。
懇親会:(1日)18:00〜

会場:滋賀県草津市立まちづくりセンター(JR琵琶湖線「草津駅」西口を西に200m)
滋賀県草津市西大路町9-6 3階301・302会議室
周辺地図はこちら
http://homepage2.nifty.com/mugituku/map/kusatsu/kusatsu.gif

テーマ:外来魚防除に関する様々な情報の交換と相互交流

目的:ブルーギルやブラックバス等の外来魚の防除に関する様々な情報を持ち寄って発表し、お互いの情報を交換することによって外来魚防除に対する意識と知識を高め、お互いの連携を深めることを目的とする。

内容:外来魚の情報であれば駆除方法や生態などジャンルを問わない。発表者・参加者も滋賀県下にこだわらず広く参加を募る。特に発表者に関しては、一般市民をはじめ、漁業者・行政・研究機関・学者・学生・釣り人等々から広く参加を募り、外来魚の現状、生態、駆除方法から釣り方のコツまで幅広い視点からの情報収集を行う。話し手・聞き手を同じ目の高さにし、発表ごとに質疑応答の時間を設けることで情報交換とともに参加者相互の交流も目指す。情報交換会と懇親会とのセットで1つのイベントと考えている。

プログラム:1日(土)
12:00〜12:55受付
12:55〜13:00開会
13:00〜17:30情報提供
18:00〜懇親会

2日(日)
9:00〜9:30受付
9:30〜12:00情報提供
12:00閉会

※プログラムは予告無く変更する場合があります。

主催:琵琶湖を戻す会
共催:全国ブラックバス防除市民ネットワーク
後援:滋賀県(予定)
協力:環境再生保全機構地球環境基金

定員:外来魚情報交換会:先着100名
参加費:外来魚情報交換会:無料(資料代:500円)
懇親会:4,000円(予定)
参加資格:なし
参加申込み:※事前申し込みが必要です。
申し込み/お問い合わせ先:琵琶湖を戻す会事務局 masahiko.takada@nifty.ne.jp
もしくは 琵琶湖を戻す会広報 ZXA00545@nifty.ne.jp
まで

下記の項目を全て記入の上、メールにてお申し込み下さい。

参加者名:
ふりがな:
所属:※あればで結構です
連絡先:(住所)
(電話)
(メール)
情報交換会:両日とも参加・2日のみ参加・3日のみ参加
発表:発表する・発表しない
※発表する場合のテーマ「」
懇親会:参加する・参加しない
◆発表者募集は先着順で受け付け、発表枠数に達し次第締め切らせていただきます。
◆発表時間は一人15分程度を予定しています。
◆参加者は会場の都合により先着100名で締め切らせていただきます。
◆同時に複数名申し込まれる場合は全員のお名前と代表者の連絡先をお書き下さい。

申し込み/お問い合わせ先:琵琶湖を戻す会事務局 masahiko.takada@nifty.ne.jp
もしくは 琵琶湖を戻す会広報 ZXA00545@nifty.ne.jp

ご参加いただければ、皆さんの外来魚対策活動に必ずお役に立ちます!!

第九回「外来魚情報交換会」案内&参加申込用紙
PDFファイル版 http://homepage2.nifty.com/mugituku/exchange/2014/photo/exchange2014a.pdf
Wordファイル版 http://homepage2.nifty.com/mugituku/exchange/2014/photo/exchange2014a.doc ※申込用紙のみ

ダウンロードして自由にご利用下さい。
但し、内容は予告無く変更になる場合があります。

琵琶湖を戻す会は農林水産省及び環境省から特定外来生物防除認定を受けています。
http://homepage2.nifty.com/mugituku/prevention/prevention.html


投稿者: SHARE 投稿日時: 2013-11-8 16:51:30 (290 ヒット)

今、アジアで一番新しい国、東ティモール。
映画「カンタ! ティモール」は日本ではほとんど報道されなかった東ティモール独立の闘いの歴史をテーマにしたドキュメンタリー映画です。全編にあふれる美しい音楽と、悲しい歴史を乗り越えて人々が大事に守ってきた文化や価値観は、 日本の私たちにさまざまなことを問いかけてくれます。
映画上映後、現地駐在スタッフの尾崎 里恵(おざき りえ)が、東ティモールの文化や生活、 JICA草の根技術協力事業として現地で行っているプロジェクトについてお話しします。母と子の命を守る活動の様子、二度の青年海外協力隊参加を経てNGOで活動するまでの自身の道のりについてなど、国際協力の現場からの生の声をお届けします。ぜひご参加ください。

スピーカー:尾崎 里恵 (諫早市出身) 
シェア=国際保健協力市民の会 東ティモール事務所プロジェクト・コーディネーター、看護師・保健師。  長崎大学大学院卒業。病院勤務の後、青年海外協力隊に参加。バングラディシュ、マラウイで活動。2011年シェア入職。気仙沼勤務を経て2012年より現職。2013年11月帰国。

【日時】
日時:2013年12月1日(日曜日)13時から16時

【会場】 諫早市立諫早図書館 視聴覚ホール(2F)
http://www.lib.isahaya.nagasaki.jp/isahaya/map/isahaya_map.html
住所:〒854-0014長崎県諫早市東小路町6番30号

JR諫早駅より徒歩20分 私鉄島原鉄道本諫早駅より徒歩3分 バス諫早局前下車徒歩5分
※公共交通機関をご利用下さい。

【参加費】 無料 会場では寄付も受け付けております。

【申し込み方法】直接会場にお越しください

主催(特活)シェア=国際保健協力市民の会(SHARE)
共催:JICA九州
後援:いさはや国際交流センター、長崎県青年海外協力協会


お問い合わせ:
特定非営利活動法人 シェア=国際保健協力市民の会 担当:吉森
東京都台東区東上野1−20−6丸幸ビル5F TEL03−5807−7581
Email:yyoshimori@share.or.jp
ホームページ:http://share.or.jp


投稿者: PLAS 投稿日時: 2013-11-8 15:38:03 (261 ヒット)

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    特定非営利活動法人エイズ孤児支援NGO・PLAS主催
「共感を寄付に代えるマーケティング〜6つの戦略を大公開!〜」を開催!
     
     2013年12月11日(水) 19:00-21:00(開場18:30)
  http://www.plas-aids.org/blog/2013/10/16/14340
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第5回目のPLAS Meetupは
「共感を寄付に代えるマーケティング〜6つの戦略を大公開!〜」と題して、
イケダハヤト氏と当会代表理事の門田による実践的なセミナーを行います。

社会変革をミッションとするNPO/NGOや社会起業家がどのようにして共感を集め、
それを寄付という形に変えていくか、支援や応援者を集めていくかを考えます。
近年、NPOのマーケティングが注目されていますが、
その事例が公開されることはほとんどありません。
そこで今回のセミナーでは、エイズ孤児支援NGO・PLASの事例とともに、
6つの戦略と戦術、その手法を大公開します!

IT、特にソーシャルメディアやデータベース、Web広告等を有効に活用し、
世の中を巻き込んでいく方法とは。
ソーシャルメディアをはじめとするITの活用について、
多くの起業家を支援してきたihayato.news編集長、
「テントセン」co-founderイケダハヤトさんと
起業家である当会代表の門田による実践的なセミナーです。

日本、海外での先進的なITの活用事例をイケダさんにご紹介いただき、
さらにイケダさんと当会代表の門田で、
プラスでの寄付マーケティングの事例を基に、
これまでの学びや実践的なノウハウについて語りつくします。
非営利セクターの方に限らずビジネスセクターの方にも参考となる内容です。

みなさまのご参加、お待ちしております!


○当会サイトに掲載されたイベント詳細ページはこちら
http://www.plas-aids.org/blog/2013/10/16/14340

○日時
2013年12月11日(水) 19:00-21:00(開場18:30)

○場所
01Booster
東京都港区東麻布1丁目7-3 第二渡邉ビル7F
(都営大江戸線 赤羽橋駅から徒歩5分、東京メトロ日比谷線 神谷町駅から徒歩10分)

地図・アクセスはこちら
http://01booster.com/access

○参加費
1,500円
※参加費は経費を除いた全額がご寄付となります。

○定員
40名
※お早めにお申し込みください

○内容
・日本及び海外での社会変革とIT活用の最前線
・「誰から共感してほしいのか?」寄付者のターゲット設定
・ソーシャルメディア、ブログはどう活用する?
・データベースツールをどうマーケティングに活用する?
・イベント、ワークショップはどう設計する?
・Web広告「Links for Good」は実際どうなの?活用法は見えてきた?
・メールマガジンはどう運用している?
・プロジェクトを成功させるためのマネジメントは?
・プラスの行う事業について

○こんなかアにおススメです!
・日本及び海外での社会変革とITの潮流に関心がある方
・社会的なアクションを興したいと思っている方、さらに活動の環を広げたい方
・広く社会貢献、NPO活動、社会起業、ソーシャルイノベーションに関心のある方
・データベースを活用したマーケティングに関心があるベンチャー経営者や組織
・ファンドレイズに関心のある方

○申し込み方法
下記フォームよりお申し込みください。
http://www.plas-aids.org/eventform

たくさんのご参加をお待ちしております!


