ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
投稿者: taki 投稿日時: 2004-5-14 1:24:37 (2198 ヒット)

国際協力NGOハンガー・フリー・ワールド(HFW)では職員を募集しております。

【募集要項】
●正職員 開発事業担当●

業務内容:インドネシア、ブルキナファソ、ベナンにおける開発事業の形成・実施と日    本国内における資金調達及び広報活動等
人数:1名

期間:採用決定後から

応募資格:国際協力に理解と情熱を持ち、HFWの理念と活動に賛同でき、フランス語と英     語の両方の語学力が検定1級程度あり、途上国での活動経験があり、2年以上     の社会経験があり、パソコンスキルを有する方。
待遇:当団体規定による。社会保険完備

勤務地:HFW東京事務所(千代田区飯田橋)※年2ヶ月程度現地派遣有り

応募方法:履歴書(顔写真付)、職務経歴書、志望動機(A4サイズ1?2枚程度)を郵送    または電子メールでお送り下さい。第1次書類選考後、第2、3次面接

締切日:適任者が見つかり次第

連絡先:(特活)ハンガー・フリー・ワールド (担当:渡邉)
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-11-24笹岡ビル3階 
TEL:03-3261-4700
E-mail:hfwoffice@hungerfree.net
URL:http://www.hungerfree.net


【ハンガー・フリー・ワールド概要】
飢餓・貧困のない世界を創るために活動する国際協力NGOです。開発途上国での開発事業に加え、国内では様々なイベントを展開しています。

・開発事業
 さまざまな分野で成果をもたらす開発事業を展開。現在は
 バングラデシュ、ハイチ、ウガンダ支部を中心に、住人を
 主体として、飢餓・貧困の中にある地域を「ハンガー・フリ
 ー・ゾーン」にしていきます。
 栄養改善/教育/保健衛生/収入創出/女性への力づけ/環境
・啓発活動
 開発途上国の人々に対しては現状にあきらめずに自ら立ち
 上がることを、先進国の人々には、飢餓を自分自身の課題
 と考え、行動することを呼びかけています。
 イベント・シンポジウム/現地視察/講師派遣/情報発信など

主催 特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド
連絡先 (主催者)
住所 東京都千代田区飯田橋3-11-24 笹岡ビル3階
〒102-0072
電話番号 03-3261-4700 FAX番号 03-3261-4701
E-mail hfwoffice@hungerfree.net URL http://www.hungerfree.net/


投稿者: taki 投稿日時: 2004-5-14 1:24:01 (1744 ヒット)

7/25アウシュヴィッツ平和博物館支援コンサート(黒坂黒太郎コカリナの調べ)&9/19映画「ヒバクシャ」上映に向けて、準備運営をすすめます。
【実行委員会会場】横須賀市立市民活動サポートセンター・京急汐入下車1分
【実行委員会開催時間】18時?20時  月2回程度。
運動家の平和活動ではなく、普通の人が“身近にいのちの尊さ・平和の大切さを考える”取り組みを目指しています。
本番当日も含めた準備・運営について話し合い決めていきます。チラシ配布の広報活動も行ないます。
実行委員会に参加できなくても、チラシ配布・当日受付などご協力いただける方、ご連絡ください。
明日を担う若い方の参加を期待しています。
【映画とコンサート開催会場】共に横須賀市西逸見ウェルシティ市民プラザ5F(京急逸見・JR横須賀下車5分)
?いのちの尊さ・平和の大切さをあなたのことばで伝えよう?
主催 YOKOSUKAから平和を考えるコンサート実行委員会
連絡先 アウシュヴィッツの会かながわ
住所 神奈川県横須賀市グリーンハイツ10?27
〒239-0846
電話番号 046-849-1694 FAX番号 046-849-1694
E-mail misawa-y@h8.dion.ne.jp


投稿者: taki 投稿日時: 2004-5-14 1:22:39 (1938 ヒット)

アメリカ発?きっかけ探し★自分探しの旅

「海外ボランティアに興味あるけど、何から始めたらいいのかわからない、、、」「観光では決して味わえない『アメリカ社会』を体験したい」
という方にオススメの、ボランティア活動とセミナー、ウォーキングツアーを組み合わせた体験型プログラムです。アメリカで最も市民活動が盛んな地域のひとつであるサンフランシスコ湾岸地域で新しい学びの体験をしてみませんか?

 実施期間:第一回 8月24日?9月8日 費用:284,000円から
      第二回 8月26日?9月10日 費用:284,000円から
      第三回 9月30日?10月15日 費用:256,000円から
 申込締切:各出発の40日前位まで

 *詳しくはホームページをご覧ください
   URL: http://www.jprn.org/japanese/programs/taiken/volunteer.html

*ホームページ上で過去のプログラム参加者のレポートを
    ご覧頂けます。
主催 日本太平洋資料ネットワーク(JPRN)
連絡先 株式会社マイチケット
住所 大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8  新和ビル4階
〒532-0011
電話番号 06-6304-7800 FAX番号 06-6304-7989
E-mail akane@jprn.org URL http://www.jprn.org


投稿者: taki 投稿日時: 2004-5-14 1:22:00 (1836 ヒット)

アトリエ・ポレポレの9年目にして初めての展覧会を開催します。
その会期中に会場内にて、受付やご案内、お客様の対応など、
お店番をしてくださるボランティアを募集しています。

 会期 2004年6月12日(土)?6月20日(日)

 時間 11:00?20:00(初日13:00?、最終日?17:00)

 会場 世田谷文化生活情報センター生活工房4F
    ワークショップB

     世田谷区太子堂4-1-1キャロットタワー
     Tel:03-5432-1543
    (田園都市線、世田谷線「三軒茶屋駅」直結)

☆お手伝いいただける方は、上記の日程でご都合のよろしい日時を
 ご連絡ください。折り返し詳細をご連絡いたします。
主催 エイブル・アート・ジャパン
連絡先 (主催者)
住所 東京都中野区東中野4-4-1 ポレポレ坐ビル3F
〒164-0003
電話番号 03-3364-2140 FAX番号 03-3364-5602
E-mail info@ableart.org URL http://www.ableart.org


投稿者: taki 投稿日時: 2004-5-14 1:19:20 (1924 ヒット)

海外現地派遣ボランティア急募

国境なき子どもたち(KnK)ではフィリピンへの派遣ボランティアを急募しています。
ご関心のある方は、まずお電話かメールにてお問い合わせください。

【派遣地】フィリピン マニラ首都圏ケソン市
【職 種】ボランティア アドミニストレーター
【職務内容】プロジェクト管理、現地スタッフ統括、現地当局・各種機関・他NGOとの渉外、現地会計、現地での資金調達など。
【期 間】6ヶ月契約(更新有り。一年以上継続していただければ尚可。)
【資 格】社会人実務経験2年以上、フィリピンでの業務遂行可能な英語力および健康状態。PC操作に支障がないこと。海外での業務経験、人道援助分野での経験があれば尚可。
【待 遇】当団体の規定による。(3ヶ月間の試用期間有り。渡航費・現地生活実費・国内積立金制度有り。)
【その他】5月中、あるいは6月上旬までに出発可能な方を求めています。
ご関心のある方は至急お電話あるいはメールにて下記へお問い合わせください。

