ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
イベント紹介 : 【FASID奨学金プログラム:7/1(金)開催】奨学生による研究報告会  報告者:永井 陽右 氏(NPO法人 アクセプト・インターナショナル 代表理事)
投稿者: gakui_FASID 投稿日時: 2022-6-27 11:44:16 (141 ヒット)

【FASID奨学金プログラム:7/1(金)開催】奨学生による研究報告会  報告者:永井 陽右 氏(NPO法人 アクセプト・インターナショナル 代表理事)についてご案内します
【日 時】2022年7月1日(金)12:00?13:00

【開催形式】対面集合 (オンライン配信なし)

【参加費】無 料 (要事前申込)

【会 場】国際開発機構(FASID)セミナー・ルーム (東京都港区麻布台2-4-5 メソニック39MTビル6階)

【開催方法】対面形式 (オンライン配信なし)

【報告会内容】
1.奨学金プログラムの説明
2.奨学生による研究報告
永井 陽右 NPO法人 アクセプト・インターナショナル 代表理事
FASID奨学金プログラム 8期生 /
早稲田大学社会科学研究科 博士号 (社会科学)

テーマ「第3世代DDRにおける「社会復帰支援」の検討」
―アル・シャバーブ投降兵への取り組みを事例として―
【イベント詳細】
https://www.fasid.or.jp/scholarship/4_index_detail.php

【イベントチラシ】Pdf
https://www.fasid.or.jp/_files/scholarship/20220701weboho_hokoku_nagaiyosuke.pdf

【要 旨】 武力紛争への対応策の一つの選択肢として武装解除、動員解除、社会復帰(Disarmament, Demobilization, Reintegration: DDR)が生み出され、現在に至るまで発展してきた。元来DDRは、紛争後の平和構築における重要な取り組み
とされ、基本的に紛争を終結する和平合意をベースに実行されてきた。しかし近年では、和平合意が存在しない紛争地において、DDRの実施条件全てが欠如している環境で、暴力的過激主義組織の投降兵に対する社会復帰の支援という内容でのDDRが試行錯誤されてきている。本論文は、研究蓄積が薄く、且つ従来のDDRとは極めて大きく異なる「社会復帰支援」の取り組みに注目し、そうした新しいDDRを先導する取り組みと言われたソマリアの事例を分析、考察することで、実態と課題を明らかにするとともに、最前線のジレンマと「社会復帰支援」がDDRプロセスの中でどのように機能しうるのかを提示する。

【申込み・受付】
eメールにより、件名「7月1日奨学生報告会申込み」として、お名前・ふりがな、ご所属、
電話(昼間連絡できる先)を(gakui@fasid.or.jp)へお送りください。
事務局から受付確認eメールをお送りします。*先着順、早目にお申込みください。

【お問合せ先】
一般財団法人 国際開発機構  FASID奨学金プログラム事務局 担当:服部
email: gakui@fasid.or.jp
(港区麻布台2-4-5 メソニック39MTビル6階)

印刷用ページ このニュースを友達に送る
NGO network Japan