ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
投稿者: WaterAidJapan 投稿日時: 2018-12-13 11:55:20 (40 ヒット)

◆スピーカーの輪を全国に◆
ウォーターエイドでは、途上国の水とトイレの課題や、私たちの活動をより多くの人に知ってもらうため、学校やイベントに出向き、オリジナル教材によるワークショップ等を行ってきました。この活動を支えてくださっているのが、「ウォーターエイド・スピーカークラブ」に所属するボランティアの皆さんです。



スピーカーの皆さんは日本全国でおよそ総勢170名。関西では約25名。

≪もっと多くの人に、途上国の水とトイレの問題を知ってほしい。≫ 



関西圏在住の仲間を増やすことを、その第一歩と考えています。

スピーカー講習会を受けて、一緒にスピーカーとして活躍しませんか?関西でも盛り上げていきたい!そんな関西スピーカーの皆さんがあなたをお待ちしています。

クラブのメンバーである「スピーカー」の皆さんには、年に数回学校での授業やウォーターエイドが主催するイベントにて実際に授業をしていただきます。ウォーターエイドのオリジナル教材・授業案を使用することができるようになりますので、ご自身でイベントを企画していただくことも可能です。



◆イベント概要◆
日時:2018年12月22日(土) 10:30?17:00(10:15受付開始)
場所:大阪産業創造館6階会議室D
〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1丁目4?5
http://shisetsu.sansokan.jp/access.html
対象・定員: 高校生以上16 名(最小催行人数6名※3日前の時点で判断いたします)
参加費:無料
申込締切:2018年12月19日(水)23:59  ※定員に達した場合は、その時点で締切となります。
持ち物:筆記用具、弁当(昼食をはさんで丸一日の講習会となります)

申込フォーム:https://goo.gl/forms/gRlh6u0mdg2TKCVL2



◆ウォーターエイド・スピーカークラブとは?◆


≪講習会に参加してからスピーカークラブの活動に参加するまで≫

Phase 1 スピーカー講習会:
ウォーターエイドのスピーカーになるには、1日「スピーカー講習」を受ける必要があります。「スピーカー講習」を受けた方には、「ウォーターエイド・スピーカークラブ会員証」をお渡しいたします。現在約170名のスピーカーが、学校への出前授業やイベント等で活躍しています。

講習会のメニュー
1. ウォーターエイド・スピーカークラブとは
2. 水に関する授業/アクティビティ体験
3. ウォーターエイドとは
4. ピアティーチング(参加者のグループが教師役となって他の参加者に対して授業を実践し、その結果を評価しあいます。)

Phase 2 事前練習会:
実際にウォーターエイドオリジナル教材を使って授業を実施する前に、練習会を実施し、授業で使用するパワーポイントや素材の内容を確認したり、ピアティーチングを通じて授業実施の練習をしたりします。

Phase 3 出前授業・イベント:
学校からの依頼による出前授業、11月19日の世界トイレの日、3月22日の世界水の日をはじめとするウォーターエイド主催のイベント等で実際に授業を実施、途上国の水・衛生やウォーターエイドの活動への関心喚起を行います。


投稿者: PLAS 投稿日時: 2018-12-13 11:47:05 (46 ヒット)

以前に比べると、NGOで働くという選択肢も少しずつ身近になってきた印象はありますが、 まだまだ分かりづらいNGO/NPOでの仕事。 今回のPLASの定例イベントPLASRoomは、その「NGOで働く」ことをテーマに開催します。

今回は、民間企業での10数年の勤務・青年海外協力隊での経験を経て、 2018年4月よりPLASに入職したファンドレイズマネージャー和泉が、自身の経験も交えつつ、お話させて頂きます。
・NPO/NGOへの就職・転職を考えている方
・プロボノやボランティアとして社会課題に参画する機会を探している方
・NPO/NGOの中でどのような業務が行われてるのか知りたい方
この機会に実際にNGOで働くスタッフから話を聞いてみませんか?

よく耳にする「有給職員」「プロボノ」「ボランティア」「インターン」などの違いから、日頃の具体的な業務内容、民間企業との違い、 実際にNGOへの就職転職を選択肢として選べるのか?等
NGO/NPOに実際に関わってみたい方には興味深い内容になっています。
ぜひ皆さまのご参加をお待ちしております!


▼日時▼
2018/12/18 19:30?21:00(19:15 OPEN)

▼開催場所▼
PLAS日本事務局 東京都 台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F

▼参加費用▼
\1,000 (ワンドリンク付き)
本イベントは、経費を除く参加費の全額がエイズ孤児支援となるチャリティーイベントです。 参加するだけで、支援につながるアクションとなります!

▼詳細・参加申し込み▼
PLASのホームページイベント情報、お知らせページに詳細、申し込みフォームが掲載されております。
<<<https://www.plas-aids.org/blog/2018/11/26/41618


投稿者: PARC 投稿日時: 2018-12-12 14:37:17 (32 ヒット)

アジア太平洋資料センター(PARC)では、このたびPARCが運営する市民講座「自由学校」部門を 担当する事務局スタッフ(1名)を募集します。
関連業務、NGO業界での経験などは問いません。未経験の方のご応募も大歓迎です。
NGOでの発信・活動にご興味ある方、ふるってご応募ください!

★自由学校部門活動内容の詳細はこちら
http://www.parcfs.org/


自由学校部門の職務内容

自由学校部門に関する下記の業務
PARC自由学校に関する業務
 ?市民講座の企画
 ?市民講座の運営事務
 ?市民講座の広報
 ?その他、自由学校に関連するイベントの企画・広報・立案・実行
 ?その他PARC全体の活動方針に沿った活動の企画・広報・立案・実行あるいは他部門との連携協力
※上記の業務を他スタッフ、理事、協力者、ボランティア等と連携しながら統括する役割です。
※関連業務経験の有無、NGO業界の経験などは問いません。
NGOからの発信、活動に意欲のある方のご応募お待ちしております!


