ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
イベント紹介 : 2/26 NGO研究会 公開シンポジウム「説明責任と受益者の関連性?HAPの導入」
投稿者: JAR 投稿日時: 2010-2-12 18:12:27 (888 ヒット)

援助を受ける側(受益者)の声を反映させた援助活動のあり方などについて考えるため、NGO自身による受益者等への説明責任を果たすための「HumanitarianAccountability Project (HAP)」* の取り組みを紹介しながら、2009年度に行われたワークショップの成果を広く共有できるものとしていきたいと考えています。これまでのワークショップへお越しいただけなかった方へも分かりやすい内
容となっております。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

また、大変お手数ではございますが、参加の可否をご連絡頂けますと幸いです。

*HAP:人道援助の説明責任や品質管理の基準。これに認定された団体が、基準に従って人道援助の質を管理・保証することを目的にしている。

1.日時: 2010年2月26日(金)14:00?17:00(受付開始13:45)

2.会場:女性と仕事の未来館 4階ホール
http://www.miraikan.go.jp/access/index.html)

3.内容: 「受益者の権利に配慮した援助活動のあり方」

▼開会挨拶      外務省(調整中)
(14:00?14:10)    

▼基調講演      「説明責任と受益者の関連性?HAPの導入」
(14:10?14:55)  アレクサンドラ・M・レヴァディティス ワールド・ビジョン・インターナショナル、シンガポール事務所副所長(人道援助の説明責任 担当)

▼パネルディスカッション「受益者の声を聴く?現地の事業における課題と機会」
(15:00?16:55) 定松 栄一 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン 事務局次長兼事業部長
             織田 靖子 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR), 国際協力機構(JICA) 援助協調シニア・アドバイザー
             石川 えり 難民支援協会 事務局長
             日本へ逃れてきた難民女性

▼閉会挨拶
(16:55?17:00)

4.主催:外務省

5.連絡先:特定非営利活動法人 難民支援協会
       担当: 石井、篠山 
       E-mail:protection09@refugee.or.jp
       TEL: 03-5379-6001 FAX: 03-5379-6002    

    ?ご氏名
    ?所属先名
    ?E-mailアドレス又は電話番号
    を添えて、事務局へメール(protection09@refugee.or.jp)またはFAX(03-5379-6002)にてお申込下さい。

参照URL:
【難民支援協会】外務省NGO研究会 シンポジウム「受益者の権利に配慮した援助活動のあり方」

印刷用ページ このニュースを友達に送る
NGO network Japan