特定非営利活動法人 国境なき子どもたち(KnK) 
担当:金 珠理(キム ジュリ)
〒162-0056 東京都新宿区若松町33-6 菱和パレス若松町11階
TEL:03-5155-2506 FAX:03-5155-2507 E-mail:kodomo@knk.or.jp
ホームページ http://www.knk.or.jp
主催 国境なき子どもたち(KnK)
連絡先 特定非営利活動法人 国境なき子どもたち(KnK)
住所 東京都新宿区若松町33-6 菱和パレス若松町11階
〒162-0056
電話番号 03-5155-2506 FAX番号 03-5155-2507
E-mail kodomo@knk.or.jp URL http://www.knk.or.jp


投稿者: taki 投稿日時: 2004-5-14 1:18:42 (1629 ヒット)

★★討議セッション2004参加者募集─────────

 国際青年育成交流事業(外国青年招へい)のプログラムの
中核として、世界11か国から招へいした外国青年と、国際的な
問題に関心の深い日本青年とが、テーマ別のグループ毎に率直な
意見交換を行います。
 合宿形式の中で行われるディスカッションを通じて、それぞれの
テーマについて、各国の青年の考え方がどのようなものかという
認識を深め、国際的対応力を身につける機会とします。

詳細は http://www.centerye.org をご参照ください。

★日時: 7月17日(土)?7月21日(水)
★場所: 独立行政法人 国立オリンピック記念青少年総合センター
★参加費:無料
★主催: 内閣府 (財)青少年国際交流推進センター
★定員: 約60名(各コース約10名×6)
<コース>教育・環境・情報・国際社会と企業・伝統文化・ボランティア活動
★条件:
 (1)ディスカッション可能な英語能力を有すること
 (2)全日程参加可能であること
 (3)年齢は20歳?35歳程度
 (4)選択したテーマについて討議可能な経験、知識を有すること
 (5)日本の参加者として自覚を持ち円滑なプログラム運営に協力できること
  ※国際青年育成交流事業(海外派遣)参加青年の応募も可能です。
★内容: 外国参加青年約100名(カナダ,チリ,ドミニカ共和国,ハンガリー,
ヨルダン,リトアニア,モンゴル,モロッコ,ミャンマー,ノルウェー,セネガル)
とのコース別ディスカッションおよび交流
★応募:
 (1)参加申込書( http://www.centerye.org よりダウンロードできます)
 (2)英作文(志望動機を600-800words)
 (3)和作文(選択したテーマに関して注目していることを1000-1200字)
★締切: 2004年5月31日(月)消印有効
★提出先:〒100-8970 千代田区霞ヶ関3-1-1 合同庁舎第4号館
 内閣府(国際交流担当) 宛
主催 内閣府 (財)青少年国際交流推進センター
連絡先 (財)青少年国際交流推進センター
住所 東京都中央区日本橋人形町2-35-14東京海苔会館6階
〒103-0013
電話番号 03-3249-0767 FAX番号 03-3639-2436
E-mail ds04@iyeo.orjp URL http://www.centerye.org


投稿者: taki 投稿日時: 2004-5-14 1:17:54 (1728 ヒット)

オイスカ四国研修センターでは「国際協力のボランティアをしたい人」を募集しています。自分のできることを途上国の人たちに教え、途上国の人たちの手で地域の発展をしてもらいたい、というのがオイスカの願いです。その研修指導を手伝ってくれる人を探しています。活動場所は香川県にあるオイスカ四国研修センターです。今年は8カ国31名の研修生が来ています。(バングラデシュ、インドネシア、マレーシア、ミャンマー、パプアニューギニア、フィリピン、ネパール、タイ)研修分野は食品加工、調理、環境教育、日本語教育などです。研修生は女性が多いです。興味のある方はメールか電話で連絡をしてください。
主催 財団法人オイスカ 四国研修センター
連絡先 (主催者)
住所 香川県綾歌郡綾南町陶5179-1
〒761-2103
電話番号 087-876-3333 FAX番号 087-876-3334
E-mail oiscastc@mx8.tiki.ne.jp URL http://ww8.tiki.ne.jp/~oiscastc/


投稿者: taki 投稿日時: 2004-5-14 1:14:11 (2137 ヒット)

チェンライにある山岳民族をサポートしているNGO、The Mirror art group(ミラー)のエコツアープロジェクトでは夏休みにワークキャンプを実施します。

?7月25日?31日の7日間、山岳民族の村にホームステイしながら山の小学校での文化交流をします。+チェンライ北部観光も含む。

?9月4日?10日の7日間、山岳民族の村にホームステイしながら彼らの村内にインフォメーションセンターをつくるボランティアをします。

??とも1万バーツもしくは2万8千円です。
参加費に含まれているものは、プログラム内の現地交通費(移動の時の車代)、すべての食事+飲料水費(ナイトバザールでの食事を除く)、宿泊費、
壁絵の材料費や工事費、観光、村人ガイド、日本語通訳、プログラムの費用です。
パスポート取得の費用、タイ-日本往復航空券、空港使用税、海外旅行保険にかかる費用は含まれません。

ミラーでは他にも日帰りで村を見学するプログラムや、トレッキングツアープログラム、山岳民族の機織を学ぶプログラム、中長期のボランティアの受け入れ準備をしています。
これらで得られた収益金は、ミラーを通じ彼らの生活向上、文化・伝統の継承に直接的・間接的に生かされます。
日本人スタッフがタイ語のサポートをしますので是非ご参加ください。

主催 現地NGO、The Mirror Art Group
連絡先 (主催者)
住所 ?
電話番号 ? FAX番号 ?
E-mail sakura@hilltribetour.com URL http://www.mirrorartgroup.org/japan/
担当者 伊能さくら


投稿者: taki 投稿日時: 2004-5-14 1:12:21 (1755 ヒット)

海外協力フォーラム実行委員募集(実行委員会隔週土曜日に実施)

シャプラニールでは、海外協力に関心のある方のための国内合宿「海外協力フォーラム」を今年9月に実施致します。この「海外協力フォーラム」を企画から運営まで事務局とともに行っていただける実行委員を募集しています。実行委員会は5月から隔週土曜日に実施していく予定です。国際協力、NGOに関心のある方はぜひ関わってみてください。きっといろいろな出会いが待っています。

