ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
イベント紹介 : (11/28)COP28直前!「公正なエネルギー移行(JET)」の本質を鉱物資源から考える―インドネシア現地報告会
投稿者: PARC 投稿日時: 2023-11-17 16:03:18 (45 ヒット)

https://parc-jp.org/events/20231128-jet/

気候危機はすでに差し迫った脅威になっています。この夏は多くの国で熱波が猛威を振るい、干ばつや猛烈な台風も多くの被害をもたらしました。

11月30日から開催される国連気候変動枠組条約第28回締約国会議(COP28)は世界の代表が集まり、対策に係る交渉を行う場となりますが、近年はこの交渉の場で「公正なエネルギー移行(Just Energy Transition: JET)」という概念がしばしば協議の対象となっています。

しかしながら、この概念は、異なる主体がそれぞれに異なった意味で使用しているのが現状です。 その解釈の揺れを理解しなければ「公正なエネルギー移行」への投融資など「気候変動対策」の名の下で行われている「支援」は、むしろ重大な不公正を後押しすることになってしまいます。

そうした「不公正」が目に見える形で進んでいる場所の一つがインドネシアです。世界の電気自動車(EV)等のバッテリー需要のために森が切り開かれ、川は汚染され、人びとの生活の糧が破壊されています。 その不公正に立ち向かう住民への人権侵害や弾圧行為も起きています。脱炭素社会への速やかな移行は必要なことですが、そのために新たな犠牲を看過してもよいのでしょうか?

本報告会では「公正なエネルギー移行」の概念の揺れと、その本来の在り方を考えるため、気候変動対策の下で需要が増大する鉱物資源の問題を取り上げます。日本も深く関わっているインドネシアの開発現場の調査報告も動画をまじえながらお伝えします。ぜひご参加ください。

■日時:
2023年11月28日(火)19:00?20:30 

締切 2023年11月27日(月)

■報告者:
●グリーンウオッシュ的「公正なエネルギー移行」が取り残すもの
田中 滋 <アジア太平洋資料センター(PARC)>

産業界によって採用され、日本政府、そして一部の環境活動家も用いる非常に狭義の「公正なエネルギーな移行」に対して、世界の多くの市民活動や進歩的な政府・企業らが用いる用法の差異を示し、気候危機対策により広い視野が必要となる理由を示します。

●「公正なエネルギー移行」の名の下で進む開発に抗う人びと―インドネシア現地報告:南スラウェシのニッケル開発現場ではいま
波多江秀枝 <国際環境NGO FoE Japan>

「脱炭素」の名の下にインドネシアでは広範な鉱山開発が進められています。これまでの鉱山開発ですでに水源の汚染や土地の収奪などの問題が起きていますが、鉱物資源の需要増加はさらに大きな問題を住民に突き付けています。そのインドネシア現地の状況を報告します。

■開催形式:会場またはオンライン
●会場:
アジア太平洋資料センター(PARC) 2F
東京都千代田区神田淡路町1?7?11
・JR「御茶ノ水」聖橋口から徒歩6分
・地下鉄 都営新宿線「小川町」、丸ノ内線「淡路町」、千代田線「新御茶ノ水」
A5出口から徒歩2分

●オンライン:ZOOM

■参加費:無料
参加人数 50人

■お申し込み:
https://parc-jp.org/events/20231128-jet/
上記のフォームから「会場」または「オンライン」を選択してお申込みください。



■お問い合わせ:担当者 田中 滋
特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC)
東京都千代田区神田淡路町1-7-11
TEL: 03-5209-3455 / FAX: 03-5209-3453
office@parc-jp.org

■共催:
アジア太平洋資料センター(PARC)
国際環境NGO FoE Japan
Fair Finance Guide Japan

印刷用ページ このニュースを友達に送る
NGO network Japan