ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
スタディツアー : カンボジアスタディーツアー参加者募集!
投稿者: sakurai 投稿日時: 2004-7-14 22:48:47 (2727 ヒット)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
かものはしプロジェクト第3回スタディーツアーのお知らせ

              カンボジアの子どもたちにパソコンを届けよう!
∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ┌──────────────────────────────┐
 
    かものはしプロジェクトは、カンボジアにおいて
   児童買春の危険にさらされている子ども達を保護し、
   英語やITスキルを中心とした職業訓練を実施します。
   また、日本?カンボジア間でIT関連事業を行うことにより、
   現地の職業訓練センターの自立的な運営を目指します。
  
      http://www.kamonohashi-project.net/
  
 └──────────────────────────────┘
 
  かものはしプロジェクトでは、8月31日から9月8日までの9日間、
 第3回スタディーツアーを行います。
 
  カンボジアでさまざまな問題に取り組むNGOの訪問や、
 プノンペン大学の学生との交流を企画しています。
 さらに、カンボジアの世界遺産、アンコールワット遺跡の見学、
 伝統舞踊アプサラ鑑賞ディナー、さまざまな民族が
 水上生活を送っているトンレサップ湖クルーズなど、
 カンボジアの文化を体験できる、盛りだくさんの内容です。
 
  また、今回はスタディーツアーの一環として、カンボジアの
 子どもたちに、みなさまに寄付していただいたパソコンを届けます。
 このパソコンは、「かものはしのたまご」プロジェクト
 (http://kamonohashi-project.net/egg-about.html)において、
 今年の秋に実施するPC訓練コースで使用いたします。
 
  この機会に、ありのままのカンボジアに思いっきり迫ってみませんか?
 そして、カンボジアの子どもたちのために自分にできることを探している方は、
 このスタディーツアーで、その第一歩を踏み出してみませんか?

 
 ※ 新しいPCの購入などにより不要になったPCを
   寄付していただける方がいらっしゃいましたら、
   sakurai@kamonohashi-project.netまでご連絡ください。
   (担当:桜井)


□□□□□□ スタディーツアー詳細 □□□□□□


 ● 期 間:2004年8月31日?9月8日(8泊9日)

 ● 訪問先:カンボジア(プノンペン、シェムリアップ)

 ● 参加費:175,000円(予定)


 ※ 代金には、往復航空券、現地での宿泊費、移動費、食費が含まれます。

 ※ 現地の空港使用税、1人部屋使用時の追加料金、
   その他のオプションは含みません。


 興味を持たれた方や、ご質問のある方は、
 tour@kamonohashi-project.netまでご連絡ください。
(担当:春日、桜井)



************************************

 前回の参加者の声を聴いてみよう!

************************************


 ?桔梗 聡さん?
 
 
  どこまでも続くかのように思えるごみの荒野で、
 人々は、ボロボロの服をまといごみを漁り、
 売れそうなものをかき集める。
 ぷっくりとおなかの膨れた裸同然の子どもたちもまた、
 大人と変わらずゴミ袋を手に歩き回る。
 
  彼らにとって、それは「仕事」であり、
 生きるための手段である。
 1日に得られる利益は1ドル未満。
 その日働かなければ、その日の食事はない。

  みな、その日その日を懸命に生きている。

  今を生きることにこんなに一生懸命な人々を、
 僕はほかに見たことがなかった。


       * * * * *


 ?佐竹 和歌子さん?


  現地の小学校やNGOの施設を訪問し、
 そこで生活する人々と、触れ合う機会を得られたことは、
 私にとってとても貴重な経験になり、
 様々なことを考える、きっかけ与えてくれました。
 
  このツアーを知った当初、参加したい
 と思った反面、少し迷う気持ちもありました。
 同じ場所でたった一日しか、子どもと遊んだりできない。
 その一日で何がわかるのか、
 またそれが無邪気な子どもたちに対して、
 無責任のように思えたからです。
 
  しかしながら、ツアーを終えた今、
 その一日一日の中身は濃く、
 カンボジアで出会った一人ひとりの表情や
 話したことが心に焼き付いています。

印刷用ページ このニュースを友達に送る
NGO network Japan