ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
イベント紹介 : 3/1(月)特別講演会:カンボジア 汚職との戦い?「グッド・ガバナンス」の確立に向けて?
投稿者: PEFOCJ 投稿日時: 2010-2-16 17:49:25 (905 ヒット)

【特別講演会】
「カンボジア 汚職との戦い?「グッド・ガバナンス」の確立に向けて?」

国際NGO「トランスペアレンシー・インターナショナル」(TI)による
各国の汚職度調査(2009年版)によれば、カンボジアは180ヵ国中159位
(日本は17位)にランキングされ、非常に高い腐敗度を示しています。
汚職による経済的損失は、年間3億?5億米ドルに上るともいわれます
(米国国際開発庁による2004 年の調査)。

一口に「汚職」といっても、政府高官や有力者が絡む大規模な利権汚職から、
教員や警察官などの公務員が生計維持のために要求する賄賂まで、その
規模や原因はさまざまです。そもそもカンボジアの人々は、どのような行為を
「汚職」と認識しているのでしょうか? そして、なぜ「汚職」が社会の
あらゆるレベルまで蔓延しているのでしょうか?

カンボジア政府は現在、国家開発戦略の最優先課題に「グッド・ガバナンス」
(良き統治)の確立を掲げ、汚職との戦いをはじめとする諸改革を進めています。
同政府が15 年以上も前から公約してきた「反汚職法案」も近々、国会で
審議にかけられる見込みです。

今回の特別講演会では、カンボジアNGO として自国の汚職問題に取り組む
「カンボジア・トランスペアレンシー連合」(CTC)のヒアウ・ヴィアスナー
事務局長をお招きし、同国における「汚職」の実態やCTC の活動、
そして「反汚職法案」制定の進捗状況についてお話しいただきます。


【日時】2010年3月1日(月)18:30-20:00(開場18:00)
【講師】 ヒアウ・ヴィアスナー氏(Dr. HEAV Veasna)
   カンボジア・トランスペアレンシー連合・事務局長
(Executive Director, Coalition for Transparency Cambodia: CTC)
【使用言語】カンボジア語(逐次通訳あり)
【会場】上智大学2号館5階509号室(JR・東京メトロ「四ッ谷」駅から徒歩3分)
【その他】定員75 名参加費無料、事前申込不要。
 どなたでもご参加いただけます。直接会場にお越しください。

【主催】上智大学アジア文化研究所
【協賛】カンボジア市民フォーラム

印刷用ページ このニュースを友達に送る
NGO network Japan