住所:〒169-8611東京都新宿区西早稲田2-3-1早稲田奉仕園内
電話:03-3202-7863 FAX:03-3202-4593 Email:volunteer@shaplaneer.org

第2回実行委員会5月22日(土)16時?18時シャプラニール東京事務所
主催 (特活)シャプラニール=市民による海外協力の会
連絡先 (主催者)
住所 東京都新宿区西早稲田2-3-1早稲田奉仕園内
〒169-8611
電話番号 03-3202-7863 FAX番号 03-3202-4593
E-mail volunteer@shaplaneer.org URL http://www.shaplaneer.org/


投稿者: taki 投稿日時: 2004-5-14 1:06:03 (1918 ヒット)

■■□映画『リトル・ヤンゴン物語』□■■
   ―Fika Project Vol.3―
   日本の難民・在日外国人

6/20って何の日??
答えは「World Refugee Day?世界難民の日」です。
難民って遠い世界に居る人たちの事??
☆違います☆難民は助けを求めて日本にも来ています。
もしかしたらあなたのすぐ隣にもいるかもしれないのです。

今回は、日本国内の難民の中でも割合の多いビルマ人の、
実際に東京にあるコミュニティーを撮ったドキュメンタリー
映像、「リトルヤンゴン物語 ?僕の隣のビルマ?」
をご紹介します。

 内容詳細は下記のHP↓
http://www.vju.ne.jp/main/shop.html

■とき:2004年5月30日(日)15:00?17:30
■スケジュール:
 15:00?受付開始
 15:30?上映開始
 16:30?Fika【Fika〈フィーカ〉とはスウェーデン語で
          お茶やコーヒーを飲んで休憩する
          という意味。ビルマのお茶とお菓子を
          お供にのんびりしましょう】
 17:30 終了   
  
■ ところ:ピースボート事務局内・セミナールーム
東京都新宿区高田馬場3?14?3八達ビル2F
交通:JR/西武新宿線/地下鉄東西線 高田馬場駅 早稲田口より
徒歩7分
http://www.peaceboat.org/office/index.html
(ページ一番下の地図)
■会費:1000円 高校生以下500円 
    (ビルマの★美味しい★お茶とお菓子つき)
■主催: Fika Project  (フィーカ プロジェクト)
■共催:★VJU?Video Journalists Union
    ★PEACEBOAT

■問合せ先:Fika Project  
【Mail】 fikaproject@yahoo.co.jp
【HP】http://www.geocities.jp/snoop3326/
   ●Ska vi fika?-お茶にしない?●
   広報担当:ワタナベ、ヤツバヤシ
     ☆。・。・。・。・☆


投稿者: taki 投稿日時: 2004-5-14 1:02:29 (2383 ヒット)

-----------------------------------------------------------------------
平成16年度「NGO相談員事業」委嘱団体の募集について
-----------------------------------------------------------------------

 外務省では、NGOの活動能力の向上につながる支援として平成11年度より「NGO
 活動環境整備支援事業」を実施しています。
 「NGO相談員事業」は、この支援策の一つで、NGOの組織造り、管理運営のノウ
 ハウ習得、国際ボランティア活動への参加などNGOによる国際協力活動に関す
 る様々な相談・質問・照会に対し、専門性や経験が豊かなNGO団体が適切な相
 談業務を行う事業です。
 平成16年度の委嘱団体につきましては、下記の要領により募集しますので希望
 する団体は指定の期日までに添付の応募用紙及び必要書類により、外務省経済
 協力局民間援助支援室あて(連絡先下記)にお申し込み下さい。

 詳しい情報は外務省ODAホームページ「ODAとNGO」のコーナーをご覧下さい。
 → http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/


(平成16年度募集要領)

1.委嘱予定団体数

 15団体程度

2.団体への委嘱期間

 平成16年7月1日(予定)?平成17年3月31日

3.応募資格要件

(1) 国際協力NGO活動に関する専門知識と豊富な活動経験を持つ職員を有する
団体で、活動実績が3年以上あること。(団体は、社団法人またはNPO法人である
ことが望ましい。)

(注)本制度は、団体代表者と外務省との契約に基づき業務が委嘱されます。従
って、個人による応募は受け付けません。

【NGOに関する専門知識・活動の事例】
<組織の管理・運営一般>
 団体の設立、人事・労務管理、財務・会計、NPO法人化手続き等
<NGOの活動全般>
 広報(ニュース・レター、ホーム・ページ等)、寄付金集め(ファンド・レイ
 ジング)、イベント企画(チャリティー事業、スタディー・ツアー等)、ボラ
 ンティア集め、ネットワーク・マネージメント等
<国際協力NGO活動に関する専門知識と活動実績>
 開発教育、緊急人道支援(災害救援、難民支援)、医療・保健衛生、農漁村開
 発、教育、環境保全、女性自立支援、住民参加型援助、地域・国別情報等

(2) 委嘱期間中、継続して相談業務に従事可能な職員(正・副担当各1名)を
確保できる団体であること。

(3) 相談・照会を受ける事務機能を持ち、専用連絡先(電話番号、FAX番号、e
メールアドレス)を確保でき、かつ公表できる団体であること。

(4) 相談・照会に対する応答業務を行うに当たって、原則、週5日間(月?金)
委嘱する団体の執務時間中応対できること。

(5) 出張型の講演活動を上記委嘱期間中に6回程度行うことが出来ること(交
通費(実費)、日当・宿泊費(規定額)支給)。(但し、事前に承認を得ること
とする。)
例:地方自治体、地域コミュニティー、教育機関等と連携して行うNGO・国際ボ
ランティア活動説明会、開発教育講演(小・中・高・大学、何れも可)、国内各
地で開催される国際協力・NGO関係のイベント等への参加など。

(6) 外務省より委嘱する団体の収支報告書の提出を求めた場合、提出可能であ
ること。

4.謝礼

 外務省と団体との契約に基づき、相談業務提供に対する対価としての謝礼(人
 件費ではない)が団体に対して支払われます。
 *毎月提出される相談実績報告書に基づき支払われる。平成15年度の実績は月
 額245,700円(消費税込み)。

5.応募締め切り日

 平成16年5月24日(月)

 (注)下記必要書類を外務省民間援助支援室宛に同日付必着で送付して下さい。
 なお、FAXでの送付も受け付けます(下記(4)については郵送のみ)。


 *提出必要書類
 (1)応募申し込み用紙(FAXにて送付可)
 (2)候補職員(正・副)略歴(FAXにて送付可)
 (3)団体概要(団体紹介パンフレット等、FAXにて送付可)
 (4)その他;専門分野に関する著述・出版物等(任意で提出)