【雇用契約】

2年間の有期雇用(更新する場合には、原則として期間の定めのない雇用になります)
(試用期間3ヶ月)


【勤務地】

東京都千代田区神田淡路町(PARC事務所)


【勤務条件】

○月?金 10:00?19:00(休憩60分)
土日祝日の講座日、イベントなどの出勤あり(その場合は代休取得)。
※自由学校担当者は、講座のある日は14:00?22:00(休憩60分)、
土日祝日の講座日の出勤あり(その場合は代休取得)。
※詳細は当センターの就業規則による。

【待 遇】

当センター既定による
※給与例:
25-29歳の方の初年度給与:195,000円
30-34歳の方の初年度給与:205,000円
○年末年始・夏季休暇各5日間
○有給休暇初年度7日間(勤務年数1年ごとに1日追加)
○原則週休2日(イベントや自由学校講座の際には土日出勤あり。その場合は代休取得)
○交通費支給(定期代)
○社保険完備
○退職金制度あり(当センター既定による)


【勤務開始日】

2019年1月もしくは2月


【応募条件】

・PARCのミッションや諸活動に共感している方
・原則として社会人経験3年以上
・基本的なパソコン技能を持ち、
一般的なビジネス文書の作成が出来る方
・NGOのスタッフとして社会に発信、貢献することに意欲のある方
・心身共に健康な方
・人と出会うことやコミュニケーションが好きな方。
・英語能力(必須ではありません)


【応募方法】

下記の書類と何で募集を知ったか、勤務開始可能日を明記の上、PARC事務局soumu@parc-jp.orgまでメールにてお送りください。
?履歴書(形式自由、写真添付)
?職務経歴書(形式自由)
?課題作文(形式自由・A4用紙2枚以内)

●自由学校部門課題作文テーマ:「自由学校で実現したい講座」
回数、講師候補、値段、ターゲット層、広報先など具体的にお書きください。


【応募締切】

〆切:2019年1月10日必着
※書類選考通過者には面接のご連絡を致します。応募書類の返却は致しません。
※適任者が見つかり次第、応募を締切ますので、ご了承ください。
※〆切後も募集を継続している場合がございます。事務局までお問い合わせください。

その他のご質問、応募前の相談で聞きたいことなどありましたら、
何でもお気軽にご連絡ください。お待ちしています。

【ご応募・問い合わせ先】

特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC)
〒101-0063 千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル
採用担当:高橋真理(総務)・田中滋(事務局長)
TEL.03-5209-3455 FAX.03-5209-3453
E-mail:soumu@parc-jp.org


投稿者: HFW 投稿日時: 2018-12-10 17:26:46 (47 ヒット)

国際協力NGOはたくさんあるけど、HFWは他のNGOとどう違うの? 
HFWが解決しようとしている飢餓の現状とは? 
こんな疑問に対して、写真やデータを見ながら紹介します。
飢餓が、私たちの暮らしや食生活とどのようなつながりがあるのか。
解決に向けて自分には何ができるのか。一緒に考えてみませんか?
初心者向けの説明会ですので、お気軽にご参加ください。

【日時】 12月20日(木)18:30-20:30
【参加費】無料
【会場】ハンガー・フリー・ワールド事務所(飯田橋)
【地図】http://www.hungerfree.net/about/access/
【交通】JR飯田橋東口改札を出てすぐの通りを右(目白通りを九段下方面)へ徒歩1分。
はなまるうどん、珈琲館などが入っているビルの8階。
【定員】6名
【締切】12月19日(定員になり次第締め切り)
【申込み】事前にお電話またはE-mailにてお申し込みください。
【主催】ハンガー・フリー・ワールド

【連絡先】 
特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド
TEL:03-3261-4700  FAX:03-3261-4701
月・火・木10:00?21:00 水・金・土10:00?18:00
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階
E-mail info@hungerfree.net
URL https://www.hungerfree.net/news/15057/


投稿者: FUNN 投稿日時: 2018-12-7 17:15:04 (100 ヒット)

特定非営利活動法人NGO福岡ネットワーク(FUNN)では、事務局を担う有給職員を1名募集します!

<求人概要>
業務内容:事務局及び事業の管理・運営に関する業務全般
勤務形態:常勤職員(有期雇用)
経 験 等:・国際協力に関心や興味がある方
・ワード、エクセルを使用して基本的な事務作業ができる方
就業時間:火曜日から土曜日の13:00-18:00(日・月・祝日休み)
※イベントや会議のため、時間外や休日出勤をお願いすることもあります。
勤務場所:福岡市博多区博多駅前3-6-1小森ビル4A
福岡NPO共同事務所びおとーぷ内(JR博多駅より徒歩7分)
待  遇:当団体規定に基づいて給与支給、交通費(上限1万円)、各種社会保険
勤務開始:採用が決まり次第(至急)
※勤務時間・日数は調整可能です。ご相談ください。

<応募方法>
履歴書及び志望動機(何れも書式自由)をEメール添付にて、FUNNまで送付して下さい。

<お問合せ・応募先>
特定非営利活動法人NGO福岡ネットワーク(FUNN)
TEL:092-405-9870/Eメール:funn@ngofukuoka.net
ウェブサイト:https://ngofukuoka.net/
※本記載以外の募集条件や詳細は、お電話にてお問い合わせください。

Facebook


投稿者: jfra 投稿日時: 2018-12-7 15:18:50 (56 ヒット)

2019年4月より開校する第4期ファンドレイジング・スクールの無料説明会を開催いたします!
日本で唯一のファンドレイジング専門のスクールとして2016年4月より始まったファンドレイジング・スクール。第1期生は12名、第2期生は16名、第3期生は26名の本科生で学びを深めてまいりました。経験からの学びを通じて知識を習得し、実践により定着させていく独自のメソッドによりファンドレイザーとしての実践力を高めていくことができます。

入学対象になるのは、「准認定ファンドレイザー必修研修受講者」になります。
さらに、3年間の有償実務経験があれば、スクール期間中に、准認定試験(6月)、認定必修研修(9月、10月)、認定試験(12月)がありますので、スクールで実践力を磨きつつ、最短で認定ファンドレイザーになれる可能性があります。
ファンドレイザーとしての実践力を高めたいとお考えの皆様は是非ご検討ください。
ファンドレイジング・スクールについてはこちらから

無料説明会のお申込はこちらから

●会場
〒105-0004 東京都港区新橋5-7-12 ひのき屋ビル7F
アクセス日本ファンドレイジング協会オフィス


● 日程
以下の日程で実施いたします。内容はどの会も同じですので、ご都合のつく1日程にご参加下さい。
?2018年12月26日(水) 19:00-21:00(開場18:45)
?2019年1月22日(火) 19:00-21:00(開場18:45)
?2019年1月31日(木) 19:00-21:00(開場18:45)
?2019年2月12日(火) 19:00-21:00(開場18:45)
?2019年2月20日(水) 19:00-21:00(開場18:45)
?2019年3月5日(火) 19:00-21:00(開場18:45)
?2019年3月14日(木) 19:00-21:00(開場18:45)
?2019年3月20日(水) 19:00-21:00(開場18:45)

お気軽にご参加ください!