○スピーカープロフィール

▼イケダハヤト(いけだ はやと)さん▼
プロブロガー

1986年生まれ。新卒で入社した大企業を11ヵ月で退職。
転職先のベンチャー企業も13ヵ月で辞め、社会人3年目にフリーランスとして独立。
ソーシャルウェブ、若者の価値観、これからの働き方などについて、
ブログ「ihayato.書店」で情報発信を行っている。
著書『年収150万円で僕らは自由に生きていく』(星海社新書)など。


▼門田 瑠衣子(もんだ るいこ)▼
エイズ孤児支援NGO・PLAS代表理事

1981年熊本県生まれ。2006年、武蔵野女子大学人間関係学部卒。
明治学院大学大学院国際学修士課程修了。
フィリピンの孤児院や国際協力NGOでのボランティアを経験し2005年、
大学院在学中にケニア共和国で現地NGOでボランティア活動に参加。
それをきっかけに、2005年にエイズ孤児支援NGO・PLASの
立ち上げに携わり、同団体事務局長を経て、現在代表理事を務める。
現在は、海外事業及び国内のキャンペーン事業、
ファンドレイジングなどを中心に活躍中。
2013年7月に長男を出産。現在育児に奮闘中!

○お問い合わせ
特定非営利活動法人エイズ孤児支援NGO・PLAS
HP:http://www.plas-aids.org/
担当:長嶺
E-mail:info@plas-aids.org
TEL/FAX: 050-3627-0271


投稿者: PLAS 投稿日時: 2013-11-8 15:15:51 (214 ヒット)


・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2013年11月30日(土) 15:00−17:30 @茗荷谷

    〜〜 エイズ孤児支援NGO・PLAS 〜〜
      世界エイズデーキャンペーン2013

    世界エイズデー・チャリティーパーティー
http://www.plas-aids.org/blog/2013/09/13/14096

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

パーティーのコンセプトは「The Power of Maternity」。

本イベントでは、子育てをしながらも多様な分野で活躍中のゲストをお迎えする
「スペシャル・ママトークセッション」を開催!

「アフリカのエイズ孤児の現状を変えたい!」とプラスを立ちあげ、
子育てにも奮闘中のプラス代表・門田に加え、「オンナの元気塾」を主宰し、
女性たちに「ポジティブな考えた方スキル」を直接お伝えしている
中西(山本)モナさん、ダイアログ・イン・ザ・ダークの志村季世恵さんを
お迎えします。

子育てしながら社会を変える活動をしているスピーカーのポジティブなスタイルや、
アフリカの女性たちの力強さをお伝えします!

仕事と子育ての両立や、自分らしい働き方を模索している方、
アフリカの現状を知りたい方、働きながら社会貢献したい方などにおすすめです!

また、お子さんと一緒に楽しめるクイズラリーやアフリカ体験、ケニアからの
ビデオレター紹介など、小さなお子さまからビジネスパーソンまで、
世代を問わずお楽しみいただける仕掛けをたくさん用意しております。

当日は、ウガンダから留学中のエイズ孤児のゲストもお迎えします。

参加費は開催にかかる費用をのぞき、全額がエイズ孤児支援に。
みなさまのご参加をお待ちしています!


>>詳細・お申込はこちら
http://www.plas-aids.org/blog/2013/09/13/14096


●日時

2013年11月30日(土) 15:00-17:30(開場 14:30)

●プログラム

14:30 開場
15:00 開演、事務局長ご挨拶
15:15 乾杯、フリータイム
(スペシャル・ママトークセッション、見どころ満載の各ブースへ自由にご参加いただけます)
17:20 ウガンダから留学中のエイズ孤児Mさんによるクロージングスピーチ
17:30 閉会のご挨拶

●場所

株式会社シータス&ゼネラルプレス本社10階
(東京メトロ丸の内線「茗荷谷駅」3番出口より徒歩約3分)
東京都文京区小日向4-5-16 ツインヒルズ茗荷谷
>>地図・アクセスはこちら
http://www.c-gp.com/corp/access.html

●定員

先着 120名
*お早めにお申し込みください

●参加費

¥3,500(ドリンクと軽食をご用意しております)
※小学生以下のお子様は無料です。
※開催にかかる費用を除き、参加費は支援活動に大切に使わせていただきます。

●親子参加特典
小学生以下のお子様とご一緒にご参加の場合、すてきなプレゼントをご用意しています。

●ドレスコード特典
世界エイズデーにちなみ、是非「赤いもの」を身につけてご来場下さい!
当日、「特典受付」にて、追加ドリンクチケットを1枚プレゼントいたします。

●「プラスのチャリボン」特典
読み終えた古本1冊をご持参してご来場下さい!
「特典受付」にて、追加ドリンクチケットを1枚プレゼントいたします。
古本が寄付になる「プラスのチャリボン」を通して支援活動を支えていただけます。


●こんな方におすすめです!

・女性として自分らしく働くためのキーポイントを知りたい方
・子育てと仕事の両立を模索している方
・国際協力やアフリカ、エイズ孤児支援に興味がある方
・プロボノやボランティアに興味がある方
・おしゃれな寄付付き商品が気になる方
・ウガンダやケニアの様子を知りたい!と思う方
・ワークライフバランスなど新しい働き方に関心のある方

●申し込み方法

下記フォームよりお申し込みください。
http://www.plas-aids.org/eventform

●スタッフがおすすめする4つのコンテンツ
 
 ▼子育てしながら多方面で活躍するママたちが語る!スペシャルトーク
 「オンナの元気塾」を主宰する中西モナさん、ダイアログ・イン・ザ・ダーク理事
 志村さんをゲストにお迎えし、プラス代表・門田を交え、子育てをしながら働くこと、
 親子の絆、アフリカのお母さんたちの奮闘ぶり、それぞれの活動への熱い想いを語ります。

▼親子でも楽しめる!アフリカ体験コーナー
 アフリカの楽器を叩いたり、東アフリカで伝統的な布を使ったファッションを体験したり、
 親子でも楽しめるコーナーです。豪華プレゼントが当たるクイズラリーもぜひ!

 ▼大人気のアフリカンマーケット
 アフリカから直輸入したかわいいアクセサリー。ここでしか手に入らない待望の新作も!

 ▼駐在員がお伝え!アフリカの現場を動画・写真でご紹介♪
 ケニアから帰国した駐在員・谷澤が、プラスの活動地の様子をご紹介。
 ウガンダ、ケニアを訪れたような身近さを感じるかもしれません。


●プラスホームページに掲載された当イベント記事はこちら
http://www.plas-aids.org/blog/2013/09/13/14096


●プラスについて

プラスは、2005年12月に日本初のエイズ孤児に特化したNGOとして設立されました。
エイズ孤児の現状改善を目指して、ウガンダ共和国、ケニア共和国で現地団体とともに、
学校建設、母子感染予防事業やエイズ啓発事業を行っています。



●お問い合わせ

特定非営利活動法人エイズ孤児支援NGO・PLAS
担当:長嶺
E-mail:info@plas-aids.org
TEL/FAX:050-3627-0271

HP:http://www.plas-aids.org/


投稿者: jfra 投稿日時: 2013-11-8 15:12:52 (299 ヒット)

60の多様な切り口のセッションが揃う、今年度の「ファンドレイジング・日本2014」
お得な早割(5,000円割引)締切まで残り10日となりました!
ご参加予定の方は、お早目にお申込下さい!