6.委嘱団体選定の審査方法・基準

 外務省経済協力局民間援助支援室において、以下の諸点を総合的に判断の上、
 委嘱団体を選定します。なお、本年度の委嘱が明年度の継続委嘱を保証するも
 のではありません。

 1)団体の活動実績・活動分野
 2)相談業務に従事可能な職員のNGO活動歴、専門分野、専門知識・技能
 3)団体の組織・運営基盤
 4)委嘱団体の地域的なバランス
 5)過去に本事業を委嘱した団体については、当該期間の相談実績

7.照会・申請書提出先

 外務省経済協力局民間援助支援室 企画班
 ・住所(郵送先):
  〒100?8919
  東京都千代田区霞が関二丁目2番1号
 ・電話:(03)5501?8361(直)
 ・FAX:(03)5501?8360
-----------------------------------------------------------------------
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/seisaku/jikou/oda_ngo/shien/16sodan_boshu.html


投稿者: taki 投稿日時: 2004-5-14 0:11:57 (2212 ヒット)

7月30日(金)から8月1日(日)に苗場で開催される「フジロックフェスティバル(FRF)」の会場内に設置されるNGOスペース「NGO VILLAGE」の企画者が、出展団体を募集しています。

 NGO VILLAGEは、3日間で延べ9万人が訪れる音楽イベントのFRF主催者であるスマッシュの意向を受けて、A SEED JAPANを始めとするNPO有志による幹事のプロデュースにより2000年から始まった企画で、北海道のライジングサンロックフェスティバルでも行われています。(写真は以前のNGO VILLAGE会場の様子)

 NGOなどの市民団体やオーガニック・ショップといった、小さいけれど社会のためになる活動や事業を行っている草の根的な団体にアピールの機会を提供するとともに、来場者にさまざまな社会問題を知ってもらうための場とすることが主な目的です。

 出展/出店期間はFRF開催中の7月30日(金)?8月1日(日)で、ブースではNGO活動の紹介、展示、アピール、また簡単なグッズ販売などができます。飲食物の販売はできません。
 初参加団体は合計4回、継続参加団体は合計3回の事前ミーティングを行います。募集要項などの詳細や問い合わせ・申し込みは下記リンクから申し込み用紙をダウンロードして、NGO VILLAGE幹事会までメールで( E-mail:QWI00231@nifty.com )。

・NGO VILLAGE
http://www.gomizero.org/action/ngo_village/


投稿者: taki 投稿日時: 2004-5-14 0:09:46 (1758 ヒット)

環境や農について楽しみながら知ることができるイベント「アースデイちば2004」が、5月23日(日)午前10時から、千葉市の稲毛海浜公園で開催されます。ビーチクリーンアップやフリーマーケット、産直野菜販売、コンサートなど楽しい企画・展示が盛りだくさんです。

 アースデイちばは、4月22日のアースデイの関連イベントとして、アースデイ千葉実行委員会の主催、千葉市の後援で毎年行われています。(写真は昨年の様子)
 環境や自然、暮らし、農などに関連した展示とフリーマーケットなどが中心で、今年は産直野菜コーナーやオーガニックカフェをはじめ、自然素材を使った作品のコーナー、環境・食・農関連書籍のコーナーなどが設けられます。

 また、午前10時から行われる「子ども海辺のごみ広い&アクセサリー作り」では、稲毛の浜で行うビーチクリーンアップで拾った貝殻や流木でアクセサリーを作り、それを販売し、売り上げで苗を買って地球に緑を増やすまでの体験ができます。
 このほか、馬頭琴(モンゴルの伝統弦楽器)のコンサートや藍染め体験も予定しています。
 問い合わせはアースデイ千葉実行委員会(アースマーケット内、E-mail:info@earth-market-place.co.jp )まで。

・アースデイアクション総合サイト
http://earthday.jp/


投稿者: taki 投稿日時: 2004-5-14 0:03:30 (1818 ヒット)

 国際協力の分野で活動するNGOの基本的な理解をお持ちになり、就職や転職を希望される方を対象に、働く場という視点から見た国際協力NGOの組織と運営、求められる人材や職種、気になる待遇面や情報入手の方法、NGOへの就職を目指す上で必要とされる知識や心構えなどについても、詳しくお話しいたします。NGOの仕事ってどんなものなの?将来的にNGOで働いてみたいとお思いの方にもおすすめですのでぜひご参加ください。

※国際協力NGOへの就職の斡旋などは行いません。服装は自由です。(Gパン可)
  また、NGOの活動内容の説明や就職に関連しないこと(NGOの現状・抱える課題の
  説明など)はありません。NGOの基本的な理解をお持ちになる方が対象です。

■ 開催予定 ■

●2004年6月

【日時】2004年6月1日(火)18:30?20:30
【講師】山崎 唯司(JANIC事務局長)
【会場】東京ボランティア・市民活動センター会議室
  (東京都新宿区神楽河岸1?1 セントラルプラザ10階)
【交通】飯田橋駅すぐ(駅ビル「セントラルプラザ」内)案内図
【参加費】一般1,500 円、JANIC会員1,000円(資料代含む)
※当日の資料としてJANIC発行「国際協力NGO活動に携わる人材の能力開発および待遇・福利厚生に関する実態調査報告書」を使用します。すでにお持ちの方は、当日ご持参ください。
【定員】80名(要予約、定員になり次第締切)
【申込方法】下記の申し込み欄に必要事項を記入して申し込むボタンを押してください。
【その他】ボランティアの当日のタイムスケジュールは以下の通りです。
   16:00      NGO市民情報センター(JANICの2F)集合
   16:00?18:00 事前準備(資料の印刷、折込、会場のセッティング等)
   18:00?18:30 参加者の受付
   18:30?20:30 ガイダンス参加
   20:30?21:00 アンケート回収、後片付け
   21:00      解散

<NGO就職ガイダンスに関するお問合せ>
担当:戸賀(とが) TEL:03?3294?5370
申し込みはこちらへ
http://www.janic.org/pr/shushoku.html


投稿者: taki 投稿日時: 2004-5-14 0:00:43 (1674 ヒット)

  国際協力の分野で活動するNGOについて知りたい、関わるきっかけが欲しいという方を対象に、NGOって何?どんなことをしてるの?その成り立ちは?その現状は?活動にはどうやって参加したらいいの?などについて多数ある国際協力NGOの概要を分かりやすく解説いたします。お気軽にご参加ください。

【内容】
 ・ 私たちの住む世界
 ・ NGOとは何か??言葉の意味と組織の性格
 ・ 日本のNGOの活動地域と活動分野
 ・ 日本のNGO活動の現状
 ・ 日本のNGO活動の課題と展望
 ・ NGO活動に参加するには?

