ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
イベント紹介 : 【12/8】我が故郷・モスルを訪ねたイラク小児科医の物語り ?アラブ、クルドそして日本をつなぐ医療活動?
投稿者: mana 投稿日時: 2017-11-11 22:41:19 (42 ヒット)

【日時】2017年12月8日(金)19:30-21:30

【ゲスト】リカァ・アルカザイル(小児科医・JCFスタッフ)
     加藤 丈典(JCFスタッフ)

【会場】下北沢・ダーウィンルーム<2F>ラボ

【参加費】¥1500(美味しいコーヒーか紅茶付き)

【申し込み】manami@truewave.jp

【主催】トゥルーウェーブ
    認定NPO法人日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)

【協力】好奇心の森「ダーウィンルーム」


▼イベントの紹介ページ
https://truewave.jp/?p=7688

▼イベントのFacebookページ
https://www.facebook.com/events/130315357738037/

・***************************************


過激派組織IS(イスラム国)はイラク第二の都市・モスルを占拠し、キリスト教徒で小児科医のリカァ・アルカザイルは迫害され、3年前に来日した。

今年の7月、イラク政府はISからのモスル解放を表明し、リカァ医師は1ケ月間、解放後の故郷・モスルを訪ねた。教会や文化財、病院などは破壊され、戻るに戻れない状況が続いている。そして破壊されたのは物だけではない。住民の信頼関係、人と人とのつながりも破壊されてしまい、元の生活に戻るのは不可能だと、リカァ医師は言う。

モスルから車で1時間程の場所にある北イラク・クルド自治区の都市アルビルには、ISから逃れて来た避難民が約40万人暮らしている。そのアルビルで避難民の医療支援を行っているのが認定NPO法人日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)である。病院がない地域に病院を造り、薬品を供給している。これは実は、アラブとクルド、そして日本が協力して行っている活動である。

しかし9月25日に実施したクルド独立を問う住民投票により、今のイラクは混迷している。イラク現地スタッフの加藤丈典は「ISがいなくなっても、支援が必要な人たちはまだたくさん存在します。そのような現状を知ってもらいたい。」と。
今まであるようでなかった、イラク人がイラクを語る機会、そしてイスラム世界に精通している加藤が、分かりやすい言葉でそれを補強してくれる。

印刷用ページ このニュースを友達に送る
NGO network Japan