●定員
10名

●お申込方法
下記のお申込フォームからお手続きください
第4期ファンドレイジング・スクール無料説明会

※申込締切:各回の説明会当日まで

●内容
・日本ファンドレイジング協会代表理事/事務局長からの挨拶
・ファンドレイジング・スクール内容説明
・スクール生の体験談
・質疑応答


●講師
鵜尾 雅隆(日本ファンドレイジング協会 代表理事 認定ファンドレイザー/認定講師)
鴨崎 貴泰(日本ファンドレイジング協会 常務理事兼事務局長 認定ファンドレイザー/認定講師)
※日程により登壇者が変更となる可能性があります。

当日は、ファンドレイジング・スクール3期生のメンバーが参加します。
NPO勤務、企業勤務、起業家、NPO向けコンサルタント、プロボノなど様々な経歴の受講生が日替わりで参加し、スクールを受けてみた感想や成果について語ります!

★日本ファンドレイジング協会の詳細はこちらをご覧ください★


投稿者: WE21Japan 投稿日時: 2018-12-6 14:39:00 (62 ヒット)

教えてマコケンさん! 災害がおきたら原発はどうなるの?
-知って・考えよう-

2018年は豪雨・地震・台風といった自然災害が全国で発生しました。
「福島第一原子力発電所の今」を知ることは、私たちがどんな未来を子どもたちに手渡したいか
考えるきっかけとなります。
これまで地道な取材を重ねてきたおしどりマコ・ケンさんに
"報道されない原発事故後の真実"ついて語っていただきます。

【日時】 2019年1月26日(土) 14:00-16:30(受付 13:30?)

【会場】 サンハート 横浜市旭区民文化センター 
相鉄線「二俣川」駅北口徒歩すぐ
(二俣川ライフ5F)
【チケット】 前売500円 / 当日600円  
託児:先着20名(組合員無料、組合員外200円)
※高校生以下無料。お子さんと一緒の参加もOK!

【共催】横浜みなみ生活クラブ生協 泉コモンズ・緑園デポー、
認定NPO法人WE21ジャパン・旭、
認定NPO法人WE21ジャパン・いずみ

【協賛】 横浜みなみ生活クラブ生協 旭北コモンズ・旭南コモンズ、
認定NPO法人WE21ジャパン

【チケットのお求め・お問い合わせ】

NPO法人WE21ジャパン・旭(WEショップ旭)
TEL/FAX 045-364-3277 Email: we21asahi@ybb.ne.jp
NPO法人WE21ジャパンいずみ(WEショップいずみ)
TEL: 045-802-0095 FAX: 045-392-8043
Email: aee04605@nifty.co.jp

※高校生以下の方、保育希望の方は申込時にお報せくださいWE21ジャパン


投稿者: shapla 投稿日時: 2018-12-4 17:30:15 (71 ヒット)

シャプラニールでは、ご自宅に眠っているアクセサリーが 海外協力への寄付になる「輝く未来へ ジュエリー回収大作戦!」を実施しています。

あなたのおうちに、こんなものはありませんか?
片方なくしてしまったピアス、金具の壊れてしまったネックレス、好みでなくなってしまった指輪。こうした"たんすのこやし"になってしまっているアクセサリー類を集め、専門の買取業者で換金し、海外協力活動への寄付となります。

もう自分では使わないと思っていたアクセサリーが、バングラデシュやネパールの子どもたちの支援活動などに役立てられます。


▼寄付になるもの
金、銀、ダイアモンド、プラチナ、パラジウムのアクセサリーなどが寄付になります。
(※ 古いもの、壊れたものでも寄付になります。)
・ピアス、イヤリング
・ネックレス、ブレスレット、指輪
・コイン
・腕時計

▼あなたの寄付でできること
例えば18金のピアス片方(1.3g/5,000円相当)で、バングラデシュの先住民の子どもたちが通う就学前教室の教員派遣費用1カ月分の寄付になります。

▼寄付の方法
アクセサリー類に傷がつかないように包装して以下の宛先までお送りください。
恐れ入りますが、送料はご負担ください。

〒169-8611 東京都新宿区西早稲田2-3-1早稲田奉仕園内 
シャプラニール 「輝く未来、ジュエリー回収大作戦!」 係

キャンペーン期間:2018年12月1日(土)から2019年1月31日(木)


・―――――――――――――――――――――

不要なアクセサリー以外にも、本やDVDなど通年寄付を受け付けております。
詳しくは以下より当会ホームページをご覧ください。
https://www.shaplaneer.org/sutenai/

・―――――――――――――――――――――


お問い合わせ
(特活)シャプラニール=市民による海外協力の会 担当:上嶋
Tel: 03-3202-7863 Email: sutenai@shaplaneer.org


投稿者: shapla 投稿日時: 2018-12-4 16:04:46 (74 ヒット)

シャプラニールでは、全国から届いたはがきや切手などの仕分けや、カウントをお手伝いいただくボランティアを募集しています。どなたにも手軽にしていただける作業です。ボランティアさんとスタッフが交流するお茶の時間(15時?30分程度)もあります。

これからボランティアを始めたい方、海外協力に関心をお持ちの方、仲間とわいわい作業をするのが好きな方など、皆さまのご参加をお待ちしています。説明会の後に作業体験をしていただくこともできます。


【日時】2018年12月22日(土) 10:30?12:00

【場所】シャプラニール東京事務所 東京都新宿区西早稲田2-3-1【地図】
東京メトロ東西線 早稲田駅 徒歩5分
東京メトロ副都心線 西早稲田駅 徒歩8分
JR山手線・西武新宿線 高田馬場駅 バス10分

【募集要項】火?土曜の10時?18 時の間、週一回3時間以上できる方※12:00-13:00はお昼休憩です。

【作業内容】全国から届くはがきや切手の仕分け・カウント等

【お申込み】
以下の弊会HPイベントお申込みフォームからお申込みいただくか、
下記のお問合せ先まで、お名前/ご連絡先(電話/E-mailアドレス)をご連絡ください。

■イベントお申込みフォーム
https://www.shaplaneer.org/eventform/

■お問い合わせ先
(特活)シャプラニール=市民による海外協力の会
担当:上嶋(ウエジマ)
TEL:03-3202-7863 E-mail:sutenai@shaplaneer.org

※必ず事前にお申込みの上説明会にご参加ください。
※キャンセル待ちの方への連絡や会場準備の都合上、お申込後に欠席される場合は必ずお早めにご連絡ください。


投稿者: sva 投稿日時: 2018-12-4 13:59:02 (55 ヒット)

2018年11月13日、テレビ朝日「世界の村で発見!こんなところに日本人」にミャンマー事務所の伊藤が出演しました。

番組では「伊藤がなぜミャンマーで活動をしているのか」が取り上げられましたが、番組終了後「もっと事業のことが知りたい」、「そもそもなぜ図書館を支援する必要があるのか」という声が届きました。

そこで、番組では伝えきれなかったミャンマーの図書館事業の実態を、番組に出演した伊藤杏子がお伝えします。

<こんな人にオススメ>
・ミャンマーに関心がある方
・海外で働いてみたい、NGOで働いてみたい方
・ミャンマーでの図書館事業について知りたい方

イベントでは、ミャンマーの子どもたちに届ける翻訳絵本作りワークショップも行います。
クリスマス前の夜に、ミャンマーの絵本を知らない子どもたちに届く絵本作りにご参加ください。

