ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
イベント紹介 : 2016年冬MoG【社会人向け】ベトナムTohe
投稿者: very50 投稿日時: 2016-9-13 17:30:02 (551 ヒット)

NPO法人very50です。
毎度好評いただいているMoGプロジェクトが、2016年冬の開催を決定いたしました!
今回はvery50が以前から支援を続けている、ベトナムToheでのプログラム。
年末年始の時期に行われるため、社会人の方でも参加しやすい日程となっております。
優秀な講師陣による事前トレーニングと、ホンモノの力がつく実践の場をご用意しています。
ぜひご参加ください。

▼詳細・お申込みはこちらから
http://very50.com/project/detail.php?id=659


【プロジェクト概要】
・ベトナムで新規事業立案【リサーチ→商品開発→販売戦略】マーケティングの一連の流れを実施
  このプロジェクトの舞台はベトナムです。約9000万人もの人口をかかえ2020年には1億人に到達すると言われているアジアの大国です。今回は、Tohe(トーヘ)という社会起業家とともに、新規事業立案を行うのがミッションです。Toheの売り上げをあげ、最終的には社会課題の解決に繋げるために、クリエイティブでユニークな世界観を貫いたまま「多様なターゲットにヒットする」商品力の高いToheを強固にする必要があります。ゼロからのリサーチに基づく商品開発だけでなく、その販売戦略をたて、チームの実力によってはベトナム国内外の販路拡大にも挑戦します。

・社会主義国・ベトナムの背景
   人口9000万人のうち、障害者が730万人ほど(全体の約8%)で、これは他の国と比較しても多く、母数の違う日本の障害者数のほぼ同数にあたります。色々な説がありますが、やはりベトナム戦争の影響が大きいのではないかと言われています。
社会主義の国であるために、高齢者施設や孤児院などは国営です。小さい頃から自閉症の子や孤児は政府施設に入れられますが、社会主義国の施設であるがためにそこで起きてしまう問題が、虐待やネグレクト(育児放棄)です。
そのようにして教育やケアを受けてこられなかった子供たちは、18歳や20歳になって施設を出ても、何のスキルもなく、とても苦労する人生を送ります。

・クリエイティビティーを育成し、自立の糧にする「Tohe」
  そこで、これらの障がいを持った子や、孤児の子供達が持つクリエイティビティを伸ばし、自立して社会に貢献できる人材へと育てることをミッションに活動している"クリエイティブ集団"がtoheです。

創設者のングエン・ンガン夫婦はBMWやコカ・コーラのCMを手掛けていたようなベトナムでも有名なトップクリエイターでした。スペイン旅行中にであったピカソの「ラファエロのような絵を描くには4年かかったが、子供のような絵を描くには一生かかった」という言葉に心を打たれ、「子供のもっているクリエイティビティーの美しさ」を信念に掲げた事業を始めたのがTohe創設のきっかけです。
   Toheの最大の強みは、”コモディティー化”が進む今において、商品の差別化がはっきりとしていること。商品を一目見れば、店舗に一足踏み入れれば、そのとがった世界観を忘れることはありません。実は子供のクリエイティビティー育成のためにハノイを舞台に、障害者施設や孤児院、または店舗に併設されたスペースで年間100回以上ものワークショップを開いています。そこで子供たちが描いた絵がそのままキャンバス生地に印刷されバッグや洋服になっているのです。ユニークな商品たちはこうしてつくられます。 健常者の学校でも美術の授業がないベトナムで、ワークショップを通して子供たちがデザイナーとなり、その収益はこどもたちに還元される。実は実現がかなり難し新しい形の循環型ビジネスです。

今回のミッション:「新規事業開発を通じたリーダーシップ育成」
   モノが溢れるこの時代だからこそモノづくりの責任を感じながら、価値のある課題解決型の商品・ないしは共感型商品を顧客の行動観察・インサイト分析をしながら緻密に大胆に開発します。「誰の何の課題を解決するものか?」という原点に立ち返り、Toheの持つ強みや資産を活かした”新規事業”を考えてきいきます。 すでにストーリー性と他の競合品に比べて圧倒的なインパクトのあるデザインの利点をいかしていきたいところ。 また、スキルだけでなく、チームビルディングや学びを定着させるための様々なワークショップを実施します。 そして、社会人だけのメンバー構成を考えてチーム内のフィードバックやSelf Missionの深堀を通してリーダーとはなにか?をMoGを通じて知っていってもらえるようなプログラムにしています。

【実施期間】
事前トレーニング開始:2016年10月16日(日)
現地ワーク:2016年12月27日(火)?2016年1月3日(火)ベトナム・ハノイ

【MoG説明会】
2016年9月15日 20:30-21:30
2016年9月17日 18:00-19:00
2016年9月22日 20:30-21:30

▼詳細・お申込みはこちらから
http://very50.com/project/detail.php?id=659

印刷用ページ このニュースを友達に送る
NGO network Japan