お申込・概要はこちら! ⇒ http://jfra.jp/frj/

【早割お申込・お支払い締切 2013年11月18日(月)】

今回はFRJ2014前日(1/31)プレイベントも充実。
3日間で満喫されることをおすすめします!
http://jfra.jp/frj/2014/pre-event.html

━・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
ファンドレイジング・日本2014(FRJ2014)
あなたとともに、次のステージへ。
2014年2月1日(土)、2月2日(日)
 http://jfra.jp/frj/
11/18(月)までお得な早割受付中!
━・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*・°☆:*:・°★:*

【ファンドレイジング・日本2014】
2014年2月1日(土)開場 8:30、セッション 9:30-18:40、懇親会 19:00-21:00
2月2日(日)開場 9:00、セッション 9:30-16:00

【プレイベント】2014年1月31日(金)
http://jfra.jp/frj/2014/pre-event.html

これから資格取得を目指す方には! 
  → 准認定ファンドレイザー必修研修

【追加】すでに認定・准認定ファンドレイザーの資格をお持ちの方には! 
  → マスタークラス 〜認定・准認定ファンドレイザー資格の更なる活かし方〜

【追加】そもそもファンドレイジングってなに?という方には! 
  → 90分でわかるファンドレイジング入門(無料)

初めて参加される方には! 
  → ファーストカマー交流会(無料)

【会場】
国際ファッションセンター(KFC Hall)
〒130-0015 東京都墨田区横綱一丁目6番1号
http://www.tokyo-kfc.co.jp/hall_map.html

【参加費】
ファンドレイジング・日本2014(FRJ2014)
会員 : 17,000円 早割特価 : 12,000円
一般 : 25,000円 早割特価 : 20,000円
早割お申込・お支払い締切 11月18日(月)
懇親会(2月1日): 5,000円

【プレイベント】
准認定ファンドレイザー必修研修
会員 : 10,000円
一般 : 15,000円
ファーストカマー交流会・懇親会
交流会: 無料
懇親会: 5,000円程度

※会員申込:参加申込と同時に日本ファンドレイジング協会会員申込をされた方は、会員価格となります。
※早割特価:2013年11月18日までにお申込・お支払い完了分が対象となります。
※団体購入割引:10枚以上の購入の場合には早割特価を適用させていただきます。
ただし団体購入割引は代表者がまとめてお振込の場合のみとなります。
※懇親会:定員に達した場合、当日受付はいたしません。

【お申込開始 2013年10月1日(火)】
【早割お申込・お支払い締切 2013年11月18日(月)】
【お申込・お支払い締切 2014年1月10日(金)】


◆お申込みはこちらから◆
→ http://jfra.jp/frj/


[お問い合わせ先]
日本ファンドレイジング協会
〒105-0004東京都港区新橋4-24-10アソルティ新橋302
TEL.03-6809-2590 FAX.03-6809-2591 http://jfra.jp frj@jfra.jp


投稿者: shapla 投稿日時: 2013-11-8 14:51:08 (329 ヒット)

シャプラニールは、身近にあるものを捨てずに活かす海外協力「ステナイ生活」
の活動を支えてくださる事務アルバイトを募集しています。

ステナイ生活は、書き損じハガキや古本、CDなどを日本で売ってお金に換えて
、南アジアの支援活動に役立てる活動です。ステナイ生活の更なる普及を目指し
て一緒に働きませんか。

【関連HP】http://www.shaplaneer.org/sutenai/index.php

【職種】「ステナイ生活」等、国内活動に関する事務補佐
【仕事内容】データ入力、資料の発送、寄付品の整理・換金、ボランティア・コー
ディネーションなど
【募集人数】1名

【勤務開始】2013年12月中旬
【勤務地】シャプラニール東京事務所
東京都新宿区西早稲田2-3-1早稲田奉仕園内
【アクセス】新宿区西早稲田・高田馬場駅よりバス5分・東西線早稲田駅徒歩7分
http://www.shaplaneer.org/about/access.html

【資格・条件】
・ワード、エクセル等のパソコン操作ができる方。
・地道な事務作業ができる方。
・国際協力に関心があり、当会の理念/活動に理解がある方。
・長期勤務可能な方歓迎

【待遇】
・給与:時給900円(定期昇給あり)、交通費支給(上限25,000円/月)
【勤務日数】火曜日〜土曜日のうち週3〜5日(委細面談、時期により増減あり)
【休日】日曜日・月曜日・祝日および年末年始
【試用期間】2週間

【応募方法】
事前に電話連絡の上、履歴書を郵送もしくはE-mailにてご送付下さい。
なお、履歴書は返却しませんのでご了承ください。
※送付頂いた履歴書は採用の目的以外には利用しません。
【応募〆切】適任者が見つかり次第、〆切ります。
【選考方法】一次選考:書類審査、 二次選考:面接

【応募・問い合わせ】
(特活)シャプラニール=市民による海外協力の会(担当:小松)
〒169-8611東京都新宿区西早稲田2-3-1 早稲田奉仕園内
TEL:03-3202-7863 FAX:03-3202-4593
E-mail:info@shaplaneer.org
http://www.shaplaneer.org/


投稿者: JEEF 投稿日時: 2013-11-8 14:28:35 (300 ヒット)

(公社)日本環境教育フォーラムでは、(独)環境再生保全機構地球環境基金(以下、ERCA)からの受託業務により、環境NGOによる国際協力活動を支援するための人材育成事業として、「海外派遣研修〜インドネシア」を下記のスケジュールで実施します。

・事前研修:2013/12/21(土)、12/22(日) 2日間(JEEF会議室:東京都新宿区)
・現地派遣研修:2014/1/6(月)〜1 /25(土) 20日間(ジャカルタ~メダン~ボゴール)
・研修報告会:2014/2/11(火) 1日間(JEEF会議室:東京都新宿区)

これから開発途上地域で国際環境協力活動を展開していと考えている人に、インドネシアでのフィールドを通じて基礎的な知識や技能を提供し、模擬企画書の作成を通じて実践力を培うことを目標としています。参加費は5万円です(現地食費等は別途自己負担)。ぜひこの機会にご応募して下さい。

募集期間は2013/10/1(火)〜11/11(月)<※郵送必着>です。応募方法の詳細は、ERCAのホームページ(http://www.erca.go.jp/jfge/training/h25/haken-longterm.html)をご覧下さい。


投稿者: jacses 投稿日時: 2013-11-8 10:58:48 (332 ヒット)

I.背景・目標

 多くの先進国で経済が停滞する中、インドや中国などの新興国は急速な経済発展を遂げている。しかし、急速な経済発展の影で、各地の環境(大気・水質・土壌)悪化とともに、地球温暖化・生物多様性の喪失といった地球レベルでの環境問題を加速させている。また、貧困・格差拡大といった問題も深刻である。

 特にインドは、日本の円借款(ODAローン)最大供与国であり、日本からも多額の民間投融資・インフラ輸出が行われている。再生可能エネルギー推進・エネルギー効率化・鉄道建設・上下水道整備・スマートコミュニティ推進などの事業も多く、経済成長・貧困解消・環境改善などに寄与することが期待されている。しかし、水不足の深刻化や大規模土地収用による雇用喪失・住民貧困化などが懸念されており、持続可能な開発の実現・経済のグリーン化に向けての課題も多い。

 そこで、以下の目的のために、本公開研究会を開催する。
○インドの経済・開発の最新動向を共有し、今後のあり方を検討する。
○インド(及び他の新興国)の持続可能な開発・経済のグリーン化と日本政府・企業・研究者・NGO等の役割(援助・投融資・企業の事業展開等)を考える。

II.日時

2013年12月5日(木)18:30〜21:00

III.会場

ベルサール九段 4階 Room 3
http://www.bellesalle.co.jp/bs_kudan/room/access.html
〒102-0073
東京都千代田区九段北1-8-10住友不動産九段ビル
Tel:03-3288-2441

<交通アクセス>
「九段下駅」7番出口徒歩3分(東西線)
「九段下駅」5番出口徒歩3分(半蔵門線・新宿線)
「神保町駅」A2出口徒歩7分(半蔵門線・新宿線・三田線)

IV.対象

企業・投資家・消費者・市民・NGO・研究者・政策担当者・メディア等

V.主催等

主催:グリーンエコノミーフォーラム
協力:市民外交センター、「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
助成:環境再生保全機構地球環境基金

VI.プログラム(案)<以下、敬称略>

「開催趣旨説明」

1.講演

「インドの経済発展・エネルギー・環境と日本政府・企業の果たすべき役割(仮題)」
 島田卓(株式会社インド・ビジネス・センター代表取締役社長)

「インドにおける経済発展と土地収用問題(仮題)」
 佐藤創(日本貿易振興機構<ジェトロ>アジア経済研究所
 地域研究センター南アジア研究グループ長代理)

「デリー・ムンバイ産業大動脈構想(DMIC)と環境・社会問題(仮題)」
 田辺有輝(「環境・持続社会」研究センタープログラムコーディネーター)

◇休憩◇

2.意見交換

○パネリスト
講演者

○司会
木村真希子(津田塾大学准教授/市民外交センター)
古沢広祐(國學院大學教授)

○論点
・インドの経済・開発の最新動向、今後のあり方。
・インド(及び他の新興国)の持続可能な開発・経済のグリーン化と日本政府・企業・研究者・NGO等の役割(援助・投融資・企業の事業展開等)。

VII.参加費

1,500円

VIII.お申し込み
「2013年12月5日公開研究会参加申込」と明記の上、次のJACSES(グリーンエコノミーフォーラム事務局)ウェブサイト・参加フォーム(http://www.jacses.org/form/form_event.html )から、もしくはFAX:03(3556)7328宛てに「お名前」「ご所属(勤務先・学校など)」「返信のためのご連絡先」を明記の上、お申込み下さい。

IX.お問い合わせ・お申込み

グリーンエコノミーフォーラム
担当:佐々木
TEL:03-3556-7323 FAX:03-3556-7328


投稿者: namakemono 投稿日時: 2013-11-8 1:32:53 (358 ヒット)