【イベント概要】
●日時
2018年12月21日(金)19:00--20:30 (開場18:30)

●会場
聖心グローバルプラザ 1階 ワークショップスペース
(東京都渋谷区広尾4-2-24 聖心女子大学4号館)
※最寄駅 東京メトロ日比谷線「広尾」駅 4番出口から徒歩1分

▽アクセス
http://kyosei.u-sacred-heart.ac.jp/access/

●参加費
無料

●定員
30人(定員になり次第〆切)

●持ち物
・はさみ
・ボールペン
(絵本に貼る翻訳シールを切り、絵本に現地語で名前を書くために使用します)

●主催
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会


●プログラム
18:30 受付開始
19:00 報告会「ミャンマーでの図書館事業とは」(登壇:伊藤杏子)
20:00 翻訳絵本作りワークショップ
20:30 イベント終了

●お申込み方法
▽こちらのWEBフォームよりお申し込みください。
https://sva.or.jp/contact/event/701100000004f0h.html

*準備の関係上、参加希望の方は上記申込フォームから事前にお申し込みをお願いします。

●登壇者
伊藤 杏子

公益社団法人シャンティ国際ボランティア会 ミャンマー事務所 事業調整員。
ITメーカー勤務後、英国で教育と開発を学びに大学院留学の後、シャンティに入職。
東京事務所でアフガニスタンやミャンマー、ミャンマー(ビルマ)難民キャンプの事業担当を勤めた後、現職。


●お問合せ
〒160-0015 東京都新宿区大京町31 慈母会館2,3階
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
担当:広報課
Tel:03-6457-4585
Fax:03-5360-1220
Email:pr@sva.or.jp

▽イベントにつきまして詳しくはこちらのページをご覧ください。
http://sva.or.jp/wp/?p=31249


投稿者: SJF 投稿日時: 2018-12-4 12:22:17 (54 ヒット)

ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)
助成発表フォーラム第7回
・========================================

見逃されがちだが大切な問題に取り組むアドボカシー活動にソーシャル・ジャスティス基金から2019年も新たに助成されます。2018年に助成された活動からはさまざまな成果と課題が報告されています。それらの助成先の発表とパネル対話をもとに、会場のみなさんと対話交流を行います。
抑圧されたら自分を否定しないで声を上げていいんだよ、その声を受け止めて社会を変えていこう、そんな思いからアドボカシー活動は始まる。これは不当だ、問題だと気づける機会を得られることから始まる。そして、マイノリティの問題を社会みんなの問題へと開き、問題現場から解決の知見を集め、社会の仕組みや法制度づくりに生かしていく。
当助成の対象となる「社会の不公正を正す目的」をもち、「市民社会の形成に寄与」し、「あらゆるいのちが尊ばれる社会をめざす」活動とは? じつは私たちに身近な問題がテーマ。ぜひご参加ください。

【プレゼンター/助成先/助成事業名】
=2019年度(第7回)=
崔洙連さん
NPO法人 移住者と連帯する全国ネットワーク
「移住者による移民政策―市民立法としての移民基本法の制定を目指して―」

甲斐田万智子さん
NPO法人 国際子ども権利センター
「子ども自身によるアドボカシー促進のための子どもの権利普及事業
?マイノリティの子どもに焦点をあてて?」

=2018年度(第6回=
中野宏美さん
NPO法人 しあわせなみだ
「『障がい児者への性暴力』に関するアドボカシー事業」

近藤康男さん
モザンビーク開発を考える市民の会
「援助・投資によるインジャスティスを乗り越える
?3カ国市民社会連携を通じたアドボカシー活動?」


【日時】 2019年1月16日 18:30?21:00 (開場18:00)
【会場】新宿区 若松地域センター 2階 第1集会室
東京都新宿区若松町12-6 (大江戸線・若松河田駅 河田口 徒歩2分)
【参加費】一般1,000円/学生500円 当日受付にてお支払いください。


【お申込みページ】 https://socialjustice.jp/20190116.html 事前にお申し込みください。

【イベントホームページ】http://socialjustice.jp/p/20190116/


?助成:公益財団法人庭野平和財団?

■主催: ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)
東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501 認定NPO法人まちぽっと
Tel: 03-5941-7948 FAX: 03-3200-9250
URL: http://www.socialjustice.jp/
・===========================


投稿者: hiveronica 投稿日時: 2018-12-4 10:38:23 (59 ヒット)

2019年イスラエル・パレスチナスタディツアーの募集が始まりました。
http://seichi-no-kodomo.org/activity/exchange/study-tour/application/2019-detail/


あなたは平和について、考えたことはありますか?

世界では、3人に1人が紛争地域に住んでいて、
紛争以外にも移民・難民問題、テロなどと和を脅かすものが世界には多くあります。

一方で日本は、世界平和度数を発表している機関(経済平和研究所)により、
紛争に最も与していない国の1つとして選ばれました。

イスラエル・パレスチナでは、紛争があり、難民問題があり、テロがありと多くの問題を抱えています。
そんな国の人々の暮らしや対話、ホームステイやボランティアなどを通して、
平和とは何なのか、平和の大切さなどを考えること、れがスタディーツアーの目的です。

戦争をするのも、平和にするのも人間です。イスラエル、パレスチナの若者と共に、平和をつくる旅にでかけませんか?



本スタディ・ツアーは下記の方々にお勧めです。

 ・イスラエル・パレスチナ問題や平和構築に関心のある方!
 ・中東でエキゾチックな気分に浸りたい方!
 ・ホームステイで英語三昧になりたい方!
 ・中東の友達を作りたい方!
 ・自分を見つめなおしたい方!
 ・純粋に旅が好きな方!

皆様からのご応募をお待ちしています。

 日程 :2019年2月27日or28日から3月10日or11日
 応募締切:11月14日(水)【必着】 
 参加費:学生・・・約29万から33万、社会人・・・約34万

詳細、応募方法等は下記URLを参照下さい。
http://seichi-no-kodomo.org/activity/exchange/study-tour/application/2019-detail/

認定NPO法人 聖地のこどもを支える会


投稿者: kikonetwork 投稿日時: 2018-12-3 17:20:16 (43 ヒット)

シンポジウム「SDGsでつながる京都とイスカンダル・マレーシア」?京都発環境教育から低炭素社会づくりへの挑戦?

