ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
イベント紹介 : 4/16 上映『硫黄島からの手紙』
投稿者: earthplaza 投稿日時: 2017-3-5 9:39:53 (80 ヒット)

日時:2017年4月16 日(日)14:00?16:25 ※30分前開場
場所:あーすぷらざ2階 プラザホール

入場料:大人400円 / 小中学生100円
定員:当日先着200名様 
   ※定員に達した場合は入場できません。

お問合せ:TEL:045-896-2121
     E-mail:gakushu■earthplaza.jp
     (■を@に変更してください。)

【本作の概要】
歴史的な事実をもとにした名作。
2度のアカデミー賞監督賞を受賞したクリント・イーストウッド監督作。太平洋戦争の激戦地・硫黄島の戦いを日本軍側の視点から描いている。
同監督は本作と対をなす映画『父親たちの星条旗』も手掛けている。
そこでは、硫黄島の戦いを米軍側の視点から描き、戦争の不条理を伝えた。両作品とも日米で好評を受け、映画ファンの記憶に残っている。

【本作の詳細】
2006年、東京都小笠原諸島硫黄島。地中から発見された数百通もの手紙。それは、61年前、この島で戦った男たちが、家族に宛てて書き残したものだった。届くことのなかった手紙に、彼らは何を託したのか。

画面は、戦況が悪化の一途をたどる昭和19年6月に変わる。
日本軍の最重要拠点である硫黄島に、新たな指揮官が降り立つ。
彼の名は、栗林忠道。アメリカ留学の経験を持ち、西洋の軍事力を知る人物。(実在の人物である栗林を、渡辺謙が演じ、話題となった)
アメリカとの国力の差を知る栗林は、兵士たちに「死ぬな」と命じる。
5日で終わると思われた硫黄島の戦いは歴史的な激戦となる。

(原題 Letters from Iwo Jima/ アメリカ/ 2006年/ 141分/ 日本語字幕)



あーすぷらざ

印刷用ページ このニュースを友達に送る
NGO network Japan