ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
イベント紹介 : 【緊急報告会】バスラから来た医師が語る『戦火の中の病院、医療の現状』
投稿者: JIM-NET_TOKYO 投稿日時: 2008-6-8 13:16:30 (972 ヒット)

3月25日に始まったイラク政府軍のバスラ周辺地域(イラク南部)におけるマフディ軍掃討作戦以降、バスラ周辺は、以前にもまして水道、電気などのインフラの状態が悪化し、とりわけ病院では衛生状態の維持が困難になるほどの状態になっています。
JIM-NETでは、バスラ産科小児科病院(*)に対し、1回につき32トンの給水をこれまでに9回行っていますが、この状態からいつになったら脱することができるのか、先の見えない状況です。
バスラ産科小児科病院のフサム医師がバスラの現状を、6月16日に緊急救援の現場から帰国予定の佐藤真紀JIM-NET事務局長が支援の状況を報告します。

■ 日時:6月21日(土) 午後2時?4時半
■ 会場:明治大学リバティタワー 9階 1094教室
■ 資料代:1000円
■ 問い合わせ:JIM-NET事務局(03-6228-0746)
■ 共催:JIM-NET、現代史研究会

*バスラ産科小児科病院…こどものがん・白血病の診療を行っている病院はイラクに4つしかないが、イラク南部地域では、バスラ産科小児科病院だけが診療を行っている。

印刷用ページ このニュースを友達に送る
NGO network Japan