京都市発の環境教育を参考に「イスカンダル・マレーシアにおける低炭素社会実現に向けた人・コミュニティづくりプロジェクト」*が始まりました。
本シンポジウムでは、3年間に渡るプロジェクトの成果や、プロジェクトのなかで得た知見の報告と、SDGs(持続可能な開発目標)の視点から京都市から世界へ、また世界の国々と共に、これまでの知見をどう活かし、取組を深めていくことができるのかについてパネルディスカッションを行います。

*「低炭素社会実現に向けた人・コミュニティづくりプロジェクト」は、JICA草の根技術協力事業として2016年から3年間、マレーシア・イスカンダル開発地域で京都市の環境学習プログラム「こどもエコライフチャレンジ」のマレーシア版の実施、セカンダリースクールでの主体的な環境学習(PBL)、地域コミュニティを中心とした環境活動の実施支援に取組んできました。



1.日時:2018年12月24日13:30?16:30(13:00受付開始)

2.会場:メルパルク京都
京都駅から徒歩1分
アクセス:https://www.mielparque.jp/kyoto/access/

3.実施内容

■第一部13:30?14:40プロジェクトの成果報告
1.小学校での地球温暖化防止教育プログラム
報告者:豊田陽介(気候ネットワーク)
2.セカンダリースクールでのPBL(問題解決学習)プログラム
報告者:新堀春輔(京都市環境保全活動推進協会)
3.地域コミュニティの活動
報告者:同上
4.マレーシアでのシンポジウム報告
報告者:同上

■第二部14:50?16:30パネルディスカッション
「プロジェクトの経験を京都でいかすには?京都の知見をさらに海外でいかすには?」

●コーディネーター
藤野 純一(国立環境研究所主任研究員/地球環境戦略研究機関上席研究員)
●パネリスト
大林 照明(京都市教育委員会事務局総合教育センター指導室長)
浅利 美鈴(京都大学地球環境学堂准教授)
下間 健之(京都市環境政策局地球環境・エネルギー担当局長)
新堀 春輔(京都市環境保全活動推進協会事業部事業第1課長)
大井 通博(環境省地球環境局総務課研究調査室/気候変動適応室室長)

4.定員・申込み
インターネットのWebフォームからお申し込みいただけます。
http://bit.ly/imkyoto2018
または(1)お名前、(2)電話番号、(3)メールまたはFAX番号、(4)参加者数を記載の上、メールkyoto@kikonet.orgかFAX075-254-1012にてお申し込みください。

5.主催・協力
共催:京都市、公益財団法人京都市環境保全活動推進協会、特定非営利活動法人気候ネットワーク、JICA関西
後援:関西SDGsプラットフォーム


6.問合せ・連絡先
認定NPO法人気候ネットワーク京都事務所
TEL:075-254-1011FAX:075-254-1012
MAIL:kyoto@kikonet.org
[url=シンポジウム「SDGsでつながる京都とイスカンダル・マレーシア」?京都発環境教育から低炭素社会づくりへの挑戦?
シンポジウム「SDGsでつながる京都とイスカンダル・マレーシア」?京都発環境教育から低炭素社会づくりへの挑戦?
http://bit.ly/imkyoto2018]12/24シンポ申し込みフォーム[/url]


投稿者: CCP 投稿日時: 2018-11-30 18:23:14 (60 ヒット)

UNHCR難民映画祭2018法人パートナーズとして、今年の作品の中から、レバノンの難民キャンプで
生まれ育ったパレスチナ難民のマリアムがケータリングビジネス「Soufra」の起業に挑戦する
「ソフラ?夢をキッチンカーにのせて」の上映会を開催いたします。
上映後、レバノンの難民キャンプの状況や活動報告などを行います。皆さまのお越しをお待ちしております。

・日時:2019年1月12日(土)19:00-21:00
    ※19:00会場 19:10映画上映(73分) 20:30トークショー
    ※映画上映後、トークショーにて映画解説等を行います。

・場所:JICA地球ひろば 2階国際会議場
   (東京都新宿区市谷本村町10-5 JICA市ヶ谷ビル )
・アクセス:JR中央線・総武線 「市ヶ谷」 徒歩10分、
      東京メトロ有楽町線・都営地下鉄新宿線 「市ヶ谷」A1番/4番出口 徒歩10分、
      東京メトロ有楽町線・南北線 「市ヶ谷」6番出口 徒歩8分
・地図:https://www.jica.go.jp/hiroba/about/map/
・入場料:1,000円 *当日会場にてお支払ください。 *要事前申込
*お申し込みはこちら(コクチーズPROサイトから)
https://www.kokuchpro.com/event/CCP0112/

・上映作品「 ソフラ ?夢をキッチンカーにのせて?」
地域 :中東(レバノン)
監督 :トーマス・モーガン
製作国:アメリカ、レバノン
製作年:2017年
上映時間:73分
カテゴリー:ドキュメンタリー
言語:(音声)アラビア語 (字幕)日本語、英語
エル・グウナ映画祭(2017) Mentor Arabia 賞、 Cinema for Humanity Audience 賞
日本初上映
(ストーリー)
レバノンの難民キャンプで生まれ育ったパレスチナ難民のマリアムは、自分の運命に立ち向かうためにケータリングビジネスの起業に挑戦する。その名は「ソフラ」。幾多の困難に直面しながらも、同じような境遇にあるパレスチナ、シリア、イラク難民の女性たちとともに奮闘する日々が続く。人類史上、最大の難民危機でうまれたサクセスストーリーは、絆、希望、勇気、情熱とともに、人々が戦争による心の傷を癒していく姿を描く。


・特定非営利活動法人パレスチナ子どものキャンペーン
 https://ccp-ngo.jp/news/2018/20181128111110.html


投稿者: HFW 投稿日時: 2018-11-29 15:57:37 (62 ヒット)

バングラデシュ、ベナン、ブルキナファソ、ウガンダなどでの飢餓をなくすための活動資金になる、寄付品の仕分け・カウント、換金作業、データ入力とボランティアマネジメントです。熱意のある方歓迎!