世界中で豊かさの指標とされているGNP(国民総生産)。モノやお金=経済の発展度から、わたしたちの幸せ度を測ることができるとされています。一方、国民みんなの幸せ度そのものに焦点を当てたGNH(国民総幸福)を打ち出しているのが、ヒマラヤの小国ブータンです。ホンモノの豊かさの指標が、いま世界中から注目を集めています。

そのブータン王国に、1981年〜1990年の10年間滞在し、国立図書館の建設に尽力したチベット研究者の今枝由郎さんを講師に、GNHやその根底にある仏教思想を学ぶ講演会を開催します。日本におけるしあわせの価値観を問い直し、持続可能なライフスタイルを築くための気づきの場になればと思います。

この機会に、皆さんのGN「H」=「しあわせ」のかたちを見つけにきてください♪

<詳細>
日時:2013年11月24日(日)14:30〜16:30(会場・受付14:00〜)
参加費 : 800円 / 定員:60名(申込み先着順)
会場:明治学院大学 白金キャンパス 本館2階 1252教室
※終了後、今枝先生を囲み懇親会を開催します。
(会費:3500円、 希望者のみ定員:30名。申込み着順)
お申込み: 
こくちーず: http://kokucheese.com/event/index/124795/
または、045-443-9461ナマケモノ倶楽部まで
※申込み締切り:2013年11月22日(金)

問合せ先:ナマケモノ倶楽部事務局  
Email:info@sloth.gr.jp TEL:045-443-9461
HP: http://www.sloth.gr.jp/


投稿者: nicco 投稿日時: 2013-11-7 10:37:24 (510 ヒット)

2011年以降、軍事政権からの民政移管が進み、政治、経済面で大きな変革期を迎えているミャンマー(ビルマ)。
この国では、130もの少数民族が国境の山岳地帯に居住しています。

これらの地域では、1948年のミャンマーの独立以来、中央政府と各少数民族組織の間で軍事的対立が続き、
戦闘に巻き込まれた住民達は、難民、国内避難民となる等、多くの困難を経験して来ました。
現在は、2011年以降の変革を受けて、各少数民族と連邦政府の間で停戦と和平の交渉が進んでおり、
長年の課題である少数民族の人道問題にも、解決の可能性が出てきています。


このような変化を受け、NICCOはジャパン・プラットフォーム(JPF)の一員として、
これまで調査団に3回参加し、タイとの国境地帯にあるカレン州での調査を続けてきました。
その結果、カレン州のもっとも国境に近い遠隔地では、国内避難民を含む多くの住民が厳しい生活を送っていることがわかりました。

彼らは医療施設の不足と長年の紛争により、十分な保健医療サービスを受けることが出来ていません。
特にカレン州の山岳地では、マラリア、デング熱など蚊を媒介とした感染症がまん延し、薬物耐性をもったマラリア原虫も発見されています。こうした深刻な状況下において、
多くの住民が十分な感染症に対する治療や予防のためのサービスを受けることができていないのです。


NICCOはミャンマーにて、これらの感染症の対策を開始します。
さらに、 現地の医療機関と連携し、住民による保健委員会を設立します。
また、そこで働く保健ボランティアや伝統的産婆(TBA :Traditional Birth Attendant)等に対してプライマリ・ヘルスケア(PHC)、
感染症対策に関する研修を行い、感染症対策についての知識や能力の向上を支援します。


この事業は10月17日に開始、10月28日より事務局長の折居徳正を含む日本人スタッフ2名もミャンマーに入りました。
引き続きWEBサイトにて、現地からのレポートをお届けします。

募金、詳細などはこちらから


投稿者: ftakift 投稿日時: 2013-11-7 0:42:15 (243 ヒット)


ケア・インターナショナル ジャパンの第5期ファンドレイジングチャレンジ!チーム「CAREGO!!」の第5企画。

 今回のテーマは「東ティモール〜アジアで一番若い国から学ぶ〜」です。
みなさんは東ティモールという国をご存知ですか?名前だけ聞いた事がある方、初めて聞いたという方もいらっしゃると思います。東ティモールは2002年にインドネシアからの独立を経て誕生したアジアで一番新しい国です。ケア・インターナショナル ジャパンでは東ティモールを支援国の1つとし、現地語による教育支援プロジェクトや子供たちと支援者をつなぐスマイルギフトキャンペーンを行ってきました。今年4月には、フォトジャーナリスト佐藤慧氏による東ティモール写真展や、佐藤氏と独立闘争を闘った東ティモール人、ゼキト・オリベイラ氏の講演会も開催しています。
 今回はその東ティモールを舞台としたドキュメンタリー映画「カンタ!ティモール」の上映を通じて、“平和”や“幸せ”などについて学び、深く考える大切な時間を皆さんと共有したいと思っております。少しでも国際協力に興味がある方、ドキュメンタリー映画がお好きな方、全く興味が無かったという方もこの映画を通して心にグッとくるモノが得られると思いますのでぜひ奮ってご参加ください。
*今回のイベント収益は必要経費を除き全額CAREの活動支援金にあてられます。

【イベント詳細】
・日時:2013年11月23日(土) 13:30〜16:30  (13:00〜13:30 受付)
    ※途中休憩あり、映画上映110分後、感想共有などの時間を設けます。
・場所:新宿NPO協働推進センター
http://www.city.shinjuku.lg.jp/seikatsu/snjk001128.html
  *アクセス 電車:高田馬場駅 下車徒歩15分
        バス:小滝橋下車徒歩4分(都営バス:飯64、上69 関東バス:宿02、
           宿08)
・参加費:大人1300円 学生1000円
    ※上映中に暴行の描写が含まれますので小学生以下の方はご遠慮ください
・募集人数:50名
     ※事前申し込み優先、席に余裕がありましたら当日参加も可能です
・お申し込み方法:https://www.careintjp.org/contact/vol_event1.php
こちらより「イベントに参加する」を選択し、必要事項をご記入の上、ご登録をお願いします。


投稿者: DEAR 投稿日時: 2013-11-6 17:29:32 (367 ヒット)

●「水」をテーマにした新教材を一緒につくりましょう
今年度DEAR では「水」をテーマにした開発教育教材を作成しています。
そのための制作費(取材・執筆費、印刷費など)が220万円かかり、そのうち100万円 は助成金を得ることができましたが、あと120万円必要となります。

そのため“水”教材募金をおこなうこととなりました。
教材の発行まであと一歩‥。
完成した教材は、全国の学校や市民による学びの場で活用されます。
ぜひ、ご寄付で教材発行を応援してください。

●寄付してくださった方には‥
・お名前を掲載!:2014年2月10日までにご寄付くださった方全員のお名前を、教材の巻末に掲載します。
・完成した教材をいち早くプレゼント!:5000円以上ご寄付くださった方には、できたての教材を一般販売よりも先駆けて一部お送りします(3月末〜4月上旬予定)。

●教材の内容〜冊子(約90ページ)+CD(写真データ30〜40枚)
生命の源である“水” ですが、水不足や水をめぐる争いは世界各地でより深刻になってきており、「21 世紀は 水の世紀である」とも言われています。世界における水をめぐる問題は、エネルギーを大量に消費し、食べ物の 多くを外国に頼る私たちの生活とも深く関わっています。また、水源林の荒廃やダム開発、水道事業の管理・運営 など、身近な環境や暮らしに直結する問題も多くあります。

本教材は、それらの問題を知り・理解するとともに、世界/地域の水資源を持続可能かつ公正に利用していくためにはどうすればよいかを、周りの人たちと共に考えていくための学習教材です。

▼第一部〜広く学ぶ
水のいろいろ
・世界の水なぞなぞ&格言
・地球上の水の割合
・水の循環
・分野別使用量、など
世界の水事情
世界各地の水事情(地下水の枯渇・河川の汚染・水へのアクセスなど)に関する写真と、そこに住む人々の言葉を紹介。
▼第二部〜深く考える
各テーマを議論し考えるためのロールプレイやシミュレーションを紹介。
.弌璽船礇襦ΕΕーター
▲瓮灰鷁呂侶辰
ダム開発@日本
ぅ淵ぅ覯呂凌紊話のものか?
タ綟算業
▼第三部〜分析・解決に向けて
一部・二部で学び、考えたことを整理・分析し、問題を解決するために何をすべきかについて参加型で考えるための手法を紹介。
▼実践紹介編
“水” をテーマにした小学校から大学での授業実践の他、地域の水環境をよりよくするために活動している人々のアクションを紹介。

●ご寄付の方法は3種類からお選びください
(1)クレジットカード決済
オンライン決済サービス会社PayPal社のシステムを利用し、以下サイトから各種カードでご寄付ができます。クレジットカード番号は、当協会には開示されませんのでご安心ください。
http://www.dear.or.jp/getinvolved/donation2013.html

