ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
イベント紹介 :  ?サハリンII石油・ガス開発現地視察報告?
投稿者: FoEJapan 投稿日時: 2008-6-25 15:28:47 (934 ヒット)

==============================
   
  ◆◆ 資源開発の環境社会配慮 ◆◆
?サハリンII石油・ガス開発現地視察報告?

==============================

 北海道より北42kmに位置するサハリンでは現在、サハリンI?サハリン?まで、
石油・天然ガス開発が計画されています。そのうち、現在稼動しているIとIIに、
日本は投融資、開発、購入のいずれにも深く関与しています。

 日本の国際協力銀行(JBIC)はサハリンII第一期工事に1億1600万ドルの融資
を行い、2003年より第二期工事への融資検討を行ってきましたが、今年6月16日、
ついに市中銀行と共に、サハリンIIの事業主体であるサハリンエナジー社と、総
額53億ドルの融資契約に調印したと発表しました。

 しかしながら、これまでサハリンIIでは、パイプライン工事中の環境破壊、
油流出対策、絶滅危惧種の野生生物への影響、先住民族の生計手段喪失等の社会
影響が指摘されており、未解決の問題も残されています。

FoE Japanは5月末?6月初旬まで、パイプライン建設現場を訪れ、事業者による
環境への配慮を欠いた工事の現状を目の当たりにしました。現場の最新の写真な
どを見ていただきながら、日本が深く関わっている開発事業の環境社会配慮につ
いて一緒に考えてみませんか。

サハリンII石油・天然ガス開発事業についての詳細はこちらをご覧下さい:
http://www.foejapan.org/aid/jbic02/sakhalin/index.html

● 日 時:2008年7月17日(木)18:30?20:30
● 場 所:環境パートナーシップオフィス会議室
  (地図) http://www.geic.or.jp/geic/intro/access.html
● 主催:国際環境NGO FoE Japan
● 参加費:一般 300円 / FoEサポーター 無料
● 定員:60名
● お申し込み・お問合わせ
以下のリンクからお申し込みください。                           一般の方  http://www.foejapan.org/event/event_form.html
サポーター http://www.foejapan.org/event/spt_event_form.html
 FoE Japan (担当:渡辺)
     E-mail : watanabe@foejapan.org
    TEL : 03-6907-7217 
FAX : 03-6907-7219

■サハリンIIとは■
ロシアのガスプロム、英・蘭ロイヤル・ダッチ・シェル、日本の三井物産、
三菱商事が出資するサハリンエナジー社が事業主体。1999年から夏季の原油出荷
を行っており、2008年初頃から通年生産を目指す。建設完了後は日量約15万
バレルの原油と年間960万トンの液化天然ガス(LNG)を生産する予定で、
主な出荷先は日本。

印刷用ページ このニュースを友達に送る
NGO network Japan