【内容】
寄付品(書損じハガキ、切手、商品券など)の仕分け・カウント、換金・運搬作業、データ入力、ボランティアマネジメント、社外・企業でのボランティア会開催。
【募集人数】
若干名
【期間】
2018年12月-2019年7月末まで
【条件】
(必須)
・国際協力に理解と情熱を持ち、HFWの理念と活動に賛同できる方。
・責任感と協調性をもって業務に取り組める方。
・明朗快活な方。
・心身ともに健康な方。
・2年以上の社会経験、Word、Excelの基本操作ができる方。
(あると望ましい経験)
・NGO/NPOなどでのボランティア活動。
・接客、販売、営業など人と接する仕事。
【待遇】
給与:時給1000円、交通費実費支給(上限 月2万5000円)、社保完備
【勤務時間】
月?土のうち週5日 10:00-18:00。休日:日、祝日。実働7時間、休憩1時間。
*土曜勤務(10:00-18:00)可能な方、歓迎。勤務時間・曜日応相談。
【勤務地】
本部事務所(東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階)
【応募方法】
履歴書(顔写真付)を郵送または電子メールでお送り下さい。電子メールの件名には「回収アルバイト応募」とお書きください。
※書類選考通過者のみ、応募日から1週間以内に面接のご連絡をいたします。
【締め切り】
12月20日(木)
※適任者見つかり次第締切ますのでお早目にお申し込みください

【応募・連絡先】
特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド
東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階
info@hungerfree.net(担当:石川)
03-3261-4700
03-3261-4701
http://www.hungerfree.net/about/recruit/


投稿者: JICA_PARTNER 投稿日時: 2018-11-29 10:48:47 (83 ヒット)

お申し込みはPARTNERマイページから!(PARTNERご登録が必要となります。)
▼PARTNERセミナー紹介ページ
http://partner.jica.go.jp/TrainingSeminarDetail?id=a0S7F0000083f14UAA


毎回テーマを変えて「自分なりの国際協力」を探るJOBセミナー。

今回は「国際×地方」がテーマです。
開発途上国援助と日本の地域おこし。一見、真逆にあるように見えるこの二つ、
実は強いつながりがあるのです。

国際協力のノウハウを、日本の地域活性化に活かす人々。
地域おこしの経験と技術を持って、世界に飛び出した人々。
舞台を移したきっかけは?突き動かした思いは? 今後の展望は?

セミナーでは実際に「国際協力×地方創生」に携わる方々をお招きし、
キャリアパスやターニングポイント、
現在の活動やこれから目指す姿などを語っていただきます。

「国際」と「地方」、両方の視点を持っているからこそできる「国際協力×地方創生」とは!?


2018年度第3回JICA国際協力JOBセミナー「国際協力×地方創生 2つの視点、私のキャリア」

===【概要】===

■日時:12月17日(月) 19:00-21:00

■場所:JICA市ヶ谷ビル2階 国際会議場(TV会議システムでJICA北海道(札幌)、JICA東北、JICA沖縄に中継)

■登壇者
【基調講演】地方創生の事業・キャリアについて
・押切 真千亜氏 (経歴:青年海外協力隊→大学院→JICA(国際協力機構)→NPO法人ETIC.)

【パネルディスカッション】
・大林 孝典氏(経歴:JICA(国際協力機構)→陸前高田市役所)
・村田 浩子氏(経歴:青年海外協力隊→尾鷲商工会議所→尾鷲物産)
・安東 千紘氏(経歴:地域おこし協力隊→青年海外協力隊→JICE(日本国際協力センター)関西支所)

★JICA北海道(札幌)、JICA東北、JICA沖縄でも参加できます!
※詳細はこちら(PDF)
http://partner.jica.go.jp/resource/1542852490000/facebook/facebook/20181217_jobseminar.pdf

==========


投稿者: cff 投稿日時: 2018-11-28 16:05:32 (58 ヒット)

"この夏は子どもたちの笑顔のためにできることをカタチに、大自然に囲まれたボルネオ島で!
2019年春、CFFの海外ボランティアでマレーシアへ!2018年、300名以上の方に参加いただきました。資料請求はホームページから、CFFで検索!

川が流れ、30種類以上の果物と野菜が実り、鶏が育つ、そんな大自然に囲まれたCFFマレーシアで夜には満点の星空に包まれながら自然の豊かさを感じる日々。
マレーシアの青年たちと共に子どもたちが豊かに育っていくための「子どもの家」の関連施設建設ワークを行います。子どもたちが未来に向かって豊かに育つ環境を一緒に作っていきませんか?

・貧困や虐待、家族と一緒に生活できない子どもたちが暮らし学ぶ「子どもの家」関連施設の建設。
・戦争体験者の話を聞くピースセミナーや自分や社会のことを考えるセミナー。
・マレーシアの社会を見て理解するためのミニ・スタディツアー
・子どもたちとマレーシア人キャンパーとの川遊びが最高に楽しい!
などをマレーシアの青年たちと寝食をともにしながら行います。

説明会も随時開催しています!詳しくはこちらまで→http://www.cffjapan.org/

日程詳細==========
■マレーシアワークキャンプ
第54回 2019年2月8日(金)〜2月19日(火)
第55回 2019年2月23日(土)〜3月6日(水)
第56回 2019年3月19日(火)〜3月30日(土)

★★★下記は連絡先なども掲載する場合★★★

NPO法人CFFジャパン
■東京事務局
〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-45-7ラインビル301
TEL:03-5960-4602 FAX:03-5960-4614
http://www.cffjapan.org/ Email:info@cffjapan.org"


投稿者: DEAR 投稿日時: 2018-11-27 15:02:06 (77 ヒット)

ワークショップとふり返りを通して「開発教育」をわかりやすくご紹介する講座です。アクティブラーニングの手法を取り入れたワークショップを体験後、参加者の皆さんとふり返りをしながら、「開発教育」ってなに?何を目指しているの?日本では、世界では、どんな活動が行われているの?といった事柄もお話します。

開発教育の知識や経験はまったくなくてもOKです。学生、NGOスタッフ・ボランティア、学校教員、開発関係者など、様々な方が参加しています。開発教育を知りたい方、実践したい方、アクティブラーニングに関心のある方、DEARの活動に参加してみたい方‥、まずはお気軽に入門講座におこしください!

※入門講座はDEARの会員・ボランティアからなるタスクチームが運営しています。

●日時
2018年12月19日(水)19:00-21:00
※プログラムの進行上、30分以上遅刻される方は参加をご辞退ください。
※基本的に月1回、22日前後に開催しています。

●場所
聖心女子大学聖心グローバルプラザ1階BE*hive
東京都渋谷区広尾4-2-24
※日比谷線広尾駅4番出口下車徒歩1分

●参加費
会員無料、学生500円、一般1,000円
※当日入会することも可能です。その場合、参加費は無料になります。

●対象
教員、学生(教員志望の方には特におすすめ)、NPO/NGO関係者、国際協力・交流関係者のほか、テーマに関心のある方。

●申込み方法
以下のページ申込みフォームよりお申し込みください。
http://www.dear.or.jp/getinvolved/nyumon.html
もしくは、下記までメール、ファックス、お電話でお申込みください。その際、お名前、連絡先(メール、電話番号など)をご明記のうえ、「○月の入門講座参加希望」とお伝えください。
※定員が少数につき、キャンセルされる場合は必ず事前ご連絡をお願いします。

●主催・お問い合わせ先
NPO法人 開発教育協会(DEAR)
〒112-0002 東京都文京区小石川2-17-41富坂キリスト教センター2号館3階
TEL 03-5844-3630 FAX 03-3818-5940(平日10:00-18:00)
URL http://www.dear.or.jp/