※国際協力NGOについて基本的な理解をお持ちになり、就職に関する詳しいことをお知りになりたい方は当センターで開催しております『国際協力NGO就職ガイダンス』にご参加ください。入門セミナーでは就職の話はございません。


■ 開催予定 ■

●2004年5月

【日時】2004年5月29日(土)18:30?20:30
【講師】戸賀 竜郎(JANICインフォメーションオフィサー)予定
【会場】東京ボランティア・市民活動センター会議室
  (東京都新宿区神楽河岸1?1 セントラルプラザ10階)
【交通】飯田橋駅すぐ(駅ビル「セントラルプラザ」内)案内図
【参加費】一般1,000 円、JANIC会員500円(資料代含む)
【申込方法】下記の申し込み欄に必要事項を記入して申し込むボタンを押してください。
【その他】ボランティアの当日のタイムスケジュールは以下の通りです。
   16:00      NGO市民情報センター(JANICの2F)集合
   16:00?18:00 事前準備(資料の印刷、折込、会場のセッティング等)
   18:00?18:30 参加者の受付
   18:30?20:30 セミナー参加
   20:30?21:00 アンケート回収、後片付け
   21:00      解散

 <NGO入門セミナーに関するお問合せ>
担当:戸賀(とが) TEL:03?3294?5370

申し込みはこちらへ
http://www.janic.org/pr/nyumon.html


投稿者: taki 投稿日時: 2004-5-13 23:57:46 (1731 ヒット)

JANICでは、国際協力NGOの活動を理解し、支えていく人材を育てることを目的に、当センターの理念に賛同する方に対して、インターンとして実際に働きながら学ぶ機会を提供しています。

JANICがもつネットワーク、情報を生かした仕事を経験し、キャリアアップに役立ててみませんか。

■募集職種
(1)広報・会員拡大業務補佐
(2)人材育成事業補佐
(3)JANICが運営委員会事務局を行っている、公益信託アジア・コミュニティ・トラスト(ACT)に関わる業務補佐

■募集人数
(1)2名 (2)1名 (3)2名(以下a、b各1名)

■業務内容
(1)広報・会員拡大担当の業務補佐(ホームページ、セミナー企画、イベント出展など)
(2)NGOスタッフ向け研修事業の補佐(基礎力アップ研修、『南』の子ども支援NGO能力強化研修など)
(3)a.ホームページ、その他広報ツールの作成・管理、ニュースレター、年次報告の編集補佐
b.アジアの貧困・環境問題、アジアと日本の関係に関わる各種データの収集・整理、助成実績などの整理・文書化補佐
 a、bとも英文文書の翻訳あり

■条件
(1)将来的に広報業務を志望している方
(2)NGOスタッフの能力強化に関心がある方
(3)a、b個々の条件についてはACTのホームページ参照

(1)?(3)共通:パソコンの基礎知識(Word, Excel)を有する方、雑務をいとわない方
(2)(3)共通:英語での業務が可能な方(TOEIC800点以上が目安、専門用語の知識などは
特に問いません)

■期間
(1)?(3)とも2004年6月?2005年3月(予定)

■時間
(1)?(3)とも 週2?3日 隔週火曜日または金曜日午前に実施される事務局会議に出席できることが望ましい

■待遇
無給、交通費支給(1日1,000円以内)

■勤務地
国際協力NGOセンター事務所(千代田区神田錦町)

■選考方法
第1次:書類選考 第2次:面接

■応募方法
(1)?(3)とも
・履歴書(アルバイト、ボランティア経験を明記)
・1000字程度の志望動機(希望する業務を通じて何を学びたいか、どのような貢献ができるか、今後の自身のキャリアの中でどう活かしたいかを明記)
を下記連絡先まで電子メールか郵送で送ること

■応募締切
5月20日(木)必着

■連絡先
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-9-1斉藤ビル5F
(特活)国際協力NGOセンター(JANIC)インターン採用係
TEL:03(3294)5370
FAX:03(3294)5398
E-mail: intern@janic.org
担当:(1)中川(広報) (2)藤岡(人材育成) (3)鈴木(ACT)


投稿者: taki 投稿日時: 2004-5-13 23:40:17 (1769 ヒット)

 6月20日は「世界難民の日」。今年で4回目の同日を前に、日本国内
でもさまざまな催しやキャンペーンが企画されています。
 「世界難民の日」は、難民の保護や援助全般に関する理解を深める
ため、本来「アフリカ難民の日」だった同日を、2000年12月に開かれ
た国連総会で、UNHCR(国連高等難民弁務官事務所)を始めとす
る国連機関やNGOなど市民団体による活動に理解を求める日にする
主旨で創設されたものです。
 難民の日である6月20日前後には、東京・青山の国連大学ビルにある
UNハウスで、恒例となった「世界難民の日」展が開催されるほか、
NGOスタッフやUNHCR職員が企業や学校などを訪れ、難民問題
について話すイベントなどが企画されています。

「世界難民の日」公式サイト
http://www.unhcr.or.jp/news/info/
PARinAC「世界難民の日」ホームページ
http://www.unhcr.or.jp/news/info/parinac/index.htm
Fika Project
http://www.geocities.jp/snoop3326/


投稿者: taki 投稿日時: 2004-5-12 23:47:00 (1960 ヒット)

第8回屋上緑化公開セミナーのご案内
ヒートアイランド現象の緩和の為に、緑化の普及の為
に、来たる5月28日(金)に「エコ・グリーンテック
2004」の展示会会場、東京ビッグサイト・西4ホール
D1ブースで弊協議会ブース展示致すと共に、そのまん
前の特設会場にて、下記の要領で5人の著名な各方面
の一流講師の方々をお招きして屋上緑化公開セミナー
講演会を開催させて戴きます。
今回の目玉は、環境問題の重要性をかながね強調さ
れて「環境党」の結党を呼び掛けておられる 衆議院議
員 鳩山邦夫氏と現在国会に上程中の緑化義務を含む
「景観緑3法」の原案を作った主人公の責任者の国土
交通省都市・地域整備局審議官 松田一郎氏をお招き致
しております。また、屋上緑化普及協議会の展示ブー
スで最良の屋上緑化の技術をご紹介させて戴きます。
 また、同時期の5月25日から28日まで、同国際展示場
の東6ホール6220ブースで開催中の[2004NEW環境展]に
も、屋上緑化普及協議会は展示しておりますので、展
示ブースをご高覧下さい。

プログラム概要・参加要領:  
http://www.theway.jp/ryokuka/index.htm

【日時】2004年5月28日(金)10:00?15:30

【場所】東京国際展示場「東京ビッグサイト」西4ホール
    「エコ・グリーンテック2004」
    屋上緑化公開セミナー特設会場
    〒135-0063 東京都江東区有明3-21-1
    TEL 03-5530-1111

