ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
イベント紹介 : 3/2 アイヌ女性・部落女性・在日朝鮮人女性によるアンケート調査報告会
投稿者: imadr 投稿日時: 2007-2-16 12:18:04 (1845 ヒット)

【転送・転載歓迎】
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 アイヌ女性・部落女性・在日朝鮮人女性によるアンケート調査報告会 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 *マイノリティ女性週間記念企画へのお誘い
  
――私たちを語るすべての言葉を集めたい―― 
先住民族であるアイヌの女性、被差別部落の女性、在日朝鮮人女性が、その
構想から数年。遂に自分たちの手でアンケート調査を実施し、この度その結果
をまとめ、報告会を開催します。3つの主体が教育、仕事、社会福祉、健康、
暴力の分野で共通設問を設定した、はじめての調査です。
 身分制度、先住民族同化政策・植民地主義の歴史は学校では十分教えられず、
多くの人がその現在へのつながりを知らないのが現状です。また、特にその集
団に属する女性がどういう問題に直面しているか、これまで見過されてきまし
た。

 ――これまで記録されてこなかった女性たちの経験――
 言葉と数字にしてつむぎだされた協働の結晶は、あらゆる人びとが耳を傾け
るべき内容です。この調査の結果を知ることは、私たちが生きる社会を知るこ
とです。女性たちの声を聞くことは、「私たちの課題」を知ることです。その
思いを込めて、世界の女性たちが元気に集いあう3月8日の国際女性デーに先駆
けてこの「マイノリティ女性週間企画」を開催します。
 立ち上がり、つながる女性たちは、皆さんの参加を歓迎します。

■日時:3月2日 午後6時半
■場所:東京ウィメンズプラザホール
    東京都渋谷区神宮前5-53-67、電話 03-5467-1711(代)
    (地下鉄表参道駅下車B2出口徒歩7分、JR/地下鉄渋谷駅下車徒歩12分)
   (http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html)

■内容:
 主催者代表挨拶 
   岸田章子さん(部落解放同盟中央女性対策部長) 
 調査報告
   多原良子さん(社団法人北海道ウタリ協会札幌支部事務局次長)
   山崎鈴子さん(部落解放同盟中央女性対策部) 
   李榮汝さん・梁愛舜さん(アプロ女性実態調査プロジェクト代表)
 コメント
   ゆのまえ知子さん(各種アクションリサーチ企画・実施者)
            調査アドバイザーとして
   戒能民江さん(お茶の水女子大学教授)
            ドメスティック・バイオレンス防止の視点から
   鄭暎惠さん(大妻女子大学教授、ホットライン姉妹(ちゃめ)代表)
   橋本ヒロ子さん(十文字学園女子大学教授、北京JAC共同代表)
            ジェンダーの視点から 
 質疑応答・討議

■参加・資料代:一般800円、主催団体会員500円
     (報告書の代金を含んだ金額ですが、多くの方が参加できるように
      かなり参加費を抑えています。当日カンパにご協力下さい。)

■主催:部落解放同盟、社団法人北海道ウタリ協会札幌支部、アプロ女性実態
    調査プロジェクト、反差別国際運動日本委員会(IMADR-JC)

■連絡先:反差別国際運動日本委員会(IMADR-JC)(担当:原)
     Tel:03-3568-7709 Fax:03-3586-7448 Email:yhara@imadr.org
  URL: http://www.imadr.org

*反差別国際運動日本委員会(IMADR-JC)は、3月8日の国際女性デーと3月21日
の人種差別撤廃デーの間の期間を、「ジェンダーと人種差別の交差」の意味か
ら、「マイノリティ女性に対する複合差別撤廃週間(マイノリティ女性週間)」
と位置づけて、毎年、様々な企画を行なっています。

印刷用ページ このニュースを友達に送る
NGO network Japan