(2)銀行振り込み
支払者のお名前の前に「ミズキフ」とご記入のうえ以下の銀行口座宛にご入金ください。
三菱東京UFJ銀行 高田馬場支店
普通口座 1509685
口座名義 特定非営利活動法人開発教育協会理事岩裕保
(トクテイヒエイリカツドウホウジンカイハツキョウイクキョウカイリジイワサキヒロヤス)
※振込後にメールまたは電話でお名前・ご住所をお知らせください。

(3)郵便振替
ゆうちょ銀行(郵便局)に備え付けの払込取扱票をご利用のうえ、ご入金ください。
口座番号 00180-8-50096
口座名義 (特活)開発教育協会
※通信欄に「水教材募金」と記入してください。

●お試しワークショップも実施!
11月23日と1月18日に、作成中のアクティビティを体験し、意見をいただくワークショップを開催します。
http://www.dear.or.jp/getinvolved/e131123.html

●ご寄付・教材に関するお問合せは
特定非営利活動法人 開発教育協会(DEAR)
担当:宮崎 
112-0002 東京都文京区小石川2-17-41 富坂キリスト教センター2号館3階
TEL: 03-5844-3630 FAX: 03-3818-5940 E-mail: miyazaki@dear.or.jp

●開発教育協会/DEARとは?
南北格差・環境・紛争・貧困など、地球上で起こっている諸問題はわたしたちの生活と無関係ではありません。開発教育とは「知り・考え・行動する」という視点でその解決に取り組んでいくための市民による教育活動です。開発教育協会は、国際協力NGOや国連関係団体、地域の市民団体など約50の民間団体と教員など約700名の個人で構成される教育NGOです。1982年に発足して以来、開発教育と呼ばれる国際理解や国際協力をテーマとした教材の発行(約30点)や、講師派遣(年間150回)、参加型学習の普及推進を行なっています。教材『ワークショップ版・世界がもし100人の村だったら』で国際人権教材アワード受賞(2004年)。


投稿者: DEAR 投稿日時: 2013-11-6 16:24:10 (209 ヒット)

『子どもとできる創造的な対立解決〜実践ガイド』には、安心して学べる環境づくりや対立から学ぶ様々なワークが掲載されています。そのワークを実際に体験し、教室や学習の場で活用する方法を考えます。

「クラスで使ってみたいけど、テキストを読むだけじゃちょっとよくわからない‥」「やってみたけど、いまいちうまくいかなかった。ほかの方法があるのかも‥」等々、実際に教室で行う際の疑問点、留意点など考えながら、みんなでアイデアを出しあいましょう!どなたでもご参加いただけます。

●日 時
2013年11月30日(土)14:00〜17:30

●会 場
富坂キリスト教センター1号館 会議室
(東京都文京区小石川2-9-4地下鉄後楽園駅・春日駅下車徒歩10分)

●対 象
子どもと接する機会の多い方、先生、学生、内容に興味のある方はどなたでも参加できます!

●定 員
30名

●参加費
一般¥1,000、DEAR会員・ガイドをお持ちの方¥500
※ガイドをお持ちでない方も、お気軽にご参加ください。
※参加費は当日受付でお支払いください。

●プログラム予定
『子どもとできる創造的な対立解決〜実践ガイド』より
13課 アクティブ・リスニング
44課 社会的な不公正
ひとつのワーク(約50分間で構成)を体験した後、フィードバックや話し合いを行います。

●主催・お申込み
(特活)開発教育協会/DEAR CR教育(対立解決教育)研究会
事前にお電話か以下のメールフォームからお申込みください。
Tel: 03-5844-3630(平日10時〜18時) Fax: 03-3818-5940
URL: http://www.dear.or.jp/getinvolved/e131130.html

●参考図書:『子どもとできる創造的な対立解決−実践ガイド』
子どもたちの問題解決の力と、集団で活動するための力を育てるための創造的対立解決プログラム(RCCP)。「怒りにじょうずに対処する」「人の話をしっかり聞く」「意見をはっきりと伝える」「問題解決に積極的にかかわる姿勢を育む」。みんなが話しやすい環境をつくり学んだことを分かち合うためのガイドです。3部・62課のどの部分からでも、一部分でも、お使いいただけます。(DEAR・2010年発行)
http://www.dear.or.jp/getinvolved/e131130.html

●開発教育協会/DEARとは?
南北格差・環境・紛争・貧困など、地球上で起こっている諸問題はわたしたちの生活と無関係ではありません。開発教育とは「知り・考え・行動する」という視点でその解決に取り組んでいくための市民による教育活動です。開発教育協会は、国際協力NGOや国連関係団体、地域の市民団体など約50の民間団体と教員など約700名の個人で構成される教育NGOです。1982年に発足して以来、開発教育と呼ばれる国際理解や国際協力をテーマとした教材の発行(約30点)や、講師派遣(年間150回)、参加型学習の普及推進を行なっています。教材『ワークショップ版・世界がもし100人の村だったら』で国際人権教材アワード受賞(2004年)。


投稿者: jifpro 投稿日時: 2013-11-6 16:12:48 (401 ヒット)

下記の通りREDDプラスに係る海外森林技術研修(インドネシア)の参加者を募集いたします。奮ってご参加ください。

1.研修の概要
海外研修では,REDDプラス実施に向けた国内体制整備が進んでいるインドネシアの最新情報を学ぶとともに,地上調査とリモートセンシングによる森林炭素蓄積量の推定方法や簡易型農村調査の手法を講義および野外・屋内実習を通して学びます。REDDプラスを実施するうえで必要となる実務的な技術の習得を目指します。

2.研修期間
平成26年1月5日(日)〜12日(日) 8日間

3.研修場所
インドネシア国西ジャワ州ボゴール周辺(ボゴール農科大学を予定)

4.応募資格
心身ともに健康で,REDDプラスに関する基礎的な知見をお持ちの方。なお,REDDプラスに関連する業務に従事する予定のある方,森林調査や海外林業協力の実務経験のある方を優先します。

5.募集人数
10名程度

6.使用言語
英語

7.受講料
無料

8.旅費等その他経費
研修生は,原則として,事務局で手配する交通手段・宿泊施設・海外旅行保険を利用することとし,それらに必要な経費は主催者側が負担します。なお,飲食に要する経費は自己負担とします。

9.講師予定
・松本光朗(森林総合研究所)
・高原繁(JICA IJ-REDD+プロジェクト)
・国連インドネシアREDD+調整事務所
・インドネシア国家気候変動評議会(林業省担当者)
・ボゴール農科大学(IPB)
・国際林業研究センター(CIFOR)
・太田誠一、仲摩栄一郎(国際緑化推進センター)他

10.応募要領
以下の書類( 銑)を電子メールに添付または郵送にて下記の研修事務局宛てにお送りください。
提出書類:
〇臆耽醜書(2枚(AおよびB)、ダウンロードし必要事項を記入してください)
▲僖好檗璽箸離ラーコピー(顔写真があるページ、入国時に6カ月以上の残存有効期間が必要)
7鮃診断書(3か月以内)

募集期間:平成25年12月9日(月)午後5時まで(必着)
選考方法:申込書類をもとに本事業の趣旨に照らして審査し、研修生を決定します。
決定通知:平成25年12月12日(木)頃までに応募者へ通知します。

【研修事務局】(公財)国際緑化推進センター
〒112-0004 東京都文京区後楽1-7-12 林友ビル3F
TEL: 03-5689-3450 FAX: 03-5689-3360
電子メール: reddtr アットマーク jifpro.or.jp
【実施機関】(独)森林総合研究所 REDD研究開発センター
※本研修は、独立行政法人森林総合研究所が、林野庁のREDD推進体制緊急整備事業より補助を受けて実施するものです。
平成25年度 REDDプラスに係る海外森林技術研修(インドネシア)reddtr@jifpro.or.jp


投稿者: pe000909 投稿日時: 2013-11-6 16:12:39 (245 ヒット)


【宮城県石巻市で開催!】

実践で学ぶ。災害ボランティアの基礎知識!次の災害に備え、動ける人になる。



私たちは、東日本大震災などの被災地支援を通じて、ボランティア活動の大切さを強く感じました。そして、皆さん一人一人が少しの知識を知っているだけで、より多くの人を助けることが出来ます。誰にでも必要な知識を2日間に凝縮しました。

ご家族・ご友人、お誘い合わせの上、ご参加下さい。

<開催概要>
◆日程

A.東京発着
11月22日(金)22:00-24日(日)21:00
※現地までのバスを運行します。
B.現地集合・現地解散
11月23日(土)08:00-24日(日)12:00

◆開催場所
宮城県石巻市内キャンプ場 ※宿泊はテントです。
募集人数
40名 ※最小催行人数30名

◆参加条件

中学生以上 ※中学生は保護者の同伴が必要です。

◆受講料
プランA.東京発着        [一般]15,000円 [PBVサポート会員]12,000円
プランB.現地集合・現地解散 [一般]8,000円  [PBVサポート会員]5,000円