【定員】100名

【参加費】5,000円(会員&学生2,000円)

【プログラム】 
 [10:00?11:00]
  地球環境問題評論家 船瀬 俊介氏
  「都市景観を破壊したのは誰だ!
           ー緑化都市・木造都市へー」

 [11:00?12:00] 
  雨水利用と緑化を進める会会長 臼井 章二氏
  「建物緑化は雨水利用からー21世紀は水資源ー」

          (休憩)

 [12:30?13:30]
  基調講演 衆議院議員 鳩山 邦夫氏   
  「我が環境党宣言ー自然との共生ー」 

 [13:30?14:30]
  シエルター?代表取締役 木村 一義氏
  「木造革命を実現したKES工法ー
         阪神大震災で無傷の耐震建築ー」

 [14:30?15:30]
  国土交通省都市・地域整備局審議官 松田 一郎氏
  「美しい日本の景観の復活
        ー景観法制定の経緯とその狙いー」

【参加申込方法】
  参加を希望される方は、ホームページ又はメール
  (sasokunio@hotmail.com)、FAX(03-3353-6499)
  にて、下記要項を明記の上、お申込み下さい。

  お名前:
  年齢:
  性別:     
  住所:
  参加人数:
  職業:
  会社・団体名:       
  担当部署:
  役職:          
  TEL:
  FAX:
  E?mailアドレス:

【お問合せ先】
  屋上緑化普及協議会(担当:佐宗)  
  〒160-0011 東京都新宿区若葉1-9
  TEL 03-3353-6499
  E-mail sasokunio@hotmail.com
  http://www.theway.jp/ryokuka/index.htm


投稿者: ゲスト 投稿日時: 2004-5-12 18:28:20 (2034 ヒット)

チェンライにある山岳民族をサポートしているNGO、The Mirror art group(ミラー)のエコツアープロジェクトでは夏休みにワークキャンプを実施します。

?7月25日?31日の7日間、山岳民族の村にホームステイしながら山の小学校での文化交流をします。+チェンライ北部観光も含む。

?9月4日?10日の7日間、山岳民族の村にホームステイしながら彼らの村内にインフォメーションセンターをつくるボランティアをします。

??とも1万バーツもしくは2万8千円です。

参加費に含まれているものは、プログラム内の現地交通費(移動の時の車代)、すべての食事+飲料水費(ナイトバザールでの食事を除く)、宿泊費、
壁絵の材料費や工事費、観光、村人ガイド、日本語通訳、プログラムの費用です。
パスポート取得の費用、タイ-日本往復航空券、空港使用税、海外旅行保険にかかる費用は含まれません。

ミラーでは他にも日帰りで村を見学するプログラムや、トレッキングツアープログラム、山岳民族の機織を学ぶプログラム、中長期のボランティアの受け入れ準備をしています。
これらで得られた収益金は、ミラーを通じ彼らの生活向上、文化・伝統の継承に直接的・間接的に生かされます。

日本人スタッフがタイ語のサポートをしますので是非ご参加ください。


投稿者: taki 投稿日時: 2004-5-11 18:37:28 (1812 ヒット)

International Symposium on Participatory Strategy
for Soil and Water Conservation
-住民参加による土壌・水保全の技術移転に関する国際シンポジウム-

■趣旨■
 これまで欧米、日本において、土壌・水保全に関する技術的側面を扱った
研究や国際会議は数多くありますが、住民参加による土壌・水保全の技術移
転を扱った国際会議はほとんどありません。また最近では、日本における土
壌・水保全技術を海外に移転する事例が多くなってきていますが、受け入れ
側(現地農家)の理解度や営農における習慣等を無視して技術移転を図る事
例も見られ、全ての技術移転が成功しているとは言えない状況にあります。
 そのため、本国際シンポジウムでは土壌・水保全技術に関する研究・活動
のみならず、住民参加を含んだ技術移転に関する研究・活動に主眼を置きつ
つ討議を進める予定となっています。

■発表者募集■
 本国際シンポジウムではNGO職員・研究者・技術者からの口頭発表ならび
にポスター発表を募集しています(発表登録料:20,000円)。各発表のフル
ペーパは学術書として発行されます。なお、参加費は無料となっています。
詳しくは本団体のホームページをご覧下さい。

■日時■ 
2004年11月27日(土)・28日(日)

■場所■ 
東京農業大学グリーンアガデミーホール3F
東京都世田谷区桜丘3-9-31
(小田急線経堂駅・千歳船橋駅から徒歩20分)

■締切日■
発表登録締切日:8月31日
参加申込締切日:9月30日

■連絡先■
特定非営利活動法人 環境修復保全機構
〒195-0064 東京都町田市小野路町2987-1
TEL/FAX:042-736-8972
E-mail:erecon@nifty.com


投稿者: taki 投稿日時: 2004-5-10 20:50:54 (2817 ヒット)

第11回国際保健協力フィールドワークフェローシップ参加者募集のご案内

近年、国際協力・国際交流活動における日本の果たす役割がますます重要になっています。ご承知のとおり、1999年2月より尾身茂先生が、世界保健機関西太平洋地域(WHO/WPRO)事務局長としてご活躍されているなど、国際保健医療の分野でも、数多くの日本の専門家が指導的な役割を果たしておられます。世界の人々の健康増進のために貢献する人材がますます求められている中で、国際機関における日本の役割への期待も高まっています。

このようなことから、私どもでは、今後の国際保健医療協力の中核を担う医学部生等に、開発途上国の保健医療の実態を学ぶ機会を提供し、国際保健医療協力に対する理解を一層深めてもらうことを目的として、「国際保健協力フィールドワークフェローシップ」を1994年より10回にわたり実施してまいりました。既に100人を超えるフェローシップ参加者の中には、厚生労働省や国際協力事業団をはじめ、何らかの形で国際保健並びに公衆衛生の分野に自らの進路を見出した人たちも少なくありません。

本年も別添のとおり、「第11回国際保健協力フィールドワークフェローシップ」を実施いたしますので、内容をご検討の上、多数の方が応募されますよう、ご案内申し上げます。

2004年3月

国際保健協力フィールドワークフェローシップ企画委員会委員長  大 谷 藤 郎(国際医療福祉大学総長)

財団法人 笹川記念保健協力財団理事長  紀伊國 献三


2004 年度国際保健協力フィールドワークフェローシップ募集要項
1. フィールドワークの主なテーマ
♦ 国際保健・医療協力の現状と課題について理解を深める
♦ 開発途上国の保健医療事情について理解を深める
(ハンセン病対策、結核対策、母子保健対策等)
♦ 開発途上国の人々及び開発途上国で保健・公衆衛生に関わる人々との国際交流
2. 実施日時及び場所等(予定)
2004 年8 月3 日(火)? 13 日(金)の11 日間(国内2 日間、海外9 日間)

