ログイン
ユーザID または E-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

情報ナビ
広告

【1000円以上送料無料】できるぞ!NGO活動 〔2〕/石原尚子/こどもくらぶ

メニュー
掲示板案内
イベント告知、人材募集、スタディツアーの掲示板です。 月別掲示板一覧はこちら  月別掲示板一覧
投稿はこちらから  掲示板新規投稿 (会員登録(無料)しないと投稿できません)
また、イベント告知をされる場合は、ぜひイベントカレンダーもご利用下さい。 イベントカレンダー新規登録  )
なお、リンクだけの宣伝はご遠慮ください。
イベント紹介 : 【7月2日(土)開催 セミナー】 消費と人権:あなたのスマートフォン、「児童労働」につながっていませんか。
投稿者: AIJ1970 投稿日時: 2016-6-18 1:58:50 (243 ヒット)

■日時:2016年7月2日 14時?17時(13時半受付・開場)
■会場:明治大学・駿河台キャンパス リバティタワー教室1163(千代田区神田駿河台1?1)
■参加費:無料
▽詳細・お申込み
http://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2016/0702_6057.html

スマートフォンやパソコン、携帯電話。私たちが、日々、何気なく利用しているモノを作るために、多くの人の命が削られています。

鉱物資源が豊富なアフリカ・コンゴ民主共和国では、金や銅、タンタル、コバルトなどを採掘するために、今も4万人の子どもたちが、死亡事故が頻発するような危険な鉱山で働いています。採掘に潜む問題は児童労働にとどまりません。資源の取引から得られた利益が、武装勢力の資金源として使われ、同国で続く長年の紛争を長期化させています。

コンゴで採掘された資源は、複雑な調達過程を経て、世界中の企業に提供されています。私たちが利用しているスマートフォンにも使われているかもしれません。政府はもちろん、企業、そして私たち消費者の行動がこの問題に深く関わっています。

このセミナーでは、NGOと企業からゲストをお招きし、採掘にまつわる人権問題の実態と、企業の取り組みをお伝えします。私たち一人ひとりに何ができるかを一緒に考えませんか。

【プログラム】

■ NGO、企業からの報告

山下瑛梨奈(アムネスティ・インターナショナル日本)
アムネスティが今年1月に発表したレポート『命を削って掘る鉱石?コンゴ民主共和国における人権侵害とコバルトの国際取引』の報告と、その報告書を受けての企業の対応についてお話しします。

田中滋(アジア太平洋資料センター(PARC)/事務局スタッフ・理事)
採掘にまつわる人権問題の実態について、コンゴで現地調査を行った専門家としてのお立場から、特に、2010年の米国での法規制が、ビジネス業界や採掘を生業とする現地の市民に与えた影響について、お話しいただきます。

・ドキュメンタリー『スマホの真実?紛争鉱物と環境破壊とのつながり』も上映(制作:PARC、2016年、35分)

山田富士子(シチズンビジネスエキスパート株式会社/シチズン史料室リーダー)
先日、「紛争鉱物フリー」の時計を発表したシチズン。この時計を作る過程で「誰かを不幸にしていない」、「美しさの裏に犠牲があってはいけない」をコンセプトに、この動きをけん引してきた山田富士子さんに、実現までの道のりについてお話しいただきます。

■パネルディスカッションとQ&A

■レッドカードアクション
国際労働機関(ILO)が、現在、世界中で展開しているアクションです。児童労働に反対する意思を表明するレッドカードを一人ひとりが掲げ、みんなで写真撮影をします。

<主催:公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本/共催:国際協力人材育成プログラム>

【お問い合わせ先】
公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
〒101?0052 東京都千代田区神田小川町2?12?14晴花ビル7F
TEL:03-3518-6777 FAX:03-3518-6778 EMAIL:camp@amnesty.or.jp



印刷用ページ このニュースを友達に送る
NGO network Japan