●開発教育協会/DEARとは?
南北格差・環境・紛争・貧困など、地球上で起こっている諸問題はわたしたちの生活と無関係ではありません。開発教育とは「知り・考え・行動する」という視点でその解決に取り組んでいくための市民による教育活動です。開発教育協会は、国際協力NGOや国連関係団体、地域の市民団体など約50の民間団体と教員など約700名の個人で構成される教育NGOです。1982年に発足して以来、開発教育と呼ばれる国際理解や国際協力をテーマとした教材の発行(約30点)や、講師派遣(年間150回)、参加型学習の普及推進を行なっています。教材『ワークショップ版・世界がもし100人の村だったら』で国際人権教材アワード受賞(2004年)、教材『パーム油のはなし』で消費者教育教材資料表彰「優秀賞」受賞(2015年)、教材『スマホから考える世界・わたし・SDGs』で消費者教育教材資料表彰「優秀賞」受賞(2018年)。「博報賞」教育活性化部門受賞(2018年)。


投稿者: tsuyaku 投稿日時: 2018-11-27 12:24:09 (312 ヒット)

Travel the world on a cruise ship using your language skills! Japan based international NGO 'Peace Boat' is seeking motivated volunteer interpreters to join our round-the-world voyages to assist communication on board and in ports.

Application close: 2 December 2018

Commences: April 20th, 2019

Contract Type: Temporary

Contract Hours: Full Time

Remuneration/ Pay rate: Volunteer Position


What is involved?
A. Simultaneous and consecutive interpreting of daily on-board lectures, meetings and forums
B. Interpreting and assisting tours in ports of call - previous guest speakers include the then current president of the country of call and renowned revolutionary leaders.
C. Interpreting at informal gatherings
D. Assisting communication between Japanese and non-Japanese speaking participants
E. Translating documents required for the running of the ship
F. Translating and making handouts for lectures, etc.
G. Assisting the on-board language programmes

● As this is a volunteer position, there is no salary, however the full cost of the voyage will be covered by Peace Boat.
● Successful candidates will have a strong interest and general knowledge in both languages in the following areas: Regional conflicts, conflict resolution, poverty, civil society, the environment, nuclear issues, international organizations.
● Must be available for the full duration of the voyage. Only Spanish interpreters may join for part of the voyage.
● Interpreting experience or training is a plus.
● Peace Boat will cover costs for visas, and tours related to Peace Boat activities. All personal expenses are the responsibility of the applicant.

Skill Level
Successful applicants will be competent in both (or more) languages, and able to interpret university level lectures on a wide variety of topics. Training will be provided before departure. The average language levels of previous volunteers is as follows (these are not requirements but are provided as a guide):

Japanese: Japanese Language Proficiency Test Level 1
English: TOEFL (PBT/ITP) 600, (CBT) 250, (iBT) 100 or above; TOEIC 900 or above
Spanish: Spanish Evaluación Oficial del Conocimiento de la Lengua Española Level 2 or higher, Diploma de Español como Lengua Extranjera (DELE) B2 or higher
Chinese: HSK 5 or higher

Please send the following documents to the contact address/email:
1) Applicant's Personal Data Form (Form can be downloaded on our website)
2) Resume/CV (Curriculum Vitae) in both languages
3) A short essay (around one page) stating why you wish to join Peace Boat as a volunteer interpreter, in both languages
Applicants who pass the first stage of the selection process will be invited to the Peace Boat office in Tokyo for an interpreting test and interview. Telephone/Skype interviews may be organized if the applicant cannot come to Tokyo.

Inquiries & Information / Applications:
Peace Boat Volunteer Interpreter Applications; Attn: Nina Matsumoto
3-13-1-B1 Takadanobaba, Shinjuku-ku,
Tokyo 169-0075 JAPAN
Tel: +81-3-3363-8047
E-mail: tsuyaku@peaceboat.gr.jp
peaceboat.org/english/?menu=44


投稿者: chikyunoki 投稿日時: 2018-11-27 11:30:27 (62 ヒット)

ネパールスタディツアー2019
?支援地への旅は、自分を映し出す鏡?

地球の木は、ネパールで現地パートナーNGOのSAGUNと共に教育やヤギの飼育による収入向上のプログラム「幸せ分かち合いムーブメント」を進めています。「幸せを分かち合う」ってなに?「本当の豊かさ」ってなんだろう・・・。自然の懐に抱かれた村々、世界遺産の古い街並みを訪れ、お祭りも体験できる、ディープな旅です。

〇期間:2019年3月15日(金)?3月24日(日)
※3月15日夜集合、東京発着10日間(機中泊2日)。旅行行程(例)はこちらをご覧ください。

〇旅行代金:22万円
※別途、燃油サーチャージ14,720円、羽田空港施設使用料2,570円、現地空港税3,750円、ビザ代2,780円、合計23,820円の費用が必要となります。(2018年8月28日現在の運賃・料金を適用しており変動する可能性があります)詳細は旅行条件をお読みください。

〇訪問地:
カブレ郡マンガルタール村、カトマンズ世界遺産、近郊の村
※添乗員は同行しませんが、地球の木コーディネーターとSAGUNスタッフが同行します。

〇募集定員:10人(最少催行人員4人)

〇対象:テーマに関心のある健康な方
〇申込方法:地球の木へ資料をご請求ください。

〇申込締切り:2019年2月14日(木)
※航空券確保のためお早めにお申し込みください。地球の木会員ではない方は初年度会費3,000円が別途必要です。

〇説明会:2018年12月8日(土)、2019年1月19日(月)の10:30-12:00で説明会を開催します。場所は地球の木事務所です。参加ご希望の方は地球の木までご連絡ください。個別説明会も随時相談可。

〇お問合せ・お申込み・現地プログラム企画
特定非営利活動法人地球の木
〒231-0032 横浜市中区不老町1-3-3フェニックス関内2F
電話:045-228-1575
FAX:045-228-1578
Email:chikyunoki@e-tree.jp

〇旅行企画・実施
株式会社風の旅行社早稲田営業所
〒162-0042 東京都新宿区早稲田67早稲田クローバービル5F
電話:03-6228-0840
FAX:03-3207-6343
観光庁長官登録旅行業第1382号/日本旅行業協会正会員
旅行業務取扱管理者:原優二 担当者:高嶋達也


投稿者: fromjapan 投稿日時: 2018-11-26 14:23:48 (50 ヒット)

スリランカ南部にある世界遺産の町ゴール市の小
学校に招待され、5年生の子どもたちに、かるたを紹
介してきました。大学生・社会人の計6名で3日間活
動し、最終日には日本とスリランカを題材とした、
オリジナルかるた(英語版)を完成させ、かるた大
会を開催しました。