* 国内研修のみの参加も歓迎します。

<国内研修>
第1 日:8 月3 日(火) 国立国際医療センター(東京都新宿区)にて研修
第2 日:8 月4 日(水) 施設訪問と研修
・国立療養所多磨全生園(東京都東村山市)
・高松宮記念ハンセン病資料館(東京都東村山市)
・結核予防会結核研究所(東京都清瀬市)
<海外研修>
第3 日:8 月5 日(木) 移動(成田→セブ)
第4 日:8 月6 日(金) セブスキンクリニック/レオナルドウッド記念ハンセン病研究所/
エバスレーチャイルズ療養所訪問
第5 日:8 月7 日(土) AM:現地保健省公衆衛生プログラム活動見学
PM:移動(セブ→マニラ)
第6 日:8 月8 日(日) AM:ホセロドリゲズハンセン病病院見学
PM:マニラ近郊NGO フィールド活動見学
第7 日:8 月9 日(月) WHO 西太平洋地域事務所訪問/研修
第8 日:8 月10 日(火) AM:JICA フィリピン事務所訪問
PM:フィリピン大学医学部訪問、付属病院見学
第9 日:8 月11 日(水) AM:移動(マニラ→地方)
PM:JICA・保健省地方保健センター共同プロジェクト見学
第10 日:8 月12 日(木) AM:JICA・保健省地方保健センター共同プロジェクト見学
PM:移動(地方→マニラ)
第11 日:8 月13 日(金) AM:総括ミーティング
PM:移動(マニラ→成田) 解散

3. 応募資格・募集人員
国際保健医療協力ないしは保健医療行政に関心をもつ医学部等在学の学生(3?6 年生)。企画委
員会において書類審査の上、10 名程度が海外研修派遣対象者として決定されます。
但し、海外研修の選考から漏れた場合でも、国内研修は受講可能ですので奮ってご参加ください。
(参加申込書にその旨の意志表示をしてください。)なお、国内研修プログラムでは、国際医療協力
に関する様々な観点から、厚生労働省、国際協力機構(JICA)をはじめとした専門家による講義の
他、フリーディスカッション・交流会を予定しています。

4. 応募手続き
必要書類を2004 年5 月21 日(金)必着にてご郵送ください。なお、申込者が本フィールドワ
ーク参加に相応しい旨を記した学内教員(公衆衛生学等の教授ないしは、参加サークルの顧問等)
による推薦状を可能な限り添えてください。但し、海外研修の参加人数が限られているため、推薦
状をいただいている場合でも選考から漏れることも予想されますので、その旨あらかじめご了承く
ださい。
1) 必要書類
・参加申込書(別添様式を使用のこと)
・身上書1・2(別添様式を使用のこと)
・在学証明書
・推薦状(様式は特に問わないが簡潔な推薦理由と推薦者氏名を明記のこと)
2) 書類提出及び問合わせ先
〒107-0052 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル5F (財)笹川記念保健協力財団
国際保健協力フィールドワークフェローシップ事務局(担当泉洋子)
TEL: 03-6229-5379(直通)/ 03-6229-5377(代表)
FAX: 03-6229-5388
E-MAIL:smhf_yi@tnfb.jp / smhf@tnfb.jp
3) 選考結果の通知
選考結果については、2004 年7 月上旬までに郵便にて通知します。
5. 費用負担
<海外研修参加者>
海外研修派遣対象者には参加費として5 万円の負担をいただきます。但し、参加期間中の宿泊費、
食費、海外を含む交通費、海外旅行傷害保険等、研修に必要な費用は笹川記念保健協力財団が負担
します。
♦ 海外研修中の旅行傷害保険については、団体保険(上限5000 万円)を当事務局がまとめ
て一括加入します。参加者個人で5000 万円を超える保険への加入をご希望される場合は
各人でご加入ください。
♦ 参加者各自の東京までの往復交通費、研修期間前後の宿泊費、パスポート取得費、その
他個人的な支出は参加者自身の負担となりますので、あらかじめご了承ください。
<国内研修のみの参加者>
国内研修プログラムのみの参加となる方につきましては、東京までの往復交通費及び宿泊を含め、
各自の手配及び負担となります。国内研修参加費用はありません。
6. 参加に際しての留意事項
1) フェローシップは参加者自身の自発的な参加姿勢によって実施されるもので、会議等では積極
的に発言すると共に必要な役割を各自が分担して担うこと。
2) 参加者は同行する指導者の指示に従い、スケジュールを守って行動すること。
3) 本フェローシップの目的を十分認識し、参加期間中の一切の行動については、参加者自身が責
任を持つこと。滞在中は、滞在国の法令に違反する行動を行うことのないよう注意すること。
4) 海外研修中の事故や病気に対し、上記団体保険以上の保険を希望する場合は参加者自身が加入
する等、責任を持つこと。
5) 帰国後、本フェローシップ参加に関する各自の報告書を速やかに提出するとともに、共同して
報告書を作成し、指定された締切を厳守の上、当財団に提出すること。
6) 英語力については可能な限りTOEFL(CBT でも可)、TOEIC 等を受験し、自らの英語力を把
握しておくよう努めること。(資格・テストスコア等については、可能な限り証明できる書類
を添付すること。)
当プログラムには、過去参加者が設立・運営する同窓会があります。
詳しくは同窓会ホームページhttp://plaza.umin.ac.jp/~fwfa/
(同窓会規約)をご参照ください。


投稿者: ゲスト 投稿日時: 2004-5-9 23:56:28 (1855 ヒット)

第22回メコン談話室【転載歓迎】
中国:昆明市上水道整備事業における住民移転
ー援助政策のあり方を考えるー

講師:施 錦芳さん(専修大学大学院経済学研究科博士後期課程)

日時:2004年5月21日(金)18:30?