※中高大学生はPBVサポート会員価格で受講が可能です。

◆主な内容
東 日本大震災の被災地となった宮城県石巻市にて、災害ボランティアを行ううえで必要な知識とスキルを学びます。知識では人道支援や災害支援に対する国際基準 を交えた基礎を学びます。またボランティアサイトの設営や現場の安全管理など基本となる視点を養い、災害ボランティア活動中に需要の高い土嚢袋の取り扱い や車両トラブルへの対応方法などを学びます。

  

◆活動プログラム
<1日目>
・オリエンテーション
・災害支援と人道支援の基準
・活動前の安全チェック
・活動拠点(テント、トイレ、本部など)の設置方法
・ボランティアしゃべり場
<2日目>
・ロープワークの基礎
・土嚢袋の作り方
・車の簡単トラブル解決
・石巻市内を自由に散策

■料金
プランA.東京発着        [一般]15,000円  [PBVサポート会員]12,000円
プランB.現地集合・現地解散 [一般]8,000円 [PBVサポート会員]5,000円
※「PBVサポート会員」の詳細はコチラ↓
http://pbv.or.jp/support-member.html

■参加方法
オンラインフォーム又はお電話にてご予約の上、ご参加ください。

・オンラインフォーム

・03-3363-7967(10:00-18:30/土日祝定休)

■注意事項
◆ 各自治体の社会福祉協議会にて、ボランティア保険(天災タイプ)に加入して下さい。

◆ 準備物をご確認の上、ご準備下さい。

◆ 集合場所までの、交通手段をご確認下さい。

◆ 当日は遅刻がないように、会場にお越しください。
 ●集合時間・場所
<東京発着>
 11月22日(金)22:00 ※受付開始21:45
 シチズンプラザ前(新宿区高田馬場4-29-27)

<現地(石巻)集合>
 11月23日(土)8:00 ※受付開始7:45
 ピースボートセンターいしのまき(石巻市立町1丁目5-21)

◆ 受講料は、当日受付時に現金でお支払いください。

◆ 宿泊施設に入浴所はありません
※トレーニングキャンプ終了後、各自でお済ませください。

トレーニングキャンプに関する詳細は下記のページをご覧ください。
http://pbv.or.jp/volunteer_training/camp/20131123.html


投稿者: social_value 投稿日時: 2013-11-6 15:35:48 (437 ヒット)

週末のみの隔週4ヶ月、全10回の講義となります。短い時間ですが、社会起業大学のエッセンスを十分に体感することが可能なカリキュラムとなっています。
ビジネスに活かすことのできる自分の強み(らしさ)の発見から、社会的課題へのアプローチ、そして現役の社会起業家を招いてのビジネス立ち上げの手法や成功の種を見つける講義。そして、チームで実際に社会的課題にアプローチする「プロジェクト」。共感でつながる仲間が集まることで、一人では想像もできないアプローチが生まれます。
対象となる方
,金だけじゃない、もっと人のため、地域のため、社会のために働きたいという方
学生の頃は熱かったのに、会社の目の前の仕事に追われてしまっているという方
いきなり起業は難しいけど、とにかく何か一歩踏み出したいという方
ぁ崋匆餤業って何?」「きれいごとじゃないの?」という疑問を持っている方
ヌね茲了劼匹發燭舛琉戮法△泙困麓分が動き出す「きっかけ」が欲しいという方
震災復興のために何かしたいけど、具体的にどうしていいのかわからないという方
途上国の貧困問題にアプローチしたいけど、現地に飛び込めていないという方
このコースに参加することで得られるモノ
 崋分らしさ」を発見し、イキイキと働くきっかけための「軸」
近しい価値観を持ちながら、様々なバックボーンを持った、一生付き合える仲間
ビジネススキルの基本である、分析力、プレゼン力、プロジェクトマネジメント力
WEBサイト作成、イベント企画などベンチャーにおけるコストをかけない集客法
サ業家とのネットワークの加速度的な広がり

現状を変えるきっかけをお探しの方、気楽に真剣に、このコースにご参加下さい。

週末起業塾受講に関しての3つの特典
1. 受講期間中、いつでも頼れるサポート体制
1回限りのセミナーに出ても、その場限りで終わってしまうことが多いものです。本講座では、受講期間中、FBのコミュニティでずっとサポート。社会起業大学に来れば、講師やスタッフに直接尋ねる事も可能です。実践の課程で分からないことをどんどんぶつけてみて下さい。
2. 社会的企業で1日インターン
課外授業として、希望者にシャドウイングと称した社会的企業への1日インターンの機会を設けています。実際に社会的課題に取り組んでいる起業家・企業のもとで1日インターンをすることによって、社会起業の現場を体感してもらうことを目的としています。現場を知り、その得られた理解をプランに結び付けることで、はじめて学習に現実味が帯びてきます。
3. eラーニングの視聴が期間中無料!
50以上の社会起業家の講演をeラーニングで視聴することが可能です。インターネット接続可能な環境ならどこでも受講可能。ケータイ、スマートフォンでも受講いただけます。さまざまな社会起業家の汗と工夫から、社会性と経済性を両立させるための成立要件を学習します。

http://socialvalue.jp/elearning/index.html


日時
  2013年11月30日(土) 15時−18時(受付開始 12:30)全10回
場所
  社会起業大学
定員
  15名
締切
  定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。
費用
  84,000円 (申し込みを受け付け後、事前にお振り込みをいただきます。)

詳しくはこちら→http://socialvalue.jp/short/we/index.html
info@socialvalue.jp

お問い合わせ先
※社会起業大学
※東京都千代田区二番町二番平田ビル1階
※TEL:03-6380-8444
desk@socialvalue.jp


投稿者: social_value 投稿日時: 2013-11-6 15:35:12 (206 ヒット)

週末のみの隔週4ヶ月、全10回の講義となります。短い時間ですが、社会起業大学のエッセンスを十分に体感することが可能なカリキュラムとなっています。
ビジネスに活かすことのできる自分の強み(らしさ)の発見から、社会的課題へのアプローチ、そして現役の社会起業家を招いてのビジネス立ち上げの手法や成功の種を見つける講義。そして、チームで実際に社会的課題にアプローチする「プロジェクト」。共感でつながる仲間が集まることで、一人では想像もできないアプローチが生まれます。
対象となる方
,金だけじゃない、もっと人のため、地域のため、社会のために働きたいという方
学生の頃は熱かったのに、会社の目の前の仕事に追われてしまっているという方
いきなり起業は難しいけど、とにかく何か一歩踏み出したいという方
ぁ崋匆餤業って何?」「きれいごとじゃないの?」という疑問を持っている方
ヌね茲了劼匹發燭舛琉戮法△泙困麓分が動き出す「きっかけ」が欲しいという方
震災復興のために何かしたいけど、具体的にどうしていいのかわからないという方
途上国の貧困問題にアプローチしたいけど、現地に飛び込めていないという方
このコースに参加することで得られるモノ
 崋分らしさ」を発見し、イキイキと働くきっかけための「軸」
近しい価値観を持ちながら、様々なバックボーンを持った、一生付き合える仲間
ビジネススキルの基本である、分析力、プレゼン力、プロジェクトマネジメント力
WEBサイト作成、イベント企画などベンチャーにおけるコストをかけない集客法
サ業家とのネットワークの加速度的な広がり

現状を変えるきっかけをお探しの方、気楽に真剣に、このコースにご参加下さい。

週末起業塾受講に関しての3つの特典
1. 受講期間中、いつでも頼れるサポート体制
1回限りのセミナーに出ても、その場限りで終わってしまうことが多いものです。本講座では、受講期間中、FBのコミュニティでずっとサポート。社会起業大学に来れば、講師やスタッフに直接尋ねる事も可能です。実践の課程で分からないことをどんどんぶつけてみて下さい。
2. 社会的企業で1日インターン
課外授業として、希望者にシャドウイングと称した社会的企業への1日インターンの機会を設けています。実際に社会的課題に取り組んでいる起業家・企業のもとで1日インターンをすることによって、社会起業の現場を体感してもらうことを目的としています。現場を知り、その得られた理解をプランに結び付けることで、はじめて学習に現実味が帯びてきます。
3. eラーニングの視聴が期間中無料!
50以上の社会起業家の講演をeラーニングで視聴することが可能です。インターネット接続可能な環境ならどこでも受講可能。ケータイ、スマートフォンでも受講いただけます。さまざまな社会起業家の汗と工夫から、社会性と経済性を両立させるための成立要件を学習します。

http://socialvalue.jp/elearning/index.html


日時
  2013年11月30日(土) 15時−18時(受付開始 12:30)全10回
場所
  社会起業大学
定員
  15名
締切
  定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。
費用
  84,000円 (申し込みを受け付け後、事前にお振り込みをいただきます。)

詳しくはこちら→http://socialvalue.jp/short/we/index.html
info@socialvalue.jp

お問い合わせ先
※社会起業大学
※東京都千代田区二番町二番平田ビル1階
※TEL:03-6380-8444
desk@socialvalue.jp


投稿者: social_value 投稿日時: 2013-11-6 13:45:53 (222 ヒット)