●報告会では、映像・写真をお見せしながら、現地
での活動や生活の様子をお伝えします。また、子ど
もたちが創作した「かるた」を使って、かるた取り
も体験できます。

●対象
・スリランカに関心がある方、学んでみたい方
・教育関係者、かるたを使った国際交流に関心がある方
・海外ボランティア希望者

●内容
・なぜスリランカ?
・スリランカの小学校で、かるたを創作!
・現地の生活・観光
・スリランカかるたで遊ぼう
・スリランカで日本文化を紹介してみませんか

●日時
・2018年12月8日(土)午後1:30?4:00

●会場
・にしおぎBase
・東京都杉並区西荻北3-21-5 YSディセンダツビル4階
・交通:JR総武線西荻窪駅北口徒歩5分

●参加費
・500円(1ソフトドリンク付き)

●申込方法
・下記フォームに入力・送信してください。
http://karuta2020.tokyo/workshop/workshop-sri-lanka/


●主催
Karuta 2020 プロジェクトチーム
東京都西東京市芝久保町3-4-45
フロムジャパン内
TEL: 042-439-5445
URL: http://www.karuta2020.tokyo/


投稿者: HFW 投稿日時: 2018-11-22 17:54:01 (68 ヒット)

国際協力NGOはたくさんあるけど、HFWは他のNGOとどう違うの?  
HFWが解決しようとしている飢餓の現状とは?  
こんな疑問に対して、写真やデータを見ながら紹介します。
飢餓が、私たちの暮らしや食生活とどのようなつながりがあるのか。
解決に向けて自分には何ができるのか。一緒に考えてみませんか?
「食べること」について改めて考えるワークショップから始まる
初心者向けの説明会ですので、お気軽にご参加ください。


【日時】 12月8日(土)11:00-13:00
【参加費】無料
【会場】ハンガー・フリー・ワールド事務所(飯田橋)
【地図】http://www.hungerfree.net/about/access/
【交通】JR飯田橋東口改札を出てすぐの通りを右(目白通りを九段下方面)へ徒歩1分。
はなまるうどん、珈琲館などが入っているビルの8階。
【定員】6名
【締切】12月7日(定員になり次第締め切り)
【申込み】事前にホームページのお申し込みフォーム(詳細記入欄に「12月8日の活動説明会参加希望」とご記入ください)か、お電話でHFW事務局までお申し込みください。
キャンセルの場合もご連絡をお願いします。
(担当:四元) ※お申し込みは12月7日まで。
【主催】ハンガー・フリー・ワールド

【連絡先】 
特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド
TEL:03-3261-4700  FAX:03-3261-4701
月・火・木10:00-21:00 水・金・土10:00-18:00
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階
E-mail info@hungerfree.net
URL http://www.hungerfree.net/news/15056/


投稿者: PARC 投稿日時: 2018-11-21 15:43:49 (72 ヒット)

このたび、PARCで翻訳作品としてリリースしたドキュメンタリー映画『最後の一滴まで―ヨーロッパの隠された水戦争』を上映会を
12/2(日)、1/16(水)の2日間にわかり
開催いたします。

つきましては当日、お手伝いいただけるボランティアさんを
両日ともに大募集しております!
どちらも人手が足りておりませんので少しでもお手伝いいただけると大変助かります。

それぞれお願い差し上げたいボランティア内容は
受付、会場設営、物販、会場運営などです。
ボランティアにご参加いただいた方は映画もご覧いただけます。

集合時間・場所はそれぞれ下記の通りですが
途中から、もしくは途中までのご参加も大歓迎!!

■2018年12月2日(日)
・集合時間 13:00(終了:17:00)
・集合場所:全水道会館
http://www.mizujoho.com/zensuido/establishment/tabid/78/Default.aspx

■日 時:2019年1月16日(水)
・集合時間:18:00(終了:21:00)
・会 場:連合会館 2F 203会議室 ※
http://www.parc-jp.org/freeschool/event/190116.html

□申込み・お問い合わせ
参加ご希望の方、またお問合せは、件名に
「(お手伝いいただける日程)ボランティア希望」とご記入の上、
○お名前
○メールアドレス
○お手伝いいただける日程・時間帯
○連絡先(当日緊急連絡先用に携帯番号)
○募集を何で見たか
をPARC事務局までご連絡ください。
office@parc-jp.org)

折り返し詳細などご連絡差し上げます。
お問合せもお気軽に!
お電話(03-5209-3455)でも受け付けています。

みなさまのご参加お待ちしております!
どうぞよろしくお願いいたします。


投稿者: PARC 投稿日時: 2018-11-21 14:41:53 (69 ヒット)

PARCでは発送をお手伝いしていただける
ボランティアさんを下記の日程で大募集しております。
ご都合よいかた、ぜひお手伝いいただけたら幸いです。
簡単な手作業が中心となりますので、
ボランティアが初めての方もぜひお気軽にご参加ください!

○日程:2018年12月3日(月)
○時間:13:30?17:00の間で作業をしています。
13時30分にお集まりいただけるようでしたら、1時間からの参加もOKです。
作業が早めに終わる場合もございます。
○作業は簡単なチラシ帳合、ラベル貼り、封筒づめ、糊貼などなどです。

お手伝いいただける方は件名に「12/3発送ボランティア参
加希望」と表記の上、お名前とボランティア参加可能時間帯を
soumu@parc-jp.org 高橋までご連絡下さい。
またお問合せなどもお気軽にどうぞ。

アジア太平洋資料センター(PARC)
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル
Tel:03-5209-3455 Fax:03-5209-3453  e-mail:office@parc-jp.org


投稿者: JICA_PARTNER 投稿日時: 2018-11-16 19:17:19 (115 ヒット)

開発コンサルティング企業12社から直接話が聞ける!

『“技術系コンサルタント”業界説明セミナー』が開催されます!

・主催:一般社団法人 海外コンサルタンツ協会(ECFA)
・共催:国際協力機構(JICA)

日時:2018年11月25日(日)
場所:JICA 市ヶ谷ビル
対象:いずれかに該当する方
   1.理系大学生・大学院生
   2.社会人で各社の求人内容に準ずる経験がある方

開発コンサルティング企業での仕事について理解を深めていただくためのセミナーのほか、
実際に、開発コンサルティング企業の方に直接お話しを聞くことができます!

JICA 国際協力人材部より国際協力の意義、様々な働き方と必要な資質、
業界のトレンドについてお話を聞くことができます。

開発援助の仕事にご興味のある方はぜひこの機会にご参加ください。

▼お申込み方法など詳細はこちら▼
http://partner.jica.go.jp/TrainingSeminarDetail?id=a0S7F0000084jirUAA
※事前申し込みが必要です。
※締切:2018年11月19日(月)


(1) 2 3 4 ... 568 »
NGO network Japan