ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
人材募集 : [ぴっぱら奨学金] タイ駐在インターン募集
投稿者: PIPPALA 投稿日時: 2009-12-13 1:19:25 (1598 ヒット)

【形態】 インターン

【募集分野】 教育 

【業務内容】
ぴっぱら奨学金はタイ東北地方で子ども達への教育支援活動を行っています。
新規プロジェクト立案のため駐在インターンを募集します。

【勤務地】ぴっぱら奨学金マハサラカム駐在事務所(タイ国マハサラカム県)

【勤務時間】原則として月?金曜まで毎日8時間程度。
 ・ただし土日の勤務をお願いすることもあります(代休あり)。
 ・国内研修中は毎週1?2日、4時間程度。

【業務内容】
 ・女子の就学機会拡大事業のための調査とプロジェクト立案。
  参考URL:http://www.pippala.org/J/newsletters/NL48_2p.pdf
 ・絵手紙交換プロジェクト実施のための業務。
 ・現地スタッフと東京連絡事務所との連絡業務。
 ・ぴっぱら通信(ニュースレター)の編集作業。
 ・現地スタッフの業務補佐
 ・フィールドでの活動

【報告会の義務】離任後3ヶ月以内を目処に日本で活動報告をして頂きます。 

【業務対象国/勤務地】 タイ 

【業務期間】 2010/01/下旬 ? 2011/03/下旬
・2010年1月下旬より4月中旬まで国内で基礎的な研修ののち、2010年4月下旬?2011年3月までの約1年間程度赴任。 

■ 応 募 条 件 等

【必要な語学力】
・日常会話レベルのタイ語+大学卒業レベルの英語力。 

【応募資格】
 ・ぴっぱら奨学金の理念に賛同できる。
  参考URL:http://www.pippala.org/J/main_j/main_j.html
 ・電子メール、MS-Word、MS-Excelを普通に使用できる。
 ・NGOに関心があって、タイの地方都市に居住できる。
 ・フィールドワークの経験あれば尚可(経験がない場合は渡タイ前に学習)
 ・20才以上で心身ともに健康であり自己管理ができる。
 ・自分から積極的に課題を見つけて取り組む姿勢がある。
 ・他人と協調して作業が出来る。 

【待遇】 無給
 ・赴任に要するタイ国内の所要の交通費、現地での住居は支給します。
 ・海外旅行傷害保険等は自己負担でお掛けください。
 ・就労に必要なワークパーミットは支給します。

【航空券補助】航空券代の内3万円を上限として補助します。
 ・ただし、タイ在住者で報告会後30日以内に居住目的で再渡タイしない方には1万5千円を上限とします。
 ・また、インターン自身の都合で任期途中で離任した場合などには補助致しません。 

【募集人数】 1名 

【募集期間】 2009/12/13?2010/01/03 

■ 応 募 方 法
応募方法 履歴書、志望動機と自分のセールスポイント(400?800字)を下記応募先までメールもしくは郵送。
 ※履歴書メーカー http://resume.meieki.com/wrmk_resume.php
 (↑こちらをご利用になると便利です。基本はA4サイズ 写真貼付)

 
【応募締切】2010年1月3日(日) 必着

【選考方法】書類選考ののち面接(1月上?中旬)

応募先:ぴっぱら奨学金 東京連絡事務所
    〒135-0021 東京都江東区白河2-7-10
    tokyo@pippala.org
    担当:高尾

 
■ 問 合 せ 先
担当部課 ぴっぱら奨学金 東京連絡事務所 
担当者 高尾 
電話番号 090-1257-8644 
FAX番号 03-3641-9797 
E-mailアドレス tokyo@pippala.org 


----------------------------------------
■ 募 集 団 体 情 報
募集団体情報 ぴっぱら奨学金 
設立年月 1991年08月 
設立目的 〔設立目的〕   
ぴっぱら奨学金は、1991年8月にタイの学生と日本の僧侶により、東北タイの農村で誕生しました。その目的は2つあります。

1つは、地域のリーダーとなる人材を育成することです。子どもたちにチャンスを与えること、夢や希望を与えることです。日本とタイの格差だけでなく、タイ国内にも大きな経済格差があります。とくに東北タイは自然環境にも恵まれていません。人々の生活は楽ではありません。しかし、自然と調和し伝統を大切にしつつ、これらの問題を解決し、そして豊かな生活を築くのは東北タイの人々自身でなければなりません。そこで、ぴっぱら奨学金は、次世代を担う子どもたちに教育の機会を与えるお手伝いをしています。

2つ目は、この活動を通して、私たち自身が学び成長することです。そして、私たち自身の心を豊かにすることです。私たちは「可哀相だから助けてあげる」のではありません。支援者も受給者も対等の立場で、双方向の活動を目指しています。


〔事業内容〕
東北タイで、高校・中学生への奨学金支給、教員志望もしくは農業を通じて地域のリーダーになることを志す学生への奨学金支給、小中学校の教材、設備等支援事業を行なっています。また、他団体と協力して災害緊急支援も行なっています。

さらに、現地を訪問して、子どもたちや村の人たちと交流するフレンドシップツアーや、イベント開催・参加により、国内での人材育成に努めています。  
活動対象分野 教育、 
活動実績(海外) タイ東北地方における
・中学・高校生の就学機会拡充
・コミュニティリーダー育成のため、農業系学部で学ぶ大学生への支援・中学・高校生への奨学金給付
・農業志望の大学生への奨学金給付
・大学生による小学校での学校農園・養魚池整備プロジェクト支援 
活動実績(国内) タイフェスティバルやグローバルフェスタJAPANなどのイベントへの出展(チャリティバザー、活動紹介、募金活動)  
所在地 135-0021 東京都江東区白河2-7-10
URL http://www.pippala.org  

印刷用ページ このニュースを友達に送る
NGO network Japan