雲南省の省都昆明市は、中国の中でも水資源が著しく不足している都市の一つで
す。同市の一人当たり年平均水供給量は300立方メートルであり、全国一人当た
りの年平均水供給量の11%にも達していません。さらに、都市人口・工業生産の
継続的な増加や、生活水準の上昇に伴う一人当たり使用水量の増加により、新た
な水源の確保と大規模な給水施設の建設が急務とされています。

こうした中、1999年から「昆明市上水道整備事業」が国際協力銀行(JBIC)によ
る円借款を受けて進められています。この事業は昆明市の水不足解消に寄与する
一方で、水源確保を目的としたダム建設のため、1万人余りの住民移転を行いま
した。これは雲南省でのインフラ建設事業による住民移転の中でも最大の規模で
す。

円借款の直接的な使途にはダムの建設は含まれていません。しかし、ダム建設が
上水道整備事業と不可分であることを考えれば、その影響については円借款を供
与している側にも一定の責任があると考えられます。

移転させられた住民は移転先でどのような生活を送り、どのような問題に直面
しているのか。雲南省大理市出身の講師は現地調査により、さまざまな立場にあ
る移転住民の情報を集めました。談話室ではその調査をもとに、住民移転におけ
る諸問題の解決のための、援助側ならびに被援助側のあり方を考察します。

※今回の談話室はすべて日本語で行われます。

場所:メコン・ウォッチ事務所(JR御徒町駅より徒歩5分)
   台東区東上野1-20-6 丸幸ビル2F

地図:http://www1.jca.apc.org/jvc/jp/aboutjvc/address.html
(同じビルにある日本国際ボランティアセンターのページにリンクしていま
す)

資料代:500円(メコン・ウォッチ会員は無料)

参加申込:資料の用意などがありますので、事前にご連絡下さい。定員25名。

申し込み・問い合わせ:(特活)メコン・ウォッチ (担当:山田・東)
Tel: 03-3832-5034 Fax: 03-3832-5039
E-mail: event@mekongwatch.org 
Website: http://www.mekongwatch.org

《メコン・ウォッチでは、1?2か月に1度の割合で、メコン河流域国の開発、環
境、援助などについて学びあう「メコン談話室」を開催しています。毎回若手の
ゲストを招いてお話をして頂き、その後自由に語り合おうというものです。初め
ての人や学生さんにもわかりやすくて溶け込みやすい場にしたいと思っていま
す。》


投稿者: taki 投稿日時: 2004-5-9 14:13:20 (1921 ヒット)

★★討議セッション2004参加者募集─────────

 国際青年育成交流事業(外国青年招へい)のプログラムの
中核として、世界11か国から招へいした外国青年と、国際的な
問題に関心の深い日本青年とが、テーマ別のグループ毎に率直な
意見交換を行います。
 合宿形式の中で行われるディスカッションを通じて、それぞれの
テーマについて、各国の青年の考え方がどのようなものかという
認識を深め、国際的対応力を身につける機会とします。

詳細は http://www.centerye.org をご参照ください。

★日時: 7月17日(土)?7月21日(水)
★場所: 独立行政法人 国立オリンピック記念青少年総合センター
★参加費:無料
★主催: 内閣府 (財)青少年国際交流推進センター
★定員: 約60名(各コース約10名×6)
<コース教育・環境・情報・国際社会と企業・伝統文化・ボランティア活動
★条件:
 (1)ディスカッション可能な英語能力を有すること
 (2)全日程参加可能であること
 (3)年齢は20歳?35歳程度
 (4)選択したテーマについて討議可能な経験、知識を有すること
 (5)日本の参加者として自覚を持ち円滑なプログラム運営に協力できること
  ※国際青年育成交流事業(海外派遣)参加青年の応募も可能です。
★内容: 外国参加青年約100名(カナダ,チリ,ドミニカ共和国,ハンガリー,
ヨルダン,リトアニア,モンゴル,モロッコ,ミャンマー,ノルウェー,セネガル)
とのコース別ディスカッションおよび交流
★応募:
 (1)参加申込書( http://www.centerye.org よりダウンロードできます)
 (2)英作文(志望動機を600-800words)
 (3)和作文(選択したテーマに関して注目していることを1000-1200字)
★締切: 2004年5月31日(月)消印有効
★提出先:〒100-8970 千代田区霞ヶ関3-1-1 合同庁舎第4号館
 内閣府(国際交流担当) 宛
★申し込み問合せ先:
 (財)青少年国際交流推進センター 担当:田中・藤本
 Email: ds04@iyeo.or.jp  URL: http://www.centerye.org


投稿者: ゲスト 投稿日時: 2004-5-7 17:54:18 (2030 ヒット)

各  位

拝啓

日頃のご支援ありがとうございます。

国連世界食糧計画(WFP)日本事務所からのお知らせです。

5月10日(月)発売の月刊 文藝春秋に、玉村美保子WFP日本事務所代表による随筆が
巻頭で掲載されます。
ミャンマーの元ケシ農家に対するWFPの食糧援助に関するエッセーです。
ご一読いただけましたら幸いです。

今後とも変わらぬご支援よろしくお願いいたします。

敬具

2004年5月7日
国連世界食糧計画(WFP)日本事務所
The United Nations World Food Programme
Office in Japan
<wfp.japan@wfp.or.jp
http://www.wfp.or.jp


投稿者: ゲスト 投稿日時: 2004-5-4 0:23:53 (2672 ヒット)

∵・∴・◎∵・∴・◎∵・∴・◎∵・∴・◎∵・∴・◎
インドの秘境ラダック チベット文化発見の旅

?Explore hidden Himalayan Lifestyles of Ladakh?

   HP:http://members.edogawa.home.ne.jp/julay 

∵・∴・◎∵・∴・◎∵・∴・◎∵・∴・◎∵・∴・◎

皆様、始めまして。
国際協力NPOジュレー・ラダックと申します。
ジュレー・ラダックはインドのヒマラヤ山岳地域にある
ラダックとの交流や社会的に弱い立場に置かれている人々の
支援を目的とする民間非営利団体です。

このたび、スタディツアーを開催することになりました。
ヒマラヤ地域の雄大な自然と文化にふれながら
草の根レベルの交流とNGOへの訪問、現場視察を行います。
ヒマラヤ山脈に隠れたラダックの人々の生活について、
そして国際協力について考えみませんか?

◇期間:
2004年6月24日(木)?7月7日(水)13泊14日

◇研修地:
ラダック(インド、ジャム&カシミール州)

◇参加費用:
25万円(学生23万円、会員でない方は別途、会費が必要)

◇募集定員:
20名(申し込み受付順、最少催行人数5名)

◇申し込み締切り:
定員になり次第締切 【最終締切5月16日(日)】

◇企画/運営/インド国内工程手配:ジュレー・ラダック
 国際線手配:?ビーエス観光
◇説明会:事前に電話/Eメール/FAX等でご予約下さい。
  5月2日、9日、16日 
 各日13時30分から一時間程度、場所はジュレー・ラダック事務所

◇問い合わせ・申し込み先:Julay Ladakh(ジュレー・ラダック)
〒131-0013東京都江戸川区東小松川3-35-13-204
電話/FAX:03?3654?9188 
携帯電話:080-5031-3481(代表スカルマ・ギュルメット)

E-mail:julay@edogawa.home.ne.jp
URL:http://members.edogawa.home.ne.jp/julay
(スタディツアーに関する情報を随時公開しています。)

※お詫び:常駐のスタッフがいないため、
電話での問合せは火・土・日(10:00?17:00)にお願致します。


« 1 ... 559 560 561 (562) 563 564 »
NGO network Japan