「地域活性化ってよく聞くけど、どんな人が何をやっているの?」
地域活性に携わる人たちがどんな経緯で起業をしたのか、どんな理念を掲げているのか、
準備中の苦労や、ぶつかった壁。そしてそれらをどのように乗り越えて現在に至ったのか。
地域活性のリアルな現場の話を聞いて、これからの地域活性をみなさんで考えてみませんか?
今回のミニセミナーでは、静岡県三島市で「三島バル」を運営する川村結里子さんにお越しいただきます。
地元メディアでも大きく取り上げられた川村さんは、静岡県内で、中心市街地の飲食店をチケット制で食べ歩き・飲み歩きするイベント「バル」を開催し、地元三島を活気づける活動を行っております。
インテリアコーディネーターから飲食店経営、三島バル実行委員会の活動に至った経緯や背景をお話しいただくと共に、 これから地域活性の道を歩もうとしている方々へ、熱いメッセージをお届けします。
三島バルについての掲載記事 http://www.socialvalue.jp/news/images/pdf/nikkeimj_kawamura.pdf
三島バルについての掲載記事◆http://www.socialvalue.jp/news/images/img/120412_shizuoka.png




■ 費用:無料
■ 募集人員:30名
■ 日程:2013年11月15日(金)19:00〜21:00
■場所:社会起業大学(東京都千代田区二番町二番平田ビル1階)

【詳細・お申込みはこちら】
http://www.socialvalue.jp/seminar/detail000820.html

【お問い合わせ先】
*社会起業大学 運営事務局
*TEL:03-6380-8444
*Mail:lead@socialvalue.jp


投稿者: galileo 投稿日時: 2013-11-6 9:36:27 (211 ヒット)

*********************

第42回 あすを見つけるための国際協力セミナー

現場から学ぶ 未来を切り開く「勝負術」!

講師は、インドシナ難民救援活動に携わっていた
国際協力のパイオニア。この道30年のベテランです。
難民救援から、東北復興支援の現場に至るまで
常に相手と真剣勝負で向き合ってきた講師の生きざまをお届け!

12/7(土)18:30〜21:00 
会場:大阪駅前第二ビル五階 大阪市生涯学習センター
   大阪市北区梅田一丁目2-2
地図:http://www.osakademanabu.com/umeda/
アクセス:JR/阪神 大阪/梅田駅から徒歩3分   
一般700円 学生500円(要学生証。資料代含む)

お電話での予約・お問い合わせ
090-1718-0625(担当:加藤)

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
講師 ガリレオクラブ代表  浅井 一正
講師経歴はココ⇒http://p.tl/TTVN
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

【申し込み】
参加者名簿を作成しますのでご記入お願いします。
1.お名前、住所、電話番号、メールアドレス
2. 仕事や専攻&興味があること
3.何の制約もなかったら、何がしたい人ですか?
4.参加日
5.セミナーをどこで知りましたか?
を添えてinfo@galileoclub.orgまで。
ご連絡お待ちしています!

国際協力の現場は命がけ!
ピストルを突き付けられたり、血だらけの人の救護にあたったり・・
しかも、病院もコンビニも何もないのが大前提。
そんな現場で仕事をするのに、社交辞令やキレイごとはいりません。

そんな現場で求められる勝負術は
職場や、人間関係、あらゆる場面に応用できるノウハウ。
この勝負術を手に入れてもっと充実した人生を切り開きましょう!

講師と参加者が会話をしながら進んでいく形式です。
参加者の興味によってセミナーは組立てられますので
具体的な内容は当日までのお楽しみ♪

■セミナーの後には参加費1000円の懇親会■
セミナーでは聞けなかった裏話が聞けるかも?
講師との距離も縮まりますので、奮ってご参加下さい。

・━━━━━━━━━━
■自分を磨くイベント速報■
・━━━━━━━━━━
11/16@神戸 18:00-21:00
第41回 国際協力セミナー
詳細・申込→http://p.tl/7hNe

11/16-17@神戸 10:00-17:00
炎の就活セミナー☆世界で通用する実力を!
詳細・申込→http://p.tl/6dCs

11/23-24@神戸 10:00-17:00
人間を磨く国際協力セミナーアーカイブス
詳細・申込→http://p.tl/Qy2k

11/30-12/1@神戸 10:00-17:00
やみくも就活から自分を磨く就活へ!
詳細・申込→http://p.tl/Hj1b

■ キャンセルについて

キャンセルの場合はなるべく早くご連絡下さい。
下記キャンセル料をお願いします。

イベントの2日前まで  無料
前日、当日   参加費の80%
無断キャンセル 参加費の全額

なお、キャンセル料は、一律に一般の金額になります。
(ただし、学生証のコピーを、郵送またはメールで
お送り頂ける場合には、この限りではありません)

ご連絡さえいただければ、
その席をほかの人に譲れます。
よろしく、ご協力ください。

・━━━━━━━━━━━━━━━
〒650-0022 神戸市中央区元町通2−4−5
ガリレオクラブインターナショナル
http://galileoclub.org

■講師ブログ「神戸名物」
 人にとって大切なものは何か?
 http://zenpukudo.tea-nifty.com/
・━━━━━━━━━━━━━━━


投稿者: social_value 投稿日時: 2013-11-5 18:23:16 (514 ヒット)

ソーシャルビジネス(ミニ)グランプリは社会起業家を目指す人の発表の場として、
奇数月第3木曜日に開催しており、今回はその第7回目になります。

日々の事業活動を一般参加の方にプレゼンすることで、
社会的課題を解決する事業を知ってもらう機会とし、共感し合う仲間・支援者を増やします。

ソーシャルビジネスグランプリのように、共感カードを使用します。
参加者の自己紹介時間やグランプリ後に交流会を用意しておりますので、
発表者だけでなく参加者の事業活動に対しても仲間や支援者を集めることができます。

社会起業家を志す仲間をお探しの方や、社会起業家とはどんな人たちなのか?興味ある方は絵日ご参加ください。

■ 発表者紹介
―性いきいきチャレンジ応援協議体 副会長 本間 博之 氏
障がい者がカフェのオーナーとして活躍できるしくみ作りに挑戦!

PicBook 代表 清水 裕 氏
社会貢献の絵本で未来を明るくする!

■ 価格:無料(交流会も無料、軽い飲食をご提供いたします。)
■ 募集人員:50名
■ 日程:2013年11月14日(木)
■時間:19時−21時30分(その後、交流会)

【詳細・お申込みはこちら】
http://socialvalue.jp/seminar/entry/mgp.html

【お問い合わせ先】
*社会起業大学 運営事務局
*TEL:03-6380-8444
*Mail:lead@socialvalue.jp


投稿者: social_value 投稿日時: 2013-11-5 17:30:10 (274 ヒット)

自分のスキルをもっと社会のために使いたい、
社会貢献をしたいけれど、無償のボランティアでは続ける自信がない、
世の中の役に立つ事業を自分の手で創りたい―
そんな想いを抱えている方は、ぜひ社会起業大学の無料セミナーにお越しください。
社会起業大学は、社会課題をビジネスの手法を使って解決し、“世の中に新しいあたりまえ”を生み出す「社会起業家」を育成するビジネススクールです。社会性と経済性を両立させる方法をレクチャーし、起業や、社内での新規事業立案、キャリアチェンジにつながるヒントをお伝えします。ご入学する・しないに関わらずどなたでもご参加いただけます。



【本文】
社会起業大学の無料体験授業では、「社会起業家、ソーシャルビジネスとは何か」という基本的な知識の習得と、実際に社会起業大学に通う学生のビジネスプランに対する、グループワークによるフィードバックを行います。体験授業に参加する多くの方は、社会に貢献する生き方をしたい方、ソーシャルビジネスのビジネスプランをお持ちの方です。グループワークを行なった後は、初対面とは思えないほど参加者同士で盛り上がり、そのまま皆でランチに行くグループもあるほど。普段はなかなか話すことの出来ない熱い想いを、同じ志を持つ方と語り合ってみませんか?

 ・Big issueは「誰が」買っているのか?
 ・社会起業家が注目されるようになったのはいつから?
 ・日本のNPOの数は?その内稼働しているのはどれくらい?
 
