ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
イベント紹介 : 11/24(土)チャリティー上映会『Not My Life』@恵比寿
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2012-11-6 16:29:38 (663 ヒット)

ポラリスプロジェクト ジャパン主催 チャリティー上映会
ドキュメンタリー「Not My Life」で知る
奴隷はなくならない!?

アカデミー賞ベスト・ドキュメンタリー賞にノミネートされたRobert Bilheimer が、渾身の力を込めて4年間にわたり、世界5大陸の奴隷制、人身取引を捉えたドキュメンタリー。

アフリカのガーナ共和国で、漁師として不衛生かつ危険な環境で長時間働かせられる子どもたち。

セネガル共和国で、一部の悪徳教師によって毎日物乞いのノルマを強いられる子どもたち。

インドの地獄と形容される巨大なゴミ集積所で、強制労働させられる子どもたち。

アルバニア国境付近の貧しいロマの村には、常に人身売買のブローカーが現れ、少年少女を売り飛ばす。

アメリカでも些細なことがきっかけで、ごく一般の少女が強制売春を強いられたりと、世界のどこにでも子どもを商売の道具として彼らを狙っている者がいる。

人殺しを強要されるウガンダやスーダンの子ども兵士。


この映画を見て、この実情は「Not My Lifeこれは私の人生ではない」と考える人が大多数かもしれません。

しかし世界で現在、奴隷として扱われている人の数は発展途上国で2700万人、日本を含め先進国においても数百万人いると言われています。自分の意思を無視され、暴力や脅しにより強制的に労働や売春を強いられ続けたなら、「Not My Lifeこれは私の人生であるはずがない」と思いたくなるでしょう。

実は日本も、主にアジアからの人身取引被害者の最終目的地として国際社会から指摘されています。まずは今この世界で起こっている人身売買の現実を見て、知って、私たちに何かできることはないか一緒に考えてみませんか。


<上映> 「Not My Life」(言語:英語、日本語字幕なし 上映約1時間半)
(上映終了後皆さんと意見交換できる時間を設けています)

<日時> 2012年11月24日(土)15:30-18:00(開場15:00)

<場所> 英治出版 EIJI PRESS Lab
東京都渋谷区恵比寿南1-9-12 ピトレスクビル 5F
http://www.eijipress.co.jp/about/access.php

JR恵比寿駅西口より、バスターミナルの横断歩道を三井住友銀行側へ渡り、左にお進みください。右手にあるドトールコーヒーショップを通り過ぎ、左手にローソンが見えます。その次の右の角、バンタンデザイン研究所を右に入ります。バンタンデザイン研究所の隣のビトレスクビルの4階が会場です。エレベーターでお進みください。

<参加者定員> 25名

<参加費>2,000円(資料・ドリンク代含む)
*参加費のうち、500円はポラリスの寄付になります。

<お申し込み>
ポラリスプロジェクトHPより申し込み下さい。
http://www.polarisproject.jp/news
事前予約制のため、参加希望の方は必ず事前に申し込みをお願い致します。
申し込みをされず当日来られた場合、ご参加いただけませんので、ご注意ください。
*お申し込み頂いた時点でお申し込み完了となります。

<お断り>
団体スタッフが参加者の皆様のお顔が映らない形でセミナーの様子を撮影する場合がありますのでご了承ください。また、セミナーにて自己紹介をお願いする場合がありますが任意です。

<主催>
特定非営利活動法人 ポラリスプロジェクトジャパン
HP: http://www.polarisproject.jp
TEL:050-3496-7615
E-mail: info@polarisproject.jp

印刷用ページ このニュースを友達に送る
NGO network Japan