ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
イベント紹介 : 2/21@梅田「アフリカの医療について考えたこと」
投稿者: hands 投稿日時: 2017-2-16 17:08:01 (79 ヒット)

・――――――――――――――――――――――――――――――
■2/21(火)18:30?@梅田・大阪市立大学文化交流センター

 「アフリカの医療について考えたこと」
 (主催:ぼちぼちの会、認定NPO法人HANDS、認定NPO法人ロシナンテス)
・――――――――――――――――――――――――――――――

 スーダンでは、保健医療施設での出産がわずか28%、専門技能者の
 立ち合いによる出産は23%と、まだまだ安全な環境での出産がすくない
 現状です。

 長い内紛の影響を強く受け、また広い国土にコミュニティが分散し、
 保健医療施設や専門人材が圧倒的に不足しています。

 5歳未満で亡くなる子どもの割合は、1000人中70で、世界で27番目の割合
 の高さ。妊産婦死亡率は、10万出産のうち311で、72人に1人の女性が
 妊娠・出産が原因で亡くなっている割合です(日本は、13,400人に1人)。

 このような状況は、スーダンに限ったことではありません。

 HANDSは2008年?2014年にスーダンで母子保健プロジェクトに携わりました。
 ケニアでは農村地域で2005年から母子保健や地域保健人材育成の活動を
 続けています。

 ロシナンテスは、2005年?スーダンで「医を届ける」活動を幅広く
 続けています。

 両団体の代表であり医師でもある2人の視点から、スーダンやケニア農村
 での活動経験を基に、医療が身近にない地域がまだ多いアフリカでの
 「医療」について、それぞれの考えを語ります。


【日時】2017年2月21日(火)18:30-20:30

【会場】大阪市立大学文化交流センター 大ホール
      (大阪市北区梅田1-2-2-600 大阪駅前第2ビル6階)
 https://www.osaka-cu.ac.jp/ja/about/university/access#umeda

【参加費】無料

【プログラム】
 (1)スーダン学術調査報告:小西かおる大阪大学教授ほか(30分)
 (2)パネル・ディスカッション
    「アフリカで医療について考えたこと」(60分)
    川原尚行(認定NPO法人ロシナンテス 理事長)
    中村安秀(認定NPO法人HANDS代表・大阪大学教授)
 (3)質疑応答(30分)

【主催】認定NPO法人HANDS、認定NPO法人ロシナンテス、ぼちぼちの会

【協力】Panasonic NPOサポートファンド for アフリカ

【申込みフォーム】
 https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSc5wayFhjwP1FA8vQolrXJurD949T5yMUddAIrVCENRWG8Q5Q/viewform

【詳細(Facebook)】
 https://www.facebook.com/events/1201397416579994/

【問い合わせ】
 mizuki.feb2@gmail.com(ぼちぼちの会代表 加藤)


・――――――――――――――――――――――――――――――

印刷用ページ このニュースを友達に送る
NGO network Japan