上記は体験授業で講師がお話している一部の内容です。
これ以外にも様々な社会起業に関する情報をお伝えしています。3時間で知識が得られ、ネットワーク作りもできる、満足度95%の体験授業、ぜひご参加ください。


【詳細】
http://socialvalue.jp/lp/005/index05.html

持参品
■ 筆記用具・ノート
■ 名刺(お持ちであれば)
■ 服装は基本的に自由です

日時:2013年11月23日(土)10:00-13:00
場所:社会起業大学(東京都千代田区二番町2番平田ビル1階)


【お問い合わせ先】
*社会起業大学 運営事務局
*TEL:03-6380-8444
*Mail:lead@socialvalue.jp


投稿者: unuias 投稿日時: 2013-11-5 17:14:20 (301 ヒット)

New Fellows' First Presentations 2013

Presentation Descriptions
Presentation language: English

"Unravelling the Complexity of International Environmental Law for the Anthropocene"
Rakhyun E. Kim , UNU-IAS Postdoctoral Fellow

"Riting Wrongs: Revitalizing Rites of Initiation, Healing and Transformation for Indigenous Leadership"
Kabir Sanjay Bavikatte, JSPS-UNU Postdoctoral Fellow

Programme

15:30 - 15:55
"Unravelling the Complexity of International Environmental Law for the Anthropocene"
Rakhyun E. Kim (UNU-IAS Postdoctoral Fellow)

15:55 - 16:25 Discussion
Chair: Norichika Kanie (UNU-IAS Senior Research Fellow)

16:30 - 16:55 "Riting Wrongs: Revitalizing Rites of Initiation, Healing and Transformation for Indigenous Leadership"
Kabir Sanjay Bavikatte (JSPS-UNU Postdoctoral Fellow)

16:55 - 17:25 Discussion
Chair: M.S. Suneetha (UNU-IAS Adjunct Senior Research Fellow)

日時:2013年11月12日(火) 15:30 - 17:30

場所:国連大学高等研究所(横浜市西区みなとみらい1-1-1 パシフィコ横浜国際協力センター6F)

参加費:無料

申込方法:ホームページより申込(11月11日(月)まで)
http://www.ias.unu.edu/sub_page.aspx?catID=8&ddlID=2792

問合先:
国連大学高等研究所
電話 045-221-2300
Eメール unuias@ias.unu.edu


投稿者: HFW 投稿日時: 2013-11-5 17:14:17 (395 ヒット)

内容 啓発活動担当職員の補佐。国内におけるイベントの企画・運営、飢餓や食料問題に関する情報収集。NGOや国際機関とのネットワークの運営補佐など。
人数 1名
期間
半年〜1年(採用次第開始)
条件 HFWの理念・活動に理解がある方。基本的なPCスキルをお持ちの方(Word、Excel、PowerPoint)。飢餓や食料問題についての情報を収集できる程度の英文読解能力を有すると望ましい。
待遇 無給、交通費支給(1日1000円以内)
勤務時間 週16時間(2〜3日)。月〜土 (イベント時は日祝の出勤あり)、時間帯応相談。
勤務地 東京事務所(千代田区飯田橋)
応募方法 履歴書、志望動機(A4 1枚程度)を事務局まで電子 メールまたは郵送にて送付。書類審査後、面接。
連絡先 事務局03−3261−4701(担当職員:儘田)までご連絡ください。
先輩から 「仕事としての国際協力とは何なのか、内側から見てみたい」と思い、インターンを始めました。NGOは現地で活動するものというイメージがありましたが、国内にいてもできることの多さに驚き、また国内で国際協力に携わるたくさんの方と出会うことができました。国際協力に関心があるけれど何から始めたらいいか分からない方、HFWでその一歩を踏み出してみませんか?


投稿者: social_value 投稿日時: 2013-11-5 15:45:22 (242 ヒット)

http://www.socialvalue.jp/seminar/detail000768.html

【概要】



「認定 観光地域づくりプロデューサー」養成講座の開講にあたり、「無料体験講座」を開催いたします。
全8回に渡る「認定 観光地域づくりプロデューサー」養成講座のエッセンスや熱く楽しく白熱の講義を体感できる時間となっております。
観光がもたらす地域へのインパクト(正の面、負の面)を学び、さらに「地域を一つの経営主体と捉えた戦略」を構築することで、その地域ならではのサステナブルなビジネスモデルを共に創り上げませんか。

■ 内容



地域活性において、経済波及効果や雇用・生きがいの創出など、様々な効果が期待できる「観光」は不可欠であり、「観光」による地域づくりの担い手の養成が急務となっています。
しかし現状は、担い手養成の取組み支援は産官学問わず全国で行われているにも関わらず、その実態はそれほどうまくいっているとは言えません。

その理由は、現在行われている多くの観光の担い手養成の取組みが「観光は○○であるべきだ」という分析、評論、の域を出ておらず、観光を事業として継続させるための「経営戦略」の視点と実行が決定的に欠けているからです。
そのような背景を受け、社会起業大学では観光に経営戦略の視点を持ちながら地域振興を実行できる担い手を養成する「観光地域づくりプロデューサー」養成講座を開設することとなりました。

講師は、地域の体験のポータルサイト「旅の発見」を運営する株式会社ティー・ゲートの 竹田英樹氏。
近畿日本ツーリストにおいて、「日本初」の修学旅行を数多く手掛けてきた竹田氏は、地域の極上のコンテンツを紹介し、地域に人を呼ぶビジネスモデル、「着地型観光」を実現させました。
竹田氏は生まれた環境から多大な影響を受け、自然と農業、地域文化と経済活動など、ツーリズム産業の持つ正の面より、むしろ負の面にフォーカスし、地域のバランス、特に自然環境、経済活動、人の心との共生といったテーマを最優先しながら、その地域の最適な解を見つけ出すことをライフワークとしています。
地域を潤すために、最も重要な要素の一つである着地型観光を切り口に、今、地域活性化には何が必要なのか、その疑問を解き明かしていただきます。

〔 対象 〕

・自治体で働いている方、または働こうとしている方
・趣味で旅行商品を作ってみたいという方
・ソーシャルビジネスに興味のある方
・地元を盛り上げたい!という熱い志を持つ地方在住の方
とにかく、地域活性化に興味のある方なら誰でも参加が可能です。




■ 価格:無料(交流会も無料、軽い飲食をご提供いたします。)
■ 募集人員:30名
■ 日程:2013年11月16日(土)
■時間:19時−20時30分(その後、交流会)

【詳細・お申込みはこちら】
http://www.socialvalue.jp/seminar/detail000768.html

【お問い合わせ先】
*社会起業大学 運営事務局
*TEL:03-6380-8444
*Mail:lead@socialvalue.jp


投稿者: social_value 投稿日時: 2013-11-5 15:44:48 (248 ヒット)

http://www.socialvalue.jp/seminar/detail000757.html
【概要】



今回のスタディツアーは、広島で活躍する社会起業家の活動現場を視察することで、「新しいあたりまえ」を創造するためには何が必要なのかを学びます。
社会的課題を解決し、お客様に喜んで頂き、その上で利益を出して継続していくが社会起業家です。スタディツアーでは、その活動の現場に訪問し、社会貢献分野でどのようにビジネスを成り立たせていくのかを、学習します。
さらに今回は、広島を巡る特別企画として、戦後の復興に際して、一人一人が、人として「何ができるか」を問い直し、誰のために、何を実践し、成し遂げていたかを、歴史から学びます。戦後復興の礎ともなった、より良い社会を築くために必要な、相互扶助の精神を学びに、広島の名所巡りを行います。

※複数日にわたるスタディツアーとなるため、皆さんのご都合に合わせて参加日数を選択することも可能です。


■訪問先1 【障がい者雇用】
障がい者の力が最先端のラインを支える!
株式会社エフピコ 環境対策室松尾 和則 氏
■訪問先2 【地域活性支援】
尾道の伝統産品を使って地域活性化に貢献!
NPO法人工房尾道頒布 理事長 木織 雅子 氏
■訪問先3【地域コミュニティ支援】
現場の声に耳を傾け、誰かの役に立つ靴下を開発!
株式会社コーポレーションパールスター 専務取締役 新宅 光男 氏
■訪問先4【障がい者キャリア支援】
障がい者のユートピア工場を目指して!
柏木菌茸有限会社 代表取締役 柏木 健二 氏
■訪問先5【介護支援】
たとえ採算度外視でも困っている人を助けたい!
有限会社ハッピーおがわ 代表取締役社長 小川 意房 氏
■訪問先6【雇用支援】
高齢者の健康づくり運動教室で介護予防!
NPO法人コーチズ 代表理事 児玉 宏 氏

■訪問先7 【広島原爆の惨状を巡り社会起業家精神を学ぶ特別企画】
人として何を成すべきか後世に伝える
広島市観光ボランティアガイド協会会長 谷口 和昭 氏



■ 価格:\42,580〜\86,320
■ 募集人員:25名
■ 日程:2013年11月29日(金)〜12月1日(日)

【詳細・お申込みはこちら】
http://www.socialvalue.jp/seminar/detail000757.html

【お問い合わせ先】
*社会起業大学 運営事務局
*TEL:03-6380-8444
*Mail:lead@socialvalue.jp


« 1 ... 89 90 91 (92) 93 94 95 ... 487 »
NGO network Japan 国際協力NGOネットワークジャパン リンクは自由です(連絡不要)  出所とリンクを明らかにすれば転載も大歓迎です  NGO network JAPAN