ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
イベント紹介 : 12月関西国際保健勉強会(ぼちぼち)のお知らせ
投稿者: s-okada 投稿日時: 2005-12-11 22:59:55 (1489 ヒット)

「ぼちぼち」とは、関西で行われている国際保健の勉強会です。国際保健に興
味があり知識や経験を身につけたいと思っている方や、現在の仕事のために具
体的に国際協力に関われないが、勉強していきたい方の為の情報交換の場所と
なっております。

関連HP:http://square.umin.ac.jp/botiboti

◆演題内容
  「看護師の海外大量流出と疲弊するフィリピン医療現場
?日比自由貿易協定(FTA)に基づく看護師・介護士の
日本への受入れを考える?」

◆講演者 
 藤本 伸樹 氏
(財)アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)

◆具体的な内容
 フィリピンでは過去数十年来、国家、そして家庭の財政はさまざまな職種の海
外移住労働者からの送金に大きく依存してきましたが、近年看護師をはじめと
する医療従事者の海外移住(短期的および永住)が急増しています。看護師が
看護師として賃金の高い外国で働くだけでなく、医師が看護師に転身して米
英、サウジアラビアなどへ向かっています。その結果、フィリピンの医療現場
では医師・看護師不足が生じ、病院が閉鎖するという事態にも陥っています。

 そうしたなか、現在議論されている日比自由貿易協定(FTA)交渉の課題と
して、日本への看護師・介護士の受入れが大筋で合意されています。これか
ら、フィリピンの医療はどうなるのか、日本はどう受入れるべきなのかについ
て考えていきます。

日時:12月16日(金)午後7時?9時
場所:大阪市立総合生涯学習センター 第2研修室
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-2-2(大阪駅前第二ビル6階)
↑ ↑いつもと違って一つ上の階です。ご注意ください。↑↑
電話:06-6345-5000 FAX:06-6345-5019
最寄り駅:JR東西線北新地駅、JR大阪駅、地下鉄梅田・東梅田・西梅田駅
地図:http://www.manabi.city.osaka.jp/Contents/lll/center/acc.html
参加費:500円
申込:参加希望の方、お名前、Emailアドレス、お電話、御所属先を下記まで
お申し込みください。

連絡先:東大阪市保健所 岡田
E-mail s-okada@umin.ac.jp (ぼちぼち専用)


印刷用ページ このニュースを友達